Cisco Jabber 10.6 計画ガイド
要件
要件

目次

要件

Cisco Jabber for Windows および Cisco Jabber for Mac 向けのオンプレミス サーバ

Cisco Jabber は次のオンプレミス サーバをサポートします。
  • Cisco Unified Communications Manager リリース 8.6(2) 以降

  • Cisco Unified Presence リリース 8.6(2) 以降

  • Cisco Unity Connection リリース 8.6(2) 以降

  • Cisco WebEx Meetings Server バージョン 1.5 以降(Windows のみ)

  • Cisco WebEx Meetings Server バージョン 2.0 以降(Mac のみ)

  • Cisco Expressway Series for Cisco Unified Communications Manager

    • Cisco Expressway-E バージョン 8.1.1 以降

    • Cisco Expressway-C バージョン 8.1.1 以降

  • Cisco TelePresence Video Communications Server

    • Cisco VCS Expressway バージョン 8.1.1 以降

    • Cisco VCS Control バージョン 8.1.1 以降

Cisco Jabber は、Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony バージョン 8.5 で次の機能をサポートします。
  • 基本コール機能

  • コールを保留およびレジュームする機能

制約事項:

Cisco Jabber には、Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony に正常にフォールバックするためのプレゼンス サーバへのアクティブな接続が必要です。

Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony の設定方法については、http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​docs/​voice_ip_comm/​cusrst/​admin/​sccp_sip_srst/​configuration/​guide/​SCCP_​and_​SIP_​SRST_​Admin_​Guide.html で『Cisco Unified SCCP and SIP SRST System Administrator Guide』を参照してください。

Cisco Unified Communications Manager Express サポートの詳細については、http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps4625/​products_​device_​support_​tables_​list.html で Cisco Unified CME のマニュアルを参照してください。

Cisco Jabber for Android 向けのオンプレミス サーバ

Cisco Jabber for Android は次のオンプレミス ノードとサーバをサポートします。

Cisco Unified Communications Manager

  • Cisco Unified Communications Manager リリース 8.6(1)

  • Cisco Unified Communications Manager リリース 8.6(2)

  • Cisco Unified Communications Manager リリース 9.1(1)

  • Cisco Unified Communications Manager リリース 9.1(2)

  • Cisco Unified Communications Manager リリース 10.0(1)

  • Cisco Unified Communications Manager リリース 10.5(1)

  • Cisco Unified Communications Manager リリース 10.5(2)

Cisco Unified Presence

  • Cisco Unified Presence リリース 8.6(1)

  • Cisco Unified Presence リリース 8.6(2)

Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service


(注)  


Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service は、以前は、Cisco Unified Presence と呼ばれていました。
  • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service リリース 9.1(1)

  • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service リリース 9.1(2)

  • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service リリース 10.0(1)

  • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service リリース 10.5(1)

  • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service リリース 10.5(2)

ビデオ会議ブリッジ

  • Cisco TelePresence MCU 5310

  • Cisco Telepresence Server 7010

  • Cisco Telepresence Server MSE 8710

  • Cisco サービス統合型ルータ(PVDM3)


    (注)  


    Expressway for Mobile and Remote Access は、シスコサービス統合型ルータ(PVDM3 を搭載)ではサポートされません。


Cisco Unity Connection

  • Cisco Unity Connection リリース 8.5

  • Cisco Unity Connection リリース 8.6(1)

  • Cisco Unity Connection リリース 8.6(2)

  • Cisco Unity Connection リリース 9.1(1)

  • Cisco Unity Connection リリース 9.1(2)

  • Cisco Unity Connection リリース 10.0(1)

  • Cisco Unity Connection リリース 10.5(1)

  • Cisco Unity Connection リリース 10.5(2)

Cisco WebEx Meetings Server

  • Cisco WebEx Meetings Server バージョン 2.0

  • Cisco WebEx Meetings Server バージョン 2.5

  • Cisco WebEx Meetings client バージョン 4.5 ~ 6.5

Cisco Expressway Series for Cisco Unified Communications Manager(オプション)

クライアントに対してモバイル アクセスとリモート アクセスをセットアップするには、次のサーバを使用します。 Expressway サーバは Cisco Jabber にコール制御を提供しないことに注意してください。 クライアントは、コール制御に Cisco Unified Communications Manager を使用します。

