Cisco Prime Collaboration Manager 1.2 ユーザ ガイド
通知の設定
通知の設定
発行日;2012/08/29 | 英語版ドキュメント(2012/08/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

通知の設定

電子メール通知の設定

SNMP トラップ通知の設定

Cisco EPM Notification MIB

SNMPv2 トラップ通知の例

通知の設定

Prime CM では、以下のように設定できます。

電子メールによる通知:Prime CM は、重大、やや重大、または比較的重大ではないの各アラームがエンドポイント、ネットワーク デバイス、およびサービス インフラストラクチャ デバイスに対してトリガーされると、電子メール通知を送信します。

アラーム ステータスが更新されたときに電子メールを送信するよう設定できます。アラーム ステータスは、[Active]、[Acknowledged]、または [Cleared] に更新されます。

イベントがクリアされたときに通知を受信するように設定する必要があります。

SNMP トラップ通知:Prime CM は、アラームとイベントのトラップを生成し、トラップ レシーバに通知を送信します。これらのトラップは、Prime CM サーバによって生成されたイベントとアラームに基づきます。トラップは SNMPv2c 通知に変換され、CISCO-EPM-NOTIFICATION-MIB に従ってフォーマットされます。

SNMP トラップ通知により、イベントがクリアされるとデフォルトで通知が送信されます。

HP OpenView などのトラップ レシーバを使用してトラップをモニタしている場合は、Prime CM サーバを設定して通知を送信できます。

電子メール通知の設定

通知を受信する最小の重大度を選択できます。「やや重大」イベントの通知を受け取るように選択した場合、「やや重大」イベントと「重大」イベントをすべて受け取ります。同様に、「重大」イベントの場合は、「重大」イベントのみを受信し、「比較的重大ではない」イベントの場合はすべての重大度の通知を受信します。

電子メール通知を設定するには次の手順を実行します。


ステップ 1 [Administration] > [System Configuration] を選択します。

[System Configuration] ページが表示されます。

ステップ 2 [Category] ペインでカテゴリ タイプを確認します。

ステップ 3 [Category] ペインのドロップダウン リストで、アラームの最小の重大度を選択します。

ステップ 4 [Send Notifications for] ペインでアラーム ステータスを確認します。

アラームのステータスを選択しなければ、アラームがクリア、認知、または Active に変更されたときに通知が送信されません。

ステップ 5 [Notifications E-mails] ペインで、電子メール アドレスをコンマで区切って入力します。

電子メール通知を受信するように、SMTP サーバを設定する必要があります。Prime CM サーバから送信される通知電子メールの送信元アドレスを設定することもできます。


 

電子メール通知

電子メール通知には、次の詳細情報が含まれています。

デバイスの詳細

[Device Name]:管理対象デバイスのホスト名。

[Device IP Address]:管理対象デバイスの IP アドレス。

[Device Software]:デバイスで実行されているソフトウェア バージョン。

アラームの詳細

[Alarm Time Stamp]:アラームがトリガーされた時刻。Prime CM クライアントの時間帯が使用されます。

[Alarm Type Name]:アラームのタイプ。たとえば、[Call Quality - Packet Loss]、[Device Access Error]、[Interface Error] です。

[Alarm Severity]:アラームの重大度。たとえば、[MAJOR]、[MINOR] です。

[Alarm Device Category]:デバイスのタイプ。たとえば、[CTS]、[CTMS] です。

[Alarm Description]:アラームの説明。たとえば、[Call quality alarm]、[packet loss above threshold] です。

[Event Description]:イベントの説明。たとえば、[audio rx packet loss on primary Codec stream is 1.11% (> 1.00%)] です。

[Alarm Acknowledged]:アラームが認知されているかどうかのステータス。

セッションの詳細

[Device in Session]:デバイスがセッションでアクティブかどうかを表示します。

[Session Status]:セッションのステータスを表示します。

[Session Type]:セッションがポイントツーポイントであるか、マルチポイント セッションであるか。

[Phone Number Dialed]:ダイヤルしたエンドポイントの電話番号。

[Session Duration]:セッションの期間。

セッションの詳細は、エンドポイントのアラーム通知を受信する場合は適用されません。

[Cisco Prime Collaboration Manager Server Name]:Prime CM サーバのホスト名。

SNMP トラップ通知の設定

主な機能は次のとおりです。

特定の重大度(重大、やや重大、または比較的重大ではない)のアラームとイベントに対し、通知がトリガーされます。

通知は、UDP を使用し、ポート 162 の複数のトラップ レシーバに送信されます。

Prime CM サーバでは、最大で 5 つのトラップ レシーバを設定できます。

トラップ設定が更新されると(重大度レベルの変更、アラームまたはイベントのイネーブル化)、Prime CM サーバは、新しい設定に合わせてランタイム時の動作を動的に変更します。

