『Cisco ACI シミュレータ インストール ガイド』
概要
概要

概要

Application Policy Infrastructure Controller の概要

Cisco Application Centric InfrastructureACI)は、外部エンドポイントの接続性がアプリケーション セントリック ポリシーを通じて制御されグループ化された分散型のスケーラブルなマルチテナント インフラストラクチャです。 Application Policy Infrastructure ControllerAPIC)は、ACI の自動化、管理、モニタリングおよびプログラマビリティの統合ポイントです。 APIC は、インフラストラクチャの物理/仮想コンポーネント用の統合操作モデルを使用して、アプリケーションの展開、管理、およびモニタリングをあらゆる場所でサポートします。 APIC は、アプリケーションの要件とポリシーに基づき、ネットワークのプロビジョニングおよび制御をプログラムで自動化します。 また、これは幅広いクラウド ネットワークに対する中央制御エンジンなので、管理が簡単になり、アプリケーション ネットワークの定義および自動化の方法に柔軟性が得られます。 また、ノースバウンド Representational State Transfer(REST)API が提供されます。 APIC は、多くのコントローラ インスタンスのクラスタとして実装される分散システムです。

ACI シミュレータについて

ACI Simulatorの目的は、1 台の物理サーバのリーフ スイッチおよびスパイン スイッチのシミュレートされたファブリック インフラストラクチャとともに、実際のフル機能を搭載した APIC コントローラ ソフトウェアを提供することです。 ACI Simulatorには、APIC とともに実稼動用のソフトウェアが含まれるので、機能を理解し、API について実習し、サードパーティのオーケストレーション システムやアプリケーションとの統合を開始するのに役立ちます。 APIC のネイティブ GUI と CLI は、サード パーティに公開されるものと同一の API を使用します。

ACI Simulatorにはシミュレートされたスイッチが含まれるので、データ パスを検証できません。 ただし、シミュレートされたスイッチ ポートの一部は前面パネルのサーバ ポートにマッピングされているので、ESX サーバ、vCenter、vShields、ベア メタル サーバ、L4 ~ L7 サービス、AAA システムおよびその他の物理または仮想サービス アプライアンスのような外部管理エンティティを接続することができます。 さらに、ACI Simulatorでは、障害およびアラートのシミュレーションを行えるため、テストや機能のデモンストレーションを行うことができます。

サーバ アプライアンスごとに 1 つの実稼働 APIC のインスタンスが付属します。 一方、ACI Simulatorには単一サーバに 3 つの実際の APIC インスタンスとシミュレートされた 2 台のリーフ スイッチおよび 2 台のスパイン スイッチが含まれます。 その結果、ACI Simulatorのパフォーマンスは、実際のハードウェアに導入した場合よりも低速です。

シミュレータにより、次の機能インターフェイスのいずれかを使用してシミュレートされたファブリック上で操作を実行できます。

  • グラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)

  • コマンドライン インターフェイス(CLI)

  • アプリケーション プログラミング インターフェイス(API)

ACI Simulatorは、Cisco UCS C220 M3 高密度ラック サーバ上でホストされます。 物理サーバのハードウェアの設置および要件については、次の URL にある Cisco UCS C220 M3 高密度ラック サーバのマニュアルを参照してください。http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​docs/​unified_computing/​ucs/​c/​hw/​C220/​install/​C220.html