Cisco IOS XR セッション ボーダー コントローラ コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS XR Software Release 3.5
SBC QoS の実装(マーキング)
SBC QoS の実装(マーキング)
発行日;2013/09/18 | 英語版ドキュメント(2013/05/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

SBC QoS の実装(マーキング)

内容

QoS の実装の前提条件

QoS の実装に関する情報

QoS の実装方法

QoS プロファイルの設定

SIP Resource-Priority ヘッダーの分析

SIP 隣接のリソース プライオリティ セットの設定

CAC を使用した QoS プロファイルの選択

QoS プロファイルの設定例

IP precedence マーキングを使用した QoS 音声プロファイルの設定例

DSCP マーキングを使用した QoS 音声プロファイルの設定例

CAC を使用した QoS プロファイルの選択例

resource-priority-set を使用した SIP 隣接の設定例

その他の関連資料

関連資料

標準

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

関連コマンドのまとめ

SBC QoS の実装(マーキング)

SBC は、インテグレータがデータ パス上の IP パケットをマーキングするために設定する Quality of Service(QoS)プロファイルをサポートします。SBC では、IP パケット マーキングを次のコンテキストで使用しています。

メディア パケットの Real-Time Transport Protocol(RTP)および Real-Time Control Protocol(RTCP)マーキングをコール単位の範囲に基づいて設定

音声サービスの Diffserv コード ポイント(DSCP)マーキングおよび IP precedence/Type of Service(ToS; タイプ オブ サービス)マーキングのサポート

メディア パケットが送信されるコールの分岐先(発信側または着信側)に応じて、メディア パケットを区別してマーキングする機能の提供

Session Initiation Packet(SIP)リソース プライオリティ ヘッダーに基づくシグナリングおよびメディア パケット マーキングのサポート


) この章で使用するコマンドの詳細な説明については、『Cisco IOS XR Session Border Controller Command Reference』を参照してください。この章で言及する他のコマンドについては、コマンド リファレンス マスター インデックス(オンライン検索)を使用して、該当するマニュアルを参照してください。


SBC QoS の実装機能の履歴

 

リリース
変更内容

リリース 3.3.0

この機能は、Cisco XR 12000 シリーズ ルータで導入されました。

リリース 3.4.0

変更なし。

リリース 3.4.1

Cisco XR 12000 シリーズ ルータに SIP マーキング機能が追加されました。

リリース 3.5.0

変更なし。

QoS の実装の前提条件

次に、SBC に QoS を実装するための前提条件を示します。

使用される SBC コマンドの適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の詳細については、『 Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』の「 Configuring AAA Services on Cisco IOS XR Software 」モジュールを参照してください。

SBC ソフトウェアのパッケージ インストレーション エンベロープ(PIE)をインストールしてアクティブにする必要があります。

PIE のインストールに関する詳細については、『 Cisco IOS XR Getting Started Guide 』の「 Upgrading and Managing Cisco IOS XR Software 」モジュールを参照してください。

インターワーキング DTMF を実装する前に、SBC を作成しておく必要があります。手順については、「SBC 設定の前提条件」モジュールを参照してください。

QoS の実装に関する情報

SBC に QoS マーキングを実装するには、SBC に QoS プロファイルをいくつか設定し、それぞれに一意の名前を付けます。この QoS プロファイルは、パケットのマーキング専用に使用されます。

各 QoS プロファイルには、次の排他的なパラメータが含まれています。

QoS と一致したパケットのマーキングに使用する 6 ビットの DiffServ コード ポイント(DSCP)値。

QoS と一致したパケットのマーキングに使用する 3 ビットの IP precedence 値および 4 ビットの TOS 値。


) 変更も削除もできないデフォルトの QoS プロファイルが SBC に事前に設定されています。ユーザが QoS プロファイルを定義しない場合は、デフォルトの QoS プロファイルがパケットのマーキングに使用されます。


QoS の実装方法

SBC に QoS マーキングを実装するには、次に示す手順に従ってください。

QoS プロファイルの設定

CAC を使用した QoS プロファイルの選択

QoS プロファイルの設定

次のタスクでは、QoS と一致したパケットのマーキングに IP precedence 値の 1 および ToS 値の 12 を使用するシグナリング QoS プロファイルの設定を行います。

手順の概要

1. configure

2. sbc service-name

3. sbe

4. qos sig name

5. marking type

6. ip precedence value

7. ip tos value

8. commit

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure

 

