コマンド リファレンス
コマンド リファレンス

コマンド リファレンス

この章では、次の CLI コマンドについて説明します。

コマンドのヘルプ

次のツールを使用して CLI コマンドのヘルプを表示できます。

  • コマンド名 -help:コマンドの要約を表示します。

    admin@apic1:aci> controller -h
    Usage:  controller [TARGETNODE_ID] [commission|decommission] 
    
    Display controller info. Commission or Decommission controllers. 
    
    Options:
      -h --help
    
  • man コマンド名:コマンドに関する Linux 形式の man ページ(マニュアル ページ)を表示します。

    admin@apic1:aci> man controller

attach

attach コマンドは、指定されたファブリック ノードへの SSH セッションを開きます。

attach apic1
attach leaf1
attach spine1

次の例は、attach コマンドを使用して leaf1 ノードに接続する方法を示しています。

admin@apic1:aci> attach leaf1
# Executing command: ssh leaf1
Warning: Permanently added 'leaf1,10.0.75.31' (RSA) to the list of known hosts.
admin@leaf1's password:
admin@leaf1:~>

auditlog

監査ログには、ログイン時刻やログアウト時刻など、監査情報が含まれています。 特定のノード、モジュール、インターフェイスの監査の要約を表示するには、auditlog コマンドを使用します。

auditlog [ auditlog-id]

構文の説明

オプション 機能
auditlog-id 表示する監査ログの番号を指定します。

次の例は、auditlog コマンドの使用例を示しています。

admin@apic1:Solar> pwd
/home/admin/aci/tenants/Solar
admin@apic1:Solar> auditlog 4294967305
ID                   : 4294967305
Description          : Tenant Solar created
Affected Object      : uni/tn-Solar
Time Stamp           : 2014-07-21T20:00:25.518+00:00
Cause                : transition
Code                 : E4206326
Severity             : info
Change Set           : name:Solar
Action Performed     : creation
Action Trigger       : config
Transaction ID       : 14411518807585652035
User                 : admin

create

create コマンドは特定のスコープ内でウィザードを実行します。ウィザードは MIT 内に関連するオブジェクトを作成します。

create scope

次の例は、create コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:~> create tenant
# Executing command: 'cd /aci/tenants; ./tenant.wiz'

Create Tenant:
--------------
Name         	: Cisco
Description  	: Cisco Systems
Monitoring Policy:

Security Domains:
-----------------
Name   	:
skipping...

Create new network:
-------------------
Name         	:
skipping...

Do you want to view the corresponding commands? (Yes/No): Yes
-------------------------------------------------------------------------
mocreate Cisco
pushd .
cd Tenant-Test
moset description "Cisco Systems"

pushd .
cd security-domains
popd

pushd .
cd networking

pushd .
cd private-networks
popd
popd
popd
--------------------------------------------------------------------------------

Do you want to commit changes? (Yes/No): Yes
Adding mo tenants/Cisco
All requests processed successfully!
create YAML ファイルの tenant セクションは、次のように定義されます。
- tenant:
	help: 'Tenant'
	type: alias
	dirFormat: '/aci/tenants/'
	fileType: 'summary'
	createFile: tenant.wiz
	name: tenant

(注)  


YAML(.yml)ファイルの形式の詳細については、「コマンドのカスタマイズ」を参照してください。

controller

コントローラの情報を表示したり、ノードをコミッションまたはデコミッションするには、controller コマンドを使用します。

controller [controller-id] [commission | decommission]

構文の説明

オプション 機能
commission ノードをコミッション(作成)します。
decommission 指定されたノードをデコミッションします。
controller-id コントローラの ID。

次の例は、controller コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:> controller 1 decommission 

