Cisco Prime License Manager ユーザ ガイド、リリース 10.0(1)
管理(Administration)
管理(Administration)

管理(Administration)

次の項は、Cisco Prime License Manager 管理ツールの使用方法に関する情報を提供します。

バックアップ/復元

Cisco Prime License Manager のバックアップと復元を実行するには、次の手順に従います。

手順
    ステップ 1   メイン メニューで、[管理(Administration)] > [バックアップ/復元(Backup/Restore)] を選択します。
    ステップ 2   [バックアップ/復元(Backup/Restore)] ページが開きます。 次の情報を入力します。
    • IP アドレス/ホスト名
    • ユーザ名
    • パスワード
    • ディレクトリ
    (注)      この時点で、[テスト接続(Test Connection)] ボタンをクリックして接続をテストすることもできます。
    ステップ 3   バックアップを実行するには、[バックアップの実行(Run Backup)] ボタンをクリックします。
    (注)      最大 2 つのバックアップが保存されます。 3 つ目のバックアップを作成すると、最も古いバックアップが上書きされます。
    ステップ 4   復元するには、復元するファイルを選択して [復元の実行(Run Restore)] ボタンをクリックします。

    ライセンス定義

    ライセンス定義には、Cisco Prime License Manager により管理されるライセンスのタイプに関する情報が含まれています。 ご使用の製品インスタンスを新しいバージョンにアップグレードする前、または新しいタイプの製品インスタンスを追加する前に、このファイルを更新する必要があります。 [管理(Administration)] > [ライセンス定義(License Definitions)] ページは、現在インストールされているファイルに関する次の情報を提供します。

    • ファイル名(File name)
    • バージョン(Version)
    • インストール日(Date Installed)

    「Download Software」サイトにアクセスするには、[最新バージョンを確認(Check for Latest Version)] リンクをクリックできます。 このサイトから、最新リリースを探してダウンロードできます。

    ダウンロード後は、次の手順を使用して新しいライセンス定義ファイルをインストールすることができます。

    手順
      ステップ 1   [管理(Administration)] > [ライセンス定義(License Definitions)] を選択し、メイン メニューから [ライセンス定義(License Definitions)] ページにアクセスします。
      ステップ 2   [最新バージョンを確認(Check for Latest Version)] リンクをクリックし、「Download Software」サイトにアクセスします。 必要なライセンス定義ファイルをコンピュータにダウンロードします。
      ステップ 3   [新しいライセンス定義ファイルのインストール(Install New License Definition File)] ボタンをクリックします。 [ライセンス定義のインストール(Install License Definitions)] ウィンドウが表示されます。
      ステップ 4   [参照(Browse)] ボタンをクリックしてダウンロードしたライセンス定義ファイルを選択し、[インストール(Install)] をクリックします。

      セキュリティ更新

      Cisco License Office との電子操作を許可するために、Cisco Prime License Manager で定期的にセキュリティ更新が必要になることがあります。

      セキュリティ更新は Cisco Software Download Center(http:/​/​software.cisco.com)から入手できます。

      CLI を介してセキュリティ更新を実行するには、次の手順に従います。

      手順
        ステップ 1   license management security update コマンドを入力します。
        ステップ 2   プロンプトが表示されたら、次の例に示すようにディレクトリサーバユーザ名、およびパスワード情報を入力します。

        例:

        Directory: /users/bsmith/security_update/update

        Server: se032c-94-61

        User Name: bsmith

        Password: ********

        ステップ 3   次の例に示すように、セキュリティ更新を選択するように求められます。

        例:

        Available options for security update in "se032c-94-61:/users/bsmith/security_update/update":

        1) SecUpd_v1.upd

        q) quit

        ステップ 4   セキュリティ更新をダウンロードするには、オプション 1 を選択します。 次のメッセージが表示されます。

        例:

        Installing security update...

        Continue (y/n)?

        ステップ 5   セキュリティ更新を続行するには、y を選択します。

        更新が完了すると、次のメッセージが表示されます。

        Security update installed.


        ライセンスの再ホスト

        ライセンスは、特定の Cisco Prime License Manger に対して履行されます。 新しい Cisco Prime License Manager にライセンスを移動する必要がある場合は、ライセンスを再ホストする必要があります。

        再ホストは、次のようなときに必要となる場合があります。

        • ハードウェア障害が発生し、Cisco Prime License Manager の新しいハードウェアが必要な場合
        • 複数の Cisco Prime License Manager が必要で、履行ライセンスの一部を新しい Cisco Prime License Manager に移動する必要がある場合

        ライセンスの再ホストや移動は www.cisco.com/​go/​license でリクエスト可能で、Global Licensing Operations(GLO)のサポートは必要ありません。


        (注)  


