Cisco Prime Unified Operations Manager ユーザ ガイド ソフトウェア リリース 9.0 Cisco Unified Communications Management Suite
Device Management の使用方法
Device Management の使用方法
発行日;2013/03/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 13MB) | フィードバック

目次

Device Management の使用方法

Device Management を使用する前に

エンタープライズ導入のデバイスを自動的に検出

デバイスに関する概要

デバイスの前提条件

Prime UOM が監視するデバイスのタイプ

Prime UOM が監視するポートとインターフェイス

Device and Credentials Repository(DCR)について

DCR からの特定のデバイスの追加

DCR へのデバイスの追加

ポーリング用の読み取り専用 Cisco Unified CM ユーザ アカウントの作成

Cisco Unity デバイスのポーリング用読み取り専用 WMI ユーザ アカウントの作成

Prime UOM 物理検出の設定

DCR へのデバイスのインポート

DCR からファイルへのデバイス情報のエクスポート

DCR と Prime UOM の同期化をトリガーするイベント

DCR のモード(マスターおよびスレーブ)の設定

手動モードのマスターおよびスレーブ設定

Discovered Devices レポートの表示

Device Management の設定

デバイスのステータスと検出設定の確認

Prime UOM へのデバイスのインポート

DCR からのデバイスのインポート

DCR からインポートされたデバイスを Prime UOM が識別する方法

Prime UOM での収容デバイスと被収容デバイスの処理方法

DCR のデバイスの自動インポート

DCR のデバイスの手動インポート

DCR に存在し、Prime UOM には存在しないデバイスの確認

[IP Address Report] ページの表示

デバイスのインポートの確認

インポートとインベントリ収集のトラブルシューティング

インベントリ収集メッセージについて

CSV ファイルが CSCOpx にない場合に、デバイスまたはライセンスのインポートが失敗する理由

デバイスが Partially Monitored 状態になる理由

デバイスが Unreachable 状態になる理由

エンド ポイントがレポートおよび Diagnostic ページで Unregistered として表示される理由

インベントリの手動クリーンアップ

Device Management の操作

[Modify/Delete Devices] ページについて

デバイスの設定とクレデンシャルの編集

デバイスのインベントリ収集の手動実行

デバイスの詳細の表示

[Modify/Delete Devices] ページを使用したデバイス レポートの生成

[Device Management: Summary] ページを使用したデバイス レポートの生成

デバイス レポートについて

Device Discovery の使用

Prime UOM での Auto Discovery Configuration のセットアップ

クレデンシャルの設定

物理検出のフィルタリング

Cluster Device Discovery の使用

デバイス情報の表示

[Detailed Device View] の起動

[Detailed Device View] のレイアウトについて

デバイス要素の詳細の表示

[Detailed Device View] に表示される情報

デバイスの一時停止と再開

デバイス設定を使用したデバイスの一時停止

DDV からのデバイス モニタリングの一時中止

デバイス コンポーネントの一時停止および再開

デバイスの削除

デバイス インベントリの収集

インベントリ収集のスケジュール

デバイスのインベントリ収集スケジュールの使用

IP フォン検出の使用

Cisco Unified CM へのアクセスに使用するメディア サーバ アカウントの決定

検出ステータスの表示

SNMP のタイムアウトとリトライ回数の編集

LDAP の設定

Prime UOM ツールの起動

イベント情報の表示

イベント履歴の表示

デバイス情報の表示

関連付けられた電話の表示

Path Analysis Tool の起動

パフォーマンス モニタリングの表示

模擬テストの設定

ノードツーノード テストの設定

ノードツーノード テスト グラフの設定

SRST モニタリングの設定

しきい値の設定の変更

ポーリング設定の変更

デバイスの一時停止

デバイスの再開

デバイスの追加

デバイスの削除

デバイスの管理ページの起動

Prime UOM の NAT サポート

インポート シード ファイルの例

Device Management の使用方法

次の各項では、Cisco Prime Unified Operations Manager(Prime UOM)の Device Management の使用方法を説明します。

「Device Management を使用する前に」

「Device Management の設定」

「デバイスのステータスと検出設定の確認」

「Prime UOM へのデバイスのインポート」

「Device Management の操作」

「Device Discovery の使用」

「スケジュールされた検出を実行するたびに、Prime UOM に存在しないデバイスの新しいセットだけが追加され、検出されます。」

「デバイス インベントリの収集」

「Prime UOM ツールの起動」


ワンポイント アドバイス 自動デバイス検出のオンライン ビデオ チュートリアルを表示するには、Cisco.com を参照するか、オンライン ヘルプの [E-Learning] アイコンをクリックします。


Device Management を使用する前に

次の各項では、Device Management の情報および作業を開始する方法について説明します。

「エンタープライズ導入のデバイスを自動的に検出」

「デバイスに関する概要」

「Device and Credentials Repository(DCR)について」

「DCR へのデバイスの追加」

「DCR へのデバイスのインポート」

「DCR と Prime UOM の同期化をトリガーするイベント」

「DCR のモード(マスターおよびスレーブ)の設定」

「デバイスの管理ページの起動」

Prime UOM でデバイスを監視するには、まずそのデバイスを Common Services の Device and Credentials Repository(DCR)に追加する必要があります。デバイスを DCR に追加したら、DCR とは独立した Prime UOM インベントリにデバイスを追加する必要があります。

DCR( 表 8-1 を参照)から Prime UOM インベントリにデバイスを追加するには、次の 3 通りの方法があります。

 

表 8-1 Prime UOM のインベントリ収集オプション

インベントリ収集オプション
説明

1. 自動的にデバイスを検出します。1

(エンタープライズ ユーザのみ)

デフォルト設定を使用します(エンタープライズ バージョンでは操作不要)。

自動検出のための設定を行います。「DCR からの特定のデバイスの追加」を参照してください。

自動デバイス検出のビデオ チュートリアルを見るには、オンライン ヘルプの [E-Learning] アイコンをクリックします。

2. デバイスを手動で追加します。

(エンタープライズ バージョンまたはマルチ エンドカスタマー バージョンのみ)

「DCR へのデバイスの追加」

3. デバイスをインポートします。

(エンタープライズ バージョンまたはマルチ エンドカスタマー バージョンのみ)

「DCR へのデバイスのインポート」

1.インベントリ情報を収集するには、デバイス クレデンシャルが必要です。エンタープライズ バージョンの場合、自動検出がデフォルトです。マルチ エンドカスタマー バージョンを導入した場合に検出を処理する方法の詳細については、「DCR へのデバイスの追加」または「DCR へのデバイスのインポート」を参照してください。

デバイスを DCR に追加する方法については、Common Services のオンラインヘルプまたはユーザ ガイドを参照してください。

Prime UOM Device Management ページを使用して、次の作業を実行できます。

デバイスの設定

DCR からのデバイスの追加およびインポート(「DCR からの特定のデバイスの追加」または「DCR へのデバイスのインポート」を参照)。

ファイルへのデバイス情報のエクスポート(「DCR からファイルへのデバイス情報のエクスポート」を参照)。

デバイス設定の編集(「デバイスの設定とクレデンシャルの編集」を参照)。

デバイスの削除(「デバイスの削除」を参照)。

DCR から Prime UOM に追加するデバイスの選択(「DCR からのデバイスのインポート」を参照)。

デバイスの詳細の表示(「デバイスの詳細の表示」を参照)。

特定のデバイス、電話機を含めるように自動同期を設定(「DCR からの特定のデバイスの追加」を参照)

インベントリの収集

デバイスのインベントリ収集の実行(「デバイスのインベントリ収集の手動実行」を参照)。

デバイスまたは電話機検出収集のステータス取得(「検出ステータスの表示」を参照)。

Prime UOM Device Management の一時停止および再開(「デバイスの一時停止と再開」を参照)。

デバイスの自動検出

エンタープライズ導入に Operations Manager Discovery を設定(「Prime UOM 物理検出の設定」を参照)。

エンタープライズ導入検出においてデバイスをフィルタリング(「物理検出のフィルタリング」を参照)。

Prime UOM がデバイスのインベントリ収集を実行する際、デバイスは Prime UOM で完全に認識されるまでにさまざまな デバイスの状態 を推移します(詳細は「デバイスのインポートの確認」を参照してください)。

デバイスが Prime UOM インベントリに入ると、Prime UOM は該当のデバイス グループ(デバイスが DCR に追加されると、DCR はデバイスを特定のデバイス グループに割り当てます)に適用されるポーリングとしきい値の設定に従って、そのデバイスとコンポーネントを監視します。

エンタープライズ導入のデバイスを自動的に検出

エンタープライズ ユーザ用に Prime UOM をインストールすると、DCR と自動的に同期し、インベントリを追加するデフォルトの設定を使用するように選択することができます。

マルチ カスタマー バージョンをインストールしている場合、自動検出はデフォルトでディセーブルになっています。マルチ カスタマー バージョンの導入で自動検出機能を使用することは推奨しません。デバイスを手動で追加またはインポートするには、手順に従ってください。「DCR へのデバイスの追加」または「DCR へのデバイスのインポート」を参照してください。

ネットワーク デバイスすべてを管理したくない場合は、[Device Selection] ページを使用して手動でデバイスを追加できます。Prime UOM が DCR から受ける影響の詳細については、「Device and Credentials Repository(DCR)について」を参照してください。

Prime UOM で関連するすべてのデータを表示できるように、特定のデバイスを設定する必要があります。必要なデバイス設定の変更点のリストについては、「デバイスに関する概要」を参照してください。


ヒント NMSROOT/databases ディレクトリは、ウイルス スキャンから除外する必要があります。ウイルス スキャンのためにデータベース ファイルがロックされると、問題が発生することがあります。

NMSROOT は、Prime UOM がインストールされているシステム上のディレクトリです。インストール時にデフォルト ディレクトリを選択した場合、「C:\Program Files\CSCOpx」または「C:\PROGRA~1\CSCOpx」のように入力されます。


ヒント 自動デバイス検出のビデオ チュートリアルを見るには、オンライン ヘルプの [E-Learning] アイコンをクリックします。

デバイスの前提条件

Device Management を使用する場合は、次のことに注意してください。

監視対象デバイスがネットワークから取り外された場合、そのデバイスは到達不能でも、次のインベントリの収集が行われるまで Monitored 状態のままとなります。デバイスが到達不能である場合、イベント情報が含まれる Fault Monitor にこのデバイスの到達不能なイベントが表示されます。

デバイスの設定変更が Prime UOM によって検出されるのは、インベントリ収集プロセスの間だけです。そのため、Prime UOM は、デバイスの設定に対する変更を、設定変更後の次回のインベントリ収集まで表示しません。

[Static NAT Environment] が Prime UOM システム設定を使用してイネーブルにされていない場合、ネットワーク アドレス変換(NAT)が有効のデバイスは Prime UOM でモニタできません。詳細については、「[System Preferences] を使用したシステム全体のパラメータの設定」を参照してください。

メディア サーバで Cisco Discovery Protocol(CDP)がイネーブルになっていない(ディセーブルになっているか、応答がない)場合、Prime UOM はデバイスを正しく検出せず、デバイスは Unsupported 状態になります。

Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)など、デバイスの syslog メッセージを正常に受信するには、デバイスのサービスアビリティ Web ページで syslog レシーバを追加する必要があります。「Prime UOM に syslog レシーバを [Send Events] に設定」を参照してください。

Prime UOM に Windows ベースのデバイスから SNMP トラップとして転送された Windows イベントを表示するには、イベント トラップ フォワーダ ユーティリティ( evntwin.exe )を設定する必要があります。Evntwin は、イベントの変換を Evntwin コンフィギュレーション ファイル内の情報に基づいたトラップに設定します。

これは、Windows SNMP サービスがインストールされる時にインストールされます。SNMP トラップとして転送するイベント番号を選択する必要があります。「SNMP トラップの受信とフォワーディングの設定」を参照してください。

Prime UOM サーバが Access Control Server(ACS)モードを使用している場合は、表示可能なデバイスが ACS によって制限される場合があります。詳細については、「ACS でのデバイスベースのフィルタリング」を参照してください。

Prime UOM サーバが Access Control Server(ACS)モードを使用しており、特定のユーザのクラスタへのアクセスを提供する場合は、クラスタ内のすべてのデバイスは、そのユーザの ACS 設定に明示的に追加する必要があります。Unified CM ノード、ゲートウェイ、Unity デバイス、ゲートキーパーなどを含める必要があります。

DNS がデバイスに設定されている場合は、Prime UOM がそのデバイスの DNS 名を解決できることを確認します。DNS サーバの設定が正しいことを確認します。DNS が解決しない場合は特定の監視機能が作動しないため、これは Unified CM、Unified Presence Server、および Unity Connection デバイスにとって重要です。「Cisco Unified Communications のデバイスの DNS 設定」を参照してください。

デバイスを追加するときは、HTTP(および HTTPS)ポート番号はオプションです。これらの設定は自動的に削除されます。

複数のインターフェイスと HTTP 管理アクセスを備えたデバイスを追加するときは、HTTP 管理アクセスを有効にしたときと同じインターフェイスを使用して Prime UOM を管理する必要があります。

Cisco Unified Contact Center、Cisco Unity、および Cisco Personal Assistant を追加するときは、Windows のユーザ名とパスワードを入力する必要があります。これらの JDBC クレデンシャルは、DCR の [CLI Primary Credentials] フィールドに入力します。

Prime UOM で CM Express および Cisco Unity Express(CUE)の電話機を正しくカウントできるようにするには、次の設定を使用する必要があります。

ephone 8
mac-address 001A.E2BC.3EFB
type 7945

type は、電話機のモデル タイプです。モデル タイプが不明な場合は、Cisco.com ですべての電話機モデル タイプについて確認するか、 type ? と入力します。

[Device Management Summary] ウィンドウにおける電話機カウントの表示方法については、「電話数は、Fault Monitor、Diagnostics ビュー、およびレポートにどのように表示されますか」を参照してください。

UC500 シリーズ ルータで Unified CM Express を実行している場合は、CISCO-CME_MIB の cmeEphoneModel MIB 変数が正しい電話機モデルを返すように、各電話機の ephone 設定にある「type」を設定します。これにより、Prime UOM で Unified CM Express に登録されている電話機を検出できるようになります。

Unified CM Express に接続されている Cisco Unity Express が Service Level View に表示されるようにするには、次の設定を使用する必要があります。

dial-peer voice 2999 voip <where voip tag 2999 must be different from voicemail>
destination-pattern 2105 <prefix must be the full E.164 of configured voicemail 2105>
session protocol sipv2
session target ipv4:10.10.1.121
dtmf-relay sip-notify
codec g711ulaw
no vad
!
!
telephony-service
voicemail 2105
 

ここで dial-peer VoIP タグ(2999)はボイスメール番号と等しくなく、destination-pattern(2105)はボイスメール番号と等しくなっています。これにより、Unity Express が Service Level View で適切に表示されます。

Prime UOM は、デバイスの管理状態が True に設定されている場合にデバイスを管理します。逆に、Prime UOM はデバイスの管理状態が False に設定されている場合にはデバイスを管理していません。

管理状態が False に設定されたデバイスは、 一時停止デバイス と呼ばれます。Prime UOM はデバイスのポーリングを停止しますが、CDR レコードなどのデバイス データを引き続き受信することがあります。また、デバイスのコンポーネントを選択して管理対象から外すこともできます(「デバイス コンポーネントの一時停止および再開」を参照)。

Prime UOM で管理可能なデバイス数については、『 Installation Guide for Cisco Prime Unified Operations Manager 』を参照してください。Prime UOM インベントリがデバイスの制限を超えた場合は、警告メッセージが表示されます。詳細については、「デバイス制限に関するメッセージへの応答」を参照してください。

Prime UOM が監視するデバイスのタイプ

インストールした導入のタイプによっては、Prime UOM で次のデバイスを監視します。

「エンタープライズ デバイス」

「マルチ エンドカスタマー デバイス」

エンタープライズ デバイス

DCR にデバイスを追加すると、デバイスは Common Services の System Defined Groups に割り当てられます。DCR がデバイスを割り当てるグループは、ユーザがそのデバイスを追加するときに指定するデバイス タイプによって異なります。ユーザがデバイス タイプを選択しない場合や、間違ったデバイス タイプを選択した場合、DCR はデバイスを Unsupported とし、そのデバイスは Common Services の Unsupported グループに割り当てられます

Prime UOM は、デバイスでインベントリ収集を実行するときにデバイス タイプを割り当てます。

Prime UOM が監視するデバイスのタイプの例については、表 9-1を参照してください。

Prime UOM がサポートするデバイスの詳細なリストについては、Cisco.com の『 Supported Device Table for Cisco Prime Unified Operations Manager (http://www.cisco.com/en/US/products/ps6535/products_device_support_tables_list.html) を参照してください。

マルチ エンドカスタマー デバイス

マルチ エンドカスタマー バージョンの場合、Add Device ユーザ インターフェイスを使用して、またはデバイスをインポートして、ユーザがデバイスを追加します。この手順により、カスタマー グループ名を追加できるようになります。DCR にデバイスを追加すると、デバイスは以前に入力したカスタマー グループ名の Customers グループ フォルダに割り当てられます。ユーザがカスタマー グループ名を選択しないと、デバイスは Defaults フォルダに配置されます。

Prime UOM は、デバイスでインベントリ収集を実行するときにデバイス タイプを割り当てます。

Prime UOM が監視するデバイスのタイプの例については、表 9-1を参照してください。

Prime UOM がサポートするデバイスの詳細なリストについては、Cisco.com の『 Supported Device Table for Cisco Prime Unified Operations Manager 』( http://www.cisco.com/en/US/products/ps6535/products_device_support_tables_list.html )を参照してください。

Prime UOM が監視するポートとインターフェイス

Prime UOM がデフォルトで監視するポートとインターフェイス、および監視しないポートとインターフェイスを次に説明します。

ポート(スイッチ):Prime UOM は、デフォルトではトランク ポートを監視し、アクセス ポートは監視しません。

アクセス ポートは、Prime UOM が監視しないホストまたはデバイスに接続されたスイッチ ポート、つまり端末ポートです。

トランク ポートは、Cisco Discovery Protocol(CDP)を実行する Cisco ネットワーク デバイスに接続されたポートです。つまり、トランク ポートはルータに接続されているか、同じ Prime UOM サーバが管理するスイッチに接続されています。

インターフェイス(ルータ):デフォルトでは、Prime UOM は ifTable にリストされたすべてのインターフェイスを監視します。

インベントリ収集中のみ(デフォルト)、BRI B チャネル インターフェイス(音声用)は管理が停止されます。

インベントリ収集中のみ(デフォルト)、PRI B チャネル インターフェイスは管理が停止されます。

Device and Credentials Repository(DCR)について

Device and Credentials Repository(DCR)は、アプリケーション間でデバイス情報を共有するための中央集中型デバイス リポジトリです。DCR は、デバイスのクレデンシャルと属性を管理するための単一の場所を提供し、アプリケーション間の一貫性を保証します。

個々のアプリケーションはリポジトリを照会して、デバイス リスト、デバイス属性、およびデバイス クレデンシャルを取得することができます。DCR への変更は、Operations Manager や LMS アプリケーションなど、DCR をサポートするアプリケーションに伝播されます (Service Monitor と Service Statistics Manager はどちらも DCR をサポートしません)。


) デバイスは、Prime UOM インベントリに追加する前に、まず DCR に追加する必要があります(「DCR へのデバイスの追加」を参照)。


デバイスは、DCR に追加した後で Prime UOM インベントリに追加することができます(Prime UOM インベントリは DCR から独立しています)。デバイスを DCR に追加すると、DCR は各管理対象コンポーネントに DCR ID を割り当てます。

