Cisco Nexus 93128TX ACI-Mode スイッチ ハードウェア設置ガイド
コンポーネントの交換
コンポーネントの交換

コンポーネントの交換

電源モジュールの交換

スイッチは 1 つの電源モジュールだけで稼働しますが、冗長性を確保するために 2 つ目を使用することができます。 稼働に必要な電力を供給する電源モジュールを使用して、もう一方の電源モジュールを交換できます。 スイッチに電源モジュールが 1 つしかない場合は、開いている電源モジュール スロットに交換用の電源モジュールを取り付けることができます。


注意    


交換用の電源モジュールに赤紫色のイジェクト ハンドルがあることを確認してください。それはポート側吸気エアーフロー(このスイッチに必要なエアーフローの方向)を示します。 電源モジュールとファン トレイの両方が同じエアーフローの方向でなければなりません。そうでないと、過熱状態になる可能性があります。


AC 電源モジュールの取り外し

AC 電源モジュールの取り外し手順は、次のとおりです。

はじめる前に
  • 稼働中に一方を取り外すことができるように、スイッチには電源モジュールを 2 つ設置する必要があります。 スイッチに取り付けられている電源モジュールが 1 個だけでそれを交換する必要がある場合は、元の電源モジュールを取り外す前に新しい電源モジュールを空いているスロットに取り付けて電源投入します( を参照)。

  • シャーシが接地されていることを確認します。 接地手順については、シャーシのアース接続を参照してください。


    ステップ 1   取り外す電源モジュールの電源コンセントから電源コードを引き抜きます。
    ステップ 2   サム ラッチを左に押したままにして、シャーシから電源モジュールを途中まで引き出し、電源モジュールをシャーシから取り外します(次の図を参照)。
    図 1. シャーシからの電源モジュールの交換



    1

    サム ラッチを左に押し、スライドさせて抜き取ります。

    2

    カチッと音がしてラッチが取り付けられるまで、スライドさせます。

    ステップ 3   シャーシから引き出す際、もう一方の手で下から電源モジュールを支えます。
    ステップ 4   電源モジュール スロットを空のままにしておく場合は、電源モジュール用ブランク フィラー パネル(部品番号 N2200-P-BLNK)を取り付けます。

    次の作業

    交換用電源モジュールを取り付ける準備ができました。

    AC 電源の取り付け

    電源モジュールを取り付ける手順は、次のとおりです。

    はじめる前に
    • 新しい電源モジュール用に空いている電源スロットが必要です。 2 つの電源モジュールがすでにスイッチに取り付けられている場合は、新しい電源モジュールを取り付ける前に一方を取り外す必要があります( を参照)。

    • シャーシにシステム アースが接続されていることを確認します。 アースの接続方法については、シャーシのアース接続 を参照してください。


      ステップ 1   新しい電源モジュール用の電源スロットにフィラー プレートが取り付けられている場合は、サム ラッチを左に押してパネルをシャーシから引き出してスロットからプレートを外します。
      ステップ 2   交換用電源モジュールのハンドルを持ち、サム ラッチが右側に来るように配置し、サム ラッチがカチッと音がするまで電源モジュールを空きスロットに完全に押し込み、所定の位置に固定します。
      ステップ 3   電源ケーブルを電源モジュールの電源コンセントに接続し、LED が点灯してグリーンになることを確認します。
      (注)     

      配電ユニットのコンセントの種類によっては、電源モジュールを電源に接続するために、オプションのジャンパ電源コードが必要となる場合もあります。


      ファン トレイの交換

      スイッチは、動作用に 2 つのファン トレイを備えていますが、30 秒以内に置き換える場合はファン トレイ の 1 つを取り外すことができます。


      注意    


      交換用のファン トレイの端に赤紫色のストライプがあることを確認してください。それはポート側吸気エアーフロー(このスイッチに必要なエアーフローの方向)を示します。 電源モジュールとファン トレイの両方が同じエアーフローの方向でなければなりません。そうでないと、過熱状態になる可能性があります。


      ファン トレイの取り外し

      ファン トレイを取り外す手順は、次のとおりです。

      はじめる前に
      • ファン トレイを取り外してから 30 秒以内に交換できるように、交換用ファン トレイを手元に用意しておく必要があります。

      • 交換用ファン トレイには、ポート側吸気エアーフローがあることを示す赤紫色のストライプが表面についている必要があります。 すべての電源モジュールとファン トレイがポート側吸気エアーフローでなければならず、そうでないと、過熱状態になる可能性があります。

      • 取り外したファン トレイを置くための帯電防止処理された場所を準備します。


        ステップ 1   ドライバを使用して、取り外すファン トレイがシャーシから離れるまでその非脱落型ネジを緩めます。
        ステップ 2   ファン トレイのハンドルを片手でつかみ、ファン トレイをシャーシから途中まで引き出します。
        ステップ 3   もう一方の手をファン トレイの下に置きその重量を支え、シャーシからすべて引き出します。
        ステップ 4   ファン トレイを静電気防止用シートの上に置きます。

        次の作業

        新しいファン トレイを取り付ける準備が整いました。過熱状態になるのを防ぐために 30 秒以内に行う必要があります。

        ファン トレイの取り付け

        はじめる前に
        • ファン トレイのスロットの 1 つは空いていて、新しいファン トレイを取り付けられるようにしておく必要があります。

        • スイッチが稼働中は、新しいファン トレイを手元に用意して元のファン トレイを取り外してから 1 分以内に取り付けるようにする必要があります。

        • 新しいファン トレイは、スイッチに取り付けられている他のファン トレイおよび電源モジュールと同じエアーフローの方向になっている必要があります。

        ステータス(STS)LED が点灯し、グリーンになることを確認します。