Cisco Unified Operations Manager ユーザ ガイド
通知の使用方法
通知の使用方法
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2010/01/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 13MB) | フィードバック

目次

通知の使用方法

通知について

が通知を送信する場合

通知グループとは

通知基準とは

送信可能な通知のタイプ

SNMP トラップ通知

電子メール通知

syslog 通知

通知先にできるシステムとユーザ

通知を特定のイベントに対応したものに限定する方法

イベント セットの設定

イベント セットの追加と編集

イベント セットの表示

イベント セットの削除

通知の設定

デバイスの通知グループの追加と編集

サービス品質の通知グループの追加と編集

電話通知グループの追加と編集

通知グループのコピー

通知グループの設定の詳細の表示

通知グループの削除

通知の一時停止

通知の再開

デバイスが送信したイベントで表示されるデバイス タイプと値のマッピング

ユーザへの EPM ログ更新の通知

イベントのカスタマイズ

カスタマイズしたイベントの説明が表示される場所

カスタマイズしたイベントの重大度が表示される場所

イベントの説明と重大度のカスタマイズ

イベントの説明と重大度のデフォルトの復元

通知の使用方法

Cisco Unified Operations Manager(Operations Manager)は、IP テレフォニー環境および IP ファブリックで発生するイベントに対応してアラートを生成します。イベントは、[Alerts and Events] 画面など、Operations Manager ダッシュボードで表示できます。また、他のホストの SNMP トラップ デーモン、syslog デーモン、およびユーザにアラートとイベントに関する情報を転送するように通知を設定することもできます。

次の各項では、通知の概念と通知の管理手順について説明します。

「通知について」

「イベント セットの設定」

「通知の設定」

「イベントのカスタマイズ」

通知について

ここでは、Operations Manager が通知を送信するタイミングを決定する方法と、通知を設定するために理解しておく必要のある概念を説明します。


) 通知は、デバイスのコンポーネントではなく、デバイスのロールごとにイベントを監視します。サポートされるイベントと、イベントが発生するデバイスのロールのリストについては、付録 E「処理されるイベント」を参照してください。


Operations Manager が通知を送信する場合

Operations Manager では、アラートまたはイベントごとに、イベント、デバイス、重大度、および状態を、設定された通知グループと比較し、一致するものがあれば通知を送信します。ユーザが設定したイベント セットと通知基準によって一致を決定することができます (通知基準の設定手順については、「通知の設定」を参照してください)。

Operations Manager は、各アラートまたはイベントに 1 つの重大度を割り当て、デバイスに対するユーザの入力やデバイスでの変更に応じて時間の経過とともにアラートやイベントの状態を変化させます。表 15-1 に、重大度の値と、時間の経過に伴うアラートやイベントの状態の変化を示します。

いずれかのイベントによってデバイスに対するアラートが更新されるたびに、Operations Manager はアラート通知を受信します。これは選択されたイベント セットには基づいていません。選択されたイベント セットはイベント通知のフィルタリングだけに使用されます。

イベント セットの選択はイベントベースの通知だけに適用され、アラートベースの通知には適用されません。


) イベント名は、わかりやすい名前に変更することができます。また、Operations Manager からの通知で送信されるイベントの重大度をデフォルト値からユーザ定義の値に変更することもできます。「イベントのカスタマイズ」 を参照してください。


 

表 15-1 アラートとイベントの重大度とステータス

Operations Manager における、重大度とステータスによるアラートとイベントの分類
Severity

重大

警告

情報

Status

Active:アラートまたはイベントはライブ状態です。

Acknowledged:ユーザが手動でアラートの確認応答をしました。ユーザは、アクティブなアラートまたはイベントにだけ確認応答を実行できます。

Cleared:アラートまたはイベントはアクティブではありません。

(注) クリアされたアラートまたはイベントは、有効期限切れになるか、一時停止デバイスに関連付けられている場合は、ユーザがそのデバイスを再開または削除するまで Operations Manager に残ります。

通知グループとは

通知グループは、通知の生成と送信に関するユーザ定義のルールのセットです。通知グループは、次のもので構成されます。

通知基準:通知が生成される理由の名前付きのセット。

通知タイプ:送信する通知のタイプ。SNMP トラップ、電子メール、または syslog です。

通知の受信者:SNMP トラップ、syslog メッセージ、または電子メール アドレスをリスニングするシステムのホスト名とポート。

毎日の登録アクティビティ期間:通知の送信対象となるアラートとイベントの監視中に Operations Manager がこの登録を使用する時間帯。

通知基準とは

通知基準は、通知を送信するための監視対象項目を定義したものです。通知基準は、デバイスまたは電話、および特定の重大度とステータスを持つアラートとイベントのユーザ定義のセットに名前を付けたものです。通知グループを設定するには、通知基準を指定する必要があります。

Operations Manager は、次の 2 種類の通知基準をサポートします。

デバイスベースの基準:次の項目で構成されます。

デバイス:監視するデバイス、デバイス グループ、またはクラスタ。

イベント セット:(オプション)。監視する 1 つ以上のイベント グループ。「通知を特定のイベントに対応したものに限定する方法」 を参照してください。イベント セットの選択はイベントベースの通知だけに適用され、アラートベースの通知には適用されません。

アラートの重大度とステータス:複数のアラート重大度レベルおよびステータス。

イベントの重大度とステータス:複数のイベント重大度レベルおよびステータス。


) また、通知で表示されるデバイスベースのイベントの名前と重大度もカスタマイズすることができます。「イベントのカスタマイズ」 を参照してください。


サービス品質ベースの基準:次の項目で構成されます。

電話、エンドポイント、またはプローブ:監視する電話、コールのエンドポイント、またはプローブ。

アラートの重大度とステータス:複数のアラート重大度レベルおよびステータス。

イベントの重大度とステータス:複数のイベント重大度レベルおよびステータス。


) 通知で表示されるサービス品質ベースのイベントの名前と重大度をカスタマイズできません。


サービス品質ベースの基準は、Service Monitor のライセンスを購入し、Operations Manager を Service Monitor のトラップ レシーバとして設定している場合に便利です。サービス品質ベースの基準には、イベント セットは含まれません。

電話ベースの基準:次の項目で構成されます。

電話:監視する電話。

アラートの重大度とステータス:複数のアラート重大度レベルおよびステータス。

イベントの重大度とステータス:複数のイベント重大度レベルおよびステータス。

詳細については、次のトピックを参照してください。

「イベント セットの設定」

「通知の設定」

送信可能な通知のタイプ

Operations Manager には、SNMP トラップ、電子メール、syslog の 3 種類の通知があります。通知グループを設定するときには、送信する 1 つ以上の通知タイプと、各タイプの通知の受信者を指定する必要があります。

