Cisco APIC レイヤ 4 ~ 7 サービス導入ガイド
デバイス クラスタの設定(論理デバイス)
デバイス クラスタの設定(論理デバイス)

デバイス クラスタの設定(論理デバイス)

デバイス クラスタについて(論理デバイス)

デバイス クラスタ(別名論理デバイス)は、単一のデバイスとして機能する 1 つ以上の具象デバイスです。 デバイス クラスタには、デバイス クラスタのインターフェイス情報を説明する論理インターフェイスがあります。 サービス グラフのレンダリング中に、機能ノード コネクタは論理インターフェイスに関連付けられます。 Application Policy Infrastructure ControllerAPIC)は、サービス グラフのインスタンス化およびレンダリング中に機能ノード コネクタにネットワーク リソース(VLAN または Virtual Extensible Local Area Network(VXLAN))を割り当て、論理インターフェイスにネットワーク リソースをプログラミングします。

サービス グラフは、管理者が定義するデバイスのクラスタ選択ポリシー(論理デバイス コンテキストと呼ばれます)に基づく特定のデバイス クラスタを使用します。

管理者は、アクティブ/スタンバイ モードで最大 2 つの具象デバイス クラスタをセットアップできます。

具象デバイスについて

具象デバイスには、具象インターフェイスがあります。 具象デバイスが論理デバイス クラスタに追加されると、具象インターフェイスは論理インターフェイスにマッピングされます。 サービス グラフのインスタンス化時に、VLAN および VXLAN は、論理インターフェイスとのアソシエーションに基づいた具象インターフェイス上でプログラミングされます。

デバイス クラスタの設定

デバイス クラスタを設定できます。

はじめる前に

    ステップ 1   メニュー バーで、[TENANTS] タブをクリックします。 [Tenant] ウィンドウが表示されます。
    ステップ 2   [Navigation] ペインで、[Tenant] ブランチを展開し、[L4-L7 Services] ブランチを展開して、[Device Clusters] をクリックします。 [Device Clusters] ウィンドウが表示されます。
    ステップ 3   [Actions] > [Create Device Cluster] を選択します。 [CREATE DEVICE CLUSTER] ダイアログボックスが表示され、[CLUSTER] ページが表示されます。
    ステップ 4   次のフィールドに入力します。
    名前 説明
    [Name] フィールド デバイス クラスタの名前。
    [Device Package] フィールド アップロードしたデバイス パッケージ。
    [Context Aware] オプション ボタン テナントにデバイスを割り当てることができます。 [Single] は、プロバイダー ネットワーク上でホストされる特定のタイプの複数のテナント全体でデバイス クラスタを共有できず、デバイス クラスタを特定のユーザの特定のテナントに渡す必要があることを示しています。 [Multiple] は、デバイス クラスタをこのプロバイダー ネットワーク上でホストする特定のタイプの複数のテナント全体でデバイス クラスタを共有できることを示しています。 たとえば、同じデバイスを共有する 2 つのホスティング会社が存在する可能性があります。 テナントの割り当ては、パッケージがバインドされているエンドポイント グループ(EPG)に暗黙的に基づいています。 クラスタを作成した場合、デバイスが管理されるネットワークを判断する管理 EPG を指定する必要があります。
    [Function Type] オプション ボタン [GoThrough] デバイスはトランスペアレントなデバイスです。 パケットはデバイスにアドレス指定されずに通過し、エンドポイントはデバイスを認識しません。 [Goto] デバイスには、パッケージによって特定の宛先があります。 この例では、デバイス パッケージは[GoTo] 機能のみをサポートするため、オプション ボタンはグレーアウトされて [GoTo] が自動的に選択されています。 デバイス パッケージが両方の機能タイプをサポートしている場合、オプション ボタンのいずれかを選択して機能のタイプおよびその設定方法を示すことができます。
    [Device Type] オプション ボタン デバイス クラスタに [PHYSICAL] アプライアンスまたは [VIRTUAL] アプライアンスがあるかを指定します。
    [Physical Domain] ドロップダウン リスト このデバイス クラスタを使用するグラフに対するネットワーク リソースを割り当てる場合にこのドメインを選択します。 物理ドメインは物理デバイス タイプの場合にのみ指定します。 既存の物理ドメインを選択することも、新規作成することもできます。 新しい物理ドメインを設定するには、物理ドメインの設定 を参照してください。
    [VMM Domain] ドロップダウン リスト vCenter ドメインとしても知られる、Virtual Machine Manager(VMM)ドメインを選択します。 VMM ドメインは仮想デバイス タイプの場合にのみ指定します。 既存の VMM ドメインを選択することも、新規作成することもできます。 新しい VMM ドメインを設定するには、VMM ドメインの設定 を参照してください。
    [EPG] ドロップダウン リスト

