IP Communications Operations Manager ユーザ ガイド
索引
A
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

A

Access Port Groups、しきい値設定、カスタマイズ  17-28

ACS  19-20, 19-21

Device Management ページと  15-2

Polling and Thresholds ページと  17-13, 17-25

アクセス権  1-22

デバイスベース フィルタリング  19-23

モード、~の Operations Manager  19-22

ユーザ、設定  19-21

ユーザ ロール  1-22

ActivePortThresholdExceeded イベント、説明とトリガー  D-2

AdapterServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

Alert Details からアラートに注釈を付ける  3-30

Alert Details から電子メール アラートで応答  3-30

Alert Details ページ  3-10

Alert History、起動  3-11

Detailed Device View、起動  3-21

Device Center、起動  3-12

Launch Tools メニュー  3-12

(Operations Manager によって処理されたイベントも参照)  D-1

Path Analysis Tool、起動  3-12

アラート、~による処理  3-27

確認応答  3-28

注釈を付ける  3-30

電子メール  3-30

イベントの詳細、取得  3-10

アラートに関連するイベント、表示  3-14

イベント プロパティ、表示  3-15

ページの起動  3-10

起動、Alerts and Events から  3-10

起動、Service Level View から  2-11, 2-12

しきい値、設定  3-12

テスト、~から設定

SRST テスト  3-12

ノード間テスト  3-12

模擬テスト  3-12

パフォーマンス グラフ、起動  3-12

レイアウト  3-11

Alert History  11-1

Event History ページ、説明  11-13

イベントに関する格納された Alert History、検索

アラート ID による  11-8

イベント ID による  11-7

グループによる  11-9

デバイスによる  11-7

日付による  11-10

イベントに関する格納された履歴、検索  11-7

起動、Service Level View から

Alert History、起動  2-13

説明  11-11

データベース(itemFH)、パスワードの変更  19-19

~について  11-3

ログ ファイル、場所  19-15

Alerts and Events 画面  3-1

アラートの詳細、取得  3-6

概要  1-7

カスタマイズ  3-8

ビュー、選択  3-8

フィルタリング  3-8

起動  3-3

使用  3-1

使用方法と用途  3-2

~のツール ボタン  3-5

ひし形アイコン  3-7

ビュー、選択  3-8

別の画面の起動、~からの

Alert Details ページ  3-10

Detaild Device View  3-19

レイアウト  3-3

ログ ファイル、場所  19-15

Alerts and Events 画面のカスタマイズ  3-8

ビュー、選択  3-8

フィルタリング  3-8

All IP Phones/Lines レポート、説明  12-9

AMAServer.properties ファイル  9-20

Application and Connectivity ポーラー ログ ファイル、場所  19-15

ApplicationDown イベント、説明とトリガー  D-2

ApplicationPartiallyRunning イベント、説明とトリガー  D-2

AverageLatency_ThresholdExceeded イベント、説明とトリガー  D-2

B

BackupActivated イベント、説明とトリガー  D-2

C

CallManagerDown イベント、説明とトリガー  D-3

Campus Manager

起動、Service Level View から  2-20

サーバ、指定  19-12

CASUSER、Operations Manager ファイルの所有者  19-18

CCM MIB 変数、電話トラッキングの設定  E-4

CCM、定義済み  5-5

CCMEDown イベント、説明とトリガー  D-3

CCMEStatusChange イベント、説明とトリガー  D-5

CCMEEphoneDeceased イベント、説明とトリガー  D-3

CCMEEphoneLoginFailed イベント、説明とトリガー  D-3

CCMEEphoneRegistrationFailed イベント、説明とトリガー  D-3

CCMEEphoneRegistrationsExceeded イベント、説明とトリガー  D-4

CCMEKeyEphoneRegistrationChange イベント、説明とトリガー  D-4

CCMELivefeedMOHFailed イベント、説明とトリガー  D-4

CCMEMaximumConferencesExceeded イベント、説明とトリガー  D-4

CCMENightServiceChange イベント、説明とトリガー  D-4

CCMHttpServiceDown イベント、説明とトリガー  D-5

CCMHttpServiceInaccessible イベント、決定  E-4

CCMHttpServiceInaccessible イベント、説明とトリガー  D-5

Cisco 1040、~の Event History  11-18

Cisco 7960 IP phones、模擬テスト  9-4

Cisco Analog Access、perfmon カウンタ オブジェクト  A-10

Cisco CallManager

CPU 使用状況レコード  I-6

IP 電話、~に関連付けられた  2-13

Media Convergence Server、実行中  E-2

MGCP ゲートウェイ

BRI チャネル使用状況レコード  I-33

E1 PRI チャネル使用状況レコード  I-23

T1 CAS チャネル使用状況レコード  I-13

T1 PRI チャネル使用状況レコード  I-21

Operations Manager で使用するための設定  E-1

perfmon カウンタ オブジェクト  A-5

クラスタ名、変更  E-2

クレデンシャル  15-26

情報、記録  9-21

使用率統計  7-2

セキュリティ証明書

インポート  15-32

管理  15-30

検証  15-33

デバイス アイコン、Service Level View  2-8

ポート使用状況レコード  I-6

Cisco CallManager Express

ephone 使用状況レコード  I-36

IP 電話、~に関連付けられた  2-13

IP 電話、~に登録された  12-6

キー ephone 使用状況レコード  I-36

使用率統計  7-2

デバイス アイコン、Service Level View  2-9

パフォーマンス ポーリング レコード  I-5

メモリ使用状況レコード  I-19

Cisco Conference Connection 模擬テスト

情報、記録  9-22

追加  9-9

~について  9-3

Cisco CTI Manager デバイス、perfmon カウンタ オブジェクト  A-10

Cisco CtiManager デバイス、perfmon カウンタ オブジェクト  A-9

Cisco H323、perfmon カウンタ オブジェクト  A-11

Cisco IOS

ゲートウェイ

BRI チャネル使用状況レコード  I-33

CPU 使用状況レコード  I-17

DSP 使用状況レコード  I-20

E1 CAS チャネル使用状況レコード  I-27

E1 PRI チャネル使用状況レコード  I-31

T1 CAS チャネル使用状況レコード  I-26

T1 PRI チャネル使用状況レコード  I-29

パフォーマンス ポーリング レコード  I-5

メモリ使用状況レコード  I-19

ゲートキーパー

CPU 使用状況レコード  I-17

ゾーン使用状況レコード  I-15

パフォーマンス ポーリング レコード  I-5

メモリ使用状況レコード  I-19

ノード間テストに必要なバージョン  10-2

Cisco IOS IP SLA(「IP SLA」を参照)

Cisco Location、perfmon カウンタ オブジェクト  A-11

Cisco Media Streaming Application、perfmon カウンタ オブジェクト  A-12

Cisco Media Streaming Application, perfmon counter object  A-12

Cisco MGCP BRI CAS デバイス、perfmon カウンタ オブジェクト  A-8

Cisco MGCP FXO デバイス、perfmon カウンタ オブジェクト  A-9

Cisco MGCP FXS デバイス、perfmon カウンタ オブジェクト  A-9

Cisco MGCP PRI デバイス、perfmon カウンタ オブジェクト  A-8

Cisco MGCP T1 CAS デバイス、perfmon カウンタ オブジェクト  A-7

Cisco MGCP ゲートウェイ

BRI チャネル使用状況レコード  I-33

E1 PRI チャネル使用状況レコード  I-23

perfmon カウンタ オブジェクト  A-6

T1 CAS チャネル使用状況レコード  I-13

T1 PRI チャネル使用状況レコード  I-21

Cisco MOH デバイス、perfmon カウンタ オブジェクト  A-13

Cisco MTP サーバ、perfmon カウンタ オブジェクト  A-14

Cisco Secure Access Control Server(ACS を参照)

