Cisco Prime Service Catalog 11.0 管理および運用ガイド
はじめに
はじめに

はじめに

はじめに

目的

この『Cisco Prime Service Catalog 管理および操作ガイド』では、Cisco Prime Service Catalog(Service Catalog)の Organization Designer モジュールと Administration モジュールの使用方法と基本的なシステム管理方法について説明します。

Organization Designer によって、サービス要求およびデリバリ モデルを構成するさまざまな部門およびサービス チームを作成できます。 また、エンド ユーザのロールを定義することや、ロールがユーザに与える機能と権限を定義することもできます。

Administration モジュールは、サービスの配信中に送信される電子メール、ユーザ インターフェイスの外観、サービス要求の承認を与える場合と方法に関する全体的なビジネス ルールなどのアプリケーションの動作に対するすべてのサイト全体の設定を制御します。 さらに、企業ディレクトリの統合を定義し、トラブルシューティングとシステム メンテナンスに有用なユーティリティへのアクセスを可能にします。

このアプリケーションのシステム管理者は、このガイドをシステム設定、ハウスキーピング、およびメンテナンス情報に関する有用なリソースとしても活用できます。

対象読者

このガイドは、製品のエンドユーザ管理およびアプリケーション アーキテクチャ全般の設定を担当するシステム管理者、サービス設計者、およびユーザを対象としています。

ガイドの構成

Cisco Prime Service Catalog 管理および操作ガイド』は、次の 6 つの章で構成されています。

  • 組織の構築:この章では、サービス組織を構築するための主要ツールである Organization Designer モジュールについて説明します。
  • ユーザ プロファイルのセットアップ:この章では、ユーザ情報、環境設定、推奨言語、および作業カレンダーなどのユーザ プロファイルについて説明します。
  • サイト全体の設定:この章では、Administration モジュールのサイト機能について説明します。
  • カスタム スタイル:この章では、Service Catalog Web ページの外観をカスタマイズするための機能について説明します。
  • Prime Service Catalog の保守:この章では、システム管理、設定管理、メンテナンス、およびトラブルシューティング情報について説明します。
  • コンテンツ展開の管理:この章では、アプリケーション エンティティを移行するために使用するコンテンツ展開および構成管理ツールについて説明します。

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。

表記法

表示

bold フォント

コマンド、キーワード、およびユーザが入力するテキストは、bold フォントで記載されます。

italic フォント

ドキュメント名、新規用語または強調する用語、値を指定するための引数は、italic フォントで記載されます。

[ ]

角カッコの中の要素は、省略可能です。

{x | y | z }

どれか 1 つを選択しなければならない必須キーワードは、波カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

[ x | y | z ]

どれか 1 つを選択できる省略可能なキーワードは、角カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

string

引用符を付けない一組の文字。 string の前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めて string とみなされます。

< >

パスワードのように出力されない文字は、山カッコで囲んで示しています。

[ ]

システム プロンプトに対するデフォルトの応答は、角カッコで囲んで示しています。

!、#

コードの先頭に感嘆符(!)またはポンド記号(#)がある場合には、コメント行であることを示します。

[X] メニューから [メニュー項目] > [サブメニュー項目] を選択します。

メニュー パスから選択する場合は、この書式を使用します。

例:[ファイル(File)] メニューから [インポート(Import)] > [形式(Formats)] を選択します。


(注)  


注釈」です。

ヒント


問題解決に役立つ情報」です。



注意    


要注意」の意味です。 機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。



ワンポイント アドバイス


時間の節約に役立つ操作」です。 記述されている操作を実行すると時間を節約できます。


危険

危険」の意味です。 人身事故を予防するための注意事項が記述されています。

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手、Cisco Bug Search Tool(BST)の使用、サービス要求の送信、追加情報の収集の詳細については、『What's New in Cisco Product Documentation』を参照してください。このドキュメントは、http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​td/​docs/​general/​whatsnew/​whatsnew.html から入手できます。

What's New in Cisco Product Documentation』では、シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧を、RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用して、コンテンツをデスクトップに配信することもできます。 RSS フィードは無料のサービスです。