Cisco Unified Operations Manager ユーザ ガイド
バッチ テストの使用
バッチ テストの使用
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2009/09/04 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 13MB) | フィードバック

目次

バッチ テストの使用

バッチ テストの使用

バッチ テストの作成

バッチ テストのインポート ファイルのフォーマット

バッチ テストの編集

バッチ テストの削除

バッチ テストの詳細の表示

テストのステータスの確認

バッチ テストの一時停止と再開

バッチ テストを実行するためのスケジュール設定

バッチ テストのオンデマンド実行

バッチ テストの結果の表示

バッチ テストの結果の印刷

バッチ テストの結果のエクスポート

バッチ テストのデータの保存場所

電話テストについて

オンデマンド電話テストの作成と実行

オンデマンド電話テストの結果の表示

バッチ テストの使用


) バッチ テストを使用するには、Operation Manager Premium パッケージが必要です。


バッチ テストによって、事業所の状態と接続をテストできます。バッチ テストは、模擬テスト(「模擬テストの使用」を参照)と電話テスト(「電話テストについて」を参照)で構成されます。模擬テストは、営業所に導入されている音声アプリケーション(Cisco Unified Communications Manager Express や Cisco Unity Express など)に対して実行され、電話テストは、営業所内の実際の電話機に対して実行されます。バッチ テストは 1 日 1 回実行して、事業所の音声ネットワークの状態を確認できます。また、[IP Phones/Lines] レポートから電話機を選択して、オンデマンドで電話テストを実行することもできます。

次の事項について説明します。

「バッチ テストの使用」

「バッチ テストの結果の表示」

「電話テストについて」

「オンデマンド電話テストの作成と実行」

バッチ テストの使用

この項では、Operations Manager でバッチ テストの作成、編集、削除、および分析する方法と、バッチ テスト操作の停止と開始の方法を説明します。

次の事項について説明します。

「バッチ テストの作成」

「バッチ テストの編集」

「バッチ テストの削除」

「バッチ テストの詳細の表示」

「テストのステータスの確認」

「バッチ テストの一時停止と再開」

「バッチ テストを実行するためのスケジュール設定」

バッチ テストの作成

バッチ テストを作成するには、XML ファイルをインポートします。バッチ テストはそれぞれ、複数の模擬テストおよび電話テストで構成されます。


) 1 つのバッチ テストの中に、Cisco Unified Communications Manager 4.x と Cisco Unified Communications Manager 5.x の両方の電話テストを作成できません。1 つのバッチ テストの中に Cisco Unified Communications Manager 4.x の複数のバージョンが含まれていることや、1 つのバッチ テストの中に Cisco Unified Communications Manager 5.x の複数のバージョンが含まれていることは可能ですが、4.x と 5.x を組み合わせることはできません。


始める前に

シード ファイルの形式が正しいことを確認します。詳細については、「バッチ テストのインポート ファイルのフォーマット」を参照してください。

サーバの NMSROOT\ImportFiles ディレクトリにシード ファイルを配置します。ディレクトリにアクセスできない場合は、Operations Manager がインストールされているサーバのローカル管理者に連絡してください。


) NMSROOT は、Operations Manager がインストールされているシステム上のディレクトリです。インストール時にデフォルト ディレクトリを選択した場合は、C:¥Program Files¥CSCOpx または C:¥PROGRA~1¥CSCOpx になります。



ステップ 1 [Diagnostics] > [Batch Tests] の順に選択します。[Batch Tests] ページが表示されます。


) 必須のソフトウェア ライセンスを取得していない場合は、バッチ テストを使用できません。Operations Manager の [Diagnostic] タブは表示されません。


ステップ 2 [Create] をクリックします。[Create Batch Test] ページが表示されます。

ステップ 3 [Filename] フィールドにシード ファイルの名前を入力し、[OK] をクリックします。


 

バッチ テストのインポート ファイルのフォーマット

バッチ テストのインポート ファイルは、XML ファイルです。インポート ファイルの例は <NMSROOT>\Importfiles フォルダにあります。


) NMSROOT は、Operations Manager がインストールされているシステム上のディレクトリです。インストール時にデフォルト ディレクトリを選択した場合は、C:¥Program Files¥CSCOpx または C:¥PROGRA~1¥CSCOpx になります。


1 つのバッチ テスト インポート ファイルに 1 つのバッチ テストの情報が記録されます。各バッチ テスト インポート ファイルには、そのバッチ テストの模擬テストおよび電話テストの設定に必要なすべての情報が記録されています。

