シスコ アプリケーション セントリック インフラストラクチャの基本
アクセス ポリシーの例
アクセス ポリシーの例

アクセス ポリシーの例

この章の内容は、次のとおりです。

複数のスイッチに適用される単一のポート チャネルの設定

このサンプルの XML ポリシーは、リーフ スイッチ 17 でポート チャネルを 1 つ作成し、リーフ スイッチ 18 で別のポート チャネルを作成し、リーフ スイッチ 20 で 3 つ目のチャネルを作成します。 各リーフ スイッチで、同じインターフェイスがポート チャネルの一部になります(インターフェイス 1/10 ~ 1/15 および 1/20 ~ 1/25)。 これらのポート チャネルはすべて同じ設定になります。

<infraInfra dn="uni/infra">

        <infraNodeP name=”test">
             <infraLeafS name="leafs" type="range">
	<infraNodeBlk name="nblk” from_=”17" to_=”18”/>
	<infraNodeBlk name="nblk” from_=”20" to_=”20”/>
            </infraLeafS>
            <infraRsAccPortP tDn="uni/infra/accportprof-test"/>	
       </infraNodeP>

        <infraAccPortP name="test">
             <infraHPortS name="pselc" type="range">
	<infraPortBlk name="blk1” fromCard="1" toCard="1" fromPort="10" toPort=”15”/>
	<infraPortBlk name="blk2" fromCard="1" toCard="1" fromPort=”20" toPort=”25”/>
                	<infraRsAccBaseGrp tDn="uni/infra/funcprof/accbundle-bndlgrp" />
             </infraHPortS>
        </infraAccPortP>

         <infraFuncP>
               <infraAccBndlGrp name="bndlgrp" lagT="link">
	<infraRsHIfPol  tnFabricHIfPolName=“default"/>
	<infraRsCdpIfPol tnCdpIfPolName=”default”/>
	<infraRsLacpPol tnLacpLagPolName=”default"/>
               </infraAccBndlGrp>
         </infraFuncP>

</infraInfra>

複数のスイッチに適用される 2 つのポート チャネルの設定

このサンプルの XML ポリシーは、リーフ スイッチ 17 でポート チャネルを 2 つ作成し、リーフ スイッチ 18 で別のポート チャネルを作成し、リーフ スイッチ 20 で 3 つ目のチャネルを作成します。 各リーフ スイッチで、同じインターフェイスがポート チャネルの一部になります(ポート チャネル 1 の場合はインターフェイス 1/10 ~ 1/15、ポート チャネル 2 の場合は 1/20 ~ 1/25)。 各スイッチ ブロックには連続するスイッチ ID のグループを 1 つしか含めることができないため、ポリシーは 2 つのスイッチ ブロックを使用します。 これらのポート チャネルはすべて同じ設定になります。


(注)  


ポート チャネルの設定が同じであっても、この例では、2 つの異なるインターフェイス ポリシー グループを使用します。 各インターフェイス ポリシー グループは、スイッチ上のポート チャネルを表します。 所定のインターフェイス ポリシー グループに関連付けられているインターフェイスはすべて、同じポート チャネルの一部です。
    <infraInfra dn="uni/infra">

        <infraNodeP name=”test">
             <infraLeafS name="leafs" type="range">
	<infraNodeBlk name="nblk” from_=”17" to_=”18”/>
	<infraNodeBlk name="nblk” from_=”20" to_=”20”/>
            </infraLeafS>
            <infraRsAccPortP tDn="uni/infra/accportprof-test1"/>	
            <infraRsAccPortP tDn="uni/infra/accportprof-test2"/>	
       </infraNodeP>

        <infraAccPortP name="test1">
             <infraHPortS name="pselc" type="range">
	<infraPortBlk name="blk1” fromCard="1" toCard="1" fromPort="10" toPort=”15”/>
	<infraRsAccBaseGrp tDn="uni/infra/funcprof/accbundle-bndlgrp1" />
             </infraHPortS>
        </infraAccPortP>

       <infraAccPortP name="test2">
             <infraHPortS name="pselc" type="range">
	<infraPortBlk name="blk1” fromCard="1" toCard="1" fromPort=“20" toPort=”25”/>
	<infraRsAccBaseGrp tDn="uni/infra/funcprof/accbundle-bndlgrp2" />
             </infraHPortS>
        </infraAccPortP>

         <infraFuncP>
               <infraAccBndlGrp name="bndlgrp1" lagT="link">
	<infraRsHIfPol  tnFabricHIfPolName=“default"/>
	<infraRsCdpIfPol tnCdpIfPolName=”default”/>
	<infraRsLacpPol tnLacpLagPolName=”default"/>
               </infraAccBndlGrp>

              <infraAccBndlGrp name="bndlgrp2" lagT="link">
	<infraRsHIfPol  tnFabricHIfPolName=“default"/>
	<infraRsCdpIfPol tnCdpIfPolName=”default”/>
	<infraRsLacpPol tnLacpLagPolName=”default"/>
               </infraAccBndlGrp>
         </infraFuncP>

