Cisco Extensible Network Controller コンフィギュレーション ガイド リリース 1.0
プロパティの管理
プロパティの管理
発行日;2014/01/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

プロパティの管理

この章の内容は、次のとおりです。

ネットワーク プロパティの概要

[Network Properties] タブで、TIF ポリシーを設定するために使用できる独自のプロパティを作成することができます。

デフォルト プロパティ

Cisco XNC には、デフォルトで次のプロパティが用意されています。

  • 遅延
  • 番号
  • 帯域幅
  • 文字列

各プロパティには、1 つ以上のポリシーが含まれています。 たとえば、番号プロパティには、加重最小コスト パスやホップ カウント ベースの最短パスなど、番号に関連するポリシーが含まれています。 帯域幅ポリシーには、特定の帯域幅を持つリンクを取り込むまたは回避するなど、帯域幅に関連するポリシーが含まれています。

また、多くポリシーには、プロパティをさらに定義するメトリックが含まれています。 たとえば、遅延プロパティには時間ベースのメトリックが含まれています。 ポリシーを持つ遅延プロパティを使用して、遅延が 1 ナノ秒未満のリンクのみ取り込むことができます。

カスタム プロパティ

既存のテンプレートに基づいてカスタム プロパティのテンプレートを作成できます。 カスタム プロパティのテンプレートを作成したら、そのテンプレートに関連付けられたポリシーの名前を変更し、テンプレートのメトリックを作成し、そのテンプレートを親として使用してテンプレートを作成することができます。 カスタム プロパティは TIF ポリシーを作成するときに使用できます。

手動リンク

Cisco XNC によって検出されないリンクがある場合、手動リンクを作成します。

リンク プロパティの追加

リンク プロパティは、カスタム プロパティ テンプレートとデフォルト プロパティ テンプレートの両方の値を使用します。


    ステップ 1   Cisco XNC のメニュー バーで、[Topology] をクリックします。
    ステップ 2   トポロジ図で、プロパティを設定するリンクをクリックします。
    ステップ 3   [Properties] タブで、[Add Property] をクリックします。
    ステップ 4   [Add Property] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [Property] ドロップダウン リスト

    リンクに追加するプロパティを選択します。

    [Metric] ドロップダウン リスト

    リンクに追加するメトリックを選択します。

    [Value] フィールド

    リンクに使用するメトリックの値。

    ステップ 5   [Add Property] をクリックします。

    プロパティ テンプレートの追加


      ステップ 1   Cisco XNC のメニュー バーで、[Topology] をクリックします。
      ステップ 2   [Templates] タブで、[Add Template] をクリックします。
      ステップ 3   [Add Property Template] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
      名前 説明

      [Name] フィールド

      プロパティ テンプレートに割り当てる名前

      この名前には、1 ~ 100 文字の英数字を使用できます。 スペースや特殊文字は使用できません。また、オブジェクトの保存後は、この名前を変更できません。

      [Parent] ドロップダウン リスト

      カスタム テンプレートに使用する親テンプレートを選択します。

      ステップ 4   [Add template] をクリックします。

      カスタム プロパティ テンプレートのポリシー名の変更

      カスタム プロパティ テンプレートのポリシー名を変更できます。 デフォルト プロパティ テンプレートに属するポリシーは変更できません。


        ステップ 1   Cisco XNC のメニュー バーで、[Topology] をクリックします。
        ステップ 2   [Property Templates] テーブルの [Templates] タブで、ポリシー名を変更するカスタム プロパティの [Parent] カラムをクリックします。
        ステップ 3   [Policies] タブで、変更するポリシー名をクリックします。
        ステップ 4   [Change Policy Name] ダイアログボックスで、新しいポリシー名を入力します。
        ステップ 5   [Submit] をクリックします。`

        カスタム プロパティ テンプレートへのメトリックの追加

        カスタム プロパティ テンプレートにメトリックを追加できます。


          ステップ 1   Cisco XNC のメニュー バーで、[Topology] をクリックします。
          ステップ 2   [Property Templates] テーブルの [Templates] タブで、メトリックを追加するカスタム プロパティの [Parent] カラムをクリックします。
          ステップ 3   [Properties] タブで、[Add Metric] をクリックします。
          ステップ 4   [Add Metrics] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
          名前 説明

          [Metric Name] フィールド

          メトリックに使用する名前。

          [Factor] フィールド

          メトリックに使用するファクタ。

          [Default Value] フィールド

          メトリックに使用するオプションのデフォルト値。

          ステップ 5   [Add Metric] をクリックします。

          カスタム メトリックの編集

          カスタム プロパティ テンプレートに属するメトリックを編集することができます。 デフォルト メトリックは編集できません。


            ステップ 1   Cisco XNC のメニュー バーで、[Topology] をクリックします。
            ステップ 2   [Property Templates] テーブルの [Templates] タブで、メトリックを編集するカスタム プロパティの [Parent] カラムをクリックします。
            ステップ 3   [Properties] タブで、編集するメトリックをクリックします。
            ステップ 4   [Add Metrics] ダイアログボックスでは、次の作業を実行できます。
            • デフォルト値を入力し、[Set Default Value] をクリックします。
            • メトリックを削除するには、[Remove Metric] をクリックします。
            • 変更を行わずにダイアログボックスを閉じるには、[Cancel] をクリックします。

            手動リンクの作成


            (注)  


            トポロジに未検出のリンクがある場合にのみ、手動リンクを作成する必要があります。



              ステップ 1   Cisco XNC のメニュー バーで、[Network Properties] をクリックします。
              ステップ 2   [Manual Links] タブで、[Create Link] をクリックします。
              ステップ 3   [Create Link] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
              名前 説明

              [Name] フィールド

              リンクに割り当てる名前。

              この名前には、1 ~ 100 文字の英数字を使用できます。 スペースや特殊文字は使用できません。また、オブジェクトの保存後は、この名前を変更できません。

              [Source Node] ドロップダウン リスト

              リンクの送信元ノードを選択します。

              [Source Port] ドロップダウン リスト

              選択したノードの送信元ポートを選択します。

              [Destination Node] ドロップダウン リスト

              リンクの宛先ノードを選択します。

              [Destination Port] ドロップダウン リスト

              選択したノードの宛先ポートを選択します。

              ステップ 4   [Create Link] をクリックします。