  • Cisco Expressway-E バージョン 8.5

  • Cisco Expressway-C バージョン 8.5

  • Cisco Expressway バージョン 8.2

  • Cisco Expressway バージョン 8.2.1

現在 Cisco TelePresence Video Communications Server(VCS)環境を展開している場合は、Cisco Expressway for Mobile and Remote Access をセットアップできます。 VCS 環境には、Cisco VCS Expressway バージョン 8.1.1 と Cisco VCS Control バージョン 8.1.1 が必要です。

Cisco Adaptive Security Appliance(オプション)

  • Cisco ASA(Adaptive Security Appliance)5500 シリーズ バージョン 8.4(1) 以降

  • Cisco Adaptive Security Device Manager(ASDM)バージョン 6.4 以降

  • Cisco AnyConnect Secure Mobility Client Integration(オプション):Android デバイスは Google Play ストアから入手可能な Cisco AnyConnect Secure Mobility Client の最新バージョンを実行する必要があります。


    (注)  


    Samsung の AnyConnect を使用している場合にサポートされるバージョンは 4.0.01128 です。


  • ASA のライセンス要件:次の組み合わせのいずれかを使用します。

    • AnyConnect Essentials と AnyConnect Mobile ライセンス

    • AnyConnect Premium と AnyConnect Mobile ライセンス

  • 証明書ベースの認証を使用する場合の認証局(CA):Cisco IOS Certificate Server、Microsoft Windows Server 2008 Enterprise Certificate Authority、または Microsoft Windows Server 2003 Enterprise Certificate Authority

Cisco Jabber for iPhone and iPad 向けのオンプレミス サーバ

Cisco Jabber for iPhone and iPad は次のオンプレミス サーバをサポートします。

Cisco Unified Communications Manager

  • Cisco Unified Communications Manager リリース 8.6(2)

  • Cisco Unified Communications Manager リリース 9.1(2)

  • Cisco Unified Communications Manager リリース 10.0(1)

  • Cisco Unified Communications Manager リリース 10.5(1)

  • Cisco Unified Communications Manager リリース 10.5(2)

Cisco Unified Presence

  • Cisco Unified Presence リリース 8.6(1)

  • Cisco Unified Presence リリース 8.6(2)

Cisco Unified Communications Manager Release IM and Presence Service


(注)  


Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service は、以前は、Cisco Unified Presence と呼ばれていました。


  • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service リリース 9.1(1)

  • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service リリース 9.1(2)

  • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service リリース 10.0(1)

  • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service リリース 10.5(1)

  • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service リリース 10.5(2)

Cisco Unity Connection

  • Cisco Unity Connection リリース 8.5

  • Cisco Unity Connection リリース 8.6(1)

  • Cisco Unity Connection リリース 8.6(2)

  • Cisco Unity Connection リリース 9.1(1)

  • Cisco Unity Connection リリース 9.1(2)

  • Cisco Unity Connection リリース 10.0(1)

  • Cisco Unity Connection リリース 10.5(1)

  • Cisco Unity Connection リリース 10.5(2)

Cisco WebEx Meetings Server

  • Cisco WebEx Meetings Server バージョン 1.5

  • Cisco WebEx Meetings Server バージョン 2.0

  • Cisco WebEx Meetings Server バージョン 2.5

  • Cisco WebEx Meetings Client バージョン 4.5 ~ 6.5

Cisco Adaptive Security Appliance(オプション)

  • VPN オンデマンド(オプション):Apple iOS オンデマンド VPN 機能は、証明書のみの認証が必要です。 証明書のみの認証がない状態で(ASA)を設定した場合、ユーザは必要に応じて AnyConnect VPN 接続を手動で開始する必要があります。

    iOS デバイスは、Cisco AnyConnect Secure Mobility Client などの VPN クライアントを使用して企業ネットワーク、サーバ、およびテレフォニー エンドポイントにアクセスできる必要があります。

