Cisco Unified Operations Manager ユーザ ガイド
ビューの 管理
ビューの管理
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2009/09/04 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 13MB) | フィードバック

目次

ビューの管理

ビューを使用する前に

ビューの作成

ビューのアクティブ化と無効化

ビューの編集

ビューの削除

Unified Communications Manager Express デバイスの表示

ビューの管理

次のトピックでは、 [Monitoring Dashboard] 画面のビューの使用方法について説明します。

「ビューを使用する前に」

「ビューの作成」

「ビューのアクティブ化と無効化」

「ビューの編集」

「ビューの削除」

「Unified Communications Manager Express デバイスの表示」

ビューを使用する前に

ビューとは、[Monitoring Dashboard] 画面([Service Level View]、[Alerts and Events]、[IP Phone Outage Status]、[Service Quality Alerts]、および [Unified CM Express])に表示されるデバイスを論理的にグループ化したものです。[Group Administration and Configuration] ページ(「[Group Administration and Configuration] の使用方法」を参照)で新しいユーザ定義グループを作成するたびに、そのグループに対応するビューが作成されます。

デバイスを論理セットにクラスタ化する方法を決定したら、これらのグループのビューをアクティブ化すると、 [Monitoring Dashboard] 画面に表示されます。ビュー要素はアクティブ化するまでは表示されず、ビュー ペインに表示されます(通常、表示は 2 分ごとにアップデートされます)。

[Monitoring Dashboard] 画面には、18 個までアクティブ ビューを追加できます。

デフォルトでは、[Alerts and Events]、[IP Phone Outage Status]、および [Service Quality Alerts] の各画面には、2 種類のデフォルト ビューである [All Alerts] および [Suspended Devices] が表示されます。これらは静的ビューのため、編集、無効化、または削除できません。Service Level View に表示されるデフォルト ビューの All IP Telephony Devices は、編集、無効化、または削除できません。

Unified CM Express View には、Communications Manager Express デバイスの情報が単層の表形式で表示されます。このレポートは Service Level View でも表示できますが、Unified CM Express デバイスと Cisco Unity デバイスだけに関心がある場合は、この画面に直接アクセスすることで、すべてのデバイスを Service Level View にロードするのに必要な時間を節約できます。

ビューの作成

ユーザ定義グループを作成するとビューが作成されます。ユーザ定義グループの作成後に、[Views] ページに対応するビューが表示されます。


ステップ 1 [Group Administration and Configuration] ページを使ってユーザ定義グループを作成します。(「グループの管理」を参照)。

ステップ 2 View ページのビューをアクティブにします (「ビューのアクティブ化と無効化」を参照)。


 

ビューのアクティブ化と無効化

[Monitoring Dashboard] 画面に 1 つ以上のビュー([Alerts and Events]、[IP Phone Outage Status]、および [Service Quality Alerts])を追加するには、最初にビューをアクティブにする必要があります。ビューをアクティブ化または無効化すると、ビュー ペインのリフレッシュ時(2 分ごと)に、該当する [Monitoring Dashboard] 画面に変更が表示されます。特定の [Monitoring Dashboard] 画面のビューを無効化すると、ペインがリフレッシュされた時点でこのビューは削除されます。1 つの [Monitoring Dashboard] 画面には、18 個までアクティブ ビューを追加できます。


) [All Alerts] ビューまたは [Suspended Devices] ビューは無効化できません。



ステップ 1 [Monitoring Dashboard] > [Manage Views] の順に選択します。[Manage Views] ページが表示されます。

 

ステップ 2 [Manage Views] ページでは、次のことが行えます。

ビューを表示する場合は、このビューに対応する [Monitoring Dashboard] 画面のビュー行に表示されるオプション ボタンを選択すると、ビューがアクティブになります。

ビューを表示しない場合は、このビューに対応する [Monitoring Dashboard] 画面のビュー行に表示されるオプション ボタンを選択解除すると、ビューが無効になります。

ステップ 3 [Apply] をクリックします。


 

ビューの編集

ビューは、ユーザ定義グループの対応を変更することによってのみ編集できます。ユーザ定義グループを編集すると、ビュー ペインのリフレッシュ時(通常は 2 分ごと)に、対応するビューがアップデートされます。

[Group Administration and Configuration] ページでユーザ定義グループを削除できます。(「グループの作成と編集」を参照)。

ビューの削除

ビューは、ユーザ定義グループの対応を削除することによってのみ削除できます。ユーザ定義グループを削除すると、ビュー ペインのリフレッシュ時(通常は 2 分ごと)に、対応するビューが削除されます。

[Group Administration and Configuration] ページでユーザ定義グループを削除できます。(「グループの削除」を参照)。

Unified Communications Manager Express デバイスの表示

Unified Communications Manager Express View には、すべての Unified Communications Manager Express デバイスと関連する Cisco Unity デバイスが表示されます。これらの情報だけにアクセスしたい場合は、Unified CM Express View を使用することによって、Service Level View 全体をロードせずに済みます。


ステップ 1 Unified Communications Manager Express デバイスを表示するには、次のいずれかを選択します。

[Monitoring Dashboard] > [Unified CM Express View] を選択すると、表レポートがロードされます。

[Monitoring Dashboard] > [Service Level View] を選択すると、すべてのネットワーク デバイスのデバイス登録とアソシエーションが表示されます。次に、CME レポート クラウドを選択して、Unified Communications Manager Express View の表レポートを表示します。CME レポート クラウドの上にマウス カーソルを置くと、CME と CUE の詳細情報が表示されます。

ステップ 2 レポート フィールドの詳細については、 表 2-7 を参照してください。