Cisco CRS-1 シリーズ キャリア ルーティング システム スタートアップ ガイド
新しい Cisco CRS-1 シリーズ ルータ の起動
新しい Cisco CRS-1 シリーズ ルータの起動
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

新しい Cisco CRS-1 シリーズ ルータの起動

内容

ハードウェアの前提条件およびマニュアル

ハードウェア コンポーネントおよびアーキテクチャの概要

サイト プランニングおよびルータ機器の開梱

ライン カード シャーシおよび関連機器の設置

Field-Replaceable Unit(FRU;フィールド交換可能ユニット)に関するマニュアル

シングル シャーシ システムの初期起動

シングル シャーシ システムの電源投入

セットアップ モードのプロンプトを使用した初期設定の入力

前提条件

制約事項

初期設定

初期起動後のシステムの確認

show コマンドの例

show version

show environment

show platform

show redundancy

新しい Cisco CRS-1 シリーズ ルータの起動

ここでは、新しい Cisco CRS-1 シリーズ キャリア ルーティング システム ルータ(Cisco CRS-1 シリーズ ルータ) を起動するプロセスについて説明します。

ハードウェアの前提条件およびマニュアル

システムを起動してルータの設定を行う前に、必要なすべてのハードウェアを設置し、動作可能状態にさせる必要があります。ここでは、サイト プランニングおよび設置作業を行うためにシスコシステムズから提供されているハードウェア マニュアルについてまとめます。

ハードウェア コンポーネントおよびアーキテクチャの概要

サイト プランニングおよびルータ機器の開梱

ライン カード シャーシおよび関連機器の設置

Field-Replaceable Unit(FRU;フィールド交換可能ユニット)に関するマニュアル

ハードウェア コンポーネントおよびアーキテクチャの概要

新しい Cisco CRS-1 シリーズ ルータの設置および設定を始める前に、Cisco CRS-1 シリーズ ルータを構成するハードウェアおよびソフトウェアの概念とシステムについて理解しておく必要があります。ハードウェアおよびソフトウェアの概念の概要については、このマニュアルの次の事項を参照してください。

第1章「Cisco CRS-1 シリーズ キャリア ルーティング システムのスタート アップ」 では、システムの主なコンポーネントおよびアーキテクチャ上の概念について簡単に説明しています。

Cisco CRS-1 Series Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description 』では、シャーシ、ライン カード インターフェイス、ルート プロセッサ(RP)、System Controller(SC;システム コントローラ)の制御プレーン エレメントのコンポーネント、システムを経由する簡単なデータ フローなどを含む、さまざまな Cisco CRS-1 シリーズ ルーティング システムについて、より詳しくまとめています。

サイト プランニングおよびルータ機器の開梱

各ルータは、ルータの開梱方法やルータの設置場所の準備方法が記載された、必要最小限のマニュアルと共に出荷されます。 表 4-1 に、製品に同梱されているマニュアルの一覧を示します。

 

表 4-1 Cisco CRS-1 シリーズ キャリア ルーティング システムのマニュアル

説明
マニュアル
マニュアル注文番号

Unpacking and Security the Cisco CRS-1 Series Carrier Routing 16-Slot Line Card Chassis

Cisco CRS-1 シリーズ 16 スロット ライン カード シャーシを開梱、運搬、および固定する方法について説明しています。シャーシおよびそのコンポーネントを開梱し、台車を取り付け、シャーシを安全に移動し、シャーシを床に固定する方法が記載されています。

DOC-7816246

Cisco CRS-1 Series Carrier Routing System 16-Slot Regulatory Compliance and Safety Information

Cisco CRS-1 シリーズ ルータ システムおよび関連デバイスに適用される、国際機関の規格、安全性、法令に関する情報が記載されています。また、Cisco CRS-1 シリーズ ルータ システムのマニュアルに記載する、安全性に関する警告を翻訳したものも含まれています。

DOC-7816150

Planning a Cisco CRS-1 Series Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis Site