</infraInfra>

2 つのスイッチ間での単一の仮想ポート チャネル

2 つのスイッチ間で仮想ポート チャネルを作成するための 2 つの手順は次のとおりです。

  • fabricExplicitGEp を作成します。このポリシーは、仮想ポート チャネルを形成するためにペアになるリーフ スイッチを指定します。

  • インフラ セレクタを使用してインターフェイス コンフィギュレーションを指定します。

APIC は、fabricExplicitGEp の複数の検証を実行し、これらの検証のいずれかが失敗すると、障害が発生します。 1 つのリーフは、他の 1 つのリーフのみとペアにできます。 APIC は、このルールに違反する設定を拒否します。 fabricExplicitGEp を作成する際、管理者はペアにするリーフ スイッチの両方の ID を提供する必要があります。 APIC は、このルールに違反する設定を拒否します。 両方のスイッチを fabricExplicitGEp の作成時に起動する必要があります。 片方のスイッチが起動していない場合、APIC は設定を受け入れますが、障害を発生させます。 両方のスイッチをリーフ スイッチにする必要があります。 片方または両方のスイッチ ID がスパインに一致すると、APIC は設定を受け入れますが、障害を発生させます。

<fabricProtPol pairT="explicit">
<fabricExplicitGEp name="tG" id="2">
	<fabricNodePEp id=”18”/>
	<fabricNodePEp id=”25"/>
        </fabricExplicitGEp>
   </fabricProtPol>

2 つのスイッチの選択されたポート ブロックでの 1 個の仮想ポート チャネル

このポリシーは、リーフ 18 ではインターフェイス 1/10 ~ 1/15 を、リーフ 25 ではインターフェイス 1/20 ~ 1/25 を使用して、リーフ スイッチ 18 および 25 で単一の仮想ポート チャネルを作成します。

<infraInfra dn="uni/infra">

        <infraNodeP name=”test1">
             <infraLeafS name="leafs" type="range">
	<infraNodeBlk name="nblk” from_=”18" to_=”18”/>
            </infraLeafS>
            <infraRsAccPortP tDn="uni/infra/accportprof-test1"/>	
        </infraNodeP>

        <infraNodeP name=”test2">
             <infraLeafS name="leafs" type="range">
	<infraNodeBlk name="nblk” from_=”25" to_=”25”/>
            </infraLeafS>
            <infraRsAccPortP tDn="uni/infra/accportprof-test2"/>	
        </infraNodeP>

        <infraAccPortP name="test1">
             <infraHPortS name="pselc" type="range">
	<infraPortBlk name="blk1” fromCard="1" toCard="1" fromPort="10" toPort=”15”/>
	<infraRsAccBaseGrp tDn="uni/infra/funcprof/accbundle-bndlgrp" />
             </infraHPortS>
        </infraAccPortP>

       <infraAccPortP name="test2">
             <infraHPortS name="pselc" type="range">
	<infraPortBlk name="blk1” fromCard="1" toCard="1" fromPort=“20" toPort=”25”/>
	<infraRsAccBaseGrp tDn="uni/infra/funcprof/accbundle-bndlgrp" />
             </infraHPortS>
        </infraAccPortP>

         <infraFuncP>
               <infraAccBndlGrp name="bndlgrp" lagT=”node">
	<infraRsHIfPol  tnFabricHIfPolName=“default"/>
	<infraRsCdpIfPol tnCdpIfPolName=”default”/>
	<infraRsLacpPol tnLacpLagPolName=”default"/>
               </infraAccBndlGrp>
         </infraFuncP>

</infraInfra>

インターフェイス速度の設定

このポリシーは、一連のインターフェイスのポート速度を設定します。

<infraInfra dn="uni/infra">

        <infraNodeP name=”test1">
             <infraLeafS name="leafs" type="range">
	<infraNodeBlk name="nblk” from_=”18" to_=”18”/>
            </infraLeafS>
            <infraRsAccPortP tDn="uni/infra/accportprof-test1"/>	
        </infraNodeP>

        <infraNodeP name=”test2">
             <infraLeafS name="leafs" type="range">
	<infraNodeBlk name="nblk” from_=”25" to_=”25”/>
            </infraLeafS>
            <infraRsAccPortP tDn="uni/infra/accportprof-test2"/>	
        </infraNodeP>

        <infraAccPortP name="test1">
             <infraHPortS name="pselc" type="range">
	<infraPortBlk name="blk1” fromCard="1" toCard="1" fromPort="10" toPort=”15”/>
	<infraRsAccBaseGrp tDn="uni/infra/funcprof/accbundle-bndlgrp" />
             </infraHPortS>
        </infraAccPortP>

       <infraAccPortP name="test2">
             <infraHPortS name="pselc" type="range">
	<infraPortBlk name="blk1” fromCard="1" toCard="1" fromPort=“20" toPort=”25”/>
	<infraRsAccBaseGrp tDn="uni/infra/funcprof/accbundle-bndlgrp" />
             </infraHPortS>
        </infraAccPortP>

         <infraFuncP>
               <infraAccBndlGrp name="bndlgrp" lagT=”node">
	<infraRsHIfPol  tnFabricHIfPolName=“default"/>
	<infraRsCdpIfPol tnCdpIfPolName=”default”/>
	<infraRsLacpPol tnLacpLagPolName=”default"/>
               </infraAccBndlGrp>
         </infraFuncP>

</infraInfra>