Cisco Prime Collaboration Provisioning ガイド - Standard および Advanced 10.5/10.5.1
Prime Collaboration Provisioning でのデバイスの管理
Prime Collaboration Provisioning でのデバイスの管理

Prime Collaboration Provisioning でのデバイスの管理

デバイス管理の概要

Prime Collaboration Provisioning を使用するには、まず、IP テレフォニー環境の一部である IP コミュニケーション インフラストラクチャ デバイスを追加する必要があります。

デバイスを追加したら、Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unity システム、Cisco Unified Presence のデータを Prime Collaboration Provisioning と同期させます。 これにより、既存のアクティブなユーザとサービスが Prime Collaboration Provisioning に入力され、すべてのインフラストラクチャとユーザの情報が一元的に表示されます。

Provisioning では、Cisco IOS ルータもサポートされます。 Cisco IOS ルータ デバイスを Prime Collaboration Provisioning に追加すると、そのルータは汎用 IOS ルータとして Prime Collaboration Provisioning に表示されます。 Prime Collaboration Provisioning は、汎用 IOS ルータ機能を介してルータに追加の音声機能を設定できます。

コール プロセッサは、Cisco Unified Communications Manager または Cisco Unified Communications Manager Express のデバイスの各インスタンスのプロキシです。 ユニファイド メッセージ プロセッサは、Cisco Unity、Cisco Unity Express、または Cisco Unity Connection のデバイスの各インスタンスのプロキシです。 ユニファイド プレゼンス プロセッサは、Cisco Unified Presence の各インスタンスのプロキシです。 これらの用語はそれぞれのデバイスの代用として使用されています。

デバイスの追加

ユーザに対してサービスをプロビジョニングするには、デバイスを Prime Collaboration Provisioning に追加する必要があります。 Prime Collaboration Provisioning に追加できるデバイスのリストについては、『 Supported Devices for Prime Collaboration Provisioning - Standard and Advanced』を参照してください。

デバイスを Prime Collaboration Provisioning に追加する際は、次の点に注意してください。

  • デバイスを Prime Collaboration Provisioning に追加する前に、Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unified Communications Manager Express、Cisco Unity、Cisco Unity Connection、Cisco Unity Express のデバイスが正しく設定されていることを確認します。 これらのデバイスの設定の詳細については、『Setting Up Devices for Prime Collaboration Provisioning』を参照してください。

  • クラスタ環境用にセットアップされたインフラストラクチャ デバイス(Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unity Connection、および Cisco Unified Presence)の場合、パブリッシャ情報とクレデンシャルのみを追加します。

  • Prime Collaboration Provisioning で汎用 IOS ルータを設定する方法は、Cisco Unified Communications Manager または Cisco Unity デバイスの場合とは大幅に異なります。 最大の違いは、一般的な IOS ルータは同期化されず、特定のドメインやサービス エリアには関連付けられないことです。

  • Prime Collaboration Provisioning で Cisco Unified Communications Manager Express に基づいてコール プロセッサを作成する前に、次の操作を実行する必要があります。

    • 電話番号の自動割り当てを無効にします。 これは、Cisco IOS インターフェイスから実行します。

    • Cisco Unified Communications Manager Express の電話自動登録を無効にします。

デバイスを Provisioning に追加するには、次の手順を実行します。

手順
    ステップ 1   [設計(Design)] > [インフラストラクチャのセットアップ(Infrastructure Setup)] を選択します。
    ステップ 2   [インフラストラクチャのセットアップ(Infrastructure Setup)] ページで、[追加(Add)] をクリックし、デバイスを Prime Collaboration Provisioning に追加します。
    ステップ 3   [デバイスの追加(Add Device)] ウィンドウで、ドロップダウン リストから必要なアプリケーションを選択し、名前や IP アドレスなどの必須情報を入力します。 フィールドの説明については、次の表を参照してください。
    (注)     