DCR はデバイス名または IP アドレスのいずれかを使用して、コンポーネントをデバイスに対応付けます。DCR のデバイスを Prime UOM に追加すると、Prime UOM はインベントリ収集の間に DCR ID をデバイス名にマッピングします(表 8-4 を参照)。

Prime UOM は、デバイスやコンポーネントがすでに Prime UOM インベントリ内に存在するかどうかの確認にも DCR ID を使用します (Prime UOM がデバイス名として IP アドレスと DNS 名のどちらを使用しているかなど、Prime UOM でのデバイスの識別方法の詳細は、「DCR からのデバイスのインポート」で説明されています)。

自動的な同期化(デフォルト)をアクティブにすることにより、DCR から Prime UOM に自動的にデバイスを追加することができます。また、同期化を無効にして、[DCR Device Selection] ページを使用して選択したデバイスを追加することもできます。

デバイスが削除されるときは、DCR から削除される場合も削除されない場合もあります。削除するかどうかは、DCR で Prime UOM が設定される方法によって決まります(「デバイスの削除」を参照)。

集約デバイスのコンポーネントの削除については、「Prime UOM での収容デバイスと被収容デバイスの処理方法」を参照してください。

DCR と Prime UOM インベントリの間の同期化は、[DCR Device Selection] ページから制御されます。

自動同期(デフォルト)については、「DCR のデバイスの自動インポート」を参照してください。

手動の同期化(DCR から Prime UOM インベントリにデバイスを選択して追加する)については、「DCR のデバイスの手動インポート」を参照してください。

Prime UOM 物理検出プロセス(デバイスを DCR に追加するプロセス)や Prime UOM インベントリ収集プロセス(デバイスを調査して Prime UOM インベントリのコンポーネントをアップデートするプロセス)を、DCR 同期化プロセスと混同しないでください。Prime UOM インベントリ収集は、Prime UOMインベントリだけに影響するプロセスです。

DCR からの特定のデバイスの追加

Prime UOM は DCR とインベントリを自動的に同期させます。この同期には、すべてのネットワーク デバイスが含まれます。このデフォルト設定を使用している場合、ネットワークのサイズによってサーバのパフォーマンスが大幅に低下することがあります。Prime UOM のデバイスまたはクラスタのサブセットを作成して、Prime UOM インベントリに追加する必要がある可能性があります。

DCR Device Selection を使用して、特定のデバイスを DCR から Prime UOM に手動で追加します。

DCR から特定のデバイスを手動で追加するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [DCR Device Selection] を選択します。

[DCR Device Selection] ページが表示されます。

Discovered Devices レポートから [Add Devices] ページにアクセスすることもできます (「Discovered Devices レポートの表示」 を参照)。

ステップ 2 [Manual] をクリックし、特定のデバイスを選択して入力します。

IP アドレスまたはホスト名。カンマ区切りのリストを使用して、一度に複数のデバイスを入力できます。

一度に複数のデバイスを追加するときは、すべてのデバイスが同じタイプであり、同じクレデンシャルを使用する必要があります。

カスタマー名

SNMPv2c/SNMPv1 クレデンシャル

SNMPv3 クレデンシャル

HTTP クレデンシャル(Cisco Unified CM、Unified Presence Server、および Unity Connection でのみ必要)

Windows/JDBC クレデンシャル。次のデバイスでのみ必要です。

Cisco Unified Contact Center

Cisco Unity

Cisco Personal Assistant

Cisco Unified CM の Windows ベースのバージョン

ステップ 3 [OK] をクリックします。


 

DCR へのデバイスの追加

Prime UOM にデバイスを手動で追加するには、[Add Devices] ページ([Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Add Devices])を使用します。

 


) バルク インポート(NMS またはファイルからのインポート)を使用して DCR にデバイスを追加するには、「DCR へのデバイスのインポート」を参照してください。



ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Add Devices] を選択します。

インストール導入に固有の [Add Devices] ページが表示されます。

エンタープライズ導入がある場合は、図 8-1 に示された Enterprise モードの [Add Devices] ページの例を参照してください。

マルチ エンドカスタマー バージョン導入の場合は、図 8-2 に示された Multiple End-Customer モードの [Add Devices] ページの例を参照してください。[NAT] チェックボックスはページのその他のフィールドをイネーブルにします。

図 8-1 Enterprise モードの [Add Device] ページ

 

図 8-2 Multiple End-Customer モードの [Add Device] ページ

 

エンタープライズ ユーザの場合、Discovered Devices レポートから [Add Devices] ページにアクセスすることもできます (「Discovered Devices レポートの表示」 を参照)。

ステップ 2 次を入力します。

デバイスがエンタープライズ デバイスの場合:

IP アドレスまたはホスト名。カンマ区切りのリストを使用して、一度に複数のデバイスを入力できます。

複数のデバイスを一緒に追加する場合は、すべてのデバイス タイプが同じであり、同じクレデンシャルを使用する必要があります。

デバイスがマルチ エンドカスタマー ネットワークにある場合:

カスタマー名を選択するか、新規カスタマー名を作成します。

新規カスタマー名はそのカスタマー グループ名のデバイス グループ ツリーに表示されます。カスタマー グループには、そのカスタマーのすべてのデバイス タイプ グループが表示されます。カスタマー名が選択されていない場合、デバイスは Customers Default グループに表示されます。

NAT-enabled デバイスの場合:

[NAT] チェックボックスをオンにします。

グローバル IP アドレス、ローカル IP アドレス、およびローカル DNS を入力します。

複数のデバイスを同時に追加する場合、カンマ区切りのリストを使用します。複数のローカル IP アドレスおよびローカル DNS 名を追加する場合は、カンマ間にブランク スペースを入れる必要があります。ローカル DNS 名は完全修飾ドメイン名(FQDN)ではありません。Prime UOM がドメイン名の解決を行えるようにするには、デバイスに完全修飾ホスト名または IP アドレスを持たせる必要があります。

SNMPv2c/SNMPv1 クレデンシャル

SNMPv3 クレデンシャル

HTTP クレデンシャル(Cisco Unified CM、Unified Presence Server、および Unity Connection でのみ必要)

4.x CCM の Windows/JDBC クレデンシャル:次のデバイスを含む Windows ベースの MCS アプリケーション サーバに必要です。Windows のユーザ名を次の形式で入力します。 Domain name\Username または Username

Cisco Unified Contact Center

Cisco Unity

Cisco Personal Assistant

Cisco Unified CM の Windows ベースのバージョン

ステップ 3 [OK] をクリックします。


注意 DNS 名が解決しない場合、特定の監視機能が使用できない可能性があります。DNS 名の解決の詳細については、「デバイスの前提条件」を参照してください。


 

ポーリング用の読み取り専用 Cisco Unified CM ユーザ アカウントの作成

Linux で Unified CM デバイス(バージョン 6.0 以上)のポーリングが可能な読み取り専用アカウントを設定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [User Management] > [Application User] を選択して、新しい読み取り専用アプリケーション ユーザ(たとえば cuomuser )を CCMAdmin ページに作成します。

ステップ 2 新しいアプリケーション ユーザ名を入力した後、[Add New] をクリックします。

ステップ 3 [User Management] > [User Group] を選択して、この新しい読み取り専用ユーザを含める新しいユーザ グループ(たとえば CUOM Access)を作成します。

ステップ 4 Standard CCM Read Only を入力して、[Copy] アイコン(図 8-3 を参照)をクリックします。

ステップ 5 新しいユーザ グループ(たとえば CUOM Access )を入力し、[OK] をクリックします。

図 8-3 [User Group Copy] ウィンドウ

ステップ 6 [Add Application Users to Group] をクリックして、新しい cuomuser をそのユーザ グループ(たとえば CUOM Access )に追加します。

ステップ 7 [User Management] > [User Group] を選択し、 CUOM Access グループの行に表示されるロール アイコンをクリックして、[Standard AXL API Access] ロールを読み取り専用ユーザ グループに追加します(図 8-4 を参照)。

ステップ 8 表示されるウィンドウで [Assign Role to Group] をクリックします。

ステップ 9 [Standard AXL API Access] を追加し、[Save] をクリックします。

図 8-4 [User Group] ウィンドウのロール アイコン

cuomuser ロールのアクセス権を確認するには、[User Management] > [Application User] を選択し、 cuomuser を選択して、[Permission Information--Roles] で次のロールを確認します。

CUOM Access グループ(または割り当てた名前のグループ)には、次のロールが含まれている必要があります。

# Standard AXL API Access

# Standard CCM Admin Users

# Standard CCMADMIN Read Only

# Standard SERVICEABILITY Read Only

ステップ 10 読み取り専用ユーザとして Prime UOM にログインします。

ステップ 11 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Add Devices] を選択して、CM を追加します。


 

Cisco Unity デバイスのポーリング用読み取り専用 WMI ユーザ アカウントの作成

ポーリング ログなどのファイルが安全で保護された環境を提供するために、Windows Management Instrumentation(WMI)で Unity デバイスのポーリングを実行する非管理ユーザを作成する必要があります。

Cisco Unity デバイスのポーリング用読み取り専用 WMI ユーザ アカウントを作成するには、次の手順に従います。


ステップ 1 管理者アカウントで Unity サーバにログインします。

ステップ 2 管理者以外または読み取り専用のユーザを作成します。

ステップ 3 [Start]、[Run] の順にクリックし、wmimgmt.msc と入力して、WMI コントロール コンソールを開きます。

ステップ 4 [OK] をクリックします。

ステップ 5 ユーザの権限を設定し、WMI コントロールを右クリックします。

ステップ 6 [Properties] をクリックし、[Security] タブをクリックします。

ステップ 7 名前空間ナビゲーション ウィンドウで CIMV2 を選択し、[Security] をクリックします。

ステップ 8 作成したばかりのユーザを追加します。[Add] をクリックします(またはユーザ名のウィンドウから Everyone を選択)。

ステップ 9 権限のウィンドウから次の権限を選択します。

Execute Method

Enable Account

Remote Enable

Read Security

ステップ 10 セキュリティのウィンドウと WMI コントロール ウィンドウで [OK] をクリックし、WMI 管理ウィンドウを閉じます。


 

Prime UOM 物理検出の設定

エンタープライズ導入に Operations Manager Discovery を設定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Device Credentials] を選択します。

[Configure Credentials] ページが表示されます。

[Auto Discovery Configuration] ページにアクセスするには、[Device Management: Summary] ページで [Configure] をクリックする方法もあります。

ステップ 2 [Add] をクリックします。

[Configure Credentials] ページが表示されます(「クレデンシャルの設定」を参照)。

ステップ 3 次を入力します。

宛先デバイスのワイルド カード エントリ。カンマ区切りのリストを使用して、一度に複数のデバイスを入力できます。

一度に複数のデバイスを追加するときは、すべてのデバイスが同じタイプであり、同じクレデンシャルを使用する必要があります。

SNMP のタイムアウトとリトライ回数

SNMPv2c/SNMPv1 クレデンシャル(SNMP ライト(write)コミュニティ ストリングが IP SLA 診断テストに必要)

SNMPv3 クレデンシャル

HTTP クレデンシャル(Cisco Unified CM、Unified Presence Server、および Unity Connection でのみ必要)

WMI クレデンシャル:次のデバイスを含む Windows ベースの MCS アプリケーション サーバでのみ必要です。

Cisco Unified Contact Center

Cisco Unity

Cisco Personal Assistant

Cisco Unified CM の Windows ベースのバージョン


 

DCR へのデバイスのインポート

バルク インポート(NMS またはファイルから)の場合、Prime UOM では DCR へのダイレクト リンクが用意されています([Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Import Devices])。詳細については、[Help] をクリックして Common Services ヘルプを参照してください。

DCR へデバイスをインポートするには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Import Devices] を選択します。

[Import Devices] ページが表示されます。

ステップ 2 インポート情報を入力します。

デバイスを Prime UOM にインポートするには、入力インポート CSV ファイルで USERS グループに対して Read 権限が設定されている必要があります。CSV ファイルを別のディレクトリからインポートするときは、ファイルで casuser 権限を持っていることを確認するか、CSCOpx ディレクトリから CSV ファイルを直接インポートします。


) NAT-enabled デバイスのインポートに必要なオプションのユーザ定義フィールド(user_defined_field_3 および user_defined_field_2)がインポート ファイルに含まれていることを確認します。これらのフィールドはそれぞれ、ローカル IP とローカル DNS 名に対応します。マルチ カスタマー バージョンの場合は、各デバイスのカスタマー名グループに対応するオプションの customer_name フィールドがインポート ファイルに含まれていることを確認する必要があります。「インポート シード ファイルの例」を参照してください。


DNS 名が解決しない場合、特定の監視機能が使用できない可能性があります。DNS 名の解決の詳細については、「デバイスの前提条件」を参照してください。


ワンポイント アドバイス シード ファイルをすばやく作成するために、デバイスを追加することができます(「DCR へのデバイスの追加」)。デバイスが Monitored 状態になると、csv ファイルにエクスポートすることができます。詳細な手順については、「DCR からファイルへのデバイス情報のエクスポート」を参照してください。



ヒント デバイスを Prime UOM からエクスポートするとき、.csv ファイルに対するユーザ権限は、同じファイルをインポートするときに Prime UOM が受け入れできないような権限に設定されます。代わりに、同じ .csv ファイルのコピーをインポートしてください。コピーすると権限が正しく設定されます。


 

DCR からファイルへのデバイス情報のエクスポート

デバイス情報をファイルにエクスポートするために、Prime UOM では DCR へのダイレクト リンクが用意されています。詳細については、[Help] をクリックして、オンライン ヘルプを参照してください。


ステップ 1 デバイス情報をファイルにエクスポートするには、[Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] を選択します。

[Export Devices] ページが表示されます。

ステップ 2 エクスポート情報を入力します。

エクスポートのヘルプが必要な場合は、ページの [Help] ボタンをクリックし、オンライン ヘルプを開きます。クレデンシャルをエクスポートするか、[Export Device Credentials] チェックボックスを使用しないことを選択できます。クレデンシャルをエクスポートすると、クリア テキストでエクスポートされます。


ヒント デバイスを Prime UOM からエクスポートするとき、.csv ファイルに対するユーザ権限は、同じファイルをインポートするときに Prime UOM が受け入れできないような権限に設定されます。代わりに、同じ .csv ファイルのコピーをインポートしてください。コピーすると権限が正しく設定されます。


 

DCR と Prime UOM の同期化をトリガーするイベント

次のイベントは、Prime UOM インベントリと DCR の同期化をトリガーします。

デバイスの追加または削除、または DCR でのデバイスのクレデンシャル(IP アドレス、SNMP クレデンシャル、MDF タイプ)の変更 (これにより、Prime UOM でのデバイスのインベントリ収集もトリガーされます)。

DCR の次のような変更。

マスターからスレーブへ

スタンドアロン(シングルサーバ)からスレーブへ

別のドメインからの DCR の復元。

詳細については、次のトピックを参照してください。

「DCR からのデバイスのインポート」

「Cisco Unified CM へのアクセスに使用するメディア サーバ アカウントの決定」

DCR のモード(マスターおよびスレーブ)の設定

デフォルトでは、DCR モードはスタンドアロンまたは独立リポジトリ(サーバごとに 1 つの DCR を持つシングル サーバ)です。ただし、DCR がマスター/スレーブ モデルを使用するように設定することができます。このモデルでは、マスター DCR は、CiscoWorks LAN Management Solution(LMS)サーバに配置されるプライマリ リポジトリです。

Prime UOM のマスターまたはスレーブとして DCR を設定する場合の手順は LMS のオンライン ヘルプに記載されています。

LMS のオンライン ヘルプにアクセスするには、Operations Manager のホームページで [Administration] を選択し、見出し([CiscoWorks/Common Services])の下にある任意のリンクを選択します。新しいウィンドウが開いたら、[Help] リンクをクリックします。

Prime UOM および CiscoWorks が互換性のあるバージョンであることを確認してから、マスター モードとスレーブ モードを設定します。互換性の詳細については、『 Supported and Interoperable Devices and Software Table for Cisco Unified Operations Manager 8.6 』を参照してください。

スレーブ DCR は他の LMS サーバに配置され、DCR マスターを複製します。マスター DCR のすべての変更はスレーブ DCR に伝播されます。これにより、別のサーバ上のアプリケーションは同期化されたデバイス インベントリを使用することができます。Prime UOM 側ではマスター/スレーブ モデルの使用を意識しません。

Prime UOM のインスタンスが使用する DCR がマスターからスレーブまたはスタンドアロンからスレーブに変更された場合は、その DCR のデバイス リストが Prime UOM インベントリと同期化されます。

すべてのデバイスが Prime UOM インベントリから削除されます(DCR の同期化モードとは無関係です)。Prime UOM が手動の同期化を使用するように設定されている場合は、DCR のすべてのデバイスが(Prime UOM に存在しないデバイスとして)デバイス セレクタに表示されます。

自動的な同期化の場合は、DCR のすべてのデバイスが Prime UOM インベントリに追加されます。

DCR のモードが(マスター、スレーブ、スタンドアロン間で)変更されるときは、デーモン マネージャの再起動を実行する必要があります。


) メンテナンスを実行するときは、OMHealthMonitor Windows サービスを手動で停止してください。停止しない場合、意図的に停止されていたプロセスが再起動される場合があります。


OMHealthMonitor の詳細については、「Prime UOM プロセス状態の監視」 を参照してください。その後、次のコマンドを実行します。

net stop crmdmgtd
net start crmdmgtd
 

Prime UOM のマスターおよびスレーブ設定のデバイスに対するインベントリ収集は、独立して実行されます。このため、これらのデバイスのステータスが Prime UOM で異なって表示されることがあります。


 

DCR のマスター/スレーブ モデルの詳細については、LMS のオンライン ヘルプを参照してください。

手動モードのマスターおよびスレーブ設定

この項では、Prime UOM でデバイスの手動選択を設定した場合に Prime UOM をマスターおよびスレーブ設定で使用するときに実行する必要のある手順について説明します。


ステップ 1 手動モードに設定する場合は、デバイスの選択を手動に設定します。(「DCR のデバイスの手動インポート」 を参照)。

ステップ 2 Prime UOM をスレーブ サーバとして設定します

DCR のマスター/スレーブ モデルの設定については、Common Services のオンライン ヘルプを参照してください。

すべてのデバイスが Prime UOM ではなくローカルの DCR に表示されます。

ステップ 3 [Device Selection] ページで、[Manual] オプション ボタンを選択します。

CS ツリーには、マスター サーバに表示されるすべてのデバイスが含まれています。そのため、Prime UOM に表示されないすべてのデバイスを選択できます。


 

Discovered Devices レポートの表示

Discovered Devices レポートには、Prime UOM によって検出されたすべてのデバイスのリストが表示されます。また、DCR に追加するデバイスを選択することもできます。

Discovered Devices レポートを表示するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Device Summary] を選択します。

[Device Management: Summary] ページが表示されます。

ステップ 2 [Last Discovery] フィールドの隣にある [View Report] をクリックします。

Discovered Devices レポートが開きます。

このレポートには、次の項目が表示されます。

デバイスの IP アドレス。

[Device Name]:検出設定時に DNS Domain フィルタが設定されるとこのフィールドが設定されます。DNS Domain フィルタが指定されていない場合、デバイス名フィールドには not available と表示されます。

[Has Credentials]: True または False が表示されます。これは、検出でクレデンシャルを検出できたかどうかによります。

デバイスのステータス:[Added to Prime UOM]、[Updated in Prime UOM]、[Unreachable] という 3 つの値があります。