模擬テストを設定するために必要な情報の詳細については、「模擬テストの設定」を参照してください。

電話テストを設定するために必要な情報の詳細については、「電話テストについて」を参照してください。

バッチ テスト インポート ファイルを作成するときは、次に示す各フィールドのガイドラインに従ってください。

TestSchedule:複数のスケジュール エントリを指定できます。

各 ScheduleEntry:次の 5 つのフィールドが必須です。

Month:サポートされていません。

DayOfMonth:サポートされていません。

DayOfWeek:0 ~ 6 の範囲で指定します。すべての曜日を指定するには、アスタリスクを使用します。

Hour:0 ~ 23 の範囲内でなければなりません。

Minute:0 ~ 59 の範囲内でなければなりません。

CallAgent:Cisco Unified Communications Manager または Cisco Unified Communications Manager Express を指定できます。

PhoneMACAddress:模擬電話の MAC アドレス。00059A3B7700 ~ 00059A3B8AFF の範囲内でなければなりません。

PhoneProtocol:模擬電話のプロトコル。SCCP または SIP です。

PhoneURIorExtension:SIP 電話の内線番号または URI です。これは、SCCP 電話の場合は無視されます。

OnsiteAlertNumber:IsOSANEnabled が true に設定されている場合にだけ必須です。

DialingNumber:省略可能。入力が存在しない場合は PhoneNumber が使用されます。このフィールドが有効なのは、クラスタ間コールの場合だけです。ここで指定するのは、発信元電話機から別のクラスタにある発信先電話機に電話をかけるときにダイヤルする必要のある番号全体です。たとえば、電話番号だけのこともあれば、ダイヤル パターン/アクセス番号が電話番号に付加されることもあります。

バッチ テスト インポート ファイルの例

<BatchTest name="batch-test1" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:noNamespaceSchemaLocation="BatchTest.xsd">
- <!--
 
TestSchedule can have multiple ScheduleEntry's
Each ScheduleEntry must have the following five fields
month : Not supported
dayOfMonth : Not supported
dayOfWeek : should be 0-6 or * to indicate all days
hour : hour should be between 0-23
minute : minute should be between 0-59
 
-->
- <TestSchedule>
- <ScheduleEntry>
<month>*</month>
<dayOfMonth>*</dayOfMonth>
<dayOfWeek>*</dayOfWeek>
<hour>10</hour>
<minute>10</minute>
</ScheduleEntry>
- <ScheduleEntry>
<month>*</month>
<dayOfMonth>*</dayOfMonth>
<dayOfWeek>*</dayOfWeek>
<hour>20</hour>
<minute>20</minute>
</ScheduleEntry>
</TestSchedule>
<CiscoCallManager name="CM1" address="ipif-ccm1.cisco.com" jtapiUsername="jtuser" jtapiPassword="cisco" />
<CiscoCallManager name="CM2" address="ipif-skate.cisco.com" jtapiUsername="jtuser" jtapiPassword="cisco" />
- <!--
 
CallAgent : A CallAgent can be a Cisco CallManager or Cisco CallManager Express
PhoneMACAddress : The MAC address of synthetic phone. This should be in the range
00059A3B7700 - 00059A3B8AFF
PhoneProtocol : The protocol of synthetic phone. This values can be SCCP or SIP
PhoneURIorExtension : The extension of URI of a SIP phone. This is ignored for SCCP phones
 