diagnostics

機器の診断テストを表示するには、diagnostics コマンドを使用します。

diagnostics node-id

構文の説明

オプション 機能
node-id

ターゲットのノード ID またはノード名。 一連のノード ID やノード名のリストを指定できます。

次の例は、diagnostics コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:aci> diagnostics 1
Dn                        Group          Model         Subject Class  Test Set                
----------------------------------------------------------------------------------------------
topology/pod-1/node-      internal-conn  N9K-C9396PX   eqptSupC       mgmtp-lb                
19/sys/diag/grptests-                                                                         
eqptSupC-model-[N9K-                                                                          
C9396PX]-grp-internal-                                                                        
conn                                                                                          
topology/pod-1/node-      cpu            N9K-C93128TX  eqptSupC       cpu-cache               
19/sys/diag/grptests-                                                                         
eqptSupC-model-[N9K-                                                                          
C93128TX]-grp-cpu                                                                             
topology/pod-1/node-      sys-mem        N9K-C93128TX  eqptSupC       bios-mem,mem-health     
19/sys/diag/grptests-                                                                         
eqptSupC-model-[N9K-                                                                          
C93128TX]-grp-sys-mem                                                                         
topology/pod-1/node-      peripherals    Nagano        eqptSupC       act2-acc,cons-dev,fpga- 
19/sys/diag/grptests-                                                 reg-chk,ge-             
eqptSupC-model-                                                       eeprom,nvram-           
[Nagano]-grp-                                                         cksum,obfl-acc,spi-     
peripherals                                                           cksum,ssd-acc,usb-bus   
topology/pod-1/node-      fex            NXS8-4532     eqptLC         extch-fp,extch-         
19/sys/diag/grptests-                                                 hp,extch-sprom          
eqptLC-model-[NXS8-                                                                           
4532]-grp-fex                                                                                 

admin@apic1:aci>                                                                                

eraseconfig

最初の設定情報以外の APIC の設定を消去して、APIC をリブートするには、eraseconfig コマンドを使用します。


(注)  


このコマンドを実行すると、APIC がリブートします。


eraseconfig [ setup ]

構文の説明

オプション 機能
セットアップ 最初の設定情報を消去します。 リブート後、最初の APIC 設定ダイアログがコンソールに表示されます。

次の例は、eraseconfig コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:~> eraseconfig

eventlog

特定のノード、モジュール、インターフェイスのイベントの要約を表示するには、eventlog コマンドを使用します。

eventlog controller node-id
eventlog switch node-id
eventlog switch interface interface-name node-id
eventlog switch module module-id node-id
eventlog switch module module-id port port-number node-id

構文の説明

オプション 機能
controller コントローラのイベント ログを表示します。
switch スイッチのイベント ログを表示します。
node-id

ターゲットのノード ID またはノード名。 一連のノード ID やノード名のリストを指定できます。

interface インターフェイスの ID またはインターフェイスの範囲を指定します。
interface-name インターフェイスの ID または範囲。
module モジュールを指定します。
module-id モジュール ID。

次の例は、eventlog コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:/> eventlog switch 101 interface eth1/1

faults

特定のノード、モジュール、ポート、インターフェイスの障害の要約を表示するには、faults コマンドを使用します。

faults switch node-id { ack | detail | history | interface interface-name | module module-id port port-number | unack } fault-code
faults controller controller-id { ack | detail | history | unack } fault-code

構文の説明

オプション 機能
controller コントローラの健全性ログを表示します。
controller-id コントローラを指定します。
switch スイッチの健全性ログを表示します。
node-id

ターゲットのノード ID またはノード名。 一連のノード ID やノード名のリストを指定できます。

interface インターフェイスの ID またはインターフェイスの範囲を指定します。
interface-name インターフェイスの ID または範囲。
module モジュールを指定します。
module-id モジュール ID。
detail 障害の詳細を表示します。
ack 確認応答された障害を表示します。
unack 確認応答されていない障害を表示します。
history 履歴を表示します。
port ポート範囲を指定します。
port-number ポート番号。
fault-code 障害コードを指定します。

次の例は、faults コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:faults> faults controller 1 detail

firmware

ファブリック コントローラ ノードのリポジトリ内のファームウェア イメージを管理するには、firmware コマンドを使用します。


(注)  


このコマンドは、ローカル コントローラのソフトウェアのアップグレード用です。クラスタ内のファブリック コントローラ ノードのファームウェアをアップグレードするには、ポリシー ベースのファームウェア アップグレードを使用します。
firmware add image-name
firmware delete image-name
firmware upgrade status
firmware upgrade status node node-id
firmware upgrade catalog image-name
firmware upgrade controller image-name
firmware upgrade switch node node-id image-name