    デバイス名に使用できる文字は、スペース、英数文字(A ~ Z、a ~ z、0 ~ 9)、アンダースコア(_)、ハイフン(-)、ピリオド(.)、およびアットマーク(@)です。

    ステップ 4   [保存(Save)] をクリックします。

    Prime Collaboration Provisioning にデバイスが追加されます。 ページの下部に 2 つのステータス メッセージが表示されます。 1 つはデバイスの追加が成功したかどうかを示し、もう 1 つは [テスト接続(Test Connection)] 上にあり、接続テストが成功したかどうかを示します。 複数のアプリケーションを持つデバイスは、テーブル上で個別のデバイスとして追加されます。

    (注)      Cisco Unity Connection 10.0 以上のバージョンを追加する場合は、Unity Connection 管理者とオペレーティング システム(OS)管理者の両方のクレデンシャルを追加する必要があります。

    デバイスの詳細を表示するには、[クイックビュー(Quick View)] をポイントします。 クイック ビューでは、同期の開始、同期ログの表示、デバイスの接続テスト、Cisco Unified CM Serviceability と Cisco Unity Connection Serviceability の相互起動を実行できます。 クイック ビューでは、Jabber サービス([ユニファイドコミュニケーションサービス(Unified Communication Services)] ページまたは Getting Started Wizard から有効化)のステータス、およびデバイスのセルフプロビジョニング(Getting Started Wizard で有効化)も表示されます。

    デバイスの詳細を更新または変更するには、[編集(Edit)] をクリックします。

    Prime Collaboration Assurance からデバイスをインポートするには、[インポート(Import)] をクリックします。 [デバイスのセットアップ(Device Setup)] ページに、Assurance 上のデバイスがリストされます(リストには管理対象状態のデバイスのみが表示されます)。 インポートするデバイスを選択し、[選択したデバイスのインポート(Import Selected Devices)] をクリックします。


    (注)  


    • Assurance からのデバイスのインポートは、統合モードに限り実行できます。

    • Provisioning にすでにあるデバイスはインポートできません。

    • Cisco Unity Express(CUE)はインポートできません。

    一部のデバイス(IP アドレスが同じデバイス)にはアプリケーションが複数あります。 アプリケーションが複数あるデバイスを追加する場合は、最初のデバイスを追加して保存します。 最初のデバイスを Provisioning に追加したら、2 番目のアプリケーションを選択して、もう一度デバイスを追加します。 デバイスを保存します。 [デバイスのセットアップ(Device Setup)] テーブルに両方のデバイスが表示されます。

    Prime License Manager および Deployment Manager は、[インフラストラクチャのセットアップ(Infrastructure Setup)] ページから追加できます。 これらのデバイスを追加すると、Prime License Manager と Deployment Manager のリンクが [管理(Administration)] メニューに表示されます。 Prime License Manager または Deployment Manager のログイン ページを相互起動するには、Prime License Manager または Deployment Manager のリンクをクリックします。

    (注)  


    Prime Collaboration Provisioning には、License Manager と Deployment Manager のデバイスを 1 つだけ追加できます。 別の Prime License Manager または Deployment Manager デバイスを追加しようとすると、エラー メッセージが表示されます。


    表 1 コール プロセッサのフィールド

    フィールド

    説明

    [LDAP統合(LDAP Integration)]

    オプションは次のとおりです。

    • [なし(None)]:CUCM で LDAP 同期と認証をイネーブルにしておらず、プロビジョニング UI でのみ LDAP 同期を実行する場合に、このオプションを選択します。
      (注)     

      10.x 以降では、このフィールドを [なし(None)] に設定するよう推奨されています。

    • [同期(Synchronization)]:CUCM で LDAP 同期のみをイネーブルにした場合に、このオプションを選択します。

    • [同期および認証(Synchronization and Authentication)]:CUCM で LDAP 同期と認証をイネーブルにした場合に、このオプションを選択します。

    選択する値は、Cisco Unified Communications Manager で設定された値と正確に一致する必要があります。 Cisco Unified Communications Manager が外部 Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)と統合されている場合、ユーザは Provisioning によって作成されず、Cisco Unified Communications Manager を通じて同期されます。

