IP アプリケーション サービス コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS XE Release 3SG
WCCP 高速タイマー
WCCP 高速タイマー
発行日;2013/06/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

WCCP 高速タイマー

Web Cache Communication Protocol(WCCP)高速タイマー機能は、WCCP クライアントがサービス グループに追加されたり、WCCP クライアントが失敗したりしたときに、WCCP が設定可能なメッセージ インターバルを使用してリダイレクトを確立することをイネーブルにします。

WCCP 高速タイマー機能によって導入される WCCP メッセージ インターバル機能は、WCCP クライアントや WCCP ルータがキープアライブ メッセージの送信時に使用する送信間隔を定義します。また、タイムアウト値の計算時に使用するスケール係数も定義します。 WCCP ルータは、タイムアウト値を使用して、WCCP クライアントが利用可能かどうかを判断したり、結果としてトラフィックをリダイレクトしたりします。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の警告および機能情報については、『Bug Search Tool』およびご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

WCCP 高速タイマーについて

WCCP 高速タイマーの概要

WCCP 高速タイマー機能は、WCCP クライアントがサービス グループに追加されたり、WCCP クライアントが失敗したりしたときに、WCCP が設定可能なメッセージ インターバルを使用してリダイレクトを確立することをイネーブルにします。 WCCP ルータと WCCP クライアントは、一定の時間間隔でキープアライブ メッセージを交換します。 WCCP 高速タイマー機能の導入前は、WCCP メッセージ インターバルは 10 秒に固定されていました。 WCCP 高速タイマー機能を使用すると、0.5 ~ 60 秒の範囲のメッセージ インターバルと、タイムアウト値のスケール係数 1 ~ 5 を使用できます。 デフォルトは 10 秒です。 タイマー間隔は、リダイレクトされる WCCP クライアントによって実行されます。 WCCP クライアントは、WCCP 高速タイマー機能が正しく動作するように、可変メッセージ インターバル タイマーをサポートしている必要があります。

WCCP 高速タイマー機能によって導入される WCCP メッセージ インターバル機能は、WCCP クライアントや WCCP ルータがキープアライブ メッセージの送信時に使用する送信間隔を定義します。また、タイムアウト値の計算時に使用するスケール係数も定義します。 WCCP ルータは、タイムアウト値を使用して、WCCP クライアントが利用可能かどうかを判断したり、結果としてトラフィックをリダイレクトしたりします。 WCCP ルータは、サービス グループごとに 1 つのメッセージ インターバルを強制します。 互換性のないメッセージ インターバルを持つ WCCP クライアントは、サービス グループに参加することを拒否されます。 デフォルトの 10 秒よりも小さいデフォルト メッセージ インターバルを使用すると、CPU の使用率が高くなります。

show ip wccp service service-number detail コマンドを使用すると、メッセージ インターバルに関する情報を表示できます。

WCCP 高速タイマーの設定方法

WCCP 高速タイマー情報の表示

手順の概要

    1.    enable

    2.    show ip wccp [[service-number][detail]]


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    Device> enable
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。
     
    ステップ 2 show ip wccp [[service-number][detail]]


    例:
    Device# show ip wccp 24 detail
     
    メッセージ インターバル情報を含む WCCP クライアント情報を表示します。
    • メッセージ インターバルは、WCCP クライアントから WCCP ルータに送信される連続的なキープアライブ メッセージ間の一定の時間間隔です。 デフォルトの時間間隔は 10 秒です。 デフォルトの時間間隔が設定されている場合、[Message Interval] フィールドは表示されません。
    (注)     

    WCCP クライアント デバイスで時間間隔を設定します。 クライアントの設定の詳細は、クライアントのタイプごとに固有です。そのため、WCCP クライアント デバイスのマニュアルを参照する必要があります。 クライアント デバイスは、ルータでサポートされる設定の範囲すべてをサポートしていない場合があります。

     

    WCCP 高速タイマーの設定例

    例:WCCP 高速タイマー情報の表示

    次に、メッセージ インターバル情報を含む WCCP クライアント情報を表示する例を示します。

    Device# show ip wccp 91 detail
    
    WCCP Client information:
     WCCP Client ID: 10.1.1.14
     Protocol Version: 2.0
     State: Usable
     Redirection: GRE
     Packet Return: GRE
     Assignment: MASK
     
     
    Message Interval: 2.500 seconds (2.354 since last message)
     Client timeout: 15 seconds
     Assignment timeout: 25 seconds
     Packets Redirected: 0
     Connect Time: 00:01:56
     Bypassed Packets
     Process: 0
     CEF: 0
    
    

    その他の関連資料

    関連資料

    関連項目

    マニュアル タイトル

    Cisco IOS コマンド

    『Cisco IOS Master Commands List, All Releases』

    IP アプリケーション サービス コマンド

    『Cisco IOS IP Application Services Command Reference』

    標準および RFC

    標準

    タイトル

    RFC 1256

    『ICMP Router Discovery Messages』

    シスコのテクニカル サポート

    説明

    リンク

    シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

    http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

    WCCP 高速タイマーの機能情報

    次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

    プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

    表 1 WCCP 高速タイマーの機能情報

    機能名

    リリース

    機能情報

    WCCP 高速タイマー

    15.1(1)SG

    15.2(3)T

    Cisco IOS XE Release 3.3SG

    Web Cache Communication Protocol(WCCP)高速タイマー機能は、WCCP クライアントがサービス グループに追加されたり、WCCP クライアントが失敗したりしたときに、WCCP が設定可能なメッセージ インターバルを使用してリダイレクトを確立することをイネーブルにします。

    WCCP 高速タイマー機能によって導入される WCCP メッセージ インターバル機能は、WCCP クライアントや WCCP ルータがキープアライブ メッセージの送信時に使用する送信間隔を定義します。また、タイムアウト値の計算時に使用するスケール係数も定義します。 WCCP ルータは、タイムアウト値を使用して、WCCP クライアントが利用可能かどうかを判断したり、結果としてトラフィックをリダイレクトしたりします。

    show ip wccp コマンドが変更されました。