構文の説明

オプション 機能
add リポジトリにファームウェア イメージを追加します。 FTP、SCP、HTTP、または任意のユーザ認証方式を使用して、ファームウェアをダウンロードできます。
delete リポジトリからファームウェア イメージを削除します。
image-name イメージ ファイルの名前。
list ファームウェア リポジトリ内のファームウェア イメージを一覧表示します。
upgrade スイッチまたはローカルAPIC のファームウェアをアップグレードします。
controller コントローラへのローカル イメージのインストールを指定します。
status ファームウェアの更新状態を表示します。
node-id ターゲットのノード ID またはノード名。 同時に 1 つのノードにのみファームウェアをインストールできます。
(注)     

APIC の場合、ファームウェアはクラスタ内のすべての APIC にインストールされます。

switch スイッチへのイメージのインストールを指定します。
catalog イメージ カタログ内のイメージをアップグレードします。

次の例は、firmware コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:~> firmware list
Name                     Type     Major-Version  Minor-Version  Size(Bytes)  Download-Date
-----------------------  -------  -------------  -------------  -----------  ---------------------
ifabric-k9-catalog-      catalog  1.0            (0.566)        7461         2014-01-
1.0.0-566.bin                                                                28T11:17:36.054+00:00
admin@apic1:~> firmware add ifabric-k9-simsw-1.0.0-559.bin
Firmware Image ifabric-k9-simsw-1.0.0-559.bin is added to the repository

admin@apic1:~> firmware list
Name                     Type     Major-Version  Minor-Version  Size(Bytes)  Download-Date
-----------------------  -------  -------------  -------------  -----------  ---------------------
ifabric-k9-catalog-      catalog  1.0            (0.566)        7461         2014-01-
1.0.0-566.bin                                                                28T11:17:36.054+00:00
ifabric-k9-simsw-1.0.0-  switch   1.0            (0.559)        854412177    2014-01-
559.bin      
admin@apic1:~> firmware upgrade switch node 17 ifabric-k9-simsw-1.0.0-559.bin
Firmware Installation on Switch Scheduled
To check the upgrade status, use 'firmware upgrade status -t <node-id>'
admin@apic1:~> 
admin@apic1:~> firmware upgrade status node 17
Firmware Upgrade Status:
Upgrade-Status  Status  Desired-Version   Install-Stage      Start-Date             End-Date             
--------------  ------  ----------------  -----------------  ---------------------  ---------------------
inprogress              simsw-1.0(0.559)  InstallNotStarted  2014-01-               2014-01-             
                                                             28T11:26:38.313+00:00  28T10:59:37.746+00:00.
admin@apic1:~> firmware upgrade status
Node-Id    Role       Upgrade-Status
--------------------------------------
3          controller notscheduled
17         leaf       completeok
20         spine      notscheduled
1          controller notscheduled
2          controller notscheduled
19         spine      notscheduled
18         leaf       notscheduled

health

ノード、モジュール、インターフェイス、ポートの健全性に関する要約を表示するには、health コマンドを使用します。

health switch node-id { ack | detail | history | interface interface-name | module module-id port port-number | unack }
health controller controller-id { ack | detail | history | unack }

構文の説明

長い形式

機能

controller コントローラの障害を表示します。
switch スイッチの障害を表示します。
node-id

ターゲットのノード ID またはノード名。 一連のノード ID やノード名のリストを指定できます。

interface 1 つのインターフェイスまたはインターフェイスの範囲を指定します。
interface-name インターフェイスの名前または範囲。
module ID によって 1 つ以上のモジュールを指定します。
module-id モジュール名。
port 1 つのポートまたはポート範囲を指定します。
port_id ポートの番号または範囲。
history 履歴を表示します。

次の例は、health コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:admin> health switch 101 interface eth1/1
Current Score  Previous Score  Timestamp            
-------------  --------------  ---------------------
95             96              2014-07-             
                               21T15:25:24.092+00:00

Total : 1

loglevel

APIC のロギング設定を表示するには、loglevel コマンドを使用します。

loglevel get node node-name dme dme-name
loglevel set node node-name dme dme-name topic topic-name severity severity-level

