Cisco IOS XR セッション ボーダ コントローラ コンフィギュレーション ガイド Release 3.6
オプションのローカルおよびリモート 記述子
オプションのローカルおよびリモート記述子
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

オプションのローカルおよびリモート記述子

この章の構成

オプションのローカルおよびリモート記述子の前提条件

オプションのローカルおよびリモート記述子に関する制約事項

オプションのローカルおよびリモート記述子に関する情報

オプションのローカルおよびリモート記述子に関する統計情報の表示

dbe signaling-flow-stats に対応する show コマンドの例

その他の参考資料

関連マニュアル

規格

MIB

技術サポート

オプションのローカルおよびリモート記述子

Media Gateway Controller(MGC; メディア ゲートウェイ コントローラ)経由で送信される単一の add コマンドで、ローカルとリモートの両方のアドレスまたはポート記述子が指定されているとは限らないため、 modify コマンドで 1 つまたは複数の記述子を指定することによって、それを補うことができるようになりました。その後、MG(メディア ゲートウェイ)が MGC から受信した情報を記録し、十分な情報が使用できるようになってから、MPF(Media Packet Forwarder)ピンホールをプログラミングします。

記述子は、次のいずれかにできます。

アドレス

ポート割り当て

帯域予約

オプションのローカルおよびリモート記述子サポートの履歴

 

リリース
変更点

Release 3.5.0

Cisco CRS-1 にこのコマンドが初めて導入されました。

Release 3.6.0

変更なし

オプションのローカルおよびリモート記述子の前提条件

DBE は、次のいずれかの値が指定された、終端への add または modify コマンドを受け付けることができます。

各ストリームに 0 または 1 のローカル記述子

各ストリームに 0 または 1 のリモート記述子

オプションのローカルおよびリモート記述子に関する制約事項

ローカル記述子を使用してアドレスおよびポートが選択されたあとで、それらを変更しようとしても、DBE により拒否されます。

ローカル記述子とリモート記述子の両方が指定されていない終端には、 OutOfService という終端ステートを与える必要があります。部分的に指定された終端をインサービスにしようとすると、次の応答とともに要求が拒否されます。

エラー メッセージ ER=441 Missing Remote or Local Descriptor

終端のサービス ステートを変更してイン サービスに設定するワイルドカード要求の場合、含めることのできるコマンドは 1 つだけになりました。したがって、次のフォーマットが使用されている場合、DBE はすでに説明した error 421 で、トランザクションを拒否します。

C=*{W-MF=ip/1/*{M{TS{SI=IV}}}, W-MF=ip/2/*{M{TS{SI=IV}}}}

オプションのローカルおよびリモート記述子に関する情報

DBE は、すべてのローカルおよびリモート アドレスまたはポート記述子を指定した add または modify コマンドを受信すると(「オプションのローカルおよびリモート記述子の前提条件」を参照)、データ ストリーム用の MPF ピンホールをプログラミングします。それまで、DBE はストリーム情報をローカルで保管しますが、このデータは MPF に渡されません。

DBE は、ピンホールのどちらかの側に最初のローカル記述子が指定された時点で、下記を含めてピンホール用のリソースを予約します。

アドレスおよびポート割り当て

帯域予約

この予約に失敗した場合、次のうち、どちらか一方の状況が発生します。

ginfo パッケージが使用中で、ginfo/gate_state が暫定的な場合、MGC はゲートを削除し、 add または modify 要求に次のエラーを戻します。
510 - insufficient resources failure response.

ゲートが以前のステートに戻り、 add または modify 要求に次のエラーが戻ります。
510 - insufficient resources failure response .

オプションのローカルおよびリモート記述子に関する統計情報の表示

次の show コマンドを使用すると、オプションのローカルおよびリモート記述子に関する統計情報が表示されます。このコマンドのパラメータは、次のとおりです。

show services sbc service-name dbe [media-flow-stats | signaling-flow-stats]
 

 

表16 show services sbc dbe [media-flow-stats | signaling-flow-stats] command

パラメータ
デフォルト値
説明

シグナリング ピンホール:

StateofSignalingFlow

メディア ピンホール:

StateofMediaFlow

Partial または Allocated

ローカル記述子とリモート記述子のどちらも指定されていない場合は、デフォルトになります。

LocalAddress

0.0.0.0.

ローカル記述子が指定されていない場合は、デフォルトになります。

LocalPort

0

ローカル記述子が指定されていない場合は、デフォルトになります。

VRF Name

-

なし

RemoteAddress

0.0.0.0

リモート記述子が指定されていない場合は、この値に設定されます。

RemotePort

0

リモート記述子が指定されていない場合は、この値に設定されます。

dbe signaling-flow-stats に対応する show コマンドの例

show service sbc mysbc dbe signaling-flow-stats

Signaling Flow:
State of Signalling Flow: Partial
Call Age: 10224 ms
Call Priority: Routine
ContextID 2
StreamID 1
Side A:
Name ntt/sip/gn/0/1/0/1/ac/1
Reserved Bandwidth: 45000 (bytes/second)
Status: Out of Service
VRF Name:
Local Address: 86.86.17.10
Local Port: 20000
Remote Address: 0.0.0.0
Remote Port: 0
Packets Received: 0
Packets Sent: 0
Packets Discarded: 0
Data Received: 0 (bytes)
Data Sent: 0 (bytes)
Data Discarded: 0 (bytes)
Gm Discarded Packets: 0
Media Flowing: No
Affected by Routing Error: No
Side B:
Name ntt/sip/gn/0/1/0/1/bb/2
Reserved Bandwidth: Unlimited
Status: In Service
VRF Name:
Local Address: 86.86.17.10
Local Port: 20001
Remote Address: 200.200.200.136
Remote Port: 16000
Packets Received: 0
Packets Sent: 0
Packets Discarded: 0
Data Received: 0 (bytes)
Data Sent: 0 (bytes)
Data Discarded: 0 (bytes)
Gm Discarded Packets: 0
Media Flowing: No
Affected by Routing Error: No

その他の参考資料

この機能に関連する参考資料を示します。

関連マニュアル

 

内容
マニュアル タイトル

Cisco IOS XR マスター コマンド リファレンス

Cisco IOS XR Master Commands List

Cisco IOS XR SBC インターフェイス設定コマンド

Cisco IOS XR Session Border Controller Command Reference

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用するルータを初回に起動し設定するための情報

Cisco IOS XR Getting Started Guide

Cisco IOS XR コマンド モード

Cisco IOS XR Command Mode Reference

規格

規格
タイトル

この機能によりサポートされた新規規格または改訂規格はありません。またこの機能による既存規格のサポートに変更はありません。

--

MIB

 

MIB
MIB リンク

--

Cisco IOS XR ソフトウェアが使用している MIB を特定してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator で、Cisco Access Product メニューからプラットフォームを選択します。

http://cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

技術サポート

 

説明
リンク

シスコのテクニカル サポート Web サイトでは、製品、テクノロジー、ソリューション、テクニカル ティップス、ツールへのリンクなど、技術的なコンテンツを検索可能な形で大量に提供しています。Cisco.com 登録ユーザの場合は、次のページからログインしてさらに多くのコンテンツにアクセスできます。

http://www.cisco.com/techsupport