Cisco IOS XR セッション ボーダ コントローラ コンフィギュレーション ガイド Release 3.6
SIP 設定の柔軟性
SIP 設定の柔軟性
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

SIP 設定の柔軟性

この章の構成

SIP 設定の柔軟性の実装に関する制約事項

SIP 設定の柔軟性に関する情報

OPTIONS のサポート

OPTIONS サポートに関する制約事項

非 REGISTER 要求の発信元ヘッダーの書き換え

非 REGISTER 要求の発信元ヘッダーの書き換えに関する制約事項

非 REGISTER 要求の宛先ヘッダーの書き換え

NAT の自動検出

NAT の自動検出に関する制約事項

ワイルドカード ドメインによるルーティング

NAT の自動検出に関する制約事項

SIP 設定の柔軟性の実装方法

SIP 設定の柔軟性の実装

その他の関連資料

関連マニュアル

規格

MIB

RFC

技術サポート

SIP 設定の柔軟性

SBC では、SIP 隣接の次の機能の設定を柔軟に行えます。

OPTIONS のサポート

非 REGISTER 要求の発信元ヘッダーの書き換え

非 REGISTER 要求の宛先ヘッダーの書き換え

NAT の自動検出

ワイルドカード ドメインによるルーティング

SIP 設定の柔軟性の機能履歴

 

リリース
変更点

Release 3.5.1

Cisco XR 12000 シリーズ ルータにこの機能が追加されました。

Release 3.6.0

変更なし

SIP 設定の柔軟性の実装に関する制約事項

この章では、SIP 設定の柔軟性の実装に関する制約事項を機能ごとに示します。

SIP 設定の柔軟性に関する情報

OPTIONS のサポート

デフォルトでは、SBC は OPTIONS 方式の通過をブロックします。しかし、SBC を隣接単位で設定することにより、OPTIONS 方式の通過を許可したりブロックしたりできるようになりました。SBC を隣接単位にホワイトリスト方式プロファイルを使用して設定した場合には、OPTIONS 方式の通過が許可されます。SBC を隣接単位にブラックリスト方式プロファイルを使用して設定した場合には、OPTIONS 方式の通過がブロックされます。

OPTIONS サポートに関する制約事項

SBC は OPTIONS 方式の通過を許可する場合、メッセージから SDP ブロックを抽出します。これにより SIP エンドポイントが交換できる内容が制限されます。

SBC-SIG は OPTIONS を含むすべての方式の Accept ヘッダーおよび Allow ヘッダーを送信しません。

SBC は Supported ヘッダーの 100Rel タグと Replace タグのみ通過を許可し、このヘッダーの他のタグはホワイトリストおよびブラックリストによって制御されます。

非 REGISTER 要求の発信元ヘッダーの書き換え

ユーザはこの機能を使用して SBC を隣接単位に設定することにより、アウトバウンド SIP 隣接アドレスまたはポート宛ての非 REGISTER 要求に含まれる発信元(From)ヘッダーの hostport セクションを書き換えるかどうかを制御できます。発信元ヘッダーを書き換えずに通過させる設定がされていると、SBC はヘッダー全体を変更しないで通過させます。この唯一の例外は Tag パラメータ部分です。SBC はこのパラメータに異なる値を割り当てたあと通過させます。

非 REGISTER 要求の発信元ヘッダーの書き換えに関する制約事項

この機能は REGISTER 要求には適用されません。

この機能は Rewrite-Register 機能と併用された場合にのみ限定的に動作します。

発信元ヘッダーに Tel URI が含まれている場合、ヘッダーに hostport セクションがないので SBC はヘッダーを書き換えません。

ヘッダー、オプション、SIP ホワイトリスト プロファイルのそれぞれの数に応じて、SBC は通過を許可する発信元ヘッダーのサイズを約 1000 バイトに制限します。

非 REGISTER 要求の宛先ヘッダーの書き換え

ユーザはこの機能を使用して SBC を隣接単位に設定することにより、アウトバウンド SIP 隣接アドレスまたはポート宛ての非 REGISTER 要求に含まれる宛先(To)ヘッダーの stopper セクションを書き換えるかどうかを制御できます。宛先ヘッダーを書き換えるように設定されている場合、SBC は発信の Request URI と一致するように書き換えます。

NAT の自動検出

新しい設定フィールドが SIP 隣接に追加されたことにより、その隣接で NAT が使用されているかどうか SBC に自動検出させることを指定できるようになりました。NAT の自動検出が設定されていると、SBC は受信する要求ごとにそのエンドポイントで NAT が使用されているかどうかを判別します。NAT が使用されていることを確認した場合には、その要求のバインディングを格納し応答の送信時に使用します。また、それに続く Dialog-forming 要求および Out-of-dialog 要求に対する REGISTER 要求のバインディングを格納し、再使用します。

