Cisco Prime Collaboration Manager 1.1 ユーザ ガイド
エンドポイントのモニタリング
エンドポイントのモニタリング
発行日;2012/07/30 | 英語版ドキュメント(2011/11/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

エンドポイントのモニタリング

エンドポイントのモニタリング

[Endpoint Monitoring] ダッシュボードには、Cisco Prime CM データベース内のすべての管理対象ビデオ コラボレーション エンドポイントを表示します。任意の管理対象エンドポイントを監視リストに追加して、さらにトラブルシューティングできます。

[Endpoint Monitoring] ダッシュボードでは、次の詳細を表示できます。最新情報を取得するには、[Refresh] アイコンをクリックします。

エンドポイント サマリー メトリック

 

フィールド
説明

Managed Endpoints

管理対象エンドポイントの数。

With alarms

アラームが設定された管理対象エンドポイントの数。

Not Registered

Cisco Unified CM に登録されていないエンドポイントの数。

In Use

セッションでアクティブな管理対象エンドポイントの数。

On Watch List

監視リストに追加する管理対象エンドポイントの数。

エンドポイントのリスト

 

フィールド
説明

Alarm Severity

起動されたアラーム(エンドポイントにある場合)。最大の重大度のアラームが表示されます。

Registration Status

エンドポイントが [Registered]、[Not Registered]、または [Unknown] であるかを表示します。

エンドポイントが Cisco Unified CM に登録されている場合は、[Registered] が表示されます。

エンドポイントが Cisco Unified CM に登録されていない場合は、[Not Registered] が表示されます。

Cisco Unified CM 登録ステータスが使用不可な場合は、[Unknown] が表示されます。

Usage Status

エンドポイントがセッションでアクティブ([In Use])であるか、アクティブではない([Not In Use])か。

ステータスが [In Use] の場合は、この列にマウスを移動すると、[Session Details] クイック ビューが起動されます。

Watched

エンドポイントが監視リストに追加されているかどうか。

Endpoint Name

識別を容易にするためにエンドポイントに割り当てられた名前。

エンドポイントの概要を表示する場合は、この列の上にマウス ポインタを合わせ、[Quick View] アイコンが表示されたらそれをクリックします。アラームが発生している場合は、そのエンドポイントを監視リストに追加し、[Alarm Browser] ページを起動することができます。

IP Address

エンドポイントを管理するために使用される IP アドレス。

Phone Number

エンドポイントの設定済みの電話番号。

Physical Location

エンドポイントのシステム ロケーション。

Device Model

エンドポイントのモデル(ciscoCTS500、ciscoCTS3000 など)。

Software Version

デバイスで実行されているソフトウェア バージョン。

Joined Current Session

エンドポイントがセッションに参加した日時。

エンドポイントのクイック ビュー

[Endpoint Monitoring] ページのクイック ビューでは、Cisco Prime CM のその他の機能を起動することができます。エンドポイントのクイック ビューを起動する場合は、[List of Endpoints] テーブルの [Usage Status] 列(ステータスが [In Use] の場合のみ)または [Endpoint Name] 列にある [Quick View] アイコンの上にマウス ポインタを合わせます。

エンドポイントのステータスが [In Use] の場合に [Usage Status] 列から起動したクイック ビューには、題名、スケジューラ、セッション ステータス、トラブルシューティング ステータス、セッション タイプ、構成、開始時間、残り時間など、セッションに関する詳細情報が表示されます。クイック ビューからは、ステータスが [In Use] である選択したエンドポイントに対して、[Session Monitoring] ページを起動することができます。

[Endpoint Name] 列から起動したクイック ビューには、システムの起動日時、デバイスのタイプ、デバイスのモデル、ソフトウェアのタイプ、ソフトウェア バージョン、電話番号など、エンドポイントに関する詳細情報が表示されます。エンドポイントのクイック ビューでは次のような処理を実行できます。

[Add to Watch list]:監視リストにセッションを追加できます。これは、[Not In Use] と [In Use] の両方のエンドポイントでイネーブルにされます。

[Not In Use] エンドポイントでは、トラブルシューティングは、エンドポイントがセッションに参加するとすぐに開始されます。

ステータスが [In Use] であるエンドポイントに対しては、ただちにトラブルシューティングが開始されます。

エンドポイントを監視リストから削除するには、[Remove from Watch List] リンクを使用します。

トラブルシューティング ワークフローについて理解するには、「セッションのトラブルシューティング」を参照してください。

[See Alarms]:エンドポイントの [Alarm browser] を起動できます。[Alarm browser] には、選択したエンドポイントのすべてのアラームが表示されます。

[Usage Status] 列から起動したクイック ビューに表示される詳細情報については、「セッション モニタリング クイック ビュー」を参照してください。

エンドポイントの詳細情報

 

フィールド
説明
System Information

Device Type

デバイスのタイプ(Cisco TelePresence System 500、C_CODEC など)。

Device Model

エンドポイントのモデル(ciscoCTS500、ciscoCTS3000、ciscoEX90 など)。

System Uptime

エンドポイントが最後にリセットされた日時。

Software Type

エンドポイントで実行されているソフトウェア(CTS、TC など)。

Software Version

エンドポイントで実行されているソフトウェアのバージョン(1.7.0(4709)、TC5.0.0.259847Alpha5 など)。

CPU Utilization

CPU 使用率(パーセンテージ)。

Physical Memory Utilization

物理メモリ使用率(パーセンテージ)。

Peripherals (Left, Center, or Right Auxiliary)

Audio Expansion Unit

オーディオ拡張ユニットのステータス。

Camera/Main Camera

メイン カメラのステータス。

Display

メイン ディスプレイのステータス。

IP Phone

IP Phone のステータス。

Microphone (1,2,3,4...)

マイクのステータス。

Microphone Front

フロント マイクのステータス。

InternalMicrophone

内部マイクのステータス。

SelfView

セルフ ビューのステータス。

Up Link

ペリフェラルのリンク ステータス。

Associate IP Phone

Phone Number

エンドポイントで定義されている IP Phone の詳細。

MAC Address

IP 電話の MAC アドレス。

IP Address

IP Phone の管理に使用される IP アドレス。

Model Number

IP Phone のモデル。

Serial Number

IP Phone のシリアル番号。

Firmware Version

IP Phone のファームウェア バージョン。

Scheduled Sessions for Next 3 Days

Session Subject

スケジューリングしたときに指定されたセッションの詳細。

Scheduler

セッションをスケジューリングしたユーザの詳細を表示します。たとえば、john@cisco.com のように表示されます。

Start time

スケジューリングしたセッションの開始日時。

Service & Network Infrastructure
Call Processor

CUCM/VCS

エンドポイントが登録されている Cisco Unified CM サーバまたは VCS サーバの名前。

Cluster ID

Cisco Unified CM サーバまたは VCS サーバが登録されている Cisco Unified CM クラスタまたは VCS クラスタの ID。

Registration Status

コール プロセッサ(Cisco Unified CM または VCS)でのエンドポイントの登録ステータス。Cisco Unified CM または VCS が管理対象ではない場合は、表示される情報は [N/A] です。

Application Manager

CTSMAN/TMS

CUCM または VCS が統合されているアプリケーション マネージャの名前または IP アドレス。

Access Switch

Connected to Switch

エンドポイントが接続されているスイッチの詳細。

Port Connected

エンドポイントが接続されているスイッチ ポートの詳細。