  • Cisco AnyConnect Secure Mobility Client Integration(オプション)
    • iOS デバイスは、Apple App Store から入手可能な Cisco AnyConnect Secure Mobility Client 3.0.09115 を実行する必要があります。
    • Cisco ASA 5500 Series Adaptive Security Appliance(ASA)バージョン 8.4(1) 以降
    • Cisco Adaptive Security Device Manager(ASDM)バージョン 6.4 以降
    • ASA のライセンス要件:次の組み合わせのいずれかを使用します。
      • AnyConnect Essentials と AnyConnect Mobile ライセンス
      • AnyConnect Premium と AnyConnect Mobile ライセンス

      (注)  


      Cisco AnyConnect のライセンス要件の詳細については、『VPN License and Feature Compatibility』を参照してください。
    • 証明書ベースの認証を使用している場合の認証局(CA):Cisco IOS Certificate Server、Cisco IOS Certificate Server、または Microsoft Windows Server 2003 Enterprise Certificate Authority

Cisco Jabber は、Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony(SRST)バージョン 8.6 で次の機能をサポートします。

  • 基本コール機能

  • 共有回線でさまざまなクライアントのコールを保留して再開する機能。

デスクトップ クライアントのハードウェア要件

要件

Cisco Jabber for Windows

Cisco Jabber for Mac

搭載されている RAM

Microsoft Windows 7 および Windows 8 上の 2 GB RAM

2 GB RAM

物理メモリの空き容量

128 MB

1 GB

ディスクの空き容量

256MB

300 MB

CPU の速度およびタイプ

モバイル AMD Sempron プロセッサ 3600+(2 GHz)

Intel Core2 CPU T7400(2. 16 GHz)

Intel Core 2 Duo もしくはそれ以降の次のいずれの Apple ハードウェアのプロセッサ

  • Mac Pro

  • MacBook Pro(Retina Display モデルを含む)

  • MacBook

  • MacBook Air

  • iMac

  • Mac Mini

GPU

Microsoft Windows 7 上の DirectX11

該当なし

I/O ポート

USB 2.0(USB カメラおよび音声デバイス用)

USB 2.0(USB カメラおよび音声デバイス用)

Cisco Jabber for Windows でサポートされるオペレーティング システム

次のオペレーティング システム上に Cisco Jabber for Windows をインストールできます。

  • Microsoft Windows 8.1 32 ビットおよび 64 ビット:デスクトップ モードでのみサポートされる

  • Microsoft Windows 8 32 ビットおよび 64 ビット:デスクトップ モードでのみサポートされる

  • Microsoft Windows 7 32 ビットおよび 64 ビット

Cisco Jabber for Windows は、Microsoft .NET Framework または Java モジュールを必要としません。

Microsoft Windows 7 または 8 の場合は、デスクフォン ビデオで使用するために Cisco Media Services Interface(MSI)4.1.2 をダウンロードできます。

Cisco Jabber for Mac のオペレーティング システム

Cisco Jabber for Mac は、次のオペレーティング システムへインストール可能です。
  • Apple OS X Mountain Lion 10.8.1(以降)

  • Apple OS X Mavericks 10.9(以降)

  • Apple OS X Yosemite 10.10(以降)

CTI でサポートされるデバイス

コンピュータ テレフォニー インテグレーション(CTI)対応デバイスの一覧を表示するには、Cisco Unified Reporting から、[Unified CM電話機能リスト(Unified CM Phone Feature List)] を選択します。 [機能(Feature)] ドロップダウン リストから、[CTI制御(CTI controlled)] を選択します。

