Cisco IOS XR セッション ボーダー コントローラ コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS XR Software Release 3.5
設定可能なベース ルート パッケージ
設定可能なベース ルート パッケージ
発行日;2013/09/18 | 英語版ドキュメント(2013/05/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

設定可能なベース ルート パッケージ

内容

設定可能なベース ルート パッケージに関する情報

ベース ルート パッケージの設定方法

ベース ルート パッケージの設定

ベース ルート パッケージの設定:例

その他の関連資料

関連資料

標準

MIB

シスコのテクニカル サポート

設定可能なベース ルート パッケージ

この新機能では、ベース ルート パッケージを使用して、DBE で各コンテキストの最大終端数を設定できます。ベース ルート パッケージでは、メディア ゲートウェイ(MG)の機能を定義します。これらの機能は、メディア ゲートウェイ コントローラ(MGC)によって変更および監査されることがあります。この機能が導入される前は、各コンテキストの最大終端数は、ベース ルート パッケージの設定不能なプロパティでした。設定可能なベース ルート パッケージ機能により、MG の機能を監査および設定できるようになりました。

設定可能なベース ルート パッケージの機能履歴

 

リリース
変更内容

リリース 3.5.1

Cisco XR 12000 シリーズ ルータおよび Cisco CRS-1に、この機能が追加されました。

設定可能なベース ルート パッケージに関する情報

ベース ルート パッケージを使用することにより、DBE で各コンテキストの最大終端数を設定できます。監査の実行中に、DBE は設定済みの値を MGC に戻します。MGC は、各コンテキストの設定済みの最大終端数の値を変更できません。

次のプロパティは、読み取り専用です。

maxTerminationsPerContext 値は、CLI コマンドを使用して設定できます。

maxNrOfContexts

ベース ルート パッケージの設定方法

DBE で各コンテキストの最大終端数を設定するには、新しいコマンド h248-max-terms-per-context を使用します。

ベース ルート パッケージの設定

手順の概要

1. configure

2. sbc service-name

3. dbe

4. vdbe

5. h248-max-terms-per-context max-contexts

6. commit

7. exit

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure

 

RP/0/0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 2

sbc service-name

 

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc

SBC サービスのモードを開始します。

service-name 引数を使用して、SBC の名前を定義します。

ステップ 3

dbe

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# dbe

SBC の Data Border Element(DBE)機能のモードを開始します。

ステップ 4

vdbe

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# vdbe

仮想 DBE(vDBE)パラメータを設定するモードを開始します。

ステップ 5

h248-max-terms-per-context max-contexts

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# h248-max-terms-per-context 8

DBE(この例では vDBE)の各コンテキストの H.248 最大終端数を設定します。

この設定を行わない場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

max-contexts:コンテキスト単位の最大終端数。値の範囲は 2 ~ 32 です。デフォルトは 32 です。

ステップ 6

commit

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# commit

設定変更を保存します。実行コンフィギュレーション ファイルに変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

ステップ 7

exit

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# exit

現在のコンフィギュレーション モードを終了します。

ベース ルート パッケージの設定:例

次に、ベース ルート パッケージを設定する例を示します。

RP/0/RP0/CPU0:SBC-CRS-16(config-sbc-dbe)#vdbe
RP/0/RP0/CPU0:SBC-CRS-16(config-sbc-dbe-vdbe)#no attach-controllers
RP/0/RP0/CPU0:SBC-CRS-16(config-sbc-dbe-vdbe)#commit
RP/0/RP0/CPU0:SBC-CRS-16(config-sbc-dbe-vdbe)#h248-max-terms-per-context 32
RP/0/RP0/CPU0:SBC-CRS-16(config-sbc-dbe-vdbe)#commit
RP/0/RP0/CPU0:SBC-CRS-16(config-sbc-dbe-vdbe)#attach-controllers
RP/0/RP0/CPU0:SBC-CRS-16(config-sbc-dbe-vdbe)#commit
RP/0/RP0/CPU0:SBC-CRS-16(config-sbc-dbe-vdbe)#exit
RP/0/RP0/CPU0:SBC-CRS-16(config-sbc-dbe)#act
RP/0/RP0/CPU0:SBC-CRS-16(config-sbc-dbe)#commit
 
