Cisco IOS XR セッション ボーダ コントローラ コマンド リファレンス Cisco IOS XR Software Release 3.6
Cisco IOS XR ソフトウェアの SBC コマンド
Cisco IOS XR ソフトウェアの SBC コマンド
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco IOS XR ソフトウェアの SBC コマンド

account

action (CAC)

action (NA-DST)

action (RTG-SRC)

activate

active-cac-policy-set

active-call-policy-set

address ipv4

adjacency

adjacency timeout

alias

allow private info

attach

attach-controllers

authentication endpoint

authentication-key

authentication mode

authentication nonce timeout

authentication-realm

billing

blacklist (DoS)

blacklist (sip)

blacklist address-default

blacklist default-port-limit

cache

cac-table

callee-dscp

callee-fax-qos-profile

callee-ip-precedence

callee-ip-TOS

callee-privacy

callee-sig-qos-profile

callee-video-qos-profile

callee-voice-qos-profile

caller-dscp

caller-fax-qos-profile

caller-ip-precedence

caller-ip-TOS

caller-privacy

caller-sig-qos-profile

caller-video-qos-profile

caller-voice-qos-profile

call-policy-set

category (NA-DST)

category (NA-SRC)

clear blacklist

clear services

clear services sbc sbe policy-failure-stats dst-account

clear services sbc sbe policy-failure-stats dst-adjacency

clear services sbc sbe policy-failure-stats src-account

clear services sbc sbe policy-failure-stats src-adjacency

codec

codec-list

codec-list description

codec packetization-period

codecs

complete

congestion-cleared

congestion-threshold

control address aaa

control address h248 (SBE)

control-address h248 ipv4 (DBE)

controller h248

critical-alarm-threshold

dbe-location-id

deact-mode

description

disabled

dst-adjacency

dscp

dtmf-duration

dtmf-relay

early-media-deny

early-media-direction

early-media-timeout

edit-cic

edit

entry

fast-register disable

fast-register-interval

first-cac-scope

first-cac-table

first-call-routing-table

first-number-analysis-table

first-reg-routing-table

force-limited-call-hold

group

h225 timeout

h245-tunnel disable

h248 allow-all-mg

h248-association-timeout

h248-max-term-per-context

h248-media-alert-event

h248-napt-package

h248-preserve-gates

h248-profile

h248-profile-version

h248-tmax

h248-version

header

header-profile (adj-sip)

header-profile (sip)

hold-media-timeout

hunting-trigger

hw-module service sbc location

invite-timeout

ip precedence

ip TOS

ipv4 address

ipv4

key

ldr-check

local-address

local-id host

local-port

location-id

major-alarm-threshold

marking

match-account

match-address

match-adjacency

match-cic

match-domain

match-number

match-prefix

match-type

match-value

max-bandwidth

max-call-rate

max-channels

max-num-calls

max-pdu-size

max-regs

max-regs-rate

max-updates

media-address

media-address port range

media-bypass

media-bypass-forbid

media-gateway

media-timeout

method

method-profile (adj-sip)

method-profile (sip)

minor-alarm-threshold

mode

na-dst-prefix-table

na-src-account-table

nat

network-id

overload-time-threshold

package

pass-body

passthrough

pause

port

port-range

prefix

priority

privacy restrict outbound

qos fax

qos sig

qos video

qos voice

radius

ras retry

ras rrq

ras timeout

reason

redirect-limit

redirect-mode

registration rewrite-register

registration target address

registration target port

remote-address ipv4

resend

resource-priority

resource-priority-set

rtg-carrier-id-table

rtg-dst-address-table

rtg-dst-domain-table

rtg-round-robin-table

rtg-src-account-table

rtg-src-address-table

rtg-src-adjacency-table

rtg-src-domain-table

rtp payload-type nte

secure-media

security

server

service-location preferred-active

show services redundancy

show services sbc dbe addresses

show services sbc dbe controllers

show services sbc dbe h248-profile

show services sbc dbe media-flow-stats

show services sbc dbe media-stats

show services sbc dbe signaling-flow-stats

show services sbc sbe adjacencies

show services sbc sbe adjacency all-authentication-realms

show services sbc sbe adjacency authentication-realms

show services sbc sbe billing

show services sbc sbe blacklist

show services sbc sbe blacklist configured-limits

show services sbc sbe blacklist current-blacklisting

show services sbc sbe cac-policy-set

show services sbc sbe call-policy-set

show services sbc sbe call-policy-sets

show services sbc sbe call-policy-set table entries

show services sbc sbe calls

show services sbc sbe call-stats

show services sbc sbe codec-list

show services sbc sbe gates

show services sbc sbe h323 timers

show services sbc sbe hold-media-timeout

show services sbc sbe hunting-trigger

show services sbc sbe media-gateway-associations

show services sbc sbe media-gateways

show services sbc sbe policy-failure-stats

show services sbc sbe policy-failure-stats dst-account

show services sbc sbe policy-failure-stats dst-adjacency

show services sbc sbe policy-failure-stats src-account

show services sbc sbe policy-failure-stats src-adjacency

show services sbc sbe qos-profiles

show services sbc sbe radius-client-stats

show services sbc sbe radius-server-stats

show services sbc sbe redirect-limit

show services sbc sbe sip essential-headers

show services sbc sbe sip essential-methods

show services sbc sbe sip header-profile

show services sbc sbe sip header-profiles

show services sbc sbe sip method-profile

show services sbc sbe sip method-profiles

show services sbc sbe sip timers

show services sbc sbe vrf

signaling-address ipv4

signaling-peer

signaling-peer-port

signaling-port

sip encryption key

sip home network identifier

sipi

sip inherit profile

sip timer

sip visited network identifier

tcp-connect-timeout

tcp-idle-timeout

tech-prefix

timeout

tls-idle-timeout

transcode-deny

transcoder

transport (h.248)

transport (vdbe)

trigger-period

trigger-size

udp-first-retransmit-interval

udp-max-retransmit-interval

udp-response-linger-period

unexpected-source-alerting

use-any-local-port

vdbe

vrf (interface)

vrf

vrf vpn-id

Cisco IOS XR ソフトウェアの SBC コマンド

ここでは、Cisco IOS XR ソフトウェアの Session Border Controller(SBC)コマンドについて説明します。


) ここで説明するコマンドは、複合モードおよびサブモードを使用します。そのため、正しいコンフィギュレーション モードおよびサブモードで、各コマンドを実行する必要があります。各コマンドに用意されている「例」では、コマンドの実行に必要なモードとサブモードの階層を示します。


account

SBE で SIP 隣接アカウントまたは H.323 隣接アカウントを定義するには、適切なコンフィギュレーション モードで account コマンドを使用します。この定義を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

account account-name

no account account-name

 
シンタックスの説明

account-name

SBE アカウント名を指定します。

 
デフォルト

隣接関係には、アカウント名が関連付けられていません。

 
コマンド モード

隣接 SIP コンフィギュレーション

隣接 H.323 コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、account isp42 に H.323 隣接関係 h323ToIsp42 を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency h323 SipToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# account isp42
 

次に、account isp42 に SIP 隣接関係 SipToIsp42 を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)# account isp42

action (CAC)

アドミッション コントロール テーブルのエントリのあとに実行するアクションを設定するには、CAC コンフィギュレーション モードで action (CAC) コマンドを使用します。アクションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

action [cac-complete | next-table goto-table-name | cac-complete ]

 
シンタックスの説明

cac-complete

イベントが一致する場合に、この CAC ポリシーが完了します。

goto-table-name

処理する次の CAC テーブルを特定するテーブル名を指定します(または、処理を停止する必要がある場合は、cac-complete)。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しいアドミッション コントロール テーブル MyCacTable のエントリのあとに実行するアクションを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# first-cac-scope call
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type src-account
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cac-table)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cac-table)# action cac-complete

 
関連コマンド

コマンド
説明

action (RTG-SRC)

ルーティング エントリが選択された場合に実行するアクションを設定します。

action (NA-DST)

アドミッション コントロール テーブルのエントリのあとに実行するアクションを設定します。

action (NA-DST)

着信番号(プレフィクスまたは番号全体)または送信元の隣接関係またはアカウントに一致するテーブル エントリがある番号分析テーブル内のエントリのアクションを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで action (NA-DST) コマンドを使用します。アクションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

action [ next-table goto-table-name | accept | reject ]

no action

 
シンタックスの説明

next-table goto-table-name

イベントがこのエントリに一致する場合に処理する次の番号分析テーブルを指定します。

accept

テーブルのエントリに一致する場合に許可するコールを設定します。

reject

テーブルのエントリに一致する場合に拒否するコールを設定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

NA-DST-number-table コンフィギュレーション モード

NA-DST-prefix-table コンフィギュレーション モード

NA-SRC-adjacency-table コンフィギュレーション モード

NA-SRC-account-table コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しい番号分析テーブル MyNaTable のエントリに一致する場合に許可するコールを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-dst-number-table MyNaTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)# action accept
 

次に、新しい番号分析テーブル MyNaTable のエントリの最初の部分に一致する場合に許可するコールを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-dst-prefix-table MyNaTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)# action accept
 

次に、新しい番号分析テーブル MyNaTable の送信元隣接エントリに一致する場合に許可するコールを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-src-adjacency-table MyNaTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)# action accept
 

次に、新しい番号分析テーブル MyNaTable の送信元アカウント エントリに一致する場合に許可するコールを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-src-account-table MyNaTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)# action accept

 
関連コマンド

コマンド
説明

action (RTG-SRC)

ルーティング エントリが選択された場合に実行するアクションを設定します。

action (CAC)

アドミッション コントロール テーブルのエントリのあとに実行するアクションを設定します。

action (RTG-SRC)

ルーティング エントリが選択されている場合に実行するアクションを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで action (RTG-SRC) コマンドを使用します。アクションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

action [ next-table goto-table-name | complete | reject ]

no action

 
シンタックスの説明

next-table goto-table-name

イベントがこのエントリに一致する場合に処理する次のルーティング テーブルを指定します。

complete

アクションを完了します。このキーワードは、rtg-round-robin-table ルーティング テーブルのみにサポートされています。

reject

指示されたアクションを拒否します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

RTG-SRC-address-table コンフィギュレーション

RTG-SRC-adjacency-table コンフィギュレーション

RTG-SRC-account-table コンフィギュレーション

RTG-round-robin-table コンフィギュレーション

RTG-DST-address-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable のエントリの match-value を設定し、コールがこの基準に一致する場合に拒否されるように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-src-address-table MyRtgTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# match-address 1471
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# action reject
 

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable のエントリの match-value を設定し、コールがこの基準に一致する場合に拒否されるように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-src-adjacency-table MyRtgTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# match-adjacency 1471
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# action reject
 

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable のエントリの match-value を設定し、コールがこの基準に一致する場合に拒否されるように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-src-account-table MyRtgTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# match-account 1471
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# action reject
 

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable のエントリの match-value を設定し、コールがこの基準に一致する場合に拒否されるように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-round-robin-table MyRtgTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# match-address 1471
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# action reject
 

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable のエントリの match-value を設定し、コールがこの基準に一致する場合に拒否されるように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-dst-address-table MyRtgTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# match-address 1471
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# action complete

 
関連コマンド

コマンド
説明

action (NA-DST)

着信番号(プレフィクスまたは番号全体)または送信元の隣接関係またはアカウントに一致するテーブル エントリがある番号分析テーブル内のエントリのアクションを設定します。

action (CAC)

アドミッション コントロール テーブルのエントリのあとに実行するアクションを設定します。

activate

すべての SBE または DBE アドレス コンフィギュレーションが正常にコミットされた場合に SBC サービスを開始するには、適切なコンフィギュレーション モードで activate コマンドを使用します。SBC の SBE サービスを非アクティブにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

activate

no activate

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

DBE コンフィギュレーション

SBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、サービス mySbc で DBE をアクティブにする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc dbe
RP/0/0/CPU0:router (config-sbc-dbe)# activate
 

次に、サービス mySbc で SBE をアクティブにする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router (config-sbc-sbe)# activate

 
関連コマンド

コマンド
説明

deact-mode

SBE の非アクティブ化を実行する方法を指定します。

active-cac-policy-set

SBE エンティティ内のアクティブな CAC-policy-set を設定するには、SBE コンフィギュレーション モードで active-cac-policy-set コマンドを使用します。アクティブなポリシー セットの設定を解除し、アクティブなポリシー セットのない状態に SBE をしておくには、このコマンドの no 形式を使用します。

active-cac-policy-set policy-set-id

no active-cac-policy-set policy-set-id

 
シンタックスの説明

policy-set-id

アクティブにする必要があるポリシー セットを特定する整数。値の範囲は、1 ~ 2147483647 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、mySbc のポリシー セット 1 をアクティブにする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router (config-sbc-sbe)# active-cac-policy-set 1

active-call-policy-set

SBE エンティティ内のアクティブなルーティング ポリシー セットを設定するには、 SBE コンフィギュレーション モードで active-call-policy-set コマンドを使用します。アクティブなルーティング ポリシー セットの設定を解除し、アクティブなルーティング ポリシー セットのない状態に SBE をしておくには、このコマンドの no 形式を使用します。

active-call-policy-set policy-set-id

no active-call-policy-set

 
シンタックスの説明

policy-set-id

アクティブにする必要があるポリシー セットを特定する整数。値の範囲は、1 ~ 2147483647 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

別のポリシー セットがアクティブの状態になっていた場合、このコマンドを実行するとこのポリシー セットがアクティブでなくなります。アクティブなルーティング ポリシー セットがない状態で SBE が作成されている場合、このコマンドを使用してアクティブなルーティング ポリシー セットを明示的に設定する必要があります。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、mySbc のポリシー セット 1 をアクティブにする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# active-call-policy-set 1

address ipv4

認証サーバのアドレスを設定するには、サーバ コンフィギュレーション モードで address ipv4 コマンドを使用します。認証サーバからアドレス設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

address ipv4 server-name

no address ipv4 server-name

 
シンタックスの説明

server-name

認証サーバの DNS 名または IP アドレスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

サーバ コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、正しいコンフィギュレーション モードおよびサブモードになっている必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、認証 RADIUS クライアントの mySbc に認証サーバ acctsvr および acctsvr2 を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# radius authentication
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-auth)# server acctsvr
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-auth-ser)# address ipv4 10.0.0.1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-auth-ser)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-auth)# server acctsvr2
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-auth-ser)# address acctsvr2

adjacency

SBC サービスの隣接関係を設定するには、SBC モードで adjacency コマンドを使用します。隣接関係の設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

adjacency { sip | h323 } adjacency name

no adjacency { sip | h323 } adjacency name

 
シンタックスの説明

sip

SBE SIP 隣接関係のモードを開始します。

h323

SBE H.323 隣接関係のモードを開始します。

adjacency name

SBE SIP 隣接関係または H.323 隣接関係の名前を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 adjacency コマンドを使用して、sipGW という名前の SIP 隣接関係を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip sipGW
 

次に、 adjacency コマンドを使用して、H323ToIsp42 という名前の H.323 隣接関係を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency h323 H323ToIsp42

adjacency timeout

隣接関係の再試行タイムアウト インターバルを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで adjacency timeout コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

adjacency timeout value

no adjacency timeout value

 
シンタックスの説明

value

タイムアウト期間をミリ秒単位で指定します。有効値は、10000 ~ 30000 です。デフォルト値は、30 秒です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション

H.323 コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 adjacency timeout コマンドを使用して、隣接 H.323 コンフィギュレーション モードで隣接再試行タイムアウトを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# adjacency timeout 10000

次に、 adjacency timeout コマンドを使用して、H.323 コンフィギュレーション モードで隣接再試行タイムアウトを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# h323
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-h323)# adjacency timeout 10000

alias

H.323 隣接関係のエンドポイント エイリアスを設定するには、隣接 H.323 コンフィギュレーション モードで alias コマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

alias alias-name

no alias

 
シンタックスの説明

alias-name

H.323 隣接エンドポイントのエイリアスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、end1 に H.323 隣接関係 h323ToIsp42 エンドポイント エイリアスを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# alias end1

