Cisco Unified Provisioning Manager ユーザ ガイド
高度な設定
高度な設定
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2010/12/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

高度な設定

電話ボタン テンプレートの設定

電話ボタン テンプレートの最大回線数の表示

電話機タイプ別のデフォルトの電話ボタン テンプレートの指定

ビジネス ルール

ビジネス ルールの説明

AssignSoftPhoneName

AssociateAllUsersInCallProcessor

AssociateAllUsersInUMProcessor

AssociateOnlyExistingUsers

AssociateUsersByDeptCode

AssociateUsersByDevicePool

AssociateUsersByLocation

ChangeUnityPasswordOnNextLogin

CreateSelfCareAccounts

DefaultCallManagerPassword

DefaultCallManagerPIN

DefaultCUPMPassword

DefaultDeviceProfile

DefaultUnitySubscriberPassword

DefaultCallManagerDigestCredentials

DefaultUserType

DefaultWebAccessPassword

DescriptionString

DNAutoReservation

DNAutoReservationTimeout

EmailSender

ExternalNumberMasks

IsAuthorizationRequiredForAddOrder

IsAuthorizationRequiredForCancelOrder

IsAuthorizationRequiredForChangeOrder

LineDisplayString

MailHost

MonitorPhoneReturnEnabled

NameDialingInfo

Non-RestrictedDomainSync

OrderProvisionedEmailTemplate

OrderRejectedEmailTemplate

PhoneAssignmentDoneBy

PhoneReceiptDoneBy

PhoneReservationTimeout

PhoneShippingDoneBy

PseudoUserID

PurgeUponUmRemoval

TakePrimaryUserInfoFromUMProcessor

ビジネス ルールの使用

ユーザ アクセスの設定

ドメイン同期化の設定

製品の設定

オーダーの設定

ビジネス ルールの設定

ドメイン同期に関するビジネス ルールの設定

プロビジョニング アトリビュートの設定

プロビジョニング アトリビュートの変換テンプレートの設定

プロビジョニング アトリビュートの優先順位の変更

高度な設定

この章では、次のような高度な設定作業について説明します。

「電話ボタン テンプレートの設定」

「ビジネス ルール」

「プロビジョニング アトリビュートの設定」

電話ボタン テンプレートの設定

特定の電話機タイプで使用できる最大回線数は、電話ボタン テンプレートを使用して設定します。

Cisco Unified Communications Manager の電話ボタン テンプレートは、電話機で使用できる回線数および短縮ダイヤルの数と、電話機上でそれらが表示される場所を指定するものです。旧式の電話機モデルの場合は、テンプレートが固定されており、つまり回線は電話機上の特定のボタンに直接マッピングされます。新型の電話機モデルは、より動的なボタン構造を備えています。たとえば、Cisco 7960 には 6 つのボタンがあり、それぞれが 1 つの回線または短縮ダイヤルに対応します。

Cisco Unified Communications Manager のインフラストラクチャを同期する際、Provisioning Manager では Cisco Unified Communications Manager で定義されているすべての電話ボタン テンプレートが取得されます。電話ボタン テンプレートは、標準的なセットが必ず 1 つは存在するため、どの電話機タイプにも最低 1 つのテンプレートがあります。

電話ボタン テンプレートの最大回線数の表示

コール プロセッサの各電話ボタン テンプレートの最大回線数を表示できます。ブランクまたは負の値は、無制限として扱われます。


ステップ 1 [Advanced Setup] > [Policies] > [Phone Button Templates] を選択します。

[Phone Button Template Configuration] ページが表示されます。

ステップ 2 [Call Processor] を選択します。

ステップ 3 [View Maximum Line Information] をクリックします。

[Phone Button Template Maximum Line Information] フォームが表示されます。


 

電話機タイプ別のデフォルトの電話ボタン テンプレートの指定


ステップ 1 [Advanced Setup] > [Policies] > [Phone Button Templates] を選択します。

[Phone Button Template Configuration] ページが表示されます。

ステップ 2 [Call Processor] を選択します。

ページが更新されます。

ステップ 3 電話機タイプを選択します。

電話機タイプの情報が表示されます。

ステップ 4 [Update Template List] をクリックします。

[Phone Button Template Configuration Edit] フォームが表示されます。

ステップ 5 テンプレートを選択してから [Update] をクリックします。


 

ビジネス ルール

ここでは、標準的な Provisioning Manager のビジネス ルールの詳細と、その修正方法について説明します。

次の事項について説明します。

「ビジネス ルールの説明」

「ビジネス ルールの使用」

「ビジネス ルールの設定」

Provisioning Manager には、Provisioning Manager 内のコンポーネントの使用方法を決定する、一連の定義済みのビジネス ルールが用意されています。これらのビジネス ルールは、オーダーの処理、同期処理の動作、およびシステム内のさまざまなオブジェクトのデフォルト値を制御します。

ビジネス ルールはドメイン レベルで適用されます。Provisioning Manager をインストールする際、独自のビジネス プロセスに基づいて、Customer Domain Template でビジネス ルールを設定します。新規ドメインを作成すると、そのドメインは Customer Domain Template から標準的なビジネス ルールのセットを継承します。その後、必要に応じてそれぞれの新規ドメインのビジネス ルールを変更できます。Customer Domain Template に対して加えた変更は、それ以降に新しく作成されるドメインにだけ反映されます。

新規ドメインはビジネス ルールに加え、デフォルトの加入者タイプ情報も継承し、そのドメイン内に配置されるユーザ用の Inventory Manager Instance Browser、サービス エリア、および 音声端末内にフォルダが自動作成されます。

ビジネス ルールの説明

ここでは、標準的なビジネス ルールのアルファベット順の一覧とその説明を示すとともに、デフォルトの [Data] および [Enabled] の各設定についても説明します。ルールはデータ主導型(Provisioning Manager では [Data] フィールドを使用)、イネーブル / ディセーブル主導型、またはその両方にすることができます。どちらが該当するかは、ルールの説明で示されます。


) 一部のビジネス ルールでは、[Data] フィールドまたは [Enabled] フィールドは該当せず、その場合は N/A と表示されます。ユーザがフィールドに入力した事項のうち、N/A とマークされているものはすべてシステムによって無視されます。


AssignSoftPhoneName

ワークフローでプロビジョニングされている SoftPhone に、一意の名前を割り当てます。この名前はコール プロセッサが、[Data] フィールドの値をプレフィクスとして使用し、そこに CTI ポートのカウンタ番号 +1 を追加して自動的に生成します。コール プロセッサはこのプレフィクスと CTI ポートのカウンタ番号の組み合わせがすでに使用中であるかどうかをチェックし、使用中の場合は一意の組み合わせになるまで CTI ポートのカウンタ番号に 1 を加えていきます。

Data SoftPhone_
 
Enabled true (n/a)

AssociateAllUsersInCallProcessor

イネーブルの場合は、ドメインの同期時に、ドメイン内のすべてのコール プロセッサの全ユーザ アカウントが、同期中のドメインに割り当てられます。ディセーブルの場合は、ドメインと同じ部門のユーザだけがドメインに割り当てられます。

Data <blank>
 
Enabled false

AssociateAllUsersInUMProcessor

このルールがイネーブルの場合は、特定のユニファイド メッセージ プロセッサの全ユーザ アカウントが Provisioning Manager ドメインに割り当てられます。そうでない場合は、特定のユニファイド メッセージ プロセッサのユーザ アカウントのうち、コール プロセッサに一致するユーザ アカウントがあるものだけが割り当てられます。

Data <blank>
 
Enabled false

AssociateOnlyExistingUsers

イネーブルの場合、ドメインの同期時に新しいユーザは作成されません。ドメイン内の既存のユーザのサービスだけが同期されます。

Data <blank>
 
Enabled false

AssociateUsersByDeptCode

イネーブルの場合、コール プロセッサのユーザ アカウントは、指定された値リスト内の値と一致する部門コード値に基づいて、この Provisioning Manager ドメインに関連付けられます。部門コード値のリストは、二重引用符(")で囲み、セミコロン(;)デリミタで区切る必要があります。部門コード値には、ワイルドカード文字(* または %)を含めることができます。

たとえば、[Data] フィールドでは次のように指定します。

"Dept 1";"";"Dept 2"
 

コール プロセッサのユーザ アカウントのうち、Dept 1 または Dept 2 に属するもの、あるいは部門コードが設定されていないものが、ドメインに関連付けられます。

AssociateUsersByDevicePool

イネーブルの場合、コール プロセッサのユーザ アカウントは、データ フィールドでデバイス プール値が指定された電話機がある場合に限り、この Provisioning Manager ドメインに関連付けられます。デバイス プール値には、ワイルドカード文字(* または %)を含めることができます。また、Cisco Unified Communications Manager の名前の値(Provisioning Manager のコール プロセッサ名)をプレフィクスにする必要があります。値は二重引用符(")で囲み、セミコロン(;)デリミタで区切る必要があります。

次の例を参考にしてください。

“CUCM1:DevicePool1”;”CUCM2:Device*2”
 

コール プロセッサ CUCM1 にデバイス プール DevicePool1 の電話機を持つユーザ、およびコール プロセッサ CUCM2 にデバイス プール DevicePool2 の電話機を持つユーザが、ドメインに関連付けられます。

Data <blank>
 
Enabled false

AssociateUsersByLocation

イネーブルの場合、コール プロセッサのユーザ アカウントは、データ フィールドでロケーション値が指定された電話機がある場合に限り、この Provisioning Manager ドメインに関連付けられます。ロケーション値には、ワイルドカード文字(* または %)を含めることができます。また、Cisco Unified Communications Manager の名前の値(Provisioning Manager のコール プロセッサ名)をプレフィクスにする必要があります。値は二重引用符で囲み、セミコロン(;)デリミタで区切る必要があります。

次の例を参考にしてください。

“CUCM1:Location1”;”CUCM2:Loc*2”
 

コール プロセッサ CUCM1 にロケーション Location1 の電話機を持つユーザ、およびコール プロセッサ CUCM2 にロケーション Location2 の電話機を持つユーザが、ドメインに関連付けられます。

Data <blank>
 
Enabled false

ChangeUnityPasswordOnNextLogin

イネーブルの場合、Cisco Unity または Cisco Unity Connection の加入者は、Provisioning Manager でパスワードがリセットされた後、強制的にパスワードの変更を求められます。このルールでは [Data] フィールドは使用されず、システムによって無視されます。

Data <blank>
 
Enabled false

CreateSelfCareAccounts

イネーブルの場合、新しい加入者が独自にオーダーを行うことができるように、新しい加入者のログイン アカウントが自動的に作成されます。このルールがディセーブルになっている場合も、ログイン アカウントは作成されますが、そのアカウントで独自にオーダーを行うことはできません。

Data <blank>
 
Enabled false

DefaultCallManagerPassword

新しい Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unified Communications Manager Express のアカウントに対し、ユーザの電話または回線の初回オーダー時に作成されたデフォルトのパスワードを設定します。このパスワードは、Cisco SoftPhone でユーザが割り当てた回線にアクセスする際にも使用できます。最低文字数は 5 文字です。

Data admin123
 
Enabled true (n/a)

DefaultCallManagerPIN

ユーザを Cisco Unified Communications Manager でアクティブ化する際に使用するデフォルトの PIN を設定します。Cisco Unified Communications Manager では、ユーザは回線または電話がそのユーザについてオーダーされたときに初めてアクティブ化されます。このルールは、初回に PIN を設定する際以外、Provisioning Manager では使用されません。最低文字数は 5 文字です。