Cisco Jabber for Android のハードウェア要件

Cisco Jabber for Android でサポートされるデバイスは次のとおりです。

デバイス

デバイス モデル

オペレーティング システム

Cisco DX

70

バージョン 10.2.x

80

バージョン 10.2.x

650

バージョン 10.2.x

HTC

One M7

Android OS 4.4.x

One M8

Android OS 4.4.x

One Max

Android OS 4.4.x

Google Nexus

5

Android OS 4.4.x および Android OS 5.0

7

Android OS 4.4.x および Android OS 5.0

10

Android OS 4.4.x および Android OS 5.1

LG

G2

Android OS 4.2.2 ~ Android OS 4.4.x

G3

Android OS 4.4.x

Motorola

Moto G

Android OS 4.4.x

Samsung Galaxy

Note II

Android OS 4.2 ~ Android OS 4.4.x

Note III

Android OS 4.3 ~ Android OS 4.4.x

Note IV

Android OS 4.4.x

Note Pro 12.2

Android OS 4.4.x

Rugby Pro

Android OS 4.2.2 ~ Android OS 4.4.x

SII

Android OS 4.1.2 ~ Android OS 4.4.x

SIII

Android OS 4.2 ~ Android OS 4.4.x

S4

Android OS 4.2.2 ~ Android OS 4.4.x

S4 mini

Android OS 4.2.2 ~ Android OS 4.4.x

S5

Android OS 4.4.x

S5 mini

Android OS 4.4.x

Tab 3 8 インチ

Android OS 4.4.x

Tab 4 7 インチ、8 インチ、および 10.1 インチ

Android OS 4.4.x

Tab PRO 8.4 インチおよび 10.1 インチ

Android OS 4.4.x

Tab S 8.4 インチおよび 10.5 インチ

Android OS 4.4.x

Sony Xperia

M2

Android OS 4.3

Z1

Android OS 4.2 ~ Android OS 4.4.x

Z2

Android OS 4.4.x

Z2 tablet

Android OS 4.4.x

Z3

Android OS 4.4.x

ZR/A

Android OS 4.1.2 ~ Android OS 4.4.x

各 Android デバイスが次の CPU とディスプレイの最小要件を満たしている必要があります。

  • チップセット:Intel チップセットに基づく Android デバイスはサポートされません。

  • CPU:1.5 GHz デュアルコア以上(クアッドコアを推奨)。

  • ディスプレイ:320 x 480 以上。 双方向ビデオの場合は、最小ディスプレイ解像度要件が 480 x 800 です。

サポートされる Bluetooth デバイス

  • Jabra Motion

  • Jawbone ICON(Cisco Bluetooth ヘッドセット用)

    Samsung Galaxy S4 を使用している場合は、これらのデバイス間の互換性に起因する問題が発生する可能性があります。

  • Plantronics BackBeat 903+

    Samsung Galaxy S4 を使用している場合は、これらのデバイス間の互換性に起因する問題が発生する可能性があります。

  • Jabra Wave+

  • Jabra Easygo

Samsung Galaxy SIII で Bluetooth デバイスを使用すると、着信音と通話の音声にヒズミが生じる可能性があります。

Cisco Jabber for iPhone and iPad のハードウェア要件

iOS 8 以降の Cisco Jabber for iPhone and iPad でサポートされる Apple デバイスは次のとおりです。

Apple デバイス

生成

注記

iTouch

5

iPhone

4S、5、5C、5S、6、および 6 Plus

iPad

second、third、および fourth

iPad Mini

mini 1、mini 2、および mini 3

iPad Air

Air1 と Air 2

上記すべての Apple デバイスで Bluetooth ヘッドセットがサポートされます。

  • Jabra EASYGO

  • Jabra EXTREME 2

  • Jabra SPEAK 450 for Cisco

  • Jabra SUPREME UC

  • Jabra WAVE

  • Sony Ericsson Bluetooth Headset BW600

ネットワークの要件

電話サービスを展開する場合は、モバイル デバイスを社内ネットワークに接続できる必要があります。

社内の Wi-Fi ネットワークを介した Cisco Jabber 使用時のユーザ エクスペリエンスを最適化するために、シスコは次を推奨します。

  • エレベータ、階段、屋外廊下などのエリアを含め、カバレッジのギャップを可能な限り排除するように、Wi-Fi ネットワークを設計します。
  • すべてのアクセス ポイントで、モバイル デバイスに同じ IP アドレスが割り当てられることを確認します。 コール中に IP アドレスが変更されると、コールが切断されます。
  • すべてのアクセス ポイントの SSID が同一であることを確認します。 SSID が一致しない場合、ハンドオフに時間がかかる場合があります。
  • すべてのアクセス ポイントで、SSID がブロードキャストされていることを確認します。 アクセス ポイントで SSID がブロードキャストされていないと、モバイル デバイスはコールを中断して別の Wi-Fi ネットワークに参加することをユーザに求める場合があります。
サイト全体を調査し、音声品質に影響を与えるネットワークの問題を可能な限り解消してください。 シスコでは次を推奨しています。
  • 重複しないチャネルの設定、アクセス ポイントのカバレッジ、および必要なデータ レートとトラフィック レートを確認します。
  • 不正なアクセス ポイントは排除します。
  • 考えられる干渉源の影響を特定して軽減します。