    どの管理ネットワークが管理対象デバイスにつながるかを示す場合に管理 EPG を選択します。 デバイスがインバンドで管理される場合、管理 EPG を選択する必要はありません。 新しい管理 EPG を設定するには、管理エンドポイント グループの設定 を参照してください。

    管理が外部ネットワークからアウトオブバンドで実行される場合、管理 EPG を選択する必要はありません。

    [Virtual IP Address] フィールド デバイス クラスタ内の具象デバイスに対する管理インターフェイスの仮想 IP アドレス。
    [Port] フィールド デバイス クラスタ内の具象デバイスに対する管理インターフェイスのポート番号。
    [Username] フィールド デバイス クラスタにログインするためのユーザ名。
    [Password] フィールド デバイス クラスタにログインするためのパスワード。
    [Confirm Password] フィールド デバイス クラスタにログインするためのパスワード確認。
    ステップ 5   [Logical Interfaces] セクションの [+] をクリックして論理インターフェイスを追加します。 デバイス クラスタがグラフによって使用される場合、グラフのコネクタが論理インターフェイスにマッピングされます。
    ステップ 6   次のフィールドに入力します。
    名前 説明
    [Name] フィールド 論理インターフェイスの名前。
    [Type] フィールドおよびドロップダウン リスト 論理インタフェースのタイプ。 デバイス パッケージで指定されたタイプを選択または入力する必要があります。
    ステップ 7   [Next] をクリックします。 [DEVICES] ページが表示されます。
    ステップ 8   具象デバイスおよび具象インターフェイスを追加します。 具象デバイスの設定を参照してください。
    ステップ 9   具象インターフェイスを追加したら、[Next] をクリックします。 [PARAMETERS] ページが表示されます。
    ステップ 10   (任意)コンフィギュレーション パラメータを追加します。 コンフィギュレーション パラメータは具象デバイスを対象としており、初期化時にワンタイム設定中に使用されます。
    ステップ 11   [OK] をクリックします。 [CREATE CONCRETE DEVICE] ダイアログ ボックスが閉じ、[CREATE DEVICE CLUSTER] ダイアログ ボックスの [DEVICES] ページが表示されます。
    ステップ 12   [Finish] をクリックして、デバイスを作成します。 [CREATE DEVICE CLUSTER] ダイアログ ボックスが閉じ、[Tenant] ページが表示されます。
    ステップ 13   サブ メニュー バーで、[common] タブをクリックし、ページを更新してデバイスを表示します。 デバイスがダウンしていたり、誤って設定されている場合は表示されません。 設定が誤っている場合は、APIC がデバイスが存在するかどうか確認できないか、デバイスは存在しても誤った種類のものであるか、またはデバイスがデバイス パッケージによって検証されないバージョンを実行している可能性があります。 この場合、デバイス検証は失敗し、デバイス登録エラーの理由を確認することができます。

    具象デバイスの設定

    具象デバイスを設定できます。

    はじめる前に

      ステップ 1   [CREATE DEVICE CLUSTER] ダイアログ ボックスの [DEVICES] ページで、[Create L4-L7 Devices] セクションの [+] をクリックして具象デバイスをデバイス クラスタに追加します。 [CREATE CONCRETE DEVICE] ダイアログ ボックスが表示されます。
      ステップ 2   次のフィールドに入力します。
      名前 説明
      [Name] フィールド 具象デバイスの名前。
      [VM名] フィールド 仮想デバイス タイプのみが対象です。 デバイスがホストされる仮想マシンの名前。
      [vCenter Name] フィールド 仮想デバイス タイプのみが対象です。 デバイスがホストされる VMM ドメインの名前。
      [IP Address] フィールド デバイス クラスタ内の具象アドレスに対する管理インターフェイス ホストアドレス。
      [Port] フィールド デバイス クラスタ内の具象アドレスに対する管理インターフェイス ポート番号。
      [Username] フィールド デバイス クラスタにログインするためのユーザ名。
      [Password] フィールド デバイス クラスタにログインするためのパスワード。
      [Confirm Password] フィールド デバイス クラスタにログインするためのパスワード確認。
      ステップ 3   具象デバイス上のインターフェイスである具象デバイスを追加するには、[+] をクリックし、次のフィールドに記入します。
      名前 説明
      [Name] フィールド [name] フィールドは、具象デバイスのインターフェイスを識別します。 たとえば、1/0、1.1 または Gig 0/0 などです。
      (注)     

