Cisco IOS XR セッション ボーダ コントローラ コンフィギュレーション ガイド Release 3.6
H.248 Segmentation パッケージの サポート
H.248 Segmentation パッケージのサポート
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

H.248 Segmentation パッケージのサポート

この章の構成

H.248 Segmentation パッケージの実装に関する制約事項

H.248 Segmentation パッケージ サポートの実装方法

H.248 Segmentation パッケージの実装

show コマンドの例

その他の関連資料

関連資料

規格

MIB

技術サポート

H.248 Segmentation パッケージのサポート

UDP(ユーザ データグラム プロトコル)を使用して H.248 アソシエーションが確立されている場合に、H.248 メッセージが大きすぎて 1 つの UDP パケットに収まらないと、トラフィックが輻輳する原因になりかねません。したがって、DBE が小さいパケットでデータを戻し、トラフィックが円滑に流れるようにするために、H.248 ベースのセグメンテーションが必要です。

H.248 Segmentation(seg)パッケージは H.248.1v3 Annex E で定義されており、このセグメンテーションを実行するときに使用する、4 つのプロパティを定義します。

MGSegmentationTimerValue

MGCSegmentationTimerValue

MGMaxPDUSize

MGCMaxPDUSize

H.248 Segmentation パッケージ サポートの履歴

 

リリース
変更点

Release 3.5.1

Cisco CRS-1およびCisco XR 12000 シリーズ ルータに、この機能が追加されました。

Release 3.6.0

変更なし

H.248 Segmentation パッケージの実装に関する制約事項

H.248 セグメンテーション パッケージのサポートには、次の制約事項および制限が適用されます。

DBE はこのパッケージのほかに、セグメンテーション パッケージをサポートする必要があります。

DBE がサポートするのは、セグメント化されたメッセージの送信だけであり、Media Gateway Controler(MGC; メディア ゲートウェイ コントローラ)からセグメント化されたメッセージを受信することはありません。

DBE がサポートするのは、UDP を介したセグメント化メッセージの送信だけです。DBE が MGC から TCP 接続を介してセグメント化メッセージを受信した場合は、エラーが生成されます。

MGC がメッセージのすべてのセグメントを受信しなかった場合、MGC はエラー コードとしてError 459 を送信します。

H.248 バージョン 1 および 2 では、この機能を使用できません。

H.248 Segmentation パッケージ サポートの実装方法

ここでは、最大 PDU サイズを指定するように DBE を設定することによって、H.248 セグメンテーション パッケージをイネーブルにする手順について説明します。このパッケージはデフォルトでディセーブルです。

H.248 Segmentation パッケージの実装

手順の概要

1. configure

2. sbc service-name

3. dbe

4. vdbe

5. max-pdu-size maximum PDU size

6. commit

7. end

8. show services sbc service-name dbe controllers

詳細手順

 

コマンドまたはアクション
説明

ステップ 1

configure

 

RP/0/0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 2

sbc service-name

 

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc

SBC サービス モードを開始します。

サービス名を定義するには、 service-name 引数を使用します。

ステップ 3

dbe

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# dbe

SBC サービス内で DBE エンティティ モードを開始します。

ステップ 4

vdbe

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# vdbe

バーチャル DBE パラメータ コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 5

max-pdu-size maximum PDU size

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe )# max-pdu-size 64000

 

H.248 コントロール シグナリングに UDP で使用しなければならない最大 PDU サイズをバイト数で設定します。セグメンテーション パッケージ機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

maximum PDU size -- 最大 PDU サイズをバイト数で指定します。使用できる値の範囲は 0 ~ 4294967295 バイトです。値を 0 にすると、セグメンテーション パッケージがディセーブルになります。

ステップ 6

commit

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# commit

設定変更を保存します。設定変更を実行コンフィギュレーション ファイルに保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

ステップ 7

end

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# exit

コンフィギュレーション セッションを終了します。

ステップ 8

show services sbc service-name dbe controllers

 

RP/0/0/CPU0:router# show services sbc mySbc dbe controllers

DBE 上の H.248 コントローラに関する統計情報を表示します。

show コマンドの例

# show services sbc mySbc dbe controllers
vDBE in DBE location 1
DBE Admin Status: Active
Media gateway controller in use:
H.248 controller address
192.10.2.2:2955
Status: Attached
Sent Received Failed Retried
Requests 2 4 1 13
Replies 4 1 0
 
Segmentation
MG Segmentation Timer 0 ms
MGC Segmentation Timer 0 ms
MG Segmentation Max PDU Size 4294967295 bytes
MGC Segmentation Max PDU Size 512 bytes
Segmentation Packets Sent 0
Segmentation Packets Received 0
T-Max Value:
T-Max Value = 50000
 
Configured controllers:
H.248 controller 1:
Remote address: 192.11.2.1.2944 (using default port)
Transport: UDP (with IAH)
--------------------------------
 

その他の関連資料

SBC の H.248 Segmentation Package サポートに関連する資料を示します。

関連資料

 

内容
マニュアル タイトル

Cisco IOS XR マスター コマンド リファレンス

Cisco IOS XR Master Commands List

Cisco IOS XR SBC インターフェイス設定コマンド

Cisco IOS XR Session Border Controller Command Reference

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用するルータを初回に起動し設定するための情報

Cisco IOS XR Getting Started Guide

Cisco IOS XR コマンド モード

Cisco IOS XR Command Mode Reference

規格

規格
タイトル

この機能によりサポートされた新規規格または改訂規格はありません。またこの機能による既存規格のサポートに変更はありません。

--

MIB

 

MIB
MIB リンク

--

Cisco IOS XR ソフトウェアが使用している MIB を特定してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator で、Cisco Access Product メニューからプラットフォームを選択します。

http://cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

技術サポート

 

説明
リンク

シスコのテクニカル サポート Web サイトでは、製品、テクノロジー、ソリューション、テクニカル ティップス、ツールへのリンクなど、技術的なコンテンツを検索可能な形で大量に提供しています。Cisco.com 登録ユーザの場合は、次のページからログインしてさらに多くのコンテンツにアクセスできます。

http://www.cisco.com/techsupport