-->
- <PhoneRegistrationTest name="skinny-reg">
- <Phone>
<CallAgent>10.76.93.118</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7700</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SCCP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension />
</Phone>
<SuccessCriteria>RegistrationFailure</SuccessCriteria>
</PhoneRegistrationTest>
- <PhoneRegistrationTest name="sip-reg">
- <Phone>
<CallAgent>ipcom-sd1.cisco.com</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7800</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SIP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension>sip:7800@ipcom-sd1.cisco.com</PhoneURIorExtension>
</Phone>
<SuccessCriteria>RegistrationSuccess</SuccessCriteria>
</PhoneRegistrationTest>
- <DialToneTest name="dial-tone">
- <Phone>
<CallAgent>ipcom-sd1.cisco.com</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7701</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SCCP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension />
</Phone>
</DialToneTest>
- <TftpTest name="tftp-download">
<TftpServer>ipif-skate.cisco.com</TftpServer>
</TftpTest>
- <EndToEndTest name="e2e-skinny2real">
- <Caller>
<CallAgent>ipif-ccm1.cisco.com</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7704</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SCCP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension />
</Caller>
<IsDestRealPhone>true</IsDestRealPhone>
<ReceiverURIorExtension>5555</ReceiverURIorExtension>
<WaitForAnswer>true</WaitForAnswer>
<EnableRTPTransmission>false</EnableRTPTransmission>
<SuccessCriteria>CallSuccess</SuccessCriteria>
</EndToEndTest>
- <EndToEndTest name="e2e-sip2real">
- <Caller>
<CallAgent>ipcom-sd1.cisco.com</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7801</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SIP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension>sip:7801@ipcom-sd1.cisco.com</PhoneURIorExtension>
</Caller>
<IsDestRealPhone>true</IsDestRealPhone>
<ReceiverURIorExtension>5555</ReceiverURIorExtension>
<WaitForAnswer>true</WaitForAnswer>
<EnableRTPTransmission>false</EnableRTPTransmission>
<SuccessCriteria>CallFailure</SuccessCriteria>
</EndToEndTest>
- <EndToEndTest name="e2e-skinny2skinny">
- <Caller>
<CallAgent>10.76.93.118</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7702</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SCCP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension />
</Caller>
<IsDestRealPhone>false</IsDestRealPhone>
- <Receiver>
<CallAgent>10.76.93.118</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7703</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SCCP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension />
</Receiver>
<ReceiverURIorExtension>7703</ReceiverURIorExtension>
<SuccessCriteria>CallSuccess</SuccessCriteria>
</EndToEndTest>
- <EndToEndTest name="e2e-sip2sip">
- <Caller>
<CallAgent>ipcom-sd1.cisco.com</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7800</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SIP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension>sip:7800@ipcom-sd1.cisco.com</PhoneURIorExtension>
</Caller>
<IsDestRealPhone>false</IsDestRealPhone>
- <Receiver>
<CallAgent>ipcom-sd1.cisco.com</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7801</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SIP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension>sip:7801@ipcom-sd1.cisco.com</PhoneURIorExtension>
</Receiver>
<ReceiverURIorExtension>sip:7801@ipif-ccm1.cisco.com</ReceiverURIorExtension>
<SuccessCriteria>CallSuccess</SuccessCriteria>
</EndToEndTest>
- <EndToEndTest name="e2e-skinny2sip">
- <Caller>
<CallAgent>10.76.93.118</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7705</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SCCP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension />
</Caller>
<IsDestRealPhone>false</IsDestRealPhone>
- <Receiver>
<CallAgent>10.76.93.118</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7802</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SIP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension>sip:7802@ipcom-sd1.cisco.com</PhoneURIorExtension>
</Receiver>
<ReceiverURIorExtension>6666</ReceiverURIorExtension>
<SuccessCriteria>CallSuccess</SuccessCriteria>
</EndToEndTest>
- <EndToEndTest name="e2e-sip2skinny">
- <Caller>
<CallAgent>10.76.93.118</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7803</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SIP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension>sip:7803@ipcom-sd1.cisco.com</PhoneURIorExtension>
</Caller>
<IsDestRealPhone>false</IsDestRealPhone>
- <Receiver>
<CallAgent>10.76.93.118</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7706</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SCCP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension />
</Receiver>
<ReceiverURIorExtension>6666</ReceiverURIorExtension>
<SuccessCriteria>CallSuccess</SuccessCriteria>
</EndToEndTest>
- <MWITest name="unity-mwi">
<VoiceMailSystem>10.76.91.175</VoiceMailSystem>
- <Caller>
<CallAgent>ipif-ccm1.cisco.com</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7707</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SCCP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension />
</Caller>
- <Receiver>
<CallAgent>ipif-ccm1.cisco.com</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7708</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SCCP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension />
</Receiver>
<ReceiverExtension>4000</ReceiverExtension>
<VoiceMailPassword>123456</VoiceMailPassword>
</MWITest>
- <ConferenceTest name="ccc">
<ConferenceServer>10.76.91.151</ConferenceServer>
- <FirstParticipant>
<CallAgent>ipif-ccm1.cisco.com</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7709</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SCCP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension />
</FirstParticipant>
- <SecondParticipant>
<CallAgent>ipif-ccm1.cisco.com</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7710</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SCCP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension />
</SecondParticipant>
<UserName>cccUser</UserName>
<Password>cisco</Password>
<MeetingId>444444</MeetingId>
<ConferenceDialIn>1234</ConferenceDialIn>
</ConferenceTest>
- <EmergencyCallTest name="cer">
<EmergencyCallRouter>10.76.91.149</EmergencyCallRouter>
- <Caller>
<CallAgent>ipif-ccm1.cisco.com</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7711</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SCCP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension />
</Caller>
- <PublicSafetyAnsweringPoint>
<CallAgent>ipif-ccm1.cisco.com</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7712</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SCCP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension />
</PublicSafetyAnsweringPoint>
<EmergencyNumber>911</EmergencyNumber>
<IsOSANEnabled>false</IsOSANEnabled>
</EmergencyCallTest>
- <EmergencyCallTest name="cer-with-osan">
<EmergencyCallRouter>10.76.91.149</EmergencyCallRouter>
- <Caller>
<CallAgent>ipif-ccm1.cisco.com</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7711</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SCCP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension />
</Caller>
- <PublicSafetyAnsweringPoint>
<CallAgent>ipif-ccm1.cisco.com</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7712</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SCCP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension />
</PublicSafetyAnsweringPoint>
<EmergencyNumber>911</EmergencyNumber>
- <!-- OnsiteAlertNumber is required only when IsOSANEnabled is 'true'
-->
<IsOSANEnabled>true</IsOSANEnabled>
- <OnSiteAlertNumber>
<CallAgent>ipif-ccm1.cisco.com</CallAgent>
<PhoneMACAddress>00059A3B7713</PhoneMACAddress>
<PhoneProtocol>SCCP</PhoneProtocol>
<PhoneURIorExtension />
</OnSiteAlertNumber>
</EmergencyCallTest>
- <PhoneTest name="pt1" primaryCallManager="CM1">
<TestPhones>3333,4444,5555,6666</TestPhones>
<TestProbes>1111,1112,1113,1114</TestProbes>
- <Action name="IntraClusterCall" type="Call">
<Destination>5555</Destination>
</Action>
- <Action name="CallToPSTN" type="Call">
<Destination>918041036116</Destination>
</Action>
- <Action name="Call to PSTN Negative" type="Call">
<Destination>918041036116</Destination>
<SuccessCriteria>CallFailure</SuccessCriteria>
</Action>
- <Action name="Inter Cluster Call" type="Call">
<Destination>9999</Destination>
<DestinationCallManager>CM2</DestinationCallManager>
</Action>
<Action name="Call Hold test" type="CallHold" />
<Action name="Call Forward test" type="CallForward" />
<Action name="Call Park test" type="CallPark" />
<Action name="Conference test" type="Conference" />
</PhoneTest>
+ <PhoneTest name="pt2" primaryCallManager="CM2">
<TestPhones>3333,4444,5555,6666</TestPhones>
<TestProbes>1111,1112,1113,1114</TestProbes>
- <Action name="Call to PSTN Negative" type="Call">
<Destination>918041036116</Destination>
<SuccessCriteria>CallSuccess</SuccessCriteria>
</Action>
- <Action name="Inter Cluster Call" type="Call">
<Destination>8888</Destination>
<DialingNumber>8888</DialingNumber>
<DestinationCallManager>CM1</DestinationCallManager>
<SuccessCriteria>CallFailure</SuccessCriteria>
</Action>
<Action name="Call Hold test" type="CallHold" />
<Action name="Call Forward test" type="CallForward" />
<Action name="Call Transfer test" type="CallTransfer" />
</PhoneTest>
</BatchTest>