構文の説明

オプション 機能
get ノードのサービス ログ レベルを返します。
set ノードのサービス ログ レベルを設定します。
node ノードを指定します。
node-name ノード名。
dme ノードで実行しているサービス プロセスを識別します。
dme-name サービス プロセス(DME)の名前。 使用可能な DME はノードによって異なり、次のような DME があります。
  • ae
  • appliancedirector
  • bootmgr
  • dbgr
  • eventmgr
  • nginx
  • observer
  • policymgr
  • scripthandler
  • topomgr
  • vmmmgr
topic ロギング サブシステムを指定します。
topic-name ロギング サブシステム。
severity ロギングの重要度を指定します。
severity-level ロギングの重要度。 次の値を設定できます。
  • CRIT:クリティカル エラー
  • ERROR:重大なエラー
  • WARN:警告
  • INFO:情報エラー
  • DBG4:デバッグ レベル 4
  • DBG3:デバッグ レベル 3
  • DBG2:デバッグ レベル 2

次の例は、loglevel コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:pod-1> loglevel get node spine1 dme dbgrelem
logDefault : DBG4

man

コマンドの man(マニュアル)ページを表示するには、man コマンドを使用します。

man command-name

構文の説明

オプション 機能
command-name

コマンド名。

次の例は、man コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1> man trafficmap

mobrowser

管理対象オブジェクト(MO)ブラウザを起動するには、mobrowser コマンドを使用します。

mobrowser [scope]

構文の説明

オプション 機能
scope MIT 内のスコープを指定します(aaa、access など)。

次の例は、mobrowser コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:> mobrowser 

moconfig

設定バッファに格納されている設定をコミットまたは破棄するには、moconfig コマンドを使用します。

moconfig { commit | discard | diff | running }

構文の説明

commit

設定バッファに格納されている設定をコミットします。

discard

設定バッファに格納されている設定を破棄します。

diff

アクティブな設定と設定バッファとの相違について要約を表示します。

running 特定のコンテキストの設定を作成するために使用された CLI コマンドを表示します。 このオプションは、テンプレート設定の作成プロセスを簡易化します。 設定テンプレートの詳細については、「設定テンプレートの作成」を参照してください。

次の例は、moconfig コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:local-users> moconfig diff
--- ./mario/mo  2013-10-01 21:17:06.000000000 -0700
+++ ./mario/mo.buffer   2013-10-01 21:17:53.000000000 -0700
@@ -2,8 +2,8 @@
 local-user        	:
 ----------
 login-id           	: george
-first-name         	:
-last-name          	:
+first-name         	: George
+last-name          	: Washington
 phone              	:
 email              	:
 description        	:

admin@apic1:local-users> moconfig commit
Commit Successful
admin@apic1:local-users> moconfig diff
admin@apic1:local-users>
admin@apic1:aci > cd tenants/
admin@apic1:tenants> moconfig running
cd /aci/viewfw/tenants
cd networking
mocreate fv-tenant-common
moconfig commit
mocreate fv-tenant-test
moconfig commit
mocreate fv-tenant-mgmt
moconfig commit
cd external-routed-networks
mocreate l3ext-out-x
moconfig commit
mocreate l3-outside-x
moconfig commit
cd l3-outside-x
cd logical-node-profiles
mocreate nodex
cd nodex
moset tag yellow-green
moconfig commit

mocreate

管理対象オブジェクト(MO)を作成するには、mocreate コマンドを使用します。


(注)  


スコープを指定しない場合は、現在のコンテキストで MO が作成されます。

mocreate [context] name property-name property-value

構文の説明

context

MO のコンテキスト。

name

(任意)MO の名前。

property-name

(任意)MO のプロパティを指定します。

property-value

(任意)プロパティの値を指定します。

次の例は、mocreate コマンドを使用して、ユーザを表す MO を作成する方法を示しています。

admin@apic1:node-associations> mocreate LS-all/
admin@apic1:node-associations> moconfig commit
Committed mo 'fabric/policies/fabric-policy-associations/leaf/node/LNP/node-associations/LS-all'
All mos committed successfully.
admin@apic1:node-associations> ls
LS-all

デフォルトの設定を上書きするには、次の例のように、mocreate コマンドで追加のプロパティを指定します。
admin@apic1:private-networks> pwd
/aci/tenants/common/networking/private-networks
admin@apic1:private-networks> mocreate Private1 monitoring-policy Monitor1

modelete

管理対象オブジェクト(MO)を削除するには、modelete コマンドを使用します。


(注)  


