Cisco Extensible Network Controller コンフィギュレーション ガイド リリース 1.0
TIF Manager の使用
TIF Manager の使用
発行日;2014/01/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

TIF Manager の使用

この章の内容は、次のとおりです。

TIF Manager の概要

Topology Independent Forwarding(TIF)Manager によって、データ フローがネットワークを通過するパスをカスタマイズできます。 TIF Manager は、REST API を使用して Cisco XNC と通信するネットワーク対応ビジネス アプリケーションから呼び出すこともできます。

TIF ポリシーの作成

Topology Independent Forwarding(TIF)Manager を使用して、ホストとデバイス間のパスを作成できます。


    ステップ 1   Cisco XNC のメニュー バーで、[TIF Manager] をクリックします。
    ステップ 2   [TIF Policies] タブで、[Create TIF Policy] をクリックします。

    ステップ 3   [Create TIF Policy] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [Name] フィールド

    パスに割り当てる名前。

    この名前には、1 ~ 100 文字の英数字を使用できます。 スペースや特殊文字は使用できません。また、オブジェクトの保存後は、この名前を変更できません。

    [Source IP] フィールド

    ホストの送信元 IP アドレス。

    [Destination IP] フィールド

    ホストの宛先 IP アドレス。

    [Protocol] ドロップダウン リスト

    パスに使用するプロトコルを選択します。 次のいずれかになります。

    • any:すべてのプロトコルが使用されます。
    • ICMP:ICMP プロトコルのみ使用されます。
    • TCP:TCP プロトコルのみ使用されます。
    • UDP:UDP プロトコルのみ使用されます。
    • IPv6-ICMP:IPv6-ICMP プロトコルのみ使用されます。

    [Source Port] フィールド

    トランスポート層のポート番号。 送信元ポートが指定されていない場合、どのポートでも使用できます。

    [Destination Port] フィールド

    宛先ポート。 宛先ポートが指定されていない場合、どのポートでも使用できます。

    [Path Type] フィールド

    トラフィックが送信元 IP と宛先 IP 間にルーティングされる方法。

    [Properties] をクリックして、次のカテゴリのいずれかを選択します。

    • 遅延
    • 番号
    • 帯域幅
    • 文字列
    (注)     

    [Network Properties] で作成されたカスタム プロパティのテンプレートもこのリストに表示されます。

    [Custom Path] オプション ボタンをクリックして、ドロップダウン リストから既存のパスを選択します。

    ステップ 4   [Create TIF Policy] をクリックします。

    カスタム パスの作成


      ステップ 1   Cisco XNC のメニュー バーで、[TIF Manager] をクリックします。
      ステップ 2   トポロジ図で、パスに含めるリンクをクリックします。
      ステップ 3   [Save Custom Path] クリックし、[Existing Custom Paths] テーブルにパスを保存します。