『Cisco APIC ファームウェア管理ガイド』
新しい APIC イメージのインストール
新しい APIC イメージのインストール

新しい APIC イメージのインストール

この章の内容は、次のとおりです。

新しい APIC ソフトウェア イメージをインストールする条件

最初のインストールにより、次のタスクが実行されます。

  • ディスク上にある既存のデータが消去されます。

  • ディスクが再フォーマットされます。

  • 新しいソフトウェア イメージがインストールされます。

Cisco APIC イメージの最初のインストールは、次の状況で必要になります。

  • 新しい UCS サーバがあり、そのサーバに APIC イメージをインストールする必要がある。

  • 既存のサーバに APIC イメージがあるがまったく応答しないので、新しい APIC イメージをそのサーバにインストールする必要がある。

ソフトウェア インストール方法APIC

次のいずれかの方法を使用して、サーバに APIC ソフトウェアをインストールすることができます。

  • USB デバイスの使用

  • PXE サーバの使用

  • 仮想メディアの使用

PXE サーバを使用した APIC ソフトウェアのインストール

Preboot Execution Environment(PXE)サーバを使用して APIC ソフトウェアをインストールするには、以下の手順に従ってください。


    ステップ 1   次のように PXE サーバを設定します。
    1. Linux の標準構成で PXE サーバを設定します。
    2. ISO イメージをマウントします。

      例:
      $ mount –t iso9660 –o loop aci-apic-dk9.1.0.0.200v.iso software/ifc/apic-200v-insecure
      
      
    3. ファイルの内容を検査します。

      例:
      $ ls –n software/ifc/apic-200v-insecure
      …
      drwxrwxr-x 6 76989 2000  4096 May 30 14:56 insieme
      drwxrwxr-x 3 76989 2000  4096 May 30 14:56 images
      …
      
      $ ls myisomount/images/pxeboot/
      initrd.img  vmlinuz
      
    4. PXE メニュー エントリ:<pxe-dir>/tftpboot/boot_msg

      例:
    5. PXE メニュー エントリのイメージ:<pxe-dir>/tftpboot/pxelinux.cfg/default

      例:
      $ cat tftpboot/pxelinux.cfg/default
      …
      label 10
      	kernel ifcimages/vmlinuz
      	append initrd=ifcimages/initrd.img ks=http://172.21.157.10/kickstart/ifc-stable ksdevice=eth0 loglevel=0 console=tty9
      …
      
      $ ls myisomount/images/pxeboot/
      initrd.img  vmlinuz
      
      
    6. kickstart ファイルの追加:<pxe-dir>/kickstart/<mykickstartfile>

      例:
      $ cat kickstart/ifc-stable
      
      # IFC Kickstart script for UCS C200
      install
      url --url=http://172.21.157.10/software/ifc/apic-200v-insecure
      lang en_US.UTF-8
      keyboard us
      network --onboot yes --device eth0 --bootproto dhcp --noipv6
      network --onboot no --device eth1 --bootproto dhcp --noipv6
      network --onboot no --device eth2 --bootproto dhcp --noipv6
      network --onboot no --device eth3 --bootproto dhcp –noipv6
      
      
    ステップ 2   APIC を再起動し、F12 キーを押してネットワークを起動します。
    ステップ 3   Linux のインストールのための標準構成用に PXE サーバに設定されたオプションを選択します。

    仮想メディアを使用したインストール

    他の仮想メディアのインストールを実行するときと同じように、APIC ISO イメージ ファイルを使用してインストールを行うことができます。 手順の詳細については、このマニュアルでは説明していません。