Data 12345
 
Enabled true

DefaultCUPMPassword

セルフケア アカウントのデフォルトのパスワードを指定します。デフォルトではユーザ パスワードは空で、管理者が加入者ウィザードでユーザのパスワードを変更するまでユーザはログインできません。デフォルト パスワードを指定するには、[Data] フィールドでデフォルト パスワードを指定し、[Enabled] を true に設定する必要があります。


) 新しいパスワード値は、パスワード ポリシーに一致する必要があります。


Data <blank>
 
Enabled true

DefaultDeviceProfile

内線移動対応の電話機に使用します。デフォルト設定の NONE(または空欄のまま)では、このルールは使用されません。

Data NONE
 
Enabled true (n/a)

DefaultUnitySubscriberPassword

Cisco Unified Messaging システム(Cisco Unity、Cisco Unity Connection など)上の新しいボイスメール アカウントにデフォルト パスワードを設定します。ワークフローでは [Data] の値が初期パスワードとして使用されます。Cisco Unity または Cisco Unity Connection では、この値を整数にする必要があります。Cisco Unity および Cisco Unity Connection では、12345 のような明白な値は拒否されます。このルールでは [Enabled] フィールドは使用されず、システムによって無視されます。


) DefaultUnitySubscriberPassword ルールでは、データ フィールドに入力されたデフォルト パスワードの長さは検証されません。場合によっては、Cisco Unity および Cisco Unity Connection に異なるクレデンシャル ポリシーが設定されていることがあります。Provisioning Manager の管理者は、デバイスに設定されているポリシーに応じて、これらのルールにデフォルト パスワードを入力する必要があります。これらのルールに入力されたデフォルト パスワードがデバイスで受け入れられない場合、デフォルト操作へのリセット クレデンシャルに失敗し、デバイスからエラー メッセージが返されます。


Data 053421
 
Enabled true (n/a)

DefaultCallManagerDigestCredentials

ダイジェスト クレデンシャルのデフォルト パスワードを指定します。デフォルト パスワードを指定するには、[Data] フィールドにパスワードを入力し、[Enabled] を true に設定する必要があります。


) 新しいパスワード値は、パスワード ポリシーに一致する必要があります。


Data <blank>
 
Enabled true

DefaultUserType

新しいユーザにデフォルトで割り当てるユーザ タイプを指定します。[Data] フィールドの値には、有効なユーザ タイプの名前が含まれていなければなりません。


) このルールは、組織の大部分を構成する加入者のロールに設定する必要があります。これにより、ドメイン同期化の際には大部分のユーザが正しく設定されます。


Data Employee
 
Enabled true (n/a)

DefaultWebAccessPassword

Cisco Unified Messaging システム(Cisco Unity、Cisco Unity Connection など)上の新しいボイスメール アカウントに Web アクセス用のデフォルト パスワードを設定します。ワークフローでは [Data] の値が初期パスワードとして使用されます。このルールでは [Enabled] フィールドは使用されず、システムによって無視されます。


) DefaultWebAccessPassword ルールでは、データ フィールドに入力されたデフォルト パスワードの長さは検証されません。場合によっては、Cisco Unity および Cisco Unity Connection に異なるクレデンシャル ポリシーが設定されていることがあります。Provisioning Manager の管理者は、デバイスに設定されているポリシーに応じて、これらのルールにデフォルト パスワードを入力する必要があります。これらのルールに入力されたデフォルト パスワードがデバイスで受け入れられない場合、デフォルト操作へのリセット クレデンシャルに失敗し、デバイスからエラー メッセージが返されます。


Data Admin123
 
Enabled true (n/a)

DescriptionString

新しい電話、新しいユーザ デバイス プロファイル(EM_Access)、および新しいユーザに使用されるデフォルトの説明ストリングです。FIRSTNAME、LASTNAME、EXTENSION、および USERID というキーワードはそれぞれ、ユーザの名、姓、内線番号、およびユーザ ID に置き換えられます。


) [Description] プロビジョニング アトリビュートのデフォルト値は、このルールから適用されます。バッチ プロビジョニングまたは Provisioning Manager ユーザ インターフェイスで CUPM_BLANK または空の値を指定する場合、[Description] プロビジョニング アトリビュートはこのルールで設定されます。

したがって、[Description] プロビジョニング アトリビュートに空の値を設定する場合は、このルールをイネーブルにして、値が空であることを確認する必要があります。


 

Data FIRSTNAME LASTNAME EXTENSION USERID
 
Enabled true (n/a)

DNAutoReservation

イネーブルの場合、回線がキャンセルされると、回線に関連付けられたディレクトリ番号が自動的に元の所有者のために予約されます。

Data <blank>
 
Enabled false

DNAutoReservationTimeout

ディレクトリ番号が Reserved 状態で保持される期間(日:時間)を指定します。

Data 7:0
 
Enabled true

EmailSender

Provisioning Manager の電子メールの [From] アドレスに使用する電子メール アドレスを格納します。


) このルールは、Provisioning Manager から電子メールを送信するために必ずイネーブルにしておく必要があります。


Data shipper@sample.com
 
Enabled true

ExternalNumberMasks

イネーブルの場合、オーダーのサービス エリアに関連付けられた External Number マスクが、このサービス エリアに対してオーダーされた回線の回線表示の External Phone Number Mask 値として使用されます。電話の変更をオーダーする場合、このルールの値は前回の電話サービスのオーダーから継承されます。ただし前回のオーダー時に値が設定されなかった場合は、サービス エリアの値が使用されます。


) このルールには、Cisco Unified Communications Manager で外部電話マスクに使用するのと同じ値を使用できます。


Data <blank>
 
Enabled true

IsAuthorizationRequiredForAddOrder

イネーブルの場合、プロビジョニングを実行するには、まずアプルーバが Add オーダーを承認する必要があります。ディセーブルの場合は、自動的に Add オーダーが承認されます。


) このルールはバッチ プロビジョニングまたは Provisioning Manager NBI を使用してオーダーを行う場合には適用されません。


Data <blank>
 
Enabled false

IsAuthorizationRequiredForCancelOrder

イネーブルの場合、プロビジョニングを実行するには、まずアプルーバが Cancel オーダーを承認する必要があります。ディセーブルの場合は、自動的に Cancel オーダーが承認されます。


) このルールはバッチ プロビジョニングまたは Provisioning Manager NBI を使用してオーダーを行う場合には適用されません。


Data <blank>
 
Enabled false

IsAuthorizationRequiredForChangeOrder

イネーブルの場合、プロビジョニングを実行するには、まずアプルーバが Change オーダーを承認する必要があります。ディセーブルの場合は、自動的に Change オーダーが承認されます。


) このルールはバッチ プロビジョニングまたは Provisioning Manager NBI を使用してオーダーを行う場合には適用されません。


Data <blank>
 
Enabled false

LineDisplayString

電話回線の Internal Caller ID の表示形式の構成に使用されるテンプレート ストリングです。ディセーブルの場合は、FIRSTNAME LASTNAME がデフォルトに設定されます。このルールは、サービス エリアで Cisco Unified Communications Manager Express が コール プロセッサとなっている場合は適用されません。


) [Display(Internal Caller ID)] プロビジョニング アトリビュートのデフォルト値は、このルールから適用されます。バッチ プロビジョニングまたは Provisioning Manager ユーザ インターフェイスで CUPM_BLANK または空の値を指定する場合、[Display(Internal Caller ID)] プロビジョニング アトリビュートはこのルールで設定されます。

したがって、[Display(Internal Caller ID)] プロビジョニング アトリビュートに空の値を設定する場合は、このルールをイネーブルにして、値が空であることを確認する必要があります。


 


) コール プロセッサの場合は、[First Name] および [Last Name] のフィールドに入力できる文字の合計数は 30 文字になります。この上限を超えた状態でオーダーを作成した場合、コール プロセッサからエラーが送信されます。


Data FIRSTNAME LASTNAME
 
Enabled true

MailHost

Provisioning Manager で電子メールの送信に使用する SMTP サーバの名前を格納します。


) このルールは、Provisioning Manager から電子メールを送信するために必ずイネーブルにしておく必要があります。


Data mail.sample.com
 
Enabled true

MonitorPhoneReturnEnabled

イネーブルの場合、[Data] フィールドで指定したユーザ グループに割り当てられた追加のワークフロー アクティビティを実装することで、電話が返されたかどうかを追跡します。

Data Shipping
 
Enabled false

NameDialingInfo

このストリングは、自動アテンダント名ダイヤル ストリングの構成に使用されます。FIRSTNAME LASTNAME は置き換えられますが、EXTENSION は置き換えられません。


) この機能を使用できるのは、Cisco Unified Communications Manager バージョン 3.3.3 だけです。


Data FIRSTNAME LASTNAME
 
Enabled true
 

Non-RestrictedDomainSync

Non-RestrictedDomainSync がイネーブルの場合、一部のドメイン同期操作のルールが削減されると、ドメイン同期が実行されます。

次の各製品では、サービス エリアを判断するため、コール プロセッサとプロトコルが使用されます。

Extension Mobility Access

Extension Mobility Access Line

Line

Phone

次の各製品では、サービス エリアを判断するため、コール プロセッサだけが使用されます。

CTI Port

Enable Extension Mobility

Enable Mobility Support

次の各製品では、サービス エリアを判断するため、コール プロセッサとユニファイド メッセージ プロセッサだけが使用されます。

Voicemail

Email

Unified Messaging

ボイスメールのアソシエーションのためのディレクトリ番号を判断するには、コール プロセッサとユニファイド メッセージ プロセッサだけが使用されます。

このルールのデータ フィールドには、どのサービス エリアで無制限のドメイン同期を実行するかを入力します。サービス エリア名は二重引用符(")で囲み、セミコロン(;)で区切る必要があります。たとえば、"SA1";"SA2" と入力すると、このリスト中で最初に条件(コール プロセッサ + ユニファイド メッセージ プロセッサ)を満たすサービス エリアが使用されます。データ フィールドが空欄か、またはデータ フィールドで指定されたサービス エリアがいずれもサービス エリアの選択基準を満たさない場合は、Provisioning Manager の機能により、条件を満たすサービス エリアが選択されます。

Data <blank>
 
Enabled false

OrderProvisionedEmailTemplate

イネーブルの場合、オーダーが発行された加入者に対し、オーダーがプロビジョニングされたという内容の電子メールが自動送信されます。


) このルールを有効にするには、EmailSender と MailHost の各ルールもイネーブルにしておく必要があります。このルールのデータ フィールドの値は、電子メールの生成時に使用されるテンプレートのスクリプトを指定します。この値は変更しないでください。


Data java://dfc.ipt.im.OrderProvisionedEmailTemplate:buildEmailTemplate
 
Enabled false

OrderRejectedEmailTemplate

イネーブルの場合、オーダーが発行された加入者に対し、オーダーが拒否されたという内容の電子メールが自動送信されます。


) このルールを有効にするには、EmailSender と MailHost の各ルールもイネーブルにしておく必要があります。このルールのデータ フィールドの値は、電子メールの生成時に使用されるテンプレートのスクリプトを指定します。この値は変更しないでください。


Data java://dfc.ipt.im.OrderProvisionedEmailTemplate:buildRejectionEmailTemplate
 
Enabled false

PhoneAssignmentDoneBy

電話のオーダー ワークフローのうち、割り当ての手順の遂行を担当するユーザ グループを指定します。

有効なオプションは次のとおりです。

Receiving

Shipping

Assignment

OrderOwner(オーダーを開始したユーザ)