詳細については、以下を参照してください。

  • "Enterprise Mobility Design Guide"』の「VoWLAN Design Recommendations」の項。
  • 『Cisco Unified Wireless IP Phone 7925G Deployment Guide』
  • 『Capacity Coverage & Deployment Considerations for IEEE 802.11g』ホワイト ペーパー。
  • ご使用のリリースの Cisco Unified Communications Manager『Solutions Reference Network Design (SRND)』

Bluetooth の使用により、音声品質と接続の問題が発生する可能性があります。

ユーザがリモートからネットワークに接続する場合は、モバイル デバイスが安定した広帯域幅接続を使用して、社内ネットワークに接続できる必要があります。 ビデオと音声の品質は接続品質によって変化し、保証されるものではありません。

Cisco Jabber for Windows と Cisco Jabber for Mac のポートとプロトコル

次の表に、Cisco Jabber で使用される発信ポートとプロトコルを示します。

ポート

プロトコル

説明

443

TCP

(XMPP および HTTPS)

WebEx Messenger サービスへの XMPP トラフィック。

クラウドベース導入のみで、クライアントはこのポートを介して XMPP トラフィックを送信します。 ポート 443 がブロックされた場合、クライアントはポート 5222 にフォールバックします。

(注)     

Cisco Jabber は、Cisco Unity Connection と Cisco WebEx Meetings Server への HTTPS トラフィックにもこのポートを使用できます。

389

UDP/TCP

LDAP ディレクトリ サーバ

636

LDAPS

LDAP ディレクトリ サーバ(セキュア)

3268

TCP

グローバル カタログ サーバ

3269

LDAPS

グローバル カタログ サーバ(セキュア)

5070

UDP

ビデオ デスクトップ共有機能の Binary Floor Control Protocol(BFCP)

5222

TCP

(XMPP)

Cisco Unified Presence または Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service への XMPP トラフィック。

8443

TCP

(HTTPS)

Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service へのトラフィック。

7080

TCP

(HTTPS)

ボイス メッセージの通知(新しいメッセージ、メッセージの更新、およびメッセージの削除)用の Cisco Unity Connection

53

UDP/TCP

ドメイン ネーム システム(DNS)トラフィック

37200

SOCKS5 バイトストリーム

ピア ツー ピア ファイル転送

オンプレミスでの展開では、クライアントはまた、画面キャプチャを送信するためにこのポートを使用します。

5060

UDP/TCP

Session Initiation Protocol(SIP)コール シグナリング

5061

TCP

セキュアな SIP コール シグナリング

49152 ~ 65535

TCP

IM 専用画面の共有

クライアントはこの範囲からランダムにポートを選択します。

実際の範囲は異なる場合があります。 実際の範囲を調べるには、次のコマンドを実行します。

netsh interface ipv4 show dynamicportrange tcp

SharePortRangeStart パラメータと SharePortRangeSize パラメータを使用して、IM 画面共有に使用される範囲を絞り込むことができます。 これらのパラメータの詳細については、『Deployment and Installation Guide』で Common Policies パラメータに関するトピックを参照してください。

追加のサービスおよびプロトコルのポート

この項で示されているポートに加えて、展開されたすべてのサービスおよびプロトコルで必要なポートを確認することを保証する必要があります。 バージョンに応じて適切なマニュアルを参照してください。 次のマニュアルで様々なサーバのポートとプロトコルの要件を参照してください。
  • Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service、および Cisco Unified Presence については、『TCP and UDP Port Usage Guide』を参照してください。

  • Cisco Unity Connection については、『System Administration Guide』を参照してください。

  • Cisco WebEx Meetings Server については、『Administration Guide』を参照してください。

  • Cisco WebEx サービスについては、『Administrator's Guide』を参照してください。

  • Expressway for Mobile and Remote Access については、『Cisco Expressway IP Port Usage for Firewall Traversal』を参照してください。

Cisco Jabber for Android、iPhone、および iPad のポートとプロトコル

クライアントは、次の表に示すポートおよびプロトコルを使用します。 クライアントとサーバ間にファイアウォールを展開する場合、次のポートおよびプロトコルを許可するようにファイアウォールを設定する必要があります。


