Cisco Prime Virtual Network Analysis Module(vNAM)インストレーション/コンフィギュレーション ガイド
Cisco Prime vNAMの設定
Cisco Prime vNAMの設定
発行日;2015/04/16 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco Prime vNAMの設定

ネットワーク接続の確立

Prime vNAM Web サーバの有効化

設定の確認

Cisco Prime vNAMの設定

ここでは、ネットワーク接続を確立し、IP パラメータを設定し、Prime vNAM コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して必要な他の管理タスクを実行する方法について説明します。ここではまた、Prime vNAM グラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)を開始する方法、およびさまざまなシステム管理タスクを実行する方法も説明します。任意と表示されていない限り、この項のすべてのタスクを実行します。

この章の内容は、次のとおりです。

「ネットワーク接続の確立」

「Prime vNAM Web サーバの有効化」

「設定の確認」

Prime vNAM 設定情報の詳細については、Prime vNAM Web サーバを使用するか、『 Network Analysis Module Command Reference 』を参照してください。ソフトウェアの使用方法の詳細については、『 Cisco Prime vNAM User Guide 』を参照してください。

ネットワーク接続の確立

ここでは、Prime vNAM の IP パラメータを設定し、ネットワーク接続を確立する方法を説明します。


ステップ 1 root ユーザとしてコンソールから Prime vNAM にログインします。

最初のログインでは、root パスワードを変更するように求められます。このマニュアルは、Cisco.com 経由で一般に公開されているため、このパスワードとすべてのデフォルトのパスワードをできるだけ早く変更することを推奨します。

ステップ 2 サイトの適切な情報を使用して、次の CLI コマンドを入力します。

ステップ 3 ip address コマンドを使用して、Prime vNAMの IP アドレスを設定します。このコマンドの構文は次のとおりです。

ip address   ip-address  subnet-mask

root@localhost# ip address 172.20.104.126 255.255.255.248

 

ステップ 4 ip gateway コマンドを使用して、NAMのデフォルト ゲートウェイ アドレスを設定できます。このコマンドの構文は次のとおりです。

ip gateway   ip-address

root@localhost# ip gateway 172.20.104.123

 

ステップ 5 exsession コマンドを使用して、Telnet または SSH を使用した NAMへのリモート ログインをイネーブルにできます。この(オプション)コマンドの構文は次のとおりです。

exsession on   (Telnet の場合)

または

exsession on ssh   (SSH の場合)

Telnet アクセスをイネーブルにするように NAMを設定するには、次のコマンドを実行します。

root@localhost# exsession on

 

SSH アクセスをイネーブルにするように NAMを設定するには、次のコマンドを実行します。

root@localhost# exsession on ssh


 

接続を確立したら、「Prime vNAM Web サーバの有効化」に進みます。

Prime vNAM Web サーバの有効化

ここでは、Prime vNAM Web サーバ、および Prime vNAM グラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)へのブラウザベースのアクセスをイネーブルにする方法を説明します。


) Prime vNAM をイネーブルにして、HTTP サーバまたは HTTPS セキュア サーバとして機能させることができますが、同時に両方を機能させることはできません。HTTPS は任意です。


NAM Web サーバをイネーブルにしてブラウザベースのアクセスを準備する前に、使用中の Prime vNAM Web ブラウザが対象の NAM ソフトウェア リリースをサポートしていることを確認します。


サポートされるブラウザのリストについては、『Prime NAM Release Notes』を参照してください。


NAM Web サーバをイネーブルにするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 NAM アプライアンスへの Telnet または SSH セッションを開いて、パスワード プロンプトでパスワードを入力します。

telnet {ip-address | hostname}

または

ssh {ip-address | hostname}

ステップ 2 次のコマンドの 1 つを入力して、HTTP サーバまたは HTTPS セキュア サーバをイネーブルにします。

NAM HTTP Web サーバをイネーブルにするには、次のコマンドを入力します。

ip http server enable

(任意)NAM HTTPS セキュア Web サーバをイネーブルにするには、次のコマンドを入力します。

ip http secure server enable

NAM により Web 管理者のユーザ名が要求されます。

Enabling HTTP server...
 