 
関連コマンド

コマンド
説明

attach-controllers

コントローラに接続する DBE を設定します。

allow private info

H.323 隣接関係を設定して隣接から送信されたメッセージのプライベート情報を許可するには、H.323 隣接モードで allow private info コマンドを使用します。隣接から送信されたメッセージのプライベート情報を禁止するには、このコマンドの no 形式を使用します。

allow private info

no allow private info

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.1

このコマンドが Cisco CRS-1 および Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。H.323 隣接関係を設定してプライベート情報を許可すると、プライバシー サービスを適用するように CAC ポリシーが設定されている場合またはユーザがプライバシー サービスを要求する場合に、メッセージのプライベート情報が許可されます。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 allow private info コマンドを使用して、H.323 隣接関係を設定して隣接から送信されたメッセージのプライベート情報を許可する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency h323ToIsp422
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# allow private info

 
関連コマンド

コマンド
説明

privacy restrict outbound

H.323 隣接関係を設定して、ユーザが要求する場合に発信メッセージにプライバシー制限を適用します。

attach

SBE でアカウントに隣接関係を付加するには、適切なコンフィギュレーション モードで attach コマンドを使用します。SBE でアカウントから隣接関係を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

attach

no attach force

 
シンタックスの説明

force

強制的に削除します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション

隣接 SIP コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

すべての SBE コールをティアダウンするには、 force 引数を使用します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、h323ToIsp42 に H.323 隣接関係を付加する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# attach

attach-controllers

コントローラに接続する DBE を設定するには、vDBE コンフィギュレーション モードで attach-controllers コマンドを使用します。コントローラから切り離すには、このコマンドの no 形式を使用します。

attach-controllers

no attach-controllers force

 
シンタックスの説明

force

強制的に切り離します。この場合、この vDBE を経由するすべてのコールはすぐにティアダウンされます。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

vDBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、コントローラに接続する DBE を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc dbe vdbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# attach-controllers

authentication endpoint

H.323 隣接関係を設定してエンドポイント認証を使用するには、隣接 H.323 コンフィギュレーション モードで authentication endpoint コマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication endpoint

no authentication endpoint

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

デフォルトでは、認証手順が実行されません。

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、H.323 隣接関係 h323ToIsp42 を設定してエンドポイント認証を使用する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# authentication endpoint

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication-key

H.323 隣接関係の認証キーを設定します。

authentication-key

H.323 隣接関係の認証キーを設定するには、 隣接 H.323 コンフィギュレーション モードで authentication-key コマンドを使用します。H.323 隣接関係の認証キーの設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication-key key

no authentication-key

 
シンタックスの説明

key

認証キーを指定します(認証がオンの場合にのみ、有効です)。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、H.323 隣接関係 h323ToIsp42 を設定して認証キー FG56KJ を使用する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# authentication-key FG56KJ

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication endpoint

H.323 隣接関係を設定して、エンドポイント認証を使用します。

authentication mode

SIP 隣接関係の認証モードを設定するには、SIP 隣接モードで authentication mode コマンドを使用します。認証モードの設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication mode { local | remote }

no authentication mode { local | remote }

 
シンタックスの説明

local

ローカル認証の SIP 隣接関係を設定します。

remote

リモート認証の SIP 隣接関係を設定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

隣接 SIP コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.1

このコマンドが Cisco CRS-1 および Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 authentication mode コマンドを使用して、ローカル認証の SIP 隣接関係を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbe-adj-sip)# authentication mode local
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication nonce timeout

SIP 隣接関係の認証ナンス タイムアウトを設定します。

authentication nonce timeout

SIP 隣接関係の認証ナンス タイムアウトを設定するには、SIP 隣接モードで authentication nonce timeout コマンドを使用します。認証ナンス タイムアウトの設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication nonce timeout value

no authentication nonce timeout

 
シンタックスの説明

value

タイムアウト値を秒単位で指定します。値の範囲は、0 ~ 65535 秒です。

 
デフォルト

デフォルトのタイムアウト値は、300 秒です。

 
コマンド モード

隣接 SIP コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.1

このコマンドが Cisco CRS-1 および Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 authentication nonce timeout コマンドを使用して、SIP 隣接関係の認証ナンス タイムアウトを秒単位で設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbe-adj-sip)# authentication nonce timeout 10

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication mode

SIP 隣接関係の認証モードを設定します。

authentication-realm

指定の SIP 隣接関係の指定のドメインに対する認証クレデンシャルのセットを設定するには、SIP 隣接コンフィギュレーション モードで authentication-realm コマンドを使用します。指定した隣接関係の認証レルムの設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication-realm { inbound domain | outbound domain username password }

no authentication-realm { inbound domain | outbound domain }

 
シンタックスの説明

inbound

インバウンド認証レルムを指定します。

outbound

アウトバウンド認証レルムを指定します。

domain

認証クレデンシャルが有効なドメインの名前

username

指定したドメインの SBC を特定するユーザ名

password

指定したドメインのユーザ名を認証するパスワード

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

SIP 隣接コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 authentication-realm コマンドを使用して、SIP 隣接関係 SipToIsp42 のドメイン example.com の認証レルムを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip SiptoISP42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)# authentication-realm outbound example.com usersbc passwordsbc

billing

ローカルおよびリモートの課金ポリシーを設定するには、SBE コンフィギュレーション モードで billing コマンドを使用します。すべてのパラメータをデフォルト値にリセットするには、このコマンドの no 形式を使用します。

billing { local | remote }

no billing { local | remote }

 
シンタックスの説明

local

ローカル課金ポリシーを設定します。

remote

リモート課金ポリシーを設定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、mySbc のローカル課金モードを開始する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# billing local
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-lclbill)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

blacklist address-default

課金情報を保存するローカルまたはリモート ディレクトリの名前を設定します。

critical-alarm-threshold

CDR ファイルが一定のサイズに達すると、クリティカル アラームが生成されるしきい値を設定します。

ldr-check

長時間のチェックを実行する日時を設定します。

local-address

ローカル IPv4 アドレスを設定します。

major-alarm-threshold

CDR ファイルが一定のサイズに達すると、メジャー アラームが生成されるしきい値を設定します。

minor-alarm-threshold

CDR ファイルが一定のサイズに達すると、マイナー アラームが生成されるしきい値を設定します。

blacklist (DoS)

所定の送信元のイベント制限を設定するモードを開始するには、SBE モードで blacklist コマンドを使用します。イベント制限をデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

blacklist source

no blacklist source

 
シンタックスの説明

source

VPN ID、IP アドレス、または所定のアドレスのポートを指定します。

有効値は、次のとおりです。

global ― すべてのグローバル アドレス用

VRF name ― 所定の VPN 内のすべてのアドレス用

{ ipv4 IP address } ― グローバル IP アドレス用

{ VRF name ipv4 IP address } ― 特定の VPN IP アドレス用

{ ipv4 IP address { UDP | TCP } port number } ― グローバル ポート用

{ VRF name ipv4 IP address { UDP | TCP } port number } ― VPN ポート用

 
デフォルト

このフィールドは、上記のいずれかの形式で設定する必要があります。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 blacklist コマンドを使用して、IP アドレス 25.25.25.5 のイベント制限を設定するモードを開始する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# blacklist ipv4 25.25.25.5
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

reason

送信元の特定のイベント タイプに制限を設定するサブモードを開始します。

timeout

制限を超過したときに送信元からパケットをブロックする時間を定義します。

trigger-period

イベントの判定期間を定義します。

trigger-size

ブラックリストがトリガーされる前に、指定の送信元から許可する指定のイベント数を定義し、送信元からすべてのパケットをブロックします。

show services sbc sbe blacklist current-blacklisting

送信元をブラックリストに載せる制限値を表示します。

blacklist (sip)

Session Initiation Protocol(SIP)メッセージの SIP ヘッダーまたはメソッド ブラックリスト プロファイルを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで blacklist コマンドを使用します。ホワイトリストとしてプロファイルを設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

blacklist

no blacklist

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

プロファイルは、ホワイトリストです。

 
コマンド モード

SIP header-profile コンフィギュレーション
SIP method-profile コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 blacklist コマンドを使用して、ブラックリストとして SIP header-profile test1 を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# sip header-profile test1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-sip-hdr)# blacklist
 

次に、 blacklist コマンドを使用して、ブラックリストとして SIP method-profile test1 を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# sip method-profile test1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-sip-mth-prf)# blacklist

blacklist address-default

所定の VPN の送信元アドレスのデフォルト イベント制限を設定するモードを開始するには、SBE モードで blacklist コマンドを使用します。グローバル アドレスと同じ値を VPN に設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

blacklist VRF name address-default

no blacklist VRF name address-default

 
シンタックスの説明

VRF name

VPN の VRF を指定します。デフォルト値を使用するには、この引数は省略されます。

 
デフォルト

イベント制限は、すべての VPN で同じ値に設定されています。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 blacklist address-default コマンドを使用して、すべてのアドレスのデフォルト イベント制限を設定するモードを開始する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# blacklist address-default

 
関連コマンド

コマンド
説明

blacklist default-port-limit

所定のアドレスのポートに対するデフォルト イベント制限を設定するサブモードを開始します。

reason

送信元の特定のイベント タイプに制限を設定するサブモードを開始します。

timeout

制限を超過したときに送信元からパケットをブロックする時間を定義します。

trigger-period

イベントの判定期間を定義します。

trigger-size

ブラックリストがトリガーされる前に、指定の送信元から許可する指定のイベント数を定義し、送信元からすべてのパケットをブロックします。

blacklist default-port-limit

所定のアドレスのポートに対するデフォルト イベント制限を設定するモードを開始するには、SBE モードで blacklist default-port-limit コマンドを使用します。イベント制限の設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

blacklist { ipv4 IP address | VRF name ipv4 IP address } default-port-limit

no blacklist { ipv4 IP address | VRF name ipv4 IP address } default-port-limit

 
シンタックスの説明

ipv4

IPv4 を指定します。

IP address

IPv4 アドレスを指定します。

VRF name

VPN の VRF を指定します。デフォルト値を使用するには、この引数は省略されます。

 
デフォルト

ポートには、イベント制限が定義されていません。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 blacklist default-port-limit コマンドを使用して、送信元アドレス 123.123.2.2 のポートに対するデフォルト イベント制限を設定するモードを開始する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# blacklist ipv4 123.123.2.2 default-port-limit

 
関連コマンド

コマンド
説明

blacklist address-default

所定の VPN の送信元アドレスに対してデフォルト イベント制限を設定するモードを開始します。

reason

送信元の特定のイベント タイプに制限を設定するサブモードを開始します。

timeout

制限を超過したときに送信元からパケットをブロックする時間を定義します。

trigger-period

イベントの判定期間を定義します。

trigger-size

ブラックリストがトリガーされる前に、指定の送信元から許可する指定のイベント数を定義し、送信元からすべてのパケットをブロックします。

cache

課金記録情報を保存するローカルまたはリモート課金ディレクトリを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで cache コマンドを使用します。課金ディレクトリは、デフォルト課金パスに作成されます。ローカルまたはリモート課金ディレクトリの設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

cache name

no cache

 
シンタックスの説明

name

デフォルト課金パスのローカルまたはリモート課金ディレクトリを指定します。「使用上のガイドライン」を参照してください。

 
デフォルト

課金のデフォルト ドライブは、次のとおりです。

harddisk:ローカル課金用

disk0:リモート課金用

SBC インスタンスが作成されると、次のようになります。

事前に定義された課金ディレクトリが Replication Data Service File System(RDSFS)にマウントされます。

課金ディレクトリ名には、_ instance-name があとに続くプレフィクスが含まれます。

課金ディレクトリ プレフィクスは、ローカル課金では sbcl、リモート課金では sbcr です。

たとえば、SBC インスタンス mysbc が作成された場合、2 つの新しい RDSFS マウント課金ディレクトリは次のとおりです。

harddisk:/sbcl_mysbc(ローカル課金用)

disk0:/sbcr_mysbc(リモート課金用)

 
コマンド モード

Billing local コンフィギュレーション

Billing remote コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.3.1

パスのパラメータは、名前のパラメータに変更されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、mybillingrecords という名前のキャッシュを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# billing local
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-lclbill)# cache mybillingrecords

cac-table

アドミッション コントロール テーブルを作成または設定するには、CAC-policy-set コンフィギュレーション モードで cac-table コマンドを使用します。アドミッション コントロール テーブルを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

cac-table table-name

no cac-table table-name

 
シンタックスの説明

table-name

アドミッション コントロール テーブルを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC-policy-set コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、アドミッション コントロール テーブル MyCacTable を作成する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

description

SBE ポリシー セットのコンテキスト内のアドミッション コントロール テーブルを説明する説明文を設定します。

match-type

SBE ポリシー セットのコンテキスト内のアドミッション コントロール テーブルの match-type を設定します。

callee-dscp

元の着信側に送信されるシグナリング パケットに適用する DSCP を設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで callee-dscp コマンドを使用します。DSCP の設定を解除し、DSCP の値を 0 に設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

callee-dscp dscp

no callee-dscp

 
シンタックスの説明

dscp

シグナリング パケットのマーク付けをする DSCP 値を指定します。値の範囲は、0 ~ 63 です。

 
デフォルト

dscp: 0

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、acme アカウントからのコールが SBC から元の着信側に送信されるパケットに対して DSCP AF41 を使用するように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type src-account
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# match-value acme
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# callee-dscp 34
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)#

callee-fax-qos-profile

元の着信側に送信されるメディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで callee-fax-qos-profile コマンドを使用します。デフォルト動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

callee-fax-qos-profile profile-name

no callee-fax-qos-profile

 
シンタックスの説明

profile-name

QoS プロファイルを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。


) このコマンドは、コール単位範囲でのみ実行できます。このコマンドが他の範囲で設定されている場合、CAC ポリシーはアクティブになりません。


 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、acme アカウントへのコールが SBC から元の着信側に送信されるパケットに対してファックス QoS プロファイル エンタープライズを使用するように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-account
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# match-value acme
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# callee-fax-qos-profile enterprise
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)#

callee-ip-precedence

元の着信側に送信されるシグナリング パケットに適用する IP precedence を設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで callee-ip-precedence コマンドを使用します。この設定を削除し、IP precedence をデフォルト(0)に設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

callee-ip-precedence value

no callee-ip-precedence

 
シンタックスの説明

value

シグナリング パケットのマーク付けをする IP precedence を指定します。値の範囲は、0 ~ 7 です。

 
デフォルト

デフォルト値は、0 です。

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、acme アカウントからのコールが SBC から元の着信側に送信されるパケットに対して IP precedence 4 を使用するように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type src-account
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# match-value acme
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# callee-ip-precedence 4
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

callee-ip-TOS

元の着信側に送信されるシグナリング パケットに適用する IP ToS を設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで callee-ip-TOS コマンドを使用します。デフォルトの IP ToS(0)に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

callee-ip-TOS value

no callee-ip-TOS

 
シンタックスの説明

value

シグナリング パケットのマーク付けをする IP ToS を指定します。これは 0 の値(通常のサービス)または論理和が取られた次の 1 つまたは複数のビットで構成されるビットフィールドにすることができます。

8: Minimize delay(遅延の最小化)

4: Maximize throughput(スループットの最大化)

2: Maximize reliability(信頼性の最大化)

1: Minimize monetary cost(貨幣コストの最小化)

 
デフォルト

デフォルト値は、0(通常のサービス)です。

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、acme アカウントからのコールが SBC から元の着信側に送信されるパケットに対して IP ToS 3 を使用するように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type src-account
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# match-value acme
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# callee-ip-TOS 3
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

callee-privacy

着信側から発信側に送信されるメッセージで実行するプライバシー処理のレベルを設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで callee-privacy コマンドを使用します。アドミッション コントロール テーブルの所定のエントリの最大チャネル数を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

callee-privacy [ callee_priv_setting ]

no callee-privacy

 
シンタックスの説明

callee_priv_setting

特定の着信側のプライバシー設定を指定します。値は、次のとおりです。

never:アイデンティティを非表示にしません。

account-boundary:発信側が着信側からのアカウントと異なる場合、アイデンティティを非表示にします。

always:アイデンティティを常に非表示にします。

 
デフォルト

callee_priv_setting =never

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しいアドミッション コントロール テーブル MyCacTable の着信側のアイデンティティを常に非表示にするようにエントリを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-prefix
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# callee-privacy always

callee-sig-qos-profile

元の着信側に送信されるシグナリング パケットに使用される QoS プロファイルを設定するには、CAC ポリシー アドミッション コントロール テーブル モードで callee-sig-qos-profile コマンドを使用します。QoS プロファイルの設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

callee-sig-qos-profile profile-name

no callee-sig-qos-profile profile-name

 
シンタックスの説明

profile-name

QoS プロファイルの名前を指定します。文字列 default は予約されています。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC ポリシー アドミッション コントロール テーブル エントリ コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 callee-sig-qos-profile コマンドを使用して、enterprise という名前の QoS プロファイルが元の着信側に送信されるシグナリング パケットに使用されるように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# callee-sig-qos-profile enterprise

callee-video-qos-profile

元の着信側に送信されるメディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで callee-video-qos-profile コマンドを使用します。デフォルト動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

callee-video-qos-profile profile-name

no callee-video-qos-profile

 
シンタックスの説明

profile-name

QoS プロファイルを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。


callee-video-qos-profile は、コール単位範囲でのみ実行できます。このコマンドが他の範囲で設定されている場合、CAC ポリシーはアクティブになりません。