Prime CM でトラップ レシーバを登録するには、次のパラメータが必要です。

[SNMP Community String]:SNMP 通知を送信するために使用される SNMP コミュニティ ストリング。トラップ レシーバごとに異なるコミュニティ ストリングを設定できます。

コミュニティ ストリングとは、OSS クライアント(Netcool や MIB-Browser など、トラップを受信するために使用するアプリケーション)で実行される SNMP エージェントへのアクセスを許可するパスワードです。SNMP エージェントは、特定の定義済みのコミュニティ ストリングまたはパスワードを含まないトラップを無視したり、ノイズを回避したり、承認されたトラップ ジェネレータからのみトラップを参照したりできます。

[Trap Receiver IP]:SNMP 通知の送信先となるトラップ レシーバの IP アドレス。

Prime CM では、最大で 5 つのトラップ レシーバを設定できます。

Prime CM サーバとトラップ レシーバ間でネットワーク ファイアウォールを設定した場合は、トラップ レシーバでポート 162(UDP)が開かれており、通知を受信できることを確認してください。

Prime CM サーバでトラップ レシーバを設定する手順は次のとおりです。


ステップ 1 [Administration] > [System Configuration] を選択します。

[System Configuration] ページが表示されます。

ステップ 2 トラップを受信するには、[Trap Configuration] ペインで [Alarms] [Events] のいずれかまたは両方を選択します。

異なるトラップ レシーバで、異なる通知(アラームやイベント)をイネーブルにはできません。すべてのトラップ レシーバで、同じ通知を指定する必要があります。

ステップ 3 [Choose minimum severity level that triggers notification] ドロップダウン リストから、重大度を選択します。

異なるトラップ レシーバに対し、異なる重大度を選択することはできません。すべてのトラップ レシーバで、同じ重大度を指定する必要があります。

通知を受信する最小の重大度を選択できます。「やや重大」イベントに対し、通知を受信するよう設定した場合は、 すべての「やや重大」イベントと「重大」イベントに対して通知が送信されます。同様に、「重大」イベントの場合は、「重大」イベントのみを受信し、「比較的重大ではない」イベントの場合はすべての重大度の通知を受信します。

ステップ 4 トラップ レシーバの IP アドレスと SNMP コミュニティ ストリングを入力します。

ステップ 5 トラップ レシーバの詳細を追加するには、[New] をクリックします。

[Trap Configuration] テーブルに、トラップ レシーバの詳細が表示されます。

トラップ レシーバの IP、SNMP コミュニティ ストリング、重大度、イベント、およびアラーム設定は、いつでも編集できます。新しい設定に合わせて、Prime CM サーバがランタイム時の動作を動的に変更します。

[Reset to Default] ボタンを使用して、トラップ レシーバの詳細をリセットできます。

ステップ 6 [Save] をクリックして、システム設定を保存します。


 

Cisco EPM Notification MIB

アラームまたはイベントが Prime CM サーバで受信されると、CISCO-EPM-NOTIFICATION-MIB で定義されているトラップ フォーマットに変換されます。他の MIB オブジェクトはサポートされていません。すべてのトラップ レシーバは、同じトラップ フォーマットの同じトラップを受信します。

CISCO-EPM-NOTIFICATION-MIB は、 Cisco.com からダウンロードできます。

表 22-1 に、アラームに対して Prime CM によって割り当てられた、MIB OID と関連値とのマッピングを示します。

 

表 22-1 CISCO-EPM-NOTIFICATION-MIB アラーム概要

トラップ フィールド名
OID
タイプ
Prime CM アラーム
トラップ フォワーダの内容(EPM MIB)