None(ワークフローにより自動的に電話と MAC アドレスを割り当てる)

Data None
 
Enabled true (n/a)

PhoneReceiptDoneBy

電話のオーダー ワークフローのうち、受領の手順の遂行を担当するユーザまたはユーザ グループを指定します。受領手順は、ユーザが実際に電話機を受領したことを示します。

有効なオプションは次のとおりです。

Receiving

Shipping

Assignment

OrderOwner(オーダーを開始したユーザ

None(手順をスキップ)

Data None
 
Enabled true (n/a)

PhoneReservationTimeout

電話機がシステム内で予約済みのままとなる期間(日数)を指定します。ディセーブルの場合、電話機は無期限で予約済みとなります。

Data 10
 
Enabled true (n/a)

PhoneShippingDoneBy

電話のオーダー ワークフローのうち、出荷の手順の遂行を担当するユーザを指定します。有効なオプションは次のとおりです。

Receiving

Shipping

Assignment

OrderOwner(オーダーを開始したユーザ)

None(手順をスキップ)

Data None
 
Enabled true (n/a)

PseudoUserID

Associated Users 機能を使用せずに Export Phones によって生成されたエクスポートされたデータ ファイルの [NewUserID] フィールドを構築するために使用されます。次のキーワードがサポートされます。

DIRECTORYNUMBER:電話機の 1 行目の [Directory Number-Route Partition] の値に置き換えられます。

MACADDRESS:(SoftPhone の)デバイス名の MAC アドレスに置き換えられます。

RANDOMNUMBER:自動的に生成される 6 桁のランダムな番号に置き換えられます。

このルールがディセーブルの場合、Associated Users 機能を使用せずに Export Phones を使用することはできません。

Data pseudo-DIRECTORYNUMBER
 
Enabled true (n/a)

PurgeUponUmRemoval

イネーブルの場合、ユーザの Cisco Unity アカウントが削除されると、ユーザの電子メールおよびボイスメールはシステムから消去されます。


) このルールは、[Data] フィールドで true または false を指定することで、イネーブルとディセーブルを切り替えます。


Data false
 
Enabled true (n/a)

TakePrimaryUserInfoFromUMProcessor

イネーブルの場合、ユーザおよび加入者の情報は関連付けられたユニファイド メッセージ プロセッサのアカウントから更新されます。そうでない場合、これらの情報はコール プロセッサから更新されます。ルールがイネーブルの場合は、ユニファイド メッセージ プロセッサ ID も指定できます。ユーザが複数のユニファイド メッセージ プロセッサにアカウントを持っている場合、この ID が優先されます。この値は空欄にしておくことも可能で、その場合は優先順位を設定しないことを意味します。

Data <blank>
 
Enabled false

ビジネス ルールの使用

Provisioning Manager を設定する際は、ビジネス ルールをどのように使用するかを検討しておくことが重要です。ここでは、Provisioning Manager コンポーネントをどのように機能させるかに基づいて、考慮する必要があるビジネス ルールの詳細を説明します。少なくとも次のルールについて考慮する必要があります。

AssociateAllUsersInCallProcessor

CreateSelfCareAccounts

EmailSender

IsAuthorizationRequiredForAddOrder

IsAuthorizationRequiredForCancelOrder

IsAuthorizationRequiredForChangeOrder

MailHost

OrderProvisionedEmailTemplate

OrderRejectedEmailTemplate

PhoneAssignmentDoneBy

PhoneReceiptDoneBy

PhoneShippingDoneBy

ユーザ アクセスの設定

ユーザが回線をキャンセルした際、その番号を自動的にその特定のユーザのために予約しますか。

DNAutoReservation:予約の切り替え

DNReservationTimeout:番号を予約する期間

ユーザにセルフケア アカウントを設定しますか。

CreateSelfCareAccounts

DefaultCUPMPassword

新しいユーザには、デフォルトでどのユーザ タイプを割り当てますか。

DefaultUserType

特定のドメインのユーザに電話インベントリを管理させますか。

DomainPhoneManagement

PhoneReservationTimeout

ユーザにユーザ タイプを管理させますか。

DomainUserTypeConfiguration

ドメイン同期化の設定

同期を行う際、Provisioning Manager で Cisco Unified Communications Manager ユーザをどのドメインに配置しますか。

AssociateUsersByDeptCode

ドメインの同期時、ドメイン内のすべてのコール プロセッサの全加入者アカウントを、同期するドメインに割り当てますか。

AssociateAllUsersInCallProcessor

同期を行う際、特定のユニファイド メッセージ プロセッサの全加入者アカウントをドメインに割り当てますか。

AssociateAllUsersInUMProcessor


) ドメイン同期化に関するビジネス ルールの詳細については、「ドメインの同期化用のビジネス ルール」を参照してください。


製品の設定

Cisco Unified Communications Manager の CTI ポートにはどのような名前をつけますか。

AssignSoftPhoneName:デフォルト値についてはルールを参照

ディレクトリ番号を予約する必要がありますか。

DNReservationTimeout

電話がキャンセルされた後に返されたかどうかを追跡する必要がありますか。

MonitorPhoneReturnEnabled

オーダーの設定

Cisco Unity または Cisco Unified Communications Manager のアカウントでは、どのようなデフォルト パスワードを使用しますか。

DefaultCallManagerPassword

DefaultCallManagerPIN

DefaultUnitySubscriberPassword

オーダーが拒否されたときや完了したとき、電子メールを送信しますか。電子メールはオプションにより、一切送信しないことも可能です。


) Provisioning Manager で電子メール機能を使用するには、EmailSender と MailHost を両方イネーブルにする必要があります。


EmailSender

MailHost

OrderProvisionedEmailTemplate

OrderRejectedEmailTemplate

すべてのタイプのオーダーに認可を義務付けますか。

IsAuthorizationRequiredForAddOrder

IsAuthorizationRequiredForCancelOrder

IsAuthorizationRequiredForChangeOrder

電話の割り当て、出荷、および受領をどのように処理しますか。

PhoneAssignmentDoneBy

PhoneReceiptDoneBy

PhoneShippingDoneBy

ボイスメールまたは電子メールのアカウントがキャンセルされた場合、キャンセルされたアカウントのメッセージも削除する必要がありますか。

PurgeUponUmRemoval

ビジネス ルールの設定

ビジネス ルールを変更する際は、まずドメインを選択する必要があります。変更できるのは、ルールの値、およびルールをイネーブルにするかどうかです。ルール名や説明は変更できません。

すべてのビジネス ルールには次のようなプロパティがあります。[Data] および [Enabled] の各フィールドを修正できます。

 

プロパティ
説明

Rule Name

ルールの名前。

Description

ルールの詳細な説明。

Data

ルールに設定する値。

Enabled

ルールを適用するかどうかを指定します。有効な値は true または false です。


) 各ビジネス ルールについての資料は注意深く読み、Data プロパティと Enabled プロパティを適切に設定してください。



注意 Provisioning Manager には、ビジネス ルールのデフォルトのリセット機能はありません。ビジネス ルールの設定を変更した後、デフォルト設定に戻したくなった場合は、手動で設定を変更する必要があります。

次の手順は、AssignSoftPhoneName ルールを例に、ルールのプロパティを変更する方法を説明したものです。


ステップ 1 [Advanced Setup] > [Policies] > [Rules] を選択します。[Rule Configuration] ページが表示されます。

ステップ 2 ルールを変更するドメインを選択します。[Select Rule] リストが表示されます。

ステップ 3 ルールを選択します。ルールの情報が表示されます。

ステップ 4 [Edit] アイコン( )をクリックします。[Data] および [Enabled] の各フィールドがアクティブになります。

ステップ 5 必要な変更を加えます。

ステップ 6 [Save] をクリックします。AssignSoftPhoneName ルールに変更が加えられます。


 

ドメイン同期に関するビジネス ルールの設定

ドメイン同期に関するビジネス ルールは、他のビジネス ルールと同様の手順で設定しますが、ドメイン同期関連のビジネス ルールはすべて 1 つのページ([Configure Domain Sync Rules] ページ)にまとめて配置されます。


ヒント 各ビジネス ルールの説明は、ルールの横の情報アイコン()上にカーソルを配置すると表示されます。



ステップ 1 [Advanced Setup] > [Policies] > [Rules] を選択します。

[Rule Configuration] ページが表示されます。

ステップ 2 ルールを変更するドメインを選択します。

ステップ 3 [Configure Domain Sync Rules] をクリックします。

[Configure Domain Sync Rules] ページが表示されます。ドメイン同期関連のルールはすべてこのページに表示されます。


ヒント このページには [Synchronize Domain] ページからもアクセスできます。


ステップ 4 必要な変更を加えます。


) コール プロセッサの同期ルールを 1 つ選択してください。AssociateUsersByOtherAttributes を選択した場合は、AssociateUsersByOtherAttributes に表示されているルールのうち少なくとも 1 つを選択する必要があります。ドメイン同期化の設定については、「ドメインの同期化用のビジネス ルール」を参照してください。


ステップ 5 [Update] をクリックします。


 

プロビジョニング アトリビュートの設定

Provisioning Manager では、プロビジョニング アトリビュートを使用して製品のアトリビュートを設定できます。プロビジョニング アトリビュートは、製品のアクティベーション時に適用される設定です。Provisioning Manager 内のさまざまなレベルで、プロビジョニング アトリビュートの割り当てと設定を実行できます。オーダーの際、Provisioning Manager では設定済みのプロビジョニング アトリビュート割り当てがサービス エリア設定とともに考慮され、プロビジョニングする最終的な製品構成が決定されます。

プロビジョニング アトリビュートは次のレベルで、次の順序で割り当てられます(これはデフォルトの設定です)。

サービス エリア

加入者タイプ

ドメイン

プロビジョニング アトリビュートが割り当てられる順序は変更できます(「プロビジョニング アトリビュートの優先順位の変更」 を参照)。

プロビジョニング アトリビュートの内容を設定するには、管理者特権を持っている必要があります(「権限ロールの管理」を参照)。


ヒント [Subscriber Record] で目的の製品の [View] ボタンをクリックすると、製品のプロビジョニング アトリビュートを表示できます(「加入者レコードへのアクセス」 を参照)。[View] ボタンを押しても、プロビジョニング アトリビュートが表示されるだけで、[Subscriber Record] ページから [View Product] でプロビジョニング アトリビュートを設定できません。


表 6-1 に、設定可能なすべてのプロビジョニング アトリビュートを示します。すべての電話タイプまたはすべての Cisco Unified Communications Manager バージョンに、すべてのアトリビュートを適用できるとは限りません。Provisioning Manager の設定によっては、すべてのアトリビュートを使用できない場合があります。