    サービスをプロビジョニングするときに Cisco Unified Communications Manager でユーザが使用可能な状態にない場合、ワークフロー サブシステムは事前に定義された時間(デフォルトでは 24 時間)、そのユーザが Cisco Unified Communications Manager で使用可能になるのを待ってから、サービスのプロビジョニングを継続します。

    この 24 時間の待機時間は、Provisioning の ipt.properties ファイルで設定できます。 次の設定を変更します。

    • dfc.oem.extdir.retries:24

    • dfc.oem.extdir.retry_interval:3600

      (注)     

      LDAP 統合を使用できるのは、Cisco Unified Communications Manager バージョン 5.0 以降の場合だけです。

    [エクステンションモビリティの詳細(Extension Mobility Details)](オプション)

    [サービス名(Service Name)]

    コール プロセッサに設定されたエクステンション モビリティ サービスの名前。

    [サービス URL(Service URL)]

    コール プロセッサに設定されたエクステンション モビリティ サービスの URL。

    http://<ip-address>/emapp/EMAppServlet?device=#DEVICENAME#

    ip-address は、エクステンション モビリティがインストールされているサーバの名前または IP アドレスです。

    (注)     

    Prime Collaboration Provisioning で入力するサービス名とサービス URL は、Cisco Unified Communications Manager のサービス名とサービス URL と一致する必要があります。

    表 2 ユニファイド メッセージ プロセッサのフィールド

    フィールド

    説明

    [ボイスメール パイロット番号(Voicemail Pilot Number)]

    このオプションは Getting Started Wizard でのみ使用できます。

    ボイスメール メッセージにアクセスするためにダイヤルする電話番号。

    [LDAP統合(LDAP Integration)]

    (注)     

    このオプションは、Cisco Unity Connection だけで使用できます。

    Cisco Unity Connection が外部 LDAP と統合されるかどうかを指定します。

    ボイスメール アカウントをプロビジョニングするときに [Yes] を選択した場合は、Prime Collaboration Provisioning によって Cisco Unity Connection の LDAP ユーザ リストが検索されます。 ユーザ名がリストで見つかると、ユーザの詳細がインポートされ、ボイスメール アカウントがプロビジョニングされます。

    [No] を選択した場合、Prime Collaboration Provisioning は LDAP ユーザ リストを検索せず、ボイスメール アカウントをプロビジョニングする通常のプロセスに従います。
    (注)     

    Prime Collaboration Provisioning で LDAP 同期を実行する前に、必ず Call Manager で LDAP 同期を実行することが推奨されています。

    [ユーザ名(Username)]

    このフィールドでは大文字と小文字が区別されます。 このフィールドに指定するユーザ名は、次のものと一致する必要があります。

    • Cisco Unity:データベース パスワード

    • Cisco Unity Connection:Cisco Unity Connection 管理者権限を持っている任意のユーザ

    • Cisco Unity Express:Cisco Unity Express がインストールされているルータのユーザ名

    [パスワード(Password)]

    このフィールドでは大文字と小文字が区別されます。 このフィールドに指定するパスワードは、次のものと一致する必要があります。

    • Cisco Unity:データベース パスワード

    • Cisco Unity Connection:管理者パスワード

    • Cisco Unity Express:Cisco Unity Express がインストールされているルータのパスワード

    [OS管理者名(OS Administrator Name)]
    (注)     

    このオプションは、Cisco Unity Connection 10.0 以上でのみ使用できます。

    OS 管理者名は、Cisco Unity Connection のインストール中に作成されます。

    [OS管理者パスワード(OS Administrator Password)]
    (注)     

    このオプションは、Cisco Unity Connection 10.0 以上でのみ使用できます。

    OS 管理者パスワードは、Cisco Unity Connection のインストール中に作成されます。

    [イネーブルパスワード(Enable Password)]

    Cisco Unity Express がインストールされているルータのイネーブル パスワード。

    [インポートによる作成(Create by Import)]