バッチ テストの編集

既存のバッチ テストを変更するには、新しいバッチ テスト インポート ファイルをインポートします。それまでのバッチ テスト情報は、新しいインポート ファイルによって上書きされます。インポート ファイルを変更するには、ファイルを手動で編集する必要があります(「バッチ テストのインポート ファイルのフォーマット」を参照)。


ステップ 1 [Diagnostics] > [Batch Tests] の順に選択します。[Batch Tests] ページが表示されます。

ステップ 2 変更するバッチ テストを選択します。

ステップ 3 [Edit] をクリックします。[Edit Batch Test] ページが表示されます。

ステップ 4 [Filename] フィールドにシード ファイルの名前を入力し、[OK] をクリックします。


 

バッチ テストの削除

この機能を使用して、1 つ以上のテストを削除することができます。どのような状態のテストでも削除できます。発生しうる状態の詳細については、 表 10-1 を参照してください


ステップ 1 [Diagnostics] > [Batch Tests] の順に選択します。[Batch Tests] ページが表示されます。

ステップ 2 削除するテストを選択して、[Delete] をクリックします。確認用のダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 [Yes] をクリックします。選択したテストが Operations Manager から削除されます。


 

バッチ テストの詳細の表示

[Test Details] ページには、1 つのバッチ テストに関するすべての詳細情報が表示されます。

Operations Manager の他のレポートと同様に、レポートの印刷やファイルへのエクスポートが可能です(「バッチ テストの結果の印刷」および「バッチ テストの結果のエクスポート」を参照してください)。

[Test Details] ページには、そのバッチ テストを構成するすべての模擬テストおよび電話テストが一覧表示されます。


ステップ 1 [Diagnostics] > [Batch Tests] の順に選択します。[Batch Tests] ページが表示されます。

ステップ 2 表示するテストを選択し、[View] をクリックします。[Test Details] ページが開きます。


) [Test Details] ページに一覧表示されているテストにジャンプすることができます。ジャンプするには、ページの一番上にある [Go to Test] メニューでそのテストを選択してください。


このページに表示される情報は次のとおりです。

テストの要約:

テスト名:バッチ テストの名前。

テストの詳細:設定済みの模擬テストおよび電話テストの数。

テストのスケジュール。

模擬テスト:

テスト名:模擬テストの名前。

テスト タイプ:模擬テストのタイプ(「模擬テストの使用」を参照)。

電話の詳細:コール エージェント、MAC アドレス、プロトコル、URI/内線番号。電話情報は、発信側か着信側かにかかわらず、すべての電話について表示されます。

電話テスト:

テスト名:電話テストの名前。

プライマリ Cisco Unified Communications Manager。

テスト電話機。

テスト プローブ。

電話アクションの詳細:電話テストで実行されるアクションが一覧表示されます。


) 電話テストの説明については、「電話テストについて」を参照してください。



 

テストのステータスの確認

テストが実行され、正しく完了したかどうかを確認することができます。また、必要に応じてテストのトラブルシューティングを実行することもできます。


ステップ 1 [Diagnostics] > [Batch Tests] の順に選択します。[Batch Tests] ページが表示されます。現在のすべてのバッチ テストがこのページに表示されます。表の最後のカラムに各テストのステータスが表示されます。

 

表 10-1 テストのステータスの定義

テストのステータス
説明

Running

テストはアクティブで、データを収集中です。

Suspended

テストは一時停止され、データ収集やポーリングは行われていません。この状態は、デバイスが一時停止されたことによって発生します。

Scheduled

テストの作成またはアップデート後に表示されます。このステータスは、最初のポーリング サイクルで Running に変更されます。


 

バッチ テストの一時停止と再開

バッチ テストを一時停止すると、それ以降はスケジュールされた時刻には実行されなくなります。テストがシステムから削除されることはありません。テストを削除するには、削除処理を行う必要があります(「バッチ テストの削除」を参照)。


ステップ 1 [Diagnostics] > [Batch Tests] の順に選択します。[Batch Tests] ページが表示されます。

ステップ 2 バッチ テストがアクティブである場合にテストの実行を停止させるには、[Suspend] をクリックします。

ステップ 3 バッチ テストが一時停止している場合に、スケジュールされた時刻に実行させるには [Resume] をクリックします。


 

バッチ テストを実行するためのスケジュール設定

バッチ テストを実行するスケジュールの日時の設定は、インポート ファイルの中で行います(「バッチ テストのインポート ファイルのフォーマット」を参照)。ただし、バッチ テストをオンデマンドで実行する場合は、[Run Now] ボタンを使用して実行できます。

バッチ テストのオンデマンド実行


ステップ 1 [Diagnostics] > [Batch Tests] の順に選択します。[Batch Tests] ページが表示されます。

ステップ 2 実行するバッチ テストを選択します。

ステップ 3 [Run Now] をクリックします。バッチ テストが実行されます。


 

バッチ テストの結果の表示

バッチ テストのコンポーネントの 1 つが不合格になっても、イベントやアラートは生成されません。バッチ テストの結果は、[Batch Test Results] レポートで確認する必要があります。各バッチ テストの新しい [Batch Test Results] レポートが 24 時間間隔で生成されます。

Operations Manager の他のレポートと同様に、レポートの印刷やファイルへのエクスポートが可能です(「テストのステータスの確認」および「バッチ テストの結果のエクスポート」を参照してください)。

[Batch Test Results] レポートには、バッチ テスト全体に関する次の情報が表示されます。

テストのステータス。

テストの開始と終了の日時。

[Batch Test Results] レポートには、バッチ テストを構成する個々のテストに関する次の情報が表示されます。

テストの種類。

ネガティブ テストであるかどうか。

テストのステータス(合格または不合格)。

テスト終了の日時。

エラー メッセージ(ある場合)。


ステップ 1 [Diagnostics] > [Batch Tests] の順に選択します。[Batch Tests] ページが表示されます。

ステップ 2 どのバッチ テストの結果を表示するかを選択します。

ステップ 3 [Results] をクリックします。[Batch Test Results] レポートが表示されます。


 

