Cisco Prime Virtual Network Analysis Module(vNAM)インストレーション/コンフィギュレーション ガイド
アップグレード手順
アップグレード手順
発行日;2015/04/16 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

アップグレード手順

設定のバックアップ

仮想アプライアンスのアップグレード

ソフトウェアのアップグレード

設定の復元

アップグレード手順

シスコは、Prime vNAM にダウンロードおよびインストールできるソフトウェアへのアップグレードを不定期に提供しています。また、ダウンロード可能なソフトウェアを使用して、壊滅的な障害が発生した場合にソフトウェアを復元することもできます。

アップグレード処理を開始する前に、現在の設定を完全にバックアップすることを推奨します。

アプライアンス ソフトウェアをアップグレードまたは復元した後、Prime NAM 設定をバックアップした場合、その設定を復元し、大きな遅延がなく設定を復元してネットワーク モニタリングを再開することができます。

ここでは、次の内容について説明します。

「設定のバックアップ」

アプライアンス設定への変更の完了後、コマンドライン インターフェイスを使用して設定をアーカイブ サーバにアップロードします。

「ソフトウェアのアップグレード」

現在のソフトウェアのバージョンをダウンロードし、単一の CLI コマンド(upgrade)を使用してソフトウェア アップグレードを実行します。

「設定の復元」

コマンドライン インターフェイスを使用して、以前の設定を復元します。

設定のバックアップ

現在の Prime vNAM 設定の完全なバックアップを作成することを推奨します。


) バックアップ設定ファイルがあると、ハードディスク ドライブの再フォーマットまたは再パーティションが必要なハードディスク障害の影響をサーバが受ける場合、時間およびフラストレーションを節減できます。


現在の設定をバックアップするには、次のように Prime vNAM CLI config upload コマンドを使用します。

config upload ftp:// user:password@server/path

次に例を示します。

config upload ftp://

admin:secret@172.20.104.11/archive/nam_config

config upload コマンドは、Prime vNAM 実行コンフィギュレーションのコピーを指定した宛先に送信します。コンフィギュレーションのコピーは、 NAM_host-namxxxx-y.y.y.config のように末尾のサフィックス .config を持つバックアップ コンフィギュレーション ファイルに保存されます。宛先アドレスは、有効なサーバ名、読み取りおよび書き込み権限を持つディレクトリ パスでなければなりません。

Cisco Prime vNAM 仮想アプライアンスのアップグレード

ここでは、Prime NAM を Cisco Prime vNAM 仮想アプライアンスにアップグレードし、Cisco Prime vNAM 仮想アプライアンス用にオペレーティング システムをアップグレードする手順について説明します。アップグレード環境によって、2 種類の方法があります。Prime vNAM が正常に再起動できるのであれば、upgrade コマンドを使用できます。Prime vNAM に壊滅的な障害が発生し、Prime vNAM アプリケーションを起動できなくなった場合、リカバリの実行が必要です。

ソフトウェアのアップグレード

Prime vNAM にアプリケーション イメージの更新が必要になり、Prime vNAM の再起動には問題がない一般的なアップグレードなのであれば、この手順を使用します。

選択した方法で Prime vNAM に新しいメンテナンス イメージをダウンロードおよびインストールする方法:


ステップ 1 Cisco.com の次の URL にある Prime vNAM 用の Prime vNAM アプリケーション ソフトウェアをダウンロードします。

http://www.cisco.com/cgi-bin/tablebuild.pl/nam-appl

nam-vx.x-x-x.bin.gz のように nam-vxyy で始まるファイルを探します( x-x-x は Prime vNAM ソフトウェアのリリース番号です)。ファイルは、仮想 NAM アプリケーション イメージとして記述されます。

ステップ 2 Prime vNAM アプリケーション ソフトウェアを、Prime vNAM 設定をアーカイブしたのと同じサーバに格納します。

推奨されていたとおりに vNAM コンフィギュレーションをアーカイブしていない場合、アプリケーション イメージ ファイル提供用の FTP または HTTP サーバが必要になります。

ステップ 3 表 6-1 に示すアップグレード コマンドのリストからコマンドを必要に応じて使用します。

 

表 6-1 アップグレード コマンド

コマンド1
目的

upgrade  ftp://user:password@server/path/
filename

アップグレード アプリケーション イメージの場所へのパスとともにコマンドを入力します。

upgrade  ftp://user:password@server/path/
filename reformat

既存のインストールを再フォーマットします。


注意 すべての設定およびデータが失われます。

1.FTP の代わりに HTTP も使用できます。

たとえば、Prime vNAM CLI コマンド upgrade を使用して、ソフトウェア アップグレードを実行します。

upgrade ftp://admin:secret@10.10.10.1/archive/nam_software/nam-app-vnam-x86_64.0-0-0.bin.gz reformat
 

) デフォルトでは、CDB は最新のスキーマに変換されます。


ステップ 4 Yes と入力してインストールを完了します。

インストール完了後、ユーザ インターフェイスにログインできます。


 

設定の復元

FTP または HTTP を使用してアクセスできるリモート サーバの場所に Prime vNAM 設定ファイルを保存した場合(「設定のバックアップ」を参照)、システムの回復後に Prime vNAM 設定ファイルを復元できます。

config network コマンドを使用して、次のように以前の Prime vNAM 設定を復元します。

config network ftp:// user:password@server/path

次に例を示します。

config network ftp:// admin:secret@10.10.10.1/archive/nam_config/NAM_host-namxxxx-y.y.y.config

config upload コマンドは、Prime vNAM 実行コンフィギュレーションのコピーを指定した宛先に送信します。コンフィギュレーションのコピーは、 NAM_host-namvx-0.0.config のように末尾のサフィックス .config を持つバックアップ コンフィギュレーション ファイルに保存されます。宛先アドレスは、有効なサーバ名、読み取りおよび書き込み権限を持つディレクトリ パスでなければなりません。