お客様が Cisco CRS-1 シリーズ ルータを注文および入手する前に考慮する必要のある、Cisco CRS-1 シリーズ ルーティング システム、すべての設備、電源、冷却装置、スペース、ケーブル敷設、受け取りとステージング、設置情報、および仕様についての簡単な説明が記載されています。

DOC-7815690

Cisco CRS-1 Series Carrier Routing System Documentation Guide

提供されているすべてのハードウェア マニュアルの一覧が記載されています。

DOC-7816222

ライン カード シャーシおよび関連機器の設置

Cisco CRS-1 シリーズ ルータ のライン カード シャーシおよび各シャーシ コンポーネントの詳しい設置方法については、『 Installing a Cisco CRS-1 Series Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis 』を参照してください。このマニュアルには、基本的なハードウェアの設置方法のほか、開梱して設置場所へ運搬したり、シャーシを床に固定したり、別に梱包されている電源シェルフや電源モジュールなどのコンポーネントを設置したり、インターフェイス ケーブルを接続したり、シャーシに電源を接続したりする方法について記載されています。

Field-Replaceable Unit(FRU;フィールド交換可能ユニット)に関するマニュアル

提供されているすべてのハードウェア マニュアルの一覧については、『 Cisco CRS-1 Series Carrier Routing System Documentation Guide 』を参照してください。

シングル シャーシ システムの初期起動

ここでは、Cisco CRS-1 シリーズ ルータを初めて起動する際の手順を説明します。すべての新規システムは、基本 OS およびルーティング Cisco IOS-XR ソフトウェアが disk0: にあらかじめロードされた状態で出荷されます。必要なソフトウェアはルータにあらかじめインストールされているので、初めて起動する際のプロセスは、システムの電源を入れ、初期システム設定を入力し、システム コンポーネントを確認するという簡単なものです。

これらの作業が終わるとルータは操作可能になり、続けてその他のソフトウェアをインストールしたり、詳細設定を行ったりすることができます。次にシステムの起動方法を説明します。

「シングル シャーシ システムの電源投入」

「セットアップ モードのプロンプトを使用した初期設定の入力」

「初期起動後のシステムの確認」

「show コマンドの例」

図 4-1 は、シングル シャーシ システムを示します。

図 4-1 シングル シャーシ システム

 

シングル シャーシ システムの電源投入

Cisco CRS-1 シリーズ ルータを初めて起動するには、次の手順に従います。

手順の概要

1. プライマリ ルート プロセッサ(RP)のコンソール ポートに端末を接続します。

2. ルータの電源を入れます。

3. プライマリ RP を識別します。

4. Setup モードのプロンプトで表示されるステップを完了します。

5. 必要に応じてオプションの初期設定を入力します。

6. システムを確認します。

手順の詳細

 

コマンドまたは操作
目的

ステップ 1

プライマリ RP のコンソール ポートに端末を接続します。

初期設定中には、プライマリ RP のコンソール ポートを経由してのみ、ルータと通信できます。端末の設定は、次のとおりです。

bps:9600/9600

データビット:8

パリティ:なし

ストップ ビット:2

フロー制御:なし

コンソール ポートのケーブルの要件については、『 Cisco CRS-1 Series Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description 』を参照してください。

ステップ 2

ルータの電源を入れます。

電源装置の設置および制御については、『 Installing the Cisco CRS-1 Series Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis 』を参照してください。

ステップ 3

プライマリ RP を識別します。

プライマリ RP は、前面パネルのプライマリ LED で識別できます。詳細は、「ルート プロセッサ」を参照してください。

ステップ 4

セットアップ モードのプロンプトに従って、初期設定を入力します。

詳細は、「セットアップ モードのプロンプトを使用した初期設定の入力」を参照してください。

ステップ 5

必要に応じてオプションの設定を入力します。

詳細は、「セットアップ モードのプロンプトを使用した初期設定の入力」ステップ 12 を参照してください。

ステップ 6

システムを確認します。

詳細は、「初期起動後のシステムの確認」を参照してください。

セットアップ モードのプロンプトを使用した初期設定の入力

新しいシステムには設定が保存されていないので、初期起動時には、ルータは自動的に セットアップ モードになります。セットアップ モードでは、ネットワーク通信およびルータ管理に必要な基本的な設定を入力するよう、プロンプトが表示されます。