バッチ テストの結果の印刷


ステップ 1 バッチ テスト レポートのウィンドウ右上にある、プリンタ アイコンをクリックします。

レコードが印刷に適した形式に変更されて新しいブラウザ ウィンドウに表示されます。

ステップ 2 ブラウザの印刷機能を使用して表示内容を印刷します。


 

バッチ テストの結果のエクスポート


ステップ 1 バッチ テスト レポートのウィンドウ右上にある、エクスポート アイコンをクリックします。エクスポートの形式として [CSV] または [PDF] のいずれかを選択し、[OK] をクリックします。

ステップ 2 ステップ 1 で [CSV] を選択した場合は、次の手順に従います。

a. [File Download] ダイアログボックスが表示されたら、[Save] をクリックします。

b. Windows のフォルダ ウィンドウで、ファイル名とファイルの保存場所を入力します。

c. [Save] をクリックします。

d. [Download Complete] ダイアログボックスで、[Close] をクリックします。

ステップ 3 ステップ 1 で [PDF] を選択した場合は、次の手順に従います。

a. セキュリティ情報のダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。レコードが PDF 形式で表示されます。

b. PDF の保存機能を使用して、ファイルをシステムに保存します。


 

バッチ テストのデータの保存場所

Operations Manager のバッチ テストによって収集されたデータは、ディスクに保存されます。バッチ テストのデータが保存される場所は、Operations Manager サーバの NMSROOT\data\bt フォルダです。


) NMSROOT は、Operations Manager がインストールされているシステム上のディレクトリです。インストール時にデフォルト ディレクトリを選択した場合は、C:¥Program Files¥CSCOpx または C:¥PROGRA~1¥CSCOpx になります。


電話テストについて

バッチ テストやオンデマンド テストの一部として実行される電話テストは、ネットワーク内の実際の電話機を制御して、その電話機から別の電話機に電話をかけるというものです。電話テストでは、JTAPI クレデンシャルが使用されます。バッチ テストの場合は、このクレデンシャルがバッチ テスト インポート ファイルの中に含まれている必要があります。電話テストをオンデマンドで実行するときは、電話テスト作成 UI で JTAPI クレデンシャルを指定する必要があります。Operations Manager の電話テスト機能を正しく動作させるには、JTAPI クレデンシャルの設定を Communications Manager 側でも行う必要があります。

電話テストをバッチ テストの一部として作成するときは、次に示す定義、ガイドライン、および指示に従ってください。

TestPhones:テスト対象の電話機。

TestProbes:テストの実行に使用される電話機。

テスト電話機とテスト プローブは同じ Cisco Unified Communications Manager に属している必要があります。Operations Manager は、これらの電話機とプローブを Communications Manager 経由で JTAPI を使用して制御するからです。テスト電話機とテスト プローブがそれぞれ別の Cisco Unified Communications Manager に属している場合は、テストは不合格になります。

コール テストのタイプがクラスタ間コールである場合だけは、発信先電話機が別の Cisco Unified Communications Manager に属していてもかまいません。この場合は、発信先 Communications Manager のクレデンシャルがバッチ テスト XML ファイルの中で指定されている必要があります。

バッチ電話テスト用のインポート XML ファイルの例は、
C:¥Program Files¥CSCOpx¥ImportFiles¥batchPhoneTests.xml です。

「バッチ テストの作成」および 「バッチ テストのインポート ファイルのフォーマット」を参照してください。

電話テストを実行する前に、Communications Manager での設定が正しいことと、さまざまな電話操作が機能していることを、実際の電話機を使用して確認してください。


1 つのバッチ テストの中で複数の電話テストを作成する場合に、テストに含まれる Cisco Unified Communications Manager のメジャー バージョンが異なっていてはなりません。たとえば、作成する電話テストに Cisco Unified Communications Manager 4.x と Cisco Unified Communications Manager 5.x の両方が含まれていてはなりません。1 つのバッチ テストの中に Cisco Unified Communications Manager 4.x の複数のバージョンが含まれていることや、1 つのバッチ テストの中に Cisco Unified Communications Manager 5.x の複数のバージョンが含まれていることは可能ですが、4.x と 5.x を組み合わせることはできません。