SNMP トラップ通知

Operations Manager は、アラートおよびその発生原因となったイベントに関する情報を持ったトラップを生成します。トラップ メッセージの形式は、CISCO-EPM-NOTIFICATION-MIB で定義されています。詳細については、 付録 D「通知 MIB」 を参照してください。


SNMP トラップ通知の使用は、Operations Manager で処理する前に raw トラップを別のサーバに転送することとは異なります。Operations Manager で転送可能な raw トラップについては、付録 C「識別されていないトラップ」 を参照してください。


電子メール通知

Operations Manager は、アラートおよびその発生原因となったイベントに関する情報を持った電子メール メッセージを生成します。このメッセージは CISCO-EPM-NOTIFICATION-MIB で定義され、テキスト形式で電子メールに含まれます。電子メールの登録を作成するときには、サブジェクト行だけを含めるか、電子メール メッセージ全体を含めるかを選択できます。

syslog 通知

Operations Manager は、リモート システムの syslog デーモンに転送可能な syslog メッセージを生成します。


) syslog メッセージは 1,024 文字までに制限されています(見出しを含む)。この syslog の制限のため、syslog ベースのイベントの詳細には完全な情報が含まれない可能性があります。syslog メッセージがこの制限を超えた場合、syslog の送信側によって 1,024 文字に切り捨てられます。


通知先にできるシステムとユーザ

通知グループを設定するときには、通知タイプごとに受信者を指定する必要があります。

SNMP トラップ:ホストがトラップを受信できるポート番号に SNMP トラップを送信します。Operations Manager は、デフォルトではポート 162 に SNMP トラップを送信します。ただし、別のポートを指定することもできます。

電子メール:1 つ以上のアドレスに電子メールを送信します。

syslog:指定されたポートで syslog デーモンがリスニングを行うように設定されているリモート システムに対して、syslog メッセージを送信します。Operations Manager は、デフォルトではポート 514 に syslog メッセージを送信します。ただし、別のポートを指定することもできます。

通知を特定のイベントに対応したものに限定する方法

Operations Manager が監視するイベントのサブセットだけについて通知を送信したい場合があります。目的のイベントは、通知基準を定義するときに、次のように設定することができます。

デバイスベースの通知基準ごとに、1 つのイベント セットを指定します。イベント セットは必要なだけ作成することができます。

サービス品質ベースの通知基準では、Operations Manager で監視するイベントを選択します。サービス品質ベースのイベントは数が少ないため、サービス品質ベースの通知基準を追加または編集するときにそれらの中からイベントを選択することができます。


) イベント セットの選択はイベントベースの通知だけに適用され、アラートベースの通知には適用されません。同時にアラームを設定した場合、イベント セットは使用できません。情報をイベント セットの選択内容に制限する場合、アラーム機能をオフにします。


イベント セットの設定

イベント セットを使用すると、通知の送信のために Operations Manager で監視するイベントをグループ化することができます。


) イベント セットの選択はイベントベースの通知だけに適用され、アラートベースの通知には適用されません。同時にアラームを設定した場合、イベント セットは使用できません。情報をイベント セットの選択内容に制限する場合、アラーム機能をオフにします。



ステップ 1 [Notifications] > [Event Sets] を選択します。[Event Set] ページが表示されます。[Event Set] ページには、次の情報が表示されます。

 

GUI 要素
説明/処理

チェックボックス カラム

チェックボックスを 1 つ選択して、イベント セットを編集、削除、または表示します。

[Event Set] カラム

イベント セット名。

[Description] カラム

イベント セットの説明。

[Add] ボタン

クリックするとイベント セットが追加されます。「イベント セットの追加と編集」 を参照してください。

[Edit] ボタン

クリックしてイベント セットを編集します。「イベント セットの追加と編集」 を参照してください。

[Delete] ボタン

クリックするとイベント セットが削除されます。

[View] ボタン

クリックするとイベント セットが表示されます。「イベント セットの表示」 を参照してください。


 

イベント セットは、次の目的に使用できます。

Operations Manager の通知で監視対象となるイベント数の制限。イベント セットを使用しない場合、Operations Manager の通知では、通知を送信するかどうかを決定するためにすべてのイベントが監視されます。

異なる複数の宛先に送信する通知の集約。たとえば、次の各目的で個別のイベント セットを作成することができます。

特定の個人または部署に送信される電子メール通知を特定のイベントに関するものだけにして、量を制限する。

特定のイベントの発生をすべて syslog に書き込む。

特定のイベントが発生した場合に SNMP トラップを送信する。

デバイスベースの通知基準を作成する場合は、基準の 1 つとして 1 つのイベント セットを含める必要があります。デフォルトのイベント セットである All_Events にはすべてのイベントが含まれます。

詳細については、次のトピックを参照してください。

「処理されるイベント」

イベント セットの追加と編集


ステップ 1 [Notifications] > [Event Sets] を選択します。[Event Set] ページが表示され、次の表の情報が示されます。

 

GUI 要素
説明/処理

[Event Set] カラム

イベント セット名。

[Description] カラム

イベント セットの説明。

ステップ 2 次のどちらかを実行します。

a. [Add] をクリックします。

b. イベント セットのチェックボックスを 1 つ選択して、[Edit] をクリックします。

選択した内容に応じて、[Add Event Set] または [Edit Event Set] ページが表示されます。

ステップ 3 次の表に示すように、ページの情報を編集します。

 

GUI 要素
説明/処理

[Event Set Name] フィールド

イベント セット名:イベント セット名を入力または編集します。

[Event Set Description] フィールド

イベント セットの説明:オプション。説明を入力します。

[Events] 表

[Number] カラム

1 から順にイベントに付けられた番号。

チェックボックス カラム

オンにするとイベントがイベント セットに追加されます。

オフにするとイベントがイベント セットから削除されます。

[Event] カラム

イベントの説明。

ステップ 4 [OK] をクリックして変更を保存します。


 

詳細については、次のトピックを参照してください。

「イベント セットの表示」

「処理されるイベント」

イベント セットの表示


ステップ 1 [Notifications] > [Event Sets] を選択します。[Event Set] ページが表示され、次の表の情報が示されます。

 

GUI 要素
説明/処理

[Event Set] カラム

イベント セット名。

[Description] カラム

イベント セットの説明。

ステップ 2 イベント セットのチェックボックスをオンにして、[View] をクリックします。[Event Set Summery] ダイアログボックスに次の情報が表示されます。

Event Set Name:ユーザが指定した名前。

Event Set Description:ユーザが入力した説明。

Selected Events:イベント セット内のイベントのリスト。


 

詳細については、次のトピックを参照してください。

「処理されるイベント」

イベント セットの削除


ステップ 1 [Notifications] > [Event Sets] を選択します。[Event Set] ページが表示され、次の表の情報が示されます。

 