レポートの下部にある [Add] ボタンを使用すると、選択したデバイスを DCR に追加できます。


 

Device Management の設定

[Device Management] > [Device Configuration] を使用して、次のタスクを実行します。

 

表 8-2 Device Management の設定タスク

タスク
説明

デバイスのステータスと検出設定の確認

エンタープライズの場合、デバイス、クラスタ、および電話機検出設定はシステムおよびユーザ レベルで設定できます。マルチ エンドカスタマー バージョンの場合、これらの検出設定はシステム レベルでのみ設定できます。

「デバイスのステータスと検出設定の確認」

デバイスの追加

「DCR からの特定のデバイスの追加」

「DCR へのデバイスの追加」

デバイスのインポート

「DCR へのデバイスのインポート」

デバイスのエクスポート

「DCR からファイルへのデバイス情報のエクスポート」

デバイスの変更または削除

「[Modify/Delete Devices] ページについて」

DCR デバイスの選択

「DCR のデバイスの自動インポート」

「DCR のデバイスの手動インポート」

IP Address Report の実行

「[IP Address Report] ページの表示」

デバイス クレデンシャルの設定

「デバイスの設定とクレデンシャルの編集」

デバイス グループの使用

「グループの管理」

デバイスのステータスと検出設定の確認

[Device Management Summary] ページには、Prime UOM インベントリのすべてのデバイスの状態が表示されます。このページを表示するには、[Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Device Summary] を選択します。

電話機検出収集のステータスを表示するには、「電話 XML 検出ステータスの確認とスケジュール」を参照してください。

表 8-3 に、[Device Management Summary] ページに表示される情報を示します。

Prime UOM に、インベントリに追加したときにデバイスが遷移する状態と、デバイスが特定のデバイス状態になる原因を示します。

 

 

 

表 8-3 [Device Management: Summary] ページ

見出し/ボタン
説明

State

次の状態のデバイスの数がリストで表示されます。

Monitored

デバイスは正常にインポートされ、Prime UOM によって完全に管理されています。

Partially Monitored

デバイスは、Prime UOM の一部のデータ コレクタ2 によって正常にインポートされていますが、すべては管理されていません。デバイスがこの状態である場合は、デバイスが確実に監視されるように対処する必要があります。

Monitoring Suspended

デバイスの監視が一時停止されています。Prime UOM はデバイスのポーリングを停止しますが、CDR レコードなどのデバイス データを引き続き受信することがあります。

Inventory Collection in Progress

Prime UOM はデバイスを調査中です。これは、デバイスが最初に追加される際の最初の状態です。

また、デバイスは定期的なインベントリ収集の間もこの状態になります。一部のデータ コレクタが引き続きデバイス情報を収集している場合もあります。

Unreachable

Prime UOM はデバイスを管理できません。「インポートとインベントリ収集のトラブルシューティング」を参照してください。

Unsupported

デバイスは Prime UOM でサポートされていません。

NA

CM Express クラウドに Unity Express がない場合、Unity Express の状態は NA と表示されます。

Total Devices

各状態にあるデバイスの数。青い番号はデバイス レポートへのリンクです。青い数字をクリックすると、そのデバイスの状態に対応するデバイス レポートが開きます。「デバイス レポートについて」を参照してください。

Total Phones

監視対象の電話の数。青色の数字は、All IP Phones/Lines レポートにリンクされています。「Audio IP Phone Inventory レポートについて」を参照してください。

Unknown Phones Report へのリンクが、レポートのタイトルの横に表示されます。

Total Phone Lines

監視対象の電話回線の数。青色の数字は、All IP Phones/Lines レポートにリンクされています。「Audio IP Phone Inventory レポートについて」を参照してください。

Unknown Phones Report へのリンクが、レポートのタイトルの横に表示されます。

Unknown Phone Count

インベントリ内に存在しない電話の数。

Device Selection

DCR からのデバイス選択の現在のモード。「Prime UOM へのデバイスのインポート」を参照してください。

Last Discovery

最後に物理検出を実行した日付と時刻。

Next Discovery

次に物理検出を実行する日付と時刻。

Configure

物理検出を設定します。[Configure] ボタンを選択すると [Configure Credentials] ページが表示されます。「クレデンシャルの設定」を参照してください。

2.データ コレクタは、デバイスの検出とデバイスのデータ収集に関係するすべてのバックエンド アプリケーションを指す際に使用される用語です。

Prime UOM へのデバイスのインポート

Prime UOM インベントリにデバイスを追加するには、そのデバイスが Device and Credentials Repository(DCR)に存在している必要があります(「DCR へのデバイスの追加」を参照)。Prime UOM では、DCR からのインポートで次の 2 つの方法をサポートします。

DCR と Prime UOM の間の自動的な同期化の使用(「DCR のデバイスの自動インポート」を参照)

DCR と Prime UOM の間の手動の同期化の使用(「DCR のデバイスの手動インポート」を参照)

デバイス検出が完了すると、CTD の検出が開始します。完了すると、電話機検出が開始します。これは自動プロセスです。手動で開始する必要はありません。

他の Cisco Unified Management Suite のアプリケーションとの競合の回避

Prime UOM、Provisioning Manager、および Service Monitor が同じネットワークに導入されていて、デバイスの同じセットをプロビジョニングおよび管理している場合、管理者は同期アクティビティを計画する必要があります。

同期アクティビティを計画する際は、次のことに注意してください。

Prime UOM:Prime UOM がコール プロセッサまたはユニファイド メッセージ プロセッサ デバイスとの同期化を実行しているときは、Prime UOM管理者はそのデバイスを同時に検出してはなりません。

Service Monitor:Prime UOM がコール プロセッサまたはユニファイド メッセージ プロセッサのデバイスとの同期化を実行しているときは、同時に Service Monitor 管理者がそのデバイスをデータ ソースとして追加したり検証したりしてはなりません。

デバイスを Prime UOM にインポートするには、入力インポート CSV ファイルで USERS グループに対して Read 権限が設定されている必要があります。CSV ファイルを別のディレクトリからインポートするときは、ファイルで casuser 権限を持っていることを確認するか、CSCOpx ディレクトリから CSV ファイルを直接インポートします。

NAT 環境のデバイスを Prime UOM にインポートする際、System Preference で NAT をオンに設定していることを確認する、または 2 つの余剰属性を CSV ファイルに追加して NAT-enabled デバイスのローカル IP アドレスとローカル DNS 名が含まれていることを確認する必要があります。マルチ カスタマー バージョンの導入では、デバイスがカスタマー グループにグループ化できるよう、customer_name 属性を CSV ファイルに追加したことを確認します。

DCR からのデバイスのインポート

デバイスを DCR に追加した後は、次の方法でそのデバイスを Prime UOM インベントリに追加することができます。

自動(追加または変更が発生するたびに実行)。[Device Management: Summary] ページで [Device Selection] が [Automatic] に設定されている場合です。

手動(デバイスごとの実行)。[Device Management: Summary] ページで [Device Selection] が [Manual] に設定されている場合。

使用している設定を確認するには、[Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [DCR Device Selection] を選択します。

この項の構成は、次のとおりです。

「Prime UOM での収容デバイスと被収容デバイスの処理方法」

「DCR からインポートされたデバイスを Prime UOM が識別する方法」

「DCR と Prime UOM の同期化をトリガーするイベント」

「ポーリング:SNMP および ICMP」

「インポートとインベントリ収集のトラブルシューティング」

「Prime UOM へのデバイスのインポート」


) Prime UOM にデバイスをインポートできるかどうかは、ユーザのログインによって決まります。


DCR からインポートされたデバイスを Prime UOM が識別する方法

デバイスが DCR から Prime UOM に追加される場合、Prime UOM は DNS 名(ホスト名)を解決しようとします。Prime UOM では、DCR 表示名を使用しません。

表 8-4 に、DCR へのデバイス追加方法に応じて Prime UOM がデバイスを命名する方法について示します。

 

表 8-4 Prime UOM がデバイス名を決定する方法

デバイスが DCR に追加される際に使用された情報
Prime UOM での処理は次のとおりです。

IP アドレスとホスト名(DNS 名)

Prime UOM が DNS 名を解決できる場合は、DNS 名を使用します。

Prime UOM が DNS 名を解決できない場合、IP アドレスを使用します。

IP アドレスのみ

Prime UOM が IP アドレスを解決できる場合は、DNS 名を使用します。

Prime UOM が DNS 名を解決できない場合、IP アドレスを使用します。DNS 名が解決しない場合、特定の監視機能が使用できない可能性があります。DNS 名の解決の詳細については、「デバイスの前提条件」を参照してください。

DNS 名のみ

DNS 名を解決できない場合であっても DNS 名を使用します。DNS 名の解決の詳細については、「デバイスの前提条件」を参照してください。

すでに DCR に追加されている IP アドレス(DCR では可能)

一方の IP アドレスを選択し、もう一方は重複となります。重複デバイスがあるかどうかの判別方法の詳細については、「[IP Address Report] ページの表示」を参照してください。

同じ物理デバイスの 2 つのインターフェイスに対応する IP アドレス

一方の IP アドレスを選択し、もう一方は重複となります。重複デバイスがあるかどうかの判別方法の詳細については、「[IP Address Report] ページの表示」を参照してください。

指定された MDF タイプと sysobjectID でいったんデバイスが DCR に追加されると、その情報が間違っていても上書きできません。唯一の例外は、前述の表で説明されているように、sysObjectID が指定されていない場合です。

マルチ エンドカスタマー バージョン導入では、MDF タイプが Unknown の場合、Customer Name は NA として表示されます。

Prime UOM がポーリングと検出を実行する方法については、「ポーリング:SNMP および ICMP」 を参照してください。

Prime UOM での収容デバイスと被収容デバイスの処理方法

Prime UOM は、被収容デバイスと収容デバイス(集約デバイスとも呼ばれます)をサポートします。これらは他のデバイスと親子関係を持つデバイスで、MSFC(子)を収容する Catalyst スイッチ(親)などがその例です。スイッチは収容デバイスとみなされ、MSFC は被収容デバイスとみなされます。

 

表 8-5 Prime UOM での収容デバイスと被収容デバイスの処理方法

アクション
デバイスへの影響
収容
被収容
Prime UOM への追加(DCR の同期化モードとは無関係)
 

収容

追加される

追加される3

 

被収容

該当なし

該当なし

Prime UOM でのインベントリ収集
 

収容

インベントリが収集される

インベントリが収集される

 

被収容

影響なし

インベントリが収集される

Prime UOM からの削除
 

収容

削除される

Prime UOM から削除される(DCR からは削除されない)

 

被収容

影響なし

削除される

DCR からの削除
 

収容

削除される

削除される

 

被収容

影響なし

削除される

Prime UOM での一時停止
 

収容

一時停止される

一時停止される

 

被収容

影響なし

一時停止される

Prime UOM での再開
 

収容

再開される

再開される

 

被収容

影響なし

収容デバイスが再開された場合にのみ再開される。

3.収容デバイスが DCR に追加された場合、DCR は被収容デバイスを認識しません。ただし、そのデバイスが Prime UOM に追加された場合は Prime UOM によって被収容デバイスが調査され、Prime UOM インベントリに追加されます。

DCR のデバイスの自動インポート

Prime UOM エンタープライズ インストールではデフォルトで自動的な同期を使用します。マルチ エンドカスタマー バージョンのインストールでは、手動でのデバイスの追加、または CSV ファイルを使用したインポートを推奨します。同期化を変更する場合は、手動の同期化を自動的な同期化に変更するには、次の手順に従います。

自動デバイス検出のビデオ チュートリアルを見るには、オンライン ヘルプの [E-Learning] ボタンをクリックします。


) エンタープライズの場合、同期化プロセスを初めて実行する場合は、Prime UOM に追加されるデバイスの数によっては、Prime UOM がすべてのデバイスのインベントリを収集する際に数時間かかる場合があります。デバイスが監視状態になり、Prime UOM または Service Monitor 設定で進むことができるまで待つ必要があります。


デバイスを自動的にインポートするには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [DCR Device Selection] を選択します。

[DCR Device Selection] ページが表示されます。

ステップ 2 [automatic] オプション ボタンを選択します。

ステップ 3 [Apply] をクリックします。

Prime UOM が DCR と同期化されます。その時点で Prime UOM に存在していない DCR のすべてのデバイスが追加されます。Prime UOM は、追加されている新しいデバイスに関してインベントリ収集を実行します。

ステップ 4 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [IP Address Report] を選択して、重複デバイスがないかどうかを確認します。

重複デバイスを配置する必要がない場合は、デバイスを削除します(「デバイスの削除」を参照)。


 

デバイスの制限を超えた場合、Prime UOM は処理を継続しますが、デバイスは Prime UOM に追加されません。「ログ ファイルへのアクセスと削除」の説明に従って、ライセンス ログ ファイルを確認してください。

デバイスごとのライセンス情報については、「デバイス制限に関するメッセージへの応答」を参照してください。

インベントリ収集のスケジュールについては、「インベントリ収集のスケジュール」を参照してください。

DCR のデバイスの手動インポート

自動的な同期化を手動の同期化に変更するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [ Device Configuration] > [DCR Device Selection] を選択します。

[DCR Device Selection] ページが表示されます。

ステップ 2 [Manual] オプション ボタンを選択します。

Prime UOM インベントリに存在しないすべてのデバイスがデバイス セレクタに表示されます。

ステップ 3 次の方法でデバイスを選択します。

[Device Display Name] にデバイス名または IP アドレスを入力して、[Filter] をクリックする。

グループ セレクタを使用する。

選択したデバイスを確認する場合は、[Selection] タブをクリックすると、デバイスのリストが表示されます。

ステップ 4 [Select] をクリックします。

Prime UOM は、追加されているデバイスに関してインベントリを収集します。

ステップ 5 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [IP Address Report] を選択して、重複デバイスがないかどうかを確認します。

重複デバイスを配置する必要がない場合は、デバイスを削除します(「デバイスの削除」を参照)。


 

デバイスの制限を超えると、Prime UOM から警告メッセージが表示されます。ライセンス ログからより詳細な情報を取得できます。これについては、「ログ ファイルへのアクセスと削除」で説明されています。デバイスごとのライセンス情報については、「デバイス制限に関するメッセージへの応答」を参照してください。

重複デバイスの処理方法については、「[IP Address Report] ページの表示」を参照してください。

DCR に存在し、Prime UOM には存在しないデバイスの確認

DCR に存在し、Prime UOM には存在しないデバイスを確認するには、[Device Selection] ページを使用します。[Device Selection] ページで [Manual] オプション ボタンが選択されている場合、デバイス セレクタには Prime UOM に存在しないデバイスがリストされます。デバイスが Prime UOM に存在しない場合は、次の理由が考えられます。

Prime UOM が DCR との手動の同期化を使用しているために、デバイスが Prime UOM に追加されていない。

デバイスが Prime UOM から削除されている (Prime UOM から削除されたデバイスは、DCR からは削除されません)。


) 削除したデバイスは、手動のインポートの使用によってのみ Prime UOM に戻すことができます。


[Device Selection] ページへのアクセス方法については、「DCR のデバイスの手動インポート」を参照してください。

 

DCR から Prime UOM へのデバイスの移動については、「DCR のデバイスの手動インポート」を参照してください。重複デバイスについては、「[IP Address Report] ページの表示」を参照してください。

[IP Address Report] ページの表示

[IP Address Report] ページには、Prime UOM に追加されたデバイスのすべての IP アドレスが表示されます。この IP アドレスのリストには、DCR 内のデバイスの IP アドレス(Prime UOM で監視されていないものも含む)と、インベントリ内に存在するすべてのデバイスの IP アドレスが含まれます。

[IP Address Report] ページを表示するには、[Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [IP Address Report] を選択します。[IP Address Report] ページが表示されます。

表 8-6 に、[IP Address Report] に表示される情報を示します。

[IP Address Report] ページには、次の情報が表示されます。

DCR に存在し、Prime UOM インベントリには存在しないすべてのデバイスの IP アドレス。[IP Address Report] には、IP アドレス(追加されている場合)と DCR 表示名のみが表示されます。

Prime UOM インベントリ内に存在するすべてのデバイスの IP アドレス。

Prime UOM インベントリ内の各デバイスで認識されているすべての IP アドレス。監視対象デバイスに複数の IP アドレスが存在する場合は、すべての IP アドレスが表示されます。[DCR Display Name] カラムには N/A と表示され、[Device Name] および [Managed IP Address] カラムには該当するデバイスに対応する同じエントリが表示されます。

DCR の重複デバイスのエントリ。DCR 内に同じデバイスの複数のエントリが存在する場合(このような状況は異なる DCR 名の指定によって発生します)、[IP Address Report] では重複したエントリが識別され、[DCR Display Name] カラムの表示名にそれと対応する IP アドレス エントリが付加されます。

DCR 内の重複エントリの存在は、[IP Address Report] の [DCR Display Name] カラムに複数の表示名が存在していることによってわかります。

NAT-enabled デバイスのサポートはローカル IP アドレスおよびローカル DNS 名のデータを含み、デバイスが NAT-enabled であることを示します。

重複デバイスの削除については、「デバイスの削除」を参照してください。


 

 

表 8-6 [IP Address Report] ページ

見出し
説明

IP Address

Prime UOM で認識されている IP アドレス。

DCR Display Name

デバイスが DCR に追加されたときに使用された表示名。

Device Name

Prime UOM に表示されるデバイス名。デバイス名をクリックすると、デバイスの [Detailed Device View] ページが開きます。

Managed IP Address

Prime UOM がデバイスの管理に使用する、デバイスの IP アドレス。

Is NAT Enabled

このデバイスの NAT サポートがイネーブルになっているかどうかをリストします。

Local IP Address

NAT がイネーブルの場合、デバイスのローカル IP アドレスを表示します。

Local DNS Name

NAT がイネーブルの場合、デバイスのローカル DNS 名を表示します。

デバイスのインポートの確認

デバイスを追加した後は、[Modify/Delete Devices] ページを使用して、デバイスがインポートされたことを確認することができます。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Modify/Delete Devices] を選択します。

[Modify/Delete Devices] ページが開きます。

 

ステップ 2 デバイス セレクタで、追加したデバイスを探します。

ステップ 3 デバイスをクリックします。

右ペインにデバイス情報が表示されます。[Device Status] が Monitored になっていることを確認します。デバイスが Monitored 状態の場合は、デバイスは正常にインポートされています。

デバイスの状態の詳細な説明については、「デバイスのステータスと検出設定の確認」を参照してください。

デバイスが Monitored 状態でない場合は、「インポートとインベントリ収集のトラブルシューティング」を参照してください。


 


ヒント All Monitored Devices グループのデバイス セレクタにデバイスが表示される場合、そのデバイスは完全に Prime UOM にインポートされています。Prime UOM に完全にインポートされていないデバイスは、All Partially Monitored Devices グループと All Unreachable Devices グループに属するデバイスのみです。

インポートとインベントリ収集のトラブルシューティング

デバイスのインベントリ収集や検出を低速なネットワーク接続で実行している場合や、SNMP 要求または HTTP 要求へのデバイスの応答が通常より遅い場合は、ivr.properties ファイルを変更して、Prime UOM が検出やインベントリ収集の間にタイムアウトしないようにすることができます。このファイルは、NMSROOT/conf/ivr フォルダにあります。

検出やインベントリ収集に割り当てられている時間を増やすには、プロパティ messageFactor:6 messageFactor:10 に変更します。この数値が大きいほど、Prime UOM がタイムアウトするまでの待ち時間が長くなります。

NMSROOT は、Prime UOM がインストールされているシステム上のディレクトリです。インストール時にデフォルト ディレクトリを選択した場合、「C:\Program Files\CSCOpx」または「C:\PROGRA~1\CSCOpx」のように入力されます。