表 6-2 は、それぞれのプロビジョニング アトリビュートをどのレベル(ドメイン、加入者タイプ、サービス エリア)に割り当てることができるかを示したものです。


ステップ 1 [Advanced Setup] > [Policies] > [Provisioning Attributes] を選択します。

[Provisioning Attributes Management] ページが表示されます。

ステップ 2 次のいずれかを実行します。

[Domain] をクリックし、表示される検索ページから、プロビジョニング アトリビュートを設定するドメインを選択します。

[Service Area] をクリックし、表示される検索ページから、プロビジョニング アトリビュートを設定するサービス エリアを選択します。

加入者のロールを選択します。

a. Subscriber Role リストから、加入者が属するドメインまたはドメイン テンプレートを選択します。

b. [Choose Subscriber Role] をクリックします。[Choose a Subscriber Role] ダイアログボックスが表示されます。

c. 表示された検索ページで、必要な加入者ロールを選択します。

[Provisioning Attribute Management] ページが表示されます。実際に表示されるページは、選択したオプションによって異なります。 表 6-1 に、設定可能なすべてのプロビジョニング アトリビュートを示します。Provisioning Manager の設定と、コール プロセッサまたはユニファイド メッセージ プロセッサのバージョンによっては、すべてのアトリビュートを使用できない場合もあります。 表 6-3 および 表 6-4 は、コール プロセッサとユニファイド メッセージ プロセッサの各バージョンでどのアトリビュートを使用できるかをそれぞれ示したものです。


) 各オブジェクト(ドメイン、サービス エリア、加入者ロール)の [Provisioning Attribute Management] ページは、それぞれのオブジェクトの設定時にもアクセスできます。詳細については、次の説明を参照してください。

「加入者ロールタイプのプロビジョニング アトリビュートの編集」

「ドメインのプロビジョニング アトリビュートの編集」

「サービス エリアのプロビジョニング アトリビュートの編集」


 

ステップ 3 設定するプロビジョニング アトリビュートが含まれるアトリビュート見出しの横にあるプラス記号をクリックします。アトリビュートが表示されます。

ステップ 4 次のいずれかを実行します。

アトリビュート設定を変更する場合は、[Edit] アイコン( )をクリックして、必要な変更を行います。

アトリビュートを削除する場合は、[Delete] アイコン( )をクリックします。

ステップ 5 終了したら、[Done] をクリックします。


 

 

表 6-1 プロビジョニング アトリビュートの説明

アトリビュート
説明

AAR Calling Search Space

自動代替ルーティング(AAR)コーリング サーチ スペース。

AAR Destination Mask

ディレクトリ番号に自動代替ルーティング(AAR)の Destination Mask を設定します。

AAR Group

自動代替ルーティング(AAR)グループ。

AAR Keep Call History

ディレクトリ番号に自動代替ルーティング(AAR)の Keep Call History を設定すると、宛先がコール転送履歴に保持されます。

Alerting Name

回線からコールを発信した際に表示される名前。

このプロビジョニング アトリビュートを設定するときは、${FIRSTNAME}、${LASTNAME}、${EXTENSION}、および ${USERID} の各キーワードを使用できます。これらのキーワードはそれぞれ、ユーザの名、姓、内線番号、ユーザ ID に置き換えられます。

Alternate Voicemail Extensions

ボイスメール アカウントの 1 つ以上の代替内線番号。

(注) このプロビジョニング アトリビュートを設定するには、ボイスメールによるオーダーを行うときに、[Advanced Order Options] ボタンを使用する必要があります(「製品およびサービスのオーダー」を参照)。

ASCII Alerting Name

回線からコールを発信した際に表示される名前。入力は ASCII 文字でだけ行うことができます。

このプロビジョニング アトリビュートを設定するときは、${FIRSTNAME}、${LASTNAME}、${EXTENSION}、および ${USERID} の各キーワードを使用できます。これらのキーワードはそれぞれ、ユーザの名、姓、内線番号、ユーザ ID に置き換えられます。

ASCII Display (Internal Caller ID)

表示される社内発信者 ID。このフィールドを空欄にしておいた場合は、内線番号が表示されます。入力は ASCII 文字でだけ行うことができます。

このプロビジョニング アトリビュートを設定するときは、${FIRSTNAME}、${LASTNAME}、${EXTENSION}、および ${USERID} の各キーワードを使用できます。これらのキーワードはそれぞれ、ユーザの名、姓、内線番号、ユーザ ID に置き換えられます。

ASCII Line Text Label

回線と電話の組み合わせについて、このディレクトリ番号を特定するテキスト。入力は ASCII 文字でだけ行うことができます。このプロビジョニング アトリビュートを設定するときは、${FIRSTNAME}、${LASTNAME}、${EXTENSION}、および ${USERID} の各キーワードを使用できます。これらのキーワードはそれぞれ、ユーザの名、姓、内線番号、ユーザ ID に置き換えられます。

また、このフィールドにテンプレートを入力して、電話機に表示されるディレクトリ番号の桁を操作することもできます。

テンプレートでは、テキスト文字列内に変換マスクを埋め込むことで、ディレクトリ番号の任意の桁を削除、挿入、順序変更、または変更することができます。

変換テンプレートの設定方法については、「プロビジョニング アトリビュートの変換テンプレートの設定」を参照してください。

(注) テンプレートではなく標準的なテキストを入力する場合、このフィールドには 30 文字まで入力できます。テンプレートを入力する場合、最大文字数は 60 文字になります。

Audio Profile

ノイズの抑制やエコー キャンセレーションなどのオーディオ設定を行います。

Authentication Server URL

電話 Web サーバに対する要求を検証するために電話機で使用される URL。

Auto Answer

自動応答のオプションを設定します。

Auto Line Select

自動での回線選択を有効にします。

Busy Lampfield Info

デバイスのディレクトリ番号または SIP URI のステータスをリアルタイムでモニタするために使用します。これは Cisco Unified Communications Manager の Cisco Unified Presence 機能の一部です。

このアトリビュートの設定フィールドを、次のリストで説明します。

Index:数字(1 ~ 199)を入力します。

Destination:次のいずれかのタスクを実行して、SIP URI またはディレクトリ番号を Busy Lampfield として設定します。

SIP フォンの場合は、SIP URI を入力します。

SIP または SCCP フォンの場合は、数値、アスタリスク(*)、ポンド記号(#)だけを使用してディレクトリ番号を入力するか、[Directory Number] ドロップダウン リストから番号を選択します。

Cisco Unified Communications Manager 以外のディレクトリ番号を Busy Lampfield として設定する場合は、そのディレクトリ番号を入力します。

[Destination] フィールドを設定する場合は、[Directory Number] ドロップダウン リストからオプションを選択しないでください。

Directory Number/Route Partition:Cisco Unified Communications Manager データベースに存在するディレクトリ番号のリストを表示します。この設定は、[Destination] フィールドを設定しなかった場合だけ行ってください。

SCCP または SIP フォンの場合は、短縮ダイヤル ボタンを使用した際にダイヤルさせる番号を選択します。

Label:表示させるテキストを入力します。このフィールドは国際化をサポートしています。電話機が国際化をサポートしていない場合、Provisioning Manager では [Label ASCII] フィールドに入力したテキストが使用されます。

Label ASCII:[Busy Lamp] フィールドに表示させるテキストを入力します。[Label ASCII] フィールドは、[Label] フィールドに入力したテキストの非国際化バージョンを表します。

(注) [Label ASCII] フィールドは、Cisco Unified Communications Manager 6.1.3 以降でサポートされています。

Call Pickup:Cisco Unified IP Phone で [Busy Lampfield] ボタンをディレクトリ番号に関連付けます。これによって、Cisco Unified Communications Manager で、ディレクトリ番号からコールが受けられるのを待機しているときに、電話機ユーザを通知できるようになります。ディレクトリ番号は Busy Lampfield ディレクトリ番号を示し、Busy Lampfield ディレクトリ番号への通話を受ける電話機は Busy Lampfield コール ピックアップ発信側を示します。

Busy Trigger

回線に一度に送られるコールの最大数。コールがこの数を超えると、ビジー信号が発生するか、コール転送に回されます。

Built in Bridge

バージ機能で、ビルトインのコンファレンス ブリッジのイネーブルとディセーブルを切り替えます。

Call Pickup Group

ユーザが独自のグループ内で着信コールを受けることを可能にするディレクトリ番号。

Calling Party Transformation CSS

発呼側変換用のコーリング サーチ スペースを選択します。

Calling Search Space

コールの終了を試みる際にデバイスが検索できるパーティションを指定します。

CIP Profile

Cisco Unified Communicaitons Manager CIP Web サービスのホスト名を設定します。このホスト名は、Unified Presence Client で電話サービスへのアクセス、認証、およびローカリゼーションに使用できます。

Cisco Camera

カメラが電話機に接続されている場合に、カメラ機能がイネーブルかどうかを示します。

CME Line Configuration Template

Cisco Unified Communications Manager Express のライン コンフィギュレーション モードで実行される Cisco IOS コマンドを入力する、自由形式のテキスト フィールド。

など)は使用しないでください。

など)は使用しないでください。これらのコマンドでは、回線製品をプロビジョニングする際、Provisioning Manager によって行われた設定が上書きされます。

CME Phone Configuration Template

Cisco Unified Communications Manager Express の電話機コンフィギュレーション モードで実行される Cisco IOS コマンドを入力する、自由形式のテキスト フィールド。

など)は使用しないでください。

など)は使用しないでください。これらのコマンドでは、電話機製品をプロビジョニングする際、Provisioning Manager によって行われた設定が上書きされます。

Common Device Configuration

共通のデバイス設定(ソフトキー テンプレートやユーザ ロケールなど)。

(注) このアトリビュートは、Edit Provisioning Attributes リンク(「サービス エリアのプロビジョニング アトリビュートの編集」 を参照)の使用時や、[Provisioning Attribute Management] ページからは使用できません。このアトリビュートの更新は、[Update Service Area] ページ(「サービス エリアの設定」 を参照)で行う必要があります。

Conferencing Profile

プライマリ サーバ、スタンバイ サーバ、およびプロファイルに関連付けられたユーザなど、Cisco MeetingPlace に関する設定を行います。

CTI Gateway Profile

プライマリ サーバ、スタンバイ サーバ、およびプロファイルに関連付けられたユーザなど、CTI ゲートウェイに関する設定を行います。

CUE User Configuration Template

Cisco Unity Express の EXEC モードとコンフィギュレーション モードの CLI コマンドを入力する、自由形式のテキスト フィールド。コンフィギュレーション モードを開始したり終了したりするための、適切な CLI コマンドを格納します。

CUE Voicemail Configuration Template

Cisco Unity Express の メールボックス コンフィギュレーション モードの CLI コマンドを入力する、自由形式のテキスト フィールド。

Description

デバイスの目的を特定する説明文。

Device Pool

デバイスが使用するデバイス プール。

Device Security Mode

デバイスと Cisco Unified Communications Manager との間で使用するセキュリティ モード(認証または暗号化)。

Directory URL

電話機がディレクトリ情報を取得するサーバの URL。

Disable Speakerphone

デバイスのスピーカーフォンをディセーブルにします。

Disable Speakerphone And Headset

デバイスのスピーカーフォンおよびヘッドセットをディセーブルにします。

Display (Internal Caller ID)

表示される社内発信者 ID。このフィールドを空欄にしておいた場合は、内線番号が表示されます。

Digest User

ダイジェスト認証(SIP セキュリティ)の設定に関連付けられるエンド ユーザ。SIP フォン タイプのみがサポートされます。

DND Option

着信コールが Do Not Disturb 機能によってどのように処理されるかを指定します。Cisco Unified Communications Manager 6.0.x でサポートされる有効な値は [Ringer Off] です。7.0.x では、[Ringer Off]、[Call Reject]、および [Use Common Phone Profile Setting] がサポートされます。