GUI 要素
説明

[Event Set] カラム

イベント セット名。

[Description] カラム

イベント セットの説明。

ステップ 2 削除する各イベント セットの横にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [Delete] をクリックします。確認用のダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 確認のために [Yes] をクリックします。


 

詳細については、次のトピックを参照してください。

「処理されるイベント」

通知の設定

[Notification Groups] ページで通知管理アクティビティを実行します。[Notification Groups] ページを開くには、[Notifications] > [Notification Criteria] の順に選択します。

次のトピックでは、[Notification Groups] ページから実行できるアクティビティについて説明します。

「デバイスの通知グループの追加と編集」

「サービス品質の通知グループの追加と編集」

「電話通知グループの追加と編集」

「通知グループのコピー」

「通知グループの設定の詳細の表示」

「通知グループの削除」

「通知の一時停止」

「通知の再開」

「デバイスが送信したイベントで表示されるデバイス タイプと値のマッピング」

「ユーザへの EPM ログ更新の通知」

図 15-1 に、[Notification Groups] ページの表示例を示します。

図 15-1 Notification Groups ページ

 

表 15-2 は、[Notification Groups] ページのフィールドについて説明しています。

 

表 15-2 Notification Groups ページのフィールド

GUI 要素
説明/処理

[Check Box] カラム

チェックボックスを 1 つ選択して、通知を編集または削除します。

[Name] カラム

通知グループの名前。

[Devices/Device] グループ

通知用に設定されたデバイス、デバイス グループ、またはクラスタ。

[Events]

通知を送信する原因となるイベント セット。

[Destinations]

送信される通知のタイプ(電子メール、SNMP トラップ、または syslog メッセージ)、および通知の送信先のホスト名と電子メール受信者。

(注) [Destinations] ボックスに表示される情報には文字制限があります。情報が制限を超えると、省略を意味する「...」が表示されます。ツールチップにすべての情報が表示されます。

[Operating Interval]

登録をアクティブにする時間帯。

Status

通知グループのステータス。次のいずれかになります。

Active:Operations Manager は該当の通知グループを使用してアラートを監視し、いつ通知を送信するかを決定しています。

Suspended:通知が手動で停止されています。Operations Manager は再開しない限りその通知グループを使用しません。

Inactive:通知グループがアクティブにスケジュールされていない時間帯。

[Filter] ドロップダウン メニュー/[Filter] ボタン

[Notifications Group] ページで表示する項目をフィルタリングできます。

[Add] > [Device-Based Criterion] ボタン

クリックすると、デバイスの通知グループが追加されます。「デバイスの通知グループの追加と編集」 を参照してください。

[Add] > [Service Quality-Based Criterion] ボタン

クリックすると、サービス品質の通知グループが追加されます。「サービス品質の通知グループの追加と編集」 を参照してください。

(注) サービス品質ベースの基準は、Service Monitor のライセンスを購入している場合にだけ有効に使用できます。

[Clone] ボタン

現在の通知グループをテンプレートとして使用し、通知グループを追加するプロセスを開始します。「通知グループのコピー」 を参照してください。

(注) 電話機数が最大 10,000 台に制限されているため、電話ベースの通知グループのコピーはサポートされていません。

[Edit] ボタン

クリックして通知基準を編集します。「デバイスの通知グループの追加と編集」および 「サービス品質の通知グループの追加と編集」を参照してください。

[View] ボタン

通知グループの設定情報が表示される [Notification Group Summary] ページを表示します。

[Suspend] ボタン

特定のホストへの通知の送信を一時的に停止します。

特定のデバイス グループに関する通知の送信を一時的に停止します。

(注) スケジュールされた通知の実行時間を上書きします。

「通知の一時停止」 を参照してください。

[Resume] ボタン

特定のホストへの通知の送信を再開します。

以前に一時停止した通知を使用して特定のデバイス グループに関する通知の送信を開始します。

「通知の再開」 を参照してください。

[Delete] ボタン

クリックすると、通知グループが削除されます。「通知グループの削除」 を参照してください。

次に、作成する通知グループの最大数の推奨ガイドラインを示します。停止状態の通知グループも数に含まれます。

400 台を超えるデバイスを持つ通知グループの最大数

2,000 台以内の電話機を含む、5 つの電話ベースの通知グループ。

2,000 台以内のデバイスを含む、1 つのデバイス ベースの通知グループ。

1 つのサービス品質の通知グループ

400 台以下のデバイスを持つ通知グループの最大数

2,000 台以内の電話機を含む、5 つの電話ベースの通知グループ。

400 台以内のデバイスを含む、5 つのデバイス ベースの通知グループ。

1 つのサービス品質の通知グループ

デバイスの通知グループの追加と編集

この項では、デバイスの通知グループの追加と編集の手順について説明します。


) 既存の通知グループをテンプレートとして使用し、新しい通知グループを作成することもできます。手順については「通知グループのコピー」を参照してください。



ステップ 1 [Notifications] > [Notification Criteria] を選択します。

ステップ 2 次のどちらかを実行します。

新しい基準を追加するには、[Add] > [Device-Based Criterion] をクリックします。

既存の基準を編集するには、デバイスの通知グループのチェックボックスをオンにして、[Edit] をクリックします。

選択した内容に応じて、[Add Device-Based Criterion] ページまたは [Edit Device-Based Criterion] ページが表示されます。

[Notification] のクラスタを追加または編集するには、[Cisco Unified Communications Manager or Cluster] グループで使用できるクラスタを選択します。クラスタの名前には VE- プレフィックスがあります。

[Diagnostics] テスト用に設定された電話を追加または編集するには、[System Defined Groups\Phones] でテストが設定された電話を選択します。

ステップ 3 次の表に示すように、ページの情報を編集します。

 

表 15-3 デバイスベースの基準

GUI 要素
説明/処理

[Device selector] ペイン

デバイス グループのフォルダを展開して、1 つ以上のデバイス、デバイス グループ、またはクラスタのチェックボックスをオンにします。

、Operations Manager でデバイスの追加または削除があったときに通知基準が最新の状態に保たれます。

[Criterion Name] フィールド

通知基準の名前を入力します。

[Customer Identification] フィールド

適切な識別情報を入力します。このフィールドを空のままにした場合、通知には次のように表示されます。

電子メールおよび syslog 通知では、ブランクのままになります。

SNMP トラップ通知では、次のように表示されます。

Customer ID: -

[Customer Revision] フィールド

適切な識別情報を入力します。このフィールドを空のままにした場合、通知には次のように表示されます。

電子メールおよび syslog 通知では、ブランクのままになります。

SNMP トラップ通知では、次のように表示されます。

Customer Revision: *

[Alert Severity] チェックボックス

選択しないか、次の 1 つまたは複数を選択します。

Critical

Warning

Informational

[Alert Status] チェックボックス

選択しないか、次の 1 つまたは複数を選択します。

Active

Acknowledged

Cleared

[Event Set Type] リスト ボックス

いずれか 1 つを選択します。

[Event Severity] チェックボックス

選択しないか、次の 1 つまたは複数を選択します。

Critical

Warning

Informational

[Event Status] チェックボックス

選択しないか、次の 1 つまたは複数を選択します。

Active

Acknowledged

Cleared

(注) [Cleared] チェックボックスをオンにする場合、[Event Severity] フィールドの [Informational] チェックボックスもオンにする必要があります。[Informational] チェックボックスをオフにした場合、クリアされたイベントが転送されません。

