Cisco Extensible Network Controller コンフィギュレーション ガイド リリース 1.0
デバイスの管理
デバイスの管理
発行日;2014/01/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

デバイスの管理

この章の内容は、次のとおりです。

ノード名の追加

わかりやすいノード名を追加すると、トポロジ図のノードを識別するのに便利です。


    ステップ 1   Cisco XNC のメニュー バーで、[Devices] をクリックします。
    ステップ 2   [Nodes Learned] タブで、[Node Name] カラムで名前を変更するノードのリンクをクリックします。
    ステップ 3   [Update Node Information] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [Node ID] フィールド

    OpenFlow スイッチなど、ネットワーク要素の固有識別子。

    [Node Name] フィールド

    ノードに割り当てる名前。

    この名前には、1 ~ 100 文字の英数字を使用できます。 スペースや特殊文字は使用できません。また、オブジェクトの保存後は、この名前を変更できません。

    [Tier] ドロップダウン リスト

    ネットワーク要素の階層プロパティを割り当てます。 次のいずれかになります。

    • Unknown
    • Access
    • Distribution
    • Core

    [Operation Mode] ドロップダウン リスト

    トラフィックがフローに基づいて処理される方法を選択します。 次のいずれかになります。

    • Allow reactive forwarding:デフォルト フローはプログラミングされません。 フローに一致しないトラフィックが処理される方法はスイッチの実装によって異なります。
    • Proactive forwarding only:次のデフォルト フローがスイッチでプログラミングされます。
      • Cisco XNC へのパント ARP パケット。
      • Cisco XNC へのパント LLDP パケット。
      • 他のすべてのトラフィックをドロップします。
    ステップ 4   [Save] をクリックします。

    展開したノード情報の表示


      ステップ 1   Cisco XNC のメニュー バーで、[Devices] をクリックします。
      ステップ 2   [Nodes Learned] タブで、右上隅にあるアイコンをクリックします。
      ステップ 3   [Nodes Learned] ダイアログボックスに、次のフィールドが表示されます。
      名前 説明

      [Node Name] フィールド

      ノードに割り当てられた名前。

      [Node ID] フィールド

      ノードの ID。

      [Tier Name] フィールド

      ノード用に選択された階層。

      [MAC] フィールド

      ノードの MAC アドレス。

      [Ports] フィールド

      ノード上のアクセス可能なポート。

      ステップ 4   ダイアログボックスを閉じます。

      ポート リストの表示


        ステップ 1   Cisco XNC のメニュー バーで、[Devices] をクリックします。
        ステップ 2   [Nodes Learned] タブで、ノードの [Ports] リンクをクリックします。
        ステップ 3   [Ports List] ダイアログボックスに、指定したノードのすべてのポートが表示されます。
        ステップ 4   ダイアログボックスを閉じます。

        スタティック ルートの追加


          ステップ 1   Cisco XNC のメニュー バーで、[Devices] をクリックします。
          ステップ 2   [Static Route Configuration] タブで、[Add Static Route] をクリックします。
          ステップ 3   [Add Static Route] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します:
          名前 説明

          [Name] フィールド

          スタティック ルートに割り当てる名前。

          この名前には、1 ~ 100 文字の英数字を使用できます。 スペースや特殊文字は使用できません。また、オブジェクトの保存後は、この名前を変更できません。

          [Static Route] フィールド

          次の形式での宛先とサブネット マスクの IP アドレス:

          Destination_IP_Address/Subnet_Mask

          [Next Hop] フィールド

          ネクスト ホップ デバイスの IP アドレス。

          ステップ 4   [Save] をクリックします。

          ゲートウェイ IP アドレスの追加


            ステップ 1   Cisco XNC のメニュー バーで、[Devices] をクリックします。
            ステップ 2   [Subnet Gateway Configuration] タブで、[Add Gateway IP Address] をクリックします。
            ステップ 3   [Add Gateway IP Address] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
            名前 説明

            [Name] フィールド

            ゲートウェイ IP アドレスに割り当てる名前。

            この名前には、1 ~ 100 文字の英数字を使用できます。 スペースや特殊文字は使用できません。また、オブジェクトの保存後は、この名前を変更できません。

            [Gateway IP Address/Mask] フィールド

            次の形式でのデフォルト ゲートウェイの IP アドレスとサブネット マスク:

            IP_Address/Subnet_Mask

            (注)     
            • 展開が OpenFlow トラフィックのみの場合、ゲートウェイ IP アドレスは、そのサブネット上のホスト システムのデフォルト ゲートウェイとして使用される IP アドレスと同じアドレスに設定できます。
            • 展開に OpenFlow および非 OpenFlow トラフィックが含まれている場合、ゲートウェイ IP アドレスは、そのサブネット上で使用されていない IP アドレスに設定する必要があります。
            ステップ 4   [Save] をクリックします。

            ポートの追加


              ステップ 1   Cisco XNC のメニュー バーで、[Devices] をクリックします。
              ステップ 2   [Subnet Gateway Configuration] タブで、[Add Ports] をクリックします。
              ステップ 3   [Add Ports] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
              名前 説明

              [Gateway name] フィールド

              ポートをバインドするゲートウェイ アドレスの名前。

              [Node ID] フィールド

              ゲートウェイ アドレスにバインドするポートを含むノード。

              [Select Port] フィールド

              ゲートウェイ アドレスにバインドするポート。

              ステップ 4   [Save] をクリックします。

              SPAN ポートの追加


                ステップ 1   Cisco XNC のメニュー バーで、[Devices] をクリックします。
                ステップ 2   作業領域で、[Span Port Configuration] タブをクリックし、[Add SPAN Port] をクリックします。
                ステップ 3   [Add SPAN Port] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                名前 説明

                [Node] ドロップダウン リスト

                SPAN ポートを作成するノードを選択します。

                [Input Port] フィールド

                SPAN ポートに使用する入力ポート。

                ステップ 4   [Save] をクリックします。