このコマンドは、通常、下位レベルのスコープを削除する場合に使用します。

modelete mo-name

構文の説明

mo-name

MO を格納しているディレクトリの名前。

admin@apic1:node-associations> modelete LS-all/

mofind

管理情報ツリー(MIT)内の特定の MO を検索するには、mofind コマンドを使用します。

mofind scope class package.class mo-value

構文の説明

長い形式 機能
class

クラス引数。MO クラスを返すように指定します。

package

MO のパッケージ名。

class

MO のクラス名。

mo-value

MO の名前。

次の例は、mofind コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:aci> mofind . class fv.Tenant /.aci/viewfs/tenants/t14/mo
/.aci/viewfs/tenants/infra/mo
/.aci/viewfs/tenants/common/mo
/.aci/viewfs/tenants/Solar/mo
/.aci/viewfs/tenants/mgmt/mo
admin@apic1:aci> mofind . class aaa.User /.aci/mitfs/uni/userext/user-admin/mo
/.aci/viewfs/admin/aaa/security-management/local-users/admin/mo

moprint

管理対象オブジェクトや管理対象オブジェクト バッファ ファイルの出力形式を指定するには、moprint コマンドを使用します。


(注)  


このコマンドを使用すると出力を標準化できるので、自動化する場合に役立ちます。

moprint { exclude-help | include-help } { json | pretty | xml }

構文の説明

exclude-help

プロパティの説明を除外した出力を指定します。

include-help

プロパティの説明を含む出力を指定します。

json

JSON 出力を指定します。

pretty

表形式による XML 出力を指定します。

xml

XML 出力を指定します。

次の例は、moprint コマンドを使用して、MO のプロパティを表示する JSON 出力を指定する方法を示しています。

admin@apic1:local-users> moprint json
admin@apic1:local-users> cat ./mario/mo
{
  "aaaUser": {
	"attributes": {
  	"aaaUserclearPwdHistory": {
    	"value": "no"
  	},
  	"aaaUseremail": {
    	"value": ""
  	},
  	"aaaUserlastName": {
    	"value": "Washington"
  	},
  	"aaaUserphone": {
    	"value": ""
  	},
  	"aaaUserdescr": {
    	"value": ""
  	},
  	"aaaUserexpiration": {
    	"value": "never"
  	},
  	"aaaUserexpires": {
    	"value": "no"
  	},
  	"aaaUserencPwd": {
    	"value": ""
  	},
  	"aaaUseraccountStatus": {
    	"value": "active"
  	},
  	"aaaUsername": {
    	"value": "george"
  	},
  	"aaaUserfirstName": {
    	"value": "George"
  	},
  	"aaaUserpwdLifeTime": {
    	"value": "no-password-expiration"
  	},
  	"aaaUserpwd": {
    	"value": ""
  	}
	}
  }
}

moquery

管理対象オブジェクト(MO)関するクエリーを実行するには、moquery コマンドを使用します。

moquery { --host hostname | --port portname | --dn dn | --klass classname | --filter property | --attrs attributes | --output output | -user username | --options options }

構文の説明

オプション 機能
--host APIC ホストを指定します。
host-id APIC のホスト名または IP アドレス。
--port REST インターフェイスのポートを指定します。
portname REST インターフェイスのポート番号。
--dn 管理対象オブジェクト(MO)の識別名(DN)を指定します。
dn MO の DN。
--klass クエリーのクラス名を指定します。
classname クラスを指定します。 複数のクラスをカンマで区切って入力することもできます。
--filter MO をフィルタするプロパティを指定します。
property MO をフィルタするプロパティ。
--attrs クエリーが表示する属性を指定します。
attributes 表示する属性のタイプ。 config(設定の属性)または all を選択できます。
--output クエリーの出力形式を指定します。
output クエリーの出力形式。 JSON または XML を選択できます。
--user ユーザ名を指定します。
username ユーザ名。
--options クエリーのオプションを指定します。
options 無効にするクエリー オプション。

次の例は、moquery コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:~> moquery --dn unallocencap-[uni/infra]
Total Objects shown: 1