[Include updates to group membership] チェックボックス

オンの場合、Operations Manager でデバイスの追加または削除があった場合に、通知基準でもそのデバイスが追加または削除されます。このような動作は、該当のデバイスが属するデバイス グループが通知基準に含まれている場合に発生します。

通知基準に含まれるすべてのデバイス グループでデバイスのスタティックなリストを保持する場合は、オフにします。

ステップ 4 [Next] をクリックします。[The Destination: Edit Device-Based Criterion] ページが表示されます。

ステップ 5 次の表に示すように、このページの情報を編集します。

 

表 15-4 デバイス基準の編集

GUI 要素
説明/処理

[Always Active] チェックボックス

通知グループが常にアクティブになるようにスケジュールします。

[Active From: To:] フィールド

通知グループをアクティブにする時間帯を選択します。

From: HH:MM:登録がアクティブになる時間および分を選択します。

To: HH:MM:登録がアクティブな期間の最後の時間および分を選択します。

デフォルトでは、これらの値は 00:00 から 00:00 までで、登録は 24 時間アクティブになっています。

(注) たとえば、あるシフトではポケットベルに電子メール通知を送信し、別のシフトでは送信しないようにする場合にこのフィールドを使用します。

[Include Link to Notification Details] チェックボックス

ユーザが詳細を確認するために Operations Manager で関連ページを直接開くことのできる URL を通知に含める場合は、オンにします。

通知から URL を省略する場合はオフにします。

[Subscription Type] オプション ボタン

該当の登録に含める登録タイプを一度に 1 つずつ選択し、データを入力します。

Trap:「[Trap Subscription Type] フィールド」にデータを入力します。

E-Mail:「[E-Mail Subscription Type] フィールド」にデータを入力します。

Syslog:「[Syslog Subscription Type] フィールド」にデータを入力します。

をクリックします。

[Trap Subscription Type] フィールド

[IP Address/Fully Qualified Domain Name] 編集可能カラム

ホストの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名(FQDN)を入力します。

[Port] 編集可能カラム

ホストがトラップを受信できるポート番号を入力します。有効なポートの値は、0 ~ 65,535 です。デフォルトのポート番号 162 を入力することもできます。

[Comments] 編集可能カラム

(オプション)コメントを入力します。

[E-Mail Subscription Type] フィールド

[SMTP Server] フィールド

Simple Mail Transfer Protocol(SMTP)サーバの完全修飾 DNS 名または IP アドレスを入力します (デフォルトの SMTP サーバの名前がすでに表示されている場合もあります)。

(注) 既存の登録によって使用されているデフォルト以外の任意の SMTP サーバを選択するには、SMTP Servers ボタンをクリックします。

(注) デフォルト SMTP サーバの設定手順については、「[System Preferences] を使用したシステム全体のパラメータの設定」を参照してください。

[Sender Address] フィールド

通知の送信元の電子メール アドレスを入力します。送信者の電子メール サービスが指定した SMTP サーバでホスティングされている場合は、ユーザ名だけを入力します。ドメイン名を入力する必要はありません。

[Recipient Address(es)] フィールド

通知の送信先となる 1 つ以上の電子メール アドレスを入力します。複数のアドレスはカンマまたはセミコロンで区切ります。

受信者の電子メール サービスが指定した SMTP サーバでホスティングされている場合は、ユーザ名だけを入力します。ドメイン名を入力する必要はありません。

[Subject Only] チェックボックス

電子メール メッセージにサブジェクトだけを含める場合はオンにします。

詳細な電子メール メッセージを送信する場合はオフにします(デフォルト)。

[Syslog Subscription Type] フィールド

[Facility] リスト

リストから機能を 1 つ選択します(デフォルトは Local Use 0)。[Facility] フィールドと、イベントまたはアラートの重大度は、次のように syslog メッセージの PRI 部分に使用されます。

[ Facility *8][ Severity ]

イベントとアラートの重大度の値は、次のとおりです。

Critical = 2

Warning = 4

Informational = 6

[Location] フィールド

(オプション)場所の情報を入力します(29 文字まで)。この情報が syslog メッセージに表示されます。

[IP Address/Fully Qualified Domain Name] 編集可能カラム

ホストの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名(FQDN)を入力します。

[Port] 編集可能カラム

syslog デーモンがリスニングを行うポート番号を入力します。有効なポートの値は、0 ~ 65,535 です。デフォルトのポート番号 514 を入力することもできます。

(注) リモート システム(ホスト名)の syslog デーモンが指定したポートでリスニングを行うように設定しておく必要があります。

[Comments] 編集可能カラム

(オプション)コメント。

ステップ 6 [Next] をクリックします。[Notification Group Summary] ページに、前のページで入力されたすべての情報が表示されます。

ステップ 7 [Finish] をクリックします。通知情報が保存されます。


 

サービス品質の通知グループの追加と編集

この項では、サービス品質の通知グループの追加と編集の手順について説明します。


) 既存の通知グループをテンプレートとして使用し、新しい通知グループを作成することもできます。手順については「通知グループのコピー」を参照してください。



ステップ 1 [Notifications] > [Notification Criteria] を選択します。

ステップ 2 次のどちらかを実行します。

新しいグループを追加するには、[Add] > [Service Quality-Based Criterion] をクリックします。

既存のグループを編集するには、サービス品質の通知グループの横にあるチェックボックスをオンにして、[Edit] をクリックします。

選択した内容に応じて、[Add Service Quality-Based Criterion] ページまたは [Edit Service Quality-Based Criterion] ページが表示されます。

ステップ 3 次の表に示すように、ページの情報を編集します。

 