Do Not Disturb

その電話機で Do Not Disturb をイネーブルにします。有効な値は [True] または [False] です。

Enable Mobile Voice Access

現在選択されているコール プロセッサの加入者のモバイル ボイス アクセスをイネーブルにします。

Enable Mobility

現在選択されているコール プロセッサの加入者のモビリティ機能をイネーブルにします。

Enable ResyncMWI

追加された加入者について、MWI と統合 Cisco Unified Communications Manager との再同期をイネーブルにします。

Forward All

すべてのコールを転送します。

Forward All - Calling Search Space1

すべてのコーリング サーチ スペースをコール転送します。

Forward Busy External

回線が使用中で、Busy Trigger 設定値に達した場合、コールを転送します。これは外部コール用です。

Forward Busy Internal

回線が使用中で、Busy Trigger 設定値に達した場合、コールを転送します。これは内部コール用です。

Forwarded Call Information - Caller Name

コール転送時に、発信者名を表示させます。

Forwarded Call Information - Dialed Number

コール転送時に、リダイレクトされた番号を表示させます。

Forwarded Call Information - Redirected Number

コール転送時に、最初にダイヤルされた番号を表示させます。

Forward No Answer External

応答がなく設定済みの無応答リング時間に達した場合、または宛先が未登録の場合に、コールを転送します。これは外部コール用です。

Forward No Answer Internal

応答がなく設定済みの無応答リング時間に達した場合、または宛先が未登録の場合に、コールを転送します。これは内部コール用です。

Forward No Coverage External

カバレッジが使い切られたかまたはタイムアウトし、カバレッジの関連付けられているハント パイロットで最終転送用の Use Personal Preferences が指定されている場合、コールを転送します。これは外部コール用です。

Forward No Coverage Internal

カバレッジが使い切られたかまたはタイムアウトし、カバレッジの関連付けられているハント パイロットで最終転送用の Use Personal Preferences が指定されている場合、コールを転送します。これは内部コール用です。

Forward Unregistered External

一時的に登録解除された宛先へのコールを再ルーティングします。これは外部コール用です。

Forward Unregistered Internal

一時的に登録解除された宛先へのコールを再ルーティングします。これは内部コール用です。

Forwarding Delay

電話機がアクティブになった際、内部スイッチが電話機の PC ポートとスイッチ ポート間のパケットの転送を開始するかどうかを示します。

Gratuitous ARP

デバイスがネットワーク上にその存在を公表するために使用する、ARP パケットの受信をディセーブルにします。

Idle Timer

Idle URL オプションで指定した URL が表示されるまでの時間の長さ(秒単位)。

Idle URL

Idle URL Timer で指定した時間の間電話機が使用されなかった場合、電話機に表示される URL。

Ignore Presentation Indicators

コールごとのコール表示制限の設定に使用します。有効な値は [True] または [False] です。

Information URL

電話機に表示されるヘルプ テキストの URL。

LDAP Profile

LDAP のディレクトリ情報、検索コンテキスト情報、サーバ情報、およびプロファイルに関連付けられたユーザを設定します。

Legacy Mailbox

Octel アナログ ネットワークのノード上の Cisco Unity 加入者を特定するために使用される番号。

また、このフィールドにテンプレートを入力して、表示される番号の桁を操作することもできます。

テンプレートでは、テキスト文字列内に変換マスクを埋め込むことで、ディレクトリ番号の任意の桁を削除、挿入、順序変更、または変更することができます。

変換テンプレートの設定方法については、「プロビジョニング アトリビュートの変換テンプレートの設定」を参照してください。

Line Groups

ディレクトリ番号の選択順序を指定するために使用します。Cisco Unified Communications Manager では、着信コールは回線グループ内のアイドル状態または待機中のメンバーに分配されます。

Line Text Label

このフィールドは、回線にディレクトリ番号を表示させない場合にだけ使用します。回線と電話の組み合わせについて、このディレクトリ番号を特定するテキストを入力します。このプロビジョニング アトリビュートを設定するときは、${FIRSTNAME}、${LASTNAME}、${EXTENSION}、および ${USERID} の各キーワードを使用できます。これらのキーワードはそれぞれ、ユーザの名、姓、内線番号、ユーザ ID に置き換えられます。

また、このフィールドにテンプレートを入力して、電話機に表示されるディレクトリ番号の桁を操作することもできます。テンプレートでは、テキスト文字列内に変換マスクを埋め込むことで、ディレクトリ番号の任意の桁を削除、挿入、順序変更、または変更することができます。

変換テンプレートの設定方法については、「プロビジョニング アトリビュートの変換テンプレートの設定」を参照してください。

(注) テンプレートではなく標準的なテキストを入力する場合、このフィールドには 30 文字まで入力できます。テンプレートを入力する場合、最大文字数は 60 文字になります。

Location

使用するロケーション。このロケーションに行き来するコールが使用できる合計帯域幅を指定します。

Max Desk Pickup Wait Time

デスクの応答までの最大待機時間。

Maximum Number of Calls

回線に送られるコールの最大数を決定します。

Media Resource Group List

使用するメディア リソース グループ リスト。これを使用しない場合、電話機はデバイス プールで指定された電話機にデフォルト設定されます。メディア リソース グループ リストには、優先順位付けされたメディア リソース グループの分類が記載されています。アプリケーションは、Media Resource Group List で定義された優先順位に従って、使用可能なメディア リソースから必要なメディア リソース(保留音サーバなど)を選択します。

Message Lamp Waiting Policy

受話器のランプ点灯ポリシーを設定します。

Messages

メッセージ URL を設定します。

MLPP Calling Search Space

代替パーティ ターゲット(宛先)の番号に関連付けるコーリング サーチ スペースです。

MLPP Domain

このデバイスに関連付けられた Multilevel Precedence and Preemption(MLPP)ドメイン。

MLPP Indication

優先トーンを再生できるデバイスで、MLPP 優先コールを発信する際にその機能を使用するかどうかを指定します。

このプロビジョニング アトリビュートは、一部の Cisco IP Phones では設定解除できません。電話機が SIP フォンの場合、このアトリビュートの設定を変更できません。

影響を受ける Cisco IP Phone は、7905、7906、7911、7912、7940、7941、7941 G-GE、7942、7945、7960、7961、7961 G-GE、7962、7965、7970、7971、および 7975 です。

(注) Extension Mobility Access をオーダーする際は、どの電話ボタン テンプレートのプロビジョニング アトリビュートも設定解除できません。

MLPP No Answer Ring Duration

代替パーティの無応答リング時間の長さ。

MLPP Preemption

デバイス プール内の、進行中のコールのプリエンプション機能のあるデバイスが、MLPP 優先コールを発信するときにその機能を使用するかどうかを指定します。

このプロビジョニング アトリビュートは、一部の Cisco IP Phones では設定解除できません。電話機が SIP フォンの場合、このアトリビュートの設定を変更できません。

影響を受ける Cisco IP Phone は、7905、7906、7911、7912、7940、7941、7941 G-GE、7942、7945、7960、7961、7961 G-GE、7962、7965、7970、7971、および 7975 です。

(注) Extension Mobility Access をオーダーする際は、どの電話ボタン テンプレートのプロビジョニング アトリビュートも設定解除できません。

MLPP Target

代替パーティの無応答ターゲット。

Mobility User ID

Nokia S60 または iPhone に関連付けられたユーザのユーザ ID を決定します。

Module 1

デバイスで使用する展開モジュール。

(注) 電話を追加または変更するときは、サポートされる展開モジュール(電話機がサポートしているモジュール)を選択する必要があります。サポートされていない展開モジュールを選択すると、オーダーは失敗します。

Module 1 Load Name

展開モジュール 1 のロード名。

Module 2

デバイスで使用する展開モジュール。

(注) 電話を追加または変更するときは、サポートされる展開モジュール(電話機がサポートしているモジュール)を選択する必要があります。サポートされていない展開モジュールを選択すると、オーダーは失敗します。

Module 3

デバイスで使用する展開モジュール。

(注) 電話を追加または変更するときは、サポートされる展開モジュール(電話機がサポートしているモジュール)を選択する必要があります。サポートされていない展開モジュールを選択すると、オーダーは失敗します。

Module 2 Load Name

展開モジュール 2 のロード名。

Module 3 Load Name

展開モジュール 3 のロード名。

Network Hold Audio Source

ネットワークが保留操作を開始したときに再生されるオーディオ ソース。

Network Locale

ユーザの電話に関連付けられたネットワーク ロケーション。ネットワーク ロケーションによって、特定のロケーションにある電話機をサポートする一連の詳細情報が識別されます。これには電話機で使用されるトーンやリズムの定義などが含まれます。

Owner User ID

電話機に関連付けられたユーザのユーザ ID を決定します。ユーザ ID は、その電話機から発信されるすべてのコールについて、呼詳細レコードに記録されます。このアトリビュートはディレクトリ検索に使用して、ディレクトリ URL をサポートすることができます。

このプロビジョニング アトリビュートを設定するときは、${USERID} キーワードを使用できます。このキーワードはユーザの ID に置き換えられます。

PC Port

電話機の PC ポートがイネーブルかディセーブルかを示します。

PC Voice VLAN Access

電話機の PC ポートに、音声 VLAN にアクセスするためのデバイスを接続できるかどうかを示します。このオプションを [No](ディセーブル)に設定すると、接続された PC で音声 VLAN のデータを送受信することができなくなります。

Phone Load Name

Cisco IP Phone のカスタム ソフトウェアです。値は現在のモデルのデフォルト値を上書きします。

Port Ranges for IP Communicator

IP Communicator のポート範囲。

Privacy

同じ回線を共有する電話を持つユーザが、コールのステータスを表示したりコールを中断したりできるかどうかを指定します。

Primary Device

Cisco Unified Mobile Communicator がセカンダリ デバイスである場合に、[Phone Configuration] ウィンドウで Cisco Unified Mobile Communicator を設定できるようにします。

Proxy Server URL

電話機の HTTP クライアントからローカル以外のホスト アドレスに対するアクセスの HTTP 要求をプロキシするために使用する URL。

Remote Destination Limit

現在選択されているコール プロセッサの加入者用の、リモート宛先の最大数。

Remote Node ID

Cisco Unity の加入者が関連付けられる、Octel アナログ ネットワークのノードのシリアル番号です。

Rerouting Calling Search Space

再ルーティングに使用するコーリング サーチ スペース。値の例は、CSSName です。

Retry Video Call As Audio

コールを受信するビデオ エンドポイントにだけ適用されます。この電話機が、ビデオとして接続しないコールを受信した場合、そのコールはオーディオ コールとしての接続を試みます。

Ring Setting (Phone Active)

電話機の別の回線にアクティブ コールがあるときに使用されるリング設定。

Ring Setting (Phone Idle)

電話機の別の回線にアクティブ コールがあるときに使用されるリング設定。

Route Partition

ディレクトリ番号が属するパーティション。

(注) このアトリビュートは、Edit Provisioning Attributes リンク(「サービス エリアのプロビジョニング アトリビュートの編集」 を参照)の使用時や、[Provisioning Attribute Management] ページからは使用できません。このアトリビュートの更新は、[Update Service Area] ページ(「サービス エリアの設定」 を参照)で行う必要があります。

Security Profile

電話で使用されるセキュリティ プロファイル。

Services URL

Cisco IP Phone Services の URL。

Set-only Attributes

設定だけが可能なプロビジョニング アトリビュートのリスト。この設定はプロビジョニングできますが、設定後は保存されず、同期の際にもコール プロセッサから取得されません。

プロビジョニング アトリビュート情報は、テキスト フィールドに正確に入力する必要があります。Provisioning Manager では、フィールドの入力内容の検証は行われません。不正な値を入力した場合、オーダーが失敗することがあります。

