Cisco Nexus 9336PQ ACI モード スイッチ ハードウェア インストレーション ガイド
概要
概要

概要

概要

Cisco Nexus 9336PQ ACI スパイン スイッチ(N9K-C9336PQ)は、シスコ アプリケーション セントリック インフラストラクチャ(ACI)向けの 2 ラックユニット(RU)スイッチです。 このスイッチには、次のコンポーネントが含まれています。

  • 36 個の固定 40 ギガビット着脱可能クアッド小型フォームファクタ(QSFP+)ポート

  • コンソール ポートおよびアウトオブバンド管理ポート(各 1)

  • 1200-W AC 電源モジュール(2)(N9K-PAC-1200W)

    必須なのは 1 つだけですが、冗長性のために 2 つ必要です。

  • ファン トレイ(2)(N9K-C9300-FAN3)

    ファン トレイは、シャーシのポート側からシャーシ全体に冷気を取り込み、シャーシのファン トレイと電源モジュール側から排気します。

次の図は、シャーシの電源モジュールとファン トレイ側から見たハードウェア機能を示しています。

図 1. シャーシの電源モジュールおよびファン トレイ側のハードウェア機能

1

アース パッド

3

ファン トレイ(2)

2

電源モジュール(2)

次の図は、シャーシのポート側から見たハードウェア機能を示しています。

図 2. シャーシのポート側のハードウェア機能

1

シャーシ LED

5

40 ギガビット QSFP+ ポート(36)

2

USB ポート

6

ネジ穴(2)。4 支柱ラック用のフロント マウント ブラケットを取り付けるために使用(両側にそれぞれ 1 つのブラケット)。

3

アウトオブバンド管理ポート(RJ-45 ポート)

7

シャーシの両側にあるノッチ。シャーシのファン トレイと電源モジュール側を下部支持ブラケットに固定するために使用。

4

コンソール ポート(RJ232 ポート)

ポート

スイッチ シャーシには次のタイプのポートがあります。

  • 40 ギガビット QSFP+ インターフェイス ポート(36)

  • コンソール ポート(1)

  • アウトオブバンド管理ポート(1)

  • USB フラッシュ メモリ ポート(2)

インターフェイス ポートは QSFP+ トランシーバをサポートしており、左から右に番号が付けられています。 これらのポートを使用して、スイッチが属する ACI ネットワーク内の Cisco Nexus 9300 スイッチにスイッチを接続します。 これらのポートには、左から右に 1 ~ 36 の番号が付けられています。

コンソール ポートを使用して、スイッチの初期設定を行うことができます。

アウトオブバンド管理ポートでは、スイッチの設定後にスイッチの動作を管理できます。

スイッチ設定をフラッシュ ドライブにダウンロードまたはアップロードする必要がある場合は、2 つの USB ポートのいずれかでフラッシュ ドライブを使用できます。

トランシーバ

本スイッチは 40 ギガビット QSFP+ トランシーバをサポートし、40 ギガビット モードで動作します。 また、次の表に示す光ファイバおよび銅線のトランシーバとケーブルをサポートしています。

部品番号 説明

QSFP-40G-SR-BD

LC コネクタ付き 40GBASE SR BiDi QSFP+ トランシーバ モジュール(マルチモード ファイバ(MMF)、328 フィート(100 m)対応)

QSFP-40G-SR4

MPO コネクタ付き 40GBASE-SR4 QSFP+ トランシーバ モジュール(MMF、最大距離 328 フィート(100 m))

QSFP-40G-CSR4

MPO コネクタ付き 40GBASE 拡張 CSR4 QSFP+ トランシーバ モジュール(MMF、最大距離 984 フィート(300 m))

QSFP-H40G-AOC1M

Cisco 40GBASE-CR4 QSFP+ アクティブ光ケーブル(最大距離 3.3 フィート(1 m))

QSFP-H40G-AOC2M

Cisco 40GBASE-CR4 QSFP+ アクティブ光ケーブル(最大距離 6.6 フィート(2 m))

QSFP-H40G-AOC3M

Cisco 40GBASE-CR4 QSFP+ アクティブ光ケーブル(最大距離 9.8 フィート(3 m))

QSFP-H40G-AOC5M

Cisco 40GBASE-CR4 QSFP+ アクティブ光ケーブル(最大距離 16.4 フィート(5 m))

QSFP-H40G-AOC7M

Cisco 40GBASE-CR4 QSFP+ アクティブ光ケーブル(最大距離 23.0 フィート(7 m))

QSFP-H40G-AOC10M

Cisco 40GBASE-CR4 QSFP+ アクティブ光ケーブル(最大距離 32.8 フィート(10 m))

ラック内配線や隣接ラックとの配線に対し、本スイッチは 40 ギガビット イーサネットの QSFP+ アクティブ光ケーブルをサポートしています。 さらに長距離の配線に対しては、マルチモードおよびシングルモードの QSFP+ 光トランシーバをサポートしています。

ファン トレイ

本スイッチは、冷却用のポート側吸気エアーフローを供給する 2 つのファン トレイを備えています。 稼動中にファン トレイの 1 つをホット スワップできますが、1 分以内に交換する必要があります。 1 分以内にファン トレイを交換できない場合は、交換する準備が整うまで、障害が発生したファン トレイをシャーシから取り外さないことをお勧めします。

ファン トレイは、左側は FAN 1、右側は FAN 2 とラベル付けされています。


(注)  


スイッチを稼働させる際は、すべての電源モジュールとファン トレイ モジュールも一緒に稼働させて、シャーシのポート側から冷気を取り込み、シャーシの電源モジュールとファン トレイ側から熱気を排出する必要があります。 ホット アイル側から吸気すると、過熱状態になり、スイッチがシャット ダウンする可能性があります。


電源モジュール

本スイッチには 2 つの 1200-W 電源モジュール(部品番号 N9K-PAC-1200W)があり、左側は PS1、右側は PS2 とラベル付けされています。 スイッチには、動作用として 1 つ、電源の冗長性用としてもう 1 つの電源モジュールが必要です。 稼動中に電源モジュールの 1 つをホット スワップできますが、それ以外の場合は、設計どおりのエアーフローを確保するために、必ず、2 つの電源モジュールをシャーシに取り付けておいてください。


注意    


スイッチを稼働させる際は、すべての電源モジュールとファン トレイ モジュールも一緒に稼働させて、シャーシのポート側から吸気し(ポート側吸気エアーフロー)、電源モジュールとファン トレイを通じて排気する必要があります。 ホット アイル側からシャーシ内に吸気すると、過熱状態になり、スイッチがシャット ダウンする可能性があります。