表 15-5 サービス品質ベースの基準

GUI 要素
説明/処理

[Notification Criterion] フィールド

通知基準の名前を入力します。

[Destination] フィールド

コール先でアラートとイベントに関する通知を生成するには、次の手順に従います。

1. 演算子を選択します(Is Exactly、Contains、Begins With、Any)。

2. 適切な値を入力します。音声ゲートウェイや電話などのエンドポイントの内線番号または IP アドレスです。

[Customer Identification] フィールド

適切な識別情報を入力します。このフィールドを空のままにした場合、通知には次のように表示されます。

電子メールおよび syslog 通知では、ブランクのままになります。

SNMP トラップ通知では、次のように表示されます。

Customer ID: -

[Customer Revision] フィールド

適切な識別情報を入力します。このフィールドを空のままにした場合、通知には次のように表示されます。

電子メールおよび syslog 通知では、ブランクのままになります。

SNMP トラップ通知では、次のように表示されます。

Customer Revision: *

[Source] フィールド

コール元でアラートとイベントに関する通知を生成するには、次の手順に従います。

1. 演算子を選択します(Is Exactly、Contains、Begins With、Any)。

2. 適切な値を入力します。音声ゲートウェイまたは電話の内線番号または IP アドレスです。

[Sensor MAC] フィールド

特定の Cisco 1040 センサーでアラートとイベントに関する通知を生成するには、次の手順に従います。

1. 演算子を選択します(Is Exactly、Contains、Begins With、Any)。

2. Cisco 1040 センサーの MAC アドレスを入力します。

[Cluster ID] フィールド

特定のクラスタでアラートとイベントに関する通知を生成するには、次の手順に従います。

1. 演算子を選択します(Is Exactly、Contains、Begins With、Any)。

2. クラスタ ID を入力します。

 

[Listener] または [Speaker Phone Model] リスト

 

特定の電話モデルでアラートとイベントに関する通知を生成するには、Cisco Unified IP Phone モデルをカンマで区切って入力するか、次のようにしてリストからモデルを選択します。

1. アイコンをクリックしてセレクタを開きます。

2. リストから電話モデルを選択します。複数の電話モデルを選択するには、[Ctrl] キーを押しながら選択します。

3. [OK] をクリックします。

[Alert Severity] チェックボックス

次のいずれかをオンにします。

Critical

Warning

Informational

[Alert Status] チェックボックス

次のいずれかをオンにします。

Active

Cleared

[Event Severity] チェックボックス

次のいずれかをオンにします。

Critical

Warning

Informational

[Event Status] チェックボックス

次のいずれかをオンにします。

Active

Cleared

(注) [Cleared] チェックボックスをオンにする場合、[Event Severity] フィールドの [Informational] チェックボックスもオンにする必要があります。[Informational] チェックボックスをオフにした場合、クリアされたイベントが転送されません。

イベント ステータスの詳細については、「[Service Quality Alert Details] 画面の使用」を参照してください。

[Event Description] チェックボックス

次のいずれかをオンにします。

Critical Service Quality Issue

Multiple Service Quality Issues

Service Quality Issue

Sensor Down

(注) これらのイベントの詳細については、「処理されるイベント」を参照してください。

[Cause] チェックボックス

次のいずれかをオンにします。

Jitter

Packet Loss

ステップ 4 [Next] をクリックします。[The Destination: Edit Qov Criteria] ページが表示されます。

ステップ 5 次の表に示すように、このページの情報を編集します。

 

表 15-6 品質ベースの基準の編集

GUI 要素
説明/処理

[Always Active] チェックボックス

通知グループが常にアクティブになるようにスケジュールします。

[Active From: To:] フィールド

登録をアクティブにする時間帯を選択します。

From: HH:MM:登録がアクティブになる時間および分を選択します。

To: HH:MM:登録がアクティブな期間の最後の時間および分を選択します。

デフォルトでは、これらの値は 00:00 から 00:00 までで、登録は 24 時間アクティブになっています。

(注) たとえば、あるシフトではポケットベルに電子メール通知を送信し、別のシフトでは送信しないようにする場合にこのフィールドを使用します。

[Include Link to Notification Details] チェックボックス

ユーザが詳細を確認するために Operations Manager で関連ページを直接開くことのできる URL を通知に含める場合は、オンにします。

通知から URL を省略する場合はオフにします。

[Subscription Type] オプション ボタン

該当の登録に含める登録タイプを一度に 1 つずつ選択し、データを入力します。

Trap:「[Trap Subscription Type] フィールド」にデータを入力します。

E-Mail:「[E-Mail Subscription Type] フィールド」にデータを入力します。

Syslog:「[Syslog Subscription Type] フィールド」にデータを入力します。

をクリックします。

[Trap Subscription Type] フィールド

[IP Address/Fully Qualified Domain Name] 編集可能カラム

ホストの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名(FQDN)を入力します。

[Port] 編集可能カラム

ホストがトラップを受信できるポート番号を入力します。ポート番号を指定しない(空)ままにすると、デフォルトでポート 162 に設定されます。

[Comments] 編集可能カラム

(オプション)コメントを入力します。

[E-Mail Subscription Type] フィールド

[SMTP Server] フィールド

Simple Mail Transfer Protocol(SMTP)サーバの完全修飾 DNS 名または IP アドレスを入力します (デフォルトの SMTP サーバの名前がすでに表示されている場合もあります)。

(注) 既存の登録によって使用されているデフォルト以外の任意の SMTP サーバを選択するには、SMTP Servers ボタンをクリックします。

(注) デフォルト SMTP サーバの設定手順については、「[System Preferences] を使用したシステム全体のパラメータの設定」を参照してください。

[Sender Address] フィールド

通知の送信元の電子メール アドレスを入力します。送信者の電子メール サービスが指定した SMTP サーバでホスティングされている場合は、ユーザ名だけを入力します。ドメイン名を入力する必要はありません。

[Recipient Address(es)] フィールド

通知の送信先となる 1 つ以上の電子メール アドレスを入力します。複数のアドレスはカンマまたはセミコロンで区切ります。

受信者の電子メール サービスが指定した SMTP サーバでホスティングされている場合は、ユーザ名だけを入力します。ドメイン名を入力する必要はありません。

[Subject Only] チェックボックス

電子メール メッセージにサブジェクトだけを含める場合はオンにします。

詳細な電子メール メッセージを送信する場合はオフにします(デフォルト)。

[Syslog Subscription Type] フィールド

[Facility] リスト

リストから機能を 1 つ選択します(デフォルトは Local Use 0)。[Facility] フィールドと、イベントまたはアラートの重大度は、次のように syslog メッセージの PRI 部分に使用されます。

[ Facility *8][ Severity ]

イベントとアラートの重大度の値は、次のとおりです。

Critical = 2

Warning = 4

Informational = 6

[Location] フィールド

(オプション)場所の情報を入力します(29 文字まで)。この情報が syslog メッセージに表示されます。

[IP Address/Fully Qualified Domain Name] 編集可能カラム

ホストの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名(FQDN)を入力します。

Port 編集可能カラム

syslog デーモンがリスニングを行うポート番号を入力します。有効なポートの値は、0 ~ 65,535 です。デフォルトのポート番号 514 を入力することもできます。