NAT の自動検出に関する制約事項

SBC は Via ヘッダーにある Sent-by stopper 部分とメッセージにあるリモート アドレスおよびポート部分とを比較することによってのみ NAT の自動検出ができます。

stopper に IP アドレスでなくドメイン名が含まれている場合には、NAT が使用されているかどうかの自動検出ができません。この場合、SBC は NAT が使用されていると想定します。

NAT の自動検出は、Out-of-dialog 要求または Dialog-forming 要求に対してのみ適用されます。

ワイルドカード ドメインによるルーティング

SBC ルーティング ポリシーでは、テキスト ドメイン名の一致文字列に * 文字を使用できます。この文字は着アドレスの任意の数の文字と一致することができます。たとえば、* domain.com は、sip1.domain.com と sip2.domain.com の両方と一致します。

NAT の自動検出に関する制約事項

指定する一致文字列には、ワイルドカード文字を 1 つしか使用できません。

この機能はテキスト ドメイン名の一致規則だけに適用されます。ダイヤル ディジットの一致規則には適用されません。

SIP 設定の柔軟性の実装方法

ここでは、SIP 設定の柔軟性を実装するための設定手順を示します。

SIP 設定の柔軟性の実装

手順の概要

1. configure

2. sbc service-name

3. sbe

4. adjacency sip adjacency-name

5. passthrough from header

6. passthrough to header

7. nat force on

8. commit

9. exit

詳細手順

 

コマンドまたはアクション
説明

ステップ 1

configure

 

RP/0/0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 2

sbc service-name

 

RP/0/0/CPU0:router(config)# sbc mysbc

SBC サービス モードを開始します。

サービス名を定義するには、 service-name 引数を使用します。

ステップ 3

sbe

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc)# sbe

SBC の Signaling Border Element(SBE)機能モードを開始します。

ステップ 4

adjacency sip sipadj

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe)# adjacency sip sipadj

SBE SIP 隣接モードを開始します。

SIP 隣接名を定義するには、 adjacency-name 引数を使用します。

ステップ 5

passthrough from header

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-sip-adj)# passthrough from header

発信元(From)の書き換えをディセーブルにするように SIP 隣接を設定します。

ステップ 6

passthrough to header

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-sip-adj)# passthrough to header

宛先(To)の書き換えをディセーブルにするように SIP 隣接を設定します。

ステップ 7

nat force-on

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-sip-adj)# nat force-on

すべてのエンドポイントが NAT 装置の背後にあるとして SIP 隣接を設定します。すべてのエンドポイントが NAT 装置の背後にあるとして SIP 隣接を設定するには、 nat force-off コマンドを使用します。デフォルトでは、SBC はエンドポイントが NAT 装置の背後にあるかどうかを自動的に検出します。

ステップ 8

commit

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-sip-adj)# commit

設定変更を保存します。設定変更を実行コンフィギュレーション ファイルに保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

ステップ 9

exit

 

RP/0/0/CPU0:router(config-sbc-sbe-sip-adj)# exit

adj-sip モードを終了し、SBE モードに戻ります。

その他の関連資料

ここでは、SBC の SIP 設定の柔軟性に関する関連資料について説明します。

関連マニュアル

 

内容
マニュアル タイトル

Cisco IOS XR マスター コマンド リファレンス

Cisco IOS XR Master Commands List

Cisco IOS XR SBC インターフェイス設定コマンド

Cisco IOS XR Session Border Controller Command Reference

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用するルータを初回に起動し設定するための情報

Cisco IOS XR Getting Started Guide

Cisco IOS XR コマンド モード

Cisco IOS XR Command Mode Reference

規格

規格
タイトル

この機能によりサポートされた新規規格または改訂規格はありません。またこの機能による既存規格のサポートに変更はありません。

--

MIB

 

MIB
MIB リンク

--

Cisco IOS XR ソフトウェアが使用している MIB を特定してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator で、Cisco Access Product メニューからプラットフォームを選択します。

http://cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

RFC

 

RFC
タイトル

RFC 3261

SIP:Session Initiation Protocol

RFC 2543

Session Initiation Protocol

RFC 2617

HTTP Authentication:Basic and Digest Access Authentication

RFC 4590

RADIUS Extension for Digest Authentication

技術サポート

 

説明
リンク

シスコのテクニカル サポート Web サイトでは、製品、テクノロジー、ソリューション、テクニカル ティップス、ツールへのリンクなど、技術的なコンテンツを検索可能な形で大量に提供しています。Cisco.com 登録ユーザの場合は、次のページからログインしてさらに多くのコンテンツにアクセスできます。

http://www.cisco.com/techsupport