Cisco Monitor Manager アプリケーション コンフィギュレーション ガイド リリース 1.0
ポートおよびデバイスの設定
ポートおよびデバイスの設定
発行日;2014/01/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ポートおよびデバイスの設定

この章の内容は、次のとおりです。

Cisco Monitor Manager のポート タイプ

Cisco Monitor Manager では異なるポート タイプを設定することができます。 すべての設定済みポートは [Port Types] タブの [Configured Ports] テーブルに表示されます。

Edge Port

エッジ ポートは、トラフィックがモニタ ネットワークに入る入力ポートです。 Cisco Monitor Manager は次のエッジ ポートをサポートします。

  • TAP ポート:物理タップのワイヤに接続された着信トラフィック用のエッジ ポート。
  • SPAN ポート:SPAN 宛先として設定されるアップストリーム スイッチに接続された着信トラフィックのエッジ ポート。

エッジ ポートの設定はオプションです。

Delivery Port

配信ポートはトラフィックがモニタ ネットワークを出る出力ポートです。 これらの発信ポートは外部モニタリング デバイスに接続されます。 Cisco Monitor Manager でモニタ デバイスを設定すると、設定したスイッチとポートに名前とアイコンを関連付けることができます。

設定されたデバイスは、[Devices] タブの [Monitor Devices] テーブルに表示されます。 アイコンとそれをノードに接続する直線がトポロジ図に表示されます。

ポート タイプの設定


    ステップ 1   トポロジ図で、ポートを設定するノードをクリックします。
    ステップ 2   [Configure Network Device] ダイアログボックスで、[Configure Port Types] をクリックします。
    ステップ 3   次のフィールドに入力します。
    名前 説明

    [Select a port] ドロップダウン リスト

    設定するポートを選択します。

    [Select Port Type] ドロップダウン リスト

    ポートのポート タイプを選択します。 次のいずれかになります。

    • Edge Port - SPAN:SPAN 宛先として設定されたアップストリーム スイッチに接続された着信トラフィックのエッジ ポートを作成します。
    • Edge Port - TAP:物理タップのポートに接続された着信トラフィックのエッジ ポートを作成します。
    • Delivery Port:モニタリング デバイスに接続できる発信ポートを作成します。
    • Unspecified Port:指定されていないポートを作成します。 未指定ポートをエッジ ポートまたは配信ポートとして使用することはできません。
    • Remove Configuration:ポートから既存の設定を削除します。

    [Set VLAN] フィールド

    SPAN または TAP ポートに使用する VLAN ID。

    (注)     

    VLAN ID を設定した場合、パケットの現在の VLAN が上書きされる場合があります。

    ステップ 4   [Configure] をクリックします。

    モニタ デバイスの設定

    はじめる前に

    モニタ デバイスを設定する前に、配信ポートのタイプを設定する必要があります。


      ステップ 1   トポロジ図で、デバイスを設定するノードをクリックします。
      ステップ 2   [Configure Network Device] ダイアログボックスで、[Configure] をクリックします。
      ステップ 3   次のフィールドに入力します。
      名前 説明

      [Select a port] ドロップダウン リスト

      デバイスを設定する配信ポートを選択します。

      [Name] フィールド

      デバイスの名前。

      この名前には、1 ~ 100 文字の英数字を使用できます。 スペースや特殊文字は使用できません。また、オブジェクトの保存後は、この名前を変更できません。

      [Icon] オプション ボタン

      デバイスに対して使用するアイコン。 アイコンはトポロジ図に表示されます。

      ステップ 4   [Add Device] をクリックします。

      ルート ノードの設定

      ルート ノードは Cisco Monitor Manager によって自動的に選択されます。 定義されたルート ノードが送信元スイッチと距離が離れすぎている場合は、手動で別のスイッチを設定できます。 新しいルート ノードとしてエッジ ポートのあるスイッチを選択することを推奨します。


      (注)  


      ルート ノードの変更は、設定を保存し、Cisco XNC アプリケーションを再起動するまで有効になりません。



        ステップ 1   [Root] タブで、[Configure Root] をクリックします。
        ステップ 2   [Configure Root Node] ダイアログボックスで、[Select Root Node] ドロップダウン リストからノードを選択します。
        ステップ 3   [Configure] をクリックします。