Cisco Unity  2-9

使用率統計  7-3

ポート使用状況レコード  I-37

Cisco Unity Express

使用率統計  7-3

デバイス アイコン、Service Level View  2-9

メールボックス使用状況レコード  I-34

メモリ使用状況レコード  I-19

Cisco ソフトウェア コンファレンス ブリッジ デバイス、perfmon カウンタ オブジェクト  A-14

Cisco トランスコード デバイス、perfmon カウンタ オブジェクト  A-15

Cisco ハードウェア コンファレンス ブリッジ デバイス、perfmon カウンタ オブジェクト  A-14

Cisco1040ProbeDown イベント、説明とトリガー  D-5

CiscoView

起動、Service Level View から  2-20

サーバ、指定  19-12

CiscoWorks

Operations Manager に関連するプロセス  19-26

AdapterServer  19-27

DataPurge  19-27

DfmBroker  19-27

DfmServer  19-27

EPMDbEngine  19-27

EPMDbMonitor  19-27

EPMServer  19-27

FHDbEngine  19-27

FHDbMonitor  19-27

FHPurgeTask  19-27

FHServer  19-27

GPF  19-27

GpfPurgeTask  19-27

INVDbEngine  19-27

INVDbMonitor  19-27

InventoryCollector  19-27

IPIUDataServer  19-27

IPIUDbEngine  19-27

IPIUDbMonitor  19-27

IPSLAPurgeTask  19-27

IPSLAServer  19-28

ITMCTMStartup  19-28

ITMDiagServer  19-28

ITMOGSServer  19-28

IVR  19-28

NOTSServer  19-28

PIFServer  19-28

PTMServer  19-28

QoVMServer  19-28

QOVR  19-28

QOVRDbEngine  19-28

QOVRDbMonitor  19-28

QOVRMultiProcLogger  19-28

SDRPurgeTask  19-28

SIRServer  19-28

SRSTServer  19-28

STServer  19-28

TISServer  19-28

TopoServer  19-28

VHMIntegrator  19-28

VHMServer  19-28

VsmServer  19-28

アクセス権レポート  1-22

ウィンドウ、使用  1-17

ユーザ ロール  1-22

CME、定義ずみ  5-5

Codec、Service Quality Alerts で表示  4-8

CodeRedStateEntered イベント、説明とトリガー  D-6

CodeYellowStateEntered イベント、説明とトリガー  D-6

Common Services グループ  16-2, 16-8

ComponentDown イベント、説明とトリガー  D-6

CPU 使用状況レコード

Cisco CallManager  I-6

Cisco DPA  I-14

Cisco IOS ゲートウェイ  I-17

Cisco IOS ゲートキーパー  I-17

CriticalServiceQualityIssue イベント、説明とトリガー  D-6

CTI アプリケーション  12-8

CUEApplicationStatusChange イベント、説明とトリガー  D-7

CUEBackupFailed イベント、説明とトリガー  D-7

CUECCMConnectionLost イベント、説明とトリガー  D-7

CUEResourceExhausted イベント、説明とトリガー  D-7

CUESecurityIssue イベント、説明とトリガー  D-8

CUEStorageIssue イベント、説明とトリガー  D-8

D

DataPhysicalDriveDown イベント、説明とトリガー  D-8

DataPurge、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

DCR

Operations Manager との同期  15-7, 15-9

自動  15-12

手動  15-12

削除されたデバイスと  15-23

設定  15-7

説明  15-4

物理検出  15-5

DCR、表示名  15-10

Detailed Device View(DDV)  3-19

ACS と  15-2

Alert Details、起動  3-21

Device Center、起動  3-21

Launch Tools メニュー、使用  3-21

Path Analysis Tool、起動  3-21

Phone Activities 画面から起動  5-6

Service Level View から起動  2-13

SRST テスト、設定  3-21

インベントリ情報およびデバイス情報の源(VHMInteractor)  19-28

起動、Alerts and Events ウィンドウから  3-19

起動、Service Level View から  2-13

しきい値、設定  3-21

システム情報ペイン、欠落した値  3-21

デバイスの監視、一時停止または再開  3-25

デバイス コンポーネントについて  3-26

デバイスの  3-25

デバイス要素、詳細の表示  3-23

カスケードされた電話、表示  3-24

デバイス クラス別情報  3-23

ノード間テスト、設定  3-21

パフォーマンス グラフ、~からの起動  3-21

ポーリング、設定  3-21

模擬テスト、設定  3-21

レイアウト  3-21

ログ ファイル、場所  19-15

Device and Credential Repository(DCR 参照)  1-3

Device Center

Alert Details から起動  3-12

Detailed Device View から起動  3-21

DfmBroker、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

DFM.log  19-15

DfmServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

Dial-Tone 模擬テスト

追加  9-7

~について  9-2

DNS 名、解決  15-10

DNS 名の解決  15-10

DPAPortCallManagerLinkDown イベント、説明とトリガー  D-8

DPAPortTelephonyLinkDown イベント、説明とトリガー  D-8

DSP 使用状況レコード  I-20

Duplicate イベント、説明とトリガー  D-8

E

Emergency Call 模擬テスト

緊急時の応答側の情報、記録  9-21

追加  9-11

~について  9-3

End-to-End Call 模擬テスト

追加  9-8

~について  9-2

ephone 使用状況レコード  I-36

EPMDbEngine、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

EPMDbMonitor、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

EPMServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

Event History

Alert and Event History、説明  11-13

Service Quality Alert Details から起動  4-8

Service Quality レポート、スケジュール  11-15

Event History の検索(「Service Quality History の検索」も参照)

アラート ID による  11-8

イベント ID による  11-7

グループによる  11-9, 11-10

デバイスによる  11-7

Event Processing Adapter ログ ファイル、場所  19-15

Event Promulgation Module ログ ファイル、場所  19-15

ExceededMaximumUptime イベント、説明とトリガー  D-9

ExcessiveFragmentation イベント、説明とトリガー  D-9

F

FanDegraded イベント、説明とトリガー  D-9

FanDown イベント、説明とトリガー  D-9

FAT パーティション  19-18

FHDbEngine、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

FHDbMonitor、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

FHPurgeTask、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

Flapping イベント、説明とトリガー  D-9

G

GatekeeperLostContactWithCluster イベント、説明とトリガー  D-10

GatewayLostContactWithCluster イベント、説明とトリガー  D-10

gpf、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

GpfPurgeTask、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

Graphics Utility、ログ ファイル、場所  19-16

H

HardwareConferenceOutOfResources イベント、説明とトリガー  D-10

HeartBeatThresholdExceeded イベント、説明とトリガー  D-10

HighAnalogPortUtilization イベント、説明とトリガー  D-10

HighBackplaneUtilization イベント、説明とトリガー  D-11

HighBroadcastRate イベント、説明とトリガー  D-11

HighBufferMissRate イベント、説明とトリガー  D-11

HighBufferUtilization イベント、説明とトリガー  D-11

HighCapacityUtilization イベント、説明とトリガー  D-11

HighCollisionRate イベント、説明とトリガー  D-11

HighDigitalPortUtilization イベント、説明とトリガー  D-12

HighDiscardRate イベント、説明とトリガー  D-12

HighErrorRate イベント、説明とトリガー  D-12

HighPortUtilization イベント、説明とトリガー  D-13

HighQueueDropRate イベント、説明とトリガー  D-13

HighResourceUtilization イベント、説明とトリガー  D-13

HighUtilization イベント、説明とトリガー  D-14

I

ICMP ポーリング  F-2

Operations Manager が ICMP ポーリング間隔を計算する方法  F-4

SNMP ポーリングとの調整  F-3

IDEATAPhysicalDiskDown イベント、説明とトリガー  D-14

IDU(Incremental Device Updates)

