Cisco Intercloud Fabric スタートアップ ガイド リリース 2.2.1
クラウド仮想マシンのオンボード
クラウド仮想マシンのオンボード

クラウド仮想マシンのオンボード

This chapter contains the following sections:

クラウド仮想マシンのオンボードについて

Intercloud Fabric を使用すると、プロバイダークラウドか らIntercloud Fabric に仮想マシンをオンボードできます。 オンボード プロセスはプロバイダー クラウドで直接行われ、仮想マシンをプライベート クラウドに戻す必要はありません。 仮想マシンのオンボードは次のようなメリットをもたらします。

  • Intercloud Fabric 内の 1 つの場所からすべての仮想マシンを管理できます。

  • エンタープライズ IP アドレス空間を使用できます。

  • プロバイダー インスタンスに対して Intercloud Fabric のすべのセキュリティ メカニズムを使用できます。

  • プライベート サブネットをプロバイダー クラウドに拡張することによって、LDAP や DNS など、企業インフラストラクチャと管理フレームワークを使用できます。

注意事項と制約事項

  • プロバイダー クラウドで動作する仮想マシンを Intercloud Fabric にオンボードすることは、Amazon Web Services EC2 Classic および Amazon Web Services EC2 VPC でのみサポートされます。

  • オンボード処理はリージョン内に適用されます。つまり、仮想マシンと宛先 VDC は同じリージョンにあります。

  • 仮想マシンを Intercloud Fabric にオンボードすると、その仮想マシンにプライベート IP アドレスが割り当てられます。 新たに割り当てられるプライベート IP アドレスを使用してアプリケーションが通信することを想定している場合は、オンボードする前に、プロバイダーの IP アドレスを明示的に使用していたアプリケーションを手動で更新する必要があります。

  • オンボードされる可能性がある、パーティショニングされていないディスクを備えた Linux 仮想マシンは、プライベート クラウドに移動できません。

  • Windows 仮想マシンはオンボード可能ですが、プライベート クラウドには移動できません。

  • プライベート クラウドに戻すことを想定している Linux 仮想マシンを参照する場合は、非永続名(/dev/xvda など)ではなく、永続名(UUID またはラベル)を /etc/fstab で使用する必要があります。 次に例を示します。

    • grub コンフィギュレーション ファイルでは、カーネル パラメータ root はラベルまたは ID を使用してルート パーティションを参照する必要があります。

      grub.conf でのラベル/ID の例:
      kernel /boot/vmlinuz-2.6.32-431.29.2.el6.x86_64 console=ttyS0 
      ro root=UUID=9996863e-b964-47d3-a33b-3920974fdbd9 
      rd_NO_LUKS  KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=us 
      LANG=en_US.UTF-8 xen_blkfront.sda_is_xvda=1 
      console=ttyS0,115200n8 console=tty0 rd_NO_MD SYSFONT=latarcyrheb-sun16 
      crashkernel=auto rd_NO_LVM rd_NO_DM
    • システム コンフィギュレーション ファイル /etc/fstab では、先頭カラムに、パーティション名ではなく、ラベルまたは ID が必要です。

      fstab でのラベル/ID の例:
      UUID=9996863e-b964-47d3-a33b-3920974fdbd9 /                       
      ext4    
      defaults        1 1

前提条件

  • Intercloud Fabric にオンボードする仮想マシンの資格情報を取得していることを確認します。

  • プロバイダーのコンソールからオンボードした仮想マシンと Intercloud Fabric が通信できるように、仮想マシンについて以下が更新済みであることを確認します。

    • Amazon EC2 VPC の仮想マシンのセキュリティ グループを、Intercloud Fabric によって作成された仮想マシンのセキュリティ グループに変更。

    • UDP と TCP のポート 6644 と 6646、および TCP ポート 22 のインバウンド ルールを、Amazon EC2 Classic の仮想マシンのセキュリティ グループに追加。 セキュリティ グループは、Intercloud Fabric で作成された仮想マシンのセキュリティ グループと一致する必要があります。

  • プロバイダー クラウドで Windows 仮想マシンのファイアウォールまたは IP テーブルが設定されている場合は、必要なポートが開いていることを確認します。

  • プロバイダー クラウドにオンボードされている Windows 仮想マシンにオンボード パッケージをコピーできるように、必要なユーティリティ(Win SCP など)があることを確認します。

  • Windows VM のオンボードを準備するために、次の手順を実行します。

    1. ZIP 圧縮されたバンドルを Windows VM にコピーします。

    2. c:\Program Files (x86)\ に Cisco という名前のフォルダを作成します。

    3. Cisco フォルダに ZIP 圧縮されたバンドルの内容を抽出します。

    4. icf_onboard-* 実行アプリケーションをダブルクリックします。

      これで、Intercloud Fabric に VM を展開する準備が整います。

  • Linux 仮想マシンに SSH がインストール済みであることを確認します。

  • オンボーディングの準備が整っている仮想マシンについて、次の情報を入手していることを確認します。

    • インスタンス ID

    • OS のバージョン

    • アーキテクチャ(32 ビットまたは 64 ビット)

    • CPU

    • メモリ

    • ディスク サイズ

Intercloud Fabric へのクラウド仮想マシンのオンボード

Intercloud Fabric にクラウド仮想マシンをオンボードするには、次の手順を実行します。 同時に 1 台の仮想マシンのみを Intercloud Fabric にオンボードできます。


(注)  


このソフトウェア リリースでは、Intercloud Fabric へのクラウド仮想マシンのオンボードは、Amazon Web Service(AWS)EC2 Classic および Amazon Web Services(AWS)EC2-VPC でのみ実行できます。