# stp.UnAllocEncapCont
infraPKey    : uni/infra
allocSize    : 0
childAction  : 
descr        : 
dn           : unallocencap-[uni/infra]
lastAssigned : 8192
lcOwn        : local
modTs        : 2014-07-26T16:46:27.176+00:00
name         : 
ownerKey     : 
ownerTag     : 
rn           : unallocencap-[uni/infra]
size         : 0
status       : 

moset

管理対象オブジェクト(MO)のプロパティを設定するには、moset コマンドを使用します。

moset { property-name property-value [add | remove ] }

構文の説明

property-name プロパティ名。
property-value プロパティ値。
add 管理対象オブジェクトにプロパティを追加します。
remove 管理対象オブジェクトからプロパティを削除します。

次の例は、moset コマンドを使用して、管理対象オブジェクトのプロパティを設定する方法を示しています。

admin@apic0:local-users> cat george/mo
# aaa.User
local-user            :
----------
login-id               : george
first-name             :
last-name              :
phone                  :
email                  :
description            :
account-status         : active
account-expires        : no
expiration-date        : never
clear-password-history : no
encrypted-password     :
password               :  
password-life-time     : no-password-expiration
admin@apic0:local-users> moset first-name George last-name Washington
admin@apic0:local-users> cat mario/mo.buffer
# aaa.User
local-user            :
----------
login-id               : george
first-name             : George
last-name              : Washington
phone                  :
email                  :
description            :
account-status         : active
account-expires        : no
expiration-date        : never
clear-password-history : no
encrypted-password     :
password               :  
password-life-time     : no-password-expiration
admin@ifc0:local-users>

mostats

MO の統計情報を表示するには、mostats コマンドを使用します。

mostats [stats-class] [sampling-interval interval] [location location-name] [counter counter-name] [values values-name] [from date-from] [to date-to] [thresholded thresholded-flags] [output-to outputname]

構文の説明

stats-class

統計情報のタイプ。現在のスコープで使用可能な統計情報のリストを表示するには、Tab オートコンプリート機能を使用します。

sampling-interval

統計情報のサンプリング間隔を指定します。

interval

サンプリング間隔。次の値を選択できます。

  • 5min
  • 15min
  • 1h
  • 1d
  • 1 W
  • 1mo
  • 1qtr
  • 1year

デフォルト値は 5 分です。

location

統計情報の表示対象の場所を指定します。

location-name

統計情報の表示対象の場所。history または current を選択できます。

counter

表示する特定のカウンタを指定します。 このキーワードを省略した場合は、すべてのカウンタが表示されます。

counter-name

カウンタ名。 カウンタ名を指定しない場合は、すべてのカウンタの値が表示されます。

オートコンプリート機能を使用すると、使用可能なカウンタを一覧表示できます。

values

表示する特定の値を指定します。

values-name

表示する値のタイプ。 オートコンプリート機能を使用すると、使用可能な値を一覧表示できます。

(注)      統計値は、指定したカウンタおよび場所に応じて異なります。
from

統計情報の開始日時を指定します。 このキーワードは履歴統計情報に使用されます。

date-from

クエリの開始日。

to

統計の終了日時を指定します。 このキーワードは履歴統計情報に使用されます。

date-to

クエリの終了日。

thresholded しきい値を超えている履歴統計を指定します。
thresholded-flags しきい値のフラグ値。
output-to

特定の出力タイプを指定します。

output-name

出力のタイプ。次の値を選択できます。

  • table
  • graph

次の例は、mostats コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic0:leafport-17> mostats ingress-byte-counters location history 
Counters:
    flood (bytes) : periodic value
    multicastRate (bytes-per-second) : average value
    multicast (bytes) : periodic value
    unicastRate (bytes-per-second) : average value
    unicast (bytes) : periodic value


        Time Interval            flood     multicastRate  multicast   unicastRate   unicast   
 2013-10-23 13:40:10 + 300sec  1692622494     6038011     1811403699    5959938    1787981697 
 2013-10-23 13:45:10 + 290sec  1701770043     5896513     1709988944    6350713    1841707150 
 2013-10-23 13:50:00 + 300sec  1875699742     6327240     1898172394    5204047    1561214263 
 2013-10-23 13:55:00 + 300sec  1991025635     6407343     1922203057    5961950    1788585183 
 2013-10-23 14:00:00 + 310sec  2020555778     6857403     2125795303    7152710    2217340307 
 2013-10-23 14:05:10 + 290sec  1884001802     6545303     1898138103    5878862    1704870238 
 2013-10-23 14:10:00 + 310sec  2037567241     5880848     1823063295    6927670    2147577849 
 2013-10-23 14:15:10 + 300sec  1651084097     6128338     1838501627    5696007    1708802494 
 2013-10-23 14:20:10 + 300sec  2119253728     5719718     1715322961    5606184    1681939173 
 2013-10-23 14:25:10 + 300sec  1824918785     6553074     1965922597    6167935    1850380704 
 2013-10-23 14:30:10 + 300sec  1794072506     6508516     1952555134    6745063    2023519193 
 2013-10-23 14:35:10 + 290sec  2305467846     6493923     1883237807    6693507    1941117370 