RP/0/RP0/CPU0:SBC-CRS-16(config-sbc-dbe)#do sh run
sbc crs16
service-location preferred-active 0/7/CPU0
dbe
vdbe
control-address h248 ipv4 1.116.1.1
local-port 2945
controller h248 1
transport udp
remote-address ipv4 200.200.200.136
remote-port 2945
!
h248-tmax 50000
h248-version 3
h248-napt-package napt
max-pdu-size 512
h248-max-terms-per-context 32 <======================= Max terms is set
attach-controllers
congestion-cleared 80
congestion-threshold 90
!
media-address ipv4 88.116.1.101 managed-by dbe
port-range 16000 32000 any
!
media-address ipv6 2001:88:116:1::101 managed-by dbe
port-range 16000 32000 any
!
deact-mode abort
location-id 1
activate
media-timeout 3600
 
===============Create up to 32 termination
RP/0/RP0/CPU0:SBC-CRS-16(config-sbc-dbe)#do sh serv sbc crs16 dbe media-flow-s$
SBC Service "crs16"
Media Flow:
State of Media Flow: Allocated
Call Established time: Tue Sep 4 15:34:55.784 2007
Call Priority: Unspecified
ContextID: 5 <======== Same context
StreamID: 1
Class of service: Voice
Side A:
Name: cisco/voice/gn/0/1/0/1/ac/1 <========= Termination#
No media timeout remaining: 3363 s
Reserved Bandwidth: 12600 (bytes/second)
Status: In Service
VRF Name:
Local Address: 88.116.1.101
Local Port: 16000
Remote Address: 100.116.31.101
Remote Port: 32000
RTP Packets Received: 0
RTP Packets Sent: 0
RTP Packets Discarded: 0
RTP Data Received: 0 (bytes)
RTP Data Sent: 0 (bytes)
RTP Data Discarded: 0 (bytes)
RTCP Packets Sent: Not known
RTCP Packets Received: Not known
RTCP Packets Lost: Not known
Gm Discarded Packets: 0
DTMF Interworking: No
Media Flowing: No
Affected by Routing Error: No
Unexpected SrcAddr Packets: No
Billing ID: 0x000000000000000000000000000000000000000000000000
Media directions allowed: sendrecv
Side B:
Name: cisco/voice/gn/0/1/0/1/bb/2 <========= Termination#
No media timeout remaining: 3363 s
Reserved Bandwidth: 12600 (bytes/second)
Status: In Service
VRF Name:
Local Address: 88.116.1.101
Local Port: 16004
Remote Address: 100.116.41.101
Remote Port: 32004
RTP Packets Received: 0
RTP Packets Sent: 0
RTP Packets Discarded: 0
RTP Data Received: 0 (bytes)
RTP Data Sent: 0 (bytes)
RTP Data Discarded: 0 (bytes)
RTCP Packets Sent: Not known
RTCP Packets Received: Not known
RTCP Packets Lost: Not known
Gm Discarded Packets: 0
DTMF Interworking: No
Media Flowing: No
Affected by Routing Error: No
Unexpected SrcAddr Packets: No
Billing ID: 0x000000000000000000000000000000000000000000000000
Media directions allowed: sendrecv
Media Flow:
State of Media Flow: Allocated
Call Established time: Tue Sep 4 15:34:58.211 2007
Call Priority: Unspecified
ContextID: 5 <======== Same context
StreamID: 2
Class of service: Voice
Side A:
Name: cisco/voice/gn/0/1/0/1/ac/3 <========= Termination#
No media timeout remaining: 3365 s
Reserved Bandwidth: 12600 (bytes/second)
Status: In Service
VRF Name:
Local Address: 88.116.1.101
Local Port: 16008
Remote Address: 100.116.31.101
Remote Port: 32008
RTP Packets Received: 0
RTP Packets Sent: 0
RTP Packets Discarded: 0
RTP Data Received: 0 (bytes)
RTP Data Sent: 0 (bytes)
RTP Data Discarded: 0 (bytes)
RTCP Packets Sent: Not known
RTCP Packets Received: Not known
RTCP Packets Lost: Not known
Gm Discarded Packets: 0
DTMF Interworking: No
Media Flowing: No
Affected by Routing Error: No
Unexpected SrcAddr Packets: No
Billing ID: 0x000000000000000000000000000000000000000000000000
Media directions allowed: sendrecv
