Cisco IOS XR セッション ボーダ コントローラ コンフィギュレーション ガイド Release 3.6
H.248.1 v3 サポート
H.248.1 v3 サポート
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

H.248.1 v3 サポート

この章の構成

H.248.1 v3 サポートの制限

H.248.1 v3 サポート情報

H.248.1 v3 サポートの設定方法

H.248.1 v3 サポートの設定

その他の関連資料

関連マニュアル

規格

MIB

技術サポート

H.248.1 v3 サポート

この拡張によって、DBE は H.248.1 バージョン 3 または MGC(Media Gateway Controller)バージョン 3 を必要とする SBE との相互運用を行えるようになり、バージョン 3 を介して H.248 バージョン 2 を受け付けるようになります。バージョン 3 をサポートするよう DBE を設定すると、DBE はそれより下位のバージョンの MGC とのネゴシエーションを拒否するようになります。

H.248.1 v3 サポートの履歴

 

リリース
変更点

Release 3.5.0

Cisco CRS-1 にこのコマンドが初めて導入されました。

Release 3.6.0

変更なし

この章の構成

この章で説明する内容は、次のとおりです。

「H.248.1 v3 サポートの制限」

「H.248.1 v3 サポート情報」

「H.248.1 v3 サポートの設定方法」

「その他の関連資料」

H.248.1 v3 サポートの制限

H.248.1v3 をサポートするよう設定した DBE は、MGC から発信されたプロトコル バージョンを引き下げようとするネゴシエーション試行を拒否します。

H.248.1 v3 サポート情報

この拡張によって、DBE は H.248.1 v3 または MGCバージョン 3 を必要とする SBE との相互運用を行えるようになり、H.248 バージョン 3 を介してバージョン 2 を受け付けるようになります。

SBE との通信時に、DBE は ServiceChange 要求で H.248.1 バージョン 3 のアドバタイズを行い、SBE からの Service Change 応答で受け取ったバージョンを確認します。SBE がアドバタイズされたものより下位のバージョンをサポートする場合、DBE はイベントを記録して、SBE を切断し、H.248.1 v3 をサポートする SBE が見つかるまで、別の SBE を試行します。MG-Abstraction Layer エンティティ MIB に新しいフィールド bcaGalEntMegacoVersion が追加されます。このフィールドは、bcaMegacoV2(デフォルトのバージョン 2)または bcaMegacoV3 のどちらかに設定できます。DBE はそれ以降、H.248.1 バージョンのネゴシエーションを行いません。

H.248.1 v3 サポートの設定方法

ここでは、H.248.1 v3 サポートの設定手順を示します。新しい h248-version コマンドで、H.248 プロトコルのバージョンを定義します。DBE は H.248 コントローラとのアソシエーションを形成するときに、このバージョンを使用します。

H.248.1 v3 サポートの設定

手順の概要

1. configure

2. sbc service-name

3. dbe

4. vdbe [ global ]

5. h248-version version

6. commit

7. exit

詳細手順

 

コマンドまたはアクション
説明

ステップ 1

configure

 

RP/0/0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 2

sbc service-name

 

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc

SBC サービス モードを開始します。

service-name 引数を使用して SBC 名を定義します。

ステップ 3

dbe

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# dbe

SBC の DBE 機能モードを開始します。

ステップ 4

vdbe [global]

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe)# vdbe

バーチャル DBE(vDBE)パラメータ コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 5

h248-version version

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe)# h248-version 3

H.248 プロトコルのバージョンを定義します。DBE は H.248 コントローラとのアソシエーションを形成する際にこのバージョンを使用します。

H.248 プロトコルのデフォルトであるバージョン 2 に戻す場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

version -- 使用するプロトコル バージョンを定義します。指定できる値は 2 および 3 です。デフォルトは 2 です。

左側の例のコマンドは、H.248 バージョン 3 を使用するように vDBE を設定します。設定後は、それより下位のバージョンへのネゴシエーション試行はすべて拒否されます。

ステップ 6

commit

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe-h248-version)# commit

設定変更を保存します。設定変更を実行コンフィギュレーション ファイルに保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

ステップ 7

exit

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-dbe-vdbe-h248-version)# exit

現在のコンフィギュレーション モードを終了します。

その他の関連資料

H.248.1 v3 サポート関連の参考資料を示します。

関連マニュアル

 

内容
マニュアル タイトル

Cisco IOS XR マスター コマンド リファレンス

Cisco IOS XR Master Commands List

Cisco IOS XR SBC インターフェイス設定コマンド

Cisco IOS XR Session Border Controller Command Reference

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用するルータを初回に起動し設定するための情報

Cisco IOS XR Getting Started Guide

Cisco IOS XR コマンド モード

Cisco IOS XR Command Mode Reference

規格

規格
タイトル

この機能によりサポートされた新規規格または改訂規格はありません。またこの機能による既存規格のサポートに変更はありません。

--

MIB

 

MIB
MIB リンク

--

Cisco IOS XR ソフトウェアが使用している MIB を特定してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator で、Cisco Access Product メニューからプラットフォームを選択します。

http://cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

技術サポート

 

説明
リンク

シスコのテクニカル サポート Web サイトでは、製品、テクノロジー、ソリューション、テクニカル ティップス、ツールへのリンクなど、技術的なコンテンツを検索可能な形で大量に提供しています。Cisco.com 登録ユーザの場合は、次のページからログインしてさらに多くのコンテンツにアクセスできます。

http://www.cisco.com/techsupport