password

APIC のパスワードを変更するには、password コマンドを使用します。

password

次の例は、password コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:aci> passwd
Changing password for user admin.
(current) password: 
New password: 
Retype new password: 
Password for user admin is changed successfully.
admin@apic1:aci> 

reload

特定のノードまたはモジュールをリロードするには、reload コマンドを使用します。


(注)  


ノードを指定しない場合は、現在のコンテキストのノードがリロードされます。

reload { controller | switch } node-id

構文の説明

オプション 機能
controller コントローラをリロードします。
switch スイッチをリロードします。
node-id

ターゲットのノード ID またはノード名。 一連のノード ID やノード名のリストを指定できます。

次の例は、reload コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:aci> reload switch 18

scope

スコープのディレクトリにジャンプするには、scope コマンドを使用します。


(注)  


where コマンドはコンテキストの MIT ディレクトリを表示しますが、scope はディレクトリを開きます。

scope scope-name

構文の説明

scope-name

スコープ名(aaa、access-policies など)。

次の例は、scope コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:~> pwd
/home/admin
admin@apic1:/> scope tenant
Changing directory to /.aci/tenants/
admin@apic1:tenants> pwd
/aci/tenants

show

show コマンドは、Cisco IOS や NX-OS に類似した形式で APIC の設定を表示します。 このコマンドは、Linux の alias コマンドに似ています。

show context

構文の説明

context

コンテキスト名(aaa、access-policies など)。

コンテキスト

次の例は、標準の show コマンド オプションを示しています。

admin@apic1:~> show <Esc><Esc>
 aaa                   	aaa
 access                	Fabric Access Policies
 auditlog              	Show auditlog on current path
 bgp                   	Show BGP information
 cdp                   	Show Cisco Discovery Protocol information
 controller            	Controller Node
 cores                 	cores
 eventlog              	Show eventlog on current path
 external-data-collectors  external-data-collectors
 fabric                	Fabric Details
 faults                	Show faults current path
 fex                   	Show fex information
 firmware              	Show firmware
 health                	Show health on current path
 historical-record-policy  historic-record-policies
 import-export         	Import/Export
 interface             	Show interface status and information
 interface-policies    	interface-policies
 ip                    	Display IP information
 isis                  	Display IS-IS status and configuration
 l4-l7                 	L4-L7 Sevices Details
 lldp                  	Show information about lldp
 module                	Show module information
 schedulers            	schedulers
 switch                	Switch Node
 tenant                	Tenant
 trafficmap            	Show trafficmap
 version               	Show version
 vmware                	VMware vCenter/vShield Controllers
 vpc                   	Show vpc information

show コマンドのカスタマイズ

/etc/scopedefs ディレクトリ内の YAML(.yml)ファイルを使用して、show コマンドをカスタマイズできます。

ユーザは、自身の /home/username/scopedefs/ ディレクトリに .yml ファイルを作成して、show カスタム コマンドを定義できます。 また、/home/username/scopedefs/.ignore.yml ファイルに特定の show スコープを追加することによって、そのスコープを無視できます。

次の例に示す cmdFormat 値のように、特定のスコープで実行する show カスタム コマンドを定義することもできます。

 vmware :
	type: alias
	help: "VMware vCenter/vShield Controllers"
	name: vmware
	label: vmware
	sub:
     	- name: controllers
       	label: controllers
       	type: keyword
       	cmdFormat: "find /aci/vm-networking/inventory/VMware/vmm-domains/ -name controllers -exec echo ';' -exec echo {} ';' -exec cat '{}/summary' ';'"
       	help: "Status of all Controllers"
     	- name: domain
       	label: domain
       	type: keyword
       	help: "Domain" 