次に、ルータの初期設定を完了するための手順を示します。

「前提条件」

「制約事項」

「初期設定」

前提条件

ネットワーク通信に使用するイーサネット管理ポートを設定するには、インターフェイス ネットワーク アドレスおよびサブネット マスクを入力する必要があります。この情報については、ネットワーク管理者またはシステム設計者に問い合わせてください。

制約事項

このモードは、新しいルータの初期起動時、または有効な設定が見つからない場合にのみ使用できます。

初期設定

新しいルータを起動するには、次のステップに従います。

手順の詳細


ステップ 1 システムが完全に起動するまで待ちます。次の出力のような情報がコンソール画面に表示されます。

System page at phys:07ffe000 user:7fc06000 kern:87ffe000
Starting next program at v80065e80
Restricted Rights Legend
Use, duplication, or disclosure by the Government is
subject to restrictions as set forth in subparagraph
(c) of the Commercial Computer Software - Restricted
Rights clause at FAR sec. 52.227-19 and subparagraph
(c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer Software
clause at DFARS sec. 252.227-7013.
cisco Systems, Inc.
170 West Tasman Drive
San Jose, California 95134-1706
Copyright (c) 2004 by cisco Systems, Inc.
Bandwidth Mode : Full Bandwidth
 
Press RETURN to get started.

) このメッセージと概要は、システムの初期起動時にのみ表示されます。


ステップ 2 yes と入力するか、 Return キーを押して、設定ダイアログを表示します。

--- System Configuration Dialog ---
Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]: yes
 

ステップ 3 yes と入力するか、 Return キーを押して、基本管理セットアップを表示し、入力します。

At any point you may enter a question mark '?' for help.
Use ctrl-c to abort configuration dialog at any prompt.
Default settings are in square brackets '[]'.
Basic management setup configures only enough connectivity for management of the system.
Would you like to enter basic management setup? [yes/no]: yes
 

ステップ 4 Cisco CRS-1 シリーズ ルータのルータ名を入力します。この名前はルータの CLI プロンプトに表示されます。終了したら、 yes と入力するか、 Return キーを押します。

Configuring global parameters:
Enter host name: router
 

ステップ 5 root-system ログインのユーザ名を入力し、 Return キーを押します。

Enter root-system username: crs
 

ステップ 6 root-system ログインのパスワードを入力し、 Return キーを押します。

Enter root-system password: 04Secret
 

ステップ 7 セットアップ モードで管理イーサネット インターフェイスを設定します。プライマリ RP の管理イーサネット インターフェイス名を入力し、 Return キーを押します。


) イーサネット インターフェイスがルータのプライマリ管理インターフェイスとして使用され、ルータは外部ネットワーク上で通信できるようになります。この設定を省略して、ルータ名、ユーザ名、およびパスワードの設定をただちに保存するには、Ctrl+C キーを押します。


Current interface summary
Interface IP-Address Status Protocol
MgmtEth0/slot/CPU0/0 unassigned Shutdown Down
Enter interface name used to connect to the
management network from the above interface summary: Ethernet0/RP0/CPU0/0
 