インベントリ メッセージの意味および対処方法については、 表 8-1 「Prime UOM のインベントリ収集オプション」 を参照してください。

デバイスまたはライセンスのインポート エラーが発生する理由については、「CSV ファイルが CSCOpx にない場合に、デバイスまたはライセンスのインポートが失敗する理由」を参照してください。

デバイスまたは電話機が Monitored 状態に移行しない理由については、次を参照してください。

「デバイスが Partially Monitored 状態になる理由」

「デバイスが Unreachable 状態になる理由」

「エンド ポイントがレポートおよび Diagnostic ページで Unregistered として表示される理由」


注意 DNS を使用して Unified CM 名が解決できない場合、Prime UOM は正しい名前を収集できません。Unified CM が DNS に追加されたことを確認してください。DNS 名の解決の詳細については、「デバイスの前提条件」を参照してください。

インポートおよびインベントリ収集の問題をトラブルシューティングするには、次のことを試してください。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Modify/Delete Devices] を選択します。

[Modify/Delete Devices] ページが開きます。

ステップ 2 目的のデバイスを含むフォルダを展開します(フォルダはインベントリ収集のステータスによって異なります。「デバイスのインポートの確認」を参照してください)。

ステップ 3 デバイス名または IP アドレスをクリックします。

デバイス情報が表示されます。

ステップ 4 [Data Collection Status Information] でエラー情報を確認します。

ステップ 5 エラーをクリアするために必要なアクションを実行します。


 

インベントリ収集メッセージについて

表 8-7 に、Unreachable 状態のデバイスについて表示されることのあるメッセージを示します。

 

表 8-7 インベントリ収集エラー メッセージ

メッセージ
意味
アクション

SNMP Timeout

デバイスの SNMP 読み取り専用コミュニティ ストリングが不正なため、デバイスは到達不能状態です。

デバイスの正しいリード(read)コミュニティ ストリングを入力するには、「デバイスの設定とクレデンシャルの編集」を参照してください。

Others: Missing IP Address or Data Collector Timeout

その他の理由で、デバイスは到達不能状態です。デバイスの解決が失敗したか、データ コレクタがタイムアウトした可能性があります。

[Modify/Delete Devices] ページでデバイスをクリックします。エラー メッセージに、問題が正確に表示されます。

IP アドレスが検出されない場合

正しい IP アドレスでデバイスを再度追加します。

または

Prime UOM がデバイス名を解決可能であることを確認します。ドメイン名をデバイス名の一部として追加します。

データ コレクタがタイムアウトした場合は、デーモン マネージャを再起動して、すべてのデータ コレクタを同期させます。

CSV ファイルが CSCOpx にない場合に、デバイスまたはライセンスのインポートが失敗する理由

デバイスまたはライセンスのインポート ファイル(*.csv)がインストール ディレクトリ CSCOpx 以外のフォルダからインポートされた場合、インポートは失敗し、次のエラーが返されます。

ERROR: Import from file failed.REASON: File C:/Documents and Settings/Administrator/Desktop/backup-csv.csv does not exist.Please check the permissions of this file/directory.

次の操作を行います。

デバイスを Prime UOM からエクスポートするとき、.csv ファイルに対するユーザ権限は、同じファイルをインポートするときに Prime UOM が受け入れできないような権限に設定されます。代わりに、同じ .csv ファイルのコピーをインポートしてください。コピーすると権限が正しく設定されます。

casuser 権限を持っていることを確認します。

デバイスが Partially Monitored 状態になる理由

表 8-9 に、[Modify/Delete Devices] ページに表示される部分的な監視対象のデバイスに対して発生するエラー コードについて、考えられる理由を示します。

Cisco Unified CM や Unified Presence Server が Partially Monitored 状態になる理由

正しくない HTTP クレデンシャルが入力された、または特定のシスコ デバイスにクレデンシャルが指定されていない場合( 表 8-8 を参照)、デバイスは Partially Monitored 状態になります。この状態になると、どの Perfmon カウンタもポーリングされません。デバイスのクレデンシャルを変更するには、「デバイスの設定とクレデンシャルの編集」を参照してください。

 

表 8-8 HTTP クレデンシャルが必要なシスコ デバイス

シスコ デバイス名

Unified CM

Unified Presence Server

Unity Connection

一部の音声アプリケーションが Partially Monitored 状態になる理由

ここでは、次のデバイスが Partially Monitored 状態になる理由について説明します。

Cisco Unified Contact Center

Cisco Unity Connection

Cisco Unity

Cisco Personal Assistant

これらのデバイスを追加するときに指定した Windows クレデンシャルが不十分な場合、デバイスは Partially Monitored 状態になり、それらの WMI 属性は一部がポーリングされません。デバイスのクレデンシャルを変更するには、「デバイスの設定とクレデンシャルの編集」を参照してください。

 

表 8-9 [Modify/Delete Devices] ページに表示されるエラー

[Modify/Delete Devices] ページに表示されるエラー
理由
解決手順

エラー コード = CCM Authentication Failure

エラー メッセージ = Success:WrongCredentials

Unified Communications Manager http クレデンシャルが入力されていないか、提供したクレデンシャルが正しくありません。

正しい HTTP クレデンシャルを DCR に提供したことを確認します。確認するには、そのクレデンシャルを使用して [Unified Communications Manager Admin] ページにログインし、デバイスを再検出します。

エラー コード = CCM Authentication Failure

エラー メッセージ= Success:UnknownCredentialError

SNMP 管理 MIB が応答していません。MIB およびそれらに関連付けられたエラーには、次のものがあります。

MIB-2:ipAddressTable が応答しない。

CISCO-CCM-MIB:ccmTable が応答しない。具体的には、ccmClusterId 属性が応答していません。

インベントリ収集で ccmVersion の詳細を検索できなかった。これは、CISCO-CCM-MIB の ccmVersion 属性が応答しない場合に発生することがあります。

システムの SNMP Agent を再起動し、デバイスを再検出します。

エラー コード = CCM Authentication Failure

エラー メッセージ = Success:WebServiceDown

HTTP サービスは、実行していないか、または Prime UOM からの要求に応答しません。

[Unified Communications Manager Admin] ページを開いて、Web サーバが稼働しているかどうかを確認します。

ファイアウォールで Unified Communications Manager と Prime UOM の間の HTTP/HTTPS 接続がブロックされているかどうかを確認します。

エラー コード = CCM Authentication Failure

エラー メッセージ = Success: HTTPSCertificateNotImported

Unified Communications Manager 認証が失敗しました。

次の操作を行います。

1. CSCOpx\lib\jre\lib\security フォルダにあるファイル IPToHostName.txt を調べます。次のようなエントリが含まれている必要があります。

deviceip>=<hostname> record for each of the ccm For e.g. 10.76.91.115=blrsd1
 

2. keytool ユーティリティの場所 NMSROOT\CSCOpx\lib\jre\bin に移動します。

3. 次のコマンドを実行します。

keytool -list -keystore <NMSROOT>\CSCOpx\lib\jre\lib\security\cacerts
 

ダウンロードされた証明書が表示されます。

4. Cisco Unified Communications Manager について次のようなエントリがあることを確認します。

Certificate fingerprint (MD5): AC:B6:94:A5:9C:17:E0:D7:91:52:9B:B1:97:06:A6:E4
cn=ct-sd, ou=nmtg, o=cisco systems, l=bangalore, st=Karnataka, c=in, Oct 26, 200 5, trustedCertEntry
 

5. デバイスをもう一度検出します。

エラー コード = WMI Authentication Failure

エラー メッセージ = Success: Incorrect WMI Credential or Insufficient Privileges

このメッセージは、クレデンシャルが正しくないか、またはデバイスに到達するには権限が不十分であることを表しています。

WMI クレデンシャルは、管理者ではないユーザのために使用されます。

1. Windows Management Instrumentation(WMI)クレデンシャルが正しいかどうかを確認します。

2. クレデンシャルが正しく、デバイスが Partially Monitored 状態の場合は、次の手順を使用して、Prime UOM が指定されたクレデンシャルでデバイスに到達できることを確認します。

a. Prime UOM マシンでコマンド プロンプトを開き、wbemtest と入力し、[OK] をクリックします。

b. 新しく表示されるポップアップで、[Connect] をクリックします。

c. [Connect] ポップアップの [NameSpace] テキスト フィールドで、root\default の代わりに \\<ccmip>\root\cimv2 と入力します。

d. ユーザ名およびパスワードを入力し、[Login] をクリックします。

ログインが成功すると、Prime UOM でデバイスが完全な監視状態になります。

ログインが失敗した場合は、Prime UOM マシンと CCM が異なるドメイン内にあるかどうかを確認します。異なる場合は、デバイスを追加するときにドメイン名を含めます。

ログインが失敗した場合は、ファイアウォールでパケットがブロックされているかどうかを確認します。

手順 2 でログインが成功した場合

a. Cisco Unified CM で Windows Management Instrumentation サービスを再起動してみます。

b. デバイスをもう一度検出します。

エラー コード = WMI Authentication Failure

エラー メッセージ = Success: No Windows Credential for WMI Access

Windows クレデンシャルが指定されていません。

1. [Modify/Delete] 画面に移動します。

2. All Partially Monitored Device でデバイスを選択します。WMI Authentication Failure カテゴリを選択し、[Edit] を選択します。

3. WMI クレデンシャルを入力し、[OK] をクリックします。

エラー コード = HTTP Authentication Failure

エラー メッセージ = Success:WrongCredentials

このメッセージは、シスコ デバイスの HTTP クレデンシャルが入力されていないか、指定されたクレデンシャルが正しくないことを表しています。

1. シスコ デバイスへのログインにそのクレデンシャルを使用して、DCR で正しい HTTP クレデンシャルを指定したことを確認します。

2. 同じクレデンシャルが https://DEVICEIP/ast/astisapi.dll?QueryService に対して使用できることを確認します。

3. デバイスをもう一度検出します。

エラー コード = HTTP Authentication Failure

エラー メッセージ = Success:WebServiceDown

HTTP サービスは、実行していないか、または Prime UOM からの要求に応答しません。

1. シスコ デバイスを開いて、Web サーバが稼働しているかどうかを確認します。

2. ファイアウォールでシスコ デバイスと Prime UOM の間の HTTP/HTTPS 接続がブロックされているかどうかを確認します。

3. Cisco Unified CM 5.0 の場合は、8433 と 8080 がブロックされていないことを確認します。

デバイスが Unreachable 状態になる理由

デバイスが Unreachable 状態になるのには、次のような理由が考えられます。

SNMP のタイムアウト

データ コレクタのタイムアウト

SNMP のタイムアウトが発生する場合は、検出時に提供された SNMP のアクセス クレデンシャルを確認します。

データ コレクタのタイムアウトが発生する場合は、SNMP 管理インターフェイスがシリアル インターフェイスまたは汎用インターフェイス(サブネット マスクが 255.255.255.252 のフレームリレーなど)ではないことを検証します。イーサネット インターフェイスを使用して常に SNMP の詳細情報にアクセスできる必要があります。

エンド ポイントがレポートおよび Diagnostic ページで Unregistered として表示される理由

すべての Cisco Unified CM ノードが Prime UOM で管理されていない場合、Prime UOM はこれらの Unmanaged Unified CM ノードに登録されているエンド ポイントを Unregistered ではなく Unknown として表示します。

すべてのエンド ポイントが適切に検出されたことを確認するには、Prime UOM 内のすべての Unified CM ノードが管理されていることを確認します。

インベントリの手動クリーンアップ

インベントリをクリーンアップするには、すべてのデバイスを削除する必要があります。これには、すべての監視対象デバイスと、Unreachable 状態および Unsupported 状態のデバイスが含まれます。

インベントリを手動でクリーンアップするには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Modify/Delete Devices] を選択します。

[Modify/Delete Devices] ページが開きます。

ステップ 2 デバイス セレクタで、[All Devices] の隣にあるチェックボックスを選択します。

ステップ 3 [Delete] をクリックします。


) すべてのデバイスを削除することが不可欠です。



 

Device Management の操作

この項では、次の項目について説明します。

「[Modify/Delete Devices] ページについて」

「デバイスの設定とクレデンシャルの編集」

「デバイスのインベントリ収集の手動実行」

「デバイスの詳細の表示」

「デバイスの一時停止と再開」

「デバイスの削除」

「インベントリ収集のスケジュール」

「検出ステータスの表示」

「SNMP のタイムアウトとリトライ回数の編集」

「LDAP の設定」

[Modify/Delete Devices] ページについて


) インベントリ収集の実行、詳細の表示、デバイス監視の一時中止と再開、クレデンシャルの編集、およびデバイスの削除は、[Modify/Delete Devices] ページで制御します。[Modify/Delete Devices] ページの使用中の任意の時点で表示をリフレッシュするには、[Refresh] ボタンをクリックします。


[Modify/Delete Devices] ページには 2 つのペインがあります。左ペインには、デバイス セレクタが表示されます。このデバイス セレクタで、アップデートまたは削除するデバイスやグループを選択します。右ペインには、選択したオブジェクトの情報が表示されます。デバイス情報の他にも、データ収集情報が表示されます。


ヒント デバイス検出時にエラーが発生した場合は、エラー コードおよびエラー メッセージが右ペインの下部に表示されます。トラブルシューティング情報については、「インポートとインベントリ収集のトラブルシューティング」を参照してください。

デバイス セレクタに表示されるデバイスは、Prime UOM によって監視されているかどうかによってフォルダに分類されています。フォルダは、そのフォルダに入るデバイスが存在する場合にのみ表示されます。

All Devices フォルダでは、デバイスは次のサブフォルダに配置されます。

All Monitored Devices:Prime UOM インベントリ内で完全に監視されているデバイスが含まれます。

All Monitoring Suspended Devices:監視が一時停止されているデバイスが含まれます。ユーザは、Prime UOM を使用してデバイスの監視を手動で一時停止します。このフォルダは、一時停止したデバイスが存在する場合のみ表示されます。

All Partially Monitored Devices:Prime UOM の一部のデータ コレクタによって正常にインポートされたデバイスが含まれます(「デバイスが Partially Monitored 状態になる理由」を参照)。

All Unreachable Devices:Prime UOM に正常にインポートされなかったデバイスが含まれます。右ペインの Error Message の横にエラーの説明が表示されます(「デバイスが Unreachable 状態になる理由」を参照)。

All Unsupported Devices:サポートされていないために Prime UOM にインポートされなかったデバイスが含まれます。

次の各項では、このページを使用したインベントリ収集の実行、詳細の表示、およびデバイスの削除の詳細および手順を説明します。

「デバイスのインベントリ収集の手動実行」

「デバイスの詳細の表示」

「デバイスの一時停止と再開」

「デバイスの削除」

「インベントリ収集のスケジュール」

デバイスの設定とクレデンシャルの編集

デバイスを追加した後は、設定を変更することができます。それには、[Modify/Delete Devices] ページを使用します。


) [Auto Discovery Configuration] ページを使用して、デバイスのクレデンシャルを変更することもできます (「クレデンシャルの設定」 を参照)。


デバイス設定とクレデンシャルを編集するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Modify/Delete Devices] を選択します。

[Modify/Delete Devices] ページが開きます。

ステップ 2 デバイスが含まれているフォルダを展開します。

ステップ 3 更新するデバイスまたはデバイス グループを選択します。

ステップ 4 [Edit] をクリックします。

[Edit Device Configuration: Change Credentials] ページが表示されます。

単一デバイスを選択した場合は、そのデバイスに対して既存のすべてのクレデンシャルが [Edit Device Configuration: Change Credentials] ページで設定されます(アスタリスクがフィールドに設定される)。複数のデバイスを選択した場合は、カンマ区切りの IP アドレスのリストのみが表示されます。

自動的に設定されるクレデンシャル(アスタリスク)は、実際のクレデンシャルを反映していません。これらは、クレデンシャルが使用可能であることを示しているにすぎません。

次のクレデンシャルを更新できます。

SNMPv2c/SNMPv1

SNMPv3

HTTP

WMI

NAT-enabled デバイスのみ:

Local IP Address

Local DNS Name

重複したデバイスの一方のクレデンシャルを変更する場合は、プライマリ デバイスが削除された場合のために、必ず両方のデバイスのクレデンシャルを変更してください。

ステップ 5 [OK] をクリックします。

ステップ 6 デバイスをもう一度検出します。


 

デバイスのインベントリ収集の手動実行

[Modify/Delete Devices] ページを使用して、デバイスまたはデバイス グループのインベントリ収集を手動で実行することができます。インベントリ収集が発生すると、デバイスまたはグループの設定に変更があった場合は、新しい設定によって以前のすべての設定が上書きされます。

Prime UOM でデバイスの設定変更が検出されるのは、デバイスの検出(インベントリ収集)が実行されている間だけです。そのため、Prime UOM は、デバイスの設定に対する変更を、設定変更後の次回のインベントリ収集まで表示しません。

インベントリ収集は、アクティブなデバイスに対してのみ実行されます。一時停止されたデバイスは、インベントリ収集の対象にはなりません。インベントリ収集用に選択したデバイスの一部が一時停止デバイスである場合は、Prime UOM からアクティブなデバイスのみがインベントリ収集の対象となることを示すメッセージが表示されます。

デバイスが DNS にない(または DNS が解決できない)場合、検出されたデバイス名は IP アドレスだけです。デバイスが DNS が解決できる場合、管理対象名が表示されます。

Prime UOM 物理検出プロセス(デバイスを DCR に追加するプロセス)や Prime UOM インベントリ収集プロセス(デバイスを調査して Prime UOM インベントリのコンポーネントをアップデートするプロセス)を、DCR 同期化プロセスと混同しないでください。Prime UOM インベントリ収集は、Prime UOMインベントリだけに影響するプロセスです。

インベントリ収集は、次のイベントによってもトリガーされます。

Prime UOM インベントリ全体がポーリングされる。このイベントは、インベントリ収集スケジュールによって制御されます (「インベントリ収集のスケジュール」 を参照)。

Prime UOM が DCR との自動的な同期化を使用している場合に、DCR にデバイスが追加されるか、DCR 内のデバイスが変更される。このような DCR の変更には、デバイスの削除や、デバイスのクレデンシャル(IP アドレス、SNMP クレデンシャル、MDF タイプ)の変更なども含まれます。

Prime UOM が DCR との手動の同期化を使用している場合に、[Device Selection] ページを使用して Prime UOM にデバイスが追加される。

ACS ログインモジュールを使用している場合、ACS で設定されている System Identity ユーザは、Common Services のすべてのジョブ管理関連タスク、および Prime UOM の再検出タスクを実行できる権限を持っている必要があります。

再検出が発生すると、システム内のすべてのデバイスが検出されます。そのため、このタスクはネットワーク内のすべてのデバイスにアクセスできるユーザのみが使用できるようにする必要があります。


 

デバイスのインベントリ収集を手動実行するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Modify/Delete Devices] を選択します。

[Modify/Delete Devices] ページが表示されます。

ステップ 2 インベントリ収集を実行するデバイスまたはグループを選択します。

ステップ 3 [Rediscover] をクリックします。インベントリ収集が開始されます。


 

デバイスの詳細の表示

デバイスを選択して、そのデバイスに関する情報をレポートに表示することができます。このレポートは、次のいくつかの方法で生成できます。

[Modify/Delete Devices] ページを使用する。このページでは、選択した特定のデバイスの詳細を表示することができます。「[Modify/Delete Devices] ページを使用したデバイス レポートの生成」を参照してください。