cenAlarmIndex

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.1

Unsigned32

--

MIB index

cenAlarmVersion

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.2

SnmpAdmin
String

--

この MIB のバージョン。バージョン文字列は、 メジャー バージョン . マイナー バージョン の形式です。

(注) 必ず 1.1 に設定します。

cenAlarmTimestamp

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.3

Timestamp

Timestamp

アラームがトリガーされた時刻。

cenAlarmUpdatedTimestamp

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.4

Timestamp

lastmodified
timestamp

アラームが最後に変更された時刻。

cenAlarmInstanceID

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.5

SnmpAdmin
String

ID

Prime CM によって生成された一意のアラーム ID。

cenAlarmStatus

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.6

Integer32

lastcleartime

アラームがアクティブであるか(1)、クリアされたか(2)を示します。

cenAlarmStatus
Definition

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.7

SnmpAdmin
String

lastcleartime

アラームに関する簡単な説明。

1:アクティブ

2:クリア済み

cenAlarmType

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.8

Integer

--

アラーム タイプは直接(2)です。

cenAlarmCategory

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.9

Integer32

category

アラームのカテゴリ。整数値として表示されます。

cenAlarmCategory
Definition

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.10

SnmpAdmin
String

category

AlarmCategory を文字で表したものです(番号,説明)。

3,Endpoint:すべてのエンドポイントのハードウェア アラーム(ペリフェラル エラー)。

4,Network Devices:すべてのネットワーク デバイスのハードウェア アラーム(インターフェイス エラー)。

5,Service Infrastructure:コールおよびセッション制御(Cisco Unified CM および VCS)、管理(CTS-Manager および TMS)、マルチポイント スイッチ(CTMS)、およびマルチポイント コントロール ユニット(TPS、MCU)のアラーム。

6,Session:エンドポイントのアラーム(セッションの一部)、およびネットワークのアラーム(ジッター、遅延、またはドロップ)。

cenAlarmServer
AddressType

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.11

InetAddress
Type

--

このトラップを生成しているサーバに到達可能なインターネット アドレスの種類。この値は、IPv4 管理の場合は 1 に設定されます。

cenAlarmServer
Address

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.12

InetAddress

--

Prime CM IP アドレスまたは DNS 名。

cenAlarmManaged
ObjectClass

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.13

SnmpAdmin
String

Source

CTS、Cisco VCS などのソースのエンティティ タイプ。

cenAlarmManaged
ObjectAddressType

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.14

InetAddress
Type

Source

管理対象デバイスに到達可能なインターネット アドレスの種類。この値は、IPv4 管理の場合は 1 に設定されます。

cenAlarmManaged
ObjectAddress

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.15

InetAddress

Source

管理対象オブジェクトの IP アドレスまたは DNS 名。

cenAlarmDescription

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.16

OctetString

Description

アラームの詳細。

cenAlarmSeverity

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.17

Integer32

Severity

アラームの重大度を整数値で示します。有効な整数は 0 ~ 7 です( cenAlarmSeverity Definitionを参照)。

cenAlarmSeverity
Definition

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.18

OctetString

Severity

アラームの重大度を文字列で表したもの(番号,説明)。

0,critical

1,major

2,minor

3,warning

4,info

5,normal

6,unknown

7,cleared

cenAlarmTriageValue

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.19

Integer32

--

未使用。

cenEventIDList

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.20

OctetString

--

このアラームの原因となったイベント ID のリスト。

cenUserMessage1

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.21

SnmpAdmin
String

isacknowledged

このアラームが認知されたかどうかを示します。

cenUserMessage2

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.22

SnmpAdmin
String

previous
Severity

アラームの以前の重大度。

例として、セッションの実行中に「やや重大」アラームがトリガーされた場合を考えます。セッション完了後、セッション アラームは自動的にクリアされます。このセッションにおけるアラームの直前の重大度は「やや重大」なので、この場合は [Major] と表示されます。

cenUserMessage3

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.23

SnmpAdmin
String

--

未使用。

cenAlarmMode

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.24

Integer

--

2:アラート。このトラップは、アラーム通知であるかイベント通知であるかを示します。

cenPartitionNumber

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.25

Unsigned32

--

未使用。

cenPartitionName

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.26

SnmpAdmin
String

--

未使用。

cenCustomer
Identification

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.27

SnmpAdmin
String

ownerid

アラームに割り当てられたユーザ。

cenCustomerRevision

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.28

SnmpAdmin
String

--

未使用。

cenAlertID

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.29

SnmpAdmin
String

id

cenAlarmInstanceID と同じ。

表 22-2 に、アラームに対して Prime CM によって割り当てられた、MIB OID と関連値とのマッピングを示します。

 