(注)  


YAML(.yml)ファイルの形式の詳細については、「コマンドのカスタマイズ」を参照してください。

次の例は、show コマンドを使用して、ローカル ユーザを表示する方法を示しています。

admin@apic1:~> show aaa local-users
# Executing command: cat /aci/admin/aaa/security-management/local-users/summary

local-users:
login-id  first-name  last-name  email  phone
--------  ----------  ---------  -----  -----
admin

次の抜粋は、show コマンドの aaa スコープの YAML 定義を示しています。

- aaa:
	name: aaa
	help: 'aaa'
	type: alias
	dirFormat: ' '
	sub:
   		- name: local-users
     	 	  label: local-users
     		  type: keyword
     		  dirFormat: '/aci/admin/aaa/security-management/local-users/'
     		  fileType: 'summary'
     		  help: 'local users'
     	

svcping

サービス デバイスの管理インターフェイスを ping するには、svcping コマンドを使用します。


(注)  


このコマンドは管理情報ツリー(MIT)内でサポートされます。aci ファイル システム内ではサポートされません。

svcping path

構文の説明

path

mit ファイル システム内のサービス デバイス(CDev)のパス。

次の例は、svcping コマンドの使用方法を示しています。

 

techsupport

トラブルシューティング情報を表示するには、techsupport コマンドを使用します。


(注)  


ノード ID を指定しない場合は、コマンドの発行先ノードの情報が APIC によって収集されます。

techsupport { controller | db | local | remote | switch nodeid }

構文の説明

オプション 機能
all ACI ファブリック内の全ノードのテクニカル サポート情報を表示します。
controllers ファブリック コントローラの障害を表示します。
db データベース情報のスナップショットを収集します。
local テクニカル サポート情報をローカルに収集します。
remote テクニカル サポート情報のリモート宛先を一覧表示、追加、または削除します。
switch スイッチの障害を表示します。
node-id

ターゲットのノード ID またはノード名。 一連のノード ID やノード名のリストを指定できます。

次の例は、techsupport コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:~> techsupport switch 101
Triggering techsupport for Switch 101 using policy supNode101
Triggered on demand tech support successfully for node 101, will be available at: /data/techsupport on the controller.
Use 'status' option with your command to check techsupport status

trafficmap

2 つのノード間のトラフィックの要約を表示するには、trafficmap コマンドを使用します。

controller srcnode source-node-id destnode dest-node-id

構文の説明

オプション 機能
srcnode ノード名を指定します。
source-node-id 送信元ノードの名前。
destnode 宛先ノードを指定します。
dest-node-id 宛先ノードの名前。

次の例は、trafficmap コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:> trafficmap srcnode 2 destnode 12 

version

ノードの現在のソフトウェア バージョンを表示するには、version コマンドを使用します。


(注)  


ノードを指定しない場合は、設定されている全ノードの現在のソフトウェア バージョンが表示されます。

version { controller | switch } [node-id ]

構文の説明

オプション 機能
controller コントローラのバージョンを表示します。
switch スイッチのバージョンを表示します。
node-id

ターゲットのノード ID またはノード名。 一連のノード ID やノード名のリストを指定できます。

次の例は、version コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:~> version switch 101
node type  node id  node name  version         
---------  -------  ---------  ----------------
leaf       101      leaf1      simsw-1.0(0.450)


admin@apic1:~> version
node type   node id  node name  version         
----------  -------  ---------  ----------------
controller  1        apic1      1.0(0.450)      
controller  2        apic2      1.0(0.450)      
controller  3        apic3      1.0(0.450)      
leaf        101      leaf1      simsw-1.0(0.450)
leaf        102      leaf2      simsw-1.0(0.450)
leaf        103      leaf3      simsw-1.0(0.450)
spine       104      spine1     simsw-1.0(0.450)
spine       105      spine2     simsw-1.0(0.450)

where

スコープの管理情報ツリー(MIT)のディレクトリ パスを表示するには、where コマンドを使用します。

where scope-name

構文の説明

scope-name

スコープ名(aaa、access-policies など)。

次の例は、where コマンドの使用方法を示しています。

admin@apic1:~> where aaa local-users admin
/aci/admin/aaa/security-management/local-users/admin