Cisco Intercloud Fabric ユーザ ガイド リリース 2.2.1
ポリシーの管理
ポリシーの管理

ポリシーの管理

この章の対象読者

項で特に指定がない限り、この章の内容は管理者向けです。

ポリシー

Cisco Intercloud Fabric は、管理者が設定した事前定義済みポリシーを使用して、割り当てられたリソース プールから仮想マシン(VM)がプロビジョニングされるセルフサービス ポータルを提供します。

ポリシーは、システム リソースの可用性に基づいて、新しい VM がインフラストラクチャ内でプロビジョニングされる場所と方法を規定する規則のグループです。

Cisco Intercloud Fabric では、VM をプロビジョニングするために次のポリシーをセットアップする必要があります。

  • ネットワーク

  • システム

重要:

VM のプロビジョニングのポリシーをセットアップする前にクラウド アカウントが存在している必要があります。

Intercloud ポリシーの管理

ネットワーク ポリシー

ネットワーク ポリシーには、ネットワーク設定、DHCP、スタティック IP などのリソースが含まれ、このポリシーを使用してプロビジョニングされた VM に対して複数の vNIC を追加するためのオプションが含まれています。

Intercloud Fabric ネットワーク ポリシーの作成

Intercloud Fabric ネットワーク ポリシーを作成するには、次の手順を使用します。

手順
    ステップ 1   Intercloud Fabricにログインします。
    ステップ 2   [Policies] > [Virtual/Hypervisor Policies] > [Network] を選択します。
    ステップ 3   [Network] ウィンドウで [Intercloud Network Policy] タブを選択します。
    ステップ 4   [Intercloud Network Policy] タブで、[Add] ボタンをクリックします。

    [Add Intercloud Network Policy Information] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 5   [Add Intercloud Network Policy Information] の次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [Policy Name] フィールド

    ネットワーク ポリシーの名前。

    [Policy Description] フィールド

    ネットワーク ポリシーの説明。

    [Cloud Name] ドロップダウン リスト

    ネットワーク ポリシーの Intercloud Fabric Cloud 名。

    [NICs] ドロップダウン リスト

    既存の NIC を選択するか、または新しい NIC を作成します。

    [NIC Name] フィールド

    仮想マシン ネットワークの NIC エイリアス。

    [Mandatory] チェックボックス

    このチェックボックスをオンにすると、NIC が編集不可になります。

    [Port Groups] ボタン

    ポート プロファイルまたはポート グループを選択する場合にクリックします。

    [Port Profile Name] チェックボックス

    リストからポート プロファイルまたはポート グループを選択します。 選択するポート グループが VMware vSwitch または Cisco Nexus 1000V スイッチのポート グループの場合、Intercloud Fabric VSM によりそのポート グループが自動的に作成されます。

    (注)     

    Intercloud Fabric に Cisco Nexus 1000V スイッチが追加されました。ネットワーク要素の追加 を参照してください。

    [Select IP Address Type] ドロップダウン リスト

    ネットワーク ポリシーの IP アドレスの種類を選択します。

    [Static IP Pool] ボタン

    リストからスタティック IP プール ポリシーを選択します。

    このフィールドは、[Select IP Address Type] ドロップダウン リストから [Static] を選択すると表示されます。

    [Save NIC] ボタン

    保存する場合にクリックします。

    ステップ 6   [Submit] をクリックします。`

    スタティック IP プール ポリシーの作成

    スタティック IP プール ポリシーを作成するには、次の手順を使用します。

    Intercloud Fabric では、次のコンポーネントに対して IP プールが使用されます。

    • プライベート クラウドの Intercloud Fabric VSM、PNSC などのインフラストラクチャ コンポーネント。

    • プロバイダー クラウドの Intercloud Fabric Extender、Intercloud Fabric Switch などのインフラストラクチャ コンポーネント。

    • クラウドの仮想マシン アドレス。

    IP プールの作成時には次のガイドラインを使用します。

    • 3 つの別個の IP プールを作成することを推奨します。
      • IP プール 1:インフラストラクチャ設定時にプライベート クラウドで作成される Intercloud Fabric VSM、PNSC などのインフラストラクチャ コンポーネントの IP プール。

      • IP プール 2:インフラストラクチャ設定時にプロバイダー クラウドで作成される Intercloud Fabric Extender、Intercloud Fabric Switch などのインフラストラクチャ コンポーネントの IP プール。

      • IP プール 3:クラウドの仮想マシン アドレスの IP プール。

    • 複数のアプリケーション層が必要な場合は、作成する IP プールの数を増やす必要があります。 インフラストラクチャ設定時に IP プールの詳細を表示または編集できない場合は、Intercloud Fabric 設定時にプライベート クラウドのインフラストラクチャ コンポーネントの IP プールを指定する必要があります。

    • 複数の Intercloud Fabric Cloud で使用される 1 つの IP プールを選択する場合は、IP が通信できる必要があります。 それ以外の場合は、Intercloud Fabric Extender、Intercloud Fabric Switch、および関連サービスをサポートできる十分な大きさのサブネット プールを使用してください。

    • 3 番目のプール セットに事前に名前を付けておく必要はありませんが、このプール セットはクラウドの仮想マシン用に使用できます。

    手順
      ステップ 1   Intercloud Fabricにログインします。
      ステップ 2   [Policies] > [Virtual/Hypervisor Policies] > [Network] を選択します。
      ステップ 3   [Network] ウィンドウで、[Static IP Pool Policy] タブを選択します。
      ステップ 4   [Static IP Pool Policy] タブで、[Add] ボタンをクリックします。

