Cisco IOS XR セッション ボーダ コントローラ コンフィギュレーション ガイド Release 3.6
SIP コールの転送
SIP コールの転送
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

SIP コールの転送

この章の構成

SIP コール転送サポートの制約事項

SIP コール転送について

REFER 要求

NOTIFY メッセージ

Replaces ヘッダー

その他の関連資料

関連マニュアル

規格

MIB

RFC

技術サポート

SIP コールの転送

SBC は、標準インターネット テレフォニー サービスである SIP コールの転送をサポートしています。コールの転送により、さまざまな種類の非集中型マルチパーティ コール処理が可能になります。これらの非集中型コール処理は、サードパーティのコール制御の基盤を形成し、Voice over IP(VoIP)および SIP の重要な機能です。コール転送は電話会議にも不可欠な機能であり、複数の point-to-point(p2p; ポイントツーポイント)リンクと IP レベルのマルチキャスト間でコールをスムーズに移行できます。SBC の SIP コール転送機能には、次のネットワーク トポロジのための基本的な対話型転送と高度なコール転送が含まれています。

中央集中型 SBC

ネットワーク内での転送

ネットワーク外への転送

同僚への転送

SIP コール転送機能の履歴

 

リリース
変更点

Release 3.4.1

Cisco XR 12000 シリーズ ルータにこの機能が追加されました。

Release 3.5.0

変更なし

Release 3.6.0

変更なし

この章の構成

この章で説明する内容は、次のとおりです。

「SIP コール転送サポートの制約事項」

「SIP コール転送について」

「その他の関連資料」

SIP コール転送サポートの制約事項

SIP コール転送サポートには、次の制約事項が適用されます。

設定機能は「常にオン」であると考えられます。したがって、設定は不要であり、この機能をディセーブルにはできません。

REFER サブスクリプション ステートは、フェールオーバー時には維持されません。したがって、フェールオーバー後、委託状況に関する REFER 送信者への NOTIFY は失われます。NOTIFY は 481 SIP エラー応答により戻されます。これによりコールの転送が妨げられることはありませんが、診断がイネーブルの場合、いくつかのエラー ログが発生する可能性があります。

SIP コール転送について

REFER 要求

Refer メソッドには、次の 3 つの主要な役割があります。

発信者 -- 転送または Refer 要求を発信するユーザ エージェント

受信者 -- Refer 要求を受信し、最終受信者に転送されるユーザ エージェント

最終受信者 -- 受信者とともにコールに導入されるユーザ エージェント

Refer メソッドは、常に既存のコールのコンテキスト内で発信者によって開始されます。発信者は Refer 要求を受信者(Refer 要求を受信するユーザ エージェント)に送信し、トリガーされた Invite 要求を発信します。トリガーされた Invite 要求では、Refer-To ヘッダーに含まれる SIP URL が Invite 要求の宛先として使用されます。

次に、受信者は Refer-To ヘッダー(最終受信者)のリソースと通信し、SIP 202(Accepted)応答を発信者に返します。受信者は、Refer トランザクションの結果(最終受信者との通信が成功したかどうか)を発信者に通知する必要があります。通知は Notify メソッド(SIP のイベント通知メカニズム)を使用して行われます。

Notify メッセージに SIP 200 OK のメッセージ本文が含まれる場合は転送が成功したことを示し、SIP 503 Service Unavailable の本文が含まれる場合は転送が成功しなかったことを示します。コールが成功した場合、受信者と最終受信者間のコールが発生します。

SBC は対話型 REFER 要求を受け入れ、パススルーします。標準 SIP ヘッダーは、通常どおりに操作されます。コール転送に特有のヘッダーは、次のように処理されます。

Refer-To ヘッダーは、変更なしでパススルーされます。

Referred-By ヘッダー

受信した Referred-By ヘッダーは、無視されてパススルーされます。

アウトバウンド REFER では、次のヘッダーが書き込まれます。

Referred-By: <sip:endpoint_dn@sbc_adj_sip_domain_name>
 

ただし、次の場合を除きます。

SBC が REFER を受信したコールの側でプライバシーがイネーブル(CAC で設定)になっている場合、アウトバウンド REFER には Referred-By ヘッダーが書き込まれません。