[Device Management: Summary] ページを使用する。このページでは、特定のデバイス状態に該当するすべてのデバイスの詳細を表示することができます。「[Device Management: Summary] ページを使用したデバイス レポートの生成」を参照してください。

[Fault Monitor] ページを使用する。このページでは、デバイスの [Actions] ホバー オーバーの [Detailed Device View] にアクセスすることができます。

[Service Level View] を使用する。このビューでは、クラウド ビューを選択し、ドリルダウンしてデバイスおよび電話の情報にアクセスすることができます。「Service Level View からのデバイスとクラスタの表示」を参照してください。

デバイス レポートには、名前、IP アドレス、追加された日時など、デバイスに関する基本情報が示されます (デバイスの詳細表示については、「デバイス レポートについて」を参照してください)。

デバイスのさらに詳細な情報が必要な場合は、Detailed Device View を使用します。このビューには、ハードウェア情報とソフトウェア情報を含むデバイスのコンポーネント情報や、環境、接続、インターフェイス コンポーネントなどに関する情報が示されます ([Detailed Device View] の詳細については、 表 8-12 「[Detailed Device View]:コマンド ボタン」 を参照してください)。

デバイスは、デバイスの状態に応じてフォルダに分類されています (「デバイスのステータスと検出設定の確認」 を参照)。

 

[Modify/Delete Devices] ページを使用したデバイス レポートの生成

デバイス レポートの生成に [Modify/Delete] ページを使用するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Modify/Delete Devices] を選択します。

[Modify/Delete Devices] ページが表示されます。

ステップ 2 詳細を表示するデバイスごとに、デバイス セレクタでそのデバイスが配置されているフォルダを展開します。

ステップ 3 デバイスの横にあるボックスをクリックしてデバイスを選択します。詳細を表示するデバイスごとにこの操作を実行します。グループ内のすべてのデバイスの詳細を表示する場合は、グループの横にあるボックスをクリックします。

ステップ 4 [View] をクリックします。

デバイス情報のリストされたレポートが表示されます。


 

[Device Management: Summary] ページを使用したデバイス レポートの生成

デバイス レポートの生成に [Device Management: Summary] ページを使用するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Device Summary] を選択します。

[Device Management: Summary] ページが表示されます。

ステップ 2 表示の対象となるデバイスの状態を探します。

ステップ 3 デバイスの状態に対応する数字カラムで、数字をクリックします。

デバイス情報のリストされたレポートが表示されます。


) カラム内の数字がゼロの場合は、レポートを生成することはできません。



 

デバイス レポートについて

デバイス レポートには、選択したデバイスの詳細が表示されます。デバイスの選択方法については、「デバイスの詳細の表示」を参照してください。

Monitored または Partially Monitored デバイス レポートでは、[Suspend] ボタンがレポートの下部に表示されます。このボタンを使用して、レポート内にあるすべてのデバイスの監視を一時停止できます。デバイスを一時停止した場合、Prime UOM はデバイスのポーリングを停止しますが、CDR レコードなどのデバイス データを引き続き受信することがあります。

同様に、Monitoring Suspended レポートには [Resume] ボタンがあり、レポート内にあるすべてのデバイスの監視を再開できます。

表 8-10 に、デバイス レポートに表示される情報を示します。追加のカラムは、Managed Service Provider デバイス レポートでのみ使用可能です。

 

表 8-10 デバイス レポート

見出し/ボタン
説明

Device Type

デバイス タイプ。

Device Name

デバイス名。リンクをクリックすると、デバイスの Detailed Device View が開きます。「[Detailed Device View] のレイアウトについて」を参照してください。

IP Address

デバイスの IP アドレス。

Is NAT Enabled

このデバイスの NAT サポートがイネーブルになっているかどうかをリストします。

Local IP Address

NAT がイネーブルの場合、デバイスのローカル IP アドレスを表示します。

Local DNS Name

NAT がイネーブルの場合、デバイスのローカル DNS 名を表示します。

Device Capabilities

デバイスで実行できる機能。たとえば、スイッチ、音声ゲートウェイ、Cisco Unified CM、ホストなどです。

Status

デバイスの現在の状態。

Monitored Since

デバイスでインベントリ収集が最初に完了した日付と時刻。

Last Inventory Collection

デバイスでインベントリ収集が最後に完了した日付と時刻。

Customer

(マルチ エンドカスタマー バージョンのインストールのみ)Customer ヘッダーをクリックしてカラムをソートします。

 

すべてのデータをコンピュータ上の CSV ファイルまたは PDF ファイルにエクスポートします。

 

表示されたレコードを印刷に適した形式に再フォーマットし、新しいブラウザ ウィンドウに表示します。

 

この表示またはレポートのヘルプ ページを表示します。

[Suspend] または [Resume]

レポートによっては [Suspend] ボタンまたは [Resume] ボタンがレポートの下部に表示されます。このボタンを使用して、レポート内にあるすべてのデバイスの監視を一時停止または再開できます。

[Suspend]:Monitored および Partially Monitored デバイス レポートで使用可能。

[Resume]:Monitoring Suspended デバイス レポートで使用可能。

Device Discovery の使用

ここでは、次の内容について説明します。

「Prime UOM での Auto Discovery Configuration のセットアップ」

「物理検出のフィルタリング」

「Cluster Device Discovery の使用」


ワンポイント アドバイス 自動デバイス検出のオンライン ビデオ チュートリアルを表示するには、Cisco.com を参照するか、オンライン ヘルプの [E-Learning] アイコンをクリックします。


Prime UOM での Auto Discovery Configuration のセットアップ

この項では、Prime UOM のエンタープライズ導入によりどのようにインベントリ収集に次のことを設定できるようになるかについて説明します。

Prime UOM インベントリ用のデバイス クレデンシャル。「クレデンシャルの設定」を参照してください。

検出オプション(CDP、シード デバイスを使用した論理クラスタ検出、または ping スイープ)。「物理検出のフィルタリング」を参照してください。

検出に含める、または検出から削除する、フィルタ固有 IP アドレス、DNS ロケーション、Syslocation。「物理検出のフィルタリング」を参照してください。

検出スケジュールのオプション。「物理検出のフィルタリング」を参照してください。

自動デバイス クラスタ検出です。「Cluster Device Discovery の使用」を参照してください。

マルチ カスタマー バージョンの導入で自動検出機能を使用することは推奨しません。このタイプの導入でデバイスを追加する方法の詳細については、「DCR へのデバイスの追加」を参照してください。

クレデンシャルの設定

エンタープライズ導入の場合、Discovery には SNMP または SNMPv3(またはその両方)のクレデンシャルが必要です。クレデンシャルが設定されていない場合は、検出を設定しようとしても [Configure Credentials] ページにしかアクセスできません。検出を実行する前に、SNMP または SNMPv3(またはその両方)のクレデンシャルを入力する必要があります。

デバイスに応じて、以下に示す通り、他のクレデンシャルが必要な場合があります。クレデンシャルは、デバイス、Credentials Repository(DCR)、および Prime UOM インベントリに格納されます。

クレデンシャルを設定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Auto Discovery Configuration] > [Credentials] を選択します。

[Configure Credentials] ページが表示されます。

ステップ 2 [Add] をクリックします。

デバイスの既存のクレデンシャルを変更する場合は、宛先デバイスを選択して [Edit] をクリックします。この編集オプションを使用すると、クレデンシャルのみを変更できます。宛先デバイスを変更するには、行全体を削除して、詳細をすべて追加し直す必要があります。

ステップ 3 次を入力します。

IP アドレスまたはホスト名。カンマ区切りのリストを使用して、一度に複数のデバイスを入力できます。

複数のデバイスを一緒に追加する場合は、すべてのデバイス タイプが同じであり、同じクレデンシャルを使用する必要があります。ワイルドカード エントリを使用する場合は、*.*.*.* または 10.76.93.[39-43] という形式のみがサポートされています。

(任意)SNMP のタイムアウトとリトライ回数の変更

SNMPv2c/SNMPv1 クレデンシャル(SNMP ライト(write)コミュニティ ストリングが IP SLA 診断テストに必要)

SNMPv3 クレデンシャル

HTTP クレデンシャル(Cisco Unified CM、Unified Presence Server、および Unity Connection でのみ必要)

WMI クレデンシャル:次のデバイスを含む Windows ベースの MCS アプリケーション サーバでのみ必要です。

Cisco Unified Contact Center

Cisco Unity

Cisco Personal Assistant

Cisco Unified CM の Windows ベースのバージョン

ステップ 4 [OK] をクリックします。


 

物理検出のフィルタリング

Prime UOM物理検出を設定し、エンタープライズ導入においてデバイスをフィルタリングすることができます。これはオプションであり、物理検出を実行するのに必須ではありません。

物理インベントリをフィルタリングするには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Auto Discovery Configuration] > [Filters and Schedule] を選択します。

[Filters and Schedule] ページが表示されます。

ステップ 2 次の いずれかの オプションを選択します([Discovery] または [Filters])。

[Discovery] オプション ボタンを選択し、次の操作を行います。

a. [Cisco Discovery Protocol (CDP)]、[Use Logical Cluster Discovery] チェックボックス、またはその両方を選択し、次のいずれかの操作を行います。

b. カンマ区切りの IP アドレスのリストを使用して、シード デバイスを入力します。検出はクラスタ 1 つに制限されます。複数クラスタの検出を実行する場合は、[Seed device] テキスト ボックスにすべてのクラスタのパブリッシャ アドレスをカンマ区切りで入力します。

論理クラスタ検出を使用するときは、次のタイプのデバイスが検出されます。

ネットワーク内の他の Cisco Unified CM

Cisco Unity

MGCP 音声ゲートウェイ

H.323 音声ゲートウェイ

Gatekeepers

検出された CTI ポートで設定された CTI アプリケーション

Cisco Unified CM

検出された Cisco Unified CM の CTI ポートで設定された CTI アプリケーション

Cisco Unified CM ベースの検出に加えて次のタイプの検出が行われ、さらにデバイスがインベントリに追加されます。

CDP ベースの検出

ARP ベースの検出

ルート テーブル ベースの検出

c. [Use devices currently in the system] チェックボックスを選択します。

[Use devices currently in the system] は、[Use Cisco Discovery Protocol (CDP)] または [Use Logical Cluster Discovery] が選択されている場合のみイネーブルになります。

d. [Use ping sweep] チェックボックスを選択します。

シード デバイス オプションと ping スイープ オプションは、どちらか一方しか使用できません。

[Use Ping Sweep] チェックボックスをオンにするときは、 /netmask 指定を使用して、IP アドレス範囲をカンマで区切って指定します。たとえば、172.20.57.1 から始まり、172.20.57.255 で終わる ping スイープ範囲を指定する場合は、172.20.57.1/24 を使用します。


) ping スイープは、CDP またはクラスタ ディスカバリで選択できません。


[Filters] オプション ボタンを選択し、フィルタ情報を入力します。

表 8-11 では、物理検出を実行するときに使用できるオプションのフィルタについて説明します。[Advanced Filters] をクリックすると、その他のフィルタ オプションを表示することができます。

 

表 8-11 物理検出のフィルタ

フィルタ
説明

IP Address

(任意)次の操作の対象となるデバイスの IP アドレスまたは IP アドレス範囲を、カンマで区切って入力します。

Include:自動検出プロセスに含めます。

Exclude:自動検出プロセスから除外します。

IP アドレスの範囲を指定する場合は、ワイルドカードを使用できます。

アスタリスク(*)は、1 ~ 255 のオクテット範囲を表します。また、[xxx-yyy] の表記によってオクテット範囲を制限することもできます。

たとえば、次のように入力します。

172.20.57/24 のサブネット内にあるすべてのデバイスを自動検出プロセスに含めるには、172.20.57.* という組み込みフィルタを入力します。

172.20.57.224 ~ 172.20.57.255 の IP アドレス範囲内にあるデバイスを自動検出プロセスから除外する場合は、172.20.57.[224-255] という除外フィルタを入力します。

172.20.[55-57]* のように、同じ範囲指定の中で両方のタイプのワイルドカードを使用することもできます。

組み込みフィルタと除外フィルタの両方が指定されている場合は、まず除外フィルタが適用されてから組み込みフィルタが適用されます。自動検出のデバイスに一度フィルタが適用されると、そのデバイスには他のフィルタ基準は適用されません。

デバイスに複数の IP アドレスがある場合は、組み込みフィルタの条件を満たす IP アドレスが 1 つでもあれば、そのデバイスは自動検出で処理されます。

高度なフィルタ

DNS Domain

(任意)次の操作の対象となるデバイスの DNS ドメイン名を、カンマで区切って入力します。

Include:自動検出プロセスに含めます。

Exclude:自動検出プロセスから除外します。

アスタリスク(*)は、大文字と小文字が混ざった英数字、ハイフン(-)、およびアンダースコア(_)の任意の長さの任意の組み合わせに一致します。

疑問符(?)は、1 つの大文字または小文字の英数字、ハイフン、またはアンダースコアに一致します。たとえば、 *.cisco.com は、 .cisco.com. で終わる任意の DNS 名に一致します。

*.?abc.com は、 .aabc.com .babc.com などで終わる任意の DNS 名に一致します。

SysLocation

(任意)次の操作の対象となるデバイスの MIB-II の sysLocation OID に格納された文字列値に一致する文字列を、カンマで区切って入力します。

Include:自動検出プロセスに含めます。

Exclude:自動検出プロセスから除外します。

アスタリスク(*)は、大文字と小文字が混ざった英数字、ハイフン(-)、アンダースコア(_)、および空白(スペースとタブ)の任意の長さの任意の組み合わせに一致します。

疑問符(?)のワイルドカードは、上記の任意の文字の 1 回の出現に一致します。

たとえば、 San * という SysLocation フィルタは、 San Francisco San Jose などで始まるすべての SysLocation 文字列に一致します。

ステップ 3 [Run] ペインで物理検出の実行タイミングを指定します。

物理検出をただちに実行する場合は、[now] オプション ボタンを選択します。

物理検出を一定の間隔で実行するようにスケジュールする場合、次のいずれかの手順に従います。

[daily] を選択します。物理検出を実行する時刻を入力し、日付を選択します。

[every] オプション ボタンを選択します。物理検出を実行する頻度を選択し、時刻を入力し、物理検出を実行する日付を選択します。

将来実行するようにスケジュールされている物理検出をキャンセルするには、[disable] オプション ボタンを選択します。

ステップ 4 [OK] をクリックします。

これで、Device Management Summary でデバイスのアクティビティを確認することができます。


 

Cluster Device Discovery の使用

エンタープライズの場合、クラスタの検出設定はシステムおよびユーザ レベルで設定できます。マルチ エンドカスタマー バージョンの場合、クラスタの検出設定はシステム レベルでのみ設定できます。これは、デバイスと電話機検出設定の場合も同じです。

ここでは、次の内容について説明します。

「Cluster Device Discovery について」

「スケジュールされた ping スイープは、ターゲット ネットワーク内のすべてのデバイスを識別し、クレデンシャルが正しければ、デバイスを Prime UOM に追加しようとします。デバイスがすでにPrime UOM に存在する場合、再度追加することはできません。」

「Cluster Device Discovery のスケジュールまたは表示」


ワンポイント アドバイス クラスタ検出のオンライン ビデオ チュートリアルを表示するには、Cisco.com を参照するか、オンラインヘルプの [E-Learning] アイコンをクリックします。


Cluster Device Discovery について

Cluster Device Discovery は Common Devices Table(CDT)モジュールによって実行されます。これにより、Prime UOM は Unified CM から収集されたインベントリおよびデバイス登録情報を統合することができます。Unified CM から 2 つの異なるカテゴリの情報が収集されます。

Redundancy group、Devicepool、Location、Region、RouteList、RouteGroup、RoutePattern、Partition などを含むクラスタ設定データ これには、電話、ボイスメール エンドポイント、メディア リソース、ゲートウェイ、およびトランクなどのクラスタでプロビジョニングされたエンティティが含まれます。

登録情報:Unified CM クラスタで登録したすべてのエンティティに対応する登録情報 これには、Device IP、Registration Status、現在エンティティが登録されている Unified CM サーバ、Registration/Unregistration タイムスタンプ、およびステータスの原因が含まれます。

登録情報は、1 時間に 1 回収集されます。これはコンフィギュレーション ファイルを使用して設定することができます。この情報は電話やゲートウェイなどのエンティティが登録されているクラスタのすべてのサブスクライバ ノードで収集されます。


) 登録済みデバイス、特定のデバイス セットだけが検出されます。SIP と SRST デバイスは検出されません。SIP と SRST デバイスではそれらを手動で追加したり、検出に ping スイープを実行したりできます。SNMP OID が論理クラスタ検出を使用して Unified CM からデバイスの登録済みセットを取得するために使用されます。


このデータ収集を正常に行うには、次のものが必要です。

Unified CM 4.x バージョンで実行する Cisco RIS Data Collector

Cisco SOAP:Unified CM の他のバージョンで実行する CDRonDemand Service

Unified CM クラスタから収集されたデータは、Diagnostics ビュー、Phone Inventory、Service Level View、Voice Health Monitor(VHM)などの他のモジュールで使用されます。

Prime UOM では、毎日午前 0 時に Unified CM を再検出するため、Unified CM に追加されたデバイスはその後に検出されます。


) • Unified CM のクラスタ名に対する変更が正しく Prime UOM に反映されません。Prime UOM ですべてのデバイスを削除してから、HCM-F の再プロビジョニングに待機しているため、Prime UOM の古いクラスタはクリアされません。

CDP 検出はクラスタの検出とは併用できません。


 

ping スイープは、提供された正しいターゲット ネットワークが指定されている Prime UOM へのデバイスの追加に使用できます。Unified CM にアソシエーションがないインフラストラクチャ デバイスを検出するには、ping スイープを使用できます。デバイスに Unified CM へのアソシエーションがある場合は論理検出が優先されます。

スケジュールされた ping スイープは、ターゲット ネットワーク内のすべてのデバイスを識別し、クレデンシャルが正しければ、デバイスを Prime UOM に追加しようとします。デバイスがすでにPrime UOM に存在する場合、再度追加することはできません。

Cluster Device Discovery を実行する前提条件

Cluster Device Discovery を使用する前に、データ収集の次の前提条件を満たしていることを確認します。

1. データは AXL を通じて Publisher/First ノードから収集されます。そのため、Publisher は適切な HTTP クレデンシャルが入力されている完全な監視状態にあり、AXL Web Service はこの Publisher で実行されている必要があります。

2. AXL は Unified CM 4.x よりも前のバージョンではサポートされません。これらのクラスタを監視することはできません。

3. Unified CM Publisher が CM Administration の CUCM セクション/System Server セクションで名前を使用して設定されている場合、この名前は Prime UOM サーバから DNS を通じて解決できる必要があります。あるいは、続行するデータ収集のホスト ファイルにこの名前のエントリが設定されている必要があります。

4. 登録情報の変更は、Unified CM から関連する Syslogs の処理を通じて更新されます。Prime UOM が Syslogs を受信し、Unified CM で必要な設定を処理するには、「Cisco Unified CM での syslog レシーバの設定」の手順を実行する必要があります。

Syslog の処理では、Unified CM クラスタに登録されたエンティティの次のものを検出することができます。

電話、ボイスメール エンドポイント、ゲートウェイなどのエンティティの登録情報の変更。

クラスタ内でプロビジョニングされる新しい電話が検出され、インベントリが更新されます。

他のデバイスでも、デバイスからの Syslog の設定が必要な場合があります。必要なデバイス設定の詳細については、「Prime UOM に syslog レシーバを [Send Events] に設定」を参照してください。