(注) 変更オーダーを出す場合は、デバイスに設定されている既存の値は表示されず、値は空になります。値を入力しない場合は、既存の値がデバイスに保存されます。値を入力すると、新しい値がデバイスに設定されます。また、キーワード(例:CUPM_BLANK)を入力した場合、デバイスには空の値が設定されます。

(注) [Presence Group]、[Device Mobility Mode]、または [SIP Profile] の設定専用アトリビュートを設定する際には、CUPM_BLANK 設定は使用しないでください。これらは Cisco Unified Communications Manager の必須アトリビュートです。

使用可能な設定専用アトリビュートは次のとおりです。

Allow Control of Device from CTI:true に設定されている場合、CTI でデバイスを制御およびモニタできます。有効な値は [True] または [False] です。

Audible Message Waiting Indicator Policy:有効な値は [Off]、[On]、および [Default] です。

BLF Directed Call Park:ユーザが設定した使用可能なダイレクト コール パーク番号にコールを転送できます。

設定専用のプロビジョニング アトリビュートである BLF ダイレクト コール パークを設定または設定解除するときは、次のガイドラインに留意してください。

設定するときは、次のフォーマットを使用します。

index1:DN1:partition1:label1:labelascii1; index2:DN2:partition2:label2:labelascii2

Index とは、ダイレクト コール パークの位置(1、2、3 など)のことです。DN はディレクトリ番号のことです。Label は、BLF ダイレクト コール パーク名を表します。labelascii は、BLF ダイレクト コール パークの名前を ASCII 文字で表したものです。これを各 BLF ダイレクト コール パークについて、セミコロンで区切りながら繰り返します。

Set-only Attributes(続き)

設定を解除するときは、インデックスを指定し、その後に空の値を続ける必要があります(たとえば 1::::;)。

BLF ダイレクト コール パークのインデックスのセットのうち 1 つの設定を解除するときは、残す必要のある古い値をすべて指定し、設定を解除するインデックスに対しては空の値を入力する必要があります。情報は順に指定する必要があります。

たとえば、次に示すセットのうちインデックス 3 の設定を解除するとします。

1:10:RP_T341:XXX:XXXASCII; 2:100:BATS-PT-NYC-PHONE:YYY:YYYASCII;3:200:BATS-PT-NYC-PHONE:ZZZ:ZZZASCII;

次のとおりに入力する必要があります。

1:10:RP_T341:XXX:XXXASCII;2:100:BATS-PT-NYC-PHONE:YYY:YYYASCII;3: : : : ;"

Call Pickup Group Audio Alert Setting (Phone Active):着信コールがコール応答グループのメンバーに送る通知のタイプを決定します。有効な値は、[Beep Only]、[Use System Default]、および [Disable] です。

Call Pickup Group Audio Alert Setting (Phone Idle):着信コールがコール応答グループのメンバーに送る通知のタイプを決定します。有効な値は、[Ring Once]、[Use System Default]、および [Disable] です。

Calling Search Space Activation Policy:有効な値は [Use System Default]、[With Configured CSS]、および [With Activating Device/Line CSS] です。

Description:ディレクトリ番号とルート パーティションの説明。説明には 50 文字まで使用できますが、二重引用符(")、パーセント記号(%)、アンパサンド(&)、または山カッコ(<>)を含めることはできません。

Device Mobility Mode:ローミング デバイスのコーリング サーチ スペース、地域、日付 / 時刻グループ、SRST リファレンスなどというロケーション設定を動的に変更します。有効な値は、[On]、[Off]、および [Default] です。

DND Incoming Call Alert:コールが電話機にどのように表示されるかを指定します。有効な値は、[Beep Only]、[Disable]、および [Flash Only] です。

Set-only Attributes(続き)

Logged into Hunt Group:電話機が現在、ハント リスト(グループ)にログインしていることを示します。有効な値は、[Off]、[On]、および [Default] です。

Media Termination Point Required:SIP 電話のコールに必要です。有効な値は [True] または [False] です。

Monitoring Calling Search Space:スーパーバイザのライン アピアランスのコーリング サーチ スペースのモニタリングには、エージェントの回線またはエージェントのモニタリングを可能にするデバイス パーティションが含まれている必要があります。値の例は、MonitoringCSSName です。

MTP Preferred Originating Codec:メディア ターミネーション ポイントが SIP のコールに必要な場合、使用するコーデックを選択します。有効な値は [711ulaw]、[711alaw]、[G729/G729a]、および [G729b/G729ab] です。

Presence Group:このディレクトリ番号をモニタできるエンド ユーザおよびアプリケーション ユーザを指定するグループです。値の例は、Standard Presence Group です。

Primary Phone:アプリケーションに関連付けられている物理的な電話機です。このアトリビュートは、Cisco IP Communicator および Cisco Unified Personal Communicator でだけ使用可能です。値の例は、SEP125555341144、BAT205E2C5FE000 です。

Recording Option:エージェントのライン アピアランスの記録オプションを判断します。デフォルト設定は [Call Recording Disabled] です。有効な値は [Call Recording Disabled] と [Automatic Call] です。

Recording Profile:エージェントのライン アピアランスの記録プロファイルを判断します。デフォルト設定は [None] です。値の例は、RecordingProfileName です。

Secondary Calling Search Space for Forward All:コールの転送に使用します。値の例は、CSSName です。

Services:Cisco Unified IP Phone サービス。すべてのサービスは最初に Cisco Unified Communications Manager で設定する必要があります。値の例は、ServiceName1!ServiceURL1;ServiceName2!ServiceURL2 です。

[Services] の設定を解除するには、キーワード CUPM_BLANK を入力する必要があります。

Set-only Attributes(続き)

SURL:デバイス上に存在し、Provisioning Manager ルールによって設定されるサービスにボタンを割り当てます。値の例は、buttonindex1:servicename1:label1:labelascii1;buttonindex2:servicename2:label2 です。

SURL を設定するには、Services Set-only Provisioning Attribute を設定する必要があります。

SURL の設定を解除するには、「Index」の後ろに空の値を入力します(1:::;2:::; など)。

SIP Dial Rules:Cisco Unified IP Phone にローカル ダイヤル プランを提供し、コールが処理される前に、ユーザがキーを押したり、タイマーを待機したりする必要がないようにします。ダイヤル ルールを SIP フォンに適用しない場合は、[SIP Dial Rules] フィールドを [None] のままにします。

SIP Profile:SIP トランクおよび SIP エンドポイントに関連付けられた一連の SIP アトリビュートを格納します。これらのアトリビュートは、SIP フォン タイプにだけ設定できます。また、SIP プロトコルを使用するサービス エリアも選択する必要があります。値の例は、Standard SIP Profile です。

Subscribe Calling Search Space:SIP トランクに接続するデバイス、サーバ、アプリケーションなどからの参加要求が、Cisco Unified Communications Manager でどのようにルーティングされるかを決定します。値の例は、CSSName です。

Use Trusted Relay Point:Cisco Unified Communications Manager でこのメディア エンドポイントによって Trusted Relay Point(TRP)デバイスを挿入できるようにします。TRP デバイスは MTP または TRP というラベルが付いているトランスコーダ デバイスを指定します。有効な値は、[Off]、[On]、および [Default] です。

Settings Access

デバイス設定へのアクセス。

Softkey Template

Cisco IP Phone のソフトキーの設定を指定するソフトキー テンプレート。

Speed Dial Info

デバイスの短縮ダイヤル設定。

Subscriber CoS without TTS enabled

ユニファイド メッセージ プロセッサの加入者アカウントで Unified Messaging をディセーブルにする際に使用する Service Template のクラス。

Subscriber CoS with TTS Enabled

ユニファイド メッセージ プロセッサの加入者アカウントで Unified Messaging をイネーブルにする際に使用する Service Template のクラス。

Subscriber Template without TTS Enabled

ユニファイド メッセージ プロセッサの加入者アカウントで Unified Messaging をディセーブルにする際に使用する Service Template。

Subscriber Template with TTS Enabled

ユニファイド メッセージ プロセッサの加入者アカウントで Unified Messaging をイネーブルにする際に使用する Service Template。

Use Device Pool Calling Party Transformation CSS

デバイス プールで設定され、デバイスに割り当てられている発呼側変換 CSS を使用するには、このアトリビュートを選択します。

User Hold Audio Source

ユーザが保留処理を開始した際に再生するオーディオ リソース。

User Locale

電話機ユーザに関連付けられたユーザ ロケール。User Locale は、言語、フォント、日付と時刻のフォーマット、英数字キーボードのテキスト情報など、ユーザをサポートするための一連の詳細情報を識別します。

Video Capabilities

電話機が、適切な設備を持つ PC に接続している際に、ビデオ コールに参加できるかどうかを示します。

Voicemail Profile

プライマリ サーバ、スタンバイ サーバ、およびプロファイルに関連付けられたユーザなど、Unity/Unity Connection に関する設定を行います。

Web Access

電話機の内部 Web サーバがイネーブル(Yes)かディセーブル(No)かを示します。ディセーブルの場合、電話の Web ページにはアクセスできません。

1.このアトリビュートは、Edit Provisioning Attributes リンク(「サービス エリアのプロビジョニング アトリビュートの編集」 を参照)の使用時や、[Provisioning Attribute Management] ページからは使用できません。このアトリビュートを設定するには、[Service Area Configuration] ページ(「サービス エリアの設定」 を参照)の [Update Default Settings] ボタンを使用するか、またはオーダー時に [Advanced Order Options] ボタンを使用します(「製品およびサービスのオーダー」 を参照)。

表 6-2 プロビジョニング アトリビュートの割り当てレベル

製品
プロビジョニング アトリビュート
ドメイン
ユーザ タイプ
サービス エリア

Client User Settings

Audio Profile

 

 

x

CIP Profile

 

 

x

CTI Gateway Profile

 

 

x

Conferencing Profile

 

 

x

LDAP Profile

 

 

x

Voicemail Profile

 

 

x

Enable Mobility Support

Enable Mobile Voice Access

x

x

x

Enable Mobility

x

x

x

Max Desk Pickup Wait Time

x

x

x

Remote Destination Limit

x

x

x

Extension Mobility Access

DND Option

x

x

x

Do Not Disturb

x

x

x

Ignore Presentation Indicators

x

x

x

MLPP Domain

x

x

x

MLPP Indication

x

x

x

MLPP Preemption

x

x

x

Module 1

x

x

x

Module 2

x

x

x

Privacy

x

x

x

Set-only Attributes:

BLF Directed Call Park

DND Incoming Call Alert

Services

SURL

x

x

x

Softkey Template

 

 

x

Speed Dial Info

x

x

x

User Hold Audio Source

 

 

x

User Locale

x

x

x

Extension Mobility Line

AAR Destination Mask

x

x

x

AAR Group

 

 

x

AAR Keep Call History

x

x

x

Alerting Name

x

x

x

ASCII Alerting Name

x

x

x

ASCII Display (Internal Caller ID)

x

x

x

ASCII Line Text Label

x

x

x

Auto Answer

x

x

x

Busy Trigger

x

x

x

Call Pickup Group

 

 

x

Calling Search Space

x

x

x

Display (Internal Caller ID)

x

x

x

External Phone Number Mask

x

x

 

Forward All

 

 

x

Forward Busy External

 

 

x

Forward Busy Internal

 

 

x

Forwarded Call Information - Caller Name

 

 

x

Forwarded Call Information - Caller Number

 