表 10-2 は、バッチ テストおよびオンデマンド テストで使用されるさまざまな電話テストの説明です。


これらの電話テストと、Operations Manager の他の電話テスト(模擬テストや電話ステータス テスト)を混同しないでください。ここに示す電話テストはバッチ テストの一部として作成されるものであり、オンデマンドで IP Phone レポートから起動することも可能です。これらのテストは、実際の電話機を制御しながら実行されます。


 

表 10-2 電話テストの説明:バッチ/オンデマンド テスト

テスト
説明

Call Hold

2 台の電話機を制御して次のことを実行します。

電話機 A から電話機 B にコールを発信する。

電話機 B でコールを保留にする。

コールを切る。

Call Forward

3 台の電話機を制御して次のことを実行します。

電話機 A から電話機 B にコールを発信する。

コールを電話機 B から電話機 C に転送する。

コールが電話機 C で受けられたことを確認する。

コールを切る。

Call Park

3 台の電話機を制御して次のことを実行します。

電話機 A から電話機 B にコールを発信する。

電話機 B でコール パークを行う。コールは電話機 B からは消え、どの番号にコール パークされているかを伝えるメッセージが表示されます(たとえば「Call Park at 80503」)。

電話機 C から、コール パーク番号にダイヤルする。パークされたコールが、ダイヤルした電話機に転送される。

コールを切る。

Call Conference

3 台の電話機を制御して次のことを実行します。

電話機 A から電話機 B にコールを発信する。

電話機 A から電話機 C にコールを発信して電話会議に追加する。

コールを切る。

Call Transfer

3 台の電話機を制御して次のことを実行します。

電話機 A から電話機 B にコールを発信する。

電話機 B から電話機 C にコールを転送する。

電話機 C がコールを受ける。

コールを切る。

Call Test

1 台の電話機を制御して、指定された番号にコールを発信します。これは、実際の電話機から特定の番号へのコールでもかまいません。この場合は、テストで制御されるのは発信側だけです。または、実際の電話機から別の実際の電話機にかけることもできます。この場合は、テストで発信側と受信側の両方が制御されます。

オンデマンド電話テストの作成と実行

[IP Phones/Lines] レポートで電話機を選択して、電話テストを表示してオンデマンドで実行することができます。選択されたすべての電話機が同じ Cisco Unified Communications Manager に属している必要があります。電話テストでは、JTAPI クレデンシャルが使用されます。この JTAPI クレデンシャルは、Communications Manager 内で設定されている必要があります。

Operations Manager ウィンドウでの電話数の表示方法については、「ビューとレポートに電話数を表示する方法」を参照してください。


ステップ 1 [Monitor Dashboard] > [All IP Phones/Lines] の順に選択して、すべての電話機を表示します。

ステップ 2 オンデマンド電話テストの対象とする電話機を選択します。

ステップ 3 [Launch] > [Phone Test] をクリックします。[On-Demand Phone Test] ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 オンデマンド テストの対象とする項目を選択します。説明については、 表 10-3 を参照してください。

ステップ 5 [Run] をクリックします。オンデマンド電話テストが実行されます。


 

 

表 10-3 オンデマンド電話テスト

項目
説明

Cisco Unified Communications Manager

電話レポートから選択された電話機の Communications Manager が表示されます。


) Cisco Unified Communications Manager の 1 つを左ペインで選択して [>>] ボタンをクリックすると、[Cisco Unified Communications Manager] フィールドに追加されます。[Test Phones] および [Helper Phones] で選択されていた内容はクリアされるため、再度指定する必要があります。


[JTAPI Username] と [JTAPI Password]

Communications Manager で設定されている JTAPI ユーザ名およびパスワードを入力します。

Test Phones

[Test Phones] に電話機を追加するには、次の手順に従います。

[Add from Phone Report] をクリックします。電話レポート ウィンドウが表示されます。

追加する電話機を選択して [Select] をクリックします。


) 追加される電話機は、同じ Cisco Unified Communications Manager(このテストの先頭で指定されたもの)に属している必要があります。1


Helper Phones

[Helper Phones] に電話機を追加するには、次の手順に従います。

[Add from Phone Report] をクリックします。

追加する電話機を選択して [Select] をクリックします。


) 追加される電話機は、同じ Cisco Unified Communications Manager(このテストの先頭で指定されたもの)に属している必要があります。1


