Cisco Extensible Network Controller コンフィギュレーション ガイド リリース 1.0
スライスの管理
スライスの管理
発行日;2014/01/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

スライスの管理

この章の内容は、次のとおりです。

スライス マネージャの概要

スライス マネージャは、ネットワークを多くの論理ネットワークにパーティション分割する方法をネットワーク管理者に提供します。 各論理ネットワークは、部門、個人のグループ、またはアプリケーションに割り当てることができます。 スライス マネージャは、次の基準に基づいてスライスを作成します。

  • ネットワーク デバイス:スライスに使用できるデバイス。 ネットワーク デバイスはスライス間で共有できます。
  • ネットワーク デバイス インターフェイス:スライスに使用できるデバイス インターフェイス。 ネットワーク デバイス インターフェイスはスライス間で共有できます。
  • フロー スペック:送信元および宛先 IP、プロトコル、およびスライスに属するトラフィックの識別に使用される送信元ポートおよび宛先トランスポート ポートの組み合わせ。 関連するネットワーク デバイスとインターフェイスが分離されている場合、フロー スペックはさまざまなスライスに割り当てることができます。

    (注)  


    VLAN ID を使用して、スライス トラフィックを分離することもできます。

スライスは、Network Administrator ロールを持つ Cisco XNC ユーザが作成する必要があります。 作成後、スライスは Slice Administrator ロールを持つユーザが管理できます。

各スライスに少なくとも 1 つの独自の属性が用意されている場合、スライスはオーバーラップできます。 たとえば、スライスは同じ物理スイッチとポートを共有できますが、受信するトラフィックのタイプによって区別されます。

スライスの追加


    ステップ 1   [Admin] ドロップダウン リストで、[Slices] を選択します。
    ステップ 2   [Slices] タブで、[Add Slice] をクリックします。
    ステップ 3   [Add Slice] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [Slice Name] フィールド

    スライスに割り当てる名前。

    [Static VLAN] フィールド

    スライスに割り当てる静的 VLAN。

    ステップ 4   [Add Slice] をクリックします。

    スライスへのノードとポートの追加

    はじめる前に

    ノードとポートを追加するには、スライスをすでに作成してある必要があります。


      ステップ 1   [Admin] ドロップダウン リストで、[Slices] を選択します。
      ステップ 2   [Slices] タブで、エントリを追加するスライスを選択します。

      [Search] コンボ ボックスに入力し、検索アイコンをクリックして、表示するエントリ数を制限します。

      ステップ 3   トポロジ図で、スライスに追加するノードをクリックします。
      ステップ 4   [Add Slice Entr] ダイアログボックスで、スライスに追加するポート(複数可)を選択します。
      ステップ 5   [Add Entry] をクリックします。
      ステップ 6   スライスに追加するノードおよびポートごとにステップ 3 ~ 5 を繰り返します。

      フロー スペックの追加

      はじめる前に

      フロー スペックを追加するには、スライスをすでに作成してある必要があります。


        ステップ 1   [Admin] ドロップダウン リストで、[Slices] を選択します。
        ステップ 2   [Flow Spec] タブで、フロー スペックを追加するスライスを選択します。

        [Search] コンボ ボックスに入力し、検索アイコンをクリックして、表示するエントリ数を制限します。

        ステップ 3   [Detail] タブで、[Add Flow Spec] をクリックします。
        ステップ 4   [Add Flow Spec] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
        名前 説明

        [Name] フィールド

        フロー スペックに使用する名前。

        [Source IP] フィールド

        フロー スペックに使用する送信元 IP アドレス。

        [Destination IP] フィールド

        フロー スペックに使用する宛先 IP アドレス。

        [Protocol] フィールド

        ユーザがフロー スペックに使用する 10 進数形式の IP プロトコル番号。

        [Source Port] フィールド

        フロー スペックに使用する送信元ポート。

        [Destination Port] フィールド

        フロー スペックに使用する宛先ポート。

        ステップ 5   [Add Flow Spec] をクリックします。