        再ホスト ポータルを使用するには、ライセンスを最初に注文または履行したときと同じ Cisco.com のユーザ ID を使用する必要があります。

        再ホストを実行するには、ソース マシンからのライセンス登録に加えてターゲット マシンからのライセンス要求またはライセンス登録が必要です。

        ライセンスの再ホストを実行するには、次の手順に従います。

        手順
          ステップ 1   [製品ライセンス登録(Product License Registration)](www.cisco.com/​go/​license)から、画面上部の [転送(Transfer)] オプションを選択します。 ドロップダウン メニューが表示されます。 [Transfer-Initiate] の対象となるライセンスを選択します。
          ステップ 2   [次に固定されているライセンス…(License Locked To…)] の下にある検索フィールドに、ライセンス登録情報を入力します(この情報は、ソース マシンの [バージョン情報(About)] ボックスにあります)。
          ステップ 3   再ホストするトランザクションを選択します。 [次へ(Next)] をクリックします。
          ステップ 4   割り当てるライセンスの数を [割り当てる数量(Quantity to Assign)] に、ライセンス要求情報を [ライセンス要求(License Request)] フィールドに入力します。 [次へ(Next)] をクリックします。
          ステップ 5   [確認(Review)] 画面で選択した内容を確認してから、自分の電子メール アドレスを入力し、[エンド ユーザ(End User)] の横にあるドロップダウン リストから自分の名前を選択し、[ライセンスの条項に同意します(I agree with the Terms of the License)] の横にあるチェックボックスをクリックします。[送信(Submit)] をクリックします。
          ステップ 6   再ホストされたライセンスが電子メールで送信されます。 その後、ソースの Cisco Prime License Manager に手動でインストールする必要があります。
          (注)      また、[ライセンス要求のステータス(License Request Status)] ウィンドウの [ターゲットのダウンロード(Download Target)] ボタンをクリックし、ダウンロード先の場所を選択することによってライセンスをコンピュータにダウンロードすることもできます。

          診断ログにアクセスする方法

          次の手順を使用して、Cisco Prime License Manager で診断ログを実行します。

          手順
            ステップ 1   Cisco Prime License Manager のメイン メニューから、[管理(Administration)] > [診断ログ(Diagnostic Logs)] を選択します。
            ステップ 2   [診断ログ(Diagnostic Logs)] 画面が表示されます。 [ログの設定(Log Settings)] タブで、[Cisco Prime License Manager コア サービス(Cisco Prime License Manager core services)] と [製品インスタンスとの通信(Communication with product instances)] の両方に対してログ レベルを [デバッグ(Debug)] に設定します。 [Save(保存)] をクリックして変更内容を保存します。
            ステップ 3   [ログのダウンロード(Download Logs)] タブを選択し、ログ ファイルに含める日時範囲(問題が発生した期間)を選択します。 [ログ ファイルの作成(Generate Log File)] ボタンをクリックします。
            ステップ 4   [ログ ファイルの作成(Generate Log File)] ボタンの下に、ログ ファイルへのリンクが表示されます。 リンクをクリックしてログ ファイルを PC にダウンロードし、シスコ(licensing@cisco.com)にログ ファイルを送信してください。

            管理者パスワードとセキュリティ パスワードのリセット

            管理者パスワードやセキュリティ パスワードがわからなくなった場合、次の手順に従ってパスワードをリセットします。

            パスワードをリセットするプロセスを実行するには、システム コンソールを介してシステムに接続する必要があります。 システムにセキュア シェル セッション経由で接続している状態ではパスワードをリセットできません。


            (注)  


            この手順中、物理的にシステムにアクセスできることを確認するために、有効な CD または DVD をディスク ドライブから取り出し、再挿入する必要があります。


            手順
              ステップ 1   次のユーザ名とパスワードを使用してシステムにログインします。
              • ユーザ名:pwrecovery
              • パスワード:pwreset

                [プラットフォーム パスワードのリセットへようこそ(Welcome to platform password reset)] ウィンドウが表示されます。

              ステップ 2   何かキーを押して続行します。
              ステップ 3   ディスク ドライブに CD または DVD が入っている場合は、ここで取り出します。
              ステップ 4   何かキーを押して続行します。

              CD または DVD をディスク ドライブから取り出してあるかが確認されます。

              ステップ 5   有効な CD または DVD をディスク ドライブに挿入します。
              (注)     

              このテストでは、音楽 CD ではなくデータ CD を使用する必要があります。 ディスクを挿入したかが確認されます。

              ステップ 6   ディスクが挿入されていることが確認されると、次のいずれかのオプションを入力して続行するように指示されます。
              • 管理者パスワードをリセットする場合は、a を入力します。
              • セキュリティ パスワードをリセットする場合は、s を入力します。
              • 終了する場合は、q を入力します。
              ステップ 7   選択したタイプの新しいパスワードを入力します。
              ステップ 8   新しいパスワードを再入力します。

              パスワードは 6 文字以上にする必要があります。 新しいパスワードの強度がチェックされます。 パスワードが強度テストにパスしない場合、新しいパスワードを入力するように指示されます。

              ステップ 9   システムによって新しいパスワードの強度が確認されたら、パスワードがリセットされます。 何かキーを押してパスワード リセット ユーティリティを終了するように指示するプロンプトが表示されます。