 

x

Forwarded Call Information - Dialed Number

 

 

x

Forwarded Call Information - Redirected Number

 

 

x

Forward No Answer External

 

 

x

Forward No Answer Internal

 

 

x

Forward No Coverage External

 

 

x

Forward No Coverage Internal

 

 

x

Forward Unregistered External

 

 

x

Forward Unregistered Internal

 

 

x

Line Groups

 

 

x

Line Text Label

x

x

x

Maximum Number of Calls

x

x

x

Message Waiting Policy

x

x

x

MLPP Calling Search Space

 

 

x

MLPP No Answer Ring Duration

x

x

x

Extension Mobility Line(続き)

MLPP Target

x

x

x

Network Hold Audio Source

 

 

x

No Answer Ring Duration

x

x

x

Ring Setting (Phone Active)

 

 

x

Ring Setting (Phone Idle)

 

 

x

User Hold Audio Source

 

 

x

Voicemail Profile

 

 

x

Network Locale

x

x

x

Settings Access

x

x

x

Set-only Attributes:

Audible Message Waiting Indicator Policy

Call Pickup Group Audio Alert Setting (Phone Active)

Call Pickup Group Audio Alert Setting (Phone Idle)

Calling Search Space Activation Policy

Description

Monitoring Calling Search Space

Presence Group

Recording Option

Recording Profile

Secondary Calling Search Space for Forward All

x

x

x

User Hold Audio Source

 

 

x

Line

AAR Destination Mask

x

x

x

AAR Group

 

 

x

AAR Keep Call History

x

x

x

Alerting Name

x

x

x

ASCII Alerting Name

x

x

x

ASCII Display (Internal Caller ID)

x

x

x

ASCII Line Text Label

x

x

x

Auto Answer

x

x

x

Busy Trigger

x

x

x

Call Pickup Group

 

 

x

Calling Search Space

x

x

x

CME Line Configuration Template

x

 

x

Display (Internal Caller ID)

x

x

x

External Phone Number Mask

x

x

 

Forward All

 

 

x

Forward Busy External

 

 

x

Forward Busy Internal

 

 

x

Forwarded Call Information - Caller Name

 

 

x

Forwarded Call Information - Caller Number

 

 

x

Forwarded Call Information - Dialed Number

 

 

x

Forwarded Call Information - Redirected Number

 

 

x

Forward No Answer External

 

 

x

Forward No Answer Internal

 

 

x

Forward No Coverage External

 

 

x

Forward No Coverage Internal

 

 

x

Forward Unregistered External

 

 

x

Forward Unregistered Internal

 

 

x

Line Groups

 

 

x

Line Text Label

x

x

x

Maximum Number of Calls

x

x

x

Message Waiting Policy

x

x

x

MLPP Calling Search Space

 

 

x

MLPP No Answer Ring Duration

x

x

x

MLPP Target

x

x

x

Network Hold Audio Source

 

 

x

No Answer Ring Duration

x

x

x

Line(続き)

Ring Setting (Phone Active)

 

 

x

Ring Setting (Phone Idle)

 

 

x

Route Partition

 

 

x

Set-only Attributes:

Audible Message Waiting Indicator Policy

Call Pickup Group Audio Alert Setting (Phone Active)

Call Pickup Group Audio Alert Setting (Phone Idle)

Calling Search Space Activation Policy

Description

Monitoring Calling Search Space

Presence Group

Recording Option

Recording Profile

Secondary Calling Search Space for Forward All

x

x

x

User Hold Audio Source

 

 

x

Voicemail Profile

 

 

x

Route Partition

 

 

x

Phone

AAR Calling Search Space

 

 

x

Authentication Server URL

x

x

x

Auto Line Select

x

x

x

Built in Bridge

x

x

x

Busy Lampfield Info

 

 

x

Calling Search Space

x

x

x

Cisco Camera

x

x

 

CME Phone Configuration Template

x

 

x

Common Device Configuration

 

 

x

Device Description

 

 

x

Device Pool

 

 

x

Device Security Mode

 

 

x

Directory Server URL

x

x

x

Disable Speakerphone

x

x

x

Disable Speakerphone and Headset

 

 

x

DND Option

x

x

x

Do Not Disturb

x

x

x

Enable Extension Mobility Feature

x

x

x

Phone(続き)

Ignore Presentation Indicators

x

x

x

Module 1

x

x

x

Module 2

x

x

x

Module 3

x

x

 

Forwarding Delay

x

x

x

Rerouting Calling Search Space

 

 

x

Calling Party Transformation CSS

 

 

x

Gratuitous ARP

x

x

x

Idle URL

x

x

x

Idle Timer

x

x

x

Information URL

x

x

x

Location

 

 

x

Media Resource Group List

 

 

x

Messages

x

x

x

MLPP Domain

x

x

x

MLPP Indication

x

x

x

MLPP Preemption

x

x

x

Mobility User ID

x

x

x

Module 1 Load Name

x

x

x

Module 2 Load Name

x

x

x

Module 3 Load Name

x

x

 

Network Hold Audio Source

 

 

x

Network Locale

 

 

x

Owner User ID

x

x

x

PC Port

x

x

x

PC Voice VLAN Access

x

x

x

Phone Load Name

x

x

x

Port Ranges for IP Communicator

x

x

x

Privacy

x

x

x

Proxy Server URL

x

x

x

Retry Video Call as Audio

x

x

x

Security Profile

 

 

x

Services URL

x

x

x

Settings Access

x

x

x

Softkey Template

 

 

x

Speed Dial Info

x

x

x

Phone(続き)

Set-only Attributes:

Allow Control of Device from CTI

BLF Directed Call Park

Device Mobility Mode

DND Incoming Call Alert

Logged into Hunt Group

Media Termination Point Required

MTP Preferred Originating Codec

Presence Group

Primary Phone

Services

SIP Dial Rules

SIP Profile

Subscribe Calling Search Space

SURL

Use Trusted Relay Point

x

x

x

User Hold Audio Source

 

 

x

User Locale

x

x

x

Video Capabilities

x

x

x

Web Access

x

x

x

Remote Destination Profile

Calling Party Transformation CSS

 

 

 

x

Calling Search Space

 

 

 

Device Pool

 

 

 

DND Option

x

x

x

Do Not Disturb

x

x

x

Ignore Presentation Indicators

x

x

x

Network Hold Audio Source

 

 

x

Privacy

x

x

x

Rerouting Calling Search Space

 

 

x

Use Device Pool Calling Party Transformation CSS

x

x

x

User Hold Audio Source

 

 

x

User Locale

x

x

x

Remote Destination Profile Line

ASCII Display (Internal Caller ID)

x

x

x

Busy Trigger

x

x

x

Remote Destination Profile Line(続き)

Caller Name

x

x

x

Caller Number

x

x

x

Description

x

x

x

Dialed Number

x

x

x

Display (Internal Caller ID)

--

--

--

External Phone Number Mask

x

x

x

Maximum Number of Calls

x

x

x

Redirected Number

x

x

x

Voice Mail

CUE User Configuration Template

x

x

x

CUE Voicemail Configuration Template

x

x

x

Alternate Voicemail Extensions2

--

--

--

Enable ResyncMWI

x

x

x

Legacy Mailbox

x

x

x

Remote Node ID

x

x

x

Unified Messaging

UM Disabling Class Of Service Template

 

 

x

UM Enabling Class Of Service Template

 

 

x

UM Disabling Subscriber Template

 

 

x

UM Enabling Subscriber Template

 

 

x

2.このアトリビュートを設定するには、オーダーを行うときに [Advanced Order Options] ボタンを使用する必要があります(「製品およびサービスのオーダー」を参照)。

表 6-3 コール プロセッサのサポートされるプロビジョニング アトリビュート

製品
プロビジョニング アトリビュート
Cisco Unified Communications Manager Express
Cisco Unified Communications Manager
4.1.x
4.2.x
4.3.x
5.1.x
6.0.x
6.1.x
7.0.x
7.1.x
8.0.x

Enable Mobility Support

Enable Mobile Voice Access

×

×

×

×

×

Enable Mobility

×

×

×

×

×

Max Desk Pickup Wait Time

×

×

×

×

×

Remote Destination Limit

×

×

×

×

×

Primary Device

×

×

×

×

×

Extension Mobility Access

 

DND Option

×

×

×

×

×

Do Not Disturb

×

×

×

×

×

Ignore Presentation Indicators

×

Module 1

×

Extension Mobility Access

(続き)

Module 2

×

MLPP Domain

×

MLPP Indication

×

MLPP Preemption

×

Network Locale

×

Privacy

×

×

×

×

Setting Access

×

Set-only Attributes:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BLF Directed Call Park

×

×

×

×

×

DND Incoming Call Alert

×

×

×

×

×

Services

×

SURL

×

Speed Dial Info

×

Softkey Template

×

User Hold Audio Source

×

User Locale

×

AAR Destination Mask

×

×

×

AAR Group

×

AAR Keep Call History

×

×

×

Alerting Name

×

ASCII Alerting Name

×

×

×

×

×

ASCII Display (Internal Caller ID)

×

×

×

×

Extension Mobility Line

ASCII Line Text Label

×

×

×

×

×

×

Auto Answer

×

Busy Trigger

×

Call Pickup Group

×

Calling Search Space

×

Display (Internal Caller ID)

×

External Phone Number Mask

×

Forward All

×

Forward Busy External

×

Forwarded Call Information - Caller Name

×

Forwarded Call Information - Caller Number

×

Forwarded Call Information - Dialed Number

×

Forwarded Call Information - Redirected Number

×

Forward No Answer External

×

Line Text Label

×

Line Groups

×

Maximum Number of Calls

×

Message Waiting Policy

×

MLPP Calling Search Space

×

×

×

×

MLPP No Answer Ring Duration

×

×

×

×

MLPP Target

×

×

×

×

Network Hold Audio Source

×

No Answer Ring Duration

×

Privacy

×

×

×

×

Route Partition

×

Ring Setting (Phone Active)

×

Ring Setting (Phone Idle)

×

Set-only Attributes:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Audible Message Waiting Indicator Policy

×

×

×

×

×

Extension Mobility Line

(続き)

Set-only Attributes:(続き)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Call Pickup Group Audio Alert Setting (Phone Active)

×

×

×

Call Pickup Group Audio Alert Setting (Phone Idle)

×

×

×

Calling Search Space Activation Policy

×

×

×

×

×

Description

×

×

×

×

×

Monitoring Calling Search Space

×

×

×

×

×

Presence Group

×

×

×

×

×

Recording Option

×

×

×

×

×

Recording Profile

×

×

×

×

×

Secondary Calling Search Space for Forward All

×

×

×

×

User Hold Audio Source

×

Voicemail Profile

×

Line

AAR Destination Mask

×

×

×

AAR Group

×

AAR Keep Call History

×

×

×

Alerting Name

×

ASCII Alerting Name

×

×

×

×

×

ASCII Display (Internal Caller ID)

×

×

×

×

ASCII Line Text Label

×

×

×

×

×

×

Auto Answer

×

Busy Trigger

×

Call Pickup Group

×

Calling Search Space

×

Display (Internal Caller ID)

×

External Phone Number Mask

×

Forward All

×

Forward Busy External

×

Forwarded Call Information - Caller Name

×

Line

(続き)