(注) リモート システム(ホスト名)の syslog デーモンが指定したポートでリスニングを行うように設定しておく必要があります。

[Comments] 編集可能カラム

(オプション)コメント。

ステップ 6 [Next] をクリックします。[Notification Group Summary] ページに、前のページで入力されたすべての情報が表示されます。

ステップ 7 [Finish] をクリックします。通知情報が保存されます。


 

電話通知グループの追加と編集

この項では、電話通知グループの追加と編集の手順について説明します。


) 電話通知グループの最大数は 5 つです。各通知グループは 2,000 台の電話機を含めることができます。電話機数が最大 10,000 台に制限されているため、電話通知グループのコピーはサポートされていません。



ステップ 1 [Notifications] > [Notification Criteria] を選択します。


) [Phone-Based Notification Criteria] > [Phone Report] が表示されると、各電話は 2 つの電話のエントリを表示します。電話のエントリには 2 つの ディレクトリ番号または内線番号(DN)が含まれます。10,000 台の電話を利用するには、2 つのエントリのうちいずれかを選択します。


ステップ 2 次のどちらかを実行します。

新しい基準を追加するには、[Add] > [Phone-Based Criterion] をクリックします。

既存の基準を編集するには、電話通知グループのチェックボックスをオンにして [Edit] をクリックします。

選択した内容に応じて、[Phone-Based Criterion] ページまたは [Edit Phone-Based Criterion] ページが表示されます。

[Notification] のクラスタを追加または編集するには、[Cisco Unified Communications Manager or Cluster] グループで使用できるクラスタを選択します。クラスタの名前には VE- プレフィックスがあります。

[Diagnostics] テスト用に設定された電話を追加または編集するには、[System Defined Groups\Phones] でテストが設定された電話を選択します。

ステップ 3 次の表に示すように、ページの情報を編集します。

 

表 15-7 電話ベースの基準

GUI 要素
説明/処理

[Criterion Name] フィールド

通知基準の名前を入力します。

[Customer Identification] フィールド

適切な識別情報を入力します。このフィールドを空のままにした場合、通知には次のように表示されます。

電子メールおよび syslog 通知では、ブランクのままになります。

SNMP トラップ通知では、次のように表示されます。

Customer ID: -

[Customer Revision] フィールド

適切な識別情報を入力します。このフィールドを空のままにした場合、通知には次のように表示されます。

電子メールおよび syslog 通知では、ブランクのままになります。

SNMP トラップ通知では、次のように表示されます。

Customer Revision: *

[Unified CM/Unified CM Express-Based Event Threshold]

Unified CM または Unified CM Express ベースのイベントのしきい値を入力します。使用可能な値は、1 ~ 20 です。デフォルト値は 5 です。

この通知グループで選択されている未登録の電話の数が Unified CM または Unified CM Express ベースのイベントのしきい値を超えた場合、Unified Communications Manager のグループ イベント
(PhonesUnregisteredThresholdBased)が作成されます。しきい値より少ない場合、個別の PhoneUnregistered イベントが作成されます。

(注) Operations Manager は、PhoneUnregistered イベントのトラップ通知(Phone Notification)の cenEventIdList で電話の MAC アドレスを表示します。Phone Notification トラップで使用されるのと同じトラップが CISCO-EPM-Notification イベントで使用されます。

[Select Phones]

[Add From Phone Report] をクリックして、電話レポートを表示します。選択した電話がこのテキスト領域に表示されます。

(注) 5 つを超える電話通知グループを追加する場合、同じ電話を複数の電話通知グループに追加することは推奨されていません。

[Add From Phone Report] ボタン

[All IP Phones/Lines] レポートを表示します。このレポートから基準に対する電話を選択できます。電話ベースの通知グループごとの最大電話機数は、2,000 台です。

ステップ 4 [Next] をクリックします。選択した数の電話が表示されます。

ステップ 5 [OK] をクリックします。[The Destination: Add or Edit Phone-Based Criterion] ページが表示されます。

ステップ 6 表 15-8 に示すように、このページの情報を編集します。

 

表 15-8 電話の基準の編集

GUI 要素
説明/処理

[Always Active] チェックボックス

通知グループが常にアクティブになるようにスケジュールします。

[Active From: To:] フィールド

通知グループをアクティブにする時間帯を選択します。

From: HH:MM:登録がアクティブになる時間および分を選択します。

To: HH:MM:登録がアクティブな期間の最後の時間および分を選択します。

デフォルトでは、これらの値は 00:00 から 00:00 までで、登録は 24 時間アクティブになっています。

(注) たとえば、あるシフトではポケットベルに電子メール通知を送信し、別のシフトでは送信しないようにする場合にこのフィールドを使用します。

[Subscription Type] オプション ボタン

該当の登録に含める登録タイプを一度に 1 つずつ選択し、データを入力します。

Trap:「[Trap Subscription Type] フィールド」にデータを入力します。

E-Mail:「[E-Mail Subscription Type] フィールド」にデータを入力します。

Syslog:「[Syslog Subscription Type] フィールド」にデータを入力します。

をクリックします。

[Trap Subscription Type] フィールド

[IP Address/Fully Qualified Domain Name] 編集可能カラム

ホストの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名(FQDN)を入力します。

[Port] 編集可能カラム

ホストがトラップを受信できるポート番号を入力します。有効なポートの値は、0 ~ 65,535 です。デフォルトのポート番号 162 を入力することもできます。

[Comments] 編集可能カラム

(オプション)コメントを入力します。

[E-Mail Subscription Type] フィールド

[SMTP Server] フィールド

Simple Mail Transfer Protocol(SMTP)サーバの完全修飾 DNS 名または IP アドレスを入力します (デフォルトの SMTP サーバの名前がすでに表示されている場合もあります)。

(注) 既存の登録によって使用されているデフォルト以外の任意の SMTP サーバを選択するには、SMTP Servers ボタンをクリックします。

(注) デフォルト SMTP サーバの設定手順については、「[System Preferences] を使用したシステム全体のパラメータの設定」を参照してください。

[Sender Address] フィールド

通知の送信元の電子メール アドレスを入力します。送信者の電子メール サービスが指定した SMTP サーバでホスティングされている場合は、ユーザ名だけを入力します。ドメイン名を入力する必要はありません。

[Recipient Address(es)] フィールド

通知の送信先となる 1 つ以上の電子メール アドレスを入力します。複数のアドレスはカンマまたはセミコロンで区切ります。

受信者の電子メール サービスが指定した SMTP サーバでホスティングされている場合は、ユーザ名だけを入力します。ドメイン名を入力する必要はありません。

[Subject Only] チェックボックス

電子メール メッセージにサブジェクトだけを含める場合はオンにします。

詳細な電子メール メッセージを送信する場合はオフにします(デフォルト)。

[Syslog Subscription Type] フィールド

[Facility] リスト

リストから機能を 1 つ選択します(デフォルトは Local Use 0)。[Facility] フィールドと、イベントまたはアラートの重大度は、次のように syslog メッセージの PRI 部分に使用されます。

