Cisco IOS XR セッション ボーダー コントローラ コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS XR Software Release 3.5
H.248.1 v3 終端の複数ストリーム
H.248.1 v3 終端の複数ストリーム
発行日;2013/09/18 | 英語版ドキュメント(2013/05/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

H.248.1 v3 終端の複数ストリーム

内容

H.248.1 v3 終端の複数ストリームに関する制約事項

H.248.1 v3 終端の複数ストリームに関する情報

その他の関連資料

関連資料

標準

MIB

シスコのテクニカル サポート

H.248.1 v3 終端の複数ストリーム

単一の H.248.1 v3 終端における複数ストリームの監査が可能になりました。この機能を使用すると、作成したすべてのストリームを追跡し、ストリームに関する統計情報を収集できます。

H.248.1 v3 終端の複数ストリームのサポート履歴

 

リリース
変更内容

リリース 3.5.0

このコマンドは Cisco CRS-1 に初めて追加されました。

H.248.1 v3 終端の複数ストリームに関する制約事項

この機能を利用できるのは、H.248 プロトコルのバージョン 3 が使用されている場合だけです。これよりも前のバージョンでは、この機能はサポートされていません。

H.248.1 v3 終端の複数ストリームに関する情報

H.248 ストリームは、単一の双方向メディア フローを対象としています。H.248.1v3 では 1 つの終端に複数のストリームを含むことができます。複数のメディア フローを作成して監査するには、H.248.1 v3 Annex B.2 に定義されている H.248 コマンドを使用します。

1 つのコールに複数の音声フローとビデオ フローを作成する場合は、Add コマンド内の同じコンテキストと終端に異なるストリーム ID を指定します。ストリーム単位で統計情報を監査するには、AuditValue コマンドを使用します。そのためには、AuditValue コマンドにストリーム ID を渡す必要があります。

その他の関連資料

ここでは、H.248.1 v3 終端の複数ストリームに関する関連資料について説明します。

関連資料

 

関連項目
マニュアル タイトル

Cisco IOS XR マスター コマンド リファレンス

『Cisco IOS XR Master Commands List』

Cisco IOS XR SBC インターフェイス コンフィギュレーション コマンド

『Cisco IOS XR Session Border Controller Command Reference』

標準

 

標準
タイトル

H.248.1 v3

『Media Gateway Control Protocol: Version 3』

MIB

 

MIB
MIB のリンク

--

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用している MIB を特定してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用し、[Cisco Access Products] メニューからプラットフォームを選択します。 http://cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

シスコのテクニカル サポート

 

説明
リンク

シスコのテクニカル サポート Web サイトでは、製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、およびツールへのリンクなどの、数千ページに及ぶ技術情報が検索可能です。Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html