 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、acme アカウントからのコールが SBC から元の着信側に送信されるパケットに対してビデオ QoS プロファイル エンタープライズを使用するように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-account
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# match-value acme
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# callee-video-qos-profile enterprise
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

callee-voice-qos-profile

元の着信側に送信されるメディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで callee-voice-qos-profile コマンドを使用します。デフォルト動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

callee-voice-qos-profile profile-name

no callee-voice-qos-profile

 
シンタックスの説明

profile-name

QoS プロファイルを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。


) このコマンドは、コール単位範囲でのみ実行できます。このコマンドが他の範囲で設定されている場合、CAC ポリシーはアクティブになりません。


 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、acme アカウントからのコールが SBC から元の着信側に送信されるパケットに対して音声 QoS プロファイル エンタープライズを使用するように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type src-account
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# match-value acme
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# callee-voice-qos-profile enterprise
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

caller-dscp

元の発信側に送信されるシグナリング パケットに適用する DSCP を設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで caller-dscp コマンドを使用します。DSCP の設定を解除し、DSCP の値を 0 に設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

caller-dscp dscp

no caller-dscp

 
シンタックスの説明

dscp

シグナリング パケットのマーク付けをする DSCP 値を指定します。値の範囲は、0 ~ 63 です。

 
デフォルト

デフォルト値は、0 です。

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、acme アカウントからのコールが SBC から元の発信側に送信されるパケットに対して DSCP AF31 を使用するように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type src-account
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# match-value acme
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# caller-dscp 26
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

caller-fax-qos-profile

元の発信側に送信されるメディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで caller-fax-qos-profile コマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

caller-fax-qos-profile profile-name

no caller-fax-qos-profile

 
シンタックスの説明

profile-name

QoS プロファイルを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。


) このコマンドは、コール単位範囲でのみ実行できます。このコマンドが他の範囲で設定されている場合、CAC ポリシーはアクティブになりません。


 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、acme アカウントからのコールが SBC から元の発信側に送信されるパケットに対してファックス QoS プロファイル エンタープライズを使用するように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type src-account
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# match-value acme
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# caller-fax-qos-profile enterprise
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

caller-ip-precedence

元の発信側に送信されるシグナリング パケットに適用する IP precedence を設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで caller-ip-precedence コマンドを使用します。デフォルトの IP precedence(0)の設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

caller-ip-precedence value

no caller-ip-precedence

 
シンタックスの説明

value

シグナリング パケットのマーク付けをする IP precedence を指定します。値の範囲は、0 ~ 7 です。

 
デフォルト

デフォルト値は、0 です。

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

CAC 決定プロセスを実行するまで IP precedence は適用されません。これは、発信側に送信される一部の初期シグナリング パケットが特定の IP precedence マーキングを受信しないことを意味します。DSCP がこのサブモードで設定されている場合、DSCP 値が優先され、IP precedence 値は使用されません。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、acme アカウントからのコールが SBC から元の発信側に送信されるパケットに対して IP precedence 3 を使用するように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type src-account
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# match-value acme
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# caller-ip-precedence 3
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

caller-ip-TOS

元の発信側に送信されるシグナリング パケットに適用する IP ToS を設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで caller-ip-TOS コマンドを使用します。デフォルトの IP ToS(0)に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

caller-ip-TOS value

no caller-ip-TOS

 
シンタックスの説明

value

シグナリング パケットのマーク付けをする IP ToS を指定します。これは 0 の値(通常のサービス)または論理和が取られた次の 1 つまたは複数のビットで構成されるビットフィールドにすることができます。

8: Minimize delay(遅延の最小化)

4: Maximize throughput(スループットの最大化)

2: Maximize reliability(信頼性の最大化)

1: Minimize monetary cost(貨幣コストの最小化)

 
デフォルト

デフォルト値は、0(通常のサービス)です。

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、acme アカウントからのコールが SBC から元の発信側に送信されるパケットに対して IP ToS 12 を使用するように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type src-account
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# match-value acme
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# caller-ip-TOS 12
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

caller-privacy

発信側から着信側に送信されるメッセージで実行するプライバシー処理のレベルを設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで caller-privacy コマンドを使用します。アドミッション コントロール テーブルの所定のエントリの最大チャネル数を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

caller-privacy [ privacy-setting ]

no caller-privacy

 
シンタックスの説明

privacy_setting

特定の発信側のプライバシー設定を指定します。有効値は、次のとおりです。

never:アイデンティティを非表示にしません。

account-boundary:発信側が着信側からのアカウントと異なる場合、アイデンティティを非表示にします。

always:アイデンティティを常に非表示にします。

 
デフォルト

privacy_setting 値は、never に設定されています。

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しいアドミッション コントロール テーブル MyCacTable の発信側のアイデンティティを常に非表示にするようにエントリを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-prefix
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# caller-privacy always
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

caller-sig-qos-profile

元の発信側に送信されるシグナリング パケットに使用される QoS プロファイルを設定するには、CAC ポリシー アドミッション コントロール テーブル モードで caller-sig-qos-profile コマンドを使用します。QoS プロファイルの設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

caller-sig-qos-profile profile-name

no caller-sig-qos-profile profile-name

 
シンタックスの説明

profile-name

QoS プロファイルの名前を指定します。文字列 default は予約されています。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC ポリシー アドミッション コントロール テーブル エントリ コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 caller-sig-qos-profile コマンドを使用して、enterprise という名前の QoS プロファイルが元の発信側に送信されるシグナリング パケットに使用されるように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# caller-sig-qos-profile enterprise

caller-video-qos-profile

元の発信側に送信されるメディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで caller-video-qos-profile コマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

caller-video-qos-profile profile-name

no caller-video-qos-profile

 
シンタックスの説明

profile-name

QoS プロファイルを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。


caller-video-qos-profile コマンドは、コール単位範囲でのみ実行できます。このコマンドが他の範囲で設定されている場合、CAC ポリシーはアクティブになりません。


 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、acme アカウントからのコールが SBC から元の発信側に送信されるパケットに対してビデオ QoS プロファイル エンタープライズを使用するように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type src-account
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# match-value acme
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# caller-video-qos-profile enterprise
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

caller-voice-qos-profile

元の発信側に送信されるメディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで caller-voice-qos-profile コマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

caller-voice-qos-profile profile-name

no caller-voice-qos-profile

 
シンタックスの説明

profile-name

QoS プロファイルを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。


) このコマンドは、コール単位範囲でのみ実行できます。このコマンドが他の範囲で設定されている場合、CAC ポリシーはアクティブになりません。


 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、acme アカウントからのコールが SBC から元の発信側に送信されるパケットに対して音声 QoS プロファイル エンタープライズを使用するように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type src-account
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# match-value acme
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# caller-voice-qos-profile enterprise
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

call-policy-set

新しいポリシー セットを作成するには、 SBE コンフィギュレーション モードで call-policy-set コマンドを使用します。 ポリシー セットを削除するには 、このコマンドの no 形式を使用します。

call-policy-set policy-set-id

no call-policy-set policy-set-id

 
シンタックスの説明

policy-set-id

ポリシー セットを特定する整数を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、mySbc に空のポリシー セット(1)を作成する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

first-call-routing-table

新しいコール イベントに対してポリシーのルーティング ステージを実行する場合、処理する最初のポリシー テーブルの名前を設定します。

first-number-analysis-table

ポリシーの番号分析ステージを実行する場合、処理する最初のポリシー テーブルの名前を設定します。

first-reg-routing-table

加入者登録イベントに対してポリシーのルーティング ステージを実行する場合、処理する最初のポリシー テーブルの名前を設定します。

category (NA-DST)

着信番号の一部分または全体に一致するテーブル エントリがある番号分析テーブル内にエントリ カテゴリを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで category コマンドを使用します。エントリのカテゴリの設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

category category-name

no category category-name

 
シンタックスの説明

category-name

イベントに割り当てるカテゴリを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

NA-DST 番号コンフィギュレーション

NA-DST プレフィクス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、番号全体に一致する新しい番号分析テーブル MyNaTable のエントリ 1 のカテゴリを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-dst-number-table MyNaTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)# category external
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)#

category (NA-SRC)

送信元アカウントまたは隣接関係に一致するテーブル エントリがある番号分析テーブル内にエントリ カテゴリを設定するには、NA-SRC コンフィギュレーション モードで category コマンドを使用します。番号分析テーブルのエントリ カテゴリの設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

category category-name

no category category-name

 
シンタックスの説明

category-name

イベントに割り当てるカテゴリを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

NA-SRC アカウント コンフィギュレーション

NA-SRC 隣接コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、送信元アカウントに一致する新しい NA テーブル MyNaTable のエントリ 1 のカテゴリを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-src-account-table MyNaTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)# category external
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)#

clear blacklist

ブラックリストから所定の送信元を削除するには、SBE モードで clear blacklist コマンドを使用します。

clear blacklist source

 
シンタックスの説明

source

ブラックリストに記載しない送信元 VPN、アドレス、またはポートを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 clear blacklist コマンドを使用して、ブラックリストから指定の送信元アドレスを削除する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router#configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# clear blacklist ipv4 123.124.1.2
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show services sbc sbe blacklist

指定の送信元で実施されている制限を表示します。

clear services

コールの統計情報、コール、記録された課金情報、およびキャッシュされた情報をクリアするには、EXEC モードで clear services コマンドを使用します。

clear services [ call-destroy call-index | media-stats | call-stats | flush-cdr-file | radius-client radius-server-stats [client-name | server-name] | radius-client-stats client-name ]

 
シンタックスの説明

call destroy client-index

特定されたコールをクリアします(SBE のみ)。

media-stats

DBE のメディア ゲートウェイ マネージャが収集したすべての統計情報をクリアします。

call-stats

記録されたすべてのコール統計情報をクリアします(SBE のみ)。

flush-cdr-file

ディスクにキャッシュされたすべてのローカル課金記録情報を書き込みます(SBE のみ)。

radius-client radius-server-stats [client-name | server-name]

指定の RADIUS サーバまたはクライアントのすべての統計情報をクリアします(SBE のみ)。

radius-client-stats client-name

指定のローカル RADIUS クライアントのすべての統計情報をクリアします(SBE のみ)。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

media-stats キーワードは、DBE に関連付けられています。他のすべてのキーワードは、SBE に適用されます。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り

firewall

読み取り

次に、コール 5 を破棄する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# show services sbc mySbc sbe calls
 
SBC Service “mySbc”
Call State Type
-------------------------------------
1 inactive data
2 active video
3 activating audio
4 active audio
5 inactive unknown
 
RP/0/0/CPU0:router# show services sbc mySbc sbe call 5 branches
 
SBC Service “mySbc”
Call: 5
State: inactive
Type: unknown
 
Branch Calling Number Called Number
1 102 789 767 -
2 - 105 659 896
 
RP/0/0/CPU0:router# clear services sbc mySbc sbe call-destroy 5
 

次に、DBE のメディア ゲートウェイ マネージャが収集したすべての統計情報をクリアする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# clear services sbc mySbc dbe media-stats
 

次に、SBE によるすべてのコールの統計情報をクリアする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# clear services sbc mySbc sbe call-stats
 

次に、キャッシュされたすべてのローカル課金記録情報をディスクに書き込む例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# clear services sbc mySbc sbe flush-cdr-file
 

次に、指定の RADIUS サーバのすべての統計情報をクリアする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# clear services sbc mySbc sbe radius-client radius1 radius-server-stats acctsvr
 

次に、ローカル RADIUS クライアントのすべての統計情報をクリアする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# clear services sbc mySbc sbe radius-client-stats readius1
 

clear services sbc sbe policy-failure-stats dst-account

指定のターゲット アカウントのすべてのコール セットアップ ポリシー障害統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear services sbc sbe policy-failure-stats dst-account コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe policy-failure-stats dst-account name

 
シンタックスの説明

sbc-name

SBC サービスの名前を指定します。

name

統計情報をクリアするターゲット アカウント名を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、AA という名前のアカウントのすべてのコール セットアップ ポリシー障害統計情報をクリアする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# clear services sbc mysbc sbe policy-failure-stats dst-account AA
RP/0/0/CPU0:router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear services sbc sbe policy-failure-stats dst-adjacency

指定のターゲット隣接関係のコール セットアップ ポリシー障害統計情報をクリアします。

clear services sbc sbe policy-failure-stats src-account

指定の送信元アカウントのコール セットアップ ポリシー障害統計情報をクリアします。

clear services sbc sbe policy-failure-stats src-adjacency

指定の送信元隣接関係のコール セットアップ ポリシー障害統計情報をクリアします。

clear services sbc sbe policy-failure-stats dst-adjacency

指定のターゲット隣接関係のすべてのコール セットアップ障害統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear services sbc sbe policy-failure-stats dst-adjacency コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe policy-failure-stats dst-adjacency name

 
シンタックスの説明

sbc-name

SBC サービスの名前を指定します。

name

統計情報をクリアするターゲット隣接関係名を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、ZZ という名前の隣接関係のすべてのポリシー障害統計情報をクリアする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# clear services sbc mysbc sbe policy-failure-stats dst-adjacency ZZ
RP/0/0/CPU0:router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear services sbc sbe policy-failure-stats dst-account

指定のターゲット アカウントのポリシー障害統計情報をクリアします。

clear services sbc sbe policy-failure-stats src-account

指定の送信元アカウントのポリシー障害統計情報をクリアします。

clear services sbc sbe policy-failure-stats src-adjacency

指定の送信元隣接関係のポリシー障害統計情報をクリアします。

clear services sbc sbe policy-failure-stats src-account

指定の送信元アカウントのすべてのコール セットアップ ポリシー障害統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear services sbc sbe policy-failure-stats src-account コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe policy-failure-stats src-account name

 
シンタックスの説明

sbc-name

SBC サービスの名前を指定します。

name

統計情報をクリアする送信元アカウント名を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、BB という名前の送信元アカウントのすべてのポリシー障害統計情報をクリアする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# clear services sbc mysbc sbe policy-failure-stats src-account BB
RP/0/0/CPU0:router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear services sbc sbe policy-failure-stats dst-adjacency

指定のターゲット隣接関係のポリシー障害統計情報をクリアします。

clear services sbc sbe policy-failure-stats dst-account

指定のターゲット アカウントのポリシー障害統計情報をクリアします。

clear services sbc sbe policy-failure-stats src-adjacency

指定の送信元隣接関係のポリシー障害統計情報をクリアします。

clear services sbc sbe policy-failure-stats src-adjacency

指定の送信元隣接関係のすべてのコール セットアップ障害統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear services sbc sbe policy-failure-stats src-adjacency コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe policy-failure-stats src-adjacency name

 
シンタックスの説明

sbc-name

SBC サービスの名前を指定します。

name

統計情報をクリアする送信元隣接関係名を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、YY という名前の隣接関係のすべてのポリシー障害統計情報をクリアする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# clear services sbc mysbc sbe policy-failure-stats src-adjacency YY

RP/0/0/CPU0:router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear services sbc sbe policy-failure-stats dst-adjacency

指定のターゲット隣接関係のポリシー障害統計情報をクリアします。

clear services sbc sbe policy-failure-stats dst-account

指定のターゲット アカウントのポリシー障害統計情報をクリアします。

clear services sbc sbe policy-failure-stats src-account

指定の送信元アカウントのポリシー障害統計情報をクリアします。

codec

コーデック リストにコーデックを追加するには、sbe-codec-list モードで codec コマンドを使用します。コーデック リストから名前が付いたコーデックを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

codec codec-name

no codec codec-name

 
シンタックスの説明

codec-name

コーデックの名前を指定します。この値は、SBE が認識用にハードコードされているコーデック リストのいずれかである必要があります。それ以外の場合、このコマンドを実行すると、SBE がエラーを表示します。