Discovery 間のスケジュール

スケジュールされた定期的なデータ収集の前にクラスタ設定で次の変更のいずれかが生じ、これらの変更をただちに Prime UOM で行いたい場合、[Run Now] オプションを使用して次のタイプのデータが収集対象であることを確認する必要があります。

クラスタ内で追加、削除、または変更された新しいデバイスプール、Location、Region、Redundancy Group、Route List、Route Group、Route Pattern、または Partition。

デバイス プールに対する任意のエンド ポイントのメンバーシップ、または冗長グループでの任意のエンドグループの関連付けでの変更。

Unified CM クラスタに追加された、または Unified CM クラスタから削除された新しいサブスクライバ。

冗長グループに対する任意のサブスクライバのメンバーシップでの変更。

Route Group または Route Group to Route List に対する任意のゲートウェイのメンバーシップでの変更。

このオプションによりデータ収集がトリガーされ、Prime UOM で監視されるすべてのクラスタが同期されます。

変更が特定のクラスタに限定されている場合、[Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Modify/Delete Devices] を使用して、クラスタの Publisher を再検出することができます。

Cluster Device Discovery のスケジュールまたは表示

Prime UOM は、起動時に加え 1 日に 1 回、Unified CM からクラスタ設定を収集します。この定期的な Discovery データ収集は、デフォルトでは毎日午前 0 時に行われます。このデフォルトのスケジュールは Cluster Device Discovery を使用して変更することができます。

[Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [Cluster Device Discovery] を選択すると、Cluster Device Discovery のステータスを表示、または検出を実行するスケジュールを設定することができます。

Cluster Device Discovery の実行方法の詳細については、「Cluster Device Discovery について」を参照してください。

Cluster Device Discovery のスケジュールまたは表示するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [Cluster Device Discovery] を選択します。

Cluster Device Discovery ウィンドウには次の情報が表示されます。

Discovery Status:Discovery プロセスのステータスを次のいずれかのカテゴリを使用して表示します。

In progress:SEGServer を初めて起動するか、再起動すると、自動的に検出が開始され、ステータスは In Progress と表示されます。

Complete:検出プロセスは完了しています。

Not available.Try after some time:SEGServer を初めて起動するか、再起動したときに、検出プロセスがまだ開始されていない場合に表示されます。

[Last Discovery Start Time]:最後の検出の開始日時を表示します。

[Last Discovery End Time]:最後の検出の終了日時を表示します。

Discovery を再発生する時間と分のセットを使用した Device Schedule。

ステップ 2 [Apply] をクリックして将来の検出の Discovery スケジュールを設定するか、[Run Now] をクリックしてクラスタの検出をただちに実行します。


 


スケジュールされた検出を実行するたびに、Prime UOM に存在しないデバイスの新しいセットだけが追加され、検出されます。


デバイス情報の表示


) [Detailed Device View] に表示される情報の定義については、「Detailed Device View に表示されるパフォーマンス カウンタ」を参照してください。


[Detailed Device View] には、「[Detailed Device View] の起動」に示すように、デバイスとデバイス コンポーネントに関する詳細情報が表示されます。Prime UOM で現在監視しているデバイスに関する情報を表示することができ、また、監視を一時停止しているデバイスについても情報を得ることができます。

[Detailed Device View] では、次のことが行えます。

ハードウェアおよびソフトウェアのシステム、環境、接続性、インターフェイス コンポーネントに関する情報を表示します。

ハードウェアおよびソフトウェアの、集約デバイスのサブコンポーネントに関する情報を表示します。

Cisco Unified CM、Voice Services、Work Flow、および Synthetic Tests のアプリケーション ステータスを表示します。

デバイスまたはデバイス コンポーネントの管理を一時停止または再開して、デバイスのポーリングをこれ以上行わないようにするか、ポーリングを再開します。「DDV からのデバイス モニタリングの一時中止」または「デバイス コンポーネントの一時停止および再開」を参照してください。

パフォーマンス グラフなどの他の Prime UOM ツールを起動します。

[Detailed Device View] の起動

[Detailed Device View] は、次のようにさまざまな表示から起動できます。

デバイス リンクをクリックします。

デバイス名の上にマウスのカーソルを合わせ、[Actions] リストから [Detailed Device View] を選択します。

[Event Details] ページを起動し、[Actions] リストから [Detailed Device View] を選択します。

Prime UOM の多くのレポートまたはページで、デバイス名をクリックして、デバイスの [Device Details] または [Detailed Device View] を開くことができます。

識別されていないトラップ デバイスの [Detailed Device View] は表示できません。識別されていないトラップの詳細については、「処理される SNMP トラップ」を参照してください。

[Detaild Device View] を起動するには、次の手順に従います。


ステップ 1 Fault Monitor ダッシュボードの [Device Name] カラムのデバイスの上にマウスのカーソルを合わせます。

デバイスの詳細のポップアップが表示されます。

ステップ 2 ポップアップ下部にある [Action] リンクの [Detailed Device View] をクリックします。(表示例は、図 8-6 を参照してください)。

ステップ 3 [Refresh] をクリックすると、ページが再表示されます。


 

図 8-6 に、エンタープライズ導入の [Detailed Device View] の例を示します。マルチ エンドカスタマー バージョン導入では、さらにカスタマー グループの詳細が含まれます。

図 8-5 非 NAT デバイスの [Detailed Device View]

 

1

コンポーネント カテゴリ ペイン。「コンポーネント カテゴリ ペイン」を参照してください。

4

Window ツールバー。「Window ツール領域」を参照してください。

2

システム情報ペイン。「システム情報ペイン」を参照してください。

5

コマンド ボタン領域。「コマンド ボタン領域」を参照してください。

3

ツール。「アクション(タスクの実行に使用可能なツール)」を参照してください。

6

レコード カウント。「レコード カウント」を参照してください。

図 8-6 NAT デバイスの [Detailed Device View]

 

 

[Detailed Device View] のレイアウトについて

次のトピックでは、[Detailed Device View] に表示される情報について詳しく説明します。詳細については、「Detailed Device View に表示されるパフォーマンス カウンタ」を参照してください。

コンポーネント カテゴリ ペイン

コンポーネント カテゴリ ペインは、デバイスまたはクラスタのコンポーネントをリスト表示します。コンポーネントを選択すると、そのコンポーネントに関する詳しい情報を表示することができます。たとえば、プロセッサの CPU 使用率、メモリの TotalUsedMemory などの情報が表示されます。

表示しているデバイスが集約デバイスの場合は、コンポーネント カテゴリ ペインにサブデバイスも表示されます。

サブコンポーネントの完全な [Detailed Device View] を表示するには、[Launch New DDV for This Device] ボタンをクリックします。このボタンは、デバイス ツリーからサブデバイスを選択した後に表示されます。

システム情報ペイン

システム情報ペインに表示される情報には、システム名、IP アドレス、SysobjectID、システム接点などがあります。表 8-14 は、デバイス タイプ別にどの情報が [Detailed Device View] に表示される情報かをまとめたものです。「デバイス要素の詳細の表示」を参照してください。

[System Information] ペインに値のない属性がリスト表示された場合は、次の理由が考えられます。

属性が入力されていない。

属性が適切に設定されていない。

属性がデバイスに適用されていない。

デバイスまたはコンポーネントの監視を一時停止または再開するには、[Suspend] ボタンまたは [Resume] ボタンをクリックします(表示されるボタンはコンポーネントの現在の管理状態に応じて異なります)。これらの機能については、次の各項で説明します。

「DDV からのデバイス モニタリングの一時中止」

「デバイスの一時停止と再開」

アクション(タスクの実行に使用可能なツール)

Actions または Tools list を使用すると、Prime UOM の他のツールや外部アプリケーションを [Detailed Device View] から起動することができます。使用可能なツールは、デバイス タイプおよびその設定によって異なる可能性があります。

次のオプションが、[Launch Tools] メニューと [Device and Event] ホバー オーバー ウィンドウに表示されます。

Administrative Pages:デバイスの管理ページを開きます。表示されるオプションはデバイスによって異なります。いくつか例を示します。

Call Manager Express(CME)

Cisco Unity Connection(CUC)/CUCxN/UC Administration Cisco Unity Express(CUE)

Cisco Unified Mobility Advantage(CUMA)

Meeting Place(MP)

Meeting Place Express(MPE)

Personal Assistant(PA)

Router

SIP Proxy Server

TelePresence:Telepresence レポートを開きます。

UCC Express

Unity

UCM Serviceability、または UCM Trace Configuration

Associated Phones:[Associated Phones] レポートを開きます(「関連付けられた電話の表示」を参照)。

Associated TelePresence

Connectivity Details:[Connectivity Detail View] を開きます(「Connectivity Detail View の使用」を参照)。

Detailed Device View:デバイスの [Detailed Device View] を開きます(「[Detailed Device View] の起動」を参照)。

Device Center:Prime UOM Server の [Device Center] ページを開きます(「Device Management の使用方法」を参照)。

Event Details:[Event Details] ページを開きます(「イベントの詳細の表示」および「[Events Details] ページへのアクセス」を参照)。

Event History:Event History レポートを開きます(「Event History レポートについて」を参照)。

Expert Advisor/Unified Expert Advisor

Launch SLV:関連付けられたクラスタまたはデバイスの [Service Level View] を表示します。

Message Waiting Indicator Test:Message Waiting Indicator テストを表示します。

Name of Synthetic Test:[Create Synthetic Test] ページを開きます(「模擬テストの作成」を参照)。表示されるオプションはデバイスによって異なります。模擬テストの詳細については、「模擬テストを使用する前に」を参照してください。

Node-To-Node Test Graph:[Node-To-Node Test Configuration] ページを開きます(「単一のノードツーノード テストの作成」を参照)。

Path Analysis Tool:[Path Analysis Tool] を開きます(「Path Analysis Tool の起動」を参照)。

Performance Graph:パフォーマンス モニタリングを表示します(「パフォーマンス グラフの使用方法」を参照)。

Polling Parameters:[Polling Parameters: Edit] ページを開きます(「ポーリング パラメータの編集」を参照)。

SQ Alert Detail

SQ Event History

SQ Event History Home

SRST Test:[SRST Test Configuration] ページを開きます(「必要に応じた 1 つの SRST テストの設定」を参照)。

TelePresence in Cluster

Threshold Parameters:[Managing Thresholds: Edit] ページを開きます(「Prime UOM のしきい値の編集」を参照)。

UCM Diagnostic View

UMC Quality Reportings

Voicemail Diagnostic View

Window ツール領域

[Detailed Device View] の右上隅には、使用可能なツール ボタンが表示されます。すべてのボタンの説明をまとめたものが、次の 表 8-12 です。

 

表 8-12 [Detailed Device View] ページ:Window ツール ボタン

アイコン
意味
参照先

 

現在の表示を PDF ファイルにエクスポートします。

「画面またはレポートからのデータのエクスポート」

 

印刷用にプリンタに適したバージョンを開きます。

「画面またはレポートの印刷」

 

オンライン ヘルプを開きます。

「Help ボタンはどこにありますか」

レコード カウント

レコード カウントは、デバイスで使用可能なタイプの情報の数をリストで表示します。

コマンド ボタン領域

システム情報ペインの [Suspend] または [Resume] ボタンの他に、コマンド ボタン領域を使用してイベントに応答することができます。

 

表 8-13 [Detailed Device View]:コマンド ボタン

ボタン
アクション

[Suspend] または [Resume]

デバイスの監視をアクティブまたは非アクティブにします。デバイスの状態に応じて、一方のボタンだけが使用可能になります。デバイスを一時停止した場合、Prime UOM はデバイスのポーリングを停止しますが、CDR レコードなどのデバイス データを引き続き受信することがあります。

「DDV からのデバイス モニタリングの一時中止」を参照してください。

Refresh

[Detailed Device View] ページをリフレッシュします ([Detailed Device View] は自動的にはリフレッシュされません。手動で行う必要があります)。

起動情報

起動情報領域には、[Detailed Device View] が表示された時点のサーバの時刻が表示されます。ページをリフレッシュすると、時刻はアップデートされます。

デバイス要素の詳細の表示

ここでは、デバイス クラス別にどの情報が [Detailed Device View] に表示されるかを説明します。「[Detailed Device View] に表示される情報」を参照してください。

[Detailed Device View] に表示される情報

この項では、[Detailed Device View] に表示される情報について説明します。このページに Prime UOM がデータを表示する方法の例外については、「[Detailed Device View] の例外」を参照してください。

表 8-14 に、Prime UOM がサポートするデバイス タイプ別に表示されるデバイス情報の種類を示します。詳細については、「Detailed Device View に表示されるパフォーマンス カウンタ」を参照してください。

 

表 8-14 [Detailed Device View] に表示されるデバイス情報

デバイス タイプ
[Detailed Device View] でレポートされるステータス
[Detailed Device View] でレポートされるデバイス固有のコンポーネント
[Detailed Device View] でレポートされるサブコンポーネント4
Enterprise Presence Server
Environment
System
Interface
Connectivity
Application5

Content Networking

 

X

X

 

 

 

 

 

Digital Voice Gateway

 

 

X

X

 

 

 

 

Gatekeeper

X

X

X

X

 

 

 

 

IPSLA

X

X

X

 

 

 

 

 

MRP

 

X

X

X

 

 

 

 

Personal Assistant

 

 

 

 

X

 

 

 

Media Server

X

X

X

 

X

Cisco Unified CM パフォーマンス カウンタ6

 

 

Meeting Place

X

X

X

 

X

WebEx scheduling

 

 

Phone Access Switch

X

X

X

 

 

 

 

 

Probe

X

X

X

 

 

 

 

 

Routers

X

X

X

 

 

 

RSM、MSM、MSFC

 

SPE

 

X

 

 

X

 

 

 

SSP

 

X

X

 

 

 

 

 

Switch

X

X

X

 

 

 

RSM、MSM、MSFC

 

Unified CM または Cluster

 

 

 

 

 

 

Media Servers、Digital Voice Gateways、
Voice Gateways、VoiceMail Gateways

 

Cisco Unified Presence Server

 

 

 

 

 

 

 

X

Unified Contact Center Enterprise(旧 IPCC)

X

X

X

 

X

機能コンポーネント:

CTI Gateway

CTI Unified Communications Server

Administrator Workstation

Logger

NIC

Unified CCE Components

Peripheral Gateway

Peripheral Interface Manager

Router

パフォーマンス カウンタ3

 

 

Unity

X

X

X

 

X

 

 

 

Unity Express

 

X

X

 

X

パフォーマンス カウンタ3

 

 

Voice Gateway

X

X

X

X

X

Cisco Unified CM Express、SRST-enabled
Cisco Unity Connection

Cisco IOS GW パフォーマンス カウンタ3

RSM、MSM、MSFC

 

VoiceMail Gateway

 

X

X

X

 

 

 

 

4.これらのサブ コンポーネントごとに新しい [Detailed Device View] を表示できます。

5.音声アプリケーションおよび模擬テスト用アプリケーション。

6.パフォーマンス カウンタの説明については、「Detailed Device View に表示されるパフォーマンス カウンタ」を参照してください。

ステータス カテゴリ:「Environment」、「System」、「Interface」など。デバイス クラスに応じて異なるエントリが表示されます。ステータス カテゴリの下に表示される表示例は次のとおりです。

Environment:室温、ファン、電源、電圧に関する情報

System:ハード ディスク、RAM、プロセッサ、仮想メモリに関する情報

Interface:カード、インターフェイス、ポート、音声ポートに関する情報

[Voice Port] エントリには、IP フォンが接続している Ethernet および Gigabit Ethernet ポートの他にも E1、FXS、および FXO ポートに関する情報が表示されます。電話が接続されている Ethernet ポートが新たに検出されたときに、[Detailed Device View] を手動でリフレッシュすると [Voice Port] の情報がアップデートされます。

Connectivity:クラスタ名、Cisco Unified CM status、Cisco Unified CM list、Active Cisco Unified CM などのクラスタの接続性情報

Application:Voice Services、Cisco Unified CM の情報

[Detailed Device View] の例外

次の項では、[Detailed Device View] の情報表示の例外について説明します。

Interface Code は ISDN インターフェイスの場合のみ該当します。他のすべてのインターフェイス タイプでは N/A と表示されます。

UCS 上の CUCM のプラットフォーム タイプは VMware と表示されます。

表 8-15 にリスト表示したデバイス モデル パラメータは表示されません。これは、指定されているデバイス モデルの SNMP MIB の問題のためです。

 

表 8-15 Phone Access Switch MIB 表示の問題

デバイス モデル
DDV に表示されない SNMP MIB パラメータ

2960(WS-C2960-24PC-L)および 3560(WS-C3560-24PS)

1. Environment --> Device Temperature Sensor:Location が表示されない

2. Environment --> Power Supply:Description が表示されない

3. System --> Processor:Description が表示されない

4. Device Memory が表示されない

5. Interfaces --> Port:Admin status と Oper のステータスが NA と表示される

3750(WS-C3750G-24T)

1. Environment に Device Temperature Sensor が表示されない

2. Environment --> Power Supply:Description が表示されない

3. System --> Processor:Description が表示されない

4. Interfaces --> Port:Admin と Oper のステータスが NA と表示される

C4507R-E と 4506E

1. MAC アドレスが表示されない

2. Environment --> Power Supply:Description が表示されない

3. System --> Processor:Description が表示されない

WS-C2960-24LT-L

1. Environment --> Power Supply:Description が表示されない

2. System --> Processor:Description が表示されない

3. System --> Memory 情報が表示されない

WS-3560E-48PD

1. Environment --> Power Supply:Description が表示されない

2. System --> Processor:Description が表示されない

Unity Connection 2.1 のポートは、Prime UOM によって監視されません。[Detailed Device View] では、次に示す Unity Connection ポート詳細情報は「Not Available(N/A)」と表示されます。

Unity Connection ポートの総数。

現在アクティブなポートの数。

着信ポートの数。

発信ポートの数。

現在アクティブな着信 FXO ポートの数。

現在アクティブな発信 FXO ポートの数。

また、[Detailed Device View] の左ペインに [Unity Connection Ports] オプションは表示されません。

デバイスの一時停止と再開

デバイスの監視を停止すると、Prime UOM ではそのデバイスの情報をポーリングしなくなります。デバイスを一時停止した場合、Prime UOM はデバイスのポーリングを停止しますが、CDR レコードなどのデバイス データを引き続き受信することがあります。

後続のイベント(トラップを含む)は無視され、処理されなくなります。

デバイスは次のいくつかの方法で一時停止することができます。

「デバイス設定を使用したデバイスの一時停止」

「DDV からのデバイス モニタリングの一時中止」

デバイス設定を使用したデバイスの一時停止

デバイス設定を使用してデバイスを一時停止するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Modify/Delete Devices] を選択します。

[Modify/Delete Devices] ページが表示されます。

ステップ 2 一時停止または再開するデバイスを選択します。

ステップ 3 次のいずれかの手順を実行します。

[Suspend] をクリックして、デバイスの現在の管理状態を Suspended に変更します。それ以降は、 Prime UOMによるデバイス コンポーネントのポーリングやトラップ処理は行われません。ただし、CDR レコードなどのデバイスデータはいまだに受信する可能性があります。デバイスが Suspended Devices ビューに移動します。後続のイベント(トラップを含む)は無視され、処理されなくなります。

[Resume] をクリックして、デバイスの現在の管理状態を Active に変更します。Prime UOM はデバイスのポーリングとトラップ処理を再開します。デバイスの表示は Suspended Devices ビューから消え、直前のビューに戻ります。


) デバイスを再開するときは、[Polling and Thresholds] で変更の適用を実行することも必要です(「変更の適用」を参照)。



 

