Cisco Prime Service Catalog 11.0 設計者ガイド
ラップトップを選択するためのサービスの設計の使用例
ラップトップを選択するためのサービスの設計の使用例

ラップトップを選択するためのサービスの設計の使用例

この付録は、次の内容で構成されています。

ラップトップを選択するためのサービスの設計の使用例

ラップトップの選択の例では、グリッド内でドロップダウン メニューからフィールドが選択された場合に、グリッド サービス項目ディクショナリとデータ取得ルールを使用して、サービス項目データを自動的に取得する方法を示します。 また、データ取得ルールには、データ インスタンスを検索から除外する検索条件が含まれます。

次の例に、手順を示します。


    ステップ 1   [Service Item Manager] > [サービス項目の設計(Design Service Items)] で、新しいサービス項目グループとサービス項目を作成します。 詳細な手順またはグループおよびサービス項目の作成については、サービス項目グループの作成およびサービス項目の作成を参照してください。
    1. 新しいサービス項目を作成後、グループの下の左側の [サービス項目(Service Item)] パネルに表示されるので、ページの一番下にある [追加(Add)] をクリックし、以下に示すように属性をラップトップ サービス項目に追加します。 各属性または行は、サービス項目インスタンスです。 各インスタンスの [表示名(Display Name)] は、グリッドの列ヘッダーになります。
    2. すべての属性を追加したら、[保存(Save)] をクリックします。
    ステップ 2   Service Designer モジュールの [ディクショナリ(Dictionaries)] コンポーネントで、新しいディクショナリ グループとグリッド ディクショナリを作成します。 詳細な手順については、ディクショナリ グループの作成およびディクショナリの作成を参照してください。
    1. 新しいディクショナリの作成時に、[新しい内部ディクショナリを追加する(Add New Internal Dictionary)] セクションの [サービス項目(Service Item)] フィールドに Laptops と入力して、作成したラップトップ サービス項目を検索し、次に示すように、表示されるポップアップ ウィンドウから [ラップトップ(Laptops)] をクリックします。
    2. 結果の [ディクショナリ(Dictionary)] ウィンドウで、[ディクショナリ名(Dictionary Name)] および [デフォルトキャプション(Default Caption)] フィールドに Laptops と入力します。 [デフォルトキャプション(Default Caption)] は、グリッドのタイトルとして表示されます。 [グループ名(Group Name)] ドロップダウン メニューから、作成したディクショナリ グループを選択します。 [使用(Use)] 列と [グリッドで表示(Show in Grid)] 列で、自分が作成したラップトップ サービスの 5 つのインスタンスのみをオンにします。 [使用(Use)] と [グリッドで表示(Show in Grid)] をオンにすることにより、そのインスタンスがグリッド内に列として表示されます。 デフォルトで、[名前(Name)] フィールドはすでにオンになっており、変更はできません。
    3. [ディクショナリを保存(Save Dictionary)] をクリックします。
    ステップ 3   新しいフォーム グループとフォームを作成します。
    1. Service Designer モジュールの [アクティブフォームコンポーネント(Active Forms Components)] コンポーネントをクリックし、[新規(New)] > [フォームグループ(Form Group)] の順に選択します。 左側の [アクティブフォームコンポーネント(Active Form Components)] ツリーに、新しいフォーム グループが表示されます。
    2. [新規(New)] > [アクティブフォームコンポーネント(Active Form Component)] の順に選択し、新しいフォームに必要な詳細を入力してフォームを保存します。
    ステップ 4   グリッド ディクショナリをフォームに追加し、表示プロパティを編集します。
    1. [検索(Search)] フィールドで [ディクショナリの追加(Add Dictionaries)] をクリックし、Laptops と入力して作成したラップトップ ディクショナリを検索します。 表示されるラップトップ ディクショナリで、[名前(Name)] 列と [グリッドとして表示(Display as Grid)] 列をオンにします。 [グリッドとして表示(Display as Grid)] をオンにすると、[グリッドで表示(Show in Grid)] がオンになっているラップトップ ディクショナリのフィールドが、グリッド内に列として表示されます。
    2. [追加(Add)] をクリックして、ラップトップ ディクショナリをフォームに追加します。 ラップトップの選択フォームの [フォームコンテンツ(Form Content)] タブに、[グリッドとして表示(Display as Grid)] がオンにされた状態でラップトップ ディクショナリが表示されます。 ここではグレーアウトされており、変更できないことに注意してください。 変更する唯一の方法は、削除した後、[グリッドとして表示(Display as Grid)] をオンにせずにもう一度追加することです。
    3. ラップトップの選択フォームの [表示プロパティ(Display Properties)] タブをクリックします。
    4. 次に示すように、[サービス項目インスタンスデータの自動取得を有効にする(Enable automatic retrieval of service item instance data)] をオンにします。 このオプションはデフォルトでは無効になっています。 このオプションを使用すると、既存のサービス項目インスタンスに関するデータを自動的に取得および事前に入力できるようになります。 この例では、グリッド オプションをデフォルトの選択および値のままにします。 特に、ユーザがグリッド行を追加できるようにするために、編集アクセス制御を付与したい場合があります。
