Cisco IOS XR セッション ボーダー コントローラ コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS XR Software Release 3.5
MGC 情報パッケージのサポート
MGC 情報パッケージのサポート
発行日;2013/09/18 | 英語版ドキュメント(2013/05/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

MGC 情報パッケージのサポート

内容

MGC 情報パッケージ サポートに関する情報

MGC 情報パッケージ サポートの設定方法

その他の関連資料

関連資料

標準

MIB

シスコのテクニカル サポート

MGC 情報パッケージのサポート

DBE が拡張され、国際電気通信連合(ITU)H.248 規格の新しい勧告ドラフト H.248.45「MGC Information Package」で定義されているメディア ゲートウェイ コントローラ(MGC)情報パッケージ(mgcinfo)がサポートされるようになりました。このパッケージを利用すると、MGC がデータをメディア ゲートウェイ(MG)上に保管して後で取り出すことができるようになるため、MGC のリカバリ処理が容易になります。

MGC 情報パッケージ サポートの機能履歴

 

リリース
変更内容

リリース 3.5.1

Cisco XR 12000 シリーズ ルータおよび Cisco CRS-1に、この機能が追加されました。

MGC 情報パッケージ サポートに関する情報

標準 H.248 監査メカニズムでは、MGC と MG の間での接続データおよびステートの再同期を目的として、MGC が、関連付けられた MG からデータを取得できます。エフェメラル終端に関連付けられるリモート記述子を使用すると、ベアラ接続の他端を特定できますが、MGC が使用しやすい形式とは異なります。リモート記述子を使用しても他端を特定できないこともよくあります。MG の中には、別の制御/メディア アドレスを使用するものがあるからです。

MGC 情報パッケージ機能を使用すると、MGC がデータ ブロックを MG 上に保管できるので、MGC がベアラ接続の他端を特定できるようになります。保管されるデータの構造は、MGC のみが理解し、MG にとっては不透明です。これで、MGC 障害が発生した場合に、保管済みのデータ ブロックを MGC が取り出せるようになります。MGC が接続の他端(一般的には別の MG 上にあります)を特定できるようになるので、その別の MG 上にある関連接続を、MG と連携しながらクリーンアップできます。文字列の内容は、MGC が最も使いやすい独自の方法で MGC が自由に定義できます。

MGC 情報パッケージを利用するには、サポートする MG がエフェメラル終端 1 つにつき最大 128 バイトの不透明データを保管できる必要があります。このデータは、監査 MGC が MGC 障害発生後に情報を回復するために、その MGC に返されます。

データは、mgcinfo/db=0011223344 形式で保管されます。監査は、Media 記述子(この中に LocalControl 記述子があります)に対して、または LocalControl 記述子内の個々のプロパティに対して実行できます。次に例を示します。

Audit{Media}

または

Audit{Media {Stream=1{LocalControl{MGCInfo/db}}}}

DBE は、任意のエフェメラル終端への不透明データ ブロック追加を許容し、標準 H.248 プロトコルのコマンドを使用して既存のデータ ブロックを変更または削除することも許容します。DBE は、この不透明データをフォールト トレラントな方法で保持し、MGC による終端の監査時に、そのままの状態で返します。

この機能を追加した後は、このパッケージのサポートが常にイネーブルになり、ディセーブルにはできません。パッケージを使用するかどうかは、制御側の MGC が決定します。MGC が 128 オクテットを超える mgcinfo/db を送信した場合は、DBE はこれを拒否し、エラー コード 442 を返します。このパッケージは、H.238 v2 および H.248 v3 の両方のバージョンでサポートされます。

MGC 情報パッケージ サポートの設定方法

Ia および Cisco プロファイルで MGC 情報パッケージをイネーブルまたはディセーブルにするために、新しい enable | disable コマンドが追加されました。

