Cisco Monitor Manager アプリケーション コンフィギュレーション ガイド リリース 1.0
Cisco Monitor Manager の概要
Cisco Monitor Manager の概要
発行日;2014/01/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Cisco Monitor Manager の概要

この章の内容は、次のとおりです。

Cisco Extensible Network Controller について

Cisco Extensible Network Controller(Cisco XNC)は 1 方向(サウスバウンド)のネットワーク要素とサードパーティ製アプリケーション(ノースバウンド)間のインターフェイスとして機能するソフトウェア プラットフォームです。 Cisco XNC は Java Virtual Machine(JVM)で動作する JVM ベースのアプリケーションです。 Cisco XNC は、ネットワークをサポートし、高い可用性があり、スケーラブルで拡張可能なアーキテクチャに基づいています。 Cisco XNC は新しい機能を追加できる、Open Services Gateway initiative(OSGi)のフレームワークを使用した拡張性用に構築されています。

Cisco XNC はサウスバウンド方向の複数のプロトコル プラグインをサポートできます。 現在のリリースでは、OpenFlow バージョン 1.0 が利用可能です。

Cisco XNC は次を提供します。

  • このリリースで利用可能な OpenFlow バージョン 1.0 を含むマルチ プロトコル機能。
  • ネットワーク トポロジ ディスカバリ、ネットワーク デバイス管理、転送ルールのプログラミング、詳細なネットワーク統計へのアクセスなど、ネットワークの可視性とプログラミングをサポートする機能。
  • OpenFlow など、モジュラ サウスバウンド インターフェイスのサポートをイネーブルにするサービス抽象レイヤ(SAL)。
  • GUI、または Java または Representational State Transfer(REST)ノースバウンド API による一貫した管理アクセス。
  • ロール ベースのアクセス コントロール(RBAC)などのセキュリティ機能、および認証、許可、アカウンティング(AAA)機能用に RADIUS や TACACS を使用した外部 Active Directory との統合。
  • 分析の収集や診断パケット インジェクションなどのトラブルシューティング ツール。
  • ネットワーク経由のデータ フローのパスを管理者がカスタマイズできるようにする、Topology Independent Forwarding(TIF)などのシスコの拡張機能。
  • フロー仕様を使用してネットワークの論理分割を許可する Network Slicing など、シスコのネットワーク アプリケーション。
  • スケーラビリティと高可用性を実現する高可用性クラスタ。

Cisco Monitor Manager について

Cisco Monitor Manager は、Cisco XNC で動作するネットワーク アプリケーションです。 Cisco Monitor Manager は、OpenFlow 用 Cisco AgentCisco Nexus 3000 シリーズ スイッチを組み合わせて、モニタリングが望ましいネットワーク内のポイントに従来ネットワーク モニタリング デバイスを接続していたマトリクス スイッチに代わるスケーラブルで柔軟なソリューションを作成することができます。 Cisco Monitor Manager ソリューションによって、次が可能です。

  • Switched Port Analyzer(SPAN)と Test Access Point(TAP)ポートを分類する。
  • 収集の必要があるトラフィックをフィルタリングする。
  • 単一または複数の SPAN および TAP ポートからのパケットを配信ポートを介して複数のモニタリング デバイスにリダイレクトする。
  • モニタリング システムを表示および変更できるユーザを制限する。

Cisco Monitor Manager GUI へのログイン

HTTP または HTTPS を使用して Cisco Monitor Manager にログインできます。

  • Cisco Monitor Manager GUI のデフォルト HTTP Web リンクは http://Controller_IP:8080/monitor です。
  • Cisco Monitor Manager GUI のデフォルト HTTPS Web リンクは https://Controller_IP:8443/monitor です。

    (注)  


    HTTPS を使用する前に、Web ブラウザで https:// プロトコルを手動で指定する必要があります。



    ステップ 1   Web ブラウザに、Cisco Monitor Manager Web のリンクを入力します。
    ステップ 2   起動ページで、次の作業を行います。
    1. ユーザ名とパスワードを入力します。

      デフォルトのユーザ名とパスワードは admin/admin です。

    2. [Log In] をクリックします。

    変更した設定の保存

    定期的に、Cisco Monitor Manager で行う設定変更を保存する必要があります。


    (注)  


    Cisco XNC アプリケーションを停止すると、保存されていない設定変更は失われます。



      ステップ 1   Cisco Monitor Manager のメニュー バーで、[Admin] ドロップダウン リストをクリックします。
      (注)     

      この管理者用のドロップダウン リストには、Cisco Monitor Manager にログインしたときに使用するユーザ名が表示されます。 このマニュアルでは、これを [Admin] ドロップダウン リストと呼びます。

      ステップ 2   [Save] を選択します。