Cisco Extensible Network Controller 導入ガイド リリース 1.0
Cisco XNC の概要
Cisco XNC の概要
発行日;2014/01/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Cisco XNC の概要

この章の内容は、次のとおりです。

Cisco Extensible Network Controller について

Cisco Extensible Network Controller(Cisco XNC)は、1 方向(サウスバウンド)のネットワーク要素とサードパーティ アプリケーション(ノースバウンド)の間のインターフェイスとして機能するソフトウェア プラットフォームです。 Cisco XNC は、Java Virtual Machine(JVM)上で実行される JVM ベースのアプリケーションです。 Cisco XNC は、ネットワークをサポートする、可用性、スケーラビリティ、および拡張性が高いアーキテクチャに基づいています。 Cisco XNC は、新しい機能を追加できる Open Services Gateway initiative(OSGi)フレームワークを使用して拡張できるように構築されています。

Cisco XNC は、サウスバンド方向の複数のプロトコル プラグインをサポートできます。 現在のリリースでは、OpenFlow バージョン 1.0 を使用できます。

Cisco XNC は、次の機能を提供します。

  • このリリースで使用できる OpenFlow バージョン 1.0 を含むマルチ プロトコル機能。
  • ネットワーク トポロジ ディスカバリ、ネットワーク デバイス管理、ルール プログラミングの転送、および詳細なネットワーク統計情報へのアクセスなど、ネットワークの可視性およびプログラム可能性をサポートする機能。
  • OpenFlow などのモジュラ サウスバウンド インターフェイスのサポートを有効にするサービス抽象化層(SAL)。
  • GUI を使用するか、または Java または Representational State Transfer(REST)Northbound API を使用した一貫した管理アクセス。
  • ロール ベースのアクセス コントロール (RBAC) などのセキュリティ機能、および認証、許可、アカウンティング(AAA)機能のために RADIUS または TACACS を使用した外部 Active Directory との統合。
  • 分析収集および診断パケット インジェクションなどのトラブルシューティング ツール。
  • データ フローがネットワークを通過するパスを管理者がカスタマイズできる Topology Independent Forwarding(TIF)などのシスコの拡張機能。
  • フロー スペックを使用してネットワークを論理パーティションに分割できる Network Slicing などのシスコのネットワーク アプリケーション。
  • 拡張性と高可用性を実現する高可用性クラスタ。

Cisco XNC のシステム要件

Cisco XNC は JVM で実行されます。 Java ベースのアプリケーションのように、Cisco XNC は Linux ベースの x86 サーバ上で実行できます。 最適な結果を得るためには、次の点を推奨します。

  • 2 GHz 以上の 1 個の 6 コア CPU。
  • 最低 8 GB のメモリ。
  • 最小 40 GB の空きハードディスク領域が、Cisco XNC アプリケーションをインストールするパーティションで使用できる必要があります。
  • 次のような、Java をサポートする最新の 64 ビットの Linux ディストリビューション:
    • Ubuntu Linux
    • Red Hat Enterprise(RHEL)Linux
    • Fedora Linux
  • Java Virtual Machine 1.7 以降のリリース
  • プロファイルの $JAVA_HOME 環境変数が JVM のパスにセットされている。
  • バックアップ スクリプトおよび復元スクリプトをサポートする Python 2.7.3。

Cisco XNC でサポートされている Web ブラウザ

Cisco XNC では、次の Web ブラウザがサポートされています。

  • Firefox 18.x 以降のバージョン
  • Chrome 24.x 以降のバージョン

(注)  


Javascript 1.5 以降のバージョンをブラウザで有効にする必要があります。