手順の概要

1. configure

2. sbc service-name

3. dbe

4. vdbe

5. h248-profile profile-name

6. package package-name enable | disable

7. commit

8. exit

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure

 

RP/0/0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 2

sbc service-name

 

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc

SBC サービスのモードを開始します。

service-name 引数を使用して、SBC の名前を定義します。

ステップ 3

dbe

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# dbe

SBC の Data Border Element(DBE)機能のモードを開始します。

ステップ 4

vdbe

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# vdbe

仮想 DBE(vDBE)パラメータを設定するモードを開始します。

ステップ 5

h248-profile profile-name

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# h248-profile etsi-bgf

MGC/SBE と相互運用するための DBE H.248 プロファイルの名前を設定します。

profile-name:H.248 プロファイルの名前。指定できるプロファイルは次の 2 つだけです。

SBC_GateControl(パラメータ値:gatecontrol)

ESSI_BGF(パラメータ値:etsi-bgf)。これは Ia プロファイルです。

このコマンドの no 形式を使用すると、このコンフィギュレーション コマンドは設定されません。

H.248 プロファイル名を使用するように vDBE が設定された後は、そのプロファイル名が Service Change メッセージでアドバタイズされます。

ステップ 6

package package-name enable | disable

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe-h248-profile)# package mgcinfo enable

MGC/SBE と相互運用するための vDBE の任意パッケージをイネーブルまたはディセーブルにします。

この設定を行わない場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

package-name:イネーブルまたはディセーブルにするパッケージの名前を指定します。値は次のパッケージ名です。

aud-cap:Audit Capability パッケージ

chp:Congestion Handling H248 パッケージ

dtmfd:DTMF Detection H248 パッケージ

dtmfg:DTMF Generation H248 パッケージ

emp:Middlebox(emp)H248 パッケージ

epstat:End Point Statistics H248 パッケージ

eroot:Enhanced Root H248 パッケージ

evpnd:Extended VPN Discrimination H248 パッケージ

ginfo:GINFO H248 パッケージ

mgcinfo:MGC Info H248 パッケージ

ocp:Overlord Control H248 パッケージ

rtp:RTP H248 パッケージ

sfr:Session Failure Reaction H248 パッケージ

tsc:Termination State Control H248 パッケージ

これらのパッケージは、プロファイルの設定に基づいてディセーブルまたはイネーブルになります。

Ia プロファイルの場合は、次のパッケージはデフォルトでディセーブルになります。

epstats、rtp、emp、chp、ocp、sfr、tsc、dtmfd、dtmfg、mgcinfo、evpnd および eroot パッケージ。

ステップ 7

commit

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe-h248-profile)# commit

設定変更を保存します。実行コンフィギュレーション ファイルに変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

ステップ 8

exit

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe-h248-profile)# exit

現在のコンフィギュレーション モードを終了します。

その他の関連資料

次の各項では、MGC 情報パッケージのサポートに関連する参考資料を示します。

関連資料

 

関連項目
マニュアル タイトル

Cisco IOS XR マスター コマンド リファレンス

『Cisco IOS XR Master Commands List』

Cisco IOS XR SBC インターフェイス コンフィギュレーション コマンド

『Cisco IOS XR Session Border Controller Command Reference』

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用するルータを初回に起動し設定するための情報

『Cisco IOS XR Getting Started Guide』

Cisco IOS XR コマンド モード

『Cisco IOS XR Command Mode Reference』

標準

標準
タイトル

この機能でサポートされる新規の標準または変更された標準はありません。また、既存の標準のサポートは変更されていません。

--

MIB

 

MIB
MIB のリンク

--

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用して MIB の場所を特定してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用して、[Cisco Access Products] メニューからプラットフォームを選択します。

http://cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

シスコのテクニカル サポート

 

説明
リンク

シスコのテクニカル サポート Web サイトでは、製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、およびツールへのリンクなどの、数千ページに及ぶ技術情報が検索可能です。Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html