コーデック名の形式は、SDP で表示するのに使用される文字列と同じです。たとえば、PCMU または VDVI になります。コーデックは、各リストに一度だけ追加できます。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

sbe-codec-list

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、my_codecs コーデック リストに PCMU コーデックを割り当てる例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# codec-list my_codecs
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-codec-list)# codec PCMU

 
関連コマンド

コマンド
説明

codec-list

コーデック リストを作成します。

codec-list codec packetization-period

コーデックのパケット期間を指定します。

codec-list description

コーデック リストの説明を付けます。

show services sbc sbe codec-list

コーデック リストに関する情報を表示します。

codec-list

コーデック リストを作成するには、sbe モードで codec-list コマンドを使用します。コーデック リストを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

codec-list list-name

no codec-list list-name

 
シンタックスの説明

list-name

コーデック リストの名前を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

sbe

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、my_codecs の名前を使用してコーデック リストを作成するサブモードを開始する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# codec-list my_codecs

 
関連コマンド

コマンド
説明

codec

コーデック リストにコーデックを追加します。

codec-list codec packetization-period

コーデックのパケット期間を指定します。

codec-list description

コーデック リストの説明を付けます。

show services sbc sbe codec-list

コーデック リストに関する情報を表示します。

codec-list description

コーデック リストの説明を付けるには、sbe モードで codec-list description コマンドを使用します。コーデック リストの説明を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

codec-list description text

no description

 
シンタックスの説明

text

コーデック リストを説明する任意のテキスト文字列

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

sbe

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、my_codecs コーデック リストに Legitimate codecs の説明を付ける例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# codec-list my_codecs
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-codec-list)# description Legitimate codecs

 
関連コマンド

コマンド
説明

codec

コーデック リストにコーデックを追加します。

codec-list

コーデック リストを作成します。

codec-list codec packetization-period

コーデックのパケット期間を指定します。

show services sbc sbe codec-list

コーデック リストに関する情報を表示します。

codec packetization-period

コーデックの最小パケット期間を設定するには、sbe-codec-list モードで codec packetization-period コマンドを使用します。コーデックからパケット期間を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

codec codec-name packetization-period packet-period

no codec codec-name packetization-period packet-period

 
シンタックスの説明

codec-name

コーデックの名前を指定します。この値は、SBE が認識用にハードコードされているコーデック リストのいずれかである必要があります。それ以外の場合、このコマンドを実行すると、SBE がエラーを表示します。

コーデック名の形式は、SDP で表示するのに使用される文字列と同じです(たとえば、PCMU または VDVI)。

packet-period

コーデックの後ろには、 packetization-period で表示されるミリ秒の最小許容パケット期間を任意で設定できます。

たとえば、コーデック PCMU パケット期間 20 は、最小許容パケット期間 20 ms でリストにコーデック PCMU を追加します。パケット期間の範囲は、0 ~ 1000 ms に制限されています。


) それぞれの最小パケット期間では、一度に 1 つのコーデックだけを各リストに追加できます。


 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

sbe

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、PCMU の最小パケット期間および my_codecs コーデック リストにある G729 コーデックを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# codec-list my_codecs
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-codec-list)# codec PCMU packetization-period 20
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-codec-list)# codec G729 packetization-period 10

 
関連コマンド

コマンド
説明

codec

コーデック リストにコーデックを追加します。

codec-list

コーデック リストを作成します。

codec-list description

コーデック リストの説明を付けます。

show services sbc sbe codec-list

コーデック リストに関する情報を表示します。

codecs

メディア ゲートウェイでサポートされているコーデックを設定するには、メディア ゲートウェイ コンフィギュレーション モードで codecs コマンドを使用します。コーデック サポートをなしに設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

codecs codec-list

no codecs

 
シンタックスの説明

codec-list

サポート対象のコーデックを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

メディア ゲートウェイ コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、メディア ゲートウェイ 10.0.0.1 のサポート対象コーデックを m=audio 6000 RTP/AVP 4 および a=rtpmap:0 PCMU/8000 (RFC 1890 の定義に従って)に設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# media-gateway ipv4 10.0.0.1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-media-gateway)# codecs “m=audio 6000 RTP/AVP 4,a=rtpmap:0 PCMU/8000”

complete

フル セットをコミットしたあとに CAC-policy セットまたは call-policy セットを完了するには、適切なコンフィギュレーション モードで complete コマンドを使用します。エントリを変更するには、このコマンドの no 形式を使用します。

complete

no complete

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC-policy-set コンフィギュレーション

Call-policy-set コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

SBC は、ルーティング ポリシーが一貫しており、アクティブ ポリシー セットとして設定できることを確認します。このコマンドが発行されると、CAC-policy-set は変更できません。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、mySbc で cac-policy set(1)を完了する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# complete
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# exit

congestion-cleared

輻輳イベントがクリアされたことを DBE が SBE にシグナリングできるシステム リソースの割合を設定するには、vDBE コンフィギュレーション モードで congestion-cleared コマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

congestion-cleared percentage

no congestion-cleared

 
シンタックスの説明

percentage

クリアされた輻輳を SBE にシグナリングするには、システム リソースの割合を指定します。

 
デフォルト

percentage =60

 
コマンド モード

vDBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、システム リソースの使用量が 90% のときに、クリアされた輻輳を SBE にシグナリングするように DBE を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc dbe vdbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# congestion-cleared 90

 
関連コマンド

コマンド
説明

congestion-threshold

DBE が輻輳イベントを SBE にシグナリングできるシステム リソースの割合を設定します。

congestion-threshold

DBE が輻輳イベントを SBE にシグナリングできるシステム リソースの割合を設定するには、vDBE コンフィギュレーション モードで congestion-threshold コマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

congestion-threshold percentage

no congestion-threshold

 
シンタックスの説明

percentage

輻輳を SBE にシグナリングするシステム リソースの割合値を指定します。値の範囲は、0 ~ 100 です。

 
デフォルト

デフォルトでは、このコマンドは percentage が 60% であると認識しています。

 
コマンド モード

vDBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

DBE は、コール数に応じてサービス カードの容量(R0 で DBE インスタントごとに最大 2,500)および帯域幅(サービス カードの最大転送レートは、R0 で 500,000 パケット/秒)を追跡します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、最大容量が 95% のときに輻輳イベントを SBE にシグナリングするように DBE を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc dbe vdbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# congestion-threshold 95

 
関連コマンド

コマンド
説明

congestion-cleared

DBE が輻輳イベントがクリアされたことを SBE にシグナリングできるシステム リソースの割合を設定します。

control address aaa

認証サーバまたは課金サーバに接続するときに特定の IPv4 AAA コントロール アドレスを使用するように SBE を設定するには、 sbe コンフィギュレーション モードで control address aaa ipv4 コマンドを使用します。IPv4 AAA コントロール アドレスの設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

control address aaa ipv4 ip_address [ vrf vrf-name ]

no control address aaa ipv4 ip_address

 
シンタックスの説明

ipv4 ip_address

IPv4 AAA コントロール アドレスを指定します。

vrf

(任意)VRF を指定します。

vrf-name

(任意)VRF 名を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.5.1

このコマンドは Cisco XR 12000 シリーズ ルータで変更され、VRF キーワード オプションが追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、AAA コントロール アドレスとしてアドレス 10.1.0.1 を使用するように SBE を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# control address aaa ipv4 10.1.0.1 vrf myvrf

 
関連コマンド

コマンド
説明

control address h248 (SBE)

IPv4 H.248 コントロール アドレスを設定します。

control address h248 (SBE)

メディア ゲートウェイ コントローラとして動作するときに H.248 通信に所定の IPv4 H.248 コントロール アドレス、ポート、またはトランスポートを使用するように SBE を設定するには、SBE コンフィギュレーション モードで control address h248 コマンドを使用します。メディア ゲートウェイ コントローラとしての動作用に所定の IPv4 H.248 コントロール アドレスの設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

control address h248 [index value | ipv4 ipv4_ip_address | port port-number | transport transport-type ]

no control address h248 [index value | ipv4 ipv4_ip_address | port port-number | transport transport-type ]

 
シンタックスの説明

index value

設定する H.248 コントロール アドレスの一意の ID を指定します。値の範囲は、0 ~ 4294967295 です。

ipv4 ip_address

IPv4 H.248 コントロール アドレスを指定します。

port port-number

ポート番号を指定します。

transport transport-type

トランスポート タイプを指定します。トランスポートの有効値には、udp または tcp が含まれます。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、H.248 コントロール アドレスとしてアドレス 10.1.0.1 を使用するように SBE を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# control address h248 ipv4 10.1.0.1

 
関連コマンド

コマンド
説明

control address aaa

AAA コントロール アドレスを設定します。

control-address h248 ipv4 (DBE)

特定の IPv4 アドレスで vDBE のコントロール アドレスを設定するには、vDBE モードで control-address h248 ipv4 コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

control-address h248 ipv4 ipv4_address

no control-address h248 ipv4

 
シンタックスの説明

ipv4_address

この H.248 アソシエーションに割り当てる IPv4 アドレスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

vDBE

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.1

control address h248 コマンドは、Cisco XR 12000 シリーズ ルータの DBE モジュールをサポートするように強化されました。 ipv4_address 引数だけが vDBE サブモードでサポートされています。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、ローカル vDBE IPv4 アドレスを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# vdbe

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# control-address h248 ipv4 10.2.0.10

 
関連コマンド

コマンド
説明

controller h248 [ vrf ] remote-address ipv4

vDBE H.248 コントローラのリモート アドレスを設定します。

controller h248

DBE の H.248 コントローラを設定するモードを開始するには、DBE モードで controller h248 コマンドを使用します。

controller h248 controller-index

 
シンタックスの説明

controller-index

メディア コントローラのインデックスを指定します。値の範囲は、0 ~ 4294967295 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

dbe-vdbe

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、DBE の H.248 コントローラを設定するモードを開始する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# vdbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# controller h248 1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

control address h248

メディア ゲートウェイ コントローラとして動作するときに H.248 通信に所定の IPv4 H.248 コントロール アドレス、ポート、またはトランスポートを使用するように SBE を設定します。

transport

指定の H.248 コントローラで H.248 コントロール シグナリングに UDP または TCP のいずれかを使用するように DBE を設定します。

critical-alarm-threshold

CDR ファイルが一定のサイズに達すると、クリティカル アラームを生成するしきい値を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで critical-alarm-threshold コマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

critical-alarm-threshold threshold

no critical-alarm-threshold

 
シンタックスの説明

threshold

アラームが生成されるときのしきい値(MB 単位)を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

Billing local コンフィギュレーション

Billing remote コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、クリティカル アラームのしきい値を 1000 MB に設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# billing local
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-lclbill)# critical-alarm-threshold 1000
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-lclbill)# exit

dbe-location-id

メディアをルーティングするときに所定のメディア ゲートウェイ DBE ロケーションを使用するように H.323 隣接関係を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで dbe-location-id コマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dbe-location-id dbe-location-id

no dbe-location-id

 
シンタックスの説明

dbe-location-id

DBE の DBE ロケーション ID を指定します。0 の値は、隣接関係がローカル ネットワーク内にあることを示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション

隣接 SIP コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、H.323 隣接関係 h323ToIsp42 を設定して DBE ロケーション ID 1 を使用する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# dbe-location-id 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# exit

deact-mode

DBE または SBE 非アクティブ化で実行するアクションを指定するには、適切なコンフィギュレーション モードで deact-mode コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

deact-mode deact-type

no deact-mode

 
シンタックスの説明

deact-type

DBE 非アクティブ化で実行するアクションを指定します。

abort :シグナリングなしですべてのコールがドロップされます。

normal :サービスの変更が SBE にシグナリングされるとすぐ、すべてのコールが終了します。

quiesce :新しいコールは許可されません。非アクティブ化は、既存のコールが自然に終了したあとに発生します。

SBE 非アクティブ化で実行するアクションを指定します。

abort :シグナリングなしですべてのコールがドロップされます。

normal :既存のコールが正常にティアダウンされます。

quiesce :新しいコールは許可されません。既存のコールを終了できます。

 
デフォルト

デフォルトでは、このコマンドは normal パラメータを認識します。

 
コマンド モード

DBE コンフィギュレーション

SBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、ハードウェア メンテナンスの装置を準備するために、 quiesce モードで非アクティブにする DBE を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# deact-mode quiesce
 

description

ポリシー セット、隣接関係、送信元、およびイベント制限の説明文、または番号分析テーブルを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで description コマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

description description

no description description

 
シンタックスの説明

description

説明しているオブジェクトを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション

隣接 SIP コンフィギュレーション

Call-policy-set コンフィギュレーション

CAC-policy-set コンフィギュレーション

CAC-table コンフィギュレーション

NA-DST コンフィギュレーション

NA-DST-prefix-table コンフィギュレーション

NA-SRC-account-table コンフィギュレーション

NA-SRC-adjacency-table コンフィギュレーション

RTG-DST-address-table コンフィギュレーション

RTG-SRC-address-table コンフィギュレーション

RTG-SRC-adjacency-table コンフィギュレーション

RTG-SRC-account-table コンフィギュレーション

RTG-round-robin-table コンフィギュレーション

SBE ブラックリスト コンフィギュレーション

SIP header-profile コンフィギュレーション

SIP method-profile コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.4.1

このコマンドは Cisco XR 12000 シリーズ ルータで変更され、次のコンフィギュレーション モードが追加されました。

SIP header-profile コンフィギュレーション

SIP method-profile コンフィギュレーション

Release 3.5.0

このコマンドは Cisco XR 12000 シリーズ ルータで変更され、SBE-blacklist コンフィギュレーションが追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、H.323 隣接関係 h323ToIsp42 を設定して description test adjacency を使用する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# description test adjacency
 

次に、SIP 隣接関係 SipToIsp42 を設定して description test adjacency を使用する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)# description test adjacency
 

次に、着信番号の全体に一致するエントリがある番号分析テーブル MyNaTable の説明文を作成する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-dst-number-table MyNaTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# description “My first number analysis table”
 

次に、mySbc に空のポリシー セット(1)を作成する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# description “empty set”
 

次に、アドミッション コントロール テーブル MyCacTable の説明文を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# description “My first CAC table”
 

次に、着信番号の最初の部分に一致するエントリがある番号分析テーブル MyNaTable の説明文を作成する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-dst-prefix-table MyNaTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# description “My first number analysis table”
 

次に、特定の送信元 IP アドレスの説明文を追加する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# blacklist ipv4 125.12.12.15
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-blacklist)# description “test”
 

次に、mySbc に空のポリシー セット(1)を作成する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# description “empty set”
 

次に、SIP header-profile Profile1 の説明文「myheaderprofile」を追加する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe sip header-profile Profile1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-sip-hdr-prf)# description “myheaderprofile”
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-sip-hdr-prf)# commit
 

次に、SIP method-profile Profile1 の説明文「mymethodprofile」を追加する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe sip method-profile Profile1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-sip-mth-prf)# description “mymethodprofile”
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-sip-mth-prf)# commit
 

disabled

RADIUS アカウントのメッセージのキャッシュおよび送信をディセーブルにするには、RADIUS アカウンティング コンフィギュレーション モードで disabled コマンドを使用します。

disabled

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

RADIUS アカウンティング モード(config-sbc-sbe-acc)

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、RADIUS クライアント インスタンス radius1 のキャッシュからのメッセージ送信を停止する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# radius accounting radius1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-acc)# disabled

 
関連コマンド

コマンド
説明

radius

アカウンティング用の RADIUS クライアントを設定します。

dst-adjacency

ルーティング テーブルのエントリの宛先隣接関係を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで dst-adjacency コマンドを使用します。宛先隣接関係を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dst-adjacency target-adjacency

no dst-adjacency target-adjacency

 
シンタックスの説明

target-adjacency

使用する宛先隣接関係を特定する文字列を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

RTG-DST-address-table コンフィギュレーション

RTG-SRC-address-table コンフィギュレーション

RTG-SRC-adjacency-table コンフィギュレーション

RTG-SRC-account-table コンフィギュレーション

RTG-round-robin-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

target-adjacency 引数は、match-type round-robin によるルーティング テーブル エントリで必須です。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable のエントリの宛先隣接関係を softswitch1 に設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-dst-address-table MyRtgTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# dst-adjacency softswitch1
 

