Cisco Prime Collaboration Manager 1.2 ユーザ ガイド
ポーリング間隔の定義
ポーリング間隔の定義
発行日;2012/08/29 | 英語版ドキュメント(2012/08/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

ポーリング間隔の定義

ポーリング間隔の定義

管理対象デバイスは、Prime CM データベースとデバイス データを同期するため、定期的にポーリングされます。Prime CM ポーラー マネージャは、次のポーリング間隔をサポートしています。

System Status ポーリング間隔Prime CM:

SNMP および HTTP(HTTPS)を使用して、CPU およびメモリの使用率、エンドポイントおよびマルチポイント スイッチのペリフェラル ステータスを収集します(Cisco C および Ex シリーズ エンドポイント向け)。

RTMT を使用して、コールおよびセッション コントローラから CPU およびメモリのデータを収集します。

Real-Time Monitoring Tool(RTMT)を使用してコールおよびセッション コントローラから、また HTTP(HTTPS)を使用してマルチポイント スイッチとアプリケーション マネージャからサービス ステータスを収集します。

Call Statistics ポーリング間隔:Prime CM は、エンドポイント デバイスおよび会議デバイスからそれぞれ SNMP および HTTP(HTTPS)を使用して、遅延、ジッター、パケット損失、解決などのコール統計データを収集します。

このデータは、セッションが進行中の場合のみポーリングされます。

Interface Statistics ポーリング間隔:Prime CM は、ネットワーク デバイス インターフェイスに関するデータを収集します。データとしてインターフェイスのステータス、使用率、エラーなどがあります。Interface プロファイルは SNMP を使用してデバイスをポーリングします。

このプロファイルは、自動または手動でトラブルシューティング ワークフローがトリガーされたときにだけ使用されます。

Flow Statistics ポーリング間隔:Prime CM は、mediatrace および HTTP を使用して、ネットワーク デバイスからパケット フロー関連のデータを収集します。ポーリングは、Cisco Mediatrace がネットワーク デバイスで有効な場合のみ実施されます。

このプロファイルは、自動または手動でトラブルシューティング ワークフローがトリガーされたときにだけ使用されます。

Scheduled Session ポーリング間隔:Prime CM は、HTTP(HTTPS)を使用して、管理アプリケーションからスケジュール済みセッション データを収集します。

Session ポーリング間隔:Prime CM は、HTTP(HTTPS)を使用して、会議デバイスからマルチポイント(アドホックおよびスタティック)セッション データを収集します。

Endpoint Registration ポーリング間隔:HTTP を使用して、コールおよびセッション制御デバイスから TelePresence および IP Phone 登録データを収集します(RIS も Cisco Unified CM に使用されます)。

Ad hoc Session ポーリング間隔:コールおよびセッション制御デバイスからポイントツーポイントおよびマルチサイト セッション データを収集します。Prime CM は JTAPI for Cisco Unified CM および HTTP for Cisco VCS を使用します。

Reachability:管理対象デバイスが到達可能かどうかを確認するため、ICMP ping 動作が実行されます。ポーリングが 3 度連続して失敗すると、到達不能通知が生成されます。この通知のために到達不能アラームがトリガーされます。

初回のディスカバリ中に実行された ICMP ping 動作は、デバイスのアクセシビリティを確認します。ポーリングの間に実行される ICMP ping 動作は、管理対象デバイスの到達可能性を確認します。このポーリングは、ネットワーク デバイスを除くすべての管理対象デバイスで 2 分ごとに実行されます。

表 8-1 に、ビデオ コラボレーション デバイスのデフォルトのポーリング値としきい値を示します。会社のビデオ セッションの頻度およびタイプ(アドホックまたはスケジュール済み)に基づいて、ポーリング間隔を定義する必要があります。

 

表 8-1 デフォルトのポーリング値としきい値

ポーラー プロファイル
エンドポイント
コールおよびセッション制御
会議
管理
ネットワーク デバイス

System Status ポーリング間隔

Cisco TelePresence System 500、1000、または 3000 シリーズで 5 分。

Cisco C または Ex シリーズで 30 分。

20 分

5 分

20 分

1 分

Call Statistics ポーリング間隔

5 分

--

5 分

--

--

Endpoint Registration ポーリング間隔

--

15 分

--

--

--

Ad hoc Session ポーリング間隔

--

15 分

--

--

--

Session ポーリング間隔

--

--

30 分

--

--

Scheduled Session ポーリング間隔

--

--

--

6 時間

--

Interface Statistics ポーリング間隔

--

--

--

--

1 分

Flow Statistics ポーリング間隔

--

--

--

--

1 分


) エンドポイントと IP Phone のステータスが、[Endpoint Monitoring] ページで不整合になる場合があります。これは、エンドポイントが 5 分ごとにポーリングされる(デフォルト)のに対し、コールおよびセッション制御デバイスは 15 分ごとにポーリングされる(デフォルト)からです。ポーリングが完了すると、エンドポイントと IP フォンのステータスが一致します。


しきい値

ネットワーク デバイスの CPU およびメモリ使用率のしきい値を定義できます。Cisco Mediatrace 対応デバイスについては、[Rx Packet Loss] および [Average Period Jitter] のしきい値を設定できます。値がしきい値を超えると、トラブルシューティング ワークフロー中、情報アイコン バッジがネットワーク デバイスに表示されます。このワークフローを使用して、問題が発生している正確な場所をさらに分析して特定できます。

DSCP(DSCP; DiffServ コード ポイント)設定を使用して、ルータの QoS を確認することもできます。これにより、パケットを分類できます。パケット フローが定義された DSCP 値と一致しない場合、トラブルシューティング ワークフロー中、情報アイコン バッジがネットワーク デバイスに表示されます。

CTS-Manager 会議の設定

CTS-Manager で、スケジュール設定時刻前にセッションを開始するよう設定している場合、Prime CM で同じ時刻を設定する必要があります。そうしないと、Prime CM に、スケジュール設定時刻前に開始したスケジュール済み会議の 2 つのセッションがリストされます。つまり、スケジュール設定時刻の 5 分前にセッションを開始するよう設定している場合、同じ時刻を [Device Monitoring Configuration] ページで設定する必要があります。

すべてのデバイスのポーリング値およびしきい値を Prime CM で定義するには、次を実行します。


ステップ 1 [Administration] > [Device Monitoring Configuration] を選択します。

[Device Monitoring Configuration] ページが表示されます。

ステップ 2 ポーリング値およびしきい値を定義します。

ステップ 3 [Save] をクリックします。

これらのポーリング プロファイルはジョブをトリガーします。[Administration] > [Job Management] ページで、ポーリング ジョブをモニタできます。Polling というプレフィックスが付いたすべてのポーリング ジョブが開始します。クイック フィルタを使用して、すべてのポーリング ジョブをフィルタリングできます。

デバイスのステータスはポーリング ジョブをもとに更新されません。ただし、デバイスが到達不能の場合、イベントがトリガーされます。たとえば、Prime CM 内のデバイス クレデンシャルが不正な場合、 Device is not accessible from Collaboration Manager がトリガーされます([Monitoring ] > [Events])。