(注)  


クライアントで有効にする TCP/IP サービスはありません。


ポート

アプリケーション層プロトコル

トランスポート層プロトコル

説明

着信

16384 ~ 32766

RTP

UDP

オーディオおよびビデオ用の Real-Time Transport Protocol(RTP)メディア ストリームを受信する。 これらのポートは、Cisco Unified Communications Manager で設定します。

発信

69

TFTP

UDP

Trivial File Transfer Protocol(TFTP)サーバに接続する。

6970

HTTP

TCP

TFTP サーバに接続し、クライアント設定ファイルをダウンロードする。

80

HTTP

TCP

会議用の Cisco WebEx Meeting Center やボイスメール用の Cisco Unity Connection などのサービスに接続します。

389

LDAP

TCP、UDP

LDAP ディレクトリ サービスに接続する。

3268

LDAP

TCP

連絡先を検索するためにグローバル カタログ サーバに接続する。

443

HTTPS

TCP

会議用の Cisco WebEx Meeting Center やボイスメール用の Cisco Unity Connection などのサービスに接続します。

636

LDAPS

TCP

LDAP ディレクトリ サービスにセキュアに接続する。

3269

LDAPS

TCP

グローバル カタログ サーバにセキュアに接続する。

5060

SIP

TCP

Session Initiation Protocol(SIP)コール シグナリングを提供する。

5061

SIP over TLS

TCP

セキュアな SIP コール シグナリングを提供する。

5222

XMPP

TCP

インスタント メッセージングとプレゼンス用の Cisco Unified Presence または Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service に接続します。

5269

XMPP

TCP

XMPP フェデレーション。

8191

SOAP

TCP

Simple Object Access Protocol(SOAP)Web サービスを提供するためにローカル ポートに接続する。

8443

HTTPS

TCP

8443 は、Cisco Unified Communications Manager に対する Web アクセス用のポートで、次に対する接続が含まれます。
  • 割り当てられたデバイス用の Cisco Unified Communications Manager IP Phone(CCMCIP)サーバ。

  • 連絡先の解決のためのユーザ データ サービス(UDS)。

16384 ~ 32766

RTP

UDP

オーディオおよびビデオ用の RTP メディア ストリームを送信する。

53

DNS

UDP

ホスト名の解決を提供する。

3804

CAPF

TCP

ローカルで有効な証明書(LSC)を IP フォンに発行する。 これは、Cisco Unified Communications Manager Certificate Authority Proxy Function(CAPF)登録用のリスニング ポートです。

Expressway for Mobile and Remote Access のポート使用方法については、『Cisco Expressway IP Port Usage for Firewall Traversal』を参照してください。

ファイル転送ポートの使用方法については、『Configuration and Administration of IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager, Release 10.5(2) 』の「Managed File Transfer」の章を参照してください。

Cisco Jabber for Windows と Cisco Jabber for Mac でサポートされるコーデック

サポートされるオーディオ コーデック

  • G.722

  • G.722.1:32k と 24k。 G.722.1 は Cisco Unified Communications Manager 8.6.1 以降でサポートされます。

  • G.711:a-law と u-law

  • G.729a

サポートされるビデオ コーデック

  • H.264/AVC

Cisco Jabber for Android、iPhone、および iPad でサポートされるコーデック

サポートされるオーディオ コーデック

  • G.711:mu-law

  • G.711:a-law

  • G.722.1

  • G.729a

狭帯域幅で使用するための最小要件:G.729a

音声品質に問題が発生した場合、ユーザはクライアント設定の狭帯域幅モードをオン/オフにすることができます。

通常モードでは、G.711、G.722.1、G.729a がサポートされます。

狭帯域幅モードでは、G.729a だけがサポートされます。

サポートされるビデオ コーデック

H.264/AVC

サポートされるボイスメール コーデック

  • PCM リニア

  • G.711:mu-law(デフォルト)

  • G.711:a-law

  • GSM 6.10


(注)  


Cisco Jabber は、G.729 を使用したビジュアル ボイスメールをサポートしません。 ただし、ユーザは G.729 と [ボイスメールに発信(Call Voicemail)] 機能を使用して自分のボイス メッセージにアクセスできます。