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable のエントリの宛先隣接関係を softswitch1 に設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-src-address-table MyRtgTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# dst-adjacency softswitch1
 

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable のエントリの宛先隣接関係を softswitch1 に設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-src-adjacency-table MyRtgTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# dst-adjacency softswitch1
 

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable のエントリの宛先隣接関係を softswitch1 に設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-src-account-table MyRtgTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# dst-adjacency softswitch1
 

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable のエントリの宛先隣接関係を softswitch1 に設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-round-robin-table MyRtgTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# dst-adjacency softswitch1
 

dscp

所定の QoS プロファイルに所属する IP パケットのマーク付けをする DSCP を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで dscp コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

dscp value

no dscp

 
シンタックスの説明

value

パケットのマーク付けをする DSCP 値を指定します。値の範囲は、0 ~ 63 です。

 
デフォルト

デフォルトの DSCP 値は、0 です。

 
コマンド モード

QoS fax コンフィギュレーション

QoS video コンフィギュレーション

QoS voice コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、10 の DSCP で IP パケットのマーク付けをする QoS プロファイルを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# qos fax residential
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-qos-fax)# dscp 10
 

次に、10 の DSCP で IP パケットのマーク付けをする QoS プロファイルを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# qos video residential
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-qos-video)# dscp 10
 

次に、10 の DSCP で IP パケットのマーク付けをする QoS プロファイルを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# qos voice residential
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-qos-voice)# dscp 10
 

dtmf-duration

DTMF イベントのデフォルト期間(ミリ秒単位)を設定するには、 vDBE コンフィギュレーション モードで dtmf-duration コマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dtmf-duration duration

no dtmf-duration

 
シンタックスの説明

duration

DTMF イベントの時間(ミリ秒単位)を指定します。値の範囲は、1 ~ 1000 です。

 
デフォルト

duration : 200ms

 
コマンド モード

DBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、DTMF イベントのデフォルト期間を 250 ms に設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc dbe vdbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# dtmf-duration 250

dtmf-relay

隣接関係の DTMF リレーを設定するには、隣接 H.323 コンフィギュレーション モードで dtmf-relay コマンドを使用します。隣接関係の DTMF リレーの設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dtmf-relay rtp-nte

no dtmf-relay

 
シンタックスの説明

rtp-nte

(任意)rtp-nte サポートをイネーブルにします。

 
デフォルト

デフォルトでは、rtp-nte が指定されます。

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次の点に注意してください。

すべての隣接関係は、H.245 UserInputIndication(英数字)またはインバンドとして DTMF の通過をサポートします。

デフォルトでは、H.323 は、シグナリング ピアおよび上記の 2 つの方法で RFC 2833 RTP Named Telephone Events (rtp-nte)のサポートをネゴシエーションします。

2 つの隣接関係間でコールがルーティングされる場合、いずれか一方が rtp-nte をサポートするように設定されており、他方が設定されていない場合は DTMF インターワーキングがイネーブルの状態です。

DTMF インターワーキングでは、H.245 UserInputIndications が RFC 2833 パケットに変換されます。逆の場合も同様です。コールで DTMF インターワーキングがイネーブルにされている場合、リモート エンドポイントが RFC 2833 に使用するダイナミック RTP ペイロード タイプが rtp-nte 隣接関係に設定されている必要があります。

最も単純な設定は、すべての H.323 隣接関係で同じ値を使用することです。複合設定では、要件がすべての rtp-nte 隣接関係に適用されます。

RFC 2833 をサポートするその隣接関係のすべてのエンドポイントは、同じ受信用 RTP ダイナミック ペイロード タイプを使用します。

このダイナミック ペイロード タイプは、コール セットアップより前に隣接関係に設定されています。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、H.323 隣接関係 h323ToIsp42 の rtp-nte サポートをディセーブルにする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# dtmf-relay

early-media-deny

アドミッション コントロール テーブルのエントリに対して初期メディアを禁止するかどうかを設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで early-media-deny コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

early-media-deny

no early-media-deny

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

デフォルトでは、初期メディアが許可されています。

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、アドミッション コントロール テーブル MyCacTable の既存のエントリに対して初期メディアを禁止する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-prefix
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# early-media-deny
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

early-media-direction

アドミッション コントロール テーブルのエントリに対して許可する初期メディアの方向を設定します。

early-media-timeout

コールが確立される前に初期メディアを許可する時間を設定します。

early-media-direction

アドミッション コントロール テーブルのエントリで許可する初期メディアの方向を設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで early-media-direction コマンドを使用します。この設定を削除して、デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

early-media-direction [ backward-half-duplex | forward-half-duplex | full-duplex ]

no early-media-direction

 
シンタックスの説明

backward-half-duplex

逆方向でのみ初期メディアを許可します。

forward-half-duplex

順方向でのみ初期メディアを許可します。

full-duplex

両方の方向で初期メディアを許可します。

 
デフォルト

デフォルトの方向は、full-duplex です。

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、アドミッション コントロール テーブル MyCacTable の既存のエントリに対して初期メディア方向を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-prefix
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# early-media-direction full-duplex
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

early-media-deny

アドミッション コントロール テーブルのエントリに対して初期メディアを禁止するように設定します。

early-media-timeout

コールが確立される前に初期メディアを許可する時間を設定します。

early-media-timeout

コールが確立される前に初期メディアを許可する時間を設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで early-media-timeout コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

early-media-timeout value

no early-media-timeout

 
シンタックスの説明

value

タイムアウト期間を秒単位で指定します。0 の値は、コールがタイムアウトしないことを意味します。

 
デフォルト

value : 0

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、アドミッション コントロール テーブル MyCacTable の既存のエントリに対して初期メディア タイムアウトを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-prefix
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# early-media-timeout 90
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-ent)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

early-media-deny

アドミッション コントロール テーブルのエントリに対して初期メディアを禁止するように設定します。

early-media-direction

アドミッション コントロール テーブルのエントリに対して許可する初期メディアの方向を設定します。

edit-cic

番号分析テーブルのキャリア ID コードを操作するには、 edit-cic コマンドを使用します。

編集を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

edit-cic [ del-prefix pd ] | [ del-suffix sd ] | [ add-prefix pa ] | [ replace ds ]

 
シンタックスの説明

add-prefix pa

キャリア ID ストリングの前方に追加するディジット文字列

del-prefix pd

キャリア ID ストリングの先頭から削除するディジット数を指定する正の整数

del-suffix sd

キャリア ID ストリングの末尾から削除するディジット数を指定する正の整数

replace ds

キャリア ID ストリングを置換するディジット文字列

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

sbe-callpolicy-natable

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

発信メッセージからキャリア ID 全体を削除する場合、0 の置換文字列または 4 のプレフィクス削除文字列を指定します。次に、例を示します。

edit-cic del-prefix 4

または

edit-cic replace 0

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、エントリ 1 を設定して、NA テーブル MyNaTable のキャリア ID の最初のディジットを削除する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router#config
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-callpolicy)# na-src-account-table MyNaTable
RP/0/0/CPU0:router#(config-sbc-sbe-callpolicy-natable)# entry 1 edit-cic del-prefix 1

 
関連コマンド

コマンド
説明

call-policy-set

SBE エンティティ内のルーティング ポリシー コンフィギュレーション モードを開始します。

entry

番号分析テーブルのエントリを設定するモードを開始します。必要な場合は、テーブルを作成します。

na-src-account-table

送信元アカウントに一致するエントリを持つ、SBE ポリシー セット内の番号分析テーブルを設定するモードを開始します。

sbc

新しい SBC サービスを作成し、新しい SBC コンフィギュレーション モードを開始します。または、既存のサービスのコンフィギュレーション モードを開始します。

sbe

SBC サービス内の SBE エンティティのモードを開始します。

edit

着信番号の全体に一致するテーブル エントリがある番号分析テーブルのダイヤルストリング操作のアクションを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで edit コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

edit [del-prefix pd ] | [del-suffix sd ] | [add-prefix pa ] | [replace ds ]

no edit

 
シンタックスの説明

del-prefix pd

ダイヤルされたディジット ストリングの先頭から削除するディジット数を指定する正の整数

del-suffix sd

ダイヤルされたディジット ストリングの末尾から削除するディジット数を指定する正の整数

add-prefix pa

ダイヤルされたディジット ストリングの先頭に追加するディジット文字列

replace ds

ダイヤルされたディジット ストリングを置換するディジット文字列

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

NA-DST-number-table コンフィギュレーション

NA-DST-prefix-table コンフィギュレーション

NA-SRC-account-table コンフィギュレーション

NA-SRC-adjacency-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、エントリ 1 を設定して、新しい番号分析テーブル MyNaTable のダイヤルされたストリングの先頭から 1 つのディジットを削除する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-dst-number-table MyNaTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-ent)# edit del-prefix 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-natable-ent)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-natable)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

match-number

番号分析テーブルのエントリの一致値を設定します。

entry

テーブルのエントリを作成または変更するには、適切なコンフィギュレーション モードで entry コマンドを使用します。アドミッション コントロール テーブルの特定のエントリを破棄するには、このコマンドの no 形式を使用します。

entry entry-id

no entry entry-id

 
シンタックスの説明

entry-id

テーブル エントリを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション

NA-DST-number-table コンフィギュレーション

NA-DST-prefix-table コンフィギュレーション

NA-SRC-adjacency-table コンフィギュレーション

NA-SRC-account-table コンフィギュレーション

RTG-DST-address-table コンフィギュレーション

RTG-SRC-address-table コンフィギュレーション

RTG-SRC-adjacency-table コンフィギュレーション

RTG-SRC-account-table コンフィギュレーション

RTG-round-robin-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。


) アクティブ ポリシー セットのコンテキスト内のテーブルの設定を変更することはできません。テーブルがアクティブ ポリシー セットの一部になっていると、エントリを破棄できない場合があります。


 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しいアドミッション コントロール テーブル MyCacTable のエントリを作成する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-prefix
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)#

fast-register disable

SIP 隣接関係のファストパス登録サポートをディセーブルにするには、隣接 SIP コンフィギュレーション モードで fast-register disable コマンドを使用します。ファストパス登録サポートをイネーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

fast-register disable

no fast-register disable

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

デフォルトでは、ファストパス登録機能がイネーブルです。

 
コマンド モード

隣接 SIP コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

ファストパス登録は、SBC がソフトスイッチにすべての SIP 登録メッセージを転送しないようにするために使用します。これにより、ソフトスイッチの負荷が軽減されます。これはデフォルトでイネーブルになっており、このコマンドを使用してディセーブルにできます。アクティブな状態の場合、既存の登録と同じホストおよびポートから受信された SIP 登録メッセージは、ゼロ以外の有効期限の場合に限り、さらなる解析または処理を実行しないですぐに応答します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、SIP 隣接関係 SipToIsp42 のファストパス登録サポートをディセーブルにする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)# fast-register disable

 
関連コマンド

コマンド
説明

fast-register-interval

ファストパス登録インターバルを設定します。

fast-register-interval

ファストパス登録インターバルを秒単位で設定するには、隣接 SIP コンフィギュレーション モードで fast-register-interval コマンドを使用します。ファストパス登録インターバルの設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

fast-register-interval interval

no fast-register-interval

 
シンタックスの説明

interval

インターバル値を秒単位で指定します。値の範囲は、1 ~ 2000000 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

隣接 SIP コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

この隣接関係でファストパス登録サポートがイネーブルにされている場合、これは加入者登録で許可される最小の有効期限になります。登録がソフトスイッチに転送されるインターバルは、reg-min-expiry 値によって管理されています。


interval は、min-expiry より小さい値にする必要があります。


 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、SIP 隣接 SipToISP 42 に対して 10 秒の fast-register interval をイネーブルにする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)# fast-register-interval 10

 
関連コマンド

コマンド
説明

fast-register disable

SIP 隣接関係のファストパス登録サポートをディセーブルにします。

first-cac-scope

アドミッション コントロール ステージのポリシーの実行時に最初に定義される制限のスコープを設定するには、CAC-policy-set コンフィギュレーション モードで first-cac-scope コマンドを使用します。

first-cac-scope scope-name

 
シンタックスの説明

scope-name

アドミッション コントロール ステージのポリシーの実行時に最初に定義される制限のスコープを指定します。設定できる値は、次のとおりです。

global

call

次のうち、1 つまたは複数のスコープを、カンマ区切り形式のリストで指定できます。

src-adjacency

dst-adjacency

src-number

dst-number

src-account

dst-account

category

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC-policy-set コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、mySbc のコンフィギュレーション セット 1 に、アドミッション コントロール ポリシーを定義する最初のスコープとしてスコープ カテゴリを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope src-adjacency

first-cac-table

アドミッション コントロール ステージのポリシーの実行時に処理する最初のポリシー テーブルの名前を設定するには、CAC-policy-set コンフィギュレーション モードで first-cac-table コマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

first-cac-table table-name

no first-cac-table

 
シンタックスの説明

table-name

最初に処理されるアドミッション コントロール テーブルを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC-policy-set コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、mySbc のコンフィギュレーション セット 1 に最初のアドミッション コントロール テーブルとして RootCacTable を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table RootCacTable

first-call-routing-table

new-call イベントのルーティング ステージのポリシーの実行時に処理する最初のポリシー テーブルの名前を設定するには、Call-policy-set コンフィギュレーション モードで first-call-routing-table コマンドを使用します。最初のポリシー テーブルの名前の設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

first-call-routing-table table-name

no first-call-routing-table

 
シンタックスの説明

table-name

最初に処理されるルーティング テーブルを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

Call-policy-set コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、mySbc のコンフィギュレーション セット 1 に new-call イベントの最初のルーティング テーブルとしてテーブル RootCallRtgTable を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# first-call-routing-table RootCallRtgTable

first-number-analysis-table

番号分析ステージのポリシーの実行時に処理する最初のポリシー テーブルの名前を設定するには、Call-policy-set コンフィギュレーション モードで first-number-analysis-table コマンドを使用します。最初のポリシー テーブルの名前の設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

first-number-analysis-table table-name

no first-number-analysis-table

 
シンタックスの説明

table-name

最初に処理される番号分析テーブルを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

Call-policy-set コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、mySbc のコンフィギュレーション セット 1 に最初の番号分析テーブルとしてテーブル RootNaTable を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# first-number-analysis-table RootNaTable

first-reg-routing-table

subscriber-registration イベントのルーティング ステージのポリシーの実行時に処理する最初のポリシー テーブルの名前を設定するには、Call-policy-set コンフィギュレーション モードで
first-reg-routing-table コマンドを使用します。最初のポリシー テーブルの名前の設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

first-reg-routing-table table-name

no first-reg-routing-table

 
シンタックスの説明

table-name

最初に処理されるルーティング テーブルを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

Call-policy-set コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、mySbc のコンフィギュレーション セット 1 に subscription-registration イベント用の最初のルーティング テーブルとしてテーブル RootRegRtgTable を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# first-reg-routing-table RootRegRtgTable

force-limited-call-hold

コール保留時にメディア フォーマットの変更を抑制することにより、SBC のメディア アドレスまたはポートが変更されないようにするには、cac-policy コンフィギュレーション モードで force-limited-call-hold コマンドを使用します。

force-limited-call-hold

no force-limited-call-hold

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドはイネーブルではありません。コールが保留になると、SBC は自動的にメディア アクセス ポートを変更します。

 
コマンド モード

cac-policy

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するのは、メディア アドレスまたはポートの変更をサポートしていないエンド ポイントに対してだけにしてください。

メディア アドレスまたはポートの変更をサポートしているエンドポイントにこのコマンドを適用すると、保留時の音楽など、アプリケーションの機能が破壊されることがあります。これらの機能を呼び出すコールが正常に実行されない可能性があります。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

force limited call hold 機能をイネーブルにする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# service-location preferred-active 0/1/CPU0
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# activate
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency h323 7200-1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# cac-policy-set 234
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table root
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table root
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type policy-set
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cac-table-ent)# force-limited-call-hold
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cac-table-ent)

group

隣接グループに隣接関係を設定するには、隣接モードで group コマンドを使用します。指定グループから隣接関係を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

group adjacency-group name

no group adjacency-group name

 
シンタックスの説明

adjacency-group name

指定した隣接関係を割り当てる隣接グループを定義します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

SBE SIP 隣接モードまたは H.323 隣接モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 group コマンドを使用して、InternetEth0 という名前の隣接グループに、sipGW という名前の SIP 隣接関係を割り当てる例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip sipGW
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)# group InternetEth0
 