[ Facility *8][ Severity ]

イベントとアラートの重大度の値は、次のとおりです。

Critical = 2

Warning = 4

Informational = 6

[Location] フィールド

(オプション)場所の情報を入力します(29 文字まで)。この情報が syslog メッセージに表示されます。

[IP Address/Fully Qualified Domain Name] 編集可能カラム

ホストの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名(FQDN)を入力します。

[Port] 編集可能カラム

syslog デーモンがリスニングを行うポート番号を入力します。有効なポートの値は、0 ~ 65,535 です。デフォルトのポート番号 514 を入力することもできます。

(注) リモート システム(ホスト名)の syslog デーモンが指定したポートでリスニングを行うように設定しておく必要があります。

[Comments] 編集可能カラム

(オプション)コメント。

ステップ 7 [Next] をクリックします。[Notification Group Summary] ページに、前のページで入力されたすべての情報が表示されます。

ステップ 8 [Finish] をクリックします。通知情報が保存されます。


 

通知グループのコピー

既存の通知グループをテンプレートとして使用し、新しい通知グループを作成することもできます。


注意 電話機数が最大 10,000 台に制限されているため、電話通知グループのコピーはサポートされていません。


ステップ 1 [Notifications] > [Notification Criteria] を選択します。[Notification Groups] ページが表示されます。

ステップ 2 新しい通知グループの基本として使用する通知グループの横にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [Clone] をクリックします。選択した内容に応じて、[Clone Device-Based Criterion] ページまたは [Clone Service Quality-Based Criterion] ページが表示されます。

通知グループのコピーの残りの手順は、通知グループの編集の手順と同じです。手順の詳細については、次のトピックを参照してください。

「デバイスの通知グループの追加と編集」

「サービス品質の通知グループの追加と編集」


 

通知グループの設定の詳細の表示


ステップ 1 [Notifications] > [Notification Criteria] を選択します。[Notification Groups] ページが表示されます。

ステップ 2 通知グループの横にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [View] をクリックします。[Notification Group Summary] ページに次の情報が表示されます。

通知の名前。

通知グループの詳細:アラート、イベントおよびデバイス タイプの情報。

宛先の詳細:トラップ、電子メール、または syslog の宛先情報。


 

通知グループの削除


ステップ 1 [Notifications] > [Notification Criteria] を選択します。[Notification Groups] ページが表示されます。

ステップ 2 削除する各通知グループの横にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [Delete] をクリックします。確認用のダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 確認のために [Yes] をクリックします。


 

通知の一時停止

通知を一時停止すると、Operations Manager は通知が再開されるまでその通知の使用を停止します(「通知の再開」を参照)。

登録は、いつでも一時停止および再開できます。また、1 日の間に通知をアクティブにする期間をスケジュールすることもできます。詳細については、「デバイスの通知グループの追加と編集」を参照してください。


) 通知を一時停止した後も、[Suspend] ボタンが有効であるように見える場合があります。すでに一時停止されている通知を一時停止できません。[Suspend] ボタンをクリックしても通知に影響はありません。通知のステータスを判断するには、[Notification Groups] ページを使用します。


電子メール、SNMP トラップ、syslog の任意のタイプの通知を一時停止するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Notifications] > [Notification Criteria] を選択します。[Notifications Group] ページが表示されます。一時停止する各通知グループの横にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 2 [Suspend] をクリックします。確認用のダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 確認のために [Yes] をクリックします。


 

通知の再開

通知は、ステータスが [Suspended] の場合にだけ再開できます。通知を再開すると、通知グループが再開された時間、およびその通知グループの時刻設定に応じて、通知がアクティブまたは非アクティブになります。

通知グループの再開によってその通知グループの時刻設定が上書きされることはありません。通知グループは一時停止前と同じ動作を再開します。


) 通知グループの再開は、通知グループが一時停止された後、つまり通知グループが [Suspended] 状態にある場合にだけ実行できます。Resume ボタンが有効になっていても、非アクティブの時間帯([Inactive] 状態)では通知グループを再開できません。


電子メール、SNMP トラップ、syslog の任意のタイプの一時停止された通知を再開するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Notifications] > [Notification Criteria] を選択します。[Notification Group] ページが表示されます。

ステップ 2 再開する各通知グループの横にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [Resume] をクリックします。確認用のダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 確認のために [Yes] をクリックします。


 

デバイスが送信したイベントで表示されるデバイス タイプと値のマッピング

Operations Manager で表示するデバイス タイプが 表 15-9 に一覧表示されています。デバイス レポートに表示されるデバイス タイプは、通知で表示されるデバイス タイプとは異なります。通知でのデバイス タイプはプライマリのデバイス機能を示し、デバイス リストの情報よりも詳細に表示されます。これらのデバイス タイプは [Device type (MANAGED OBJECT)] として表示されます。たとえば、[[12] cenAlarmEntry.cenAlarmManagedObjectClass.0 (OctetString): VoiceGateway] のように表示されます。

最新のデバイス リストについては、『 Supported and Interoperable Devices and Software Table for Cisco Unified Operations Manager 』を参照してください。

デバイス タイプの情報は、次の 3 種類の通知に分類されます。

「デバイス ベースの通知」

「サービス品質ベースの通知」

「電話ベースの通知」

 

表 15-9 通知のデバイス タイプのカテゴリ

通知カテゴリ
デバイス タイプ1

デバイス ベースの通知

Media Server

Voice Gateway

Router

IPPhone

Switch

Cisco Unified Communications Manager/Unified CM

PhoneAccessSwitch

IPCC

CUE/Unity Express

Customer Voice Portal

Gatekeeper

Cisco Unified Communications Manager または Cluster

Hub

Host

Firewall

MSFC

Bridge

RSM

サービス品質ベースの通知

Endpoint

Phone

電話ベースの通知

IPPhone

Unified CM

Unified CM Express

1.デバイス タイプはデバイスから直接送信され、変更されることがあります。通知メッセージの詳細については、ご使用のデバイス マニュアルを参照してください。

ユーザへの EPM ログ更新の通知

次の EPM ログ ファイルの更新が、通知の一部として含まれています。

<NMSROOT>\log\CUOM\EPM\EPMDroppedEvents.log

<NMSROOT>\log\CUOM\EPM\ClearedDroppedEvents.log

<NMSROOT>\log\CUOM\EPM\FloodDroppedEvents.log

EPM ログが更新されたときに電子メール通知を送信するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 <NMSROOT>\objects\nots\config\nots_epmFloodLog.properties ファイルを任意のエディタで編集します。

