Cisco Prime Collaboration Manager 1.0 ユーザ ガイド
サポートされているイベントとアラーム
サポートされているイベントとアラーム
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/04/26 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

サポートされているイベントとアラーム

サポートされているイベントとアラーム

Cisco Prime Collaboration Manager はエンドポイントの syslog とトラップを監視します。

表 20-1 は、サポートされている syslog のリストです。

表 20-2 は、サポートされているトラップのリストです。

表 20-3 は、サポートされているアラームのリストです。

 

表 20-1 サポートされている Syslog

syslog
説明
アラーム名

Unreachable

説明:Cisco Prime CM はデバイスに接続できません。

トリガー元:Cisco Prime CM サーバ

重大度:警告

デバイス タイプ:Cisco TelePresence System、CTS-Manager、CTMS、Cisco Unified CM、ルータ、スイッチ。

推奨アクション:デバイスの接続を確認。

[Device Access Error]

Reachable

説明:Cisco Prime CM はデバイスに接続できます。

トリガー元:Cisco Prime CM サーバ

重大度:通知

デバイス タイプ:Cisco TelePresence System、CTS-Manager、CTMS、Cisco Unified CM、ルータ、スイッチ。

推奨アクション:なし

--

Call Started

説明:セッションが開始しました。

トリガー元:JTAPI イベント

重大度:通知

デバイス タイプ:エンドポイント セッション。

推奨アクション:なし

--

Call Ended

説明:セッションが終了しました。

トリガー元:JTAPI イベント

重大度:通知

デバイス タイプ:エンドポイント セッション。

推奨アクション:なし

--

TP session terminated

説明:このエンドポイントの TelePresence セッションがエラーのため終了しました。

トリガー元:Syslog

重大度:重大

デバイス タイプ:エンドポイント セッション。

推奨アクション:ネットワーク管理者に連絡。

[Call termination]。

Packet loss

説明:Rx エンドポイントからパケット損失が検出されました。定義されたしきい値(0.2 %)を超えました。

トリガー元:パフォーマンス ポーリングまたは ctpcStatNotificaion トラップ

重大度:やや重大

デバイス タイプ:エンドポイント セッション。

推奨アクション:ネットワーク管理者に連絡。

[Call Quality-Packet Loss]。

Packet Loss Clear

説明:Rx エンドポイントからパケット損失がクリアされました。定義されたしきい値を下回っています。

トリガー元:パフォーマンス ポーリングまたは ctpcStatNotificaion トラップ。

重大度:通知

デバイス タイプ:エンドポイント セッション。

推奨アクション:なし。

--

Jitter

説明:Rx エンドポイントから高いジッターが検出されました。定義されたしきい値(50 ミリ秒)を超えました。

トリガー元:パフォーマンス ポーリングまたは ctpcStatNotificaion トラップ。

重大度:やや重大

デバイス タイプ:エンドポイント セッション。

推奨アクション:ネットワーク管理者に連絡。

[Call Quality-Jitter]

Jitter Clear

説明:検出された Rx エンドポイントからのジッターは定義されたしきい値未満です。

トリガー元:パフォーマンス ポーリングまたは ctpcStatNotificaion トラップ。

重大度:通知

デバイス タイプ:エンドポイント セッション

推奨アクション:なし。

--

Latency

説明:検出された Rx エンドポイントからの遅延が 200 ミリ秒を超えています。

トリガー元:パフォーマンス ポーリングまたは ctpcStatNotificaion トラップ。

重大度:やや重大

デバイス タイプ:エンドポイント セッション

推奨アクション:ネットワーク管理者に連絡。

[Call Quality-Packet Loss]

Latency Clear

説明:検出された Rx エンドポイントからの遅延は 200 ミリ秒未満です。

トリガー元:パフォーマンス ポーリングまたは ctpcStatNotificaion トラップ。

重大度:通知

デバイス タイプ:エンドポイント セッション

推奨アクション:なし

--

 

表 20-2 サポートされているトラップ

トラップ
説明
SNMP OID

ctpPeripheralErrorNotification

ペリフェラル ステータス トラップ

1.3.6.1.4.1.9.9.643.0.1

ctpcStatNotificaion

通話ステータス通知

1.3.6.1.4.1.9.9.644.0.2

 

表 20-3 サポートされているアラーム

アラーム名
説明

Device Access Error

デバイスにアクセスできません。

Call Termination

通話の終了。

Call Quality - Packet Loss

通話品質アラーム。パケット損失がしきい値を超えています。

Call Quality - Jitter

通話品質アラーム。ジッターがしきい値を超えています。

Call Quality - Packet Loss

通話品質:パケット損失。