次に、 group コマンドを使用して、Isp42 という名前の隣接グループに、H323ToIsp42 という名前の H.323 隣接関係を割り当てる例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency h323 H323ToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# group Isp42
 

h225 timeout

H.225 タイムアウト インターバルを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで h225 timeout コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

h225 timeout { setup | proceeding | establishment } value

no h225 timeout { setup | proceeding | establishment } value

 
シンタックスの説明

setup

setup 状態を指定します。この状態のデフォルト値は 4 秒です。

proceeding

proceeding 状態を指定します。この状態のデフォルト値は 10 秒です。

establishment

establishment 状態を指定します。この状態のデフォルト値は 180 秒です。

value

タイムアウト期間を秒単位で指定します。setup と proceeding のタイムアウト期間の有効値は、1 ~ 30 秒です。establishment タイムアウトの有効値は、30 ~ 300 秒です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション

H.323 コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 h225 timeout コマンドを使用し、隣接 H.323 コンフィギュレーション モードで H.225 タイムアウト インターバルを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router#configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# h225 timeout setup 30
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# h225 timeout proceeding 30
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# h225 timeout establishment 30
 

次に、 h225 timeout コマンドを使用し、H.323 コンフィギュレーション モードで H.225 タイムアウト インターバルを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router#configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# h323
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-h323)# h225 timeout setup 30
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-h323)# h225 timeout proceeding 30
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-h323)# h225 timeout establishment 30
 

h245-tunnel disable

隣接関係の単位で H.245 トンネリングをディセーブルにするには、SBE H.323 隣接モードで、 h245-tunnel disable コマンドを使用します。トンネリングをイネーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

h245-tunnel disable

no h245-tunnel disable

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

SBE H.323 隣接

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 h245-tunnel disable コマンドを使用して、H323ToIsp42 という名前の H.323 隣接関係の H.245 トンネリングをディセーブルにする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router#configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency h323 H323ToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# h245-tunnel disable
 

h248 allow-all-mg

H.248 シグナリング スタックがすべてのメディア ゲートウェイからの接続を許可するように設定するには、SBE コンフィギュレーション モードで、 h248 allow-all-mg コマンドを使用します。H.248 シグナリング スタックがすべてのメディア ゲートウェイからの接続を許可するという設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

h248 allow-all-mg

no h248 allow-all-mg

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

デフォルトでは、すべてのメディア ゲートウェイからの接続が許可されます。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、H.248 シグナリング スタックがあらゆるメディア ゲートウェイからの SBE への接続を許可するように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# h248 allow-all-mg

h248-association-timeout

H.248 コントローラが監視イベント通知に応答しない場合にそのコントローラとのアソシエーションを DBE がリセットするように設定するには、vdbe モードで h248-association-timeout コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

h248-association-timeout

no h248-association-timeout

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

デフォルト設定は、このコマンドの no 形式です。

 
コマンド モード

vdbe

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータ および Cisco CRS-1 に追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

H.248 コントローラとのアソシエーションをリセットする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# vdbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-dbe-vdbe)# h248-association-timeout

 
関連コマンド

コマンド
説明

h248-preserve-gates

メディア タイムアウトが発生し、コントローラとのアソシエーションがダウンした場合に、そのメディアの終端またはコンテキストを削除しないように DBE を設定します。

h248-max-term-per-context

ベース ルート パッケージを使用して DBE のコンテキストあたりの最大 H.248 終端数を設定するには、vDBE モードで h248-max-term-per-context コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

h248-max-term-per-context max-contexts

no h248-max-term-per-context

 
シンタックスの説明

max-contexts

各コンテキストの終端数の最大値を指定します。値の範囲は 2 ~ 32 です。

 
デフォルト

デフォルト値は 32 です。

 
コマンド モード

vDBE

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータ および Cisco CRS-1 に追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、各コンテキストの最大終端数として 8 を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# vdbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# h248-max-terms-per-context 8

 
関連コマンド

コマンド
説明

h248-association-timeout

H.248 コントローラが監視イベント通知に応答しない場合、そのコントローラとのアソシエーションをリセットするように DBE を設定します。

h248-media-alert-event

VDBE が損失メディアを検出した場合に生成される Middlebox Pin-Hole Timer Expired イベントを定義するには、VDBE モードで h248-media-alert-event コマンドを使用します。損失メディア検出時の Middlebox Pin-Hole Timer Expired イベント生成をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

h248-media-alert-event

no h248-media-alert-event

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

Middlebox Pin-Hole Timer Expired イベントが生成されます。

 
コマンド モード

sbc-dbe-vdbe モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.0

このコマンドが Cisco CRS-1 に追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 h248-inactivity-duration コマンドを使用して Middlebox Pin-Hole Timer Expired イベントの生成をディセーブルにする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# vdbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-dbe-vdbe)# h248-media-alert-event
 

h248-napt-package

VDBE が NAT シグナリング機能に使用する H.248 パッケージを設定するには、VDBE モードで h248-napt-package コマンドを使用します。H.248 パッケージの設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

h248-napt-package { napt | ntr }

no h248-napt-package { napt | ntr }

 
シンタックスの説明

napt

H.248.37 に定義されている IP NAPT パッケージを使用します。

ntr

ETSI TS 102 333 に定義されている NAT パッケージを使用します。

 
デフォルト

NAT パッケージが使用されます。

 
コマンド モード

sbc-dbe-vdbe モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.0

このコマンドが Cisco CRS-1 に追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 h248-napt-package コマンドを使用して、VDBE が IP NAPT パッケージを使用するように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# vdbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-dbe-vdbe)# h248-napt-package napt

h248-preserve-gates

メディア タイムアウトが発生しコントローラとのアソシエーションがダウンした場合に DBE がメディア終端またはコンテキストを維持するように設定するには、vDBE モードで
h248-preserve-gates
コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

h248-preserve-gates

no h248-preserve-gates

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

タイムアウトが発生し、コントローラとのアソシエーションがダウンした場合、DBE は、そのメディア終端またはコンテキストを削除します。

 
コマンド モード

vDBE

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータ および Cisco CRS-1 に追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、メディア終端またはコンテキストを維持するように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# vdbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-dbe-vdbe)# h248-preserve-gates

 
関連コマンド

コマンド
説明

h248-association-timeout

H.248 コントローラが監視イベント通知に応答しない場合、そのコントローラとのアソシエーションをリセットするように DBE を設定します。

h248-profile

メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互動作する vDBE H.248 プロファイルの名前を設定するには、vdbe モードで h248-profile コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

h248-profile profile-name

no h248-profile

 
シンタックスの説明

profile-name

H.248 プロファイルの名前を指定します。サポートされているプロファイルは、Cisco プロファイル:SBC_GateControl(値は gatecontrol)と Ia プロファイル:ESSI_BGF(値は etsi-bgf)の 2 つだけです。DBE が使用する H.248 プロファイル名を設定すると、Service Change メッセージとともにそのプロファイル名がアドバタイズされます。

 
デフォルト

デフォルト値は gatecontrol です。

 
コマンド モード

vDBE

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータ および Cisco CRS-1 に追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、vDBE H.248 Ia プロファイルがメディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互動作するように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# vdbe

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# h248-profile etsi-bgf

 
関連コマンド

コマンド
説明

h248-profile-version

メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互動作する vDBE H.248 プロファイル バージョンを設定します。このコマンドは、 h248-profile コマンドでプロファイル名を定義してから使用します。

package enable | disable

メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互動作するオプションの vDBE 用パッケージをイネーブルまたはディセーブルにします。

show services sbc dbe vdbe h248-profile

指定したプロファイルに関する情報(トランスポート、H.248 バージョン、アクティブ パッケージなど)を表示します。

h248-profile-version

メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互動作する vDBE H.248 プロファイル バージョンを設定するには、vdbe-h248-profile モードで h248-profile-version コマンドを使用します。このコマンドは、 h248-profile コマンドでプロファイル名を定義してから使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

h248-profile-version profile-version

no h248-profile-version

 
シンタックスの説明

profile-version

H.248 プロファイルのバージョン番号を指定します。値は 1 ~ 3 です。3 は gatecontrol を表し、1 は etsi-bgf を表します。

 
デフォルト

デフォルト値は 3 です。

 
コマンド モード

vdbe-h248-profile

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータ および Cisco CRS-1 に追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互動作する vDBE H.248 プロファイル バージョンを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# vdbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# h248-profile etsi-bgf
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe-h248-profile)# h248-profile-version 1

 
関連コマンド

コマンド
説明

h248-profile

メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互動作する vDBE H.248 プロファイルの名前を設定します。

package

メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互動作するオプションの vDBE 用パッケージをイネーブルまたはディセーブルにします。

show services sbc dbe vdbe h248-profile

指定したプロファイルに関する情報(トランスポート、H.248 バージョン、アクティブ パッケージなど)を表示します。

h248-tmax

T-Max タイマー値(DBE 上の H.248 スタックが信頼性の低いトランスポート メディアを通じて最初のメッセージを送信してから、MGC から応答がない場合にメッセージの再送信を継続できる最大再送信時間)を設定するには、vDBE モードで h248-tmax コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

h248-tmax timer-value

no h248-tmax

 
シンタックスの説明

timer-value

DBE がメッセージの再送信に使用できる T-Max 時間をミリ秒単位で指定します。DBE は、この時間が経過すると、MGC に障害が発生して回復処理が開始されたとみなします。値の範囲は 5000 ~ 50000 です。

 
デフォルト

デフォルト値は 10000 ミリ秒です。

 
コマンド モード

vDBE

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.1

このコマンドが Cisco CRS-1に追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、T-max 再送信時間を 20000 ms に設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# vdbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# h248-tmax 20000

h248-version

H.248 コントローラとのアソシエーションの形成時に VDBE が使用する H.248 プロトコルのバージョンを設定するには、VDBE モードで h248-version コマンドを使用します。H.248 プロトコルのバージョンをデフォルト値(2)のままにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

h248-version version number

no h248-version version number

 
シンタックスの説明

version number

バージョン番号を指定します。デフォルトのバージョンは 2 です。

 
デフォルト

h248 バージョン 2 が使用されます。

 
コマンド モード

sbc-dbe-vdbe モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.0

このコマンドが Cisco CRS-1 に追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 h248-version コマンドを使用して、H.248 プロトコルのバージョン 3 を使用するように vDBE を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# vdbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-dbe-vdbe)# h248-version 3

header

指定した名前のヘッダーを SIP メッセージ プロファイルに追加するには、header-profile モードで header コマンドを使用します。プロファイルからメソッドを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

header header name

no header header name

 
シンタックスの説明

header name

ヘッダー プロファイルに追加するヘッダーの名前を指定します。1 文字以上 32 文字以下の名前を指定できます(大文字と小文字は区別されます)。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

SIP header-profile コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 header コマンドを使用して、ヘッダー プロファイル MyProfile にヘッダー test を追加する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# sip header-profile MyProfile
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-sip-hdr-prf)# header test

 
関連コマンド

コマンド
説明

blacklist

Session Initiation Protocol(SIP)メッセージの SIP ヘッダーまたはメソッド ブラックリスト プロファイルを設定します。

description

SIP ヘッダーの説明文を設定します。

header-profile (adj-sip)

指定した SBE SIP 隣接関係でのインバウンドおよびアウトバウンドのシグナリング用として、特定のヘッダー プロファイルを設定するには、SBE SIP 隣接モードで header-profile コマンドを使用します。

header-profile inbound | outbound profile name

 
シンタックスの説明

inbound | outbound

インバウンドとアウトバウンドの SIP ヘッダー プロファイルを設定します。

profile name

指定した隣接関係でのインバウンドまたはアウトバウンドのシグナリングに設定するヘッダー プロファイル名を指定します。 default という名前を入力すると、インバウンドまたはアウトバウンドのシグナリングにデフォルトのヘッダー プロファイルが設定されます。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

sbc-sbc-adj-sip

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 header-profile コマンドを使用して、SBE SIP 隣接関係 test でのインバウンドおよびアウトバウンドのシグナリング用ヘッダー プロファイルを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip test
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)# header-profile inbound Profile1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)# header-profile outbound Profile2
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)#commit
 

header-profile (sip)

SBE エンティティのモードでヘッダー プロファイルを設定するには、SBE SIP モードで header-profile コマンドを使用します。ヘッダー プロファイルを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

header-profile profile-name

no header-profile

 
シンタックスの説明

profile name

ヘッダー プロファイルの名前を指定します。default という名前を入力すると、デフォルトのプロファイルが設定されます。このプロファイルは、特定のプロファイルが設定されていないすべての隣接関係に使用されます。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 header-profile コマンドを使用して、test1 という名前のヘッダー プロファイルを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc umsbc-node3 sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# sip header-profile test1

hold-media-timeout

保留中のコールに関して DBE からメディア タイムアウト通知を受信後、そのコールを停止するまでの SBE の待機時間を設定するには、sbc-sbe モードで hold-media-timeout コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

hold-media-timeout timeout

no hold-media-timeout

 
シンタックスの説明

timeout

保留中のコールを停止する前に SBE が待機する時間を秒単位で指定します。値の範囲は、1 ~ 2000000 秒です。具体的な時間を設定しないと、保留中のコールはタイムアウトになりません。

 
デフォルト

このコマンドはイネーブルではありません。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、SBE 保留タイムアウト値を 200 秒に設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# hold-media-timeout 200
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# commit

hunting-trigger

ハンティングをトリガーするエラー戻りコードを設定するには、サポートされているモードの 1つで hunting-trigger コマンドを使用します。サポートされているモードは、sip(グローバル SIP スコープ)、h323(グローバル h323 スコープ)、隣接 sip(宛先 SIP 隣接)、隣接 h323(宛先 h323 隣接)です。

すべてのエラー コードをクリアするには、このコマンドの no 形式を使用します。

no hunting-trigger x y と入力した場合は、コード x および y だけが設定されたリストから削除されます。

hunting-trigger error-codes

no hunting-trigger error-codes

 
シンタックスの説明

error-codes
(SIP および 隣接モード)

SIP 数値エラー コードのリストを指定します(各コードはスペースで区切ります)。

error-codes
(h323 および隣接 h323 モード)

次のいずれかの値を指定します。

noBandwidth

unreachableDestination

destinationRejection

noPermission

gatewayResources

badFormatAddress

securityDenied

connectFailed(初期設定)

noRetry value ― どのようなエラー戻りコードを受信しても、この隣接関係に対するルーティングは再試行されないように指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

sbc-sbe-sip

sbc-sbe-h323

sbc-sbe-adj-sip

sbc-sbe-adj-h323

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

hunting-trigger x を入力し、その後ろに hunting-trigger y を入力すると、x の値が y の値に置き換わります。

x と y の両方がハンティング トリガーになるように設定するには、hunting-trigger x y と入力する必要があります。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

隣接 sip モードまたは h323 隣接モードでは、特殊な hunting-trigger 値である disable を指定すると、グローバル再試行リストにエラー コードがあっても、この隣接関係へのルートは再試行されません。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

SIP モード

次に、 415 (サポート対象外のメディア)または 480 (一時的に使用不能)エラーを受信した場合にルーティングを再試行するように SIP を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router (config-sbc-sbe)# sip
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-sip)# hunting trigger 416 480
 

H.323 モード

次に、no Bandwidth または securityDenied エラーを受信した場合にルーティングを再試行するように H.323 を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router (config-sbc-sbe)# h323
RP/0/0/CPU0:router (config-sbc-sbe-h323)# hunting-trigger noBandwidth securityDenied
 