ステップ 8 選択したインターフェイスの IPv4 アドレスを設定するために、 yes と入力するか、 Return キーを押します。

Configuring interface MgmtEth0/slot/CPU0/0:
Configure IP on this interface?: yes
 

ステップ 9 選択したインターフェイスの IPv4 アドレスを入力し、 Return キーを押します。

IP address for this interface: 1.1.1.1
 

ステップ 10 選択したインターフェイスのサブネット マスクを入力し、 Return キーを押します。

Subnet mask for this interface: 255.0.0.0
 

ステップ 11 設定の入力が終わると、次のような概要が表示されます。変更を保存する前に、情報が正しいかどうか確認します。

The following configuration command script was created:
Building configuration...
[OK]
 
hostname router
username lab
password 7 082D4D4C
group root-system
!
interface MgmtEth0/RP1/CPU0/0
ipv4 address 1.1.1.1 255.0.0.0
no shutdown
!
end
 
 

ステップ 12 概要の末尾にある 3 つのオプションのいずれかを入力します。

[0] Go to the command prompt without saving this config.
[1] Return back to the setup without saving this config.
[2] Save this configuration and exit.
Enter your selection:
 


 

 
Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]: y
 
 
At any point you may enter a question mark '?' for help.
Use ctrl-c to abort configuration dialog at any prompt.
Default settings are in square brackets '[]'.
 
Basic management setup configures only enough connectivity
for management of the system.
 
Configuring global parameters:
 
Enter host name: router
 
Enter root-system username: user_a
 
Enter root-system password: secret
 
 
Current interface summary
 
Interface IP-Address Status Protocol
MgmtEth0/RP1/CPU0/0 unassigned Shutdown Down
 
 
Enter interface name used to connect to the
management network from the above interface summary: MgmtEth0/RP1/CPU0/0
 
Configuring interface MgmtEth0/RP1/CPU0/0:
Configure IP on this interface? [yes]: y
 
IP address for this interface: 1.1.1.1
 
Subnet mask for this interface: 255.0.0.0
 
 
The following configuration command script was created:
 
hostname router
username user_a
password 7 082D4D4C
group root-system
!
interface MgmtEth0/RP1/CPU0/0
ipv4 address 1.1.1.1 255.0.0.0
no shutdown
!
end
 
 
 
[0] Go to the command prompt without saving this config.
[1] Return back to the setup without saving this config.
[2] Save this configuration and exit.
Enter your selection [2]:2
 

初期起動後のシステムの確認

ルータの状態を確認するには、次のコマンドを入力します。

手順の概要

1. show version

2. show platform node-id

3. show redundancy

4. show environment [ all | fans | leds | power-supply | table | temperatures | voltages | l ]

手順の詳細

 

コマンドまたは操作
表示

ステップ 1

イメージ名、稼働時間、およびその他のシステム情報などを含む、ルータに関する情報。

ステップ 2

ルータに取り付けられているカードおよびモジュールに関する情報。すべてのモードに関する情報を表示するには、 show platform コマンドを入力します。

ステップ 3

スタンバイ RP がシステムを制御する準備ができているかどうかなどを含む、プライマリ(アクティブ)RP およびスタンバイ(非アクティブ)RP の状態。

ステップ 4

ハードウェアの属性および状態に関する情報。

show コマンドの例

次の show コマンドが用意されています。

「show version」

「show environment」

「show platform」

「show redundancy」

show version

ルータの設定に関する基本的な情報を表示するには、次の例に示すように、EXEC モードで show version コマンドを入力します。

RP/0/RP0/CPU0:router# show version
 
Cisco IOS-XR Software, Version 1.0.0
Copyright (c) 2004 by cisco Systems, Inc.
 
ROM: System Bootstrap, Version 1.15(20040120:002852) ,
 
router uptime is 2 days, 1 hour, 59 minutes
System image file is "tftp://223.0.0.0/usr/comp-hfr-full.vm-1.0.0
 
cisco CRS-16/S (7450) processor with 2097152K bytes of memory.
7450 processor at 650Mhz, Implementation , Revision
 
4 Packet over SONET network interface(s)
4 SONET/SDH Port controller(s)
1 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
2043k bytes of non-volatile configuration memory.
1000592k bytes of ATA PCMCIA card at disk 0 (Sector size 512 bytes).
 