    Cisco Unity に新しいボイスメール アカウントが作成されたとき、Exchange サーバに新しいアカウントを作成するかどうかを示します。

    このフィールドを選択した場合、Exchange サーバにユーザ アカウントは作成されません。 ユーザ アカウントは、Exchange サーバにすでに存在する場合に限り関連付けられます。

    (オプション)[回線ユーザ名(Line User Name)]

    Cisco Unity Express モジュールのユーザ名。

    [回線ユーザパスワード(Line User Password)]

    Cisco Unity Express モジュールのパスワード。

    [サービスエンジンインターフェイス番号(Service Engine Interface Number)]

    ルータ上の Cisco Unity Express サービス エンジンのインターフェイス番号。

    表 3 LDAP および ACS サーバ設定のフィールド

    フィールド

    説明

    [LDAPサーバタイプ(LDAP Server Type)]

    LDAP サーバのタイプ。

    次のオプションを使用できます。
    • Microsoft AD サーバまたは Microsoft Active Directory アプリケーション モード(ADAM)

    • Lightweight Directory Services

    Prime Collaboration Provisioning によってサポートされる Microsoft AD バージョンについては、『Supported Devices for Prime Collaboration Provisioning』を参照してください。

    [バックアップサーバポート(Backup Server Port)]

    バックアップ AAA サーバのポート番号。

    [管理識別名(Admin Distinguished Name)]

    LDAP ディレクトリへのアクセス権を所有する LDAP マネージャの管理ユーザ ID。

    たとえば、userID = jdoe のユーザ John Doe は「John Doe」と入力する必要があります。
    (注)     

    管理者が Windows ドメイン「Cisco」のユーザである場合は、「admin」と入力します(cisco\admin などのドメイン プレフィックスが付いたユーザ名は機能しません)。

    [管理パスワード(Admin Password)]

    管理ユーザのパスワード(LDAP マネージャ)。

    [LDAP ユーザ検索ベース(LDAP User Search Base)]

    ユーザの検索ベース。 LDAP サーバはこのベースに基づいてユーザを検索します。

    検索ベースを入力するときは、CN または OU の詳細を入力する必要があります。 dc=cisco,dc=com では動作しません。CN または OU の各部を指定する必要があります。 次の例を参考にしてください。

    cn=users,dc=eta,dc=com.

    2 種類のユーザ グループを設定している場合は、次のように入力します。
    • OU=Organization, OU=Accounts, DC=aaa, DC=com

    • OU=Service, OU=Accounts, DC=aaa, DC=com

    入力する検索ベースは、「OU=Accounts, DC=aaa, DC=com」となります。

    OU=Organization ユーザ グループのユーザが Admin DN として設定されている場合、Orgnization ユーザ グループのユーザは全員が Prime Collaboration にログインできますが、Services ユーザ グループのユーザはログインできません。 同様に、OU=Services ユーザ グループ内のユーザが Admin DN として設定されている場合は、Services ユーザ グループのユーザは全員が Prime Collaboration にログインできますが、Organization ユーザ グループのユーザはログインできません。

    Admin DN としてトップ レベルでユーザを設定した場合は、そのレベル以下のすべてのユーザが Prime Collaboration にログインできます。 たとえば、OU=Accounts ユーザ グループ内のユーザが Admin DN として設定されている場合は、Organization ユーザ グループと Services ユーザ グループのユーザ全員が Prime Collaboartion にログインできます。

    (注)     

    検索ベースに特殊文字を入力すると、LDAP 認証に失敗します。

    [SSLを使用(Use SSL)]

    Prime Collaboration Provisioning で、Prime Collaboration Provisioning と AAA サーバ間の転送チャネルとして Secure Socket Layer(SSL)暗号化を使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。

    [ACS認証プロトコル(ACS Authentication Protocol)]

    ACS サーバによって認証に使用されるプロトコル。

    [データ暗号化を有効にする(Enable Data Encryption)]

