Cisco Unified Operations Manager 8.6 インストレーション ガイド(Service Monitor 搭載)ソフトウェア リリース 8.6 Cisco Unified Communications Management Suite
ライセンス
ライセンス
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/11/06 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

ライセンス

ライセンスの概要

ライセンス ステータスの確認

購入可能なライセンス

ライセンス処理のシナリオ

ライセンスの入手方法

PAK の入手

ライセンス ファイルの入手

Operations Manager へのライセンス ファイルの登録

ライセンス リマインダ

評価版:期限切れになる前

購入バージョン:ライセンス ファイルなし

購入バージョン:デバイス制限を超過した場合

ライセンス

この付録では、Cisco Unified Operations Manager のライセンス情報について説明します。次の事項について説明します。

「ライセンスの概要」

「ライセンス リマインダ」

ライセンスの概要

Operations Manager は、ソフトウェアベースの製品登録およびライセンス キー テクノロジーを備えています。ライセンスの付与によって、Operations Manager のライセンス取得済みコピーを所有できます。

ライセンス処理ではノードロック テクノロジーを使用します。ライセンス ファイルは、指定した MAC アドレスだけで使用できます。

ライセンスを付与し、インストールし、VMware で Operations Manager を実行するには、仮想マシンのスタティック アドレスを設定する必要があります。

ここでは、次の内容について説明します。

ライセンス ステータスの確認

購入可能なライセンス

ライセンスの入手方法

PAK の入手

ライセンス ファイルの入手

Operations Manager へのライセンス ファイルの登録

Operations Manager がライセンスされているかどうかを判断するには、「ライセンス ステータスの確認」を参照してください。ライセンスがないか、ライセンスをアップグレードする場合は、「ライセンス処理のシナリオ」を参照してください。

ライセンス ステータスの確認

Operations Manager および Service Monitor のライセンス ステータスはどちらも、次の手順を使用して確認できます。ライセンス ステータスは、[Common Services] > [Server] > [Admin] > [Licensing] からも表示できます。

Operations Manager の場合

ライセンス ステータスを確認するには、[Administration] > [System Settings] > [Miscellaneous] > [Licensing Information] を選択します。

[Licensing Information] ページが表示され、そこにライセンス情報が表示されます。ウィンドウの説明については、オンライン ヘルプを参照してください。

Common Services の場合

[Administration] > [Server Administration] > [Administration] > [Licensing] の順に選択します。[Licensing Information] ページが表示され、次の表に説明する情報が示されます。

 

カラム
説明

Name

製品の略称。Operations Manager の場合は OM です。

Version

Product version: A.b 。この A はメジャー バージョン番号で、 b はマイナー バージョン番号です。

Size

制限。Operations Manager がサポートする IP 電話の数です。登録済み、未登録、および疑わしい電話がライセンス制限までカウントされます。

Status

次のいずれかです。

Purchased:製品は登録済みで、ライセンスが付与されています。

Evaluation:このライセンスは有効期限付きです。Operations Manager および Service Monitor は実行を停止します。

Expiration Date

Operations Manager が実行を停止する日付。評価ライセンスに適用されます。評価期間は 90 日です。

購入可能なライセンス

電話機の固有の番号(製品を注文するときに、オンラインで表示される)をサポートするフル機能の Operations Manager 用基本ライセンスを購入できます。増分ライセンスまたは スケール ライセンスを購入して、サポートされる電話機の台数を増やすことができます。

ライセンス処理のシナリオ

表 B-1 に、Operations Manager のライセンスを付与された登録済みコピーを所有していない場合またはデバイスのサポートを増やす場合のさまざまなシナリオで実行する作業を示します。

 

表 B-1 ライセンスの取得および登録方法

シナリオ
対処方法

購入ライセンスによるインストール

1. インストールする前に、ライセンス ファイルを取得します。 「ライセンスの入手方法」 を参照してください。

ライセンス ファイルがなくても Operations Manager をインストールできます。インストール後にライセンスをアップグレードできます。「Operations Manager へのライセンス ファイルの登録」を参照してください。