Replaces ヘッダーは、INVITE 要求と同じように処理されます。

Out-of-Dialog REFER は拒否されます。Target-Dialog ヘッダーは明示的にサポートされていないため、ヘッダーとメソッドのホワイトリストおよびブラックリスト設定により、削除されるかパススルーされます。

NOTIFY メッセージ

Refer トランザクションの結果がわかると、Refer 要求の受信者は、Refer トランザクションの結果(最終受信者との通信が成功したかどうか)を発信者に通知する必要があります。通知は Notify メソッド(SIP のイベント通知メカニズム)を使用して行われます。通知には SIP 応答状況表示行のあるメッセージ本文が含まれており、状況表示行内の応答クラスは、Refer トランザクションの成功または失敗を示します。

SBC は対話型 NOTIFY 要求を受け入れ、パススルーします。標準 SIP ヘッダーは、通常どおりに操作されます。

NOTIFY にタイプ message/sipfrag の本文が含まれていて、この本文の始まりが SIP 応答状況表示行として正しく解析できる場合、アウトバウンド NOTIFY には、同じ応答コードを持つ SIP 応答状況表示行を含む(ほかには何も含まない)message/sipfrag 本文が与えられます。

NOTIFY にタイプ message/sipfrag の本文がないか、または NOTIFY 本文の 1 行めが状況表示行として正しく解析できない場合、アウトバウンド NOTIFY は本文なしで送信されます。これには、message/sipfrag の本文が mime/multipart の本文の一部として含まれている場合も含まれます。

Replaces ヘッダー

Replaces ヘッダーの処理は、SBC でのコール転送サポートにおける重要な仕組みです。SBC は、受信した Replaces ヘッダー内のコール ID とタグで検索を行います。対応するコール ブランチ(たとえば C1)が見つかった場合、パートナーのコール ブランチ(たとえば C2)を検索します。C1 と C2 は、SBC を通してともに別のコールを構成します。転送される要求で送信される Replaces ヘッダーでは、要求のタイプおよびほかの考慮事項に応じて、コール ブランチ C1 または C2 を参照する場合があります。Replaces ヘッダーの early-only フラグは、パススルーされます。

その他の関連資料

ここでは、SBC での SIP コール転送機能に関する参考資料について説明します。

関連マニュアル

 

内容
マニュアル タイトル

Cisco IOS XR マスター コマンド リファレンス

Cisco IOS XR Master Commands List

Cisco IOS XR SBC インターフェイス設定コマンド

Cisco IOS XR Session Border Controller Command Reference

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用するルータを初回に起動し設定するための情報

Cisco IOS XR Getting Started Guide

Cisco IOS XR コマンド モード

Cisco IOS XR Command Mode Reference

規格

規格
タイトル

この機能によりサポートされた新規規格または改訂規格はありません。またこの機能による既存規格のサポートに変更はありません。

--

MIB

 

MIB
MIB リンク

--

Cisco IOS XR ソフトウェアが使用している MIB を特定してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator で、Cisco Access Product メニューからプラットフォームを選択します。

http://cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

RFC

 

RFC
タイトル

RFC 3261

SIP:Session Initiation Protocol

RFC 2543

Session Initiation Protocol

RFC 3515

SIP Refer Method

RFC 3265

Session Initiation Protocol (SIP)-Specific Event Notification

技術サポート

 

説明
リンク

シスコのテクニカル サポート Web サイトでは、製品、テクノロジー、ソリューション、テクニカル ティップス、ツールへのリンクなど、技術的なコンテンツを検索可能な形で大量に提供しています。Cisco.com 登録ユーザの場合は、次のページからログインしてさらに多くのコンテンツにアクセスできます。

http://www.cisco.com/techsupport