表 22-2 CISCO-EPM-NOTIFICATION-MIB イベント概要

トラップ フィールド名
OID
タイプ
Prime CM イベント
トラップ フォワーダの内容(EPM MIB)

cenAlarmIndex

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.1

Unsigned32

--

MIB のインデックス。

cenAlarmVersion

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.2

SnmpAdmin
String

--

この MIB のバージョン。バージョン文字列は、 メジャー バージョン . マイナー バージョン の形式です。

(注) 必ず 1.1 に設定します。

cenAlarmTimestamp

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.3

Timestamp

Timestamp

イベントがトリガーされた時刻。

cenAlarmUpdatedTimestamp

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.4

Timestamp

--

未使用。

cenAlarmInstanceID

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.5

SnmpAdmin
String

ID

Prime CM によって生成された一意のイベント ID。

cenAlarmStatus

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.6

Integer32

--

未使用。

cenAlarmStatus
Definition

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.7

SnmpAdmin
String

--

未使用。

cenAlarmType

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.8

Integer

--

イベント タイプは直接(2)です。

cenAlarmCategory

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.9

Integer32

category

イベントのカテゴリ。整数値として表示されます。

cenAlarmCategory
Definition

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.10

SnmpAdmin
String

category

AlarmCategory を文字で表したものです(番号,説明)。

3,Endpoint:すべてのエンドポイントのハードウェア イベント(ペリフェラル エラー)。

4,Network Devices:すべてのネットワーク デバイスのハードウェア イベント(インターフェイス エラー)。

5,Service Infrastructure:コールおよびセッション制御(Cisco Unified CM および VCS)、管理(CTS-Manager および TMS)、マルチポイント スイッチ(CTMS)、およびマルチポイント コントロール ユニット(TPS、MCU)のイベント。

6,Session:エンドポイントのイベント(セッションの一部)、およびネットワークのイベント(ジッター、遅延、またはドロップ)。

cenAlarmServer
AddressType

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.11

InetAddress
Type

--

このトラップを生成しているサーバに到達可能なインターネット アドレスの種類。この値は、IPv4 管理の場合は 1 に設定されます。

cenAlarmServer
Address

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.12

InetAddress

--

Prime CM IP アドレスまたは DNS 名。

cenAlarmManaged
ObjectClass

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.13

SnmpAdmin
String

Source

CTS、Cisco VCS などのソースのエンティティ タイプ。

cenAlarmManaged
ObjectAddressType

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.14

InetAddress
Type

Source

管理対象デバイスに到達可能なインターネット アドレスの種類。この値は、IPv4 管理の場合は 1 に設定されます。

cenAlarmManaged
ObjectAddress

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.15

InetAddress

Source

管理対象オブジェクトの IP アドレスまたは DNS 名。

cenAlarmDescription

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.16

OctetString

Description

イベントの詳細。

cenAlarmSeverity

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.17

Integer32

Severity

イベントの重大度を整数値で示します。有効な整数は 0 ~ 7 です( cenAlarmSeverity Definitionを参照)。

cenAlarmSeverity
Definition

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.18

OctetString

Severity

アラームの重大度を文字列で表したもの(番号,説明)。

0,critical

1,major

2,minor

3,warning

4,info

5,normal

6,unknown

7,cleared

cenAlarmTriageValue

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.19

Integer32

--

未使用。

cenEventIDList

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.20

OctetString

--

未使用。

cenUserMessage1

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.21

SnmpAdmin
String

--

未使用。

cenUserMessage2

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.22

SnmpAdmin
String

--

未使用。

cenUserMessage3

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.23

SnmpAdmin
String

--

未使用。

cenAlarmMode

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.24

Integer

--

3:イベント。このトラップは、アラーム通知であるかイベント通知であるかを示します。

cenPartitionNumber

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.25

Unsigned32

--

未使用。

cenPartitionName

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.26

SnmpAdmin
String

--

未使用。

cenCustomer
Identification

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.27

SnmpAdmin
String

--

未使用。

cenCustomerRevision

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.28

SnmpAdmin
String

--

未使用。

cenAlertID

1.3.6.1.4.1.9.9.311.0.2.1.1.2.1.29

SnmpAdmin
String

--

未使用。

SNMPv2 トラップ通知の例

次の SNMPv2 トラップ通知は、Prime CM サーバでアラームとイベントがトリガーされると送信されます。

「アラームの SNMPv2 トラップ通知の例」

「イベントの SNMPv2 トラップ通知の例」

アラームの SNMPv2 トラップ通知の例

この例では、次の条件があります。

イベント 102881 および 102883 によってアラーム 102882 がトリガーされます。

アラームはアクティブで、まだ認知されていません。

アラームの重大度は「やや重大」で、パケット損失がしきい値を超えたために、セッションに対してトリガーされます(Call quality アラーム)。このアラームをトリガーしたエンドポイント(CTS)の IP アドレスは 172.23.223.189 です。