ステップ 2 [notifyEpmDrop] プロパティのデフォルト値を [No] から [Yes] に変更し、EPM ログ更新の通知を有効にします。

ステップ 3 [emailID] プロパティの [ receiver email address] で通知が送信される電子メール アドレスを追加します。

ステップ 4 その他のオプションの設定を変更するには、次の手順に従います。

ポーリング時間を変更するには、[confCheckInterval] プロパティで最短 30 分から最長 7 日までの時間を設定します。この値はミリ秒単位で設定する必要があります。デフォルト値は 2 時間(7,200,000 ミリ秒)です。

通知で送信する電子メールのメッセージを変更するには、[emailMsg] プロパティを更新します。

ステップ 5 [Administration] > [Preferences] > [SMTP Server] で SMTP サーバを指定します。

ステップ 6 ファイルを保存してから閉じます。


 


) nots_epmFloodLog.properties ファイルで行ったすべての変更は、デフォルトで 2 時間後に反映されます。これは confCheckInterval 設定で指定した時間間隔に基づきます。たとえば、notifyEpmDrop 設定を Yes に変更した場合、EPM ログ更新の電子メールの受信を開始するのは 2 回目のサイクルが開始された後になります。Operations Manager ですぐに変更を反映させる場合は、NOTSServer を再起動する必要があります。このプロセスの再起動の詳細については、「Operations Manager プロセスの起動と停止」を参照してください。


次の EPM ログ ファイルの更新が、通知の一部として含まれています。

<NMSROOT>\log\CUOM\EPM\EPMDroppedEvents.log

<NMSROOT>\log\CUOM\EPM\ClearedDroppedEvents.log

<NMSROOT>\log\CUOM\EPM\FloodDroppedEvents.log

イベントのカスタマイズ

Operations Manager に表示される任意のイベントの説明とイベントの重大度をカスタマイズすることができます。

イベントのカスタマイズについては、次のセクションで説明します。

「カスタマイズしたイベントの説明が表示される場所」

「カスタマイズしたイベントの重大度が表示される場所」

「イベントの説明と重大度のカスタマイズ」

「イベントの説明と重大度のデフォルトの復元」

カスタマイズしたイベントの説明が表示される場所

イベントの説明をカスタマイズした場合、新しい説明は、電子メール、SNMP トラップ、および syslog のすべての通知、およびすべてのユーザ インターフェイスに反映されます。たとえば、カスタマイズしたイベントの説明は、[Alert Details] ページや、[Alert History] および [Event History] の各レポートに表示されます。


) デフォルトのイベント名は [Reports] > [Alert and Event History] > [Device group] の [Event Description] フィルタ ウィンドウで表示されます。イベント レポートが起動すると、カスタマイズした名前が表示されます。[Notifications] > [Event Customization] でデフォルトの名前がカスタマイズしたイベント用のものかどうかを確認できます。


カスタマイズしたイベントの重大度が表示される場所

イベントの重大度をカスタマイズすると、すべての通知(電子メール、SNMP トラップおよび syslog)に反映されます。Operations Manager では、次のテーブルのイベントの重大度レベルだけを使用します。

 

重大度レベル
Operations Manager で定義された値
Operations Manager によって通知に書き込まれる値
電子メールおよび SNMP トラップ
syslog メッセージ

重大

3

3

2

警告

2

2

4

情報

1

1

6

1 ~ 8 の間のカスタマイズしたイベントの重大度レベルを指定できます。トラップを生成する場合、イベント用に指定した重大度レベルは CISCO-EPM-NOTIFICATION-MIB に保存され、すべての通知で送信されます。


) イベントの重大度をカスタマイズする場合、Operations Manager はデフォルトの重大度に基づいてイベントの処理を続行します。また、重大度レベル 4 ~ 8 は Operations Manager では定義されていません。


すべてのイベントのデフォルトの名前と重大度は、簡単な手順ですぐに復元することができます。

イベントの説明と重大度のカスタマイズ


) デフォルトのイベント名は [Event Customization] ページに表示されます。デフォルトのイベント重大度については、「処理されるイベント」でイベントを確認してください。



ステップ 1 [Notifications] > [Event Customization] を選択します。[Event Customization] ページが表示され、次の表の情報が示されます。

 

GUI 要素
説明/処理

[Number] カラム

1 から順にイベントに付けられた番号。

[Check Box] カラム

イベントをカスタマイズする場合はオンにします。

[Event Code] カラム

イベントのコード番号。この番号は変更できません。デフォルト名をカスタマイズした名前にマッピングするために使用します。

[Default Description] カラム

イベントのデフォルトの説明。この説明は編集できません。

[Current Description] カラム

このフィールドは編集できます。詳細については、「カスタマイズしたイベントの説明が表示される場所」を参照してください。

[Current Severity] カラム

イベントの重大度を選択します。詳細については、「カスタマイズしたイベントの重大度が表示される場所」を参照してください。

(注) デフォルトのイベント重大度レベルについては、「処理されるイベント」でイベントを確認してください。

ステップ 2 カスタマイズするイベントごとに、次の手順を実行します。

a. チェックボックスをオンにします。

b. 次のフィールドに変更があれば、入力を行います。

New Description :新しい説明を入力します。

New Severity: 1 ~ 8 の新しい重大度を選択します。

ステップ 3 [OK] をクリックして変更を保存し、適用します。


 

イベントの説明と重大度のデフォルトの復元


ステップ 1 [Notifications] > [Event Customization] を選択します。[Notification Customization] ページが表示され、次の表の情報が示されます。

 

GUI 要素
説明/処理

[Number] カラム

1 から順にイベントに付けられた番号。

[Check Box] カラム

次のようにします。

すべてのイベントのデフォルトの説明と重大度を復元するには、一番上のチェックボックスをオンにします。

デフォルトの説明と重大度を復元するイベントを表示した行のチェックボックスを 1 つ以上オンにします。

[Event Code] カラム

イベントのコード番号。この番号は変更できません。デフォルト名をカスタマイズした名前にマッピングするために使用します。

[Default Description] カラム

イベントのデフォルトの説明。この説明は編集できません。

[Current Description] カラム

このフィールドは編集できます。ただし、デフォルトの説明を復元する場合は、変更を入力する必要はありません。

[Current Severity] カラム

このフィールドは編集できます。ただし、デフォルトの重大度を復元する場合は、値を選択する必要はありません。

(注) デフォルトのイベント重大度レベルについては、「処理されるイベント」でイベントを確認してください。

ステップ 2 すべてのイベント用のチェックボックスをオンにするか、デフォルトの説明と重大度を復元するイベントに対応したチェックボックスを複数オンにします。

ステップ 3 [Restore Default Description] をクックします。

ステップ 4 確認ウィンドウが表示されたら、[Yes] をクリックして変更を適用します。


 

詳細については、次のトピックを参照してください。

「アラートおよびイベントの詳細の取得」

「処理されるイベント」