Cisco Nexus 7000 シリーズ ネットワーク解析モジュール(NAM-NX1)ユーザ ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2013/12/10 | 英語版ドキュメント(2013/09/04 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

はじめに

章の概要

対象読者

表記法

通告

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

はじめに

この項では『 Cisco Prime ネットワーク解析モジュール User Guide 』の目的、対象読者、表記法、およびマニュアルの構成について説明し、Cisco Prime NAM ソフトウェアのマニュアルに関する一般情報を提供します。ここでは、次の内容について説明します。

「章の概要」

「対象読者」

「表記法」

「通告」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」

Prime NAM がサポートするプラットフォームのリストについては、『 Cisco Prime Network Analysis At-a-Glance 』を参照してください。

章の概要

このマニュアルの構成は、次のとおりです。

 

表 1 マニュアルの構成

タイトル
説明

第 1 章

Cisco Prime NAM の導入

Prime NAM および NAM を導入する場所のほか、パフォーマンス目標を認識およびリストし、ネットワーク パフォーマンス メトリックのベースラインを作成し、アラーム、syslog、トラップ、電子メール アラートを使用してポリシーを適用する方法などのワークフローの概要。

第 2 章

Cisco NAM ネットワーク導入の計画

パフォーマンスと最適化の目標を解決するためのネットワークの計画と準備に関する情報。

第 3 章

Cisco Prime NAM のセットアップ

Prime NAM を起動した後にユーザが実行する必要がある最初の手順。

第 4 章

トラフィックのモニタリングと分析

各種データを表示およびモニタリングするためのオプション。

第 5 章

パケット データのキャプチャとデコード

パケット データのキャプチャ、フィルタリング、復号化に向けた複数セッションの設定方法、ファイル制御システムのデータ管理方法、パケットの内容の表示方法。

第 6 章

ネットワークの管理

ユーザとシステムの管理作業を実行する方法およびテクニカル サポートを受けるために診断情報を生成する方法。

第 7 章

NAM の導入

Prime NAM 導入のシナリオおよびそれらを理解するために必要な詳細。

付録 A

「ネットワークおよび NAM の問題のトラブルシューティング」

Prime NAM の使用中に発生する可能性がある一般的な問題。

シスコのマニュアルおよびその他の資料は、オンラインで利用するか、製品に同梱されている CD-ROM パッケージとして注文することができます。Documentation CD-ROM、は Cisco Connection ファミリのメンバーで、毎月更新されます。したがって、印刷されたドキュメントより最新である可能性があります。Documentation CD-ROM の追加コピーを注文するには、営業担当者にお問い合わせいただくか、カスタマー サービスまでお問い合わせください。この CD-ROM パッケージは、単独パッケージまたは年間契約で入手することができます。

対象読者

このマニュアルは、主にネットワーク解析モジュール(NAM)を設定して、ネットワーク セグメント上のトラフィックをモニタリングし、新たに発生する問題を分析する必要があるネットワーク管理者を対象としています。ネットワーク管理者として、次の項目について理解しておく必要があります。

インターネットワーキングで使用される基本的な概念と用語。

ネットワーク トポロジとプロトコル

基本的な UNIX コマンドまたは基本的な Windows 操作

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。

 

表記法
説明

boldface

コマンドおよびキーワード。

italic

ユーザによるコマンド入力

[ ]

角カッコ内の要素は、省略可能です。

{ x | x | x }

選択すべきキーワード(x の部分)は、波カッコで囲み、縦棒で区切って表します。いずれか 1 つを必ず選択します。

^ または Ctrl

Ctrl キーを表します。たとえば、 ^D または Ctrl-D と表記されている場合、Ctrl キーを押さえながら D キーを押します。

screen フォント

画面に表示される情報の例を表します。

太字の screen フォント

入力が必要な情報の例

italic screen font

入力が必要な変数の例

< >

パスワードのように、出力されない文字は、かぎカッコ(<>)で囲んで示しています。

[ ]

システム プロンプトに対するデフォルトの応答は、角カッコで囲んで示しています。

[Option] > [Network Preferences]

メニュー項目の選択


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。

通告

Cisco Prime Network Analysis Module Third Party and Open Source Copyright Notices 』には、Prime NAM で使用されるオープン ソース ソフトウェアのライセンスおよび通知が含まれています。Prime NAM には、OpenSSL ツールキット( http://www.openssl.org )の使用に向けて OpenSSL プロジェクトで開発されたソフトウェアが含まれています。このマニュアルは、Prime NAM 技術マニュアルと共に www.cisco.com から入手できます。

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。 http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』はシスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧を提供するもので、RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用すると、コンテンツがデスクトップに直接配信されるようになります。RSS フィードは無料のサービスです。