Configuration register is 0x2
 
Package active on node 0/2/SP:
hfr-admin, V 1.0.0, Cisco Systems, at mem:hfr-admin-1.0.0
Built on Fri Mar 5 19:12:26 PST 2004
--More--
 

show environment

システムの環境監視パラメータを表示するには、EXEC モードで show environment コマンドを使用します。次のコマンド構文を使用します。

show environment [ all | fans | leds | power-supply | table | temperatures | voltages | l]

表 4-2 に、 show environment のコマンド構文を示します。

 

表 4-2 show environment のコマンド構文

構文
表示

all

すべての環境監視パラメータに関する情報。

fans

システム ファンの監視パラメータ。

leds

ノードの全カードの LED の監視パラメータ。

power-supply

電源装置の電圧および電流に関する情報。

table

環境パラメータの範囲。

temperatures

システムの温度に関する情報。

voltages

システムの電圧に関する情報。

|

出力の修飾用の環境監視パラメータ。

次の例では、ルータの温度情報が出力されています。

RP/0/RP0/CPU0:router# show environment temperatures
R/S/I Modules Inlet Exhaust Hotspot
Temperature Temperature Temperature
(deg C) (deg C) (deg C)
 
0/2/* host 31, 27 43, 45 48
cpu 31
fabricq0 46
fabricq1 44
ingressq 34
egressq 41 43
ingresspse 35
egresspse 42
plimasic 30, 31 42
0/RP1/* host 38 44
cpu 36
ingressq 42
fabricq0 43
0/SM0/* host 29, 29 41, 33
 

次の例では、ルータのノードの LED 状態が出力されています。

RP/0/RP0/CPU0:router# show environment leds
0/2/*: Module (host) LED status says: OK
0/2/*: Module (plimasic) LED status says: OK
0/SM0/*: Module (host) LED status says: OK
 

詳細については、『 Cisco IOS-XR Interface and Hardware Component Command Reference 』の「Hardware Redundancy and Node Administration Commands on Cisco IOS-XR Software」を参照してください。

show platform

次に、ルータのすべてのノードに対する、 show platform コマンドの出力例を示します。

RP/0/RP0/CPU0:router# show platform
Node Type PLIM State Config State
-----------------------------------------------------------------------------
0/0/SP MSC(SP) N/A IOS-XR RUN PWR,NSHUT,MON
0/0/CPU0 MSC 16OC48-POS/DPT IOS-XR RUN PWR,NSHUT,MON
0/2/SP MSC(SP) N/A IOS-XR RUN PWR,NSHUT,MON
0/2/CPU0 MSC 16OC48-POS/DPT IOS-XR RUN PWR,NSHUT,MON
0/RP0/CPU0 RP(Standby) N/A IOS-XR RUN PWR,NSHUT,MON
0/RP1/CPU0 RP(Active) N/A IOS-XR RUN PWR,NSHUT,MON
0/SM0/SP FC/S(SP) N/A IOS-XR RUN PWR,NSHUT,MON
 

次の例では、システム内の1つのノード情報が出力されています。

RP/0/RP0/CPU0:router# show platform 0/2/cpu0
Node Type PLIM State Config State
-----------------------------------------------------------------------------
0/2/CPU0 MSC 16OC48-POS/DPT IOS-XR RUN PWR,NSHUT,MON
 

ノード ID の詳細については、「ハードウェア ノードの CLI 構文(location nodeID)」を参照してください。

show platform node-id コマンドの詳細については、『 Cisco IOS-XR Interface and Hardware Component Command Reference 』の「Hardware Redundancy and Node Administration Commands on Cisco IOS-XR Software」を参照してください。

show redundancy

プライマリ(アクティブ)RP およびスタンバイ(非アクティブ)RP に関する情報を表示するには、 show redundancy コマンドを入力します。

RP/0/RP0/CPU0:router# show redundancy
This node (0/RP0/CPU0) is in ACTIVE role
Partner node (0/RP1/CPU0) is in STANDBY role
Standby node in 0/RP1/CPU0 is ready