RP/0/0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 2

sbc service-name

 

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)#

SBC サービスのモードを開始します。

service-name 引数を使用して、SBC の名前を定義します。

ステップ 3

sbe

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)#

SBC サービス内で SBE エンティティのモードを開始します。

ステップ 4

qos sig name

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# qos sig residential

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-qos-sig)#

QoS プロファイルを設定するモードを開始します。name パラメータには既存の QoS プロファイルの名前を指定する必要があります。ストリング「default」は予約されています。

ステップ 5

marking type

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-qos-sig)# marking ip-precedence

QoS プロファイルがパケットのマーキングに DSCP 値を使用するのか、または IP precedence と TOS 値を使用するのかを設定します。type は次のいずれかです。

dscp

ip-precedence

このコマンドの no 形式を使用すると、パケットをマーキングしないように QoS プロファイルが設定されます。

ステップ 6

ip precedence value

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-qos-sig)#
ip precedence 1

指定した QoS プロファイルに属する IP パケットのマーキングに使用する IP precedence を設定します。IP precedence 値の範囲は 0 ~ 7 です。

このコマンドの no 形式を使用すると、デフォルトの IP precedence 値は 0 に設定されます。

(注) パケットをマーキングするように QoS プロファイルが設定されている場合は、DSCP 値が優先されます。

ステップ 7

ip tos value

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-qos-sig)#
ip tos 12

指定した QoS プロファイルに属する IP パケットのマーキングに使用する IP タイプ オブ サービス(ToS)を設定します。 value パラメータはビット フィールドです。次の 1 ビットまたは複数ビットの OR がとられます。

8:遅延の最小化

4:スループットの最大化

2:信頼性の最大化

1:金銭面コストの最小化

ステップ 8

commit

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-qos-sig)# commit

設定変更を保存します。実行コンフィギュレーション ファイルに変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

SIP Resource-Priority ヘッダーの分析

Resource-Priority ヘッダー ストリングを持つ SIP パケットを次の SBC プライオリティ値にマッピングするように、SBC を設定できます。

Routine

Priority

Immediate

Flash

Flash override

Critical

CAC は割り当てられたプライオリティ値を使用して QoS プロファイルを選択します。

このタスクでは、Resource-Priority ヘッダー ストリング「dsn.flash」を持つ SIP パケットに対して、プライオリティ値「flash」を割り当てるように、SBC を設定します。

手順の概要

1. configure

2. sbc service name

3. sbe

4. resource-priority-set name

5. resource-priority string value

6. priority priority value

7. commit

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure

 

RP/0/0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 2

sbc service-name

 

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc

SBC サービスのモードを開始します。

service-name 引数を使用して、SBC の名前を定義します。

ステップ 3

sbe

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe

SBC サービス内で SBE エンティティのモードを開始します。

ステップ 4

resource-priority-set name

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# resource-priority-set dsn

SIP Resource-Priority ヘッダーストリングを SBC プライオリティ値にマッピングするためのモードを開始します。

ステップ 5

resource-priority string value

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rsrc-pri-set)# resource-priority dsn.flash

Resource-Priority ヘッダーストリングのプライオリティを設定するモードを開始します。

ステップ 6

priority priority value

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rsrc-pri)# priority flash

 

Resource-Priority ヘッダーストリングの SBC プライオリティ値を設定します。

SBC プライオリティ値は次のいずれかにする必要があります。

routine

priority

immediate

flash

flash-override

critical

ステップ 7

commit

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-rsrc-pri)# commit

コンフィギュレーションの変更を実行コンフィギュレーション ファイルに保存します。

SIP 隣接のリソース プライオリティ セットの設定

次のタスクでは、resource-priority-set「dsn」を使用するように、SIP 隣接「SipToIsp42」を設定します。

手順の概要

1. configure

2. sbc service name

3. sbe

4. adjacency sip adjacency name

5. resource-priority-set name

6. commit

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure

 

RP/0/0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 2

sbc service-name

 

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc

SBC サービスのモードを開始します。

service-name 引数を使用して、SBC の名前を定義します。

ステップ 3

sbe

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe

SBC サービス内で SBE エンティティのモードを開始します。

ステップ 4

adjacency sip adjacency name

 

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42

指定したリソース プライオリティ セットを使用するように SIP 隣接を設定します。

ステップ 5

resource-priority-set name

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)# resource-priority-set dsn

指定したリソース プライオリティ セットを使用するように SIP 隣接を設定します。

ステップ 6

commit

 