DDV からのデバイス モニタリングの一時中止

[Detailed Device View] でデバイスを選択して [Suspend] ボタンをクリックすると、デバイスの監視を停止することができます。 これとは逆に [Resume] ボタンをクリックすると監視を再開できます。 特定のコンポーネントに対しても、この一時停止と再開を実行することができます。詳細については、次のトピックを参照してください。

「デバイスの一時停止と再開」

「デバイス コンポーネントの一時停止および再開」

デバイスの一時停止と再開

デバイスの監視を停止すると(つまり、監視ステートが False に変更されると)、Prime UOM ではそのデバイスの情報をポーリングしなくなります。後続のイベント(トラップを含む)は無視され、処理されなくなります。

デバイスを一時停止すると、そのデバイスのアクティブなイベントは、Cleared の状態になります。Prime UOM はデバイスのポーリングを停止しますが、CDR レコードなどのデバイス データを引き続き受信することがあります。また、そのデバイスに対する Suspended イベントが生成され、デバイスの [Event Details] ページに表示されます。これは、次のことを確実にするためです。

デバイスを一時停止した時点で画面から重要な情報を誤って削除できないようにする(イベントが削除されると、[Fault Monitor] から削除されます)。

デバイスを再開しやすくする。

デバイスを一時停止または再開するには、次の手順に従います。


ステップ 1 Fault Monitor からデバイス名または IP アドレスの上にマウスのカーソルを合わせます。(管理対象でないデバイスは [Suspended Devices] ビューに表示されます)。

[Device Details] ポップアップ ページが開きます。

ステップ 2 [Action] リンクをクリックして、[Detailed Device View] を相互起動します。

[Detailed Device View] ウィンドウが開きます。

ステップ 3 次のいずれかの手順を実行します。

[Suspend] をクリックすると、デバイスの管理状態が [Suspended] に変更されます。それ以降は、 Prime UOM によるデバイス コンポーネントのポーリングやトラップ処理は行われません。ただし、デバイスは CDR レコードなどのデバイス データをいまだに受信する可能性があります。イベントはすべて、「Cleared」状態になります。デバイス イベントは [Suspended Devices] ビューに移動します。後続のイベント(トラップを含む)は無視され、処理されなくなります。

[Resume] をクリックすると、デバイスの管理状態が [Active] に変更されます。そのデバイスに対する、 Prime UOM によるポーリングとトラップ処理が再開され、デバイスイベントは [Suspended Devices] ビューから以前のビューに戻されます。


) デバイスを再開するときは、[Polling and Thresholds] で変更の適用を実行することも必要です(「変更の適用」を参照)。


[Refresh] をクリックすると、ページが再表示されます。


 

デバイス コンポーネントの一時停止および再開

[Detailed Device View] を使用してデバイス コンポーネントの管理を停止または再開できます。コンポーネントを管理しない場合(つまり、管理ステートが False に変更されると)、Prime UOM ではそのコンポーネントの情報をポーリングしなくなります。後続のイベント(トラップを含む)は無視され、処理されなくなります。


) 親デバイスが一時停止されている場合は、デバイス コンポーネントを再開できません。まず親デバイスを再開する必要があります。


デバイス コンポーネントを一時停止または再開するには、次の手順に従います。


ステップ 1 Fault Monitor からデバイス名または IP アドレスの上にマウスのカーソルを合わせます。(管理対象でないデバイスは [Suspended Devices] ビューに表示されます)。

[Device Details] ポップアップ ページが開きます。

ステップ 2 [Action] リンクをクリックして、[Detailed Device View] を相互起動します。

[Detailed Device View] ウィンドウが開きます。

ステップ 3 管理を停止するインスタンスを持つコンポーネントを選択します。

ステップ 4 管理を停止するインスタンスの [Managed State] カラムのリストを使用して、状態を変更します。

ステップ 5 [Submit] をクリックします。


 

デバイスの削除

デバイスが存在するインベントリは Prime UOM 内と DCR 内の 2 つがあります。そのため、デバイスを削除するときは、どちらのインベントリからも削除できます。DCR で Prime UOM が設定される方法によって、デバイスを削除するインベントリが決まります。Prime UOM/DCR の設定については、「DCR のモード(マスターおよびスレーブ)の設定」を参照してください。

デバイスが削除されるときのインベントリは、Prime UOM と DCR の設定によって次のようになります。

スタンドアロン モード:デバイスは Prime UOM と DCR インベントリの両方から削除される。

マスター モード:デバイスは Prime UOM と DCR インベントリの両方から削除される。

スレーブ モード:デバイスは Prime UOM のみから削除される。

デバイスの削除中、Prime UOM では該当デバイスのインベントリ収集、一時停止操作、および再開操作を実行することはできません。収容デバイスを削除すると、すべての被収容デバイスが削除されます。

デバイスが Prime UOM から削除されても、Prime UOM にトラップを送信するようにデバイスが設定されている場合、Prime UOM はトラップを受信しつづけ、Fault Monitor ではこのトラップを識別されないトラップとして処理します。この場合に必要な手順については、以降を参照してください。

デバイス削除のガイドライン

ネットワークからデバイスを削除しようとするときは、次のガイドラインが役立ちます。

デバイスが管理対象になった状態を一時停止するだけであれば、デバイスを Prime UOM から削除する必要はありません。デバイスの管理対象状態の一時停止と再開の詳細については、「デバイスの一時停止と再開」を参照してください。

システムにおける負荷によって異なりますが、Prime UOM によるデバイスの削除にはおよそ 15 ~ 40 秒かかります。

カスタム デバイス グループの最後のデバイスが削除されると、デバイス グループも削除されます。たとえば、すべてのデバイスがカスタマー グループから削除された後のマルチ カスタマー バージョン導入では、そのグループも削除されます。

ネットワークでデバイスをオフにし、Prime UOM で監視されないようにするには、デバイスを Prime UOM から削除する必要があります。そうしないと Fault Monitor からイベントを削除することができません。デバイスを削除するには、次のいずれかの手順を使用します。

Service Level View にアクセスし、削除するデバイスを探します。 デバイスを右クリックし、[Delete Device] を選択します。

[Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Modify/Delete Devices] を選択します。 チェックボックスをクリックしてデバイスを選択し、[Delete] をクリックします。Prime UOM でデバイスを削除すると、Fault Monitor 内にある既存のすべてのイベントも削除されます。


) この操作を実行できるかどうかは、ユーザのログインによって決まります。


デバイスを削除するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Device Configuration] > [Modify/Delete Devices] を選択します。

[Modify/Delete Devices] ページが表示されます。

ステップ 2 削除するデバイスまたはグループを選択します。

ステップ 3 [Delete] をクリックします。

ステップ 4 確認のボックスで [Yes] をクリックします。


 

デバイス インベントリの収集

この項では、次の項目について説明します。

「インベントリ収集のスケジュール」

「Prime UOM での Auto Discovery Configuration のセットアップ」

インベントリ収集のスケジュール

Prime UOM は、監視対象デバイスからデータを収集し、デバイス自体に関する情報、および監視対象デバイスに登録された電話に関する情報を更新します。

エンタープライズ導入の場合は、Discovery の使用を推奨します。マルチ エンドカスタマー バージョン導入の場合は、カスタマー グループ名を手動で追加またはインポートせずにセットアップできないため、Discovery の使用は推奨しません。

デバイス、電話、およびクラスタには、個別のインベントリ収集スケジュールがあります。スケジュールをさらに作成することはできません。既存のスケジュールの変更のみ行うことができます。IP フォンの場合は、複数のインベントリ収集スケジュールを作成できます。

ここでは、次の内容について説明します。

「デバイスのインベントリ収集スケジュールの使用」

「IP フォン検出の使用」

「Cisco Unified CM へのアクセスに使用するメディア サーバ アカウントの決定」

「検出ステータスの表示」

「Cluster Device Discovery の使用」

「SNMP のタイムアウトとリトライ回数の編集」

「Cluster Device Discovery のスケジュールまたは表示」

「LDAP の設定」

インベントリ収集タスクの概要については、 表 8-16 を参照してください。

 

表 8-16 インベントリ収集の概要

作業
説明

デバイスのインベントリ収集のスケジュール設定

[Inventory Collection Schedule] ページ([Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [Device])で、デバイスのインベントリ収集スケジュールを変更、一時停止、または再開することができます (「デバイスのインベントリ収集スケジュールの使用」 を参照)。

電話のインベントリ収集のスケジュール設定

[IP Phone Discovery Schedule] ページ([Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [IP Phone])では、IP フォンの検出スケジュールを追加、編集、または削除することができます (「IP フォン検出の使用」 を参照)。

Cisco Unified CM へのアクセスに使用するメディア サーバ アカウントの決定

Prime UOM が Cisco Unified CM にアクセスできるようにするには、メディア サーバのアカウントのユーザ名とパスワードを指定する必要があります。「Cisco Unified CM へのアクセスに使用するメディア サーバ アカウントの決定」を参照してください。

検出ステータスの表示

デバイスと電話両方の検出ステータスを表示できます(「電話 XML 検出ステータスの確認とスケジュール」を参照)

クラスタ デバイスのインベントリ収集のスケジュール設定

[Cluster Device Discovery] ページ([Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [Cluster Device Discovery])では、クラスタ デバイスの検出スケジュールを追加、編集、または削除することができます。(「Cluster Device Discovery の使用」 を参照)。

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)パラメータの設定

Prime UOM のタイムアウトを防ぐために、SNMP パラメータをリセットすることができます。「SNMP のタイムアウトとリトライ回数の編集」を参照してください。

Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)サーバのパラメータへのアクセス

Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)サーバに接続し、Prime UOM で使用する情報にアクセスするようにするには、「LDAP の設定」を参照してください。

デバイスのインベントリ収集スケジュールの使用

デバイスのインベントリ収集スケジュールでは、次の作業を実行できます。

「デバイスのインベントリ収集スケジュールの編集」

「インベントリ収集スケジュールの一時停止と再開」

デバイスのインベントリ収集スケジュールの編集

インベントリ収集スケジュールを編集するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [Device] を選択します。

[Device Inventory Collection] ページが表示されます。

ステップ 2 [Edit] をクリックします。

[Inventory Collection Schedule: Edit] ページが表示されます。

ステップ 3 目的のスケジュール情報を変更します。

ステップ 4 [OK] をクリックします。

ステップ 5 [Yes] をクリックします。


 

インベントリ収集スケジュールの一時停止と再開

インベントリ収集スケジュールを一時停止して再開するには、[Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [Device] を選択します。

[Device Inventory Collection] ページが表示されます。

スケジュールがアクティブのときにインベントリ収集を実行しないようにするには、[Suspend] をクリックします。

スケジュールがアクティブでないときに、Prime UOM でスケジュールされた時間にインベントリ収集を実行するようにするには、[Resume] をクリックします。

IP フォン検出の使用

[Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [IP Phone] を選択すると、次の作業を実行できます。

「IP フォンの収集ステータスの表示」

「IP フォンの検出スケジュールの追加」

「IP フォンの検出スケジュールの編集」

「IP フォンの検出スケジュールの削除」

IP フォンの収集ステータスの表示

IP フォンの収集ステータスを表示するには、[Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [IP Phone] を選択します。

[IP Phone Discovery Schedule] ページが表示されます。

[IP Phone Collection Status] ペインに次の情報が表示されます。

[Collection Status]:検出プロセスのステータスを表示します。ステータスは、次のいずれかになります。

In progress:PIFServer を初めて起動するか、再起動すると、自動的に検出が開始され、ステータスは In Progress と表示されます。

Complete:検出プロセスは完了しています。

Not available.Try after some time:PIFServer を初めて起動するか、再起動したときに、検出プロセスがまだ開始されていない場合に表示されます。

[Last Collection Start Time]:最後の検出の開始日時を表示します。

[Last Collection End Time]:最後の検出の終了日時を表示します。


 

IP フォンの検出スケジュールの追加

IP フォンの検出スケジュールを追加するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [IP Phone] を選択します。

[IP Phone Discovery Schedule] ページが表示されます。

ステップ 2 [Add] をクリックします。

[Add Schedule] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 次を入力します。

検出スケジュールの名前

検出を実行する曜日

検出を実行する時刻

ステップ 4 [OK] をクリックします。


 

IP フォンの検出スケジュールの編集

IP フォンの検出スケジュールを編集するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [IP Phone] を選択します。

[IP Phone Discovery Schedule] ページが表示されます。

ステップ 2 編集する電話機検出スケジュールを選択します。

ステップ 3 [Edit] をクリックします。

[Edit Discovery Schedule] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 次の情報を変更できます。

検出スケジュールの名前

検出を実行する曜日

検出を実行する時刻

ステップ 5 [OK] をクリックします。

ステップ 6 すべての変更が終わったら、[Apply] をクリックします。


 

IP フォンの検出スケジュールの削除

IP フォンの検出スケジュールを削除するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [IP Phone] を選択します。

[IP Phone Discovery Schedule] ページが表示されます。

ステップ 2 [Delete] をクリックします。

ステップ 3 確認のボックスで [Yes] をクリックします。


 

Cisco Unified CM へのアクセスに使用するメディア サーバ アカウントの決定

Prime UOM が Cisco Unified CM にアクセスできるようにするには、メディア サーバのアカウントのユーザ名とパスワードを指定する必要があります。

使用するアカウントは Cisco Unified CM のバージョンによって異なり、また Cisco Unified CM に対して Multilevel Administration Access(MLA)がイネーブルになっているかどうかによっても異なる場合があります。 表 8-17 に、オプションを示します。

 

表 8-17 Cisco Unified CM にアクセスするためのユーザ名とパスワード

メディア サーバ上の Cisco Unified CM のバージョン
Cisco Unified CM に対して MLA のイネーブルまたはディセーブル
必要なアカウント

6.0 以降

Enabled

Standard Serviceability 機能グループへの完全アクセスまたは読み取り専用アクセスを備えた MLA アカウント

Disabled

メディア サーバでの有効な Windows 2000 管理者アカウント

検出ステータスの表示

Prime UOM エンタープライズ導入では、追加されているデバイスおよび電話機検出ステータスを確認することができます。

追加されているデバイスの検出ステータスを確認するには、[Device Management: Summary] ページを使用します。[Device Management: Summary] ページへのアクセス方法とその詳細については、「デバイスのステータスと検出設定の確認」を参照してください。

追加されている XML 電話機検出ステータスを確認するには、[Phone XML Collection Status] ページを使用します。このページを使用して、電話機検出スケジュールを変更することもできます。[Phone XML Collection Status] ページへのアクセス方法とその詳細については、「電話 XML 検出ステータスの確認とスケジュール」を参照してください。

マルチ エンドカスタマー バージョン導入では NAT 環境のデバイスは自動検出を使用して自動的に追加されないことを忘れないでください。これらのデバイスを検出するには、デバイスをインポートするか手動で追加します。

電話 XML 検出ステータスの確認とスケジュール

Prime UOM に追加されている電話機検出ステータスを確認するには、または電話機検出タイミングをスケジュールするには、[Phone XML Collection] ページを使用できます。電話 XML 検出の開始スケジュールは、デフォルトで毎日午後 3 時です。電話 XML 検出では、各電話のシリアル番号、Load ID および App ID を収集します。

電話 XML 検出ステータスのスケジュールを表示するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [Phone XML] を選択します。

[Phone XML Collection] ページが表示されます。

 

フィールド
説明

Collection Status

現在の収集処理のステータス。状態には complete、pending、scheduled があります。

Last Collection Start Time

最後に電話機検出が開始された日付と時刻。

Last Collection Stop Time

最後に電話機検出が停止された日付と時刻。

Phone XML Collection Schedule

デフォルトの午後 3 時の データ収集を変更できます。

ステップ 2 [Apply] をクリックして、スケジューリングの変更を受け入れます。

ステップ 3 確認のボックスで [OK] をクリックします。


 

SNMP のタイムアウトとリトライ回数の編集

SNMP 照会が時間内に応答しない場合、Prime UOM はタイムアウトします。その後は、コンフィギュレーション ファイルの snmpretries 属性で指定された回数までそのデバイスへの接続がリトライされます。リトライ回数を重ねるごとにタイムアウト期間が倍になります。

たとえば、タイムアウト値が 4 秒でリトライ回数の値 3 である場合、Prime UOM は 4 秒待ってから最初のリトライを実行し、8 秒待ってから 2 回目のリトライ実行し、16 秒待ってから 3 回目のリトライを実行します。

SNMP のタイムアウトとリトライ回数はグローバルな設定です。

デフォルトの値は次のとおりです。

タイムアウト:4 秒

リトライ回数:3

SNMP 設定を変更するには、次のタスクを実行します。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [SNMP Configuration] を選択します。

[SNMP Configuration] ページが表示されます。

ステップ 2 新しい SNMP のタイムアウト設定を選択します。

ステップ 3 新しいリトライ回数の設定を選択します。

ステップ 4 [Apply] をクリックします。

ステップ 5 確認のボックスで [Yes] をクリックします。


 

LDAP の設定

ここでは、次の内容について説明します。

「LDAP サーバの追加」

「LDAP サーバの設定変更」

「LDAP サーバの削除」

LDAP サーバの追加

Prime UOM が Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)サーバに接続することにより、Prime UOM は、LDAP サーバに格納されたユーザ情報にアクセスするように設定することができます。


) Prime UOM では、SSL 認証を使用する LDAP サーバはサポートされません。


LDAP サーバを追加するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [LDAP Configuration] を選択します。

[LDAP Server Configuration] ページが表示されます。

ステップ 2 [Add] をクリックします。

[Add LDAP Server] ページが開きます。

ステップ 3 [Connection Details] 領域で、次の手順に従います。

LDAP サーバ名または IP アドレスを入力します。

ポート番号(LDAP サーバで LDAP 要求に使用されるポート)を入力します。

認証に匿名ログインを使用する場合は、[Use Anonymous Login] チェックボックスをオンにします。

管理者の DN を入力します。LDAP サーバで検索に認証が必要な場合は、これを検索ベースで指定されたサブツリーの検索権限を持ったユーザの名前に設定します。

LDAP サーバのパスワードを入力し、パスワードを確認します。

検索ベースを入力します。このパラメータを LDAP 検索の検索ベースに設定します。この検索ベースには、検索によって返されると予想されるすべてのユーザを含めてください。

ステップ 4 [LDAP Search Parameters] では、次の手順に従います。

検索の名前を入力します。

電話番号を入力します。LDAP サーバに格納されているとおりの番号を入力します。

電話フィルタを入力します。電話番号の正確なプレフィックスを入力します。これにより、Prime UOM は LDAP サーバから各個人の内線番号詳細だけを取得できます。

これは、ユーザ名を表示するために、Cisco Unified CM から取得した内線番号と相互に関係します。

ステップ 5 [Add] をクリックします。


 

LDAP サーバの設定変更

LDAP サーバの設定を変更するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [LDAP Configuration] を選択します。

[LDAP Server Configuration] ページが表示されます。

ステップ 2 変更する LDAP サーバを選択します。

ステップ 3 [Modify] をクリックします。

[Edit LDAP Server Configuration] ページが表示されます。

[LDAP Server Connection Details] 領域で、次の情報を変更します。

LDAP サーバ名または IP アドレス。

ポート番号:LDAP サーバで LDAP 要求に使用されるポート。

認証に匿名ログインを使用するかどうか:[Use Anonymous Login] チェックボックスをオンまたはオフにします。

管理者の DN:LDAP サーバで検索に認証が必要な場合は、これを検索ベースで指定されたサブツリーの検索権限を持ったユーザの名前に設定します。

LDAP サーバのパスワード:必ずパスワードを確認してください。

検索ベース:このパラメータを LDAP 検索の検索ベースに設定します。この検索ベースには、検索によって返されると予想されるすべてのユーザを含めてください。

[LDAP Search Parameters] 領域では、次の情報を変更できます。

通常名。

電話番号:LDAP サーバに格納されているとおりの電話番号を入力します。

電話フィルタ:電話番号の正確なプレフィックスを入力します。これにより、Prime UOM は LDAP サーバから各個人の内線番号詳細だけを取得できます。これは、ユーザ名を表示するために、Cisco Unified CM から取得した内線番号と相互に関係します。

