Cisco Prime Virtual Network Analysis Module(vNAM)インストレーション/コンフィギュレーション ガイド
追加のタスク
追加のタスク
発行日;2015/04/16 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

追加のタスク

ルート パスワードの変更

Prime vNAM ルート パスワードのデフォルト値へのリセット

Prime vNAM の再起動とシャットダウン

ローカルおよび外部ストレージのインストールと設定

iSCSI アレイの設定

Prime vNAM の IQN の検索

ストレージ アレイの接続

Prime vNAM の新しいホストへの移行

追加のタスク

ここでは、インストール完了後に実行できる Prime vNAM 固有のタスクについて説明します。


) これらのタスクには、必須のものと、任意のものがあります。


「ルート パスワードの変更」

「Prime vNAM ルート パスワードのデフォルト値へのリセット」

「Prime vNAM の再起動とシャットダウン」

「ローカルおよび外部ストレージのインストールと設定」

製品とタスクの詳細については、『 Cisco Prime Network Analysis Module User Guide 』を参照してください。

ルート パスワードの変更

ここでは、最初のログイン セッションの間に root ユーザ パスワードを変更した後、再度変更する方法について説明します

パスワードをクリアし、出荷状態のデフォルトに戻すには、 clear system-passwords を使用します。

root パスワードを忘れてしまいシステムに入れなくなった場合、 reboot -helper によってシステムを再起動してヘルパー ユーティリティを立ち上げ、メニュー選択からリセットします。

root パスワードを変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 NAM アプライアンスとのコンソール セッションまたはシリアル セッションを開きます。

ステップ 2 ユーザ名を求めるプロンプトが表示されたら、 root を入力します。

ステップ 3 パスワード入力を促されたときは、最初のログインで作成したユーザ root のパスワードを入力します。

root ユーザとしてログインすると、NAM アプライアンスのルート レベルに読み取りおよび書き込みアクセスができ、CLI コマンドを入力して実行することができます。

root@hostname#
 

ステップ 4 次のコマンドを入力して、root ユーザのパスワードを変更します。

password  root

新しいパスワード:
Confirm password:
 

ステップ 5 ユーザ root の新しいパスワードを入力し、確認します。

パスワードを記録して、この情報を安全な場所に保管することを推奨します。設置場所のパスワード セキュリティ ポリシーに従って、このパスワードを定期的に変更する必要があります。

ステップ 6 exit を入力してセッションを終了し、ログアウトします。


 

Prime vNAM ルート パスワードのデフォルト値へのリセット

NAM ルート パスワードをデフォルト値へリセットする方法の詳細については、『 Cisco Prime Network Analysis Module Software User Guide 』を参照してください。

Prime vNAM の再起動とシャットダウン

シャットダウンまたは再起動を実行するには、Prime vNAM CLI から次のアクションを実行のいずれかを実行します。

Prime vNAM CLI から、 shutdown と入力して Prime vNAM の電源をオフにします。

Prime vNAM CLI から、 reboot と入力して Prime vNAM を再起動します。

Prime vNAM の CLI から、 reboot -helper と入力して、インストールやリカバリ用のヘルパー ユーティリティ メニューに入ります。


) 再起動、シャットダウン、電源投入は、ハイパーバイザのインターフェイスを使用して実行することもできます。


ローカルおよび外部ストレージのインストールと設定

仮想化システムによっては、キャプチャ データ用として、ローカル ストレージの設定や、外部ストレージのインストールと設定が必要になる場合があります。

性能比較用の長期データのリポジトリとして、ローカルまたは外部ストレージを使用できます。


) Prime vNAM をインストールするときに指定されたディスクが全員の読み取り/書き込み可能になっていて、すべてのユーザがキャプチャ データを保存できることを確認します。


外部ストレージの設定が必要な Prime vNAM について、概要を説明します。

ESXi vNAM:設定は不要です。ローカル ハード ディスクが外部ストレージを事前に割り当てます。

KVM vNAM:設定が必要です。

この項では、KVM vNAM で使用する外部 iSCSI ストレージの情報を手動で準備する方法について説明します。ここで説明する内容は、次のとおりです。

iSCSI アレイの設定

Prime vNAM の IQN の検索

ストレージ アレイの接続

iSCSI アレイの設定

iSCSI を使用する外部ストレージを、ローカル ストレージの追加として使用するか、または代替として使用するかを決定できます。ここでは、Prime vNAM に必要な設定について説明します。

ベンダーのユーザ マニュアルを参照して、iSCSI アレイが適切に設定されていることを確認します。Prime vNAM は、ほとんどのアレイ設定に依存しませんが、アクセシビリティやパフォーマンスにとって重要な点がいくつかあります。