Prime CM サーバの IP アドレスは 172.23.223.148 です。

.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmVersion: 1.2
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmTimestamp: Tue Aug 02 16: 10: 46 UTC 2011
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmUpdatedTimestamp: Tue Aug 02 16: 10: 46 UTC 2011
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmInstanceID: 102882
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmStatus: INTEGER: 1
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmStatusDefinition: 1,active
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmType: INTEGER: 2
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmCategory: INTEGER: 6
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmCategoryDefinition: 6,session
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmServerAddressType: INTEGER: 1
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmServerAddress: 172.23.223.148
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmManagedObjectClass: CTS
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmManagedObjectAddressType: INTEGER: 1
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmManagedObjectAddress: 172.23.223.189
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmDescription: Call quality alarm, packet loss above threshold.
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmSeverity: INTEGER: 1
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmSeverityDefinition: 1,major
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmTriageValue: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenEventIDList: 102881, 102883
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenUserMessage1: unacknowledged
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenUserMessage2: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenUserMessage3: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmMode: INTEGER: 2
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenPartitionNumber: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenPartitionName: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenCustomerIdentification: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenCustomerRevision: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlertID: 102882
 

イベントの SNMPv2 トラップ通知の例

次に、イベント 102881 の通知例を示します。

イベントの重大度は「やや重大」で、プライマリ コーデック ストリームのオーディオ rx パケット損失が 1.93%(1.00% より多い)になったため、セッションに対してトリガーされます。

このアラームをトリガーしたエンドポイント(CTS)の IP アドレスは 172.23.223.189 です。

Prime CM サーバの IP アドレスは 172.23.223.148 です。

.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmVersion: 1.2
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmTimestamp: Tue Aug 02 16: 10: 46 UTC 2011
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmUpdatedTimestamp: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmInstanceID: 102881
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmStatus: INTEGER: -1
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmStatusDefinition: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmType: INTEGER: 2
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmCategory: INTEGER: 6
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmCategoryDefinition: 6,session
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmServerAddressType: INTEGER: 1
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmServerAddress: 172.23.223.148
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmManagedObjectClass: CTS
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmManagedObjectAddressType: INTEGER: 1
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmManagedObjectAddress: 172.23.223.189
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmDescription: audio rx packet loss on primary Codec stream is 1.93% (> 1.00%)
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmSeverity: INTEGER: 1
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmSeverityDefinition: 1,major
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmTriageValue: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenEventIDList: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenUserMessage1: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenUserMessage2: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenUserMessage3: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmMode: INTEGER: 3
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenPartitionNumber: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenPartitionName: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenCustomerIdentification: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenCustomerRevision: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlertID: not applicable
 

次に、イベント 102883 の通知例を示します。

イベントの重大度は「やや重大」で、プライマリ コーデック ストリームのビデオ rx パケット損失が 2.78%(1.00% より多い)になったため、セッションに対してトリガーされます。

このアラームをトリガーしたエンドポイント(CTS)の IP アドレスは 172.23.223.189 です。

Prime CM サーバの IP アドレスは 172.23.223.148 です。

 
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmVersion: 1.2
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmTimestamp: Tue Aug 02 16: 10: 46 UTC 2011
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmUpdatedTimestamp: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmInstanceID: 102883
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmStatus: INTEGER: -1
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmStatusDefinition: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmType: INTEGER: 2
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmCategory: INTEGER: 6
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmCategoryDefinition: 6,session
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmServerAddressType: INTEGER: 1
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmServerAddress: 172.23.223.148
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmManagedObjectClass: CTS
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmManagedObjectAddressType: INTEGER: 1
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmManagedObjectAddress: 172.23.223.189
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmDescription: video rx packet loss on primary Codec stream is 2.78% (> 1.00%)
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmSeverity: INTEGER: 1
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmSeverityDefinition: 1,major
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmTriageValue: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenEventIDList: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenUserMessage1: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenUserMessage2: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenUserMessage3: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlarmMode: INTEGER: 3
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenPartitionNumber: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenPartitionName: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenCustomerIdentification: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenCustomerRevision: not applicable
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoEpmNotificationMIB.ciscoEpmNotificationMIBObjects.cenAlarmData.cenAlarmTable.cenAlarmEntry.cenAlertID: not applicable