    5. 左側のペインのラップトップ ディクショナリの下で、[名前(Name)] フィールドをクリックして HTML 表現のウィンドウを表示します。 [入力タイプ(Input Type)] フィールドで、ドロップダウン メニューから [選択(単一)(select (single))] を選択します。 「単一選択」の入力タイプでは、[名前(Name)] フィールドは、ユーザが単一の値のみを選択できるドロップダウン メニューとしてレンダリングされます。 また、[列(Columns)] の値を 32 に変更すると、[名前(Name)] 列の幅が小さくなります。
    ステップ 5   新しいデータ取得ルールを作成します。 ラップトップの選択フォームの [アクティブフォームルール(Active Form Rules)] タブをクリックします。
    1. [新しいルール(New Rule)] > [新しいデータ取得ルール(New Data Retrieval Rule)] の順に選択します。
    2. ウィザードで、次の手順を実行します。
        • [ルールタイプ(Rule Type)] を [配布ルール(Distributing Rule)] に設定し、[クエリーのタイプ(Query Type)] が [データベーステーブルルックアップ(Database Table Lookup)] に設定されたままにします。
        • 次に示すように、トリガー イベントとして [フォームのロード(Form Load)] をオンにします。
        • [データソース(Datasource)] ドロップダウン メニューから [サービス項目(Service Items)] を選択し、[テーブル名(Table Name)] ドロップダウン メニューから [ラップトップ(Laptops)] を選択します。
        • [ブランド名(Brand_Name)] フィールドでデータ インスタンス「HP」を選択から除外する検索条件を作成するには、次に示すように、[テーブル列名(Table Column Name)] ドロップダウン メニューから [ブランド名(Brand_Name)] を選択し、[演算子(Operator)] ドロップダウン メニューから [以下に等しくない(is not equal to)] を選択し、さらに [リテラル値(Literal Value)] フィールドに HP と入力します(そのオプション ボタンをオンにする)。 [OK] をクリックします。
        • ラップトップ サービス項目の [名前(Name)] 列をラップトップ ディクショナリの [名前(Name)] フィールドにマッピングし、3 つのドロップダウン メニューからそれらを選択し、[OK] をクリックします。
      (注)      ラップトップの横の「*」は、ラップトップがグリッド ディクショナリであることを示しています。
    ステップ 6   新しいサービス グループと新しいサービスを作成します。 Service Designer モジュールの [サービス(Services)] コンポーネントを選択します。
    1. [新規(New)] > [新しいサービスグループ(New Service Group)] の順に選択し、グループ名を入力し、サービス チームを選択して説明を入力します。
    2. [このサービスグループを追加(Add This Service Group)] をクリックします。 左側の [サービス(Services)] ツリーに、新しいグループが表示されます。
    3. [新規(New)] > [新規サービス(New Service)] の順に選択します。 表示される [新規サービス(New Service)] ウィンドウの [名前(Name)] フィールドに、この例では Laptop Upgrade と入力します。 説明として、「Upgrade one or more laptops.」と入力します。 [サービスグループ(Service Group)] ドロップダウン メニューから、今作成したサービス グループ [Daveサービスグループ(Dave Service Group)] を選択します。
    4. [このサービスを追加(Add This Service)] をクリックします。 ラップトップ アップグレード サービスの [全般(General)] タブが表示されます。
    ステップ 7   フォームをサービスに追加し、My Services でサービスを表示します。
    1. ステップ 6 d でサービスを追加後に表示されたラップトップ アップグレード サービスの [フォーム(Form)] タブをクリックします。
    2. ウィンドウの左下の [フォームの追加(Add Forms)] をクリックします。 [フォームの追加(Add Form)] ポップアップ ウィンドウが表示されます。
    3. [検索(Search)] フィールドで、Laptops Selection と入力して、以前作成したラップトップの選択フォームを検索します。
    4. ラップトップの選択フォームをオンにし、[追加(Add)] をクリックします。
    5. ラップトップの選択フォームがラップトップ アップグレード サービスに追加されます。
    6. Service Catalog の My Services モジュールを選択します。
    7. [次の項目を含むサービスの検索:(Search for Services containing:)] フィールドに Laptop Upgrade と入力して、[検索(Search)] をクリックします。 ラップトップ アップグレード サービスが表示されます。
    8. [オーダー(Order)] をクリックして、作成したグリッドを表示します。

      グリッドは、ディクショナリのデフォルト名から取った「Laptops」というヘッダー付きで表示されます。 列ヘッダー名は、ディクショナリ フィールドの [HTML表現ラベル(HTML Representation Label)] フィールドから取得されます。

      [名前(Name)] フィールドの [入力タイプ(Input Type)] に [選択(単一)(select (single))] を選択したため、[名前(Name)] フィールドは、単一の値のみ選択できるドロップダウン メニューとして表示されます。 [名前(Name)] 列の最初の行内をクリックし、ドロップダウン メニューから名前を選択します。残りのフィールドには、自動的に値が投入されます。 これは、フォーム ディクショナリの [サービス項目インスタンスデータの自動取得を有効にする(Enable automatic retrieval of service item instance data)] をオンにし、ラップトップ サービス項目の [名前(Name)] 列をラップトップ ディクショナリの [名前(Name)] フィールドにマッピングしたために行われます。