Cisco Prime Collaboration Manager 1.0 ユーザ ガイド
エンドポイントの監視
エンドポイントの監視
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/04/26 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

エンドポイントの監視

エンドポイントの監視

[Endpoint Monitoring] ダッシュボードには、Cisco Prime CM データベース内のすべての管理対象ビデオ コラボレーション エンドポイントを表示します。任意の管理対象エンドポイントを監視リストに追加して、さらにトラブルシューティングできます。

[Endpoint Monitoring] ダッシュボードでは、次の詳細を表示できます。最新情報を取得するには、[Refresh] アイコンをクリックします( ツールバー アイコンを参照)。

エンドポイント サマリー メトリック

 

フィールド
説明

[Managed Endpoints]

管理対象エンドポイントの数。

[With alarms]

アラームが設定された管理対象エンドポイントの数。

[Not Registered]

Cisco Unified CM に登録されていないエンドポイントの数。

[In Use]

セッションでアクティブな管理対象エンドポイントの数。

[On Watch List]

監視リストに追加する管理対象エンドポイントの数。

List of Endpoints

 

フィールド
説明

[Alarm Severity]

起動されたアラーム(エンドポイントにある場合)。最大の重大度のアラームが表示されます。

[Registration Status]

エンドポイントが [Registered]、[Not Registered]、または [Unknown] であるかを表示します。

エンドポイントが Cisco Unified CM に登録されている場合は、[Registered] が表示されます。

エンドポイントが Cisco Unified CM に登録されていない場合は、[Not Registered] が表示されます。

Cisco Unified CM 登録ステータスが使用不可な場合は、[Unknown] が表示されます。

[Usage Status]

エンドポイントがセッションでアクティブ([In Use])であるか、アクティブではない([Not In Use])か。

ステータスが [In Use] の場合は、この列にマウスを移動すると、[Session Details] クイック ビューが起動されます。

[Watched]

エンドポイントが監視リストに追加されているかどうか。

[Endpoint Name]

識別を容易にするためにエンドポイントに割り当てられた名前。

エンドポイントの要約を表示するには、この列の上にマウスを移動して、表示される [Quick View] アイコンをクリックします。エンドポイントを監視リストに追加して、アラームが存在する場合はエンドポイントの [Alarm Browser] ページを起動できます。

[IP Address]

エンドポイントを管理するために使用される IP アドレス。

[Phone Number]

エンドポイントの設定済みの電話番号。

[Physical Location]

エンドポイントのシステム ロケーション。

[Device Model]

エンドポイントのモデル(ciscoCTS500、ciscoCTS3000 など)。

[Software Version]

デバイスで実行されているソフトウェア バージョン。

[Joined Current Session]

エンドポイントがセッションに参加した日時。

エンドポイントのクイック ビュー

[Endpoint Monitoring] クイック ビューでは、他の Cisco Prime CM アプリケーションを起動できます。エンドポイントのクイック ビューを起動するには、[Usage Status]([In Use] ステータスの場合に限り適用可能)または [List of Endpoints] テーブルの [Endpoint Name] 列のいずれかにある [quick view] アイコンの上にマウスを移動します。

[Endpoint Name] 列から起動されるクイック ビューには、次の項目が含まれています。

システムの動作期間

デバイス タイプ

デバイス モデル

ソフトウェア タイプ

ソフトウェア バージョン

電話番号

次に、エンドポイントのクイック ビューで実行できるアクションを示します。

[Add to Watch list]:監視リストにセッションを追加できます。これは、[Not In Use] と [In Use] の両方のエンドポイントでイネーブルにされます。

[Not In Use] エンドポイントでは、トラブルシューティングは、エンドポイントがセッションに参加するとすぐに開始されます。

[In Use] エンドポイントでは、トラブルシューティングは即時に開始されます。

エンドポイントを監視リストから削除するには、[Remove from Watch List] リンクを使用します。

トラブルシューティング ワークフローについて理解するには、「セッションのトラブルシューティング」を参照してください。

[See Alarms]:エンドポイントの [Alarm browser] を起動できます。[Alarm browser] には、選択したエンドポイントのすべてのアラームが表示されます。

[Usage Status] 列から起動されるクイック ビューで使用可能な詳細について理解するには、「セッション モニタリング クイック ビュー」を参照してください。

Endpoints Details

 

フィールド
説明
[System Information]

[Device Type]

デバイスのタイプ(Cisco TelePresence System 500 など)。

[Device Model]

エンドポイントのモデル(ciscoCTS500、ciscoCTS3000 など)。

[System Uptime]

エンドポイントが最後にリセットされた日時。

[Software Type]

エンドポイントで実行されているソフトウェア(CTS など)。

[Software Version]

エンドポイントで実行されているソフトウェア バージョン(1.7.0(4709) など)。

[CPU Utilization]

CPU 使用率(パーセンテージ)。

[Physical Memory Utilization]

物理メモリ使用率(パーセンテージ)。

[Peripherals (Left, Center, or Right Auxiliary)]

[Audio Expansion Unit]

オーディオ拡張ユニットのステータス。

[Camera]

メイン カメラのステータス。

[Display]

メイン ディスプレイのステータス。

[IP Phone]

IP Phone のステータス。

[Microphone]

マイクロフォンのステータス。

[Microphone Front]

フロント マイクロフォンのステータス。

[Up Link]

ペリフェラルのリンク ステータス。

[Associate IP Phone]

[Phone Number]

エンドポイントで定義されている IP Phone の詳細。

[MAC Address]

IP 電話の MAC アドレス。

[IP Address]

IP Phone の管理に使用される IP アドレス。

[Model Number]

IP Phone のモデル。

[Serial Number]

IP Phone のシリアル番号。

[Firmware Version]

IP Phone のファームウェア バージョン。

[Scheduled Sessions for Next 3 Days]

[Session Subject]

スケジューリングしたときに指定されたセッションの詳細。

[Scheduler]

セッションをスケジューリングしたユーザの詳細を表示します。たとえば、john@cisco.com のように表示されます。

[Start Time]

スケジューリングしたセッションの開始日時。

[Service & Network Infrastructure]
[Call Processor]

[CUCM]

エンドポイントが登録されている Cisco Unified CM サーバの名前。

[CUCM Cluster ID]

Cisco Unified CM サーバが登録されている Cisco Unified CM クラスタの ID。

[Registration Status]

コール プロセッサ(Cisco Unified CM)でのエンドポイントの登録ステータス。Cisco Unified CM が管理対象ではない場合は、表示される情報は [N/A] です。

[Application Manager]

[CTSMAN]

CUCM が統合されているアプリケーション マネージャの名前または IP アドレス。

[Access Switch]

[Connected to Switch]

エンドポイントが接続されているスイッチの詳細。

[Port Connected]

エンドポイントが接続されているスイッチ ポートの詳細。