SIP 隣接モード

次に、 415 (サポート対象外のメディア)または 480 (一時的に使用不能)エラーを受信した場合に sip 隣接関係 SipAdj1 へのルーティングを再試行するように SIP を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipAdj1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)# hunting-trigger 415 480
 

adjacency H.323

次のコマンドでは、 noBandwidth または securityDenied エラーを受信した場合に、隣接関係 H323Adj1 へのルーティングを再試行するように H323 を設定します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency h323 H323Adj1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-h323)# hunting-trigger noBandwidth securityDenied
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

adjacency h323

宛先 h323 隣接で、ハンティングを発生させるエラー戻りコードを設定します。

adjacency sip

宛先 SIP 隣接で、ハンティングを発生させるエラー戻りコードを設定します。

h323

H323 でグローバルにハンティングを発生させるエラー戻りコードを設定します。

hunting-mode

h323 モードと h323 隣接モードのいずれかの間にエラーが発生した場合の代替ルートまたは宛先隣接関係の検索を設定します。

show services sbc sbe {h323|sip} hunting-trigger

H.323 または SIP のハンティング トリガーを表示します。

sip

グローバル SIP スコープで、ハンティングを発生させるエラー戻りコードを設定します。

hw-module service sbc location

ノードのロールとして SBC サービスを設定するには、コンフィギュレーション モードで hw-module service sbc location コマンドを使用します。

hw-module service sbc location < location >

 
シンタックスの説明

location

SBC のロケーションを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

config

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、SBC サービスとして 0/1/CPU を指定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# config
RP/0/0/CPU0:router(config)# hw-module service sbc location 0/1/CPU
 

invite-timeout

アウトバウンド SIP invite 要求への最後の応答に対する SBC の待ち時間を設定するには、sbe-sip-tmr モードで、 invite-timeout コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

invite-timeout < interval >

no invite-timeout

 
シンタックスの説明

interval

アウトバウンド invite 要求のタイムアウト前に SBC が待機する時間を秒単位で指定します。

 
デフォルト

デフォルトの待機時間は 180 秒です。この期間に応答が受信されないと、内部 408 要求タイムアウト応答が生成され、発信側に送信されます。

 
コマンド モード

sbe-sip-tmr

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次のコマンドは、 invite トランザクションが 60 秒後にタイムアウトになるように SBC を設定します。

RP/0/0/CPU0:router(config) # sbc mysbc sbe sip timer
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-sip-timr) # invite-timeout 60
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-sip-timr) # end
 

ip precedence

特定の QoS プロファイルに属する IP パケットのマーク付けに使用する IP precedence を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで ip precedence コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip precedence value

no ip precedence

 
シンタックスの説明

value

パケットのマーク付けに使用する IP precedence を指定します。値の範囲は、0 ~ 7 です。

 
デフォルト

value : 0

 
コマンド モード

QOS fax コンフィギュレーション

QOS video コンフィギュレーション

QOS voice コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、precedence 1 で IP パケットにマーク付けするように QoS プロファイルを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# qos fax residential
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-qos-fax)# ip precedence 1

ip TOS

QoS プロファイルに属する IP パケットのマーク付けに使用する IP Type of Serfice(TOS; タイプ オブ サービス)を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで ip TOS コマンドを使用します。QoS プロファイルをデフォルトの IP ToS に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip TOS value

no ip TOS

 
シンタックスの説明

value

パケットのマーク付けに使用する IP ToS を指定します。これは 0 の値(通常のサービス)または論理和が取られた次の 1 つまたは複数のビットで構成されるビットフィールドにすることができます。

8:遅延を最小化

4:スループットを最大化

2:信頼性を最大化

1:貨幣コストを最小化

 
デフォルト

デフォルト IP ToS は、0(通常サービス)です。

 
コマンド モード

QOS fax コンフィギュレーション

QOS video コンフィギュレーション

QOS voice コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、ToS で IP パケットにマーク付けをして、遅延の最小化とスループットの最大化を図るように、 QoS プロファイルを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# qos fax residential
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-qos-fax)# ip TOS 12
 

ipv4 address

特定の SBC インターフェイスに IPv4 アドレスを割り当てるには、インターフェイス SBC コンフィギュレーション モードで ipv4 address コマンドを使用します。IPv4 アドレスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ipv4 address ipv4_address/prefix

no ipv4 address ipv4_address/prefix

 
シンタックスの説明

ipv4_address/prefix

IPv4 メディア アドレスおよびプレフィクスの割り当てを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

インターフェイス SBC コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、インターフェイス 999 にアドレス 10.0.0.1/32 を割り当てる例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# interface sbc 999
RP/0/0/CPU0:router (config-if-sbc)# ipv4 address 10.0.0.1/32

ipv4

DBE メディア アドレス プール内に IPv4 アドレスを作成するには、Media-address コンフィギュレーション モードで ipv4 コマンドを使用します。DBE メディア アドレス プール内の IPv4 アドレスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ipv4 ipv4_address [ vrf vrf-name ]

no ipv4 ipv4_address [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

ipv4_address

IPv4 メディア アドレスを指定します。

vrf vrf-name

(任意)VRF 名を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

Media-address コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、vpn3 との間のメディアと非 VPN メディアの両方に使用するアドレスとして10.0.1.1 を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc dbe media-address
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-media-address)# sbc mySbc dbe media-address ipv4 10.0.1.1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-media-address)# sbc mySbc dbe media-address ipv4 10.0.1.1 vrf vpn3

 
関連コマンド

コマンド
説明

media-address

DBE メディア アドレス プールおよび VRF で使用するアドレス プールを設定します。

key

アカウンティング サーバおよび認証サーバの認証キーを設定するには、適切なサーバ コンフィギュレーション モードで key コマンドを使用します。以前に設定した認証キーをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

key key

no key

 
シンタックスの説明

key

認証キーを指定します。このキーは、認証がオンになっている場合にだけ有効になります。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

サーバ コンフィギュレーション(アカウンティングまたは認証)

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、mySbc で、RADIUS クライアント インスタンス radius1 用として、アカウンティング サーバ acctsvr に認証キー HJ5689 を設定し、acctsvr2 に認証キー cisco を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# radius accounting radius1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-acc)# server acctsvr
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-acc-ser)# key HJ5689
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-acc-ser)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-acc)# server acctsvr2
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-acc-ser)# key cisco
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-acc-ser)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-acc)# exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# exit

ldr-check

24 時間以上コールを中断するような長時間チェックの実行時刻を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで ldr-check コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ldr-check HH:MM

no ldr-check

 
シンタックスの説明

HH:MM

時刻(24 時間方式の時間と分)を指定します。値の範囲は、0 ~ 23 です。

 
デフォルト

HH:MM : 0

 
コマンド モード

Billing local コンフィギュレーション

Billing remote コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、長時間のローカル チェックが午後 10 時半に実行されるように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# billing local
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-lclbill)# ldr-check 22:30

local-address

ローカル IPv4 アドレスを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで local-address ipv4 コマンドを使用します。ローカル IPv4 アドレスの設定を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

local-address ipv4 ipv4_IP_address

no local-address

 
シンタックスの説明

ipv4_IP_address

設定するローカル IPv4 アドレスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

Billing local コンフィギュレーション

Billing remote コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、ローカル アドレスを 10.20.1.1 に設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# billing local
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-lclbill)# local-address ipv4 10.20.1.1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# exit

local-id host

SIP 隣接関係のローカル ID 名を設定するには、隣接 SIP コンフィギュレーション モードで local-id コマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

local-id host name

no local-id host

 
シンタックスの説明

name

アウトバウンド SIP メッセージに表示されるローカル ID 名を指定します。これは DNS 名でもかまいません。この名前にポートは含めないでください。

 
デフォルト

name フィールドが設定されないと、SIP メッセージにローカル シグナリング アドレスが使用されます。

 
コマンド モード

隣接 SIP コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、SIP 隣接関係 SipToIsp42 の SIP ローカル ID を mcarthur に設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)# local-id host mcarthur

local-port

デフォルト MGC への接続時に所定のローカル ポートを使用するように DBE を設定するには、vDBE コンフィギュレーション モードで local-port コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

local-port abcd

no local-port abcd

 
シンタックスの説明

abcd

ローカル ポートを指定します。値の範囲は、0 ~ 4294967295 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

vDBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、ローカル ポート 5090 を使用するように DBE を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc dbe vdbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# local-port 5090

location-id

DBE のロケーション ID を設定するには、DBE コンフィギュレーション モードで location-id コマンドを使用します。

location-id location-id

 
シンタックスの説明

location-id

DBE のロケーション ID を指定します。値の範囲は、0 ~ 4294967295 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

DBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、DBE のロケーション ID を 1 に設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# location-id 1

major-alarm-threshold

CDR ファイルが一定のサイズに達すると、メジャー アラームを生成するしきい値(MB 単位)を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで major-alarm-threshold コマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

major-alarm-threshold threshold

no major-alarm-threshold

 
シンタックスの説明

threshold

アラームが生成されるしきい値(MB単位)を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

Billing local コンフィギュレーション

Billing remote コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、メジャー アラームのしきい値を 500 MB に設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# billing local
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-lclbill)# major-alarm-threshold 500

 
関連コマンド

コマンド
説明

billing

SBE にローカルおよびリモートの課金ポリシーを設定します。

critical-alarm-threshold

CDR ファイルが一定のサイズに達すると、クリティカル アラームを生成するしきい値を設定します。

minor-alarm-threshold

CDR ファイルが一定のサイズに達すると、マイナー アラームを生成するしきい値を設定します。

marking

QoS プロファイルがパケットのマーク付けに DSCP 値を使用するか、あるいは IP precedence および TOS 値を使用するのかを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで marking コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

marking type

no marking

 
シンタックスの説明

type

マーク付けのタイプを指定します。設定できる値は、次のとおりです。

Dscp:DSCP 値でパケットにマークを付けます。

ip-precedence:IP precedence および TOS 値でパケットにマークを付けます。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

QOS fax コンフィギュレーション

QOS video コンフィギュレーション

QOS voice コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、DSCP で IP パケットにマーク付けするように QoS プロファイルを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# qos fax residential
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-qos-fax)# marking dscp

match-account

エントリが送信元アカウントと一致する番号分析テーブルまたはルーティング テーブルについて、テーブル内の 1 つのエントリの一致アカウントを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで match-account コマンドを使用します。一致値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match-account key

no match-account key

 
シンタックスの説明

key

一致アカウントを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

NA-SCR-account-table コンフィギュレーション

RTG-SRC-account-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しい番号分析テーブル MyNaTable にエントリを 1 つ作成し、一致させる送信元アカウントを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-src-account-table MyNaTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)# match-account router_eastern

 
関連コマンド

コマンド
説明

entry

番号分析テーブル内にエントリを 1 つ設定します。

match-address

エントリが宛先または送信元の着信番号と一致するルーティング テーブルについて、テーブル内の 1 つのエントリの一致値を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで match-address コマンドを使用します。一致値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match-address key

no match-address key

 
シンタックスの説明

key

アドレスと一致させるために使用するストリングを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

RTG-DST-address-table コンフィギュレーション

RTG-SRC-address-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable にエントリを 1 つ作成し、一致させる着信番号(宛先アドレス)を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-dst-address-table MyRtgTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entr)# match-address 999

 
関連コマンド

コマンド
説明

entry

ルーティング テーブル内にエントリを 1 つ設定します。

action (RTG-SRC)

ルーティング テーブル内のエントリのアクションを設定します。

match-adjacency

エントリが送信元隣接関係と一致する番号分析テーブルまたはルーティング テーブルについて、テーブル内の 1 つのエントリの一致値を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで match-adjacency コマンドを使用します。ルーティング テーブル内の特定のエントリの一致値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match-adjacency key

no match-adjacency key

 
シンタックスの説明

key

一致させる隣接関係を指定します。すべての隣接関係と一致させる場合は、アスタリスクを使用します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

RTG-SRC-adjacency-table コンフィギュレーション

NA-SRC-adjacency-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable にエントリを 1 つ作成し、一致させる送信元隣接関係を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-src-adjacency-table MyRtgTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# match-adjacency ADJ1

 
関連コマンド

コマンド
説明

action (RTG-SRC)

ルーティング テーブル内のエントリのアクションを設定します。

match-cic

ルーティング テーブルのキャリア ID コードの作成または変更を行うには、 match-cic コマンドを使用します。

ルーティング テーブル内の指定エントリの precedence を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match-cic cic

no match-cic cic

 
シンタックスの説明

cic

一致させるキャリア ID

 
デフォルト

エントリのデフォルト precedence は 0(このエントリとの一致値はなし)です。

 
コマンド モード

sbc-sbe-rtgpolicy-rtg-carrier-id-table-entry

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable 内のエントリの match-domain を cisco.com に設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-callpolicy)# rtg-carrier-id-table MyRtgTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-callpolicy-rtgtable)# entry 2
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-callpolicy-rtgtable-entry)# match-cic 0234

 
関連コマンド

コマンド
説明

sbc

新しい SBC サービスを作成し、新しい SBC コンフィギュレーション モードを開始します。または、既存のサービスのコンフィギュレーション モードを開始します。

sbe

SBC サービス内の SBE エンティティのモードを開始します。

call-policy-set

SBE エンティティ内のルーティング ポリシー コンフィギュレーション モードを開始します。

rtg-carrier-id-table

SBE コール ポリシー セットに含まれ、キャリア ID と一致するエントリを持つルーティング テーブルを作成または設定するためのコンフィギュレーション モードを開始します。

entry

SBE コール ポリシー セットに含まれ、送信元ドメイン名と一致するエントリを持つルーティング テーブルを作成または設定するためのコンフィギュレーション サブモードを開始します。

match-domain

エントリが宛先ドメインと一致するルーティング テーブルについて、テーブル内のエントリの一致値を作成または変更するには、 match-domain コマンドを使用します。


) テーブルがアクティブなポリシー セットの一部である場合は、このコマンドを実行することはできません。


ルーティング テーブル内の特定のエントリの一致値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match-domain <domain name>

no match-domain <domain name>

 
シンタックスの説明

domain name

ドメイン名

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

sbc-sbe-callpolicy-rtgtable-entry

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

match-domain は 正規表現であり、単なるストリングではありません。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次のコマンドでは、ルーティング テーブル内の一致ドメインを cisco.com に変更します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-callpolicy)# rtg-dst-domain-table MyRtgTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-callpolicy-rtgtable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-callpolicy-rtgtable-entr)# match-domain cisco.com

 
関連コマンド

コマンド
説明

sbc

新しい SBC サービスを作成し、新しい SBC コンフィギュレーション モードを開始します。または、既存のサービスのコンフィギュレーション モードを開始します。

sbe

SBC サービス内の SBE エンティティのモードを開始します。

call-policy-set

SBE エンティティ内のルーティング ポリシー コンフィギュレーション モードを開始します。

rtg-dst-domain-table

SBE コール ポリシー セットに含まれ、宛先ドメイン名と一致するエントリを持つルーティング テーブルを作成するためのコンフィギュレーション モードを開始します。

rtg-src-domain-table

SBE コール ポリシー セットに含まれ、送信元ドメイン名と一致するエントリを持つルーティング テーブルを作成または設定するためのコンフィギュレーション サブモードを開始します。

match-number

エントリが着信番号全体と一致する番号分析テーブルについて、テーブル内の 1 つのエントリの一致値を設定するには、NA-DST-number-table コンフィギュレーション モードで match-number コマンドを使用します。一致値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match-number key

no match-number key

 
シンタックスの説明

key

着信番号と一致させるために使用するストリングを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

NA-DST-number-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しい NA テーブル MyNaTable にエントリを 1 つ作成し、一致させる着信番号を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-dst-number-table MyNaTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)# match-number 9XXX

 
関連コマンド

コマンド
説明

category (NA-DST)

番号分析テーブル内のエントリのアクションを設定します。

match-prefix

エントリが着信番号の最初の部分と一致する番号分析テーブルについて、テーブル内の 1 つのエントリの一致値を設定するには、NA-DST-prefix-table コンフィギュレーション モードで match-prefix コマンドを使用します。一致値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match-prefix key

no match-prefix key

 
シンタックスの説明

key

着信番号の最初の部分と一致させるストリングを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

NA-DST-prefix-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しい NA テーブル MyNaTable にエントリを 1 つ作成し、一致させる着信番号プレフィクスを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-callpolicy)# na-dst-prefix-table MyNaTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)# match-prefix *X*

 
関連コマンド

コマンド
説明

action (NA-DST)

番号分析テーブル内のエントリのアクションを設定します。

match-type

SBE ポリシー セットのコンテキストでのアドミッション コントロール テーブルの一致タイプを設定するには、CAC-table コンフィギュレーション モードで match-type コマンドを使用します。アドミッション コントロール テーブルの一致タイプを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match-type table-type

no match-type table-type

 
シンタックスの説明

table-type

テーブル タイプを指定します。このパラメータはテーブルのエントリの match-value フィールドの構文を制御します。使用できるテーブル タイプは次のとおりです。

policy-set

dst-prefix

src-prefix

src-adjacency

src-account

dst-adjacency

dst-account

category

event-type

adj-group

src-adj-group

dst-adj-group

all

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

Cisco XR 12000 シリーズ ルータで、このコマンドが変更され、隣接グループ用に次のテーブル タイプ値が追加されました。

adj-group

src-adj-group

dst-adj-group

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、アドミッション コントロール テーブル MyCacTable の一致タイプを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type call-priority