    Prime Collaboration Provisioning と ACS サーバ間のデータの暗号化を有効にします。

    Cisco Unity Connection デバイスの操作

    Cisco Unity Connection のクラスタリングとフェールオーバーをサポートするため、次の点に注意してください。

    • Cisco Unity Connection クラスタ サーバ ペアを含む Cisco Unity Connection を追加する場合は、そのペアのパブリッシャ サーバだけを追加します。

    • プライマリ Cisco Unity Connection がセカンダリ Cisco Unity Connection にフェールオーバーする場合、IP アドレスをセカンダリ デバイスに変更できます。その場合、Prime Collaboration Provisioning はフェールバックが発生する前にセカンダリ デバイスと通信します。

    ネットワークに複数のロケーションがある場合は、Cisco Unity Connection サーバまたは Cisco Unity Connection クラスタのすべてのロケーションを、Prime Collaboration Provisioning に個々に追加します。

    この設定で Cisco Unity を使用する場合、Cisco Unified Communications Manager ボイスメール ポートを設定します。

    これらのデバイスの詳細については、『Setting Up Devices for Prime Collaboration Provisioning』を参照してください。

    Prime Collaboration Provisioning では、管理者は、設定済みの Cisco Unity Connection および Cisco Unified Communications Manager から、それぞれ Cisco Unity Connection Serviceability と Cisco Unified Serviceability を相互起動できます。


    (注)  


    Serviceability の相互起動は、Cisco Unified Communications Manager デバイスと Cisco Unity Connection デバイスに対してのみサポートされています。


    Serviceability の相互起動を利用すると、Serviceability の UI にアクセスして、デバイスのサーバを直接操作できます。 Cisco Unified Communications Manager での Serviceablity の詳細については、『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』を参照してください。 同様に、 Cisco Unity Connection での Serviceablity の詳細については、『Administration Guide for Cisco Unity Connection Serviceability』を参照してください。

    Serviceability の相互起動機能を使用すると、Prime Collaboration Provisioning では、すべての管理対象ノードでサービスのアクティブ化、非アクティブ化、開始、および停止を(直接)行うことができます。 デバイス テーブルで Cisco Unified Communications Manager または Cisco Unity Connection をポイントし、[クイックビュー(Quick View)] アイコンをクリックして、[操作(Actions)] ペインの [Serviceability] 相互起動リンクをクリックします。

    Cisco TelePresence Management Suite の追加

    Cisco Unified Communications Manager と同期する Cisco TelePresence Management Suite(TMS)デバイスをディスカバリ デバイスに追加すると、ビデオ エンドポイントのスケジュールを有効にできます。 このスケジュールは Cisco TMS でのみ実行され、スケジュールの UI は、Prime Collaboration Provisioning から起動することができます。

    手順
      ステップ 1   Cisco TMS を追加します(「デバイスの追加」の手順を参照)。
      ステップ 2   アプリケーション ユーザを Cisco TMS に関連付けます。 プロビジョニングする Cisco Unified Communications Manager ごとに、Cisco TMS に関連付けるアプリケーションを選択できます。 [展開(Deploy)] > [ユニファイドコミュニケーションサービス(Unified Communication Services)] を選択します。 [TMSサービス(TMS Service)] で Cisco Unified Communications Manager のアプリケーション ユーザを選択し、[適用(Apply)] をクリックします。

      アプリケーション ユーザは、[標準CCM管理ユーザ(Standard CCM Admin Users)] グループや [標準CTI有効(Standard CTI Enabled)] グループに属している必要があります。

      [標準AXL APIアクセス(Standard AXL API Access)]、[標準CCM管理ユーザ(Standard CCM Admin Users)]、[標準CTI有効(Standard CTI Enabled)]、[標準CUレポート(Standard CUReporting)]、[標準リアルタイム追跡収集(Standard RealtimeAndTraceCollection)]、[標準サービスアビリティ(Standard SERVICEABILITY)]