オンライン 情報  xxiv

一般的な情報  19-19

ImportFiles ディレクトリ

ノード間テスト  10-12

場所  9-13

模擬テスト  9-13

InformAlarm イベント、説明とトリガー  D-14

InsufficientFreeHardDisk イベント  D-14

InsufficientFreeHardDisk イベント、説明とトリガー  D-14

InsufficientFreeMemory イベント、説明とトリガー  D-14

InsufficientFreePhysicalMemory イベント、説明とトリガー  D-15

InsufficientFreeVirtualMemory イベント、説明とトリガー  D-15

Interface Groups、しきい値設定、~のカスタマイズ  17-28

InterfaceOperationallyDown イベント、説明とトリガー  D-15

INVDbEngine、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

INVDbMonitor、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

Inventory Analysis レポート

使用する場合  12-2

説明  12-9

Inventory Collector ログ ファイル、場所  19-16

Inventory Interactor ログ ファイル、場所  19-16

Inventory Services ログ ファイル、場所  19-16

InventoryCollector、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

IP Address Report、表示  15-14

IP Communicators レポート、説明  12-9

IP Phone Status Change レポート

エクスポート、自動  12-22

消去、手動  12-22

IP Phone レポート

概要  12-1

~からの Web インターフェイスの起動  12-14

説明  12-9

フィルタリング  12-11

IP SLA  1-8, 8-2

IP SLA Responder  18-3

PING  8-2

ノード間テストに必要なバージョン  10-2

IP SLA API ライブラリ  19-17

IP アドレス

監視対象デバイスの  15-14

重複  15-10

IP 電話

Cisco 7960、模擬テスト  9-4

Cisco CallManager Express、~に関連付けられた  2-13

Cisco CallManager、~に関連付けられた  2-13

IP 電話移動のトラッキング  12-23

SRST モードの  5-1

Web インターフェイス、起動  12-14

アイコン(Service Level View)  2-9

インベントリ収集、電話移動のトラッキングについて  12-23

インベントリ収集のスケジュール  15-25

追加  15-25

表示  15-25

編集  15-25

回線、共有、電話ステータス テスト  8-6

検索  12-2

サポートされている最大数  19-11

スイッチからの切断  5-1

登録解除する  5-1

内線番号、複数、電話ステータス テスト  8-6

模擬テスト用に設定  9-5

宛先電話の要件、満たす  9-5

電話の内線番号、記録  9-5

IP 電話、管理

Phone Registration 模擬テスト

追加  9-7

~について  9-2

模擬テスト用に設定  9-5

IP 電話ステータス、ログ ファイル、場所  19-16

IP 電話の検索

Cisco CallManager またはクラスタによる  12-6

IP アドレスによる  12-3

MAC アドレスによる  12-3

SRST モードによる  12-5

SRST ルータによる  12-6

VLAN による  12-5

スイッチによる  12-6

電話モデルによる  12-6

登録ステータスによる  12-5

内線番号による  12-3

IPCCNotifications イベント、説明とトリガー  D-15

IPIUDataServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

IPIUDbEngine、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

IPIUDbMonitor、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

IPSLAPurgeTask、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-27

IPSLAServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

itemEPM データベース  19-19, 19-26

itemFh データベース  19-26

itemInv データベース  19-26

Itemipiu データベース  19-19

ITMCTMStartup、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

ITMDiagServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

ITMOGSServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

IVR、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

J

JitterDS_ThresholdExceeded イベント、説明とトリガー  D-15

JitterSD_ThresholdExceeded イベント、説明とトリガー  D-16

L

Launch Tools メニュー

Alert Details ページで  3-12

Detailed Device View で  3-21

LDAP サーバ、設定  15-28

LostContactWithCluster イベント、説明とトリガー  D-16

M

MajorAlarm イベント、説明とトリガー  D-16

MDF タイプ  15-11, 15-17

Message-Waiting Indicator 模擬テスト

失敗、Cisco CallManager のアップグレード後  9-13

情報、記録  9-22

~について  9-3

MIB

通知 MIB

GenAlarmEntry オブジェクト タイプ、アトリビュート定義  C-16

通知 MIB、定義  C-2

ポーリングされる  A-1, I-1

MIB のログ ファイル、表示  19-32

MinorAlarm イベント、説明とトリガー  D-16

MOHConnectionsLost イベント、説明とトリガー  D-16

MOHOutOfResources イベント、説明とトリガー  D-16

MOS

違反トラップ  D-22

しきい値、超過した  D-6, D-17

MTPOutOfResources イベント、説明とトリガー  D-17

MultipleServiceQualityIssue イベント、説明とトリガー  D-17

MWIOnTimeExceeded イベント、説明とトリガー  D-17

N

NicDown イベント、説明とトリガー  D-17

NMSROOT

ディレクトリ、場所  9-13, 18-7

~について  19-18

NodeToNodeTestFailed イベント、説明とトリガー  D-17

NOTSServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

O

OperationallyDown イベント、説明とトリガー  D-18

Operations Manager、設定と管理

SNMP トラップ、フォワーディングと受信

Operations Manager にトラップを送信するようにデバイスをイネーブル化  19-4

Operations Manager が管理するポートとインターフェイス  15-3

Operations Manager が使用するプロトコル  19-6

Operations Manager、設定と管理  19-1

Operations Manager の設定、使用  19-2

SNMP トラップ、フォワーディングと受信  19-4

他のトラップ デーモンとの統合  19-5

System Status Report、表示  19-10

スケジュールされたタスク  19-3

変更、適用  19-3

Operations Manager データベースのパスワード、変更  19-19

Operations Manager について  1-2

Operations Manager の動作  1-12

通知およびアラートへの応答  1-15

デバイスの管理および設定  1-12

クライアント、設定  1-23

設定  1-3

日常の操作  1-6

Alerts and Events  1-7

Phone Activities 画面  1-8

Service Quality Alerts  1-7

デバイス管理  1-10

Operations Manager の PING、イネーブル化  8-8

Operations Manager のイベント名、カスタマイズ  14-21

Operations Manager の管理

Operations Manager が使用するプロトコル  19-6

Operations Manager が使用するポート  19-6

SNMP  19-30

システム アプリケーション MIB ログ ファイル、表示  19-32

照会、~用のシステムの設定  19-30

セキュリティ、照会用に設定  19-32

System Status Report、表示  19-10

システム(「システム管理」を参照)