 
関連コマンド

コマンド
説明

cac-table

アドミッション コントロール テーブルを設定します。

match-value

アドミッション コントロール テーブル内のエントリの一致値を設定します。

match-value

アドミッション コントロール テーブル内のエントリの一致値を設定するには、CAC-table コンフィギュレーション モードで match-value コマンドを使用します。アドミッション コントロール テーブル内の特定のエントリの一致値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match-value key

no match-value key

 
シンタックスの説明

key

イベントと一致させるストリングを指定します。key の形式は、そのテーブルの match-type によって決まります。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しいアドミッション コントロール テーブル MyCacTable 内のエントリの一致値を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-prefix
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# match-value 0208366

 
関連コマンド

コマンド
説明

match-type

SBE ポリシー セットのコンテキスト内のアドミッション コントロール テーブルの一致タイプを設定します。

max-bandwidth

アドミッション コントロール テーブル内のエントリの最大帯域幅を設定するには、CAC-table コンフィギュレーション モードで max-bandwidth コマンドを使用します。アドミッション コントロール テーブル内の特定のエントリの最大帯域幅を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

max-bandwidth mbw

no max-bandwidth mbw

 
シンタックスの説明

mbw

コール メディアが該当するスコープで受け入れられる最大レートを指定する正の整数値(バイト/秒)

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しいアドミッション コントロール テーブル MyCacTable 内のエントリの最大帯域幅を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-prefix
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# max-bandwidth 6000000

 
関連コマンド

コマンド
説明

entry

アドミッション コントロール テーブルを設定します。

max-call-rate

アドミッション コントロール テーブル内のエントリの最大コール レートを設定するには、CAC-table コンフィギュレーション モードで max-call-rate コマンドを使用します。アドミッション コントロール テーブル内の特定のエントリの最大コール レートを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

max-call-rate mcr

no max-call-rate mcr

 
シンタックスの説明

mcr

特定のスコープで許可する 1 分あたりの最大コール数を指定する正の整数値

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しいアドミッション コントロール テーブル MyCacTable 内のエントリの最大コール レートを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-prefix
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# max-call-rate 30

max-channels

アドミッション コントロール テーブル内のエントリの最大チャネル数を設定するには、CAC-table コンフィギュレーション モードで max-channels コマンドを使用します。アドミッション コントロール テーブルの特定のエントリの最大チャネル数を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

max-channels mc

no max-channels mc

 
シンタックスの説明

mc

該当するスコープで許可する最大メディア チャネル数を指定する正の整数値

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しいアドミッション コントロール テーブル MyCacTable 内のエントリの最大チャネル数を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-prefix
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# max-channels 50

max-num-calls

アドミッション コントロール テーブル内のエントリの最大コール数を設定するには、CAC-table コンフィギュレーション モードで max-num-calls コマンドを使用します。アドミッション コントロール テーブル内の特定のエントリの最大コール数を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

max-num-calls mnc

no max-num-calls mnc

 
シンタックスの説明

mnc

該当するスコープで許可する最大コール数を指定する正の整数値

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しいアドミッション コントロール テーブル MyCacTable 内のエントリの最大コール数を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-prefix
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# max-num-calls 50

max-pdu-size

User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)が H.248 コントロール シグナリングに適用する H.248 最大 PDU サイズをバイト単位で指定するには、vDBE モードで max-pdu-size コマンドを使用します。セグメンテーション パッケージをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

max-pdu-size size

no max-pdu-size

 
シンタックスの説明

size

H.248 セグメンテーション パッケージのサイズ(バイト単位)。有効値は、0 ~ 4294967295 バイトです。値 0 では、セグメンテーション パッケージがディセーブルになります。

 
デフォルト

セグメンテーション パッケージはディセーブルです。

 
コマンド モード

DBE-vDBE コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.5.1

このコマンドが Cisco CRS-1 および Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 max-pdu-size コマンドを使用して、UDP が H.248 シグナリングに適用する PDU サイズを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# vdbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# max-pdu-size 64000

 
関連コマンド

コマンド
説明

show services dbe controllers

DBE 上の H.248 コントローラの統計情報を表示します。

max-regs

アドミッション コントロール テーブル内のエントリの最大加入者登録数を設定するには、CAC-table コンフィギュレーション モードで max-regs コマンドを使用します。アドミッション コントロール テーブル内の特定のエントリの最大加入者登録数を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

max-regs mrr

no max-regs mrr

 
シンタックスの説明

mrr

該当するスコープで許可する最大加入者登録数を指定する正の整数値

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しいアドミッション コントロール テーブル MyCacTable 内のエントリの最大加入者登録数を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-prefix
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# max-regs 500

max-regs-rate

アドミッション コントロール テーブル内のエントリの加入者登録の最大レートを設定するには、 entry コンフィギュレーション モードで max-regs-rate コマンドを使用します。アドミッション コントロール テーブル内の特定のエントリの加入者登録の最大レートを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

max-regs-rate mrr

no max-regs-rate mrr

 
シンタックスの説明

mrr

該当するスコープで許可する 1 分あたりの最大加入者登録数を指定する正の整数値。各コマンドで入力できるパラメータは 1 つだけです。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しいアドミッション コントロール テーブル MyCacTable 内のエントリの最大登録レートを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-prefix
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# max-regs-rate 150

max-updates

アドミッション コントロール テーブル内のエントリの最大コール アップデートを設定するには、CAC-table コンフィギュレーション モードで max-updates コマンドを使用します。アドミッション コントロール テーブル内の特定のエントリの最大コール アップデートを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

max-updates mu

no max-updates mu

 
シンタックスの説明

mu

該当するスコープで許可する最大コール メディア アップデート数を指定する正の整数値

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CAC-table コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、新しいアドミッション コントロール テーブル MyCacTable 内のエントリの最大コール アップデート数を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-prefix
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# max-updates 500

media-address

DBE IPv4 または IPv6 のメディア アドレスまたはメディア アドレス プールを設定するには、DBE モードで media-address コマンドを使用します。メディア アドレスまたはメディア アドレス プールの設定を解除するには、このコマンドの no バージョンを使用します。

media-address { ipv4 ipv4_address | ipv6 ipv6_address | pool [ ipv4 ipv4_starting_address ipv4_ending_address | ipv6 ipv6_starting_address ipv6_ending_address ]} [vrf vrf_name ] [nat-mode [ twice-nat | twice-napt ]] [managed-by [ dbe | mgc ]]

no media-address {ipv4 ipv4_address | ipv6 ipv6_address | pool [ ipv4 ipv4_starting_address ipv4_ending_address | ipv6 ipv6_starting_address ipv6_ending_address ]} [vrf vrf_name ] [nat-mode [ twice-nat | twice-napt ]] [managed-by [ dbe | mgc ]]

 
シンタックスの説明

ipv4

IPv4 を指定します。

ipv4_address

IPv4 アドレスを指定します。

ipv6

Ipv6 を指定します。

ipv6_address

Ipv6 アドレスを指定します。

pool

メディア アドレス プールを指定します。

ipv4_starting_address

範囲の始点となる IPv4 メディア アドレスを指定します。

ipv4_ending_address

範囲の終点となる IPv4 メディア アドレスを指定します。

ipv6_starting_address

範囲の始点となる Ipv6 メディア プール アドレスを指定します。

ipv6_ending_address

範囲の終点となる Ipv6 メディア プール アドレスを指定します。

vrf

(任意)VRF を指定します。

vrf_name

VRF 名を指定します。

nat-mode

(任意)NAT モードを指定します。

twice-nat

twice-NAT フローに使用されるアドレスを指定します。

twice-napt

twice-NAPT フローに使用されるアドレスを指定します。

managed-by

(任意)Managed-By を指定します。

dbe

フローのローカル アドレスとして DBE が選択可能なアドレスを指定します。

mgc

フローのローカル アドレスとして MGC が選択可能なアドレスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

sbc-dbe モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.4.1

このコマンドは、メディア アドレス プール機能をサポートする pool オプションを追加するように変更されました。

Release 3.5.0

このコマンドが Cisco CRS-1 に追加されました。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 media-address コマンドを使用して、DBE IPv4 メディア アドレスを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# media-address ipv4 10.0.1.4 managed by mgc
 

次に、アドレス(10.10.10.1 ~ 10.10.10.20 および 10.20.10.1 ~ 10.20.10.20)をアドレス プールに追加する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router#configure
RP/0/0/CPU0:router(config)#sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)#dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)#media-address pool ipv4 10.10.10.1 10.10.10.20
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-media-address-pool)#exit
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)#media-address pool ipv4 10.20.10.1 10.20.10.20
 

次に、VRF vpn3 で使用するアドレス プールを設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# media-address vrf vpn3
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-media-address)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

media-address port range

メディア アドレスまたはアドレス範囲に関連付けられたポート範囲を作成します。

show services sbc dbe addresses

DBE に設定されているアドレスを表示します。

show services sbc dbe media-flow-stats

DBE で収集された 1 つまたは複数のメディア フローに関する統計情報を表示します。

media-address port range

メディア アドレスまたはアドレス範囲と関連付けるポート範囲を作成するには、dbe モードで media-address port range コマンドを使用します。メディア アドレスまたはアドレス範囲に関連付けられているポート範囲を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

media-address port range min-port max-port class-of-service

no media-address port range min-port max-port class-of-service

 
シンタックスの説明

min-port

範囲の始点となるポート番号を指定します。値は 1 から始まります。また、max-port 値以下でなければなりません。

max-port

範囲の終点となるポート番号を指定します。値は 65535 以下、かつ min-port 値以上でなければなりません。

class-of-service

ポート範囲のサービス アフィニティのクラスを指定します。[any | voice | video] のいずれかです。

 
デフォルト

min-port = 16384

max-port = 32767

class-of-service = any

 
コマンド モード

dbe

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、メディア アドレス範囲に対する新しいポート範囲を作成する例を示します。範囲は 10000 ~ 20000 です。また、サービス クラスとして voice も指定します。

RP/0/0/CPU0:router# configure
RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# dbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# media-address ipv4
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-media-address-ipv4)# port-range 10000 20000 voice

 
関連コマンド

コマンド
説明

media-address ipv4

DBE メディア アドレス プールおよびアドレス プールを設定します。

media-address pool ipv4

DBE メディア アドレス プール内に IPv4 アドレス範囲を作成します。

show services sbc dbe addresses

DBE に設定されているアドレスを表示します。

show services sbc dbe media-flow-stats

DBE で収集された 1 つまたは複数のメディア フローに関する統計情報を表示します。

media-bypass

メディア トラフィックが DBE をバイパスできるように H.323 隣接関係または SIP 隣接関係を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで media-bypass コマンドを使用します。デフォルト動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

media-bypass

no media-bypass

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

隣接 SIP コンフィギュレーション

隣接 H.323 コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

設定した場合、この隣接関係で開始および終端するコールのメディア トラフィックはエンドポイント間を直接伝送され、DBE を通過しません。設定を解除すると、メディア トラフィックは常にゲートウェイをパススルーする必要があります。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、SIP 隣接関係 SipToIsp42 のメディア トラフィックがゲートウェイをバイパスできるようにする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)# media-bypass

media-bypass-forbid

メディア トラフィックが DBE をバイパスするのを禁止するように H.323 隣接関係または SIP 隣接関係を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで media-bypass-forbid コマンドを使用します。デフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

media-bypass-forbid

no media-bypass-forbid

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

隣接 SIP コンフィギュレーション

隣接 H.323 コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、SIP 隣接関係 SipToIsp42 のメディア トラフィックがゲートウェイをバイパスするように設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)# media-bypass-forbid
 

media-gateway

メディア ゲートウェイを設定するには、SBE モードで media-gateway コマンドを使用します。メディア ゲートウェイの設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

media-gateway ipv4 A.B.C.D

no media-gateway ipv4 A.B.C.D

 
シンタックスの説明

ipv4

IPv4 を指定します。

A.B.C.D

IPv4 メディア ゲートウェイ アドレスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

sbe

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、メディア ゲートウェイの設定場所からメディア ゲートウェイ サブモードにアクセスする例を示します。

RP/0/0/CPU0:router#configure
RP/0/0/CPU0:router(config)#sbc mysbc
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)#sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)#media-gateway ipv4 10.0.0.1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-mg)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

codecs

メディア ゲートウェイがサポートするコーデックを設定します。

show services sbc sbe media-gateway-associations

既知のメディア ゲートウェイとアクティブ アソシエーションのリストを表示します。

transcoder

メディア ゲートウェイをトランスコーダとして設定します。

media-timeout

コールの最後のメディア パケットの受信後、そのコールが終了したと判断してコール リソースをクリアし、SBE に同じ動作をするようシグナリングを行うまでの DBE の待機時間を設定するには、DBE media-address コンフィギュレーション モードで media-timeout コマンドを使用します。

media-timeout timeout

 
シンタックスの説明

timeout

コールの最後のメディア パケットの受信後、そのコールが終了したと判断してコール リソースをクリアし、SBE に同じ動作をするようシグナリングを行うまでの DBE の最大待機時間を指定します。

 
デフォルト

timeout :30 秒

 
コマンド モード

DBE media-address コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.3.0

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.4.0

変更はありません。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

firewall

読み取り、書き込み

次に、最後のメディア パケットの受信後に、10 秒待機してからコール リソースをクリアするように DBE を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc dbe media-address
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-media-address)# media-timeout 10

 
関連コマンド

コマンド
説明

media-address

DBE メディア アドレス プールおよび VRF で使用するアドレス プールを設定します。

method

指定した名前のメソッドを SIP メッセージ プロファイルに追加するには、method-profile モードで method コマンドを使用します。プロファイルからメソッドを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

method method name

no method method name

 
シンタックスの説明

method name

メソッド プロファイルに追加するメソッドの名前を指定します。1 文字以上 32 文字以下の名前を指定できます(大文字と小文字は区別されます)。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

SIP method-profile コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 method コマンドを使用して、メソッド プロファイル MyProfile にメソッド test を追加する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# sip method-profile MyProfile
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-sip-mth-prf)# method test

 
関連コマンド

コマンド
説明

blacklist

Session Initiation Protocol(SIP)メッセージの SIP ヘッダーまたはメソッド ブラックリスト プロファイルを設定します。

description

メソッド プロファイルの説明文を設定します。

pass-body

メソッド プロファイルで受け入れられた non-vital SIP メソッドについて SIP メッセージ本文のパススルーを許可します。

method-profile (adj-sip)

指定した SBE SIP 隣接関係のインバウンドおよびアウトバウンドのシグナリング用として指定のメソッド プロファイルを設定するには、SBE SIP 隣接モードで method-profile コマンドを使用します。

method-profile inbound | outbound profile name

 
シンタックスの説明

inbound | outbound

インバウンドとアウトバウンドの SIP メソッド プロファイルを設定します。

profile name

指定した隣接関係のインバウンド シグナリングに設定するメソッド プロファイルの名前を指定します。default という名前を入力すると、インバウンド シグナリングにデフォルトのメソッド プロファイルが設定されます。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

sbc-sbe-adj-sip

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

Release 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

Release 3.5.0

変更はありません。

Release 3.6.0

変更はありません。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID が含まれているタスク グループに関連付けられたユーザ グループに所属する必要があります。 ユーザ グループとタスク グループの詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software module」を参照してください。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

 
タスク ID
操作

sbc

読み取り、書き込み

次に、 method-profile コマンドを使用して、SBE SIP 隣接関係 test のインバウンドおよびアウトバウンドのシグナリング用にメソッド プロファイル Profile1 を設定する例を示します。

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mySbc sbe
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip test
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)# method-profile inbound Profile1
RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)# method-profile outbound Profile2

method-profile (sip)

SBE エンティティのモードでメソッド プロファイルを設定するには、sbe-sip モードで method-profile コマンドを使用します。メソッド プロファイルを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

method-profile profile-name

no method-profile

 
シンタックスの説明

profile name

メソッド プロファイルの名前を指定します。default という名前を入力すると、デフォルトのプロファイルが設定されます。このプロファイルは、特定のプロファイルが設定されていないすべての隣接関係に使用されます。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

sbe-sip

 
コマンド履歴

リリース