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-adj-sip)#

commit

コンフィギュレーションの変更を実行コンフィギュレーション ファイルに保存します。

CAC を使用した QoS プロファイルの選択

このタスクでは、SBC からコール元に送信されるパケットに対して、音声 QoS プロファイル「enterprise」を使用するように、アカウント「acme」からのコールを設定します。


) このコマンドは、コール単位だけで実行できます。その他の範囲でこのコマンドを設定した場合、CAC ポリシーはアクティブになりません。


手順の概要

1. configure

2. sbc service-name

3. sbe

4. cac-policy-set policy-set-id

5. first-cac-scope scope-name

6. first-cac-table table-name

7. cac-table table-name

8. match-type table-type

9. entry entry-id

10. match-value key

11. caller-voice-qos-profile profile-name

12. caller-video-qos-profile profile-name

13. caller-sig-qos-profile profile name

14. commit

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure

 

RP/0/0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 2

sbc service-name

 

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc

SBC サービスのモードを開始します。

service-name 引数を使用して、サービスの名前を定義します。

ステップ 3

sbe

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe

SBC サービス内で SBE エンティティのモードを開始します。

ステップ 4

cac-policy-set policy-set-id

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1

SBE エンティティ内でコール アドミッション制御(CAC)ポリシー セット コンフィギュレーション モードを開始します。必要に応じて新しいポリシー セットを作成します。

ステップ 5

first-cac-scope scope-name

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call

ポリシーのアドミッション制御ステージを実行する際に制限の定義を開始する範囲を設定します。

scope-name 引数には制限が最初に定義されるべき範囲を設定します。値は次のとおりです。

global

call

また、次の 1 つまたは複数のスコープをカンマで区切って定義できます。

src-adjacency

dst-adjacency

src-number

dst-number

src-account

dst-account

ステップ 6

first-cac-table table-name

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable

ポリシーのアドミッション制御ステージの実行時に処理する最初のポリシー テーブル名を設定します。

ステップ 7

cac-table table-name

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable

SBE ポリシー セットのコンテキスト内で、アドミッション制御テーブルを設定するためのモードを開始します。必要な場合はテーブルを作成します。

ステップ 8

match-type table-type

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-
cactable)# match-type src-account

SBE ポリシー セットの中で、アドミッション制御テーブルの match-type を設定します。

table-type 引数は、テーブルに含まれるエントリの match-value フィールドの構文を制御します。使用可能な table-type は次のとおりです。

policy-set

dst-prefix

src-prefix

src-adjacency

src-account

dst-adjacency

dst-account

category

event-type

all

ステップ 9

entry entry-id

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-
cactable)# entry 1

アドミッション制御テーブルにエントリを設定するためのモードを開始します。必要に応じてエントリを作成します。

ステップ 10

match-value key

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-
cac-table-ent)# match-value acme

アドミッション制御テーブルにエントリの照合値を設定します。

ステップ 11

caller-voice-qos-profile profile-name

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-
cac-table-ent)# caller-voice-qos-profile enterprise

元の発信側に送信される音声メディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

ステップ 12

caller-video-qos-profile profile-name

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-
cac-table-ent)# caller-video-qos-profile enterprise

元の発信側に送信されるパケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

ステップ 13

caller-sig-qos-profile profile-name

 

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-
cac-table-ent)# caller-sig-qos-profile enterprise

元の発信側に送信されるシグナリング パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

ステップ 14

commit

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-cacpolicy-
cac-table-ent)# commit

設定変更を保存します。実行コンフィギュレーション ファイルに変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

QoS プロファイルの設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

IP precedence マーキングを使用した QoS 音声プロファイルの設定例

DSCP マーキングを使用した QoS 音声プロファイルの設定例

CAC を使用した QoS プロファイルの選択例

resource-priority-set を使用した SIP 隣接の設定例

IP precedence マーキングを使用した QoS 音声プロファイルの設定例

次のタスクでは、QoS と一致したパケットのマーキングに IP precedence 値の 1 および TOS 値の 12 を使用する QoS 音声プロファイルの設定を行います。

configure
sbc mysbc
sbe
qos voice residential
marking ip-precedence
ip precedence 1
ip tos 12
commit

 

sbc mysbc
sbe
qos voice residential
ip tos 12
marking ip-precedence
ip precedence 1
!