Operations Manager のデータベース

itemEPM(イベント公表)  19-19

itemFH Alert History  19-19

ItemInv(インベントリ)  19-19

Itemipiu(IP 電話情報)  19-19

qovr(Service Monitor)  19-19

パージング スケジュール  19-13

パスワード、変更  19-19

Operations Manager プロセスの停止  19-26

Operations Manager を使用する前に  1-16

Operations Manager のウィンドウ、使用  1-17

CiscoWorks ウィンドウ  1-17

Enter キーとボタン  1-17

日付と時刻の表示  1-18

複数のウィンドウ  1-17

ページが表示されない、理由  1-17

ヘルプ、使用  1-17

アラート、応答  1-23

オブジェクトとグループ、選択  1-21

セキュリティ アラート、応答  1-23

ユーザ ロール、説明  1-22

レポート  1-18

2,000 件を超えるレコードの表示  1-19

印刷  1-20

データをエクスポートする  1-19

ページングとソート  1-19

OutboundBusyAttemptsThresholdExceeded イベント、説明とトリガー  D-18

OutOfRange イベント、説明とトリガー  D-18

P

PacketLossDS_ThresholdExceeded イベント、説明とトリガー  D-18

PacketLossSD_ThresholdExceeded イベント、説明とトリガー  D-19

Path Analysis Tool

起動  2-14

起動、Alert Details から  3-12

起動、Detailed Device View から  3-21

起動、Service Level View から  2-14

perfmon カウンタ オブジェクト

Cisco Analog Access  A-10

Cisco CallManager  A-5

Cisco CTI Manager デバイス  A-10

Cisco CtiManager デバイス  A-9

Cisco H323  A-11

Cisco Location  A-11

Cisco Media Streaming Application  A-12

Cisco MGCP BRI CAS デバイス  A-8

Cisco MGCP FXO デバイス  A-9

Cisco MGCP FXS デバイス  A-9

Cisco MGCP PRI デバイス  A-8

Cisco MGCP T1 CAS デバイス  A-7

Cisco MGCP ゲートウェイ  A-6

Cisco MOH デバイス  A-13

Cisco MTP サーバ  A-14

Cisco ソフトウェア コンファレンス ブリッジ デバイス  A-14

Cisco トランスコード デバイス  A-15

Cisco ハードウェア コンファレンス ブリッジ デバイス  A-14

プロセッサ  A-15

Personalized Report

エクスポート、自動  13-14

使用  13-1

スケジュール  13-14

設定  13-2, 13-3

定義  13-1

要約  13-5

Phone Activities 画面  5-1

DDV、起動  5-6

アラートの詳細、取得  5-5

概要  1-8

カスタマイズ  5-7

ビュー、選択  5-7

フィルタリング  5-7

起動  5-2

使用  5-1

使用方法と用途  5-1

ビューの選択  5-7

レイアウト  5-2

Phone Activities 画面のカスタマイズ  5-7

ビュー、選択  5-7

フィルタリング  5-7

PhoneReachabilityTestFailed イベント、説明とトリガー  D-19

PhoneRemoved イベント、説明とトリガー  D-19

PIFServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

PimDown イベント、説明とトリガー  D-19

PING

IP SLA  8-2

Operations Manager のイネーブル化  8-8

Path Echo テスト(「Ping Path Echo テスト」を参照)  10-7

PING エコー テスト

追加  10-6

~に必要な Cisco IOS バージョン  10-2

~に必要な IP SLA バージョン  10-2

PING パス エコー テスト

追加  10-7

レコード形式

エンドツーエンド統計情報  I-55

ホップバイホップ統計情報  I-53

Polling and Threshold Adapter ログ ファイル、場所  19-16

PortLostContactWithCluster イベント、説明とトリガー  D-19

PortsOutOfServiceThresholdExceeded イベント、説明とトリガー  D-20

PowerSupplyDegraded イベント、説明とトリガー  D-20

PowerSupplyDown イベント、説明とトリガー  D-20

PTMServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

Q

QoVMServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

QOVR、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

qovr データベース  19-19

QOVRDbEngine、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

QOVRDbMonitor、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

QOVRMultiProcLogger、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

QualityDroppedBelowThreshold イベント、説明とトリガー  D-20

R

RegistrationResponseTime_ThresholdExceeded イベント、説明とトリガー  D-20

RepeatedRestarts イベント、説明とトリガー  D-21

Resource Manager Essentials

Service Level View から起動  2-19

サーバ、指定  19-12

Resumed イベント、説明とトリガー  D-21

RingBackResponseTime_ThresholdExceeded イベント、説明とトリガー  D-21

RoundTripResponseTime_ThresholdExceeded イベント、説明とトリガー  D-21

S

SCSIPhysicalDriveDown イベント、説明とトリガー  D-22

Service Impact レポート

Alerts and Events から起動  3-17

概要  1-10

定義  3-16

内容  3-18

表示  3-17

Service Level View

Alert Details ページを起動  2-11

Campus Manager、起動  2-20

CiscoView、起動  2-20

Detailed Device View、起動  2-13

Path Analysis Tool、起動  2-14

Resource Manager Essentials、起動  2-19

SRST テスト、設定  2-17

アラートの詳細、取得  2-11

管理ページ、起動  2-19

起動  2-3

グループ、設定  2-18

しきい値、設定  2-17

使用  2-1

使用する前に  2-2

説明  2-1

ツール、起動  2-12

ツール、~の認可  2-12

ツリーベースのビュー  2-5

デバイス検索ツール  2-6

デバイスの検索  2-6

デフォルト ビュー、設定  2-8

電話レポート、起動  2-13

電話検索ツール  2-6

電話の検索  2-6

ノード間テスト グラフ  2-17

ノード間テスト、設定  2-16

パフォーマンス グラフ、起動  2-15

凡例  2-8

デバイス アイコン、Service Level View  2-8

別の画面の起動、~からの

Alert Details  2-12

外部のアプリケーション  2-19

ポーリング、設定  2-18

マップ表示  2-6

マップベースのビュー  2-6

模擬テスト、設定  2-16

レイアウト、説明  2-3

Service Monitor

起動  19-9

削除  19-7

設定  19-9

追加  19-7

データベース  19-19

ライセンス  4-1, 19-11

Service Quality Alert Details

アラートに関連するイベント、表示  4-7

イベントの詳細、取得  4-7

起動  4-7

表示された Codecs  4-8

Service Quality Alerts

アイコン、アラート重大度  4-8

概要  1-7, 1-9

起動  4-2

~について  4-2

ビュー、~の選択  4-4

フィルタ  4-5

レイアウト、説明  4-2

Service Quality Event History  11-1

起動  4-8

使用する前に  11-15

説明  11-20

Service Quality History の検索

Cisco 1040 による  11-18

MOS による  11-16

宛先による  11-16

コーデックによる  11-17

電話モデルによる  11-18

日付による  11-19

Service Quality History レポート

24 時間のレポート  11-15

7 日間のレポート  11-15

エクスポート、自動  11-15

スケジュール  11-15

ServiceDown イベント、説明とトリガー  D-22

ServicePartiallyRunning イベント、説明とトリガー  D-22

ServiceQualityIssue イベント、説明とトリガー  D-22

SIRServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

SNMP

SNMPv3  19-18

V1 トラップ  F-1

V2 トラップ  F-1

サポートされるバージョン  F-1

識別されていないパススルー SNMP トラップ  B-5

CISCO-ACCESS-ENVMON-MIB トラップ  B-6

CISCO-CCM-MIB トラップ  B-7

CISCO-CONFIG-MAN-MIB トラップ  B-6

CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB トラップ  B-6

CISCO-ENVMON-MIB トラップ  B-6

CISCO-RHINO-MIB トラップ  B-6

CISCO-STACK-MIB トラップ  B-5

CISCO-SYSLOG-MIB トラップ  B-5

CISCO-VLAN-MEMBERSHIP-MIB トラップ  B-6

CISCO-VOICE-APPS-MIB トラップ  B-6

CISCO-VTP-MIB トラップ  B-6

STP トラップ  B-5

UMSEVENT-MIB トラップ  B-7

標準 SNMP トラップ(RFC 1215)  B-5

リピータ MIB トラップ  B-6

システム アプリケーション MIB ログ ファイル、表示  19-32

タイムアウトとリトライ回数、変更  15-27

トラップ

フォワーディング パラメータ  19-12

ポート、受信  19-12

リード(read)コミュニティ ストリング  19-12

トラップ、処理される  B-2

CISCO-CCME-MIB トラップ  B-3

CISCO-CONTACT-CENTER-APPS-MIB トラップ  B-4

CISCO-ISDN-MIB トラップ  B-3

CISCO-SRST-MIB トラップ  B-4

CISCO-STACK-MIB トラップ  B-3

CISCO-SYSLOG-MIB トラップ  B-3

CISCO-UNITY-EXPRESS-MIB トラップ  B-3

CPQHLTH-MIB トラップ  B-3

標準 SNMP トラップ(RFC 1215)  B-2

トラップ、フォワーディングと受信  19-4

Operations Manager にトラップを送信するようにデバイスをイネーブル化  19-4

他のトラップ デーモンとの統合  19-5

ポーリング  F-3

ICMP ポーリングとの調整  F-3

Operations Manager がサポートする SNMP バージョン  F-1

SNMP ポーラーの仕組み  F-3

ポーリングの最適化要求、統合  F-3

SNMP MIB、Operations Manager によるサポート  H-1

システム アプリケーション MIB の実装  H-2

サンプル MIB ウォーク  H-8

リソース MIB テーブル  H-2

ホスト リソース MIB の実装  H-1

SNMP、Operations Manager の管理に使用  19-30

SNMP 照会、~用に設定  19-30

Windows SNMP サービス、イネーブル化またはディセーブル化  19-31

Windows SNMP サービス、インストールとアンインストール  19-31

Windows SNMP サービスのステータス、確認  19-30

SNMP 照会、~用のセキュリティの設定  19-32

SoftwareConferenceOutOfResources イベント、説明とトリガー  D-23

SRST IP Phone レポート、説明  12-9

SRST テスト、設定

Alert Details から  3-12

Detailed Device View から  3-21

Service Level View から  2-17

SRST デバイス

SRST 使用状況レコード  I-36

関連付けられた IP 電話  12-6

使用状況レコード  I-36

使用率統計  7-3

デバイス アイコン、Service Level View  2-9

パフォーマンス ポーリング レコード  I-5

ポーリング  18-5

メモリ使用状況レコード  I-19

SRST ポール設定、使用  18-1

SRST 情報、保守

SRST 情報、インポート  18-7

SRST テスト、作成方法  18-5

インポート ファイル、フォーマット  18-8

到達不能な SRST デバイス  18-4

削除  18-6

使用する前に  18-2

導入と設定  18-3

ログ ファイル、場所  19-17

SRST モード、IP 電話  5-1

SRSTEntered イベント、説明とトリガー  D-23

SRSTRouterFailure イベント、説明とトリガー  D-23

SRSTServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

SRSTSuspected イベント、説明とトリガー  D-23

SSL  19-18

StateNotNormal イベント、説明とトリガー  D-24

STServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

Suspended イベント、説明とトリガー  D-24

SyntheticTestFailed イベント、説明とトリガー  D-24

System Status Report、Operations Manager の  19-10

T

TemperatureHigh イベント、説明とトリガー  D-24

TemperatureSensorDegraded イベント、説明とトリガー  D-25

TemperatureSensorDown イベント、説明とトリガー  D-25

TFTP Download 模擬テスト

追加  9-9

~について  9-2

TISServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

TooManyFailedConfidenceTests イベント、説明とトリガー  D-25

TooManyInboundPortsActive イベント、説明とトリガー  D-25

TooManyOutboundPortsActive イベント、説明とトリガー  D-25

TooManyUnityPortsActive イベント、説明とトリガー  D-25

TopoServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

TotalTimeUsedThresholdExceeded イベント、説明とトリガー  D-26

TranscoderConferenceOutOfResources イベント、説明とトリガー  D-26

Trunk Port Groups、しきい値設定、カスタマイズ  17-28

U

UDP エコー テスト

追加  10-8

必要な Cisco IOS バージョン  10-2

必要な IP SLA バージョン  10-2

UMSEVENT-MIB トラップ  B-7

Unresponsive イベント  3-6

説明とトリガー  D-26

V

vhm データベース  19-26

VHMIntegrator、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

VHMServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

VoicePortLostContactWithCluster イベント、説明とトリガー  D-27

VoicePortOperationallyDown イベント、説明とトリガー  D-27

VoIP ダイヤル後遅延テスト

必要な Cisco IOS バージョン  10-2

必要な IP SLA バージョン  10-2

VsmServer、Operations Manager 関連の CiscoWorks プロセス  19-28

W

Windows SNMP サービス

アンインストール  19-31

イネーブル化  19-31

インストール  19-31

ステータス、確認  19-30

ディセーブル化  19-31

Windows SNMP サービスのアンインストール  19-31

Windows SNMP サービスのインストール  19-31

アクセス ポート

ポーリングとしきい値  17-8

優先グループ  17-7

アクセス権レポート、CiscoWorks  1-22

アプリケーション、外部の起動  2-19

アプリケーション、模擬テスト用に設定  9-4

電話、設定  9-5

必要な電話の数、決定  9-4

アラート

Service Quality Alerts 画面  4-2

影響を表示  3-18

応答  1-23

確認応答

Alert Details から  3-28

Service Quality Alert Details から  4-9

格納された情報、すべて取得  11-4

アラート ID による検索  11-4

グループによる検索  11-5

デバイスによる検索  11-5

日付による検索  11-6

クリア

Alert Details から  3-29

Service Quality Alert Details から  4-10

注釈を付ける、Alert Details から  3-30

定義  1-7

電子メール

Alert Details から  3-30

Service Quality Alert Details から  4-10

アラート ステータス、定義  3-7

アラート重大度アイコン

Alert Details  3-7

Service Quality Alerts  4-8

アラートの重大度のグループ化、定義  3-6

一時停止

通知の登録  14-19

デバイスのインベントリ収集  15-24

デバイスの監視  3-25

イベント

Operations Manager によって処理された~、説明とトリガー  D-1

ActivePortThresholdExceeded  D-2

ApplicationDown  D-2

ApplicationPartiallyRunning  D-2

AverageLatency_ThresholdExceeded  D-2

BackupActivated  D-2

CallManagerDown  D-3

CCMEDown  D-3

CCMEEphoneDeceased  D-3

CCMEEphoneLoginFailed  D-3

CCMEEphoneRegistrationFailed  D-3

CCMEEphoneRegistrationsExceeded  D-4

CCMEKeyEphoneRegistrationChange  D-4

CCMELivefeedMOHFailed  D-4

CCMEMaximumConferencesExceeded  D-4

CCMENightServiceChange  D-4

CCMEStatusChange  D-5

CCMHttpServiceDown  D-5

CCMHttpServiceInaccessible  D-5

Cisco1040ProbeDown  D-5

CodeRedStateEntered  D-6

CodeYellowStateEntered  D-6

ComponentDown  D-6

CriticalServiceQualityIssue  D-6

CUEApplicationStatusChange  D-7

CUEBackupFailed  D-7

CUECCMConnectionLost  D-7

CUEResourceExhausted  D-7

CUESecurityIssue  D-8

CUEStorageIssue  D-8

DataPhysicalDriveDown  D-8

DPAPortCallManagerLinkDown  D-8

DPAPortTelephonyLinkDown  D-8

Duplicate  D-8

ExceededmaximumUptime  D-9

ExcessiveFragmentation  D-9

FanDegraded  D-9

FanDown  D-9

Flapping  D-9

GatewayLostContactWithCluster  D-10

HardwareConferenceOutOfResources  D-10

HeartBeatThresholdExceeded  D-10

HighAnalogPortUtilization  D-10

HighBackplaneUtilization  D-11

HighBroadcastRate  D-11

HighBufferMissRate  D-11

HighBufferUtilization  D-11

HighCapacityUtilization  D-11

HighCollisionRate  D-11

HighDigitalPortUtilization  D-12

HighDiscardRate  D-12

HighErrorRate  D-12

HighPortUtilization  D-13

HighQueueDropRate  D-13

HighResourceUtilization  D-13

HighUtilization  D-14

IDEATAPhysicalDiskDown  D-14

InformAlarm  D-14

InsufficientFreeHardDisk  D-14

InsufficientFreeMemory  D-14

InsufficientFreePhysicalMemory  D-15

InsufficientFreeVirtualMemory  D-15

InterfaceOperationallyDown  D-15

IPCCNotifications  D-15

JitterDS_ThresholdExceeded  D-15

JitterSD_ThresholdExceeded  D-16

LostContactWithCluster  D-16

MajorAlarm  D-16

MinorAlarm  D-16

MOHConnectionsLost  D-16

MOHOutOfResources  D-16

MTPOutOfResources  D-17

MultipleServiceQualityIssue  D-17

MWIOnTimeExceeded  D-17

NicDown  D-17

NodeToNodeTestFailed  D-17

OperationallyDown  D-18

OutboundBusyAttemptsThresholdExceeded  D-18

OutOfRange  D-18

PacketLossDS_ThresholdExceeded  D-18

PacketLossSD_ThresholdExceeded  D-19

PhoneReachabilityTestFailed イベント  D-19

PhoneRemoved  D-19

PimDown  D-19

PortLostContactWithCluster  D-19

PortsOutOfServiceThresholdExceeded  D-20

PowerSupplyDegraded  D-20

PowerSupplyDown  D-20

QualityDroppedBelowThreshold  D-20

RegistrationResponseTime_ThresholdExceeded  D-20

RepeatedRestarts  D-21

Resumed  D-21

RingBackResponseTime_ThresholdExceeded  D-21

RoundTripResponseTime_ThresholdExceeded  D-21

SCSIPhysicalDriveDown  D-22

ServiceDown  D-22

ServicePartiallyRunningExceeded  D-22

ServiceQualityIssue  D-22

SoftwareConferenceOutOfResources  D-23

SRSTEntered  D-23

SRSTRouterFailure  D-23

SRSTSuspected  D-23

StateNotNormal  D-24

Suspended  D-24

SyntheticTestFailed  D-24

SyntheticTestsNotRun  D-24

TemperatureHigh  D-24

TemperatureSensorDegraded  D-25

TemperatureSensorDown  D-25

TooManyFailedConfidenceTests  D-25

TooManyInboundPortsActive  D-25

TooManyOutboundPortsActive  D-25

TooManyUnityPortsActive  D-25

TotalTimeUsedThresholdExceeded  D-26

TranscoderConferenceOutOfResources  D-26

Unresponsive  D-26

VoicePortLostContactWithCluster  D-27

VoicePortOperationallyDown  D-27

Service Quality

CriticalServiceQualityIssue  D-6

MultipleServiceQualityIssue  D-17

ServiceQualityIssue  D-22

格納された Alert History、すべて取得  11-7

アラート ID による検索  11-8

イベント ID による検索  11-7

グループによる検索  11-9

デバイスによる検索  11-7

日付による検索  11-10

格納された Service Quality History、すべて取得  11-16

Cisco 1040 の ID による検索  11-18

MOS による検索  11-16

宛先による検索  11-16

コーデックによる検索  11-17

電話モデルによる検索  11-18

日付による検索  11-19

クリア、Service Quality Alerts から  19-9

ノード間テストの  10-16

イベント プロパティ、表示

Alert Details から  3-15

Service Quality Alert Details から  4-9

イベントの詳細

Alert Details から取得  3-10

Service Quality Alert Details から取得  4-7

イベント名、カスタマイズ  14-21

印刷

グラフ  7-10

ノード間テスト詳細  10-19

レポート  1-20

インターフェイス

ポーリングとしきい値  17-8

優先グループ  17-7

インターフェイスおよびポート パフォーマンスしきい値カテゴリ

エラー トラフィックしきい値  17-39

エラーしきい値  17-38

キュー ドロップしきい値  17-39

コリジョンしきい値  17-38

廃棄しきい値  17-38

ブロードキャストしきい値  17-38

インターフェイスおよびポート フラッピングしきい値カテゴリ  17-39

インベントリ データベース(itemInv)、~のパスワードの変更  19-19

インベントリ収集

スケジュール、デバイスの

一時停止  15-24

再開  15-24

編集  15-24

スケジュール、電話の

削除  15-26

編集  15-25

インポート

DCR からデバイスを

自動で  15-10

手動で  15-10

SRST 情報  18-7

セキュリティ証明書  15-32

電話ステータス テスト  8-5

ノード間テスト  10-12

模擬テスト  9-13

インポート ファイル形式

SRST テストの  18-8

電話ステータス テストの  8-6

ノード間テストの  10-13

模擬テストの  9-13

インポート ファイルの形式

SRST テストの  18-8

シード デバイスの  15-5

電話ステータス テストの  8-6

ノード間テストの  10-13

模擬テストの  9-13

エクスポート

IP Phone Status Change レポート、自動  12-22

Personalized Report、自動  13-14

Service Quality History レポート、自動  11-15

ノード間テスト詳細  10-19

パフォーマンス グラフの PDF ファイル表示  7-9

パフォーマンス グラフ表の CSV ファイル表示  7-9

レポートのデータ  1-19

エコー テスト

「Ping Echo テスト」を参照  10-6

「UDP Echo テスト」を参照  10-8

エラー メッセージ、パフォーマンス グラフから  7-12

応答しないデバイス  3-6

オブジェクト グループ(「デバイス グループ、管理」を参照)  16-1

音声アプリケーション サーバのデバイス アイコン  2-9

音声ゲートウェイ

使用率統計  7-2

デバイス アイコン  2-9

音声使用率設定、およびパフォーマンス ポーリング  17-23

オンライン ヘルプ、使用  1-17

オンライン マニュアル  xxiv

確認応答

アラート、Alert Details から  3-28

アラート、Service Quality Alert Details から  4-9

カスケードされた電話  3-24

管理ページ、Service Level View から起動  2-19

キー ephone 使用状況レコード  I-36

起動

Operations Manager プロセス  19-26

Service Level View  2-3

Service Quality Alerts 画面  4-2

サーバから Operations Manager を起動  1-16

デバイス管理  1-3

グラフ

印刷  7-10

起動

Alert Details から  3-12

Detailed Device View から  3-21

種類  7-8

使用  7-8

使用率統計

ノード間テスト  7-3

パフォーマンス ポーリング  7-2

表示  7-8

クリア

Alert Details から  3-29

Service Quality Alerts からイベントを  19-9

アラート、Service Quality Alert Details から  4-10

グループ

Common Services

概要  16-2

システム定義  16-8

Service Level View から設定  2-18

クレデンシャル

Cisco CallManager の  15-26

デバイス、編集  15-17

デフォルト、デバイスの  15-17

ゲートウェイ

Cisco IOS、~の使用率統計  7-2

CPU 使用状況レコード  I-17

MGCP ポート使用状況レコード  7-2

音声ゲートウェイ、ポート使用状況レコード  7-2

ゲートキーパー

Cisco IOS パフォーマンス ポーリング レコード  I-5

CPU 使用状況レコード  I-17

使用率統計  7-2

ゾーン使用状況レコード  I-15

デバイス アイコン、Service Level View  2-9

メモリ使用状況レコード  I-19

ゲートキーパー登録遅延テスト

必要な Cisco IOS バージョン  10-2

必要な IP SLA バージョン  10-2

検索、IP 電話、使用する場合  12-2

検出

IP 電話移動のトラッキング  12-23

IP 電話のインベントリ収集  15-25

監視対象デバイス、インベントリ  15-24

スケジュール ログ ファイル、場所  19-16

ステータス、デバイスの  15-27

物理、実行  15-5

このマニュアルで使用する表記法  xxi

このマニュアルの対象読者  xxi

サービス品質ベースの通知  14-11

再開

通知の登録  14-20

デバイスのインベントリ収集  15-24

デバイスの監視  3-25

再起動とフラッピング、Operations Manager の計算方法  G-1

削除

IP SLA 対応デバイス  18-6

Service Monitor  19-7

SRST テスト  18-6

グループ  16-31

通知基準  14-13

デバイス  15-23

電話ステータス テスト  8-8

登録  14-18

ノード間テスト  10-16

ビュー  6-4

模擬テスト  9-18

作成

自己署名セキュリティ証明書  19-24

デバイス グループ  16-12, 16-15

電話ステータス テスト  8-4

サポート、デバイス  19-19

シード ファイル形式

電話ステータス テストの  8-6

物理検出の  15-5

時間帯

Operations Manager クライアントでの  1-18

Operations Manager サーバでの  1-18

しきい値

設定

Alert Details から  3-12

Detailed Device View から  3-21

Service Level View から  2-17

設定、ノード間テスト

ジッタ  10-5

遅延  10-5

登録応答時間  10-11

パケット損失  10-5

品質  10-5

ラウンドトリップ応答時間  10-6, 10-8, 10-9

リングバック応答時間  10-10

設定の適用方法  17-3

設定の変更  17-10, 17-12

設定変更の適用  17-55

レポート  17-25

しきい値、MOS レベル、設定  19-9

しきい値カテゴリおよびパラメータ定義

Cisco CallManager Threshold Settings(音声状態)

Software Conference Out of Resources Threshold  17-43

Hardware Conference Out of Resources Threshold  17-43

Transcoder Conference Out of Resources Threshold  17-42

Cisco CallManager Port Utilization(音声使用率)

MOH Multicast Resources Active Threshold  17-46

Gatekeeper Utilization(音声使用率)

Interzone Bandwidth Utilization for Local Zone Threshold  17-48

Total Bandwidth Utilization for Local Zone Threshold  17-48

Cisco CallManager Port Utilization(音声使用率)

MOH Unicast Resources Active Threshold  17-46

Backup Interface Support Settings  17-39

Cisco CallManager Express Utilization(音声使用率)  17-45

Registered IP Phones Threshold  17-45

Registered Key IP Phones Threshold  17-45

Cisco CallManager Port Utilization(音声使用率)

Hardware Conference Resources Active Threshold  17-46

Location Bandwidth Available Threshold  17-47

  17-45

BRI Channel Utilization Threshold  17-45

Conference Streams Active Threshold  17-46

Conferences Active Threshold  17-46

E1 PRI Channel Utilization Threshold  17-46

FXO Port Utilization Threshold  17-45

FXS Port Utilization Threshold  17-45

MOH Streams Active Threshold  17-46

MTP Resources Active Threshold  17-46

MTP Streams Active Threshold  17-47

Software Conference Resources Active Threshold  17-46

T1 CAS Channel Utilization Threshold  17-46

T1 PRI Channel Utilization Threshold  17-45

Transcoder Resources Active Threshold  17-46

Cisco CallManager Threshold Settings(音声状態)

Cisco CallManager Heartbeat Threshold  17-42

MOH Connections Lost Threshold  17-42

MOH Out of Resources Threshold  17-42

MTP Out of Resources Threshold  17-42

Outbound Busy Attempts Threshold  17-42

Ports Active Threshold  17-42

Ports Out of Service Threshold  17-42

Cisco Unity Express Threshold Settings(音声状態)

  17-43

Total Time Used Threshold  17-43

Cisco Unity Express Utilization(音声使用率)  17-47

Capacity Utilization Threshold  17-47

Orphaned Mailboxes Threshold  17-47

Session Utilization Threshold  17-47

Cisco Unity Threshold Settings(音声状態)

  17-43

Active Inbound Ports Threshold  17-43

Active Outbound Ports Threshold  17-43

Active Ports Threshold  17-43

Cisco Unity Utilization(音声使用率)  17-47

Inbound Port Utilization Threshold  17-47

Outbound Port Utilization Threshold  17-47

Dial-on-Demand Interface Support  17-40

Gatekeeper Utilization(音声使用率)  17-48

H323 Gateway Port Utilization(音声使用率)  17-48

BRI Channel Utilization Threshold  17-48

DSP Utilization Threshold  17-49

E1 CAS Channel Utilization Threshold  17-49

E1 PRI Channel Utilization Threshold  17-48

EM Port Utilization Threshold  17-48

FXO Port Utilization Threshold  17-48

FXS Port Utilization Threshold  17-48

T1 CAS Channel Utilization Threshold  17-49

T1 PRI Channel Utilization Threshold  17-48

MGCP Gateway Port Utilization(音声使用率)  17-49

BRI Port Utilization Threshold  17-49

E1 PRI Channel Utilization Threshold  17-49

FXO Port Utilization Threshold  17-49

FXS Port Utilization Threshold  17-49

T1 CAS Channel Utilization Threshold  17-49

T1 PRI Channel Utilization Threshold  17-49

Voice Mail Gateway Utilization(音声使用率)

  17-49

PBX Port Utilization Threshold  17-50

Voice Mail Port Utilization Threshold  17-50

インターフェイス、バックアップ インターフェイス設定  17-39

インターフェイスおよびポート フラッピングしきい値カテゴリ  17-39

リンク トラップ期間  17-39

リンク トラップしきい値  17-39

環境設定(データ設定)

相対温度  17-38

相対電圧  17-38

(「しきい値パラメータ、最小と最大の設定」も参照)  17-50

ディスク使用率および仮想メモリ設定(音声状態)

空き仮想メモリしきい値  17-43

空きハードディスクしきい値  17-43

ディスク使用率および仮想メモリ設定(データ設定)  17-37

空きハードディスクしきい値  17-37

空きメモリしきい値  17-38

到達可能性設定  17-41

再起動トラップ期間  17-41

再起動トラップしきい値  17-41

汎用インターフェイス/ポート パフォーマンス設定  17-38

汎用インターフェイスおよびポート パフォーマンスしきい値カテゴリ

エラー トラフィックしきい値  17-39

  17-38

エラーしきい値  17-38

キュー ドロップしきい値  17-39

コリジョンしきい値  17-38

使用率しきい値  17-39

廃棄しきい値  17-38

ブロードキャストしきい値  17-38

模擬テストの設定  17-44

しきい値設定

オプション  17-28

カスタマイズ  17-28

しきい値設定のカスタマイズ  17-28

しきい値パラメータ、最小と最大の設定  17-50

識別されていないトラップとイベント

DDV、~と  3-19

その他  B-7

パススルー SNMP  B-5

識別されていないパススルー SNMP トラップ  B-5

CISCO-ACCESS-ENVMON-MIB トラップ  B-6

CISCO-CCM-MIB トラップ  B-7

CISCO-CONFIG-MAN-MIB トラップ  B-6

CISCO-ENVMON-MIB トラップ  B-6

CISCO-RHINO-MIB トラップ  B-6

CISCO-STACK-MIB トラップ  B-5

CISCO-SYSLOG-MIB トラップ  B-5

CISCO-VOICE-APPS-MIB トラップ  B-6

CISCO-VTP-MIB トラップ  B-6

STP トラップ  B-5

UMSEVENT-MIB トラップ  B-7

標準 SNMP トラップ(RFC 1215)  B-5

リピータ MIB トラップ  B-6

時刻と日付

Operations Manager クライアントでの  1-18

Operations Manager サーバでの  1-18

自己署名セキュリティ証明書、作成  19-24

システム アプリケーション MIB

サンプル MIB ウォーク  H-8

実装  H-2

リソース MIB テーブル、インストール済みパッケージ  H-2

リソース MIB テーブル、インストール済み要素  H-3

リソース MIB テーブル、スカラ変数  H-7

リソース MIB テーブル、前回稼動時のパッケージのステータス  H-6

リソース MIB テーブル、前回稼動時の要素のステータス  H-6

リソース MIB テーブル、パッケージ ステータス情報  H-4

リソース MIB テーブル、要素ステータス情報  H-5

リソース MIB テーブル、プロセス マップ  H-7

システム管理

Operations Manager データベースのパスワード、変更  19-19

Operations Manager プロセスの起動と停止  19-26

System Status Report、表示  19-10

自己署名セキュリティ証明書、作成  19-24

システム プリファレンス、設定  19-12

スケジュールされたタスク  19-3

セキュリティ  19-18

データ、バックアップと復元  19-25

デバイス サポート  19-19

デバッグ、イネーブル化  19-14

日次パージング スケジュール、設定  19-13

ロギング、設定  19-14

ログ ファイル(「ログ ファイル」を参照)  19-15

システム定義デバイス グループ  16-2

ジッタ、サービス品質アラート、~が原因  4-8

収容デバイス、Operations Manager での処理方法  15-11

使用

Path Analysis Tool  2-14

Service Level View  2-1

ビュー  6-1

マップ表示  2-6

使用する前に

Service Level View で  2-2

パフォーマンス グラフを(パフォーマンス グラフの使用方法も参照)  7-1

処理される SNMP トラップ  B-2

スイッチ

デバイス アイコン、Service Level View  2-9

~に接続された電話  12-6

スケジュール

Personalized Report  13-14

データベース パージング  19-13

電話ステータス テスト  8-4, 8-5, 8-7

模擬テスト  9-19

レポート、~の自動エクスポート

IP Phone Status Changes  12-22

Personalized Report  13-14

Service Quality Event History  11-15

セキュリティ

Cisco CallManager の証明書

インポート  15-32

管理  15-30

Internet Explorer および Operations Manager  1-16

SNMPv3  19-18

SSL  19-18

Windows 2003 および Operations Manager  1-16

アラート、Windows  1-23

証明書

CisocoWorks、インストール  1-23

自己署名、作成  19-24

デバイスベース フィルタリング  16-3

ファイルの所有権と保護  19-18

接続性の詳細

ホップ カウント  2-8

隣接  2-8

設定

IP 電話、模擬テスト用に  9-5

LDAP サーバ  15-28

Operations Manager(「Operations Manager、設定と管理」を参照)  19-1

Personalized Report  13-2, 13-3

Service Monitor  19-9

SNMP

Catalyst デバイス上で  19-5

IOS ベースのデバイス上で  19-4

アプリケーション、模擬テスト用  9-4

クライアント、Operations Manager  1-23

しきい値、MOS レベル  19-9

しきい値(「ポーリングとしきい値」を参照)  17-1

スケジュール、日次パージング  19-13

ポーリング(「ポーリングとしきい値」を参照)  17-1

模擬テスト  9-3

ロギング  19-14

説明

Service Level View  2-1

ゾーン、ゲートキーパー

使用状況レコード  I-15

ローカルまたはリモート  I-15

遅延、サービス品質アラート、~が原因  4-8

注意

意味  xxi

模擬テストの失敗に関する  9-4

重複

IP アドレス、IP 電話の  12-22

IP アドレス、デバイスの  15-10

MAC アドレス、IP 電話の  12-22

デバイス名  15-14

追加

Service Monitor  19-7

デバイス

DCR へ  15-5

Operations Manager へ、自動  15-12

Operations Manager へ、手動  15-12

ビュー  6-2

模擬テスト  9-6

Cisco Conference Connection テスト  9-9

Dial-Tone テスト  9-7

Emergency Call テスト  9-11

End-to-End Call テスト  9-8

Message Waiting Indicator テスト  9-12

Phone Registration テスト  9-7

TFTP Download テスト  9-9

通知  14-1

イベント セット、設定  14-6

イベント名、カスタマイズ  14-21

概要  1-10

基準、設定  14-9

説明  14-2

電子メール、ブロックの防止  19-13

登録  14-14

一時停止  14-19

再開  14-20

説明  14-2

追加  14-15

変更  14-15

通知 MIB  C-1

GenAlarmEntry オブジェクト タイプ、アトリビュート定義  C-16

定義  C-2

通知、ログ ファイル、場所  19-16

通知基準

サービス品質ベース

追加  14-11

変更  14-11

削除  14-13

デバイスベース

追加  14-9

変更  14-9

ツール

Service Level View から起動  2-12

Service Level View、~の認可  2-12

ツール ボタン、~の

Alerts and Events 画面  3-5

Phone Activities 画面  5-4

Service Level View  2-5

データ ジッタ(拡張 UDP)テスト、レコード形式  I-54

データ ジッタ テスト

必要な Cisco IOS バージョン  10-2

必要な IP SLA バージョン  10-2

データのバックアップと復元  19-25

デバイス

Service Level View での検索  2-6

応答しない  3-6

監視対象、~の IP アドレス  15-14

検出  15-24

重複  15-10

到達不能  3-6

被収容および収容、Operations Manager での処理方法  15-11

ポーリングとしきい値  17-8

優先グループ  17-6

隣接  2-8

デバイス アイコン、Service Level View

Cisco CallManager  2-8

Cisco CallManager Express  2-9

Cisco Unity  2-9

Cisco Unity Express  2-9

SRST デバイス  2-9

音声アプリケーション サーバ  2-9

音声ゲートウェイ  2-9

ゲートキーパー  2-9

スイッチ  2-9

ルータ  2-9

デバイス、インポート

Operations Manager へ

自動で  15-12

手動で  15-12

デバイス、管理  15-1

ACS デバイスベース フィルタリング  19-23

ACS と  15-2

Detailed Device View、説明  15-21

Device Management について  15-2

SNMP のタイムアウトとリトライ回数、変更  15-27

インベントリ、収集  15-19

開始の方法  1-11

概要  1-10

グループ(「デバイス グループ、管理」を参照)  16-1

検出ステータス、表示  15-27

使用する前に  15-2

説明  15-8

デバイス サポート  19-19

デバイス管理、定義  1-10

デバイスのインポート

Operations Manager が監視するデバイスのタイプ  15-3

Operations Manager が管理するポートとインターフェイス  15-3

デバイスの削除  15-23

デバイスの詳細、表示  15-20

デバイスの要約、表示  15-8

名前の指定  15-10

ログ ファイル、場所  19-15

デバイス グループ、管理  16-1

ACS と  15-2

Common Services のシステム定義グループ、使用  16-8

CS@ グループ、定義  16-2

Group Administration and Configuration ページ  16-10

OM@ グループ、定義  16-2

Operations Manager のシステム定義グループ、使用  16-4

アクセスを許可

すべてのユーザ  16-13, 16-16, 16-18

一人のユーザ  16-13, 16-16, 16-18

グループ メンバシップ

詳細、表示  16-30

リフレッシュ  16-31

グループについて  16-2

グループの削除  16-31

グループの作成と編集  16-11

グループ メンバシップ、確定  16-27

グループのプロパティ、編集  16-18

グループの要約、表示  16-28

作成  16-12, 16-15

システム定義グループ、使用  16-3

78XX Media Servers  16-4

Access Port Groups  16-4

Cisco CallManager or Cluster  16-4

Cisco IP Telephony Applications  16-5

Digital Voice Gateways  16-7

Gatekeepers  16-7

H323 Gateways  16-6

Interface Groups  16-7

IP SLA Devices  16-7

MGCP Gateways  16-6

Phones with tests configured  16-7

SRST Devices  16-7

Switches With Phones Connected  16-7

Trunk Port Groups  16-7

Voice Gateways  16-6

Voice Mail Gateways  16-6

詳細、表示  16-28

(「デバイス、管理」も参照)  15-1

編集  16-11

ユーザ定義グループ、使用

Access Port Groups  16-9

Interface Groups  16-9

Trunk Port Groups  16-9

ルール、説明  16-23

Rules Create ページ、例  16-25

各オブジェクト タイプの値  16-26

定義の方法  16-23

例  16-26

デバイス グループのルール、説明  16-23

Rules Create ページ、例  16-25

各オブジェクト タイプの値  16-26

定義の方法  16-23

例  16-26

デバイス サポート  19-19

デバイス、~へのアクセス制限  16-3

デバイス制限  1-23, 19-11

デバイスの監視を開始する方法  1-3

デバイスの監視、設定  1-3

デバイスの詳細、表示  3-23

デバイスベースの通知  14-9

電子メール

SMTP サーバ、~の指定  19-13

アラートへの応答  3-30

通知  14-4

通知、ブロックの防止  19-13

電話、Service Level View で検索  2-6

電話、カスケードされた  3-24

電話ステータス テスト  8-1

Personalized Report、~に含まれる  13-2

インポート ファイル形式  8-6

概要  1-8

削除  8-8

失敗、リストに表示された  19-11

詳細、表示  8-8

使用する前に  8-2

テストの保持  8-3

テストを追加する前に  8-3

スケジュール  8-4, 8-5, 8-7

電話ステータス テストの追加  8-5

変更  8-7

電話到達可能性ログ ファイル、場所  19-16

電話レポート、Service Level View から起動  2-13

統計

ノード間テスト

遅延  7-3

登録応答時間  7-3

パケット損失  7-3

品質  7-3

呼び出し応答時間  7-3

ラウンドトリップ応答時間  7-3

パフォーマンス ポーリング

CPU の使用状況  7-2

PBX ポート  7-2

コール  7-2

ゾーン使用率  7-2

着信ポート  7-3

チャネル使用率  7-2

登録済み IP 電話  7-2

発信ポート  7-3

ポート使用率  7-2

メモリ使用状況  7-2

リソース使用率  7-2

到達不能なデバイス  3-6

登録

一時停止  14-19

削除  14-18

ステータス  14-18

追加  14-15

通知  14-14

変更  14-15

登録応答時間しきい値、ノード間テストの設定  10-11

登録解除する IP 電話  5-1

トポロジ(マップ表示を参照)  2-6

トラップ

MOS 違反  D-22

SNMP バージョン

V1  F-1

V2  F-1

送信するようにデバイスをイネーブル化

Catalyst デバイスのコマンド リファレンス、参照  19-5

Cisco IOS デバイスのコマンド リファレンス、参照  19-4

トラップ、処理およびパススルー  B-1

識別されていないパススルー SNMP トラップ  B-5

CISCO-ACCESS-ENVMON-MIB トラップ  B-6

CISCO-CCM-MIB トラップ  B-7

CISCO-CONFIG-MAN-MIB トラップ  B-6

CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB トラップ  B-6

CISCO-ENVMON-MIB トラップ  B-6

CISCO-RHINO-MIB トラップ  B-6

CISCO-STACK-MIB トラップ  B-5

CISCO-SYSLOG-MIB トラップ  B-5

CISCO-VLAN-MEMBERSHIP-MIB トラップ  B-6

CISCO-VOICE-APPS-MIB トラップ  B-6

CISCO-VTP-MIB トラップ  B-6

STP トラップ  B-5

UMSEVENT-MIB トラップ  B-7

標準 SNMP トラップ(RFC 1215)  B-5

リピータ MIB トラップ  B-6

処理される SNMP トラップ  B-2

CISCO-CCME-MIB トラップ  B-3

CISCO-CONTACT-CENTER-APPS-MIB トラップ  B-4

CISCO-SRST-MIB トラップ  B-4

CISCO-STACK-MIB トラップ  B-3

CISCO-UNITY-EXPRESS-MIB トラップ  B-3

CPQHLTH-MIB トラップ  B-3

処理される CISCO-ISDN-MIB トラップ  B-3

処理される CISCO-SYSLOG-MIB トラップ  B-3

標準 SNMP トラップ(RFC 1215)  B-2

その他の識別されていないトラップとイベント  B-7

トラブルシューティング

パフォーマンス ポーリング グラフ  7-12

パフォーマンスの低下  19-29

模擬テストの失敗  9-20

トランク ポート

ポーリングとしきい値  17-8

優先グループ  17-7

トレース、開始  2-14

トレースの開始  2-14

名前、デバイスの  15-10

日次パージング スケジュール、設定  19-13

~について

Alert and Event History  1-9

Alerts and Events  1-7

Phone Activities 画面  1-8

Service Impact レポート  1-10

Service Quality Alerts  1-7, 1-9, 4-2

通知  1-10

デバイス管理  1-10

電話ステータス テスト  1-8

ノード間テスト  1-9

ビュー  6-1

模擬テスト  1-8

モニタリング ダッシュボード  1-6

ノード間テスト

Personalized Report、~に含まれる  13-2

概要  1-9

グラフ

Service Level View から設定  2-17

~で使用可能な統計  7-3

失敗、リストに表示された  19-11

使用  10-1

設定

Alert Details から  3-12

Detailed Device View から  3-21

Service Level View から  2-16

単一テストの追加  10-3

Ping Echo  10-6

Ping Path Echo  10-7

UDP Echo  10-8

データ ファイル

形式  I-52

場所  I-2

命名規則  I-2

データ ファイル、管理

~に対する排他ロックを必要とするアプリケーション  10-22

~の自動消去  10-21

バックアップ  10-21

別のシステムへの保存  10-22

テストの削除  10-16

統計  7-3

複数テストの追加

テスト ファイル、インポート用の形式  10-13

テストのインポート ファイル、作成  10-13

ノード間テスト グラフ、Service Level View から設定  2-17

ノード間テストのステータスの確認  10-20

パージング スケジュール、設定  19-13

バックアップ インターフェイス サポート、しきい値カテゴリ  17-39

パフォーマンス グラフ

Service Level View から起動  2-15

エラー メッセージ  7-12

およびポーリング  17-23

使用方法  7-2

使用率統計

ノード間テスト  7-3

パフォーマンス ポーリング  7-2

トラブルシューティング  7-4

レイアウト、説明  7-7

パフォーマンス グラフの使用方法  7-1, 7-2

グラフ、使用  7-8

画面、印刷  7-10

グラフ画面、表示  7-8

表、CSV ファイルへのエクスポート  7-9

表示、PDF ファイルへのエクスポート  7-9

表形式の表示、使用  7-11

レイアウト、説明  7-7

パフォーマンス ポーリング

イネーブル化  17-14

グラフ、トラブルシューティング  7-12

使用率統計グラフ  7-2

ディセーブル化  17-14

~の音声使用率設定  17-23

ポート、サポートされる  17-24

リソース、サポートされる  17-24

パフォーマンス統計、表示  7-2

パフォーマンスの低下

トラブルシューティング  19-29

汎用インターフェイスおよびポート パフォーマンスしきい値カテゴリ  17-38

エラー トラフィックしきい値  17-39

エラーしきい値  17-38

キュー ドロップしきい値  17-39

コリジョンしきい値  17-38

使用率しきい値  17-39

廃棄しきい値  17-38

ブロードキャストしきい値  17-38

ひし形アイコン

Alerts and Events 画面の  3-7

Phone Activities 画面の  5-6

被収容デバイス、Operations Manager での処理方法  15-11

日付と時刻

Operations Manager クライアントでの  1-18

Operations Manager サーバでの  1-18

ビュー

Alerts and Events 画面で、選択  3-8

Phone Activities 画面で、選択  5-7

Service Level View、デフォルト、設定  2-8

Service Quality Alerts 画面で  4-4

~の選択  4-4

アクティブ

最大数  6-1

モニタリング ダッシュボード  6-1

アクティブ化  6-3

管理  6-1

削除  6-4

作成  6-2

使用する前に  6-1

デフォルト  6-1

Alerts and Events  6-1

Phone Activities の  6-1

Service Quality Alerts の  6-1

編集  6-4

無効化  6-3

ビュー管理ログ ファイル、場所  19-17

ビューのアクティブ化  6-3

ビューの無効化  6-3

表形式の表示、統計表、使用  7-11

表示

IP Address Report  15-14

IP 電話のインベントリ収集ステータス  15-25

Service Quality イベント  11-14

アラート、~の影響  3-17

アラートに関連するイベント  3-14

イベント プロパティ  3-15

Alert Details から  3-15

Service Quality Alerts から  4-9

イベントの詳細  3-15

カスケードされた電話  3-24

グループ メンバシップの詳細  16-30

グループの要約  16-28

検出ステータス  15-27

しきい値  17-25

システム アプリケーション MIB ログ ファイル  19-32

デバイス グループ  16-28

デバイスの詳細  3-23, 15-20

統計

グラフ  7-8

表  7-11

ノード間テスト情報  10-17

物理接続性  2-8

ポーリング パラメータ  17-12

ホップバイホップ遅延  2-14

隣接デバイス  2-8

ログ ファイル

ノード間テストの  10-21

モジュール別  19-15

品質、音声、およびデータ ジッタ テスト  10-4

ファイル所有権  19-18

フィルタ、~の

Alerts and Events 画面  3-8

IP Phone レポート  12-11

Phone Activities 画面  5-7

Service Quality Alerts 画面  4-5

復元

データ  19-25

デフォルト ポーリング パラメータ  17-17

デフォルトしきい値  17-31

物理検出

DCR  15-5

ping スイープ  15-5

シード デバイス  15-5

物理接続性、表示  2-8

フラッピングと再起動、Operations Manager の計算方法  G-1

プロセッサ、perfmon カウンタ オブジェクト  A-15

編集

インベントリ収集のスケジュール

デバイスの  15-24

電話の  15-25

グループ  16-11

しきい値  17-26

デバイス、クレデンシャル  15-17

ビュー  6-4

ポーリング パラメータ  17-14

ポート

Operations Manager の着信ポート(表)  19-6

サポートされるタイプ

Cisco CallManager  I-6

Cisco IOS ゲートウェイ  I-10

MGCP ゲートウェイ  I-8

使用状況レコード

Cisco CallManager  I-6

Cisco IOS ゲートウェイ  I-10

MGCP ゲートウェイ  I-8

ポート パフォーマンス(「汎用インターフェイスおよびポート パフォーマンスしきい値カテゴリ」を参照)  17-38

優先グループ  17-7

ポート使用状況レコード、Cisco Unity  I-37

ポーリング

ACS と  17-13

およびユーザ定義グループ  17-22

カスタマイズ

アクセス ポート設定  17-28

インターフェイス グループの設定  17-28

トランク グループの設定  17-28

設定の適用方法  17-2

設定の変更  17-10, 17-12

設定変更の適用  17-55

データ設定  17-18

ポーリング、音声状態設定

最小値と最大値  17-20

デバイス グループ別の  17-20

ポーリング、音声使用率設定  17-23

サポートされるポートとリソース  17-24

デバイス グループ別の  17-23

ポーリング、データ設定

アクセス ポート設定

最小値と最大値  17-18

~の使用方法  17-18

環境設定

最小値と最大値  17-18

使用方法  17-18

コネクタ ポート設定

最小値と最大値  17-18

使用方法  17-18

デバイス グループ別の  17-18

到達可能性設定

最小値と最大値  17-18

プロセッサおよびメモリ使用率設定

最小値と最大値  17-18

使用方法  17-18

ポーリング設定

音声状態設定

デバイス グループ別の  17-20

音声使用率設定

デバイス グループ別の  17-23

設定

Alert Details ページから

ポーリング、設定  3-12

Detailed Device View から  3-21

Service Level View から  2-18

データ設定

環境  17-18

デバイス グループ別の  17-18

到達可能性  17-18

プロセッサとメモリ  17-18

ポートとインターフェイス  17-18

適用される  17-2

ポーリングとしきい値  17-1

ACS と  17-25

ICMP ポーリング  F-2

ICMP ポーリング、SNMP ポーリングとの調整  F-3

SNMP ポーリング  F-3

ICMP ポーリングとの調整  F-3

Operations Manager がサポートする SNMP バージョン  F-1

SNMP ポーラーの仕組み  F-3

ポーリングの最適化要求、統合  F-3

しきい値、管理  17-25

しきい値パラメータとイベントのマトリックス値  17-50

デフォルト値、復元  17-31

表示  17-25

編集  17-26

(「しきい値パラメータ、最小と最大の設定」も参照)  17-50

設定  17-1

設定の変更  17-10, 17-12

説明  17-2

(「デバイス機能のポーリング設定」も参照)  17-18

デバイスに適用される設定  17-2

パラメータ、管理

デバイス機能とポーリング設定、説明  17-18

デフォルト ポーリング パラメータ、復元  17-17

表示  17-13

変更、適用される方法  17-17

編集  17-14

プライオリティ、設定  17-3

ポーリングとしきい値に対する変更の適用  17-55

ホップバイホップ遅延、表示  2-14

マップ表示

Service Level View  2-6

使用  2-6

マニュアル  xxii

IDU 情報  xxiv

この~の対象読者  xxi

この製品に固有の  xxiv

~で使用する表記法  xxi

メールボックス使用状況レコード、Cisco Unity Express  I-34

メディア サーバ、Operations Manager で使用するための設定  E-1

Cisco CallManager クラスタ名、変更  E-2

Cisco CallManager、実行中  E-2

メモリ使用状況レコード

Cisco CallManager Express  I-19

Cisco IOS ゲートウェイ  I-19

Cisco IOS ゲートキーパー  I-19

Cisco Unity Express  I-19

SRST デバイス  I-19

模擬テスト、使用  9-1

Cisco Unity Message-Waiting Indicator テスト、~について  9-3

Dial-Tone テスト

追加  9-7

~について  9-2

Emergency Call テスト

情報、記録  9-21

追加  9-11

~について  9-3

End-to-End Call テスト

追加  9-8

~について  9-2

IP 電話

Cisco 7960 電話  9-4

テスト用に設定  9-5

Message Waiting Indicator テスト、追加  9-12

Personalized Report、~に含まれる  13-2

Phone Registration テスト

追加  9-7

~について  9-2

Synthetic Test Integrator ログ ファイル、場所  19-17

TFTP Download テスト

追加  9-9

~について  9-2

アプリケーション、~用に設定  9-4

概要  1-8

関連するイベント

SyntheticTestsFailed  D-24

SyntheticTestsNotRun  D-24

しきい値、定義  17-44

失敗、リストに表示された  19-11

スケジュール  9-19

テストについて  9-2

テストの削除  9-18

テストの失敗、トラブルシューティング  9-4

テストの設定  9-3

Alert Details から  3-12

Detailed Device View から  3-21

Service Level View から  2-16

テストの追加  9-6

Cisco Conference Connection  9-9

Dial-Tone  9-7

Emergency Call  9-11

End-to-End Call  9-8

Message Waiting Indicator  9-12

Phone Registration  9-7

TFTP Download  9-9

テストの変更  9-18

テストの目的  9-1

の特記事項  9-20

模擬テストの保守  9-6

管理ページ、開く  9-6

テストの設定  9-3, 9-6

ワークシート  9-21

Cisco CallManager 情報  9-21

Cisco Conference Connection テスト  9-22

Cisco Unity Message-Waiting Indicator テスト  9-22

Emergency Call テスト  9-21

モニタリング ダッシュボード

アクティブなビュー  6-1

概要  1-6

ユーザ ロール

ACS  1-22

CiscoWorks  1-22

説明  1-22

ユーザ定義デバイス グループ  16-3

優先グループ

インターフェイス  17-7

デバイス  17-6

ポート  17-7

ライセンス

Service Monitor  4-1

デバイス制限  1-23

ライセンス、およびシステム制限  19-11

ラウンドトリップ応答時間しきい値、ノード間テストの設定  10-6, 10-7, 10-9

リピータ MIB トラップ  B-6

リングバック応答時間しきい値、ノード間テストの設定  10-10

隣接デバイス、表示  2-8

ルータ、デバイス アイコン、Service Level View  2-9

レポート、ソート  1-19

レポートのソート  1-19

ロギング、設定  19-14

ログ ファイル

上書き前の最大サイズ  19-15

場所

adapterServer.log  19-15

ADD.log  19-15

CiscoCallManagerOrClusterGroupingError.log  19-16

DDV.log  19-15

DeviceManagement.log  19-15

dfmEvents.log  19-15

EPM.log  19-15

FHCollector.log  19-15

FHUI.log  19-15

Interactor.log  19-16

InventoryCollector.log  19-16

nos.log  19-16

PhoneReachability.log  19-16

Poller.log  19-15

PollingThresholdAdapter.log  19-16

Rediscovery.log  19-16

SRST モニタリング ログ  19-17

STIntegratorUI.log  19-17

TGU.log  19-16

TISServer.log  19-16

vgm.log  19-17

vhmEvents.log  19-15

VHMSTIntegrator.log  19-17

VHMSTIntegratorOperation.log  19-17

表示と保守  19-15

保持  19-29