      特定のデバイス パッケージでは、インターフェイス名内の「/」を「_」に置き換える必要があります。つまり、デバイス上のインターフェイス 0/1 では APIC で 0_1 と表されます。 デバイスがネーミング プロパティで「/」をサポートするか、または「/」を「_」に置き換える必要があるかどうかについては、デバイス パッケージのマニュアルを参照してください。

      [Path] フィールド 物理デバイスを対象とします。 具象インターフェイスをファブリックに接続する方法を指定します。 たとえば、具象インターフェイスがアタッチされるリーフ ノード/スロット/ポートです。
      [vNIC] フィールド

      具象デバイスの対応するインターフェイスを識別するために vCenter 上で割り当てられたネットワーク アダプタ名。 通常、vNIC は vCenter 上で Network adapter x とラベルが付けられます。ここで x は、1, 2, 3 … を表します。

      (注)     

      デバイス上のインターフェイス MAC をチェックし、[MAC] フィールドを照合することで vCenter 上の対応するvNIC を識別できます。

      [Logical Interface] フィールド 具象インターフェイスがマップされている論理インターフェイスのタイプ。
      入力する情報は、具象インターフェイスがファブリックに接続され、具象インターフェイスが論理インターフェイスに接続される方法について指定します。
      ステップ 4   具象インターフェイスの情報を入力したら、[Update] をクリックしてインターフェイスを具象デバイスに追加します。
      ステップ 5   [Next] をクリックします。 [PARAMETERS] ページが表示されます。
      ステップ 6   (任意)コンフィギュレーション パラメータを追加します。 コンフィギュレーション パラメータは具象デバイスを対象としており、初期化時にワンタイム設定中に使用されます。
      ステップ 7   [OK] をクリックします。 [CREATE CONCRETE DEVICE] ダイアログ ボックスが閉じ、[CREATE DEVICE CLUSTER] ダイアログ ボックスの [DEVICES] ページが表示され、具象デバイスが設定されます。

      仮想サービス デバイスに対するデバイス クラスタの設定

      仮想サービス デバイスに対してデバイス クラスタを設定できます。

      はじめる前に

        ステップ 1   [Tenant common] ウィンドウの [Navigation] ペインから [Tenant common] を展開し、[L4-L7 Services] ブランチを展開し、[Device Clusters] をクリックします。 [Device Clusters] ウィンドウが表示されます。
        (注)     

        デバイスのクラスタは、[User Tenant] スペースで作成することもできます。

        ステップ 2   [Actions] > [Create Device Cluster] を選択します。 [CREATE DEVICE CLUSTER] ダイアログ ボックスが表示されます。
        ステップ 3   [Device Type] では、[VIRTUAL] を選択します。
        ステップ 4   [VMM Domain] に対して、仮想論理デバイス クラスタに Virtual Machine Manager(VMM)ドメインを関連付ける必要があります。 この VMM ドメインは、IP アドレス、ポート、および管理者のクレデンシャルなどの vCenter を接続する方法に関する情報を持つ必要があります。 また、サービス グラフに対して VLAN を割り当てるのに使用される VLAN プールを指定する必要があります。
        ステップ 5   必要なデバイス クラスタ情報をすべて入力します。 デバイス クラスタ情報の詳細については、デバイス クラスタの設定 を参照してください。 具象デバイスを追加するまでこの手順を続行します。
        ステップ 6   具象デバイスを追加する場合、各具象デバイスに対して、vCenter 名、仮想マシン名、vNIC 名、および各インターフェイスに対して MAC アドレスを提供する必要があります。 具象デバイスの追加の詳細については、具象デバイスの設定を参照してください。 Application Policy Infrastructure ControllerAPIC)は、サービス アプライアンスに対して適切なポート グループを作成し、インターフェイスを正しいポート グループに配置します。 NIC を配置する必要はありません。
        ステップ 7   デバイスのクラスタを設定するための手順に進みます。 デバイス クラスタの設定を参照してください。