      [Static IP Pool Policy] ウィンドウが表示されます。

      ステップ 5   [Static IP Pool Policy Information] の次のフィールドに値を入力します。
      名前 説明

      [Policy Name] フィールド

      ポリシーの名前。

      [Policy Description] フィールド

      ポリシーの説明。

      [Static IP Pools] ペイン

      エントリを追加するには、プラス アイコンをクリックします。

      ステップ 6   [Add Entry to Static IP Pools] の次のフィールドに値を入力します。
      名前 説明

      [Static IP Pool] フィールド

      ポリシーの IP プール範囲。

      [Subnet Mask] フィールド

      ポリシーのサブネット マスク。

      [Gateway IP Address] フィールド

      ポリシーのゲートウェイ アドレス。 このフィールドは、Intercloud Fabric では必須です。

      [VLAN ID] フィールド

      ポリシーの VLAN ID。 このフィールドは、Intercloud Fabric では必須です。

      ステップ 7   [Submit] をクリックします。`

      VMware ネットワーク ポリシーの作成

      VMware ネットワーク ポリシーを作成するには、次の手順を使用します。

      手順
        ステップ 1   Intercloud Fabricにログインします。
        ステップ 2   [Policies] > [Virtual/Hypervisor Policies] > [Network] を選択します。
        ステップ 3   [Network] ウィンドウで [VMware Network Policy] タブをクリックします。
        ステップ 4   [VMware Network Policy] タブで、[Add] ボタンをクリックします。
        ステップ 5   [Network Policy Information] ウィンドウで、次のフィールドに値を入力します。
        名前 説明

        [Policy Name] フィールド

        ネットワーク ポリシーの名前。

        [Policy Description] フィールド

        ネットワーク ポリシーの説明。

        [Cloud Name] ドロップダウン リスト

        ネットワーク ポリシーのクラウドの名前を選択します。

        [NICs] ドロップダウン リスト

        既存の NIC を選択するか、または新しい NIC を作成します。

        [NIC Name] フィールド

        仮想マシン ネットワークの NIC エイリアス。

        [Required] チェックボックス

        このチェックボックスをオンにすると、NIC が編集不可になります。

        [Port Groups] ボタン

        ポート プロファイルまたはポート グループを選択する場合にクリックします。

        [Port Profile Name] チェックボックス

        リストからポート プロファイルまたはポート グループを選択します。 選択するポート グループが VMware vSwitch または Cisco Nexus 1000V スイッチのポート グループの場合、Intercloud Fabric VSM によりそのポート グループが自動的に作成されます。

        (注)     

        Intercloud Fabric に Cisco Nexus 1000V スイッチが追加されました。 ネットワーク要素の追加を参照してください。

        [Save NIC] ボタン

        保存する場合にクリックします。

        ステップ 6   [Submit] をクリックします。`

        システム ポリシー

        システム ポリシーは、システム固有の情報(使用するテンプレート、タイム ゾーン、オペレーティング システム固有の情報など)を定義します。

        Intercloud Fabric システム ポリシーの作成

        Intercloud Fabric システム ポリシーを作成するには、次の手順を使用します。

        手順
          ステップ 1   Intercloud Fabricにログインします。
          ステップ 2   [Policies] > [Virtual/Hypervisor Policies] > [System Policy] を選択します。
          ステップ 3   [System Policy] ウィンドウで [Intercloud System Policy] タブを選択します。
          ステップ 4   [Intercloud System Policy] タブで、[Add] ボタンをクリックします。

          [Add Intercloud System Policy Information] ウィンドウが表示されます。

          ステップ 5   [Add Intercloud System Policy Information] の次のフィールドに値を入力します。
          名前 説明

          [Policy Name] フィールド

          システム ポリシーの名前。

          [Policy Description] フィールド

          システム ポリシーの説明。

          [VM Name Template] フィールド

          VM テンプレートの名前。

          [End User VM Name or VM Prefix] チェックボックス

          エンド ユーザが VM の名前を定義できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

          [DNS Domain] フィールド

          DNS ドメインの名前。

          [DNS Server List] フィールド

          DNS サーバの IP アドレス。

          ステップ 6   [Submit] をクリックします。`

          VMware コンピューティング ポリシーの作成

          VMware コンピューティング ポリシーを作成するには、次の手順を使用します。

          手順
            ステップ 1   Intercloud Fabricにログインします。
            ステップ 2   [Policies] > [Virtual/Hypervisor Policies] > [Computing] を選択します。
            ステップ 3   [Computing] ウィンドウで [VMware Computing Policy] タブを選択します。
            ステップ 4   [VMware Computing Policy] タブで、[Add] ボタンをクリックします。
            ステップ 5   [Add Computing Policy] ウィンドウで、次のフィールドに値を入力します。

            名前

            説明

            [Policy Name] フィールド

            ポリシーの名前。

            (注)      この名前は、カタログの定義で使用されます

            [Policy Description] フィールド

            ポリシーの説明。

            [Cloud Name] ドロップダウン リスト

            リソース割り当てを行うクラウドを選択します。

            [Selected Host Nodes] ボタン

            ノードを選択するにはこのチェックボックスをオンにして、[Select] をクリックします。

            ステップ 6   [Submit] をクリックします。`