Cisco Application Policy Infrastructure Controller エンタープライズ モジュール ハードウェア インストレーション ガイド
管理者アカウントの管理
管理者アカウントの管理

管理者アカウントの管理

この章では、Cisco APIC-EM の 2 種類の管理者アカウント、これらのアカウントの権限、およびこれらのアカウントを作成する方法について説明します。

管理ユーザ権限の違い

Cisco APIC-EM 設定ウィザードを使用して設定したユーザ名およびパスワードは、Cisco APIC-EM Grapevine root(Linux)および Cisco APIC-EM GUI インターフェイスへの管理アクセスに使用されます。

Cisco APIC-EM Grapevine root にアクセスできる管理者は Linux 管理ユーザと呼ばれます。デフォルトでは、Linux 管理ユーザのユーザ名は「grapevine」、パスワードは設定ウィザードのセットアップ プロセスでユーザが定義したパスワードです。デフォルトのパスワードはありません。

Cisco APIC-EM GUI のユーザ名とパスワードは、どちらも設定ウィザードのセットアップ プロセス中にユーザが定義します。デフォルトのユーザ名およびパスワードはありません。

Cisco APIC-EM Linux 管理ユーザは、Cisco APIC-EM GUI ベースの管理ユーザとは異なる権限と機能を持ち、他の管理タスクを実行できます。

Linux(Grapevine)管理ユーザのみが実行するタスク

次のタスクは Linux(Grapevine)管理ユーザのみが実行できます。

  • Cisco APIC-EM でシステム ログを表示する。

  • アプライアンスで Cisco APIC-EM サービスのステータスを確認する。

  • 設定値を元の設定にリセットする。

  • Cisco APIC-EM を工場出荷時の初期状態に復元する。

  • サポートが必要な場合にシスコ サポートに電子メールで送信できるサポート ファイルを作成する。

  • Cisco APIC-EM の設定ウィザードの設定を更新または変更する(たとえば NTP の設定を更新する)。

Cisco APIC-EM のユーザ インターフェイスを使用して作成された GUI ベースの管理ユーザは、Cisco APIC-EM に自動的にログインすることも、アプライアンス上の Grapevine root およびクライアントにアクセスすることもできません。アプライアンス上の Cisco APIC-EM Grapevine root とクライアントには、Linux の管理ユーザのみがアクセスできます。


(注)  


サポートされている Grapevine root(Linux)コマンドおよびアクセス可能なログについては、『Cisco Application Policy Infrastructure Controller Enterprise Module Deployment Guide』を参照してください。


GUI 管理ユーザのみが実行するタスク

次のタスクは GUI 管理ユーザのみが実行できます。

  • 基本アプリケーション(Discovery、インベントリ、トポロジ、パス トレース、EasyQoS)およびソリューション アプリケーション(Network PnP および IWAN)を起動して作業する。

  • Cisco APIC-EM のデータベースとファイルをバックアップおよび復元する。

  • Cisco APIC-EM でサービス ログを表示する。

  • Cisco APIC-EM ソフトウェア パッチ、メンテナンス リリース、およびアップグレードを適用する。


(注)  


上記のサポートされているコントローラ GUI 操作の詳細については、次のガイドを参照してください。

  • Cisco Application Policy Infrastructure Controller Enterprise Module Deployment Guide

  • Cisco Application Policy Infrastructure Controller Enterprise Module Configuration Guide


GUI 管理ユーザの作成

Cisco APIC-EM システムに初めて GUI ベースでアクセスする場合、管理者のユーザ名とパスワードは設定ウィザードのセットアップ時に設定されます。


(注)  


GUI インターフェイス自体から GUI 管理ユーザを追加できます。詳細については、『Cisco Application Policy Infrastructure Controller Enterprise Module Configuration Guide』を参照してください。