ステップ 4 [Edit] をクリックします。


 

LDAP サーバの削除

LDAP サーバを削除するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Administration] > [Device Management] > [Inventory Collection] > [LDAP Configuration] を選択します。

[LDAP Server Configuration] ページが表示されます。

ステップ 2 削除する LDAP サーバを選択します。

ステップ 3 [Delete] をクリックします。


 

Prime UOM ツールの起動

[Tools] メニューを使用すると、Prime UOM のいくつかのツールや外部アプリケーションにアクセスすることができます。


これらのツールには、ユーザが適切な認可を持つ場合にだけアクセスできます。認可の種類は、ユーザのシステムが CiscoWorks セキュリティ モデルまたは CiscoSecure Access Control Server セキュリティ モデルのどちらを使用しているかによって異なります。「ユーザの設定(ACS およびローカル RBAC)」を参照してください。


[Tools] から、次を実行することができます。

デバイスのイベント情報の表示(「イベント情報の表示」を参照)。

デバイスのイベント履歴の表示(「イベント履歴の表示」を参照)。

デバイス情報の表示(「デバイス情報の表示」を参照)。

Cisco Unified CM に関連付けられている電話の表示(「関連付けられた電話の表示」を参照)。

Path Analysis Tool の起動(「Path Analysis Tool の起動」を参照)。

パフォーマンス モニタリングの表示(「パフォーマンス モニタリングの表示」を参照)。

デバイスの模擬テストの設定(「模擬テストの設定」を参照)。

デバイスのノードツーノード テストの設定(「ノードツーノード テストの設定」を参照)。

デバイスの SRST モニタリングの設定(「SRST モニタリングの設定」を参照)。

ポーリング設定およびしきい値設定の編集(「しきい値の設定の変更」および 「ポーリング設定の変更」を参照)。

デバイスの管理ページの起動(「デバイスの管理ページの起動」を参照)。

外部アプリケーションの起動(「Service Level View のトラブルシューティング」を参照)。

イベント情報の表示

イベント情報を表示するには、次の手順に従います。


ステップ 1 表示ペインまたは詳細ウィンドウで、イベント情報を表示するデバイスを右クリックします。

ステップ 2 メニューから [Event Details] を選択します。

起動するツールまたはアプリケーションがメニューに表示されない場合は、[More Tools] メニュー項目をクリックしてください。2 次メニューが表示されます。

選択したデバイスの [Event Details] ページが表示されます。[Event Details] ページについては、 3-9 ページの「Starting the Event Details Page」 を参照してください。


 

イベント履歴の表示

イベント履歴を表示するには、次の手順に従います。


ステップ 1 マップ表示ペインで、イベント履歴を表示するデバイス上で右クリックします。

ステップ 2 メニューから [Event History] を選択します。

起動するツールまたはアプリケーションがメニューに表示されない場合は、[More Tools] メニュー項目をクリックしてください。2 次メニューが表示されます。

選択したデバイスに関する Event History レポートが表示されます。Event History レポートの詳細については、「Event History レポートについて」を参照してください。


 

デバイス情報の表示

デバイス情報を表示するには、次の手順に従います。


ステップ 1 マップ表示ペインで、情報を表示するデバイス上で右クリックします。

ステップ 2 メニューから [Detailed Device View] を選択します。

起動するツールまたはアプリケーションがメニューに表示されない場合は、[More Tools] メニュー項目をクリックしてください。2 次メニューが表示されます。

選択したデバイスの Detailed Device View ページが表示されます。Detailed Device View の詳細については、「デバイス要素の詳細の表示」を参照してください。


 

関連付けられた電話の表示

ユーザは、デバイスに関連付けられている電話レポートを表示できます。

スイッチに関連付けられている電話レポートを表示している場合は、スイッチに接続する電話がこのレポートに表示されます。

Cisco Unified CM または Cisco Unified CM Express に関連付けられた電話レポートを表示している場合、レポートには Cisco Unified CM または Cisco Unified CM Express に登録されているすべての電話が表示されます。


) Associated Phones レポートは、[Event Details] ページから起動するか、[Detailed Device View] ページから [Tools Launch] メニューを使って起動できます (「デバイスおよびイベントの詳細の取得」、または「[Detailed Device View] のレイアウトについて」を参照してください)。


関連付けられた電話を表示するには、次の指示に従います。


ステップ 1 マップ表示ペインで、関連付けられた電話を表示したい電話、Cisco Unified CM、または Cisco Unified CM Express を右クリックします。

ステップ 2 メニューから [Phone Details] を選択します。

起動するツールまたはアプリケーションがメニューに表示されない場合は、[More Tools] メニュー項目をクリックしてください。2 次メニューが表示されます。

選択したデバイスの Associated Phones レポートが表示されます。IP Phone Detail レポートの詳細については、「Audio IP Phone Inventory レポートについて」を参照してください。


 

Path Analysis Tool の起動

Path Analysis Tool は、レイヤ 3 のすべてのデバイスに関するホップバイホップ遅延情報を提供します。ここでは、IP SLA の ping パス エコー操作を行います。Path Analysis Tool は、任意の IP SLA イネーブルのデバイスで起動できます。

ビュー ペインまたはマップ表示ペインのいずれかで IP SLA がイネーブルのソースと宛先を選択して、このツールを起動します。


) Path Analysis Tool は、[Tools Launch] メニューを使用して [Service Quality Events Detail] ページからも起動できます (「[Service Quality Event Details] 画面の使用」 を参照)。


Path Analysis Tool を起動するには、次の手順に従います。


ステップ 1 マップ表示ペインで、Path Analysis Tool を実行するデバイス上で右クリックします。

複数のデバイスを選択するには、Ctrl キーを押しながらデバイスをクリックします。その後、Ctrl キーを押しながら右クリックするとメニューが開きます。

ステップ 2 メニューから [Path Analysis Tool] を選択します。

Path Analysis Tool ページが表示されます。

起動するツールまたはアプリケーションがメニューに表示されない場合は、[More Tools] メニュー項目をクリックしてください。2 次メニューが表示されます。

ステップ 3 ソース デバイスと宛先デバイスが正しいことを確認します。

ステップ 4 [Start Trace] をクリックします。

[Credentials for Source Device] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 5 ソース デバイスのクレデンシャルを入力します。

ステップ 6 [OK] をクリックします。

ツールが実行され、結果が Path Analysis Tool ページに表示されます。図 8-7 に、Path Analysis Tool の表示例を示します。


 

図 8-7 Path Analysis Tool

 

 

見出し
説明

Hop ID

ホップ ID。

Device IP Address

デバイスの IP アドレス。

Device Type

デバイス タイプ別のアイコン表示。

Status

デバイスのステータス別のアイコン表示。

Latency from Source

遅延のミリ秒表示。

Tools

デバイス上で実行可能な他の Prime UOM ツール。表示されるリストはデバイスの種類によって異なります。たとえば、次のツールが表示されます。

ノードツーノード テスト

SRST テスト

パフォーマンス モニタリングの表示

ネットワーク パフォーマンス メトリックでは変更を選択して確認できます。ネットワーク パフォーマンス データをリアルタイムに選択、表示、図化することができます。

パフォーマンス モニタリングを表示するには、次の指示に従います。


ステップ 1 マップ表示ペインで、パフォーマンスを表示するデバイス上で右クリックします。

ステップ 2 メニューから [Performance] を選択します。

[Select Metrics] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 1 つ以上の必要なメトリックを選択して、[Add] をクリックします。

[Performance Graph] ウィンドウが表示され、1 つ以上のグラフが表示されます(図 7-1を参照)。

起動するツールまたはアプリケーションがメニューに表示されない場合は、[More Tools] メニュー項目をクリックしてください。2 次メニューが表示されます。

ステップ 4 グラフ化するメトリックを選択します。

メトリックの単位は同じである必要があります。

ステップ 5 [View Graph] をクリックします。

パフォーマンスとキャパシティ策定を表したグラフが表示されます。パフォーマンス グラフの詳細については、「パフォーマンス グラフの使用方法」を参照してください。


 

模擬テストの設定

模擬テストを設定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 マップ表示ペインで、模擬テストを設定するデバイス上で右クリックします。

ステップ 2 メニューから模擬テストを選択します。

ステップ 3 選択肢はデバイスの種類によって異なります。模擬テストの詳細については、「模擬テストを使用する前に」を参照してください。

起動するツールまたはアプリケーションがメニューに表示されない場合は、[More Tools] メニュー項目をクリックしてください。2 次メニューが表示されます。

[Create Synthetic Test] ページが表示されます。模擬テストを作成する場合の詳細については、「模擬テストの作成」を参照してください。


 

ノードツーノード テストの設定

ノードツーノード テストを設定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 ビュー ペインまたはマップ表示ペインで、模擬テストを設定するデバイス上で右クリックします。

ステップ 2 メニューから [Node-To-Node Test] を選択します。

起動するツールまたはアプリケーションがメニューに表示されない場合は、[More Tools] メニュー項目をクリックしてください。2 次メニューが表示されます。

[Node-To-Node Test Configuration] ページが表示されます。ノードツーノード テストを作成する場合の詳細については、「単一のノードツーノード テストの作成」を参照してください。


 

ノードツーノード テスト グラフの設定

ノードツーノード テスト グラフを設定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 ビュー ペインまたはマップ表示ペインで、ノードツーノード テスト グラフを設定するデバイス上で右クリックします。

ステップ 2 メニューから [Node-to-Node Test Graphs] を選択します。

起動するツールまたはアプリケーションがメニューに表示されない場合は、[More Tools] メニュー項目をクリックしてください。2 次メニューが表示されます。

[Node-To-Node Test Configuration] ページが表示されます。ノードツーノード テストを作成する場合の詳細については、「単一のノードツーノード テストの作成」を参照してください。


 

SRST モニタリングの設定


ステップ 1 ビュー ペインまたはマップ表示ペインで、SRST モニタリングを設定するデバイス上で右クリックします。

ステップ 2 メニューから [Survivable Remote Site Telephony Test] を選択します。

起動するツールまたはアプリケーションがメニューに表示されない場合は、[More Tools] メニュー項目をクリックしてください。2 次メニューが表示されます。

[SRST Test Configuration] ページが表示されます。SRST テストを作成する場合の詳細については、「必要に応じた 1 つの SRST テストの設定」を参照してください。


 

しきい値の設定の変更

しきい値の設定を設定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 ビュー ペインまたはマップ表示ペインで、しきい値の設定を変更するデバイス上で右クリックします。

ステップ 2 メニューから [Threshold Parameters] を選択します。

起動するツールまたはアプリケーションがメニューに表示されない場合は、[More Tools] メニュー項目をクリックしてください。2 次メニューが表示されます。

[Managing Thresholds: Edit] ページが表示されます。しきい値を編集する場合の詳細については、「Prime UOM のしきい値の編集」を参照してください。


 

ポーリング設定の変更

ポーリングの設定を設定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 ビュー ペインまたはマップ表示ペインで、ポーリング設定を変更するデバイス上で右クリックします。

ステップ 2 メニューから [Polling Parameters] を選択します。

起動するツールまたはアプリケーションがメニューに表示されない場合は、[More Tools] メニュー項目をクリックしてください。2 次メニューが表示されます。

[Polling Parameters: Edit] ページが表示されます。ポーリング パラメータを編集する場合の詳細については、「ポーリング パラメータの編集」を参照してください。


 

デバイスの一時停止

デバイスを一時停止するには、次の手順に従います。


ステップ 1 マップ表示ペインで、一時停止するデバイスを選択(複数のオブジェクトを選択するには Ctrl キーを押しながらクリック)します。

ステップ 2 Ctrl キーを押しながら右クリックしてメニューを開きます。

ステップ 3 メニューから [Suspend Device] を選択します。

情報のダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 [OK] をクリックします。


 

デバイスの再開

デバイスを再開するには、次の手順に従います。


ステップ 1 マップ表示ペインで、再開するデバイスを選択(複数のオブジェクトを選択するには Ctrl キーを押しながらクリック)します。

ステップ 2 Ctrl キーを押しながら右クリックしてメニューを開きます。

ステップ 3 メニューから [Resume Device] を選択します。

情報のダイアログボックスが表示され、次のようなメッセージが示されます。

Monitoring will be resumed for the selected 1 device(s). Be sure to apply your changes in the PTM UI. Click here to apply the changes.

変更を適用しないと、デバイスの監視は行われません。後で変更を適用する必要がある場合は、「変更の適用」を参照してください。

ステップ 4 [OK] をクリックします。


 

デバイスの追加

監視されていないデバイスが Service Level View に表示された場合は、次の手順に従ってそのデバイスを Prime UOM に追加できます。

デバイスを追加するには、次の手順に従います。


ステップ 1 マップ表示ペインで、Unmanaged Devices フォルダを選択します。

Unmanaged Devices レポートが表示されます。

ステップ 2 追加するデバイスを 1 つまたは複数選択して、[Add] をクリックします。

[Add Devices] ダイアログボックスが表示され、選択したデバイスの IP アドレスが [Device Information] フィールドに(デバイスを複数選択した場合は複数個)表示されます。

ステップ 3 デバイスおよびデバイスのクレデンシャル情報を入力します。

マルチ エンドカスタマー バージョン導入の場合、既存のカスタマー グループ名を追加または割り当てることができます。

ステップ 4 [OK] をクリックします。

デバイスが追加されます。


 

デバイスの削除

デバイスを削除するには、次の手順に従います。


ステップ 1 マップ表示ペインで、削除するデバイスを選択します。

ステップ 2 ビュー ペインで複数のオブジェクトを選択する場合は Ctrl キーを押しながらクリックします。

ステップ 3 Ctrl キーを押しながら右クリックしてメニューを開きます。

ステップ 4 メニューから [Delete Device] を選択します。

確認ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 5 [Yes] をクリックします。

デバイスが削除されます。


 

詳細については、「デバイスの削除」を参照してください。

デバイスの管理ページの起動

Service Level View は、管理対象デバイスを管理するページへのリンクを提供します。これらのページを使用できるかどうかは、デバイスのタイプによって異なります。たとえば、Cisco Unified CM デバイスや Cisco Unity デバイスは、それぞれの管理ページにアクセスできます。マップ表示ペインで、管理ページを開くデバイス上で右クリックします。

管理ページを起動するには、次の手順に従います。


ステップ 1 マップ表示ペインで、管理ページを開くデバイス上で右クリックします。

ステップ 2 メニューから管理ページのリンクを選択します。

次のリストに示すようなオプションが表示される可能性があります(デバイスによって異なる)。

Cisco Emergency Responder Administration

Cisco Contact Center Administration

Cisco Meeting Place Administration

Cisco MeetingPlace Express Administration

Cisco Unified Communications Manager Administration

Cisco Unified Communications Manager Express Administration

Cisco Unified Communications Manager Serviceability

Cisco Unified Presence Server Administration

Cisco Unity Administration

Cisco Unity Connection Administration

Cisco Unity Express Administration

Cisco Unity Presence Administration

Gateway Administration

TelePresence

起動するツールまたはアプリケーションがメニューに表示されない場合は、[More Tools] メニュー項目をクリックしてください。2 次メニューが表示されます。

管理ページが開きます。


 

Prime UOM の NAT サポート

特定の導入では、Prime UOM はゲートウェイを越える場合があります。導入にこのシナリオが含まれており、NAT をサポートする場合は、まず Prime UOM で NAT のサポートをセットアップする必要があります。

Prime UOM とデバイスがゲートウェイを越えるように設定するには、次のアクションのリストを使用します。

Prime UOM にデバイスを追加して NAT IP、プライベート IP、およびドメイン/ホスト名の情報を入力して収集できるようにするには、[System Preferences] ページで [Static NAT Environment] をイネーブルにする必要があります。

[Static NAT Environment] チェックボックスをオンにし、[Device Add] ページで Local IP と NAT mode IP を追加します。

NAT がイネーブルのデバイスをサポートするインポート シード ファイルを使用するには、NAT-enabled デバイスの各行に 2 つの新しいカラムを付加する必要があります。

最初のカラムは user_defined_field_3 で、Local IP 属性に対応します。2 番目のカラムは user_defined_field_2 で、Local DNS Name 属性に対応します。これらのカラムはオプションであり、NAT がイネーブルでないデバイスの場合は空にすることができます。デバイス インポート ファイルの例については、「インポート シード ファイルの例」を参照してください。

Prime UOM での NAT サポートには制限があります。一部の制限は特定のオンライン ヘルプの項に示されています。その他は以下に示します。

[Service Level View] > [Unmanaged Devices] ページは NAT モードのデバイスの Local IP Addresses のみをリスト表示しますが、デバイスに DNS 名が設定されている場合は、Unified Communications Manager 名がこのページに表示される場合があります。その結果、このページから管理されていない、NAT がイネーブルのデバイスを追加すると失敗する場合があります。

電話機のポーリングを通じて収集される情報は、NAT 環境の Unified CM では収集されません。詳細については、「電話のポーリングについて」

DCR へのデバイスのインポートにシード ファイルを使用している場合、Local IP および Local DNS Name の属性を含める必要があります。「Prime UOM へのデバイスのインポート」および「インポート シード ファイルの例」を参照してください。

次のシナリオがある場合、End-to-End Call テストはサポートされていません。テストが Enable RTP 伝送オプションが選択された実際の電話機である場合。End-to-End Call Test は NAT 環境にある電話機にメディア伝送を行うことができません。

パブリック IP が DNS で解決可能でないと Unified Contact Centre Enterprise(UCCE)はモニタされません。

インポート シード ファイルの例

インポート ファイルを作成するには、次のファイル形式を例として使用してください。

; This file can be used for data import;
;Start of section 0 - Basic Credentials
;
;HEADER: management_ip_address,host_name,domain_name,device_identity,display_name,sysObjectID,dcr_d
evice_type,mdf_type,sysContact,sysLocation,snmp_v2_ro_comm_string,snmp_v2_rw_comm_string,s
nmp_v3_user_id,snmp_v3_password,snmp_v3_auth_algorithm,snmp_v3_priv_password,snmp_v3_priv_
algorithm,snmp_v3_engine_id,rxboot_mode_username,rxboot_mode_password,primary_username,pri
mary_password,primary_enable_password,http_username,http_password,http_mode,http_port,http
s_port,cert_common_name,secondary_username,secondary_password,secondary_enable_password,se
condary_http_username,secondary_http_password,user_defined_field_3,user_defined_field_2,cu
stomer_name
;
50.50.50.2,,,,50.50.50.2,1.3.6.1.4.1.9.1.619,,279316777,,,public,private,,,,,,,,,,,,,,,,,
,,,,,,172.20.20.2,,NorthAmerica
50.50.50.29,,,,50.50.50.29,1.3.6.1.4.1.9.1.1348,,999990999,,,public,,,,,,,,,,,,,naadmin,ip
com123,,,,,,,,,,172.20.20.29,NA-CCMSub2,NorthAmerica
60.60.60.90,,,,60.60.60.90,1.3.6.1.4.1.311.1.1.3.1.2,,999990341,,,public,,,,,,,,,,,,,CCMAd
ministrator,ipcom123,,,,,,,,,,172.20.20.90,blrmpx,Europe
 
;End of CSV file