      ステップ 3   エンドポイントをプロビジョニングします。 「ユーザのサービスのプロビジョニング」を参照してください。スケジュールを有効にするには、[サービス固有の設定(Service Specific Configuration Layout)] で、[スケジュールの有効化(Enable Scheduling)] をクリックします。
      特定のサービス エリアに関連付けられているアプリケーション ユーザ用に、Cisco Unified Communications Manager でエンドポイントが追加されてプロビジョニングされます。
      (注)     

      エンドポイントの新しい順序を作成する場合は、異なる Cisco Unified Communications Managers をポイントする多数のサービスを設定できます。 このとき、それぞれの Cisco Unified Communications Manager に使用できるサービス エリアを選択する必要があります([ユニファイドコミュニケーションサービス(Unified Communication Services)] で)。


      デバイスの削除

      Prime Collaboration Provisioning からデバイスを完全に削除するには、[インフラストラクチャのセットアップ(Infrastructure Setup)] ページを使って削除する必要があります。 デバイスを削除する場合は、次のポイントに注意してください。

      • アクティブなリリース済みオーダーがない(回復不能または回復可能なエラーを含む)。

      • アクティブなバッチ プロジェクトがない。

      • 同期の実行中でない。

        これらの条件が満たされていない場合にデバイスを削除しようとすると、ページにメッセージが表示されます。 削除が完了するまで、アクティビティは実行しないでください。

      • AAA サーバを削除する前に、それがドメインに割り当てられていないことを確認します。

      • デバイス上に保留中のオーダーがないようにしてください。

      • デバイスを削除する前に、システムに古いエントリが入るのを避けるために、ドメインの同期化を実行します。

      デバイスを削除するには、次の手順を実行します。
      手順
        ステップ 1   Prime Collaboration Provisioning をメンテナンス モードにします。 (メンテナンス モードを参照)。
        ステップ 2   [設計(Design)] > [インフラストラクチャのセットアップ(Infrastructure Setup)] を選択します。
        ステップ 3   [インフラストラクチャのセットアップ(Infrastructure Setup)] ページで、削除するデバイスを選択して [削除(Delete)] をクリックします。
        ステップ 4   確認ダイアログボックスで、[OK] をクリックして削除を実行します。

        Cisco Jabber サービスの有効化

        Prime Collaboration Provisioning で、デバイスの Cisco Jabber サービスを有効にすることができます。 Cisco Jabber サービスを使用すると、インスタント メッセージングやプレゼンスと連携させることができます。

        10.6 以降では、管理者権限を使用して最大 5 つのタイプの Cisco Jabber を選択できます。

        • Cisco Jabber Video for BlackBerry

        • Cisco Jabber for Desktop

        • Cisco Jabber for Android

        • Cisco Jabber for iPhone

        • Cisco Jabber for Tablet


        (注)  


        Cisco Jabber サービスは、Cisco Unified Communications Manager 9.1.1 以上のバージョンと、Cisco Unified Presence でのみ利用できます。


        コール プロセッサの Cisco Jabber サービスを有効にするには、次の手順を実行します。

        手順
          ステップ 1   [展開(Deploy)] > [ユニファイドコミュニケーションサービス(Unified Communication Services)] を選択します。
          ステップ 2   [ユニファイドコミュニケーションサービス(Unified Communication Services)] ページで、[有効(Enable)] をクリックします。
          ステップ 3   [SIP プロファイル(SIP Profile)]、[サービスプロファイル(Service Profile)]、および [ソフトキー テンプレート(Softkey Template)] フィールドとサービス パラメータ情報を入力して、[適用(Apply)] をクリックします。 これらのフィールドの詳細については、インフラストラクチャ設定製品のフィールドを参照してください。 [オーダーの表示(View Order)] をクリックすると、[ユーザレコード(User Record)] ページでオーダーの詳細を確認できます。 Jabber サービスを有効にした日付が表示されます。
          (注)     

          コール プロセッサの Cisco Jabber サービスを有効にした後は、編集も無効化もできなくなります。