No web users are configured.
Please enter a web administrator user name [admin]: <CR>
 

NAM Web サーバでは、少なくとも 1 人の Web 管理者が正しく設定されている必要があります。NAM で Web ユーザ名とパスワードが要求されない場合は、少なくとも 1 人の Web 管理者が以前に設定されています。

ステップ 3 Web 管理者のユーザ名を入力します。別の方法としては、Enter を押して、デフォルトの Web 管理者のユーザ名である admin を使用します。

NAM により Web 管理者のパスワードが要求されます。次に、正確さを確保するためパスワードを再入力するように要求されます。

New password: <adminpswd>
 
Confirm password: <adminpswd>
 

ステップ 4 Web 管理者のパスワードを入力し、確認します。別の方法としては、Enter を押して、デフォルトの Web 管理者のパスワードである adminpswd を使用します。

ステップ 5 NAM Web サーバ機能を確認するには、承認されたインターネット ブラウザを起動し、IP アドレスまたはホストおよびドメインの名前をブラウザのアドレス フィールドに入力します。その後、Web サーバを有効化したときに設定した管理者ユーザとして NAM Web サーバにログインします。

ステップ 6 (任意)NAM アプライアンス システムのドメイン名を設定する場合、 ip domain コマンドを使用できます。これにより、ユーザは IP アドレスの代わりにドメイン名を入力できます。

ip domain   name

root@localhost# ip domain your_company.com

 

ステップ 7 (任意)NAM アプライアンス システムのホスト名を設定するには、 ip host コマンドを使用します。

ip host   name

root@localhost# ip host nam_machine

 

ステップ 8 NAM アプライアンス に 1 つ以上のネーム サーバを設定するには、 ip nameserver コマンドを使用します。

ip nameserver   ip-address  [ip-address] [ip-address]

root@localhost# ip nameserver 172.20.104.10

root@localhost# ip nameserver 172.20.104.10  172.20.104.20  172.20.104.30

 


 

設定の確認

NAM アプライアンスのネットワーク接続の設定終了後に、接続の確認および NAM アプライアンスに設定した IP パラメータの検証を行うことを推奨します。

NAM ネットワーク接続に問題がある場合は、設定を確認してください。


ステップ 1 ping コマンドを使用して、NAM アプライアンスとネットワーク デバイス間の接続を確認します。

ping   {hostname | ip-address}

root@localhost# ping nam_machine.your_company.com

root@localhost# ping 172.20.104.10

 

次は、正常な接続を示す ping コマンドの例です。

root@nam_machine.your_company.com# ping 172.20.104.10
PING 172.20.104.10 (172.20.104.10) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 172.20.104.10: icmp_seq=1 ttl=254 time=1.27 ms
64 bytes from 172.20.104.10: icmp_seq=2 ttl=254 time=1.13 ms
64 bytes from 172.20.104.10: icmp_seq=3 ttl=254 time=1.04 ms
64 bytes from 172.20.104.10: icmp_seq=4 ttl=254 time=1.08 ms
64 bytes from 172.20.104.10: icmp_seq=5 ttl=254 time=1.11 ms
 
--- 172.20.104.10 ping statistics ---
5 packets transmitted, 5 received, 0% packet loss, time 4003ms
rtt min/avg/max/mdev = 1.043/1.129/1.278/0.090 ms
root@nam_machine.your_company.com#
 

ステップ 2 NAM アプライアンス の IP パラメータ設定が成功したことを確認するには、 show ip コマンドを使用します。

show ip

root@localhost# show ip root@nam1.company.com# show ip
 


 

次は、設定された NAM アプライアンスを示す show ip コマンドの出力例です。

root@namesx# sho ip
IP address: 172.20.103.209
Subnet mask: 255.255.255.128
IP Broadcast: 172.20.103.255
DNS Name: nam2_es
Default Gateway: 172.20.103.129
Nameserver(s): 171.68.226.120
HTTP server: Enabled
HTTP secure server: Disabled
HTTP port: 80
HTTP secure port: 443
TACACS+ configured: No
Telnet: Enabled
SSH: Disabled

 


インストール、アップグレード、ダウングレードの状況確認、または問題のトラブルシュートを実行するには、Cisco.com の『Cisco NAM Command Reference Guide』記載のコマンドを使用します。