2. インストール時に、[License File Location] を選択し、ライセンス ファイルの場所を指定します。

評価ライセンスによるインストール

評価ライセンスでは、モニタ対象が 2,000 台のデバイスと 10,000 台の電話機に制限されています。

インストール中に [Evaluation Only] を選択します。評価バージョンは 90 日間有効です。期限切れになると購入を求められます。

インストール後に購入ライセンスにアップグレードする場合は、インストールしたバージョンの Operations Manager の PAK とライセンス ファイルを取得します。ライセンス付与の手順については、 「ライセンスの入手方法」 を参照してください。

追加のデバイスのライセンスの取得(評価ライセンスからのアップグレードまたはサポートするデバイス数の増加)

「ライセンスの入手方法」 を参照してください。

ライセンスを評価バージョンからアップグレードした場合、またはデバイス制限の数を増やした場合には、デーモン マネージャを再起動する必要があります。

デーモン マネージャを再起動しないと、新しいデバイス制限が有効にならず、システム ステータス レポートに正しい情報が表示されません。

別のサーバへの Operations Manager の移動

詳細については、Cisco TAC に連絡してください。

ライセンスの入手方法

Operations Manager ライセンス ファイルには、最大 500 台の電話機に対するサポートが含まれています。デバイス サポートを追加するための増分ライセンスを購入し、最大 45,000 台の電話機を単一の Operations Manager に登録できます。

購入した増分ライセンスごとに PAK が提供されるので、その PAK を使用してライセンス ファイルを入手する必要があります。登録済み、未登録、および疑わしい電話がライセンス制限までカウントされます。

追加ライセンスの購入に関する詳細については、次の Web サイトを参照してください。 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6535/prod_bulletins_list.html


) このライセンス プロセスは、Service Monitor にも適用されます。


このプロセスは、次のような新規インストールとライセンスのアップグレードに適用されます。


ステップ 1 Product Authorization Key(PAK; 製品認証キー)を入手します。

PAK は Cisco.com で Operations Manager を登録したり、後から購入する Operations Manager の追加のデバイス サポートを登録したりするために使用されます。PAK にはリソース制限が含まれます。「PAK の入手」を参照してください。

ステップ 2 ライセンス ファイルを入手します。

Cisco.com で PAK を登録すると、ライセンス ファイルを取得できます。「ライセンス ファイルの入手」を参照してください。

ステップ 3 ライセンス ファイルをコピーします。

ユーザ名 casuser またはユーザ グループ casuser に対して読み取り権限が設定された、Operations Manager がインストールされるサーバのディレクトリにファイルをコピーする必要があります。

Operations Manager をすでにインストールしていて、ライセンス ファイルをアップグレードする場合は、Operations Manager にライセンス ファイルを登録する必要があります。「Operations Manager へのライセンス ファイルの登録」を参照してください。


 

PAK の入手

PAK は、Operations Manager の製品 CD に付属するソフトウェア権利証明書に記載されています。

ライセンス ファイルの入手

VMware サーバに Operations Manager をインストールするには、ライセンス ファイルを入手するためにスタティック MAC アドレスを指定する必要があります。ダイナミック MAC アドレスが仮想マシンに設定されている場合、Operations Manager は購入したライセンスで動作しません。詳細については、「VMware に関するガイドライン」を参照してください。


ステップ 1 PAK と、Operations Manager がインストールされているシステムの MAC アドレスを Cisco.com( http://www.cisco.com/go/license )に登録します。

ログインのためのプロンプトが表示されます。ログインするには、Cisco.com の登録ユーザである必要があります。

ライセンス処理ではノードロック テクノロジーが使用されるため、MAC アドレスは必須です。ライセンス ファイルは、指定した MAC アドレスだけで使用できます。

ライセンス ファイルは電子メールで送信されます。

ステップ 2 ライセンス ファイルを入手したら、ライセンスを Operations Manager サーバに登録します。


 