DSCP マーキングを使用した QoS 音声プロファイルの設定例

次のタスクでは、QoS と一致したパケットのマーキングに IP precedence 値の 1 および TOS 値の 12 を使用する QoS 音声プロファイルの設定を行います。

configure
sbc mysbc
sbe
qos voice residential
marking dscp
dscp 10
commit
 
 
sbc mysbc
sbe
qos voice residential
marking dscp
dscp 10
!
!

CAC を使用した QoS プロファイルの選択例

このタスクでは、SBC からコール元に送信されるパケットに対して、音声 QoS プロファイル「enterprise」を使用するように、アカウント「acme」からのコールを設定します。

configure
sbc mysbc
sbe
cac-policy-set 1
first-cac-scope call
first-cac-table MyCacTable
cac-table MyCacTable
match-type src-account
entry 1
match-value acme
caller-voice-qos-profile enterprise
caller-video-qos-profile enterprise
commit
 

sbc mysbc

sbe

cac-policy-set 1

first-cac-scope call

first-cac-table MyCacTable

cac-table MyCacTable

match-type src-account

entry 1

match-value acme

caller-video-qos-profile enterprise

caller-voice-qos-profile enterprise

!commit

!

!

!

resource-priority-set を使用した SIP 隣接の設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

configure
sbc mysbc
sbe
adjacency sip SipToIsp42
resource-priority-set dsn
commit
 

その他の関連資料

ここでは、SBC QOS の実装に関する関連資料について説明します。

関連資料

 

関連項目
マニュアル タイトル

Cisco IOS XR マスター コマンド リファレンス

『Cisco IOS XR Master Commands List』

Cisco IOS XR SBC インターフェイス コンフィギュレーション コマンド

『Cisco IOS XR Session Border Controller Command Reference』

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用するルータを初回に起動し設定するための情報

『Cisco IOS XR Getting Started Guide』

Cisco IOS XR コマンド モード

『Cisco IOS XR Command Mode Reference』

標準

標準
タイトル

この機能でサポートされる新規の標準または変更された標準はありません。また、既存の標準のサポートは変更されていません。

--

MIB

 

MIB
MIB のリンク

--

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用して MIB の場所を特定してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用して、[Cisco Access Products] メニューからプラットフォームを選択します。

http://cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

RFC

 

RFC
タイトル

RFC 2749

『COPS usage for RSVP』

RFC 2205

『Resource ReSerVation Protocol (RSVP) -- Version 1 Functional Specification』

RFC 3550

『RTP: A Transport Protocol for Real-Time Applications』

シスコのテクニカル サポート

 

説明
リンク

シスコのテクニカル サポート Web サイトでは、製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、およびツールへのリンクなどの、数千ページに及ぶ技術情報が検索可能です。Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

関連コマンドのまとめ

ここでは、Cisco XR 12000 シリーズ ルータでの QoS 設定に関連するコマンドの一覧をアルファベット順に示します。コマンドの詳細については、『 Cisco IOS XR Session Border Controller Command Reference 』を参照してください。

 

コマンド
目的

callee-sig-qos-profile profile-name

元の着信側に送信されるシグナリング パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

callee-video-qos-profile profile-name

元の着信側に送信されるメディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

callee-voice-qos-profile profile-name

元の着信側に送信されるメディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

caller-sig-qos-profile profile-name

元の発信側に送信されるシグナリング パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

caller-video-qos-profile profile-name

元の発信側に送信されるメディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

caller-voice-qos-profile profile-name

元の発信側に送信されるメディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

dscp

指定した QoS プロファイルに属する IP パケットのマーキングに使用する DSCP を設定します。

ip precedence value

QoS プロファイルに属する IP パケットのマーキングに使用する IP precedence を設定します。

ip TOS value

QoS プロファイルに属する IP パケットのマーキングに使用する IP TOS を設定します。

marking type

QoS プロファイルがパケットのマーキングに DSCP 値を使用するのか、または IP precedence とタイプ オブ サービス(ToS)値を使用するのかを設定します。

priority value

Resource-Priority ヘッダーストリングの SBC プライオリティ値を設定します。

qos video

QoS ビデオ コンフィギュレーション モードを開始します。

qos voice

QoS 音声コンフィギュレーション モードを開始します。

resource-priority value

Resource-Priority ヘッダーストリングのプライオリティを設定するモードを開始します。

resource-priority-set value

SIP Resource-Priority ヘッダーストリングを SBC プライオリティ値にマッピングするためのモードを開始します。