ステップ 1 アレイで論理ユニット番号(LUN)を設定するために、通常は、セグメント サイズを設定します。セグメント サイズを大きくすると、書き込み速度を向上させることができます。最大セグメント サイズ(最大 512 KB)を使用するようセグメント サイズを設定します。

単一アレイには複数の LUN を設定できます。

ステップ 2 アレイの LUN と iSCSI 修飾名(IQN)をマップします。各 IQN は、ホスト(Prime vNAM など)がアクセスする LUN の異なるリストを表します。

Prime vNAM は、すべてのプロトコル間の最大 32 の LUN、および単一の IQN にマップされた複数 LUN をサポートします。

ステップ 3 Prime vNAM も、iSCSI セッションのホスト側を表す IQN を持ちます。ホストの読み書きアクセスのため、必ず各 Prime vNAM の IQN を LUN にマップします。これは、セキュリティ上の理由からほとんどのストレージ アレイで必要です。特定のホストのみが LUN にアクセスできるようにします。各 Prime vNAM には一意の IQN が割り当てられます。この手順は、アクセスが必要な各 Prime vNAM とアクセスされる各ターゲット LUN に対して実行します。使用する CLI コマンドの詳細については、「Prime vNAM の IQN の検索」を参照してください。

ステップ 4 Prime vNAM 管理ポートに IP パスを設定します。詳細については、「ストレージ アレイの接続」を参照してください。


 

Prime vNAM の IQN の検索

Prime vNAM の IQN を検索するには、remote-storage iscsi local-iqn CLI コマンドを使用します。

root@nam.domain# remote-storage iscsi local-iqn
 
Local iSCSI Qualified Name: iqn.1987-05.com.cisco:WS-SVC-NAM3-6G-K9.00:19:55:07:15:9A

ストレージ アレイの接続

iSCSI ストレージ アレイの設定後に、iSCSI ストレージ アレイで Prime vNAM 管理ポートに IP パスが設定されていることを確認します。アレイは Prime vNAM の稼働中に接続できます。

一部のアレイには複数のストレージ コントローラ モジュールが備わっています。セキュリティ機能のために、通常は、モジュールの所有権を各 LUN にマップする必要があります。

Prime vNAM はストレージにログインし、ストレージ アレイの IP アドレスと IQN を使用して iSCSI セッションを開始します。ユーザ インターフェイスを使用してストレージ アレイを接続するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Prime vNAM の Web インターフェイスにログインします。[Data Storage] ページにアクセスするために、[Capture] > [Packet Capture/Decode] > [Data Storage] を選択します。

ステップ 2 [iSCSI Login] ボタンをクリックし、ターゲット IP と IQN を入力します。

ストレージ テーブルが、新しく検出された LUN で更新されます。

LUN が現れない場合は、以下のことを行います。

a. remote-storage iscsi list を確認して iSCSI セッションが適切に開始されたことを確認します。

次の例で、iSCSI セッションを確認する方法を示します。

root@nam.domain# remote-storage iscsi list
Storage ID: 16
____ Label:
___ Status: Ready
Protocol: ISCSI
Target IP: 172.20.122.81
Target IQN: iqn.2011-09:celeros.target11
_____ Type: LUN
____Model: IET VIRTUAL-DISK
______ LUN: 4
Capacity: 24.98GB
Available: 24.98GB
Active iSCSI Sessions:
tcp: [8] 172.20.122.81:3260,1 iqn.2011-09:celeros.target11
 

LUN 番号(上記の例では LUN 4)を使用すると、同じ IQN の LUN 同士を識別できます。この番号は各 IQN に対して一意であるため、異なる IQN の 2 つの LUN に同じ番号を使用できます。

b. iSCSI セッションが適切に開始された場合は、ストレージ アレイ設定をチェックして以下のことを確認します。

LUN がターゲット IQN にマップされている

Prime vNAM の IQN に LUN に対する読み書きアクセスが割り当てられている

c. 設定を変更する場合は、iSCSI セッションをログアウトし、再びログインします。ログアウトするには、CLI remote-storage iscsi logout を使用します。複数の LUN がユーザ インターフェイスに現れた場合は、いずれかの LUN を選択し、[iSCSI Logout] をクリックできます。ターゲット IQN にマップされたすべての LUN の接続が解除されます。

この時点で、Prime vNAM 内から iSCSI 外部ストレージを使用できます。詳細については、『 Cisco Prime Network Analysis Module Software User Guide 』を参照してください。


 

Prime vNAM の新しいホストへの移行

Prime vNAM を新しいホストに移行する方法:


ステップ 1 新しいホストがシステム要件を満たしていることを確認します。詳細は ホスト設定要件を参照してください。

ステップ 2 データのバックアップを作成します。 設定のバックアップを参照してください。

ステップ 3 vNAM をシャット ダウンします。

ステップ 4 移行を実行します。