Intercloud Fabric へのクラウド仮想マシンのオンボードは、以下の手順で行います。

  1. クラウド VM へのコピー元となる場所にパッケージをダウンロードする。

  2. クラウド VM にパッケージをコピーしてインストールする。

  3. Intercloud Fabric に VM をオンボードする。

手順
    ステップ 1   Intercloud Fabricにログインします。
    ステップ 2   次の手順でパッケージをダウンロードします。
    1. [Intercloud] > [Compute] の順に選択します。
    2. [Compute] ウィンドウで、プライベート クラウドを選択し、[VM] タブを選択します。
    3. [VM] ウィンドウで、VM を選択し、[Onboard package] をクリックします。
    4. Linux VM をオンボードするには、Linux パッケージ用の [Download] ボタンをクリックします。 Windows VM をオンボードするには、Windows パッケージ用の [Download] ボタンをクリックします。
    5. ローカル マシンにオンボード パッケージをダウンロードします。
    ステップ 3   次の手順で、オンボード パッケージをコピーしてインストールします。
    1. WinSCP または SSH を使用してプロバイダー クラウドの VM にログインし、ダウンロードしたオンボード パッケージを VM にコピーします。

      https:/​/​docs.aws.amazon.com/​AWSEC2/​latest/​UserGuide/​AccessingInstances.html を参照してください。

    2. 次のコマンドを入力して、パッケージが VM にダウンロードされたことを確認します。

      # cd /root

      # ls

    3. 次のコマンドを入力して、仮想マシン内のいずれかの場所にパッケージを抽出します。

      # unzip file_name

    4. 次のコマンドを入力して、パッケージをインストールします。

      # icf_onboard.sh



      例:Linux VM パッケージのインストール出力
      [root@ip-10-0-0-161 ec2-user]# cd /tmp/
      [root@ip-10-0-0-161 tmp]# ls
      lnx_ob_bundle_2.2.67.tgz
      [root@ip-10-0-0-161 tmp]# tar -xzvf lnx_ob_bundle_2.2.67.tgz
      authorized_keys
      csw
      ica-2.2.67.centos6_2.i686.rpm
      ica-2.2.67.centos6_2.x86_64.rpm
      ica-2.2.67.centos6_3.i686.rpm
      ica-2.2.67.centos6_3.x86_64.rpm
      ica-2.2.67.centos6_4.i686.rpm
      ica-2.2.67.centos6_4.x86_64.rpm
      ica-2.2.67.centos6_5.x86_64.rpm
      ica-2.2.67.rhel6_0.i686.rpm
      ica-2.2.67.rhel6_0.x86_64.rpm
      ica-2.2.67.rhel6_1.i686.rpm
      ica-2.2.67.rhel6_1.x86_64.rpm
      ica-2.2.67.rhel6_2.i686.rpm
      ica-2.2.67.rhel6_2.x86_64.rpm
      ica-2.2.67.rhel6_3.i686.rpm
      ica-2.2.67.rhel6_3.x86_64.rpm
      ica-2.2.67.rhel6_4.i686.rpm
      ica-2.2.67.rhel6_4.x86_64.rpm
      ica-2.2.67.rhel6_5.x86_64.rpm
      ica-2.2.67.sles11_2.x86_64.rpm
      ica-2.2.67.sles11_3.x86_64.rpm
      icf_onboard.sh
      ssh_host_rsa_key
      version.txt
      [root@ip-10-0-0-161 tmp]# ./icf_onboard.sh
      Found RHEL 6.5 x86_64
      Image is now ICF ready.
    ステップ 4   Intercloud Fabric に VM をオンボードする手順:
    1. Intercloud Fabric にログインします。
    2. [Intercloud] > [Compute] の順に選択します。
    3. [Compute] ウィンドウで、VMware クラウドを選択し、[VM] タブをクリックします。
    4. [Onboard Cloud VM] をクリックします。

      [Onboard Cloud VM] ウィンドウが表示されます。

    5. [Onboard Cloud VM] の次のフィールドに値を入力します。
      名前 説明

      [Instance ID] フィールド

      オンボードする仮想マシンのインスタンス ID。

      [VM名] フィールド

      オンボードする仮想マシンの名前。

      [VDCの選択] ドロップダウン リスト

      仮想マシンをオンボードする Intercloud Fabric 内の既存の VDC を選択します。

      仮想マシンには、Intercloud Fabric VDC のネットワーク ポリシーに基づいて、ネットワーク情報(VLAN ID、静的 IP アドレス、DHCP IP アドレスなど)が割り当てられます。

      [Select OS Version] ドロップダウン リスト

      オンボードする仮想マシンの OS のバージョンを選択します。

      [カテゴリ] ドロップダウン リスト

      オンボードする仮想マシンのカテゴリを選択します。

      アプリケーション カテゴリを使用すると、VDC に関連付けられているネットワーク ポリシーやシステム ポリシーを上書きすることができます。

    6. [Proceed] をクリックして、Intercloud Fabric に仮想マシンをオンボードします。
    7. タスクの状態を表示するには、次の手順を実行します。
      1. [Organizations] > [Service Requests] の順に選択します。

      2. [Service Request] タブを選択し、サービス リクエスト番号を検索するか、[Search] フィールドにサービス リクエスト番号を入力します。

      3. [View] をクリックして、ワークフロー ステータス、ログ、入力情報など、サービス リクエストの詳細情報を表示します。

    8. [Onboard VM Cloud] レポートを表示するには、[Intercloud] > [Compute] > [public-cloud-name] > [virtual-data-center] の順に選択し、[VM] タブをクリックします。 次の情報が表示されます。
      • インスタンス ID

      • プロバイダー IP アドレス

      • エンタープライズ IP アドレス

      • VM の電源状態

      • 仮想データセンターの名前

      • クラウド内の Intercloud Fabric Switch とのトンネルのステータス