Forwarded Call Information - Caller Number

×

Forwarded Call Information - Dialed Number

×

Forwarded Call Information - Redirected Number

×

Forward No Answer External

×

CME Line Configuration Template

×

×

×

Line Groups

×

Line Text Label

×

Maximum Number of Calls

×

×

×

×

Message Waiting Policy

×

MLPP Calling Search Space

×

MLPP No Answer Ring Duration

×

MLPP Target

×

Network Hold Audio Source

×

No Answer Ring Duration

×

Route Partition

×

Ring Setting (Phone Active)

×

Ring Setting (Phone Idle)

×

Set-only Attributes:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Audible Message Waiting Indicator Policy

×

×

×

×

×

Call Pickup Group Audio Alert Setting (Phone Active)

×

×

×

Call Pickup Group Audio Alert Setting (Phone Idle)

×

×

×

Calling Search Space Activation Policy

×

×

×

×

×

Description

×

×

×

×

×

Monitoring Calling Search Space

×

×

×

×

×

Presence Group

×

×

×

×

×

Recording Option

×

×

×

×

×

Line

(続き)

Set-only Attributes:(続き)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Recording Profile

×

×

×

×

×

Secondary Calling Search Space for Forward All

×

×

×

×

User Hold Audio Source

×

Voicemail Profile

×

Phone

AAR Calling Search Space

×

Authentication Server URL

×

Auto Line Select

×

Built in Bridge

×

Busy Lampfield Info

×

×

×

Calling Search Space

×

Calling Party Transformation CSS

 

×

×

×

×

Cisco Camera

×

×

×

×

×

×

×

×

×

CME Phone Configuration Template

×

×

×

×

×

×

×

×

×

Common Device Configuration

×

×

×

×

×

Rerouting Calling Search Space

×

×

×

×

Description

×

Device Pool

×

Device Security Mode

×

Digest User

×

×

×

×

×

×

×

Directory URL

×

Disable Speakerphone

×

Disable Speakerphone and Headset

×

DND Option

×

×

×

×

×

Do Not Disturb

×

×

×

×

×

Ignore Presentation Indicators

×

Mobility User ID

×

×

×

×

×

×

×

×

×

Module 1

×

Module 2

×

Phone

(続き)

Module 3

×

×

×

×

×

×

×

×

×

Forwarding Delay

×

×

×

×

×

×

×

Generic IOS Commands

×

×

×

×

×

×

×

×

×

Gratuitous ARP

×

Idle URL

×

Idle Timer

×

Information

×

Location

×

Media Resource Group List

×

Messages

×

MLPP Domain

×

MLPP Indication

×

Module 1 Load Name

×

Module 2 Load Name

×

Module 3 Load Name

×

×

×

×

×

×

×

×

×

MLPP Preemption

×

Network Hold Audio Source

×

Network Locale

×

×

Owner User ID

×

PC Port

×

PC Voice VLAN Access

×

Phone Load Name

×

Port Ranges for IP Communicator

×

Privacy

×

Proxy Server URL

×

Retry Video Call as Audio

×

Security Profile

×

×

×

×

Services

×

Settings Access

×

Softkey Template

×

Speed Dial Info

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Phone

(続き)

Set-only Attributes:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Allow Control of Device from CTI

×

×

×

×

BLF Directed Call Park

×

×

×

×

×

Device Mobility Mode

×

×

×

×

×

DND Incoming Call Alert

×

×

×

×

×

Logged into Hunt Group

×

×

Media Termination Point Required

×

×

×

×

×

×

×

MTP Preferred Originating Codec

×

×

×

×

×

×

×

Presence Group

×

×

×

×

Primary Phone

×

×

×

×

×

Services

×

SIP Dial Rules

×

×

×

×

×

×

×

SIP Profile

×

×

×

×

Subscribe Calling Search Space

×

×

×

×

SURL

×

Use Trusted Relay Point

×

×

×

×

×

×

×

Use Device Pool Calling Party Transformation CSS

×

×

×

×

×

×

×

User Hold Audio Source

×

User Locale

×

Video Capabilities

×

Web Access

×

Remote Destination Profile

Calling Party Transformation CSS

×

×

×

×

Calling Search Space

 

×

×

×

×

Device Pool

×

×

×

×

DND Option

×

×

×

×

Do Not Disturb

×

×

×

×

Ignore Presentation Indicators

×

×

×

×

Network Hold MOH Audio Source

×

×

×

×

Privacy

×

×

×

×

Rerouting Calling Search Space

×

×

×

×

Use Device Pool Calling Party Transformation CSS

×

×

×

×

×

×

User Locale

×

×

×

×

×

×

User Hold Audio Source

×

×

×

×

Remote Destination Profile Line

ASCII Display (Internal Caller ID)

×

×

×

×

×

Busy Trigger

×

×

×

×

×

Caller Name

×

×

×

×

×

Caller Number

×

×

×

×

×

Description

×

×

×

×

×

Dialed Number

×

×

×

×

×

Display (Internal Caller ID)

×

×

×

×

×

External Phone Number Mask

×

×

×

×

×

Maximum Number of Calls

 

×

×

×

×

Redirected Number

 

×

×

×

×

 

表 6-4 ユニファイド メッセージ プロセッサのサポートされるプロビジョニング アトリビュート

製品グループ
プロビジョニング アトリビュート
Cisco Unity Express
Cisco Unity
Cisco Unity Connection

Voicemail

Alternate Voicemail Extensions

×

×

CUE User Configuration Template

×

×

CUE Voicemail Configuration Template

×

×

Enable ResyncMWI

×

×

Legacy Mailbox

×

×

Remote Node ID

×

×

Unified Messaging

UM Disabling Class Of Service Template

×

UM Enabling Class Of Service Template

×

UM Disabling Subscriber Template

×

UM Enabling Subscriber Template

×

 

表 6-5 Presence Server のサポートされるプロビジョニング アトリビュート

製品
プロビジョニング アトリビュート
Cisco Unified Communications Manager
4.1.x
4.2.x
4.3.x
5.1.x
6.0.x
6.1.x
7.0.x
7.1.x
8.0.x

Client User Settings

Audio Profile

×

×

×

×

×

×

×

×

CIP Profile

×

×

×

×

×

×

×

×

CGI Gateway Profile

×

×

×

×

×

×

×

×

Conferencing Profile

×

×

×

×

×

×

×

×

LDAP Profile

×

×

×

×

×

×

×

×

Voicemail Profile

×

×

×

×

×

×

×

×


) 一部の電話機プロビジョニング アトリビュートは、オーダーの発行時に設定しない限り、[Not Set] と表示されます。ただし Cisco Unified Communications Manager のユーザ インターフェイスで電話を表示すると、これらのアトリビュートはデフォルト値に設定されているものとして表示されます。この現象は、電話機のプロビジョニング時に Cisco Unified Communications Manager AXL インターフェイスが Provisioning Manager にこれらのアトリビュートのデフォルト値を返さないために発生します。

これに該当するのは、次のプロビジョニング アトリビュートです。

Auto Line Select

Disable Speakerphone

Disable Speakerphone and Headset

Forwarding Delay

Gratuitous ARP

PC Port

PC Voice VLAN Access

Port Ranges for IP Communicator

Retry Video Call as Audio

Settings Access

Video Capabilities

Web Access


 

プロビジョニング アトリビュートの変換テンプレートの設定

一部のプロビジョニング アトリビュート( 表 6-1 を参照)については、プロビジョニング アトリビュートのフィールドに変換テンプレートを入力して、電話機に表示されるディレクトリ番号の桁を操作することができます。ディレクトリ番号のマスキングの桁変換を行うと、何を表示するかを選択できます。

テンプレートでは、プロビジョニング アトリビュートのテキスト文字列内に変換マスクを埋め込むことで、ディレクトリ番号の任意の桁を削除、挿入、順序変更、または変更することができます。

1 つの変換テンプレートには、1 つまたは複数の変換マスクが含まれます。

変換マスクでは次の文字を使用できます。

W または w:ディレクトリ番号の桁を、同じ位置に左から表示します。

X または x:ディレクトリ番号の桁を、同じ位置に右から表示します。

.(ピリオド):ディレクトリ番号の同じ位置にある桁を無視します。

数字:出力にそのまま表示されます。

%(パーセント記号):デリミタです。

\(バックスラッシュ):デリミタ(エスケープ文字)です。

マスクでこれ以外の文字を使用した場合、マスクはマスクとして認識されず、文字は通常のテキストとして扱われます。


) テンプレートの設定時には、次のことに注意してください。

変換マスクに W と X が両方含まれている場合は、有効なマスクとして認識されず、通常のテキストとして扱われます。ただし、テンプレートに複数のマスクが含まれる場合は、同じテンプレート内の別のマスクで W と X を使用することができます。

エスケープ文字(\)のプレフィクスを含まないデリミタ文字は、変換マスクの一部の有効なデリミタとして認識されない場合、通常の文字として扱われます。エスケープ文字は、通常のコンテキストと変換マスクを区切る必要がある位置でだけ使用できます。

テンプレートの最大文字数は 60 文字です。


 

表 6-6 に、変換テンプレートのサンプルの一覧を示します。このサンプルで使用するディレクトリ番号は 1234567891 です。

 

 

表 6-6 変換テンプレートのサンプル

テンプレート
結果

%XXX%

891

%WWW%

123

%XXX.......%

123

%XXXX%

7891

%......WWWW%

7891

%...WWW%

456

%XXX....%

456

%9XXX0000%

94560000

%..9WWW0000%

94560000

%55585XX000%

5558567000

%55585WW000%

5558567000

%WWXX%

%WWXX%

(%WWW%) %...WWW%-%XXXX%

(123) 456-7891

John Smith x%XXXXX%

John Smith x67891

%John Smith\%x%XXXXX%

%John Smith%x67891

%WWW% Engineering

123 Engineering

プロビジョニング アトリビュートの優先順位の変更

ここでは、プロビジョニング アトリビュートが割り当てられる順序を変更する方法について説明します。


) 加入者ロールのプロビジョニング アトリビュートの優先順位を変更するには、「加入者ロールのアトリビュート優先順位のプロビジョニングの編集」 を参照してください。


プロビジョニング アトリビュートはレベルに応じて、次の順序で割り当てられます(これはデフォルトの設定です)。

サービス エリア

加入者タイプ

ドメイン

これは、サービス エリアに定義されているプロビジョニング アトリビュートが加入者タイプに定義されているプロビジョニング アトリビュートを上書きし、加入者タイプのプロビジョニング アトリビュートはドメインに定義されているアトリビュートを上書きすることを意味します。

次のいずれかを行うと、優先順位を変更できます。

[Order Entry] ページの [Advanced Order Configuration] を使用する(「製品およびサービスのオーダー」 を参照)。[Advanced Order Configuration] を使用して行ったプロビジョニング アトリビュートの変更はすべて、サービス エリア、加入者タイプ、またはドメインに設定されているプロビジョニング アトリビュートよりも優先されます([Advanced Order Configuration] を使用するには、Advanced Order(高度なオーダー)ロールを割り当てられている必要があります(「権限ロールの管理」を参照)。

[Edit Global Precedence] ページを使用する(次の手順を参照)。


ステップ 1 [Advanced Setup] > [Policies] > [Provisioning Attributes] を選択します。[Provisioning Attributes Management] ページが表示されます。

ステップ 2 [Edit attribute precedence] をクリックします。[Edit Global Precedence] ページが表示されます。

ステップ 3 矢印をクリックすると、目的の順序まで、レベル(サービス エリア、ドメイン、または加入者ロール)を上または下に移動します。

ステップ 4 [Save] をクリックします。