Phone Tests

どの電話テストの結果を表示するかを選択します。選択できる電話テストは次のとおりです。

Call Hold

Call Forward

Call Park

Call Conference

Call Transfer

Call Test

[Call Test] が選択されているときは、次のフィールドがイネーブルになります。

Call Type

Success Criterion

Phone Number

Call Type

ドロップダウン リストからコールのタイプを選択します。

[Inter Cluster Call] が選択されているときは、次のフィールドがイネーブルになります。

Cisco Unified Communications Manager

JTAPI Username

JTAPI Password

Success Criterion

ドロップダウン リストから合格基準を選択します。

Phone Number

コール テストのためにダイヤルされる発信先電話番号を、このフィールドで指定する必要があります。

Dialing Number

[Call Type] で [Inter Cluster Call] が選択されているときは、発信元電話機から別のクラスタにある発信先電話機に電話をかけるためにダイヤルする必要のある電話番号全体を入力します。この番号には、ダイヤル パターンやアクセス番号が含まれることもあります(たとえば「94151234567」)。

このフィールドは必須ではありません。空白のままの場合は、代わりに [Phone Number] フィールドが使用されます。

Cisco Unified Communications Manager

[Call Type] で [Inter Cluster Call] が選択されているときは、[Phone Number] フィールドで指定されている電話番号の Cisco Unified Communications Manager を入力します。

[JTAPI Username] と [JTAPI Password]

[Call Type] で [Inter Cluster Call] が選択されているときは、前のフィールドで指定されている Cisco Unified Communications Manager の JTAPI ユーザ名およびパスワードを入力します。

1.電話を 1 台だけ選択したときに、その電話機の内線番号が [Personalized Report] 内の他の電話機と共有されている場合は、生成されるレポートにはすべての電話機(選択された電話機も含む)に関する詳細情報が表示されます。


ヒント 電話テストに不合格で、「Unable to create provider」というメッセージが表示されたときは、次のことを確認してください。

JTAPI ユーザ名およびパスワードが Communications Manager 内で作成されていることと、テストで使用される電話機がすべて同じ JTAPI ユーザに割り当てられていること。Operations Manager の電話テスト機能を正しく動作させるには、JTAPI クレデンシャルの設定を Communications Manager 側でも行う必要があります。

Communications Manager 内の JTAPI 実装に変更が加えられている可能性があります。その結果、Operations Manager 内の JTAPI Java Archive(JTAPI)ファイルを更新することが必要になります。


 

Operations Manager 内の JTAPI .JAR ファイルを更新するには、次の手順に従います。


ステップ 1 Cisco Unified Communications Manager にログインして [Application] > [Plugins] を選択します。

ステップ 2 [Find] をクリックして、使用可能なプラグインの一覧を表示します。

ステップ 3 この一覧から [Download Cisco JTAPI for Windows] を選択して、ファイルをコンピュータに保存します。

ステップ 4 実行可能ファイルをクリックして Cisco JTAPI クライアントをコンピュータにインストールします。

ステップ 5 システム上の Operations Manager がインストールされているディレクトリ内の、<Install Directory>\Unified Communications s\bt\lib の中で、インストールされている Communications Manager の各バージョンに対応するディレクトリを見つけます。

ステップ 6 現在使用されている Communications Manager のバージョンのディレクトリをクリックします。たとえば、現在の Communications Manager のバージョンが 5.0.x ならば、「5.0」というディレクトリをクリックします。このディレクトリ内にある .JAR ファイルを、前の手順でコンピュータにインストールした Cisco JTAPI クライアントからの .JAR ファイルで置き換えます。

デフォルトでは、.JAR ファイルはコンピュータの C:¥WINNT¥java¥lib にあります(Cisco JTAPI クライアントのインストール時にデフォルトのディレクトリが選択された場合)。


 

オンデマンド電話テストの結果の表示

オンデマンド電話テストの実行を指示すると、ただちにテストが実行されて結果が表示されます。

 

表 10-4 オンデマンド電話テストの結果

項目
説明

Action Name

選択された電話機に対して実行された電話テストが一覧表示されます。 表 10-2 での説明は、バッチ テストとオンデマンド電話テストに当てはまります。

Extension

オンデマンド電話テストの対象となった電話内線番号。

Negative Test

ネガティブ テストであるかどうか。

Test Status

テストのステータス(合格または不合格)。

Test Start Time

テスト開始の日時。

Test End Time

テスト終了の日時。

Error Message

エラー メッセージ(ある場合)。

オンデマンド電話テストを印刷するには、「バッチ テストの結果の印刷」を参照してください。オンデマンド電話テストをエクスポートするには、「バッチ テストの結果のエクスポート」を参照してください。