Side B:
Name: cisco/voice/gn/0/1/0/1/bb/4 <========= Termination#
No media timeout remaining: 3365 s
Reserved Bandwidth: 12600 (bytes/second)
Status: In Service
VRF Name:
Local Address: 88.116.1.101
Local Port: 16012
Remote Address: 100.116.41.101
Remote Port: 32012
RTP Packets Received: 0
RTP Packets Sent: 0
RTP Packets Discarded: 0
RTP Data Received: 0 (bytes)
RTP Data Sent: 0 (bytes)
RTP Data Discarded: 0 (bytes)
RTCP Packets Sent: Not known
RTCP Packets Received: Not known
RTCP Packets Lost: Not known
Gm Discarded Packets: 0
DTMF Interworking: No
Media Flowing: No
Affected by Routing Error: No
Unexpected SrcAddr Packets: No
Billing ID: 0x000000000000000000000000000000000000000000000000
Media directions allowed: sendrecv
............
Media directions allowed: sendrecv
Media Flow:
State of Media Flow: Allocated
Call Established time: Tue Sep 4 15:35:03.413 2007
Call Priority: Unspecified
ContextID: 5 <======== Same context
StreamID: 16
Class of service: Voice
Side A:
Name: cisco/voice/gn/0/1/0/1/ac/31 <========= Termination#
No media timeout remaining: 3282 s
Reserved Bandwidth: 12600 (bytes/second)
Status: In Service
VRF Name:
Local Address: 88.116.1.101
Local Port: 16120
Remote Address: 100.116.31.101
Remote Port: 32120
RTP Packets Received: 0
RTP Packets Sent: 0
RTP Packets Discarded: 0
RTP Data Received: 0 (bytes)
RTP Data Sent: 0 (bytes)
RTP Data Discarded: 0 (bytes)
RTCP Packets Sent: Not known
RTCP Packets Received: Not known
RTCP Packets Lost: Not known
Gm Discarded Packets: 0
DTMF Interworking: No
Media Flowing: No
Affected by Routing Error: No
Unexpected SrcAddr Packets: No
Billing ID: 0x000000000000000000000000000000000000000000000000
Media directions allowed: sendrecv
Side B:
Name: cisco/voice/gn/0/1/0/1/bb/32 <========= Termination#
No media timeout remaining: 3282 s
Reserved Bandwidth: 12600 (bytes/second)
Status: In Service
VRF Name:
Local Address: 88.116.1.101
Local Port: 16124
Remote Address: 100.116.41.101
Remote Port: 32124
RTP Packets Received: 0
RTP Packets Sent: 0
RTP Packets Discarded: 0
RTP Data Received: 0 (bytes)
RTP Data Sent: 0 (bytes)
RTP Data Discarded: 0 (bytes)
RTCP Packets Sent: Not known
RTCP Packets Received: Not known
RTCP Packets Lost: Not known
Gm Discarded Packets: 0
DTMF Interworking: No
Media Flowing: No
Affected by Routing Error: No
Unexpected SrcAddr Packets: No
Billing ID: 0x000000000000000000000000000000000000000000000000
Media directions allowed: sendrecv

その他の関連資料

ここでは、ベース ルート パッケージの設定に関する関連資料について説明します。

関連資料

 

関連項目
マニュアル タイトル

Cisco IOS XR マスター コマンド リファレンス

『Cisco IOS XR Master Commands List』

Cisco IOS XR SBC インターフェイス コンフィギュレーション コマンド

『Cisco IOS XR Session Border Controller Command Reference』

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用するルータを初回に起動し設定するための情報

『Cisco IOS XR Getting Started Guide』

Cisco IOS XR コマンド モード

『Cisco IOS XR Command Mode Reference』

標準

標準
タイトル

この機能でサポートされる新規の標準または変更された標準はありません。また、既存の標準のサポートは変更されていません。

--

MIB

 

MIB
MIB のリンク

--

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用して MIB の場所を特定してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用して、[Cisco Access Products] メニューからプラットフォームを選択します。

http://cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

シスコのテクニカル サポート

 

説明
リンク

シスコのテクニカル サポート Web サイトでは、製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、およびツールへのリンクなどの、数千ページに及ぶ技術情報が検索可能です。Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html