Operations Manager へのライセンス ファイルの登録

ライセンス ファイルを登録するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 ライセンス ファイルを Operations Manager サーバ上の、ユーザ名 casuser またはユーザ グループ casuser が読み取り権限を持つディレクトリにコピーします。

ステップ 2 次のようにしてライセンスをインストールします。

a. [Administration] > [Server Administration] > [Administration] > [Licensing] の順に選択します。(詳細については、CiscoWorks オンライン ヘルプを参照してください)。

[Licensing Information] ページが表示されます。

b. [Update] をクリックします。

ファイル ブラウザ ダイアログボックスが表示されます。

c. 新しいライセンス ファイルへのパスを [License File] フィールドに入力するか、[Browse] をクリックして、サーバにコピーしたライセンス ファイルの場所を指定します。

d. [OK] をクリックします。

システムにより、ライセンス ファイルが有効であるかどうか確認され、ライセンスが更新されます。アップデートされたライセンス情報が Licensing Information ページに表示されます。2 つ以上のライセンスを購入した場合は、ステップ 2 を繰り返して各ライセンスをインストールしてください。

エラーが発生した場合は、製品のライセンスを取得する手順をやり直します。

ステップ 3 コマンド プロンプトから次のコマンドを実行して、デーモン マネージャを一度停止し、再度起動します。

net stop crmdmgtd
net start crmdmgtd
 


 

ライセンス リマインダ

次のバージョンの場合、Operations Manager はリマインダ(注意喚起)を提供します。

「評価版:期限切れになる前」

「購入バージョン:ライセンス ファイルなし」

「購入バージョン:デバイス制限を超過した場合」

評価版:期限切れになる前

Operations Manager の評価版をインストールした場合、90 日の評価期間後も製品を使用し続けるには、Cisco.com からライセンス ファイルを取得する必要があります。詳細については、「ライセンスの入手方法」を参照してください。

評価ライセンスの有効期限が切れるまでは、次のプロンプトが表示されます。

This software is provided for evaluation purposes only and will expire in XX days. If this is not an evaluation copy, please click this link for information about obtaining a valid purchase license. Click here for current licensing information. Otherwise, please contact your Cisco representative for purchasing information.
 

このメッセージは、ログインして Operations Manager にアクセスしようとすると警告メッセージとして表示されます。評価ライセンスをアップグレードしない場合、すべての Operations Manager プロセスは実行されますが、Operations Manager 機能へのアクセスは禁止されます。

購入バージョン:ライセンス ファイルなし

購入バージョンの Operations Manager をインストールした場合は、PAK 番号を使用して Operations Manager を登録する必要があります。詳細については、「ライセンスの入手方法」を参照してください。Operations Manager を登録しなかった場合は、次のプロンプトが表示されます。

The license file is invalid. Please click this link for information about obtaining a valid purchase license. Click here for current licensing information. Otherwise, please contact your Cisco representative for purchasing information.
 

Operations Manager は完全に機能します。ただし、ライセンスが登録されるまで、継続してアラートが表示されます。

購入バージョン:デバイス制限を超過した場合

制限付きライセンスの場合は、デバイス インベントリがデバイス制限に近づくと、Operations Manager がそのことを通知します。Operations Managerは、登録済み、未登録、および疑わしい電話をライセンス制限までカウントします。

デバイス制限に達すると、Operations Manager は次のメッセージを表示します。

デバイス制限を超過した場合

You have exceeded the device limit for Cisco Unified Operations Manager. Devices will not be managed.
 

電話機の制限を超過した場合

You have exceeded the phone limit for Cisco Unified Operations Manager. Please click here for current licensing information. Please contact your Cisco representative to determine if additional licenses can be purchased for this server.
 

Operations Manager はそのまま機能